AX

2017-05

Latest Entries

心臓手術を乗り越えてカムバックしたフィドラー!リルコミだあ

きょうも暑かったようだが仕事が建物の内部だとビル内の温度となるので外部の気温は
シャープに感じない。こんばんは。きのうはサッカー小僧が風邪をひいたといって連休し
たので、何かと心配してしまいブログを書く気持ちにならなかった。サッカー小僧はここの
ところ風邪をひいてお休みをすることが多くなっている様子が気になっているが、当人は
というと、部屋から出て来て風邪っぴき特有の鼻づまり声で母親に食事を頼んで食べて、
薬を飲んでまた寝に戻るというパターンを繰り返している。ところが、日月火と三連休した
三日目の昨日はさすがに「大丈夫かな」と心配をしたのだった。去年の10月頃だったか、
膵炎という聞き慣れない病気でおよそ一週間ほど入院して退院してから、子どもの体調
に親が敏感になっているのかもしれないが、今朝はいつものように6時に起きて6時45
分に出勤して行った。様子を見る限り、鼻声以外は普通だった。一度、彼が働いている
物流会社に行って、親の目で子どもが実際に働いているところを見てみたいと思ってい
る。ボチボチ行くタイミングかなと思った。

病気といえばもう一人、バンドに入ったと思ったら心不全で入院、
ついには今年1月、ICDという機械を埋め込む手術を行ったフィドラーも心配である。
今年も朝霧フェスが近いが、フィドラーに「是非、バンドに入って」と、お
誘いしたのが去年の朝霧フェスだった。しかし、それからすぐに体の不調が表れて入退
院を繰り返し、原因を突き止めてICDを体の中に埋め込むという大手術を乗り越えて、
ようやくトンネルの先の出口を見い出して見事に抜け出した。思いがけない長期療養の
間、もちろんフィドルをプレイすることは厳禁だったが、ようやく自分が何者だったのかと
思い出したのか、愛器の調整(だけでは済まなかった様子)に菅沼工房へ出向いたとい
うメールが届いた。以下は当人からバンドに当てたメールだが無断で公開する。ただし、
入院中のは省く。(意味不明の部分はご勘弁を)

皆さま 心配かけてます

津田君も心不全で逝っちゃったしなぁ
 あっちも仲間がふえてきたので寂しくはないのかなとか

MUSE細胞の実用化が間に合えば良いなとか

3月10日は退院後初の診断日の為、ロッキーはおやすみとしました

診断によると、経過としては良好とのことです
 BNP値(心臓の元気度)が1400台だったのが300台にまで下がってきたのが良いらしい
 なんか良く分からないけど

ジンさん
 僕のはペースメーカーではなくて ICD っていうのらしいです
 と言っても機械としては同じで
  いつもドクンドクンと動かすか、おかしくなった時にドンと動かすか
 機能の違いのようです
 やはり電池の交換はあるらしいですが10年以上先と言ってますから
 一回も交換しないかもですねぇ

そろそろ動きだせるかなとおもい ガチャガチャになっていた
パソコン、ステレオの前というか楽器弾き所を片付け始めています

明日くらいフィドル出せればなーなんて

FBであった通り菅沼さんちに行ってきました
あの写真のが工事中の祇園号です
 (ハズミってこわぁい)

いろいろ音を出せるように環境つくりしてます

ただ臥せっていたせいか指がうごかん!

次回に向けて修行します
ですぅ

以上でした。フィドラーとは祇園隆司くんです。いろいろ各方面からご心配をいた
だいておりましたが、どうやらベッドを離れて歩けるようになりました。まだ多少の
心配は残りますが、音楽を楽しめるまで回復しました。あとはバンドの中に入っ
て元気にプレイできるかは未定ですが、きっとがんばることでしょう。

きょうの小平は猛烈な北風が吹き荒れて、駅まで歩くのにも両足に力を入れないと後ろに
持って行かれそうになって困った。こんばんは。午後から朝長クリニックに行く。毎月1回、
土曜日の午前中の診察だったが、前月からウィークデーの午後2時の予約に切り替わる。
家を出て電車の乗り換えを繰り返して地下鉄丸ノ内線新宿三丁目駅まで所要時間は90
分。地下道を5、6分歩くと到着。受付を済ませると即、検尿。そのあと体重などを計測し
て採血をする。いつも背の高い素敵な看護師さんが採血してくれる。常に落ち着き払って
いるせいか痛みがまったくなく上等な看護師さんである。きょうは血管の検査があった。
左右の首に超音波を当てて微妙な血管の状態を調べたが、あとでドクター朝長の診断で
は「かなり悪い」ということだった。悪い人でもここまでは悪くないと注意信号。いつもより、
薬が1種類多く処方される。というわけで、毎度ありがたい診察結果となった。この年にな
ると、体のどこかにバテが来ている。糖尿病というやっかいな病気と合わせて血管もやば
いことが分かった。これからは出来るだけのんびり構えて、決していらつかないようにしよう。

さて、ブルーグラスバンジョーの名手、津田敏之さんが亡くなったというフェイブックの
知らせを見てがっくりと座り込んでしまった。津田敏之というバンジョーマンをご存じない方
は月間ムーンシャイナー誌の連載「みんなで作ろう!!日本ブルーグラス年表」の作者であ
る。私とは若いころ宝塚フェスで知り合い、そしてバンドと共にご自宅まで押し掛けたこと
もあった。彼が苦労して作り上げたスクラッぐスのバンジョータブ譜を拝見しに行く目的も
あった。そのバンジョータブ譜をお預かりして広く出版出来ないだろうかとがんばったが、
不幸にも出版はかなわなかった。そのとき津田家に行ったバンドの演奏がいまでも耳に
残っている。きょうの夕方、親友の西貝より電話がきて、「おれ、通夜に行ってくる」という
ので、、「東京を代表して行ってきて」と励ました。私は予定があって身動きが出来ない。
津田くん、やがてそっちへ行ってジャムでもしよう。合掌


ディキシー・チックスのコンサートフィルムがユーチューブに上がったぞ!リルコミだあ

きょうも寒くて歌のCold Winter’s Nightを思い出した。古い曲なので知らない人が多いと
思うが、大昔ヴァーノン・ダルハートが歌いヒットした曲でもある。何でこのような古い曲
を思い出したかというと、初めてバンドを組んだころレパートリーにしようと個人練習をし
たことがあった。このときいろいろな曲にトライした記憶があるが、ものになっていないと
ころをみるとこの曲もレパートリーにならなかったと思う。こんばんは。午後、妻が風邪
でダウンした。様子を見ると、大分悪そうなので明日も寝ていないとダメだろうと思った。
いま流行りのインフルエンザかなと思ったが、ただの風邪かも知れない。素人判断より
も医者に診てもらうしかないだろうね。さて、きょうはディキシー・チックスのユーチューブ
映像が1月24日ころに放出されたことを伝えたい。放出といっても、いまはユーチュー
ブがある。ただ(無料)で撮ったものはユーチューブで公開するのがベスト。そこで公開
されて遠い日本でも楽しむことが出来、ファンとしては超有難い。ディキシー・チックス初
体験の人に若干の解説をしよう。1989年にテキサス州ダラスで結成。メンバーはマー
ティ&エミリーの姉妹に、ローラ・リンチ、ロビン・リン・メイシーの4人。音楽形態はブル
ーグラス。1995年末にマーティ&エミリー姉妹にナタリーメインズが加わり、1997年、
I Can LoveYou Betterでメジャーデビュー。このとき、ナタリーをソニーが専属契約を済ま
せている。あくまでもナタリーだけがソニーと専属契約だった。そして勝負に出た曲はカ
ントリーチャートのベストテン入りを果たし、間髪を入れず1998年1月にこの曲が入っ
たアルバム「Wide Open Spaces」を発売。1,200万枚のセールスを記録。このあと20
00年にはアルバム「Fly」を発表。このCDは2000万枚を売り上げ、二枚連続でダイア
モンドアルバムとなった。(1枚につき1000万枚以上売れるとダイアモンドアルバム)
1996年にカントリーゴールド出演で来日している。このときのナタリーはかわいいの一
言。そして2002年、アルバム「Home」を発表。ブルーグラス調で構成されていたがLon
g Time Goneはディキシー・チックス初のビルボードNo.1ヒットになった。政治的発言が
飛び出したのもこのころで、イギリスをツアー中、ロンドンのシェパーズ・ブッシュ・エンパ
イアのステージで、リードボーカルのナタリーがMCで、「アメリカ合衆国大統領ジョージ・
W ブッシュを恥ずかしく思う」と政治的な発言をする。「大統領が多くのアメリカ人の意見
を無視し、世界から浮いている」と真意を言った。このことにより、ディキシー・チックスは
活動も窮地に陥る。このおかげでアルバム「Home」は売り上げ枚数が600万枚に留まり、
ここに収められた「Travelin’ Soldier」はついにナンバーワンヒットはならなかった。このよ
うに2002年9月11日以降、ディキシー・チックスは少しづつ変わっていく。その後、直接
ブッシュ大統領を批判したナタリーは謝罪をしたが後日撤回。2006年アルバム「Taking
the Long Way」を発売。長い休養を挟んで活動を再開。2000年のコンサートフィルム、
そして2007年、2017年とユーチューブで公開されている。タマラナイゼ!

きょうの小平は暖かくて快調だった。こんばんは。先週末の3日は八王子の法政大学の前にある
「東京秋田霊園」という場所に行って、「日大SONS OF HOBOS」のブルーグラスOB会に参加。
旧知のお仲間が集まって夜を徹して年を忘れて大騒ぎをしたあげく宿泊。翌朝、レストランに行く
という参加メンバーと別れて用事のあった私は帰宅。会場を引き受けた東京秋田霊園は、法大
八王子校前の山を切り崩した形の日当たり抜群の霊園。ここを経営しているのがサンズオブホー
ボーズのOB、K藤氏。忙しい法事の合間を縫って会場を作っていただき、その素晴らしいシチュ
エーションに、BGフェスの難民キャンプ慣れしている私には豪華すぎて感動の涙だった。日本各
地から集まったホーボーズOBの顔や記憶をたどってしばし歓談を繰り返す。近ごろグッと増えた
光景である。ところが、お互いに思い出す前にお酒が効いて何の話をしているのか訳が分からな
くなるってこともしばしば。熊本からやって来たのはかつて親しかった大牟田くん。かつて大人気
を得て活動していた「サンズオブホーボーズ相撲スペシャル」のギター兼リードボーカリストだった。
JR国分寺駅ホームでトシローくんを加えた三人で合流。太めの懐かしい大牟田くんは、学生時代
の大きなボディが会社の荒波で揉まれたのか、見違えたような精悍なボディと顔になっていた。い
まは熊本に住んでいるといったが、「今年は大きな地震があった」から今でも揺れると、女房と外
に飛び出している。今年の熊本大地震のときはどうにか大丈夫だったけど、地震に敏感になって
後遺症のようなものが体に沁み込んだと言う。バンジョーのW辺が、「きょうは相撲が全員そろっ
たので復活演奏します」というとバンジョーを抱えて演奏の中に入って行った。栃木から駆けつけ
たアキラくんもいる。ジャムセッションは盛り上がって夜中に突入して行くが、その中心となって牽
引しているのが福岡県に本拠地を置くM光商店の専務となったMrフィドラー、M光くんだった。背
も高くアメリカ人フィドラーと見まちがうほどだが、最初からお開きまでの数時間、弾きっぱなしだ
った。ケニー・ベイカーを思い出すようなプレイがあったりバーラインが登場したりしてノリノリのプ
レイが楽しかった。「私たちハッチャリーズは今年CDを出しました」と見せてくれたが、それがこの
CDである。メンバーは、臼杵/マンドリン、大内/ベース、富松/ギター、村田/バンジョー、森光/フィ
ドルの5人。十代の頃からの友人同士がバンド結成を思いつく。サンズオブホーボーズでフィドル
に明け暮れしていた森光が仲間の4人を口説き落としてハッチャリーズが誕生、現在に至る。CD
製作は5年前に行う予定がメンバーの病気などで5年後の今となったという。「5年前だと若さがあ
るパワーに溢れたサウンドが出来た…」などと書いてあったが、どうしてどうして、まとまりのある
トラッド的なブルーグラスが素晴らしい録音で聞ける。特に録音がよく、楽器とボーカル&コーラス
のバランスがよい。インナーの開設には自分の経歴などが書いてあり、一層の記念盤的要素が
強いが、そのようなお仲間意識を中身の濃いブルーグラスサウンドが真剣勝負となって迫って来
る。遊びじゃない!と自分たちの経過を物語る非常にすっきりとしたサウンドがよい。さて、私も
九州のバンドやブルーグラス人には負けていられない。バンドの充実を図ろうっと。日大サンズオ
ブホーボーズに栄光あれ!でした。ありがとう秋田霊園のみなさま。
161205.jpg

きょうの現場は大田区久が原遠征だったのだ!リルコミだあ

きょうは大田区久が原のお掃除現場まで曇り空の下、早朝出発をする。
甲州街道から環八に乗ってあとは一直線。
中原街道を越えて少し行くと左折だったが、今朝は早すぎてスクールゾーンにぶつかり、
あっちこっちと一方通行とスクールゾーンを避けながら、ようやく目指すお宅に着。
30分近く迷路に迷い込んだので気が付けばスクールゾーン は取っ払われていた。
トホホ。というわけで、帰りも渋滞にはまってしまい、非常に遠かった!のが実感。

こんばんは。昨晩のW杯サッカーロシア予選「日本対サウジアラビア」戦は
日本が2-1で勝った。
ハリルホッジ監督は本田など古株を先発起用を見送ったのが勝に直接結びついた。
本田、香川が先発起用されると全体のスピードがグッと落ちるので、
監督がこいつらを使わないようにと祈っていた。
それで清武のPKと原口のゴールも決まって2点。
こうでなくっちゃ!と大声をかけて観戦。
相手に1点献上したのはおまけ。
本田、香川は球際のスピードがなく、目の前を相手ボールが通りすぎていく。
一歩も二歩も遅いのだ。
すでにW杯に出場して経験を積んだプレーを監督は期待しているのだろうが、
負けてはすべてが終わるので、監督は勝負に出たのだろう。
このような先発を繰り返すと日本代表も地力が付いてアジアで頭一つ抜き出ると思う。


徳武です、昨夜のアムリタのイベントに御来場の方々、有り難う御座いました。
おかげで大いに盛り上がりました。
本日はギタークリニックの11月18日と12月22日のお知らせです。
予約制です、宜しくお願いします。
11月18日
http://alternativecafeblog.blogspot.jp/2016/10/1118guitar-expoalternative-cafe.html
12月22日
http://alternativecafeblog.blogspot.jp/2016/10/1222guitar-expoalternative-cafe.htmll
場所は中野の中古楽器屋「ギターエクスポ」です。
徳武 弘文
メール





«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ