2018-04

Latest Entries

私が好きだったランディ・スクラッグスが先週17日に亡くなった!リルコミだあ

私が好きだったランディ・スクラッグスが先週17日に亡くなった。
64才という若さだった。
合掌。(1953年8月3日ー2018年4月17日)
出会いは、アール・スクラッグスが僚友のレスター・フラットとの
フラット&スクラッグスを解散してから立ち上げた「アール・スクラッグス・レビュー」の
アルバムを聞いたときだった。
今から47年くらい前になるのでランディはこのときまだ十代だったと記憶している。
お父さんの第二の音楽ビジネスのスタートを飾るアルバムには、
超有名ゲストに混ざって兄のゲーリーと共に控えめに参加していたのを見つけて、
「あ、この子がランディか!」と強い印象を持った。
その理由はご存じ、スクラッグスのインスト名曲、「ランディ・リン・ラグ」が
生まれた元となったのが、次男誕生に大喜びしたお父さんがこのとき作った曲
だとされている。
名前を見ると、Landy Lynn Scruggs 一目瞭然である。
ランディのデビューは兄のゲーリーと組んだデュエットバンド「
RANDY & GALY」として1970年だった。
その後、お父さんの後にくっついて歩きマネージャー、ギタリスト、プロデューサー
としてがっちり地盤を固めると同時に人柄もよく、やがてミュージシャンとしても
プロデューサーとしても成功をおさめて、4回にも及ぶグラミー賞
を受賞するなどナッシュビルを代表する大物プロデューサーに成長していた。

180423_ngdb1.jpg
① Will the Circle be Unbroken (1972)
ニッティーグリッティーダートバンド不朽の名盤として大いに注目を集めた。
ここではランディ、ギターとオートハープで参加し、多くのミュージシャンと知り合う。

180423_ngdb2.jpg
②Will the Circle be Unbroken Volume Two (1989)
ここではランディ、ニッティーと共にプロデューサーを務める。
尚、録音場所は「スクラッグス・サウンド・スタジオ」
最後の曲「アメイジンググレース」はランディの生ギターいよるソロ。
これが印象に残る素晴らしいアルバムになっている。

180423_ngdb3.jpg
③THE UNBROKEN CIRCLE (2004)
カーター・ファミリーに捧げるアルバム(プロデューサーはジョン・カーター・キャッシュ)で
三部作の最後となった(こじつけ?)。ランディ、ここではギターに徹している。メイベル・
カーターになりきったようなとてもいい音を出している。
ゲストのシェリル・クロウが歌うNO DEPRESSION IN HEAVEN とジョニー・キャッシュが歌った
ENGINE ONE-FORTY THREE が印象に残っている。

180423_rs.jpg
④RANDY SCRUGGS / Crown of Jewels (1998)
ランディ唯一のソロアルバム。
ここではギタリスト=ランディとして思いきりギター(エレキも)を弾いている。

JAF MATE 5月号で車の税金特集を見て驚く!リルコミだあ

昨日は午後3時すぎに眠ったらそのまま起きることを忘れて4時間も眠ってしまった。
春は夜明けを忘れるほど眠って会社に遅刻しそうになったことも数回経験したが、
それも遠い昔のこと。いまは毎朝、遅くともほぼ6時には目が覚める。そのせいか、
30分、60分の昼寝をしているが、ときどき数時間と爆睡することがあって昨日は
その爆睡をしてしまいブログが書けなくなってしまった。こんばんは。入院中、私の
足となっていた軽バンを廃棄処分されてしまったが、これは私の病気が脳の血管
梗塞だったため家族が、「今後の仕事は無理だろう」と判断。いきおい何かとお金
がかかっている軽バンを廃棄処分にしてしまおうと、妻を中心に考えて実行したと
入院中に聞いたが、歩けない自分としては「それも仕方がない」と思った。そこで、
入院中は嫌になるほど暇だったので、自動車税とはどんなものかと漠然と考え始
めて、PCのいろいろなサイトを覗いたがどれもこれもバラバラでまとまって見られ
るようなサイトにはついに出会えなくなていた。JAF Mate というB4サイズの雑誌を
ご存じだろうか。私は酒屋時代にこの本を勧められてそのまま継続しておおよそ
20年ぐらいになるだろうか。このJAF Mate が「どうしてこうなった?車の税金」とタ
イトルを付けて、初めて私の興味を引くタイムリーな記事が掲載されたのだった。
まず車には燃料課税と車体課税に分けられ、車体課税からいくと①自動車取得
税②消費税③自動車重量税④自動車税⑤軽自動車税があって、①②は車
を取得したとき、③④⑤は車を保有している間毎年支払わないといけない。
この他に車が走行したときの税。以下はガソリン&オイルと区分けしてくれると解
りやすいが、ここでは訳の分からない税金名で記述している。①揮発油税②地
方揮発油税③軽油引取税④石油ガス税⑤消費税となっていて、トータルすると
8兆円!にものぼる。これらの税金は、道路の受益者負担という考えから自動車
ユーザーだけに課せられている。ではなぜこのようにたくさんの税金となったのか
というと誌面では、道路整備の財源確保が必要となったため。軽油引取税(1956
年)、自動車取得税(1968年)、自動車重量税(1971年)と雪ダルマ式に増えた。
また、70年代、道路整備の財源不足を理由に自動車重量税の他に自動車取得
税、揮発油税に上乗せ税がかかっている。車に課税された当初の約束と違ってい
る?車の税金は使途を道路整備に限るという名目でスタート。ところが2009年、
名目は反故にされて一般財源化された。一般財源化された時点で、自動車ユーザ
ーが支払った税金がどのように使われているか解らなくなった。尚、道路整備への
財政支出は5兆円といわれている。つまり、車保有者が支払った税8兆円を考え
ると、およそ3兆円が使途不明となっている。私の妻はこのような実態を知って車
をポイしたとは思わないが、こうやって見ると車1台にかかる税金のすごいこと。
ボチボチ、自民党の作って来た社会を見直して、もっとイージーに車を保有出来る
社会を取り戻したいなあ。それにしても各税金名にはあきれた。特に走行には絶
対に必用なガソリンの中身の税金が、五種類にも分かれていたなんてバカバカし
いにもほどがあるってもんだ。全部、財務省だ。

きょうは午後からギャザリング!リルコミだあ

午後から黒雲に覆われて怪しいなあと思いながら中央公民館へ行くと喫茶店には
ピーターパンのお二人が昼食中だった。私も自販機で暖かいお茶を買って仲間入
り。本日は地下1階の音楽室でギャザリング。ドアオープンまでちょっと早かったの
で私も昼食?と考えたが、家を出る前にカレーを食べていたのを思い出し、オーダ
ーの言葉を飲み込んだ。ヘッヘヘ、ここで食べたら認知症と疑われたかもしれない。
こんばんは。12:45PMとなったので音楽室へと下りる。ドアオープンを待って楽
器を背負ったブルーグラスメン&ウーマンがたくさん見えた。中にはネッシーのフィ
ドラー、山田くんがいた。彼とは数十年前、彼が高校生のときに出会っていたが、
聞けば「定年」となったらしい。それこそあっという間である。地下にある音楽室は
少し狭く感じたが、高熱がようやく下がったチャーリーさんが、「それは30人以上も
の参加者がいたので」とささやいてくれたので、「そうか!」と合点したのだった。オ
ープニングとBGMさんのパフォーミングが終わると、それぞれが椅子に座ってひと
休み。間髪を入れずにギターを抱えて武田くんが登場。すると橋爪さんが追いかけ
るようにマイクの前に立ち、「エッチャンズ」が始まった。橋爪悦子の名前から「エッ
チャンズ」が生まれて、その名付け親が武田くんだったので二人ともにスタート時か
ら気が合っていたのかも知れないが、まさに二人のコンビネーションがピッタリだっ
た。エッチャンは度胸もついて力強いトーンを弾いて、ギャザリングへ初登場したこ
ろを知っているみんなを驚かせていた。お次はスタンレー好きの津島さん。ベース
を弾いていた鮫島さんとのデュエットが白眉だった。そして青梅からのお二人。梶
さんと内田さん。梶さんは歌い始めて日にちが浅いため、常に内田さんがフォロー
してステージをまとめている。一人で参加しても誰かがヘルプをしてバンドのように
歌えるので単独の参加も大歓迎なのだ。梶さんは5月19日(土)に那須遠征に参
加する。この日は小平ブルーグラスギャザリング初めての遠征となるが、那須のラ
イブハウスに招かれて正味二時間のステージを行う。ここでも梶さんには歌ってい
ただこうと計画中である。ギャザリングに戻って、お次はピーターパン。そういえば
喫茶店で昼食中のピーターパンのリーダー、内倉さんは新しく加入したフィドラーを
えらいかわいがりようで、「バンドになじむまでは1年はかかる」と話していたが、そ
の顔はクシャっとゆるんでいた。5人になったピーターパンのお披露目は初めてだ
ったが、いい感じの雰囲気が漂っていたので、練習を積むときっと内倉さんの満足
のいくバンドに近づくに違いないと思った。秋葉さんの「オータム・リーブス」も登場。
珍しくメンバーが揃って秋葉さんもうれしそうだったが、気持ちよく歌えていただろう
か。どんどん練習してボーカルの安定を図った方がいいと思えるが。ギャザリング
では二つ目の本格ブルーグラスバンドだから、つい期待してしまう。女子コーラス
隊は、新しい参加者も見えて人数は迫力たっぷり。新しい女性は小平に近い東久
留米市に住んでいるらしいが、マンドリンを持ってコーラス隊の輪の中に入ると存
在が見えなくなるので、これからのがんばりに期待。「阪神パークがないでしょ」の
お二人は相変わらずのデュエットを聞かせてくれたが、きょうは広川さんと山田くん
をステージに呼んでブルーグラスをやってくれたが、これが絶品だった。バンジョー
さぶちゃん、川島(バンジョー)さん、井上さんもがんばって弾き、拍手をもらった。
きょうは全員プレイして歌うというギャザリングの精神みたいな日だった。今後は
フェスシーズンとなってギャザリングの常連メンバーも各地へ出かけるだろう。運
転には是非気を付けてフェスを楽しんでいただきたい。
関東地域の最初のフェスは5月4,5日の千葉フェスになる。
180417.jpg


エンジェルス大谷翔平選手の大活躍がテレビのワイドショーにも登場!リルコミだあ

きょうは退院後、2回目のお医者さんへ行く日だったので予約電話をかけてしばらく待機して
いると先方から電話がかかって医院へ行く。すると、「ササキさんは予約番号が30番です」
と言われてカウンターを見ると28番だったので、あ、もうすぐなんだと思った。このシステム
は待たなくて、ホントよろしいなあと思った次第。それにしても13個の数字を押して予約をし
ても慣れていないから、「本当に予約が出来たのか」と心配になって、ジリジリして待つこと
二時間。ようやく電話がかかって来たときはうれしかったな。血圧を計って聴診器で胸と背
中を診て、別室で採血をして終了。もう一度医者に呼ばれて恐い数値を言い渡され、「血糖
値142、ヘモグロビン値6.2。朝食を食べましたね、とてもいい数値ですね」と合格点をい
ただく。退院後すぐから一ヶ月間、小川クリニックの院長は私という患者の様子を見ていた
らしく、「食事も睡眠も今の調子を続けるように」と一言つけ加えてくれた。お散歩のことや
左半身のことは一言も触れなかった。こんばんは。ロサンジェルスエンジェルスの大谷翔平
選手の大活躍が日米のマスコミを揺さぶっている。朝、お昼、、夕方、それぞれのワイドシ
ョーが毎日取り上げて特集を組み、大騒ぎという報道ぶりだが今日のピッチングが悪天候
で中止になると、「次の登板日」が18日と発表しているにも関わらずまごついた放送になっ
ていた。これは大谷投手がピッチングする日の前後両日ともにスタンバイ(準備)デーとなっ
ているため、ワイドショーの女性キャスターを始めとするフロントにはいつ打って、いつピッ
チングするのかが複雑だったためまごついたのだろう。正確には今日がお休みで、明日が
スタンバイデーとなって明後日18日がピッチング(相手はボストンレッドソックス)、19日も
スタンバイデーで20日からバッティングとなる。エンジェルスはピッチングの前後にスタンバ
イデーを設けているのが特徴。また、大谷選手の二刀流についてエンジェルス監督のソー
シアは、「私たちは大谷が素晴らしい選手だということを知って獲得した」と、投打で大活躍
の大谷選手を当然のように落ち着いて語っていた。オープン戦での不調にもまったく心配は
していなかったそうで、「今はケガだけを心配している」と、お父さんのように好調の大谷選
手を見守っている。チームのエンジェルスも絶好調で、去年のワールドシリーズチャンピオ
ンのアストロズを抜いて、13勝3敗でア・リーグ西地区トップ快走中。ロイヤルズ戦では、
観戦中の3人の若い日本人に、大谷選手が打席に立ったときは「騒がないで静かにしてく
ださい」と警備員を通じて異例の注意をしたそうな。日本人の若者3人、よっぽどうるさかっ
たのだろうね。エンジェルス球団のピリピリ神経質になっていることもよく分かるエピソード
である。今後、観戦ツアーなど大谷フィーバーは続くのだろう。あとはマイク・ソーシア監督が
心配した通り、ケガのないように祈りたい。

きょうもお散歩のお話ですまんです!リルコミだあ

きょうの小平は風も出て少し寒かった。私が住む団地の際を流れている野火止用水に沿って
歩いていると、川の中にアオサギがいて魚を狙っているのが見えたので、しばらく見ていると、
魚がいなかったのか逃がしたのかやがて飛び去った。「バサバサ」と羽をはばたかせて悠然と
飛んで行ったが、見ていたこっちはその羽音と羽を広げた大きさに驚いた。でかかった。野火
止用水は川幅が2メーターくらいで水の深さがたぶん20センチくらいの、ちょろちょろ流れる
小川よりもちょっと大きい川だと思ってもらえればいいが、この小川、むかしだったら田畑に水
を供給してとっても重宝されただろうと、遥か遠く、お百姓さんたちの時代を思ったりしながら
私もその場を後にした。お散歩の途中にアオサギだけでなく、飼っているニワトリや烏骨鶏な
どを見ながらというコースもある。小平は大地主(1,2代前はお百姓さん)が多いせいかとて
も大きな家が点在している。ぼやぼや歩いているとそのような家の敷地に紛れ込んでいると
きもあって、先日も遠方の桜を見ようと歩いて行くと大地主と思われる私有地の中へ入ってし
まった。犬に吠えられて気が付き、戻ろうとしていると、「真っすぐ通り抜けた方が早いですよ」
とおばちゃんに助けられたことがあった。犬はおばちゃんのそばにいて、ますます吠えたてて
いたがすたこらと逃げるように他人の敷地を通り抜けた。ここの大地主の家にくっつくように
あったのが鳥小屋で、その中には白い小っちゃな烏骨鶏が数十羽いるのが見えた。小平で
は烏骨鶏の卵を重宝していることを知っていたが、近づいてよく見ると土の床が掘れている隅
っこの穴にも白い卵が見えた。しかし、ここでも黒い大きな犬に吠えられたので急いで逃げた。
番犬大活躍の巻だった。小平市は東京都の端っこで都心に努めるサラリーマンのベッドタウ
ンとして人が集まったと聞いているが、隣は埼玉県の新座市である。私が住む団地は小平市
のいちばん外れの際に立っている。いつだったか、遊歩道を北に向かって歩いていると村山
貯水池に着いてしまった。これなどは歩きすぎたのだった。

月刊ムーンシャイナー誌編集長の渡辺三郎氏よりメールが届き、今回も情報満載で楽しそう。
以下はメールの公開です。

ブルーグラスな皆さまへ、
(これまでに個人的なご縁のあった方にBccにてお送りします。今後ご不要の方は、お
手数ですがお知らせください)
さわやかな春にフィドルワークショップのお知らせです。週日ですが、二次会の打ち上
げピッキンパーティー込みの合計4時間のプログラムです。
添付のムーンシャイナー誌4月号特集に紹介したように、デル・マッカーリー名盤での
録音やダニー・ペイズリーやデビッド・グリスマンとの活動で知られる現在では希少な
存在となりつつある叩き上げのブルーグラスフィドラー、ジョン・グリックのワークシ
ョップです。パーフェクトでファンシーなフィドラーたちとは違い、ダウンホームでア
ーシーな魂のこもったジョンのフィドルから初心者/上級者の別なく、もっとも大切な
「フィドルが歌う」インプロバイズ感覚をそれぞれのテクニックに応じてリズムとコー
ドに乗って身につけるノウハウを体験したいと思います。(sab)

“Jon Glik” Fiddle Workshop & Potluck Pickin' Party
ジョン・グリック
「フィドルワークショップとポットラックパーティー」
●5月9日(木)18:00~22:00
スタジオ「カジュアライズ」(JR池袋駅徒歩3分)
●参加料 \3,000-(学生証提示\2,000-)
 18時からワークショップ、20時以降のピッキンパーティは各自飲食物持ち込みにて(
コンビニ歩1分。冷蔵庫、自動製氷機、電子レンジや料理道具セットなどを含む厨房あ
り。ただし22時までに原状回復のこと)。詳細は以下のプログラム参照
●世話役/司会:月刊ブルーグラス専門誌「ムーンシャイナー」編集長、井上(渡辺)
三郎。
●(問、予約申し込み)Mail、または080-3819-8818

【プログラム】
18:00~19:45 Jon Glik Fiddle Workshop
       「フィドル ワークショップ」
●テーマ:歌うブルーグラスフィドルの本質
 ブルーグラスフィドルの醍醐味である「歌うこと」の重要性を、初心者/上級者のテ
クニックとは関係なくボーカリストのように感情を込めるフィドルノウハウを、以下の
ようなサンプルで考えていきます
●フィドリン・アーサー・スミス以来のブルースリック。e.g.:“Florida Blues”から
“Foggy Mountain Special”へ
https://www.youtube.com/watch?v=3Ghh31LLq2g
 用例:マウンテンマイナー(≒ブルーノート)によるインプロバイズ
●スリーコードの典型展開「Ⅰ-Ⅳ-Ⅰ-Ⅴ」(e.g.:“I'm On My Way Back To The Ol
d Home”)や「Ⅰ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ」(e.g.:“Blue Ridge Cabin Home”)におけるダブルス
トップのインプロバイズ。(ムーンシャイナー誌4~5月号「私的ブルーグラスの弾き
方」およびそのyoutube実践“moonshiner 201804”参照)
●ブルーグラスキーと言われる「Key of B Natural」でのインプロバイズ。e.g.:“Liv
e and Let Live”(ムーンシャイナー誌4月号12頁に楽譜、音源はB.O.M.サービス、
ムーンシャイナー誌2018年4月号紹介サイト
html の目次の下にあります)
●そのほか、ブルーグラス奏法によるフィドルチューンにおけるオールドタイムフィド
ルチューンのインプロバイズについて。e.g.:“Bill Cheatham”。また、モンローのイ
ンストチューンのツインやトリプルフィドルのノウハウ。リード奏者のコードフォーム
の見た目(地図)から発想するテナーパートやバリトンパートの取り方など、時間があ
れば取り上げたいと思っています。

20:00~21:30 Potluck Pickin' Party
       「ポットラックパーティー」
 ジョンを囲んだ各自(自分用)飲食物持ち込み、参加自由の交流二次会/飲み会を兼
ねたピッキンパーティーです。フィドラーのみならずさまざまな楽器奏者も大歓迎です
。コンビニへは徒歩1分!!

 以上、参加希望の方はご予約いただければ幸いです。……楽しみましょう!! (sab)

p.s. 翌5月10日(銀座・ロッキートップ)、12日(PICA富士西湖)、13日(山梨県北
杜市・清泉寮)、14日(鎌倉市大船・「和・豊田」)にて、わたしと妻・由利子、息子
・太郎、娘・ゆい子による珍しい!?「宝塚ブルーグラスファミリーバンド」のライブが
あります。こちらも、よろしくね……!?

180413_1.jpg 
180413_2.jpg 
180413_3.jpg

180413_4.jpg

180413_5.jpg

180413_601.jpg

180413_701.jpg

顔半分がしびれて一日中家でごろ寝だった!リルコミだあ

きょうは体調がいまいちで一日家にいてユーチューブとCDで音楽三昧だったが、
20℃を越えた外とは違い家の中はセーターが要るほど冷えていた。そう、団地
はコンクリートが一旦冷えたらなかなか暖まらず、外から戻った妻も最後には長
袖姿になっていた。こんばんは。私の体調は左側半半身というよりも、顔の半分
が強くしびれてときどき痛みを感じたので、こういう場合はおとなしくしていた方が
自分で安心できるので家にいて静かにしている。入院していたときも顔半分にし
びれが強くあったときは医者に、「静かにしていると収まる」と言われていた。夕
方の今、顔半分のしびれは朝が10とすれば半分くらいにまでおさまっている。こ
んなときは「調子よくてもやっぱり病人だ」と自覚するが、このような事態は退院
後二回目である。しかし、このしびれが体の他の部分に感じるかというと、きょう
一日寝転がっていたがどこにもしびれや痛みがなかったので少し安心している。
さて、近ごろの音楽趣味は古い音源に深く感動を覚えるケースが多い。古いとい
っても私の場合は、1920年代以降のソロだったりバンドの音に共感している。
ソロではクラレンス・アシュレーに、バンドではカーター・ファミリーにはまっている。
これは入院中、奥 和宏著「AMERICAN ROOTS MUSIC」を隅々まで読みふけった
影響によるものだが、その中に、「アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュー
ジック」という歴史的名盤の記述があって、そこを繰り返し読むと是非聞きたくな
った。このアンソロジー~は退院後、早速1万円弱も支払って購入。毎日少しづ
つ、病気にならないように注意しながら聞いている。クラレンス・アシュレーもカー
ター・ファミリーもこの中に収められている曲だが、このCD3枚組はトータルで
84曲!が収録されているが、どの曲も恐ろしくクリアーな音で、これだけでなる
ほど凄い情熱家だなあと改めて感心した。その情熱家はハリー・スミス。たぶん
アメリカ人だろうが、辛抱強さと誰にも負けない情熱が84曲ものオールドタイム
音源をまとめられたのだろう。私の記憶だと、たしかビートルズがアメリカに初め
て上陸したときにジョン・レノンが、殺到する記者団に「ハリー・スミスって知って
るかい?」と逆に質問したという。ジョンはこのアンソロジー ~を探していたのか
も知れない。そのぐらいミュージシャンにはインパクトのあったレコードといえる。
カーター・ファミリーは1927年のブリストル録音でジミー・ロジャースと出会って
共に録音を残しているが、そのときのWhy There’s A Tear in My Eye もいいね。
サラとジミーのデュエットというだけで聞く前から興奮する。(これはこのアンソロ
ジーには収録されていない)

安倍首相以下の不正を許すな!リルコミだあ

きょうは強い風が向かい風となってお散歩がかなり苦しく、方向を変えてもまた向かい風と
なって進む方向を遮ってまるで風に「お前トロトロ歩いてんじゃないよ!」と言われてるよう
だった。まあ、春先にはこのような嵐が吹き荒れることもあるけど、4月10日過ぎだとかな
り珍しいタイミングじゃないかと思った。こんばんは。「森友問題」、「日報問題」、「首相案件
問題」と安倍首相絡みの問題山積で国会はただ今、大きく揺れている。隠蔽体質が生んだ
日本国らしい問題だという新聞記者もいるが、主権在民=民主主義を無視した安倍政権
の在り方に野党は鋭く突っ込みを入れているが、まだ不足しているようである。ただここに
来て、首相案件という言葉が首相秘書官の口から出たという問題は、先の佐川喚問に比べ
てもグッと安倍首相に近くなっているから、「もう少しだ。ガンバレ!」とテレビに声を出して
応援をした。このような安倍首相の国民を無視した問題、加計学園、森友学園他などの問
題を「知らない」、「証拠を見せて」という態度で潜り抜けようとしている安倍首相以下を、国
会は捕まえられるか。いや、野党には何日かかろうが徹底的に追及してほしい。北朝鮮な
どの外交が緊急状態となっていてもモリカケがクリアしない限り、真の民主主義はないのだ。
サッカーの日本代表監督は西野朗氏が指名されて就任した。西野氏はJリーグ監督を歴任
したが現在は協会の技術委員長を務める。ただ、ハリルホッジによるワールドカップ予選通
過など功労などはどう格好つけるのか。不明で分からない部分は数多く残ってはいるが、こ
こはサッカー協会の会長「田嶋幸三」氏を信じることにしよう。クビを宣告されたハリルホッ
ジは激高していると言われているが、彼の手腕がダメなだけなのかもっとその辺の事情を
知りたい気持ちはある。

京都オールドタイムバンドの雄、Joke on the Puppy old time string Band !リルコミだあ

昨日と同じ今日も平均的な4月のお天気だろうか朝は寒かったけど午前にはポカポカと
暖かい日が差して歩きにはちょうど良かった。

こんばんは。一昨日の8日、北越谷おーるどタイムに京都から
「Henry & JPO」というオールドタイムバンドが初めてやって来てライブを行った。
Henry さんは米国から京都にやって来ている人で、
Henry “Hank” Sapznik といいバンジョーをプレイして歌う人。
これに京都オールドタイムバンドの雄、Joke on the Puppy old time string Band
(略してJPO)が、Henryさんを吸収する形で楽しいパフォーマンスを披露。
集まったお客さんから拍手喝采を浴びていたそうだ。

実はこの日、私も予約を済ませて行く予定にしていたが、
バンド練習とダブルブッキングをしていたため先約を生かし、やむなく北越谷に
お断りを入れていたという非常に恥ずかしい結末となっていたライブだった。
バスコフィドラーとは長いこと会っていなかったので是非、ライブで会いた
かったが無理だった。
ところが、友人のMr.Seiji Ishiura さんが白熱のライブ写真を撮影、
それを送っていただいた。
その一部をここに掲載する。
バスコ氏の髭が見事だなあと思った。画家のダリもこのような髭だったな。

180410_1.jpg

180410_2.jpg

180410_3.jpg

180410_4.jpg


ハリルホッジサッカー日本代表監督解任!リルコミだあ

きょうのお天気は一転、寒く強風も出て歩行も進みづらくて楽しむところまでは行かなかった。
こんばんは。サッカーの日本代表監督ハリルホッジ氏(ボスニアヘルツゴビナ出身)が突然、
日本代表監督を解任された。先月、6月のロシアワールドカップ開幕に備えてベルギー遠征
に出かけた日本代表チームはアフリカの対マリ戦では引き分け、ウクライナ戦では1-2で
敗戦。フル代表というW杯ロシア大会の選手が固定されておらず、勢いハリルホッジの戦術
も未だに明らかとなっていないという批判はあった。しかし、なぜW杯ロシア大会が目の前と
いう段階で解任したのか。明確な解任理由がない状況だが、解任されたハリルホッジ監督
のこれまでのよくない噂を書くと、日本代表メンバー選考に計画性がなく、例えば、「そのとき
の調子のよい選手を選ぶ」という調子先行法では、チームワークは出来ない。サッカーは11
人のチーム競技であって、監督がその都度調子のいい選手だったりお気に入りの選手を連
れて来てもサッカーは機能しない。監督選考で選ばれた選手三人がチームワークを考えな
いで勝手に動くとサッカーチームが成り立たない。このようなことが再三あった。一方、縦に
速いサッカーを標榜したハリルホッジ監督。ところが、日本代表選手が鈍いのかまったく縦
に速いサッカーは機能していない。逆に、これまで培ってきた日本代表の「パスサッカー」が
崩れている現実である。このような日本代表のパスサッカーを壊したのがハリルホッジ監督
だという噂も出ていた。まあ、いろいろハリルホッジの悪い面を書いたが、それにしてもロシ
アW杯まで二ヶ月という解任劇だ。「サッカーの世界的弱者日本」というレッテルを剥がそう
と必死だった日本サッカー協会。悪かったハリルホッジを首にしても、世界からの弱者扱い
は今後数十年は続く。これまでヨーロッパ遠征とか世界中に相手を求めてサッカーのテスト
マッチに出向いているが、今回はベルギー国だったが、一本の対戦相手がアフリカのマリと
ロシアに近いウクライナではお客さんが集まらない。ヨーロッパでは無名の試合などに誰が
見に行くのか。日本はベルギーのサッカー場を借り切って主催ゲームをする。無人の観客
席を見て、「いったい、いくらお金がかかったのだろうか」と私などは考えた。サッカーの弱者
とはこのようなことにも及ぶのだ。サッカー協会よガンバレ!とは言えないなあ。ハリルホッ
ジ監督はこのような弱者ということを熟知していて日本にやって来たのかも。

ラルフ・スタンレーのアルバムからレパになりそうな曲を物色!リルコミだあ

スタンレー・ブラザースはブルーグラスミュージック界では巨星のごとく大きな存在で、
出身地のバージニア州を飛び越えていまでは世界中にファンがいるとてもビッグな
バンドである。
1992年に発表された二枚組CDアルバム「RALPH STANLEY Saturday
Night / Sunday Morning」
を持っているが、ここにはビル・モンローを始めエミルー・ハ
リス、ジョージ・ジョーンズ、ドワイト・ヨーカム、ヴィンス・ギル、チャーリー・ウォラー、
トムTホールなどたくさんのゲストを迎えて、ラルフ・スタンレーとデュエットするという
コンセプトで出来上がって発表されたとてもよいアルバムである。

180407_R-7436429-1441483775-6948.jpeg

なぜこのようなアルバムを突然、紹介したかというと、
トータル31曲の中から1曲を選んで明後日のバンド練習で試してみたいと思って
本日、午後中かけて練習していたのだった。
その曲はリッキーをゲストに迎えて録音した3曲のうちの
ALL I EVER LOVED WAS YOU という非常にシンプルだけどリッキーとラルフの
関係が分かる温か味があってとっても深いボーカルの佳曲なのだ。
BGファン以外ではほとんど知られていない曲というところも私にとっては魅力的である。

入院中、いろいろなBGソング等を聞いたがスタンレー・サウンドには深く魅かれた。
このアルバムではすでに故人となったカントリー・ジェントルメンのリードボーカリストの
チャーリー・ウォラーが名曲フィールズ・ハブ・ターンド・ブラウンで、
実によいボーカルを披露している。
そしてボーカルの微妙なテクニックに、かつてのCGの僚友を思い出した。
モンローはここではレターフロムダーリンと
アイルミーチューイン・チャーチ・サンデーモーニングをラルフとデュエットしている。
こちらは枯れていて触ると壊れそうなボーカルだった。
そして、このアルバムは実に丁寧に録音されており、細部に至るまでプロデューサーの
気持ちが届いているように思えてならない。
名盤である。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ