AX

2016-08

Latest Entries

明日から箱根フェスだぞ!リルコミだあ

きょうは花小金井の店舗クリーニングだったが少し残業気味でブログも遅れました。
こんばんは。
明日から箱根フェスなのでバンガロー仲間との連絡が密となっている。
毎年料理を一手に引き受けて来た妻は今年、
住んでいる団地の役員に就任とのことで今年は欠席。
私だけが車で一路箱根まで?どうしようかと思っていると、
持てば友人、西貝夢弦堂から「一緒に行こうぜ」と声がかかり、
願ったり有り難いやらで二つ返事で「よろしく」。
私の体調は日増しに改善があって現場も出来るほどだったが、
やっぱり脚立が怖くてその分能率が非常に悪く作業が遅くなってしまった。
しかし、本格的な仕事の形になれたということがうれしかった。

さて、F/Bを見ると箱根フェスの前乗り組みも結構いたりして
今年も景気がいいなと思う反面、停滞をしている10号台風がどうしても気になってしまう。
フェス期間中に台風が来て水浸しになるのは真っ平御免なので、
是非ともフェスがすっかり終わってから台風10号は北上してほしい。

さて、明日からは新しいシェフ「イイダコ」さんが登場する。
何でも若いころ三年ほど厨房アルバイトしたことがあるらしく、
「やってみないと分かりませんが」と決意のほどを披露してくれた。
箱根フェス、今回最大のミスは私が出演オーダーをミスってしまったことだ。
これも私が病になって寝ている最中にパソコンが到着してしまい、
すわ!ジェイコムに設定を頼もうとしたことに間違いの原点があった。
ジェイコムからお兄ちゃんがやって来たときは私の病気が最高潮のとき、
眠ったり起きたりで意識が朦朧としたときにピンポーン、
「パソコンの設定に来ました」と威勢の良い言葉で始まったが、
いちばん大事なメールの設定を間違えたまま帰ってしまい、
あとはメールが出来るのか出来ないのかもやもやしながらの日々が無情にも過ぎて行った。
残念だったのはメールが不通のときに箱根フェスのエントリー受付があって、
パソコン知識がもやもや状態で箱根フェス参加をメールで送信したがあいにくという
か当然というか不通だった。
不通だろうと意識したのが8月の宝塚フェスが終わった週だった。
このときはメールの設定も正常になっていたが、改めて再申し込みを拒む気持ちが私の中にあ
ってズルズルと時間ばかりが過ぎて行った。
「拒む気持ち」というのは体調が未だに全快ではないため、
あのステージに上る崖を登れるだろうかと考えると、「無理だろう」という気持ちがある。
それならかえってよかったと安堵してしまう自分がいたのである。
だから、バンドのメンバーにはゴメンと謝って、
あとはひたすらフェスでは旭川フェス用の練習を重ねたい。
パソコン音痴がやらかした史上最大のミスの報告でした。

●北村謙のライブ情報が届きました。以下はメールの公開です。

今年の夏は暑かった~!が少しずつましになってきました。
お元気ですか?
今年も短い関東ツアーに出掛けます。

念願のよしだよしこさんとのライブや、
ハンマーダルシマのグループ、ダルシマダム・
ほそいひろもとさんとのジョイント
そして、やぎたことのライブと結構盛りだくさん。
久しぶりにロングネックバンジョーを持ってのツアーです。
あっという間ですが、ひとつよろしくお願いします。   北村 謙

#################################################

北村 謙 Banjo ひとり旅~短い短い関東ツアー 夏から秋 ~
2016年9月2日(金)
風に吹かれて 大田区大森北1丁目34-16 第二みずほビル2F
with Rehabili hill billies
ゲスト よしだよしこ
開場18:00  開演19:30 
前/¥3000 当/¥3500  
03-3763-6555 風に吹かれて

#################################################

北村 謙 Banjo ひとり旅~短い短い関東ツアー 夏から秋 ~
2016年9月 3日(土)北村 謙 Banjo ひとり旅
おーるどタイム 埼玉県越谷市大沢4-3-14  
with ほそい ひろもと
開場18:00 開演19:00 
前/¥2000 当/¥2500 
0489-71-1812 おーるどタイム

################################################

北村 謙 Banjo ひとり旅~短い短い関東ツアー 夏から秋 ~
2016年9月 4日(日)北村 謙 Banjo ひとり旅
両国フォークロアセンター墨田区千歳1-5-15
with やぎたこ 
開場12:00
開演13:00 
¥2500 ( w / 1drink )
03-3631-8273 両国フォークロアセンター

################################################

きょうはマンションの定期清掃現場だった!リルコミだあ

きょうは久しぶりに現場へ行く。東小金井のマンション現場だがここは「くい打ち工事」で
有名になった三井不動産の系列が管理している集合住宅。といっても私の営業が認め
られて三井さんからお仕事をいただいたわけではなく、オーナーから直接「頼む」と言わ
れて毎月定期にお掃除をやっている現場なのだ。いつだったか、いかにもMイと分かる
おじさんが、「きみはどこから来てるの?」と聞かれたことがあった。一瞬、答えに苦しん
だが「オーナーさんからの依頼です」と応えると、「あ、あ、そうなの。分かりました」と。こ
このマンションは一般の居住者は少なくほぼ三井系列の社員が住んでいる。駐車場に
は北から南まで日本全国のナンバープレートが並ぶという珍しい場所だが、車種を見る
とルノールーテシアがあったりスバルB4や赤いホンダフィットRSが見えるので30代が
多いかなと想像している。なぜオーナーが私たちに仕事を依頼したのかというと、これ
は「きみはどこから来てるの?」と聞いてきたMイの社員とおぼしき人の言葉と関係して
いて、オーナーは落ち葉などが溜まってしょうがないといって依頼して私がお見積もりを
出して「オーケー」となって仕事を始めた。一方のMイさんのおじさんが私の玄関ポーチ
のお掃除を見て、たぶん自分たちの不足を感じて心配をしながら恐る恐る聞いて来た
のだろうと想像する。玄関にはここが人の出入りする場所か!というほどの落ち葉が
散乱していたのだ。普通だったら誰かが見かねてお掃除を始めるのが集合住宅でも
戸建てでもそこここで見えるのが東京の風景だと思うがここは例外なのだろう。そのと
き私が「オーナーから」と答えたときの安堵した表情が忘れられない。数か月経って、
ふと思いついたシナリオは、きっとMイのおじさんは管理人に代わるような立場の人で、
私が同じ三井系列の他店から依頼を受けて来たのだということになると非常に立場が
怪しくなるのだろうと想像した。それからまた数か月が経ち、そのMイのおじさんはどう
やらこのマンションから姿を消したようだ。出世したのか飛ばされたのかまるで分から
ないが、このマンションから姿が消えたのは間違いないようである。さて、昨日は疲れ
てしまい失礼をしましたが、よく眠ったらすっかり元気になりました。明日も花小金井の
現場で、その翌日は箱根フェスである。今年で何回目になるのかお楽しみだ。


疲労過多でリルコミを書くことが出来ません!.リルコミだあ

本日は疲労過多でリルコミを書くことが出来ません。
友人たちと共に山梨県の東京に近いところまで出かけたのが疲労の原因なのですが、
車の運転も激しい動きも何もしないでこんなに疲れたのは初めてだった。
というわけできょうはこれで失礼します。
アデオス!

台風9号が上陸した関東地区は情報合戦中!リルコミだあ

台風9号が関東直撃か?と朝からテレビが騒々しかったが、結局台風は千葉県の館山に上陸。
相変わらずテレビ各局は「いい映像」を繰り返し放送して熾烈な競争に拍車をかけているようで
ある。日ごろの女性アナ(気象予報士)もきょうは大忙しと想像したが、放送の現場は各局とも
なぜか男性が仕切って女性気象予報士は隠されていたようだった。普段のお飾りが通用しなか
った台風一過という印象だった。ま、かわいい顔と切迫した台風情報は合わないよね。さて、小
平市はおかげさまで被害が出るほどの雨風が無かったので、いたって平穏無事だったが、夕方
近く、各局が被害状況を映像でまとめて放送し始めると、何と「西武多摩湖線不通!」というニュ
ース&映像を見たときは驚いた。西武多摩湖線は私たちの最寄り駅「八坂」のある路線で、昨
日も国分寺まで往復したばかり。それで多摩湖線不通のニュースをよく見ると、隣の駅「武蔵大
和」の手前で土砂に埋まったようである。事故ではないらしく、運転手の言葉によると線路脇の
電柱が倒れて電車を塞いでいるのが見えてストップした。素早く乗客をタクシーに切り替えて送り、
電車に戻ると後方車両が土砂に埋まっていたという。どうやら電車と何かがぶつかったとか触っ
たという事故ではなかったらしい。しかし、映像を見る限りではかなりの量の土砂が崩れたように
見えたので回復までは時間がかかりそうだ。こんばんは。この超ローカル路線は「「西武遊園地
~国分寺」を結んで、駅数7ヶ4両編成のワンマンで運行されている。私は二年半前に引っ越し
て来てから八坂駅を愛用させていただいているが、この路線は二三分の遅延はごく当然のよう
に、ときには途中の萩山駅で拝島行きと待ち合わせて10分以上も遅れることがある。私の場合
は日ごろほとんどが車使用なのであまり電車に乗らない人である。妻も100%自転車利用なの
で考えるまでもなく多摩湖線利用者とはいい難い。そんな私が多摩湖線のことをとやかくいうの
は憚られるが、ワンマンという運行はやめてほしい。とにかく運転が私から見てトロイし、全体に
運転手がのろまでぼんやりしてシャープさの片鱗もない。どの時間帯に乗っても同様に感じてし
まうのは私だけではないかも知れない。電車はやはり運転手と車掌がいてこその価値である。

さて、昨日はワンマン電車に乗って国分寺の「のらくら」というライブハウスへ行った。ギャザリン
グ仲間のバンド「ネーム・オブ・スー」主催のパーティがあり、カントリーとブルーグラス、そして
フォークの競演を楽しく拝見させていただく。小平ギャザリングではお馴染みの「カントリー菅野
」さんのバンド、ネームオブスーは新しくペダルスティールとピアノをフィーチュアしてやる気満々。
安定したバックミュージシャンに支えられてギャザリングとは一味違う菅野節を披露。よき理解
者とドッキングした菅野さんの今後に期待したい。そして「阪神パークがないでしょ」が初登場。
二人の熱演がのらくらのお客さんに受けてアンコール!オリジナルソングを唄うトシ子さんが
素晴らしい!と隣の陶山さん。彼も「歌うフィドラー」の名前の通り、唄い弾きまくってアンコール
も賑やかに締めた。カントリー、ブルーグラス、ナターシャのフォークバンドとバラエティたっぷり
のオンステージは午後6時に終了。帰宅途中、ギターを背負ったギャザリング仲間武田くんと
遭遇。埼玉?方面のジャムセッションに行ってきたという。さすがに国分寺駅は地元。偶然の
出会いが多い。

お散歩に出るといろいろ思い出した!リルコミだあ

午前中は曇りで午後は晴れ間が出たり出なかったり結局小平はしのぎよい一日だった。

こんばんは。
午前中に近所にある「東村山中央公園」へお散歩に行く。
ちょうど一週間前3泊4日で川崎から帰省した娘一家が息子を遊ばせに通った公園だったが、
きょう行ってみると、孫がよく遊んだ円形プール×2個が閉鎖されて工事中だった。
「工事をするんですか?」と若い作業員に聞くと、「ええ、お掃除です」だって。
テレビコマーシャルでもよく見る水の高速噴射器が二台にホンダの発電機が二台、
それぞれを接続中だった。
囲みの外には工事中を知らない親子連れが集まって来て、「プールは使えないんだって」
とお母さんが子どもに言い聞かせていた。
親子連れは滑り台などの遊具のある方へと流れて行った。
私は小平市在住だからここ東村山市のやることに文句は言えない立場
だけど、プールの洗浄は夕方に作業するとか時間を見てやるといいのにと思った。
お散歩の帰り道にまた中央公園を通って幼児プールの側を通ると、
「使用禁止」の札が四方にかけられていた。
何だ、使用禁止だったのかと思った。
側で4,5人で将棋をしていたおじさんが、
「さっき、黒塗りの大きな乗用車で来た役人が札を下げたんだよ」と
ちょっと不満そうに教えてくれた。
私も、「まだ暑いのにね」と相槌を打ってお散歩を続けた。
ここの公演はいろいろ思い出す。以前、花小金井駅に近い医者が私に、
糖尿病だからと薬を5種類も処方して飲ませたことがあった。
初めての糖尿病宣告だった。
いろいろ考えたうえでお散歩を始めて、
ここの中央公園にも週に3回は来るようにコース設定を考えて歩いた。
お散歩に出るということは自分で決めた。
あれから10年ちょっと経ったかな。
花小金井駅の医院は三か月くらい通院したが、経済優先のひどい医院だということが
分かって早々に転院を決めて、今度は小平霊園そばの病院に通い始めた。
しかし、そこも変だった。
私が自宅で低血糖になって倒れ、そのまま救急車に乗ってかかりつけの
その病院に行くと、副院長が診断。
「えー、自律神経失調症ですね」と明言。
しばらく休むと治るというので30分ほど休んで立ち上がると、意識が無くなって倒れる。
このとき妻は会計中だったのでそばを通った看護師さんが介助して
お二階の入院室へと運ばれた。
看護師さんが、「あなた、うちに通っている糖尿病患者さんですよね」と
大発見したように叫んだ。
この病院に通院してやっと私を確認した看護師さんと出会った。
結局、救急隊員が「こちらにかかっている」という言葉をまったく調べないで診察に当たった
副院長のような医者がいる病院は怖い!と思って通院を中止。
いまは新宿の朝永クリニックに紹介を受けて治療をするまでに、
何だかんだ数年間も糖尿病治療をしなかった。
小平の糖尿病治療をする病院が怖くなってしまったのだった。
それでしばらく治療を中止したのだった。
さて、東村山中央公園はあのとき以来およそ10年ぶりだから、
周回のランニングコースにところどころ植えられた木々は大きく成長して
みなどっしりとしていた。
セミの鳴き声も耳が割れそうにうるさい。
空気は最高だった。草の匂いが充満してやっぱり!いいと感じた。
公園から戻るときの目印にしていた楠木などは見違えるような大木に成長していたので、
自分がなまけてお散歩を休んでいた10年を思った。
ようやく出会った友だちの雰囲気に抱き着くと、「ギャー」といってアブラゼミが飛んで逃げた。
自然が濃いのだ。
でも木を見つけられて懐かしかった。
およそ1時間ちょっとで帰宅。
オリンピックもいいけど病人にはお散歩である。
本格に気持ちがいい。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ライブの案内

CDの案内

    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    ●IZUMI/Love Songs for You

    111101.jpg

    ★参加ミュージシャン
    AKIO OKUSAWA(Acoustic Guitar,Mandolin,Electric Guitar, Synthesizer,Chorus)
    Hirofumi"Dr.K"Tokutake(Erectric Guitar)
    Takashi Ozaki(Pedal Steel Guitar,Dobro)
    Toshihide Uto(Piano,Accordion)
    Ichiyo Kishimoto(Fiddle)
    Yoshihiro Arita(Banjo,Chorus)
    Shinji Takeuchi(Mandolin)
    Shigeru Watanabe(Acoustic Bass)
    Yuko Takahashi(Drums,Percussion)
    Natsuki Kurai(Blues Harp)
    Katsumi Furuya(Autoharp)
    Special Guest;Teruaki Fukuhara(Chorus)
    CDの購入はKITAMURA IZUMIのホームページはからどうぞ
    他、BOMサービス、梅田ナカイ楽器などでも販売中
    ●解説のリルコミ KITAMURA IZUMIニューCD「IZUMI」発表!リルコミだあ
    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ