AX

2016-09

Latest Entries

きょうは築地市場の豊洲移転について考えた!リルコミだあ

今月は明日で終わるが晴天の少ない月だった。きょうも曇り空だったがパーッと晴れた秋空
の下、都心に向かって大声で「バカヤロー!」と叫びたい。何に対してかというともちろん都政
全体に不満があるからである。とりわけ小池新都知事が取り組む豊洲跡地に築地市場が移
転する予定を中止した件と、オリンピック&パラリンピックの新施設などに絡む費用合計が
3兆円にも及ぶとなれば、誰でも大きな声が出ようというものである。まずは豊洲跡地へ築地
市場が移転する話である。移転話の発端はどうやら石原元都知事らしい。ともかくも東京ガス
跡地という極めて不衛生な場所に生鮮市場を作るなどは論外だと思っていたが、石原元知事
や東京都庁の行政官は別の価値観を持っていたらしい。ガス精製時に生じた化学物質は、
人間にとっては危険極まりない。その化学物質で全面汚染されている豊洲土壌の上に築地
市場を移転させるということが、およそ気違い沙汰であると私は考える。ともかく、お金の話に
移ろう。2011年に東京ガス跡地の豊洲に築地市場をお迎えするための「整備費」の合計は、
3,926億円。それが、今年2016年3月の時点では5,884億円!、実に約2,000億円も
上昇した。その間、どんどん土壌対策と建築工事が進められて豊洲市場の下地が出来たと
いわれ、築地市場関係者も信じて本年11月7日に「引っ越し」が決まっていた。きっと豊洲の
土壌もきれいさっぱり清められたものだろうと誰もが想定した。何たって調整費約6千億円も
使ったのだ。元をたどれば私たちと同じ人間であるから6,000億円も使ったらきっといい仕
事をしたのだろう。都庁のやったことだ間違いはないのだろう。そう思っていた。ところが先の
都知事選挙で見事に当選した小池新都知事になると状況が一変。築地市場の豊洲移転は中
止となってしまう。こうなるとお暇なテレビニュースに火が付き、芸能ニュースも真っ青な報道
ぶりが毎日進行中というのが現在である。気になる豊洲の土壌の問題はすっかり解決してい
たのか。豊洲の新しい建物の下に空間が発見されたり、その空間に水が溜まっているのが見
つかるなど新展開の様相はかなり東京都の行政官+都議会の旗色が悪い。なぜなの?と都
民のほとんどが考えていると思うが、新都知事によると「ゆるゆるの都庁」だといった。これま
での動きを総体的に見て思うことは、事業価値よりもお金になる都心の開発地にあらゆる人
が群がった。土壌の問題よりもお金の分捕り合戦をした、開発の順序をおろそかに欲が前面
に出て来るとこのような結果になりやすい。恥ずかしいことである。いつかテレビでゲストが言
っていた「この事業には船頭がいなかった」と言ったが、たぶんそうだろうなと思った。オリンピ
ック&パラリンピックについては日を改めたい。

八ヶ岳マウンテンボーイズの新作DVD「DEBUT !」の紹介!リルコミだあ

きょうも曇って蒸し暑いアフタヌーンの小平だが夕方にかけて雨が落ちてきそうな不穏な
動きもみえる。こんにちは。
これから私は、夜のロッキートップ出演があるのでいろいろと準備をしないといけない。
その内の一つがブログ書きで、こちらのテーマは決まっている。

ここでは「八ヶ岳マウンテンボーイズ」が10月1日に「DVDデビュー」するというニュース
を取り上げたい。
八ヶ岳マウンテンボーイズの活動本拠地はもちろん八ヶ岳に構えて、
そこを起点に各地を演奏旅行に歩く。
去年9月には小平ブルーグラスギャザリングの発表会にも
ゲストとしてご出演していただいた。
他にも中央道沿線には各地にブルーグラス愛好家が点在して、
お山の雰囲気たっぷりなライブハウスやパーティーなどに引っ張りだこの
人気バンドとして存在するのが、「八ヶ岳マウンテンボーイズ」というわけである。
その彼らがDVDデビューを果たしたというから、
日本ブルーグラス界にとって新しい夜明けを感じたほどのインパクトだった。
というわけで、私の手元に届いたほやほやのDVDをご紹介する。

さて、「八ヶ岳マウンテンボーイズ」のメンバーは、リーダーにプロのカメラマン:
吉田コーセイ(ギター&ハーモニーボーカル)、加藤達男(バンジョー&ハーモニーボーカ
ル)、成澤 康(ウッドベース&リードボーカル)、岩下ユタカ(マンドリン&リードボーカル)
の四人。
ブルーグラスの構成としては国内では多いタイプ(フィドル弾きを抜いている)である。
しかし、最低人員の構成ではあるが、本場アメリカにはカントリー・ジェントルメンや
グリーンブライアーボーイズなどが上げられる。いずれもシティ派といって都市に生まれて
都市で育った超有名バンドである。
カントリージェントルメンはワシントンDC、グリーンブライアーがボストンである。
この二つのバンドに共通しているのは、フィドル弾きを持たない
他に卓越した楽器のテクニックと聞き手を圧倒するボーカル&コーラス。
加えてバンド力とでも言いましょうかお客さんとのやりとりで
笑いを取ったり泣きを取るなどいわゆるパフォーマンス力にすぐれていた。
その親しみやすさが実力として超有名バンドに成長させたと思いたい。
さて我らが八ヶ岳マウンテンボーイズのDVDはタイトルは"DEBUT !?"で12曲
の動画+4曲の動画抜きのサウンドが収められている。定価:1,000円!

160928_IMG_20160923_0001.jpg

① DEAR OLD DIXIE (駒ヶ根カントリーカフェ)
② I’M BOUND TO RIDE (駒ヶ根カントリーカフェ)
③ PUNCH IN BREAKDOWN (甲府HARPER’S MILL)
④ OLD HOME PLACE (駒ヶ根カントリーカフェ)
⑤ DUELLING BANJO (駒ヶ根カントリーカフェ)
⑥ 涙の日曜日 (長野 Che’ lu)
⑦ LONSOME ROAD (長野 Che’ lu)
⑧ BANKS OB THE OHIO (甲府 HAPER’S MILL)
⑨ RAWHIDE (駒ヶ根カントリーカフェ)
⑩ カントリーガール (長坂聖マリヤ協会)
⑪ WAY DOWN DEEP (甲府 HARPER’S MILL)
⑫ DIXIE BREAKDOWN (韮崎 CORDON BLUE)
プラス(動画抜き)
① NIGHT WALK
② ARAB BOUNCE
③ CLINCH MT. BACK –STEP
④ FOGGY MT. BREAKDOWN

購入方法についてはBOMサービス。
他には吉田コーセイへメールでお問合せください。

見終わった印象では吉田コウセー氏の手腕が発揮された映像が抜群だった。
各所のライブハウスの撮り方があちこちぶれないでしっかりと固定されていたのが
とても印象がよかった。プロだもんね。
残念だったのは音の処理が画像に比べて劣り、もう少しだった。
しかし、これには予算の影響もあって多くは望めなかったと想像はつく。
どっちにしてもDVDデビューというものがこれほど私にインパクトを与えるものか、
と驚いたことを最後に書いておく。

連日の蒸し暑さに翻弄された現場だったが対策はバッチリ!リルコミだあ

連日の蒸し暑さに辟易。
小金井駅前の現場は木造二階建てのワンルームと小さかったが
暑さには芯から参った。
まあ熱中症には懲りているので二度とはかかるまいと気合はたっ
ぷりだが蒸し暑かったので普段の倍の手間がかかってしまった。
帰宅後、シャワーで気分転換するなど体を整えて午後4時すぎに
子どもの入院の状況を見に多摩北医療センターへ行く。
やはり大きな病院だなと思いつつ駐車場へ。
前夜とは打って変わって駐車場は満車状態。
昨日の夜中は俺の車が1台だけだったのにとブツブツ言ってると
1台が出て空車のランプがついてそそくさと停める。
大きな玄関を通過したが、中には外来患者がぎっしりだった。

サッカー小僧は絶食治療中にもかかわらず元気でこっちからの問い合わせにもは
きはきと応えてこれが病人?と思ったほどだった。
しかし、依然と背中は痛いという。
数値的には「よくなっているみたい」と明るく言った。
どうやら快方に向かっているようだ。
一安心である。およそ15分でお見舞い終了。「また明日!」というと軽く手を上げて応える。

こんばんは。
ライブ観戦など計画していたがすべてパス。
ついいま、友人から電話がかかり、「大丈夫か?」と聞かれたが
さっき行ってきたけど大分数値もよくなったと本人が言っていた。
「昨晩は高田馬場にジョン・ショール&有田純弘を見に行ったよという。
重太とか陛下などお友だちが大勢だったよ。
これには行きたかった。
もう一人の友人も子どもの入院を心配して電話がかかり、
ついでに私の熱中症にも心配をいただいた。
友だちは実に有り難い。
昨日の寝不足は承知できたが今日の眠気は何?友人は「年を取ると眠気もあとを引くよ」
だって。というわけできょうはこれまで。
これから旭川の男山(純米酒)を飲んで楽しかったフェスなどを思い出そうかな。

我が家のサッカー小僧倒れる!リルコミだあ

きょうのお天気は薄曇りなのに「暑いなあ」と流れる汗を拭き拭き作業をしていると妻が
「30℃だったんだって」と驚きの声を出していた。
こんばんは。昨晩は松山英樹が好成績で戦っているPGA最終戦
「ツアー選手権」の三日目の録画を見ながら眠った、と思ったら、
夜中の二時にけたたましく起こされた。
なにやら妻がごそごそ動き出して、「サッカー小僧がお腹が痛い」と
苦しんでいると私に言った。
「えっ?」と私。
寝ぼけていて何が起こっているのか確かめられないでいたが、
トイレから戻るとようやく目が覚めて下腹を押さえて必死に痛みをこらえている子どもに、
「我慢できない痛みか」と聞くと「我慢は出来るけど痛い。
眠れなかった」と応答してきた。
すぐに妻に病院を探すよう頼んで私は着替えを急いだ。
お腹の痛みで震えている子どもを然るべき病院に車で連れて行くためである。
しかしどこの病院へ行ったらいいのか皆目分からない。
妻が#7119を検索するわと言って検索を始めるとすぐに電話番号がゲットできた。
このシステムは消防署の担当者が、病人を抱えている人、
あるいは病人本人に対してピンポイントで病院情報を伝えてくれる。
病状を聞いてその症状に合った病院を数例紹介するとかいろいろ。
このシステムの背景には「119番通報の過熱」が考えられるから、
消防署は懇切丁寧で抜群の人気だという。

我が家の場合、病人が立って歩行が可能だから
マイカーで目的の病院に運ぶことが出来る。
ピッタシカンカンではないか。
しかし、まったく電話が繋がらない。
すぐ側の病院に電話をすると「内科医がいないので」と言われてバツ。
小平市内の救急病院は同じ理由で断られた。
そうか、断る手段には困らないだろうねチキショーめと思った。
このとき妻が、「多摩北医療センター」という東村山市内の病院を思い出した。
何でも仕事先へ往復しているうちに発見!したのだという。
まずはよかった!その病院に電話をすると先生が出てくれて
症状を子どもからあれこれと聞き始めると、「すぐに来なさい」という。
病人を車に乗せて親子三人で真夜中のドライブ。
10分で目的地に着くとそこは森の中に建っていた。
イメージよりも新しくて大きい。想像を超えた雰囲気に圧倒される。
こんな近くにこれほど立派な病院があったとはまるで知らなかった。
妻の記憶力に大感謝である。
すぐに救急入口の処置室前に親子が並んだ。
このとき午前3時40分ほどだった。
やがて先生が登場すると同時に子どもが処置室に吸い込まれた。

そして入院が決まったのはCTスキャン撮りをして映像が出来上がった直後だった。
すぐに看護師さんが処置室から現れて「こちらです」と先に立ち、
私たちは真っ暗な病室に到着。
廊下も必要最小限に照明が消されている。
もう朝の5時を回っていた。
四人部屋ののベッドに横になった息子に「じゃね」と挨拶して帰宅。
午前6時ちょい前だった。
病名は本人の意思を確認していないのでマル秘である。
とある臓器が炎症を起こした結果、猛烈に痛みが伴っていたと先生は仰った。
入院は検査と経過を診るためだと言った。
曰く、「3日は入院していただく」だって。
このことがあって本日の現場は猛烈な睡魔と共に作業をするハメとなった。
というわけで今でも眠くてしかたがないのだ。

19日はギャザリングで旭川フェスレポートをトークした!リルコミだあ

昨日はPCの扱いミスでせっかく書いたリルコミ本文を彼方へ飛ばしてしまい再びトライする
元気が無くなって、やむなくお休みとしました。すみません。
それにしても難しいですねえパソコンは。
新しいPCになってうれしいがなぜかフェイスブックを見るとすぐにフリーズしてしまう。
ジェイコムに相談すると「NECに見せるしかよくなる方法はないと思う」と
冷たく言われてしまった。

こんばんは。
19日の祝日は中央公民館音楽室で123回目のギャザリングだった。
冒頭、旭川フェスに参加した私のフェスレポートなど旭川旅行体験をトーク。
美味しくて印象に残ったものはお刺身の「ぼたんエビ」と
フェスでもどこでも飲み続けた「サッポロクラシック」が美味しくてベストだった。
キリンクラシックではなくて北海道はやっぱりサッポロクラシックであった。
フェスでは「オー!ジンバンド」と「マウンテン・ランブラーズ」と二つのバンドで出させて
いただいたが喉の不調でいずれもイマイチの出来だったことを報告。

160921_KIMG0646.jpg
島田音楽堂

会場は元牛舎だという。
牛舎を改造してとても立派な音楽堂に仕上げた人が島田さんで、
会場は生まれ変わって「島田音楽堂」になった。
ここでのフェス開催は今回で2回目。
たった一人で改造を成し遂げたことを話す。
実際に行ってみないと分からないがとても一人だけで作ったとは思えない大きさだった。
そしてブルーグラスのフェスが旭川に誕生したことにも少し触れたが、
思えば広がったものである。
これについては主催者の松本さんと彼に貸与してくれた島田さんに大感謝するのだ。
熱演のステージバンドレポートは私のレポート能力不足で残念ながらお見送りした。
いつかチャレンジさせていただくかも。
全体では非常に楽しく入場料1500円は安かったことなどをギャザリングメンバーにトークした。
特に重要な部分は「旭川フェスには若者が多くいた」と
トークすると「おお!」と驚きの声が溢れた。
小平ギャザリングに欠けるのは若者がいないことである。
もっともリタイア向けに始めたのがギャザリングなので若者が混じることはほぼ
期待は出来ないだろうが、たまには若者がフィドルかなんかを持ってやって来たらいいな。

160922_KIMG0659.jpg

160922_KIMG0660.jpg

Photo by OUMI

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    ●IZUMI/Love Songs for You

    111101.jpg

    ★参加ミュージシャン
    AKIO OKUSAWA(Acoustic Guitar,Mandolin,Electric Guitar, Synthesizer,Chorus)
    Hirofumi"Dr.K"Tokutake(Erectric Guitar)
    Takashi Ozaki(Pedal Steel Guitar,Dobro)
    Toshihide Uto(Piano,Accordion)
    Ichiyo Kishimoto(Fiddle)
    Yoshihiro Arita(Banjo,Chorus)
    Shinji Takeuchi(Mandolin)
    Shigeru Watanabe(Acoustic Bass)
    Yuko Takahashi(Drums,Percussion)
    Natsuki Kurai(Blues Harp)
    Katsumi Furuya(Autoharp)
    Special Guest;Teruaki Fukuhara(Chorus)
    CDの購入はKITAMURA IZUMIのホームページはからどうぞ
    他、BOMサービス、梅田ナカイ楽器などでも販売中
    ●解説のリルコミ KITAMURA IZUMIニューCD「IZUMI」発表!リルコミだあ
    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ