FC2ブログ

2018-10

Latest Entries

きょうはPCに夢中になって時間を忘れた!リルコミだあ

朝は晴れてたのに午後から夕方まではまたしても曇ってしまった小平だった明日は
大月ハーベストギャザリングが開かれる。ちょっと遠方だが、その分空気は美味しく
ておにぎりも旨いとくれば逃しがたいのが東京人。お越しをお待ちしていますが、駅
はJR中央線鳥沢駅下車。徒歩30分!なので駅に着いたら090-3917-3672ササキジ
ンまでお電話を。ということでこんばんは。きょうはPCをあちこち見ていたらあっとい
う間に時間がすぎて、ブログを書く時間になってしまった。お散歩もパー、お買い物
もパー。お買い物といっても私が買うものは特別なビールとかお酒他で、すべてが
自分用で家用のものはめったに買わない。なぜか、家用のお買い物役は妻と決ま
っているので、私が家のものを買って帰ると迷惑がられてしまう。多くはダブるから
で、「今後はちゃんと聞いてから買います」とそのときは言っても、それからはそう言
ったためしがない。それぞれのテリトリーを犯さないというのが寛容だろう。それで
もってきょうは何を購入しようと考えていたのかというと、大きな声では言えないが、
スコッチウィスキーのオールドパーを買ってきて炭酸で割って、つまりはハイボール
にして飲もうと思った。いまは糖尿値が気になってビールお酒類は断飲しているが、
やめていると飲んでいるときに比べてあれこれアイデアが豊富になって来るようだ。
オールドパーもその一環で、飲みが解禁になったら是非ハイボールで飲もうと考え
て、こないだ近所のダイエーに行くとまさしく売っていたのを見つけて、「ヨシっ」と決
心したのだった。見つけたそのときに買えばよかったのにと言われると思うが、
そのときは外は雨ザーザーだったので、「濡れるなあ」と思い敬遠した。ただ、見つ
けたオールドパーはリッター瓶だった。珍しがってすぐ売れてなくなるかも知れない。
逃した魚は大きいと言われるが、もしも棚に見つからなかったら、今日という日を
後悔するだろうな。いつだったか、ここでやはりウィスキーの「マッカラン」という高級
品を書いたら、さっそく古い友人から連絡が来て、「余裕が出来たら二人で飲もう」
と励まされた。しかし、まだ飲んでいないし、古い友人と会ってもいない。

久しぶりに午前中にお散歩に出た!リルコミだあ

きょうは午後にガス屋さんが4年に1回という検査に来るので午前9時すぎにお散歩へ
出た。いつもの府中街道の歩道を南下して20分歩くと郵便局があり、そこで現金を下
ろして財布に入れてお尻のポケットにねじ込む。とぼとぼと歩くと何かを忘れた気がし
て財布を取り出して調べる。ン、カードが無いぞ。すぐに引き返すとATMの真上に私の
カードが置かれて無事!だった。最近は忘れ物が多く、何かをしたら必ず振り返って
いちいち持ち物を調べているが、きょうはこの点検に救われた。なぜお金が要るのか
というと、22日月曜日早朝に成田空港まで行って福岡空港へと向かうので、今日か
明日中にお金を下ろさないと時間がなくなってしまう。というわけでATMを利用したわ
けだが、とんだ失敗をやらかすところだった。郵便局を出てなおも南方向に歩く。する
と、突然、府中街道を挟んでお店が連なっている街が出現する。マクドナルド、コジマ、
スーパー、自転車店、焼き肉屋、コイデカメラ、アオキ、青山、ABCマート、回転寿司、
シェルスタンド、ドンキホーテ、ゲオ、デニーズなどがびっしり並ぶ。ここまで歩くと30
分かかって、真夏だとこの30分でお陀仏となりかねない。幸いか不幸かすぐ近くに
葬儀屋が隠れるようにひっそりと営業している。同居していた義母がここのお世話に
なった。入院していた病院から夜中の1時だったが、電話で、「たった今、亡くなりまし
た。早速にお引き取りお願いします」と言われて呆然と、立ちすくんだことがあった。
そのとき、自宅に近い葬儀店を検索したら、小川駅ロータリーに面した葬儀店が見
つかり大いに助けられた。何ごとも経験というが、身内が死んだときほどうろたえて
先が分からなくなってしまった。まあ、あんまり体験したくないけど、しばらくすると、
我身が棺桶に入ることになるだろうが、やはりあの葬儀屋の青っ白い顔した店主に
抱えられるのだろうか。あまり考えたくないなあ。

東京湾に流れ出る川の放射能汚染を東京新聞が調査!リルコミだあ

きょうは朝方からお昼過ぎまで晴れて気持ちよかったが午後になったら次第に雲が
出て曇空となった。小平は風もなく穏やかだったが夕方近くにお散歩に出たので、
雨が落ちてきそうだったから焦った。焦ったって走れないことは分かっているから杖
を見て、「濡れても死ぬわけじゃない」と思って歩き出した。こんばんは。東京新聞
朝刊の4面、「3.11後を生きる/ ちら原発取材班」によると、現在の東京湾の放射
能汚染は、9月9,10日の調査によると、「東京湾にたまるセシウム濃度は昨年ま
では低下傾向はっきりしていたが、鈍化しているように見える」、「東京電力福島第
一原発事故から7年半、半減期が2年と短いセシウム134は当初の十分の1未満
まで減った。今後は半減するまでに30年かかるセシウム137がほとんどである。
セシウム濃度低下のスピードが遅くなる可能性が高い。それで、東京湾に流れ出
る各川が示され、鶴見川、多摩川、墨田川、荒川、江戸川、そして花見川と合計6
本の川の調査した箇所のセシウム量が棒グラフで記入されている。ちなみに、鶴
見川と多摩川は地理的に放射能量が少なかったとみられるのでいずれも河口付
近の調査では127ベクレルと小さい。しかし、川底45センチになると224と跳ね上
がる。これは福島第一由来のセシウムだという。なぜ、深く掘った部分でこのような
結果となるのか専門家でも分からないという。(川底を掘ったのは多摩川だけ)他
の墨田川、荒川、江戸川などは概ね数値は高い。荒川の河口は248と高く、上流
の山に広く福島原発事故の放射能が降ったと予想できる。中でも、花見川河口は
449と驚くほど高い。しかし、花見川とは私はよく知らない川なのでネクストに記述
したいと思う。川の原理は山に雨が降ったら低いところに雨水が溜まって、そこか
らこぼれた水がちょろちょろと流れたり落ちたりして小川に集まって流れ、そして大
きな川となる。日本は山国だから、川は無数にあるが国が管理する一級河川と、
都道府県が管理する二級河川、市町村が管理する川に別れていて、この合計数
が35、260くらいあると言われている。以前、マイクというイギリス人と友だちだっ
たとき、そのマイクが、「なぜ日本の川の流れが早いの?」と聞かれたことがあった。
マイクとは音楽を媒介して知り合い、彼が日本の山や川に興味があるとは知らな
かったが、当人曰く、「おれは山と森を研究している」と平然としていた。世の中は
広い。もう少し突っ込むと、昨今の大雨がもたらした災害について話が出来たかも
知れない。

今週末20日(土)は「大月ハーベストギャザリング」が開催される!リルコミだあ

今週末20日はJR中央線「鳥沢」駅から徒歩30分の小俣邸で「第三回大月ハーベスト
ギャザリング」が開かれる。駅からはちょいと遠いので090-3817-3672ササキジンまで
お電話をしていただけると、鳥沢駅から小俣邸までどなたかお迎えに行きますので奮
ってご参加してください。参加費は1000円。この中には新米でにぎったおにぎりとトン
汁(おかわり自由)が含まれている。秋の爽やかな一日、のんびりと田園を眺めてブル
ーグラスを楽しみましょう。こんばんは。私は3月に退院して以来、ギターを弾いて歌
を歌うという自分本来の生活を取り戻せないでいる。去年12月、後頭部をぶつけてそ
の後遺症だと想像している。しかし、ここに来て少し治癒しているのかなあという兆候
があってとってもうれしい。どのような兆候かというと、これまではギターを弾いて歌っ
ているとぶつけたと思われる後頭部が熱を持ってきてそこが次第に広がっているのが
実感して、何かが起きるのではといった不安感に襲われて中断するのが常だった。と
ころがその熱くなるという兆候が薄まっているのだ。脳幹という部分を、直接的には「
延髄」を打撲して、これまでずっと見守りを続けるしかないと言われてきたものが突然
ラッキーにも良い方向に転じたのだろうかと思いながらもギターを手に取ってみると、
明らかにそれまでの反応とは違って、グッと熱が抑えられているではないか。これに
は驚き、歌も唄ってみたが熱は抑えられたままだった。悪くなる前の一時的によくなる
というぬか喜びだろうと振り返ったが、三日前に熱の反応が抑えられてから何度テスト
しても同じだった。延髄をぶつけて以来、神経が私の体にどのような反応が出るのだ
ろうかとヒヤヒヤしながら生活をして来たが、どうやらギター弾いて歌える方向になった
ようなのでとてもウレピイ。まあ、どこでどうなるのか自分でもよく分からないが、いま
よりも楽しくなれたらそれでオーケーだ。

キノコを採りに山に入って遭難死する人が多いらしい!リルコミだあ

きょうも雲に覆われたはっきりしない日の小平だったが雨はパラパラという程度で
歩行には全く支障がなかった。こんばんは。新聞の社会面を読んでいると、「キノ
コ採り遭難死急増」だという。長野県では8月から今月15日にかけて、20人が遭
難し13人が死亡、山梨でも4人が死亡し岩手県でも3人が亡くなっているという。
合計で死亡者が20人!という多さ。ほとんどが60代以上の高齢者で、例年を上
回る死者数のペースだというが、キノコ採りというのは10月いっぱいまでは続くと
見られているところから、県警他で注意を促している。麓や近所の平坦な場所は
すでに採りつくされていて、山奥に向かう人々が増えているらしい。最初はグルー
プで入山しても、、途中から単独で行動し、連絡が取れなくなるケースも目立つそ
うだ。私がキノコ採りを体験したのは、少額5年生のとき先生が〇✕へ行くとキノ
コがバンバン採れると聞いた。「どうだ、明日ホームルームのとき行かないか」と
いう。もちろん大賛成で、それぞれ袋を持って出かけた。キノコが採れる山といっ
ても1キロも歩いたところにある運動場のそばだというので、帰ってきたら下校時
間だろうと誰もが思って出かけた。運動場に着くと、そこを取り巻く山のうち最も手
前の一番日に照らされている50メーターくらいの面積を指して先生は、「ここの斜
面だけ採ってもよいと許可をもらった。他へは行くな」と言って生徒を離した。私は
キノコ採りなどそれまで経験がなく、どれが食べられてどれが毒キノコか分からな
かった。この時期、味噌汁にキノコが入っていて食べたのは屋敷から採れたもの
ばかりだった。なめこ、椎茸、シメジなどは美味しくてすぐにおかわりをした。よく日
が当たっていた山の斜面は広葉樹の葉が落ちてよく滑った。立ち上がって足をそ
ろえてちょっと反動をつけると「すいーっ」と5メーターくらい滑った。これが気持ち
よかった。私も何度も転びながら夢中に滑った。すると、女子の一人が、「見つけ
たわ」と大きな声を出した。見ると、キノコは列になっていて10メートル近く繋がっ
て連なるように生えていた。「これは発見!これを全部採って先生に見せよう」と
言って藪をかき分けて山から出ると、先生たちは私たちを待っていた。キノコを見
せると、「おお!これは食べられるキノコだ、やったね」というと先生は大喜びだっ
た。「家庭科のときカレーに入れて食べよう」と先生。結構満足の様子だった。
このように、昔は子供でも採れるところにキノコは自生していたが、それから数十
年が経って社会人となってから弟が、「山へキノコ採りに行こう」と言うので行って
みることにした。しかし、車で奥へ奥へと走って行き着いた山は私の想像を超え
ていた。「車の中にいるか?」と弟がいうのを断って、「俺も中へ入ってみる」と答
えた。きっと、このとき顔が引きつっていただろう。弟が1時間で戻るからというと
竹ををかき分けて山に入っていった。「よしっ」と気合を入れて竹を分けて山へ入
ろうとするが、竹の密度が濃く三メートルも入ったら疲労困憊となってそこで終わ
りだった。この山は私のような素人が来るような山じゃないなと納得させられた。
弟が大きなマイタケを丸抱えで山から出てきた。「え、なに、そのでっかいキノコ
は?」と聞くと弟は「これか、マイタケだよ」と満足そうに答えた。何でも、マイタケ
の天然物は毎年同じ場所に自生するらしい。採るにはかなり正確な時期にその
場所に来ないとダメらしい。雨が降ったりいろんな条件を見て、天然マイタケが
大きくなった瞬間を狙って来たんだと弟は言った。私には分からないキノコ採り
の世界だった。

ミュージックフェスを拾ってみた!リルコミだあ

きょうも晴れたり(雨がふったり)曇ったりと空は不安定だった小平だったが、午後
からは雨はやんで重たそうな黒雲が空いっぱいに広がっていたがそのまま持って
くれた。こんばんは。過ぎてしまったが、今週月曜日8日は午後からギャザリング
だった。前々日の6日が那須高原の南ヶ丘牧場でアメリカの横田基地に所属する
空軍バンドと対バンだったため、さすがに参加者は疲労気味だったが、常連バン
ドの元気さに負けず劣らず軽快に三時間余り歌って演奏して大いに楽しんだ。写
真はナオミちゃんのショット。レンズがググっと相手に近寄ったナイスショット。モデ
ルはフィドル三兄弟(小森谷、チャーリー、内田)。この日登場した小森谷巨匠は
ステージ、客席等かなり動き回って撮影を続けていたが、「今度、恵比寿ガーデン
プレイスのオフィシャルカメラマンで行くのでそれの練習です」との答えに納得。そ
れでもフィドルを忘れなかった巨匠。ここには「ノーム・ピケルニー&スチュアート・
ダンカン」、そして日本の中村まりが出る。詳細はhttp://www.livemagic.jpまで。

181012_1.jpg

181012_3.jpg


もう一つ。今週末13日と14日はポール・ラッシュ・フェスティバルが開かれる。
https://countyfair2018.seisennryo.jp/ で詳細が分かるが、ここのフェスには私たち
に近い日本人バンドが出演する。まずは「ブルーグラス・バディーズ」と「ブルーグ
ラス・ポリス」の2バンドに、ブルーグラストークで井上三郎が来る。尚、「ブルーグ
ラス・バディーズ」は、Kazuhiro Inaba さんが率いる日本を代表するバンドである。
また、フェスのフィールドを取り巻いている屋台では美味しいアメリカンフードが安
価で食べられるとあって大人気。芸術の秋、音楽も忙しい。

181012_2.jpg

築地市場を壊して豊洲市場で初競りだって!リルコミだあ

きょうは午前中に雨が降った小平だったが午後も小雨が落ちたりとはっきりしない
お天気だった。こんばんは。築地から豊洲に引っ越しをしたのは「東京中央卸売市
場」で、築地には1935年に開業2018年に豊洲に引っ越しするまで83年間も営
業を続けた。主な取り扱いは水産物(日本最大)のほか、青果(野菜、果物)、鳥卵
(鶏肉、鶏卵)、漬物、各種加工品(豆腐、もやし、冷凍食品等)だった。83年間、
たゆまぬ努力のおかげか築地という名前は世界に轟くブランドとなっている。まあ、
これは築地場内と呼ばれた市場だが、私たち一般人は築地場外と呼ばれた場内
の外側に隣接していたいろいろなお店に行って、食べたり買ったりして築地を楽し
んだことを言うので、今回の築地場内が引っ越しても「場外」で長年、親しんだお店
がどうなるのか心配で仕方がないが、テレビ新聞は場外のことを報道してくれない。
まあ、例えてしまえば大きな魚にくっついているコバンザメのような「場外」だから、
きっと多くのお店は姿を消して、資金力のある美味しくないチェーン店が「場内」を
取り囲んでしまうかも知れない。築地市場という騒々しい中で、ピカリと光る超美味
しい小さなお店などがポツポツとあったからこそ楽しかった。場内の連中だって技
を持った亭主と味を誰よりも歓迎していたと思う。しかし、きょう解体屋が入って機
械で築地を破壊していることをテレビニュースで見ると、「これでおしまいだ」と思っ
た。築地にいて何が悪かったのか。魚相手の商売をしているだけで、そこに市場
があって何が悪かったのか。建物が古くなった?建物が古くなったら魚も古くなる
のか。冗談言っちゃいけないよ。石原都知事みたいな体制に流されっぱなしの人
物が豊洲移転を最後に決断したっていうが、そんなことはない。都民が石原や小
池などを選ぶから築地も引っ越すことになっちゃった。ひいては自民党に長くいて
「いい思い」をしてきた連中に、築地の本当の良さなど分かるわけがない。日本は
狂ってると思った。

ビル・モンローがカントリーのジョージ・ジョーンズを褒めちぎった!リルコミだあ

きょうも小平は爽やかな秋晴れとなった。台風25号の置き土産かこの二三日、
夜も暑かったので寝苦しかった。果たして今宵は…。

こんばんは。
午後、何気なくFBを見ていると、札幌在住のS野さんが、「ロレッタ・リンと
ジョージ・ジョーンズ」の動画を取り上げて、「臭いカントリーシンガー」と表現していた。
S野さんは、長くカントリーを聞いて来た人で、ファンならばこその表現、「臭い=素晴ら
しい」を使ってカントリーの大歌手を評した。私はしばらくジョージ・ジョーンズの
歌を聞いていなかったので、カントリー界を代表する二人の歌を聴いて正直シ
ビレたのだった。ジョージ・ジョーンズ(1931-2013)は、テキサス州サラトガ
出身。9才でギターをプレゼントされて音楽に目覚める。しかし、以後の経歴は
荒れた日々と自ら語った通り、はっきりとはしていない。私がジョージ・ジョーン
ズを知ったのは友人から「最高だ」と言われてからレコードを聞いたのが最初で、
二回目はあのビル・モンローが、「君はジョージ・ジョーンズを知ってるか?」と
聞かれて、「ジョージが歌うとどの曲もいいけど、彼こそがナンバーワンのカント
リーシンガーだ」と、ビルモンにしては珍しく熱く語ってくれたことがあった。その
ことを思い出してS野さんにコメントを書かせていただいたが、あれほどの人が
ジョージ・ジョーンズをほめるなんて意外だと思って、じっくり聞いていたのだっ
た。「あなたのジョージのベストソングは何ですか」と私が聞くと、「He Stopped
Loving Her Today かも知れないなあ」と会話が噛み合わないまま朝になったこと
を思い出した。ビルモンとの旅が終わって、忘れないうちに聞いたジョージの曲
を調べると、1980年に発表された曲でいまではカントリーソングのスタンダード
になっている有名曲だった。オープリーのスターといえばロイ・エイカフのことしか
話さないビルモンの意外なカントリー談義だった。  

10月6日(土)那須高原日米交流音楽祭レポート!リルコミだあ

台風25号の動きに注意しながら先週末6日早朝に待ち合わせて車に同乗させて
もらい一路、那須高原南ヶ丘牧場を目指した。朝7時に武蔵野線「東所沢駅前で拾
ってもらい、私、妻、菅沼バイオリン工房社長を乗せて、黒のカローラスプリンター
「秋葉カー」は快走を続け、目的地の那須高原南ヶ丘牧場に着いたのは午前10時
を少し回っていた。まずは順調だった。青梅の「梶カー」は途中で新幹線で行ったチ
ャーリー&ナオミちゃんを那須塩原駅で拾って先着していた。まずは会場の下見と
いうことで牧場の入り口左側のレストランの二階へ行くと、広間に椅子がきれいに
並べられて、その前のステージでは本日の米軍ミュージシャンがフルートやクラリネ
ットを吹いて練習に余念がなかった。私たち一行は控室に案内されて休憩している
と、遅れていた「鮫島カー」の三人も元気に到着。これで小平ギャザリングメンバー
12人全て揃った。無事に感謝。午前11時。米空軍バンドが始めた。真ん中に女性
ボーカルを置いて、右にクラリネット、トランペット、トロンボーンを並べて、真ん中に
ウッドベース、その左にドラムス、その前にE.ギター、その左にキーボードという8人
編成バンドで、主体はスタンダードジャズナンバーで、きっちり60分間演奏し終わっ
た。女性ボーカルは黒人のきれいな声の持ち主で、吸い込まれるようなテクニック
で有名なジャズナンバーを歌った。残りのメンバーもスタンダードなジャズ演奏を披
露して会場一杯の観衆から拍手喝采を受けてミュージシャンは全員汗と笑顔で顔
がクシャクシャになっていた。ボーカルとバンド演奏を交互に行っていたという印象
だった。素晴らしかったのはクラリネット、トランペット、トロンボーンの若いミュージ
シャン三人で、ハイパートの三部コーラスは管楽器特有の耳をつんざくような響き
が最高だった。私たちが昼食をとっている間、空軍バンドはきれいに片づけて、メン
バーの誰もいなくなっていた。興奮冷めやらぬ米空軍バンドの後を受けて、午後1
時30分、小平BGギャザリングがスタート。ギャザリングは名称の通り、メンバー全
員で登場して、BGM(チャーリー&ナオミちゃん)のリードを全員が楽器でソロをとっ
たりして、チャーリー&ナオミちゃんを支えて盛り上げることをいう。今回は主催者
からリクエストもあったので特別なギャザリングとなったが、出来栄えは最高だった。
ギャザリングの後は、「梶バンド」が登場、Sweetest Gift, Sunny Side of Life などを
きれいなハーモニーで聞かせてくれた。梶バンドは梶ご夫婦に内田不二雄さんが
入っているトリオのバンドだが、二年前の大月ハーベストギャザリングで登場して
以来のお付き合いである。ますます音楽に磨きがかかっていて来年も期待のバン
ドである。次は「オータムリーブス」と、素敵なバンド名を付けた秋葉さんが率いる
バンド。秋葉さんのギターとリードボーカルに、菅沼利夫さんのフィドル&ボーカル、
松田健二さんのバンジョー&ボーカル、鮫島敏明さんのドブロ、鮫島登志子さん
のE,ベース&ボーカルという豪華編成。これは那須高原という地域性を考えて、
英語で歌うよりも日本語で歌った方が受けがよいとの私の判断で秋葉さんにお願
いしたら、秋葉さんが鮫島さんたちをフィーチュアしたのだった。♪ふるさとの風、
♪気分は最高さ、♪さよならが言えないなど、とてもバランスがよく、聞いていて気持
ちよくなった。鮫島夫妻が入って効果抜群だった。秋葉さんの慧眼に大感謝。お
次は当の「阪神パークがないでしょ」。続けて出演となったが、鮫島さんご夫婦は
ますますお元気で、♪どうにかなるさ、♪月の庭を、曲紹介を交えて淡々と味わい
深く歌った。今日のイベント主催者からのリクエスト I Know Who Holds Tomorrow
を歌い上げて、非常にいい雰囲気を作っていただく。しかし、リクエストした本人は、
会場のレストラン玄関前で、「呼び込み」をしていて聞き逃したという。現場は常に
変化するのだ。さてネクストはおなじみBGMさんのお二人。いつも明るく元気でエ
ネルギッシュなステージは那須でも変わらず、♪走れコータローで始まり、♪すばら
しき仲間たち、と昔懐かしい二連発で始めて、残る三曲はオリジナルでしめて、
貫禄十分だった。最後に歌ったのはいつも我が身を心配してしまう、♪健康診断。
そして最後は「小平BGギャザリング」のエンディングへと流れ込んで、「那須高原
日米交流音楽祭」は終わった。最初は米空軍バンドを相手だとどうなるんだろうか
と非常に困ったが、彼らは私たちギャザリングが演っている間中は昼食に行って
いて、いないという場面を作ってくれたので、こっちは見つめられていない分気楽
に出来たのだった。感謝したらいいのか複雑な気持ちが残った。終わった後は
初めての楽器別のワークショップを開いたが、こちらは集まる人が少なくいまいち
の感じだったが、負けずに続けようと決心。打ち上げは主催者宅夜遅くまで。

2020東京五輪総経費は3兆円!リルコミだあ

数日続いた秋晴れも一転、きょうは一日雨が降ったりやんだりとぐずついてしかも
寒かった。こんばんは。明日6日は那須高原へと早朝に出発。那須の観光牧場と
して知られる「南ヶ丘牧場」で開催する「日米交流音楽祭」に小平ギャザリングとし
て出演する。日米とは?日本は小平ギャザリングで、米は横田基地所属の「空軍
バンド」が予定されている。タイトルが大げさになっている。空軍バンドは室内のた
め、メンバーを減らして10人編成でやって来るらしい。会場がアウトドアだったら、
何人のメンバー編成だろうかと興味深々。演奏は、ブルーズ&ジャズが主体らしく
楽しめそう。先日、ひょっこりとギャザリングにやって来た小森谷巨匠によると、空
軍バンドを含むアメリカ軍のバンドにはケンタッキーやテネシーなどブルーグラス
圏の人が多いらしく、「バンジョーやフィドルを弾ける人がいるかも」と言っていた。
しかし、すでに南ヶ丘牧場で働いている奥様も、「むかし私、マンドリンを弾いてまし
た」と名乗り出たそうだ。いずれにしても、那須がブルーグラスキャピタルになるよ
うその第一歩をきちんと印してきたい。さて、2020年に開かれる東京オリンピッ
クに係る経の総コストが三兆円に達するようだと今朝の東京新聞が伝えた。大会
組織委員会(会長:森 喜朗)が集めた広告を主体にした協力金が6,000億円、
東京都が6,000億円、国が1,500億円と、合計1兆3,500億円の予算だった
ものが3兆円となるらしい。私は、始めっから東京オリンピックは要らないと反対し
てきたが、既存の施設を使うなどコストダウンすれば、(オリンピック)も安く運営で
きるなどとマスコミに書かせて「安くできる五輪」などのイメージを作って、お金のか
からないオリンピックを演出していた。それがいつの間にか三兆円である。既存の
施設を流用するは、本家のオリンピック委員会に、「すべて新しい施設で協議を行
う」と約束していた(大会組織委員会)ことが発覚して、コストダウンは夢だったこと
を多くの都民は知らされた。しかし、100歩譲っても三兆円とはひどい。どれだけ
国の税金を会社に取り込もうとする輩が多いことか。安倍自民党は表面に出ては
いないが、そもそもオリンピックなど国際的な大会を日本に招致すればゼネコンを
始めとしてタックスイーター(税金食い虫)が群がる体質は、自民党が作り出したと
言える。そもそも歴代の都知事(小池百合子含む)にはコストダウンという考えなど
全くないのだ。

東京のライブの殿堂「バックインタウン」の11月スケジュール表が届いた。以下は
メールの公開です。

日頃より大変お世話になっております。
本日は曙橋 Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN" より
2018年11月のライブ・スケジュールをBCCでご案内させていただきます。
ご来店の際には事前にお電話かメールでご予約くださいますよう
よろしくお願いいたします。

Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN"
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 TEL03-3353-4655
BACK IN TOWNのMail

----------------------------------------------------------------
1日(木) <18:30~ :通常営業> ギターインスト・ナイト
" ♪マイギターでギターインストの夜です。ギタリスト大集合!!
----------------------------------------------------------------"
2日(金) <19:00~ :MC\3,600> 青木まり子(弾語りsolo)
" ♪音楽のジャンルも国境も肩書きも外して今夜は思いっきり楽しみましょう。
----------------------------------------------------------------"
3日(土) <18:30~ :MC\3,000> 東京ボブ・ディラン with Jokermen 17:00オープン
" ♪7月に突如一日だけ来日した本家Bobのロックフェス再現なるか?!
----------------------------------------------------------------"
4日(日) <14:00~ :MC\1,620> SLOWHEAD           12:30オープン
" ♪学生時の仲間が、30年以上のブランクを経て再結成したブルースバンドです。
----------------------------------------------------------------"
6日(火) <19:00~ :通常営業> 弾語りナイト
" ♪マイギターでJ-Folk, American Folk をBITのステージで歌いまくって下さい。
----------------------------------------------------------------"
7日(水) <19:30~ :MC\2,160> PPMM
" ♪フォークの立役者 “”Peter, Paul and Mary” の名曲を
                  アコースティックサウンドでお届けします。
----------------------------------------------------------------"
8日(木) <19:30~ :MC\5,400> 佐々木幸男
" ♪1976年に「君は風」でデビューした札幌在住のシンガーソングライター。
----------------------------------------------------------------"
9日(金) <19:00~ :MC\2,160> Reunion 2018 ~PP&Mを歌う~
" ♪1999年に高校や大学の同窓生が結成したバンド。
       以来、""Peter, Paul and Mary""を歌っています。
----------------------------------------------------------------"
10日(土) <18:00~ :MC\1,620> 6th (早稲田大学フォークソングクラブ)OBライブ 
          17:00オープン
" ♪昨年、創立50周年を迎えた早稲田大学フォークソングクラブ。 
      今もなお元気で活動しています。
----------------------------------------------------------------"
11日(日) <13:00~ :貸切> 日本大学西部音楽研究会ゴーストライダーズOB会
" ♪
----------------------------------------------------------------"
13日(火) <18:30~ :通常営業> カントリーミュージック・ナイト 
" ♪アコースティックでカントリーを歌う夜です。 
      カントリーを歌いたい方はどなたでも参加できます。
----------------------------------------------------------------"
14日(水) <19:30~ :MC\2,500> Instead of Net
" ♪David Grisman が作った ""DAWG"" を中心に
      インストルメンタル・ミュージックをお届けいたします。
----------------------------------------------------------------"
15日(木) <19:30~ :MC\3,240> SHIME  with ?
" ♪ロック、カントリー、ブルーグラスなどをルーツにオリジナルも手がけています。
----------------------------------------------------------------"
16日(金) <19:00~ :MC\3,600> 黒澤久雄+マイク眞木+小松久 スペシャルユニット
" ♪それぞれの代表曲、アメリカンフォーク、アメリカンポップスをたっぷりお届けします。
----------------------------------------------------------------"
17日(土) <18:30~ :MC\1,620> ファンキーファニーアンサンブル    17:00オープン
" ♪弦楽器のアコースティックな音色でファンキーな一時をお楽しみ下さい。
----------------------------------------------------------------"
18日(日) <18:00~ :MC\3,780> 岡崎倫典アコースティックソロギター 7:00オープン
" ♪暖かく幻想的な音楽の世界と華麗なギターテクニックが人気を呼んでいる。
----------------------------------------------------------------"
20日(火) <19:30~ :MC\3,240> Tri Barrel/トライバレル
" ♪河合徹三、古橋一晃、尾崎博志の三人による
         心地よいインストルメンタル・ユニットです。
----------------------------------------------------------------"
21日(水) <19:30~ :MC\3,240> 奥沢明雄 バースデー前夜祭
" ♪ハッピーバースデー!!みんなで盛り上がりましょう。
----------------------------------------------------------------"
22日(木) <18:30~ :MC\2,160> スリーレーベンス50周年記念ライブ
          17:30オープン
" ♪結成50周年、再結成5年を迎えたスリーレーベンスが20数曲
              ""Peter, Paul and Mary"" を歌います。
----------------------------------------------------------------"
23日(金) <19:00~ :MC\2,700> タヒチクラブ 村田食堂 ジョイントライブ
" ♪古いジャズやポップスをお届けするタヒチクラブ。
       戦前戦後ジャズや昭和歌謡をお届けする村田食堂。
----------------------------------------------------------------"
24日(土) <18:00~ :MC\3,240> 伍々慧 Solo Guitar Concert    17:00オープン
" ♪2004年プロデビュー。日本各地で演奏活動を展開。
                 近年は海外でも精力的に活動中。
----------------------------------------------------------------"
25日(日) <18:30~ :MC\3,780>
       打田十紀夫還暦記念スペシャルライブ 17:00オープン"
    ♪ギターを始めて40年。ステファアン・グロスマンと出会い
                     カントリーブルースにはまった…。
----------------------------------------------------------------"
28日(水) <19:00~ :通常営業> ブルーグラス・ナイト
" ♪ブルーグラス好きはMy ギター、バンジョー、マンドリン、フィドルで大集合!!
----------------------------------------------------------------"
29日(木) <19:00~ :MC\1,620> プレジャー・マシーン
" ♪フォーク、カントリーロック、'
       60~'70年代をジャンルにとらわれず演奏するオールディーズバンド。
----------------------------------------------------------------"
30日(金) <19:00~ :MC\2,160> The Roving Gamblers, The Sunny Let Us
" ♪サイモン&ガーファンクルをカバーするRGと
             ブルーグラスを演奏するサニーレタスの共演。
----------------------------------------------------------------"
       5(月)、12(月)、19(月)、26(月)、27(火) はお休みさせていただきます

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ