FC2ブログ

2019-10

Latest Entries

きょうは手紙の文面に七転八倒する!リルコミだあ

お天気予報では14℃だったがきょうは寒かったぞ。いつも都心気分でお天気
予報に左右されるけど、小平は東京の外れで目の前が埼玉県新座市だから
テレビのお天気予報は都心がベース、小平など眼中にないはずである。という
わけで今日の小平は北風ピューピューの非常に寒かった。こんばんは。きょう
は親戚に弟の病気を伝える手紙を書いて一日が終わった。親戚にとっては話
題が何よりも大切で、弟が病気だと万一伝えなかったら私は文句百倍も言わ
れて注目の的になってしまう。そのことが怖くて手紙を書いたのかというとそう
ではなく、兄として親戚から弟がとやかく言われないようにと考えで郵送したの
だった。おかげで肩の荷が下りた感である。

190221Z.jpg
さて、昨日ここで掲載できなかった「ネッシーエクスペディション」が
去年、ケンタッキーのビル・モンロー・ファンデーション主催の
「エルサレムリッヂ・ブルーグラス・セレブレーション」フェスに出演
したときの勇士がポスターに取り上げられたことの証拠である。妻がお買い物
ついでにスーパーで複写したものを掲載させていただいたが、若干右の端っこ
が切れていることが分かったが許してほしい。近ごろではモンローでひと稼ぎを
狙っている者が多いらしいが、ここはモンローの生誕地である。海千山千の輩
を吹き飛ばして去年からフェスをスタートしたそうな。ネッシーは今年どうするの
か。ちなみに、とてもいい写真ですね。

きょうは午後からギャザリング!リルコミだあ

きょうは朝から晴れてくれたのでお散歩など予定していたものをすべて片付けて
シャワーに入り、着替えてからパン一枚を食べて、イザ、ギャザリングへ。そう、
本日は午後からギャザリングデーなのだ。こんばんは。私はギターを背負うと重
さによってふらつきが起きるので三月に退院してからずっとギターを持たないで
参加している。手ぶらのためみんなと一緒に歌うこともやめている。杖を突いて、
みんなが気持ちよく歌っているのを指をくわえて見ているというわけである。歌も
唄わずギターも弾かないのにナゼ参加するの?と思われても当然だが、私はギ
ャザリングの中にいるのが好きで、そのうえギャザリング仲間に声をかけられて
楽器の話やブルーグラスの話などに及ぶと、大好きなものを食べたあと味のよ
うに幸せを感じてならない。きょうも久しぶりにやって来たカントリー菅野さんと話
が弾んでしまい、急いでいたのにずいぶんと引き留めてしまった。「それは練習
メニュー?」と聞くと、お手持ちのCDを見せてくれて、「バンドのレパートリーだ。
練習しないとね」ニヤリと笑って帰って行った。もう一人。終わったばかりの春の
「世付ピッキングパーティ」の主催者、小田原からはるばる中西さんがフィドルを
持って来てくれた。中西さんとは私が脳幹梗塞で入院したことや20日間くらいで
歩けるようになったことなどを広川さんをまじえて話し合った。中西さんは顔色も
よく、白髪頭だったが正に健康体そのもののように思った。老人期に健康その
もので立っていられる幸せこそ私の最終的願望である。ギター背負ってふらつい
てなんかいられねえな。だけど、頭の中の病気は長い辛抱が必用だな。

きょうは午後からギャザリング!リルコミだあ

午後から黒雲に覆われて怪しいなあと思いながら中央公民館へ行くと喫茶店には
ピーターパンのお二人が昼食中だった。私も自販機で暖かいお茶を買って仲間入
り。本日は地下1階の音楽室でギャザリング。ドアオープンまでちょっと早かったの
で私も昼食?と考えたが、家を出る前にカレーを食べていたのを思い出し、オーダ
ーの言葉を飲み込んだ。ヘッヘヘ、ここで食べたら認知症と疑われたかもしれない。
こんばんは。12:45PMとなったので音楽室へと下りる。ドアオープンを待って楽
器を背負ったブルーグラスメン&ウーマンがたくさん見えた。中にはネッシーのフィ
ドラー、山田くんがいた。彼とは数十年前、彼が高校生のときに出会っていたが、
聞けば「定年」となったらしい。それこそあっという間である。地下にある音楽室は
少し狭く感じたが、高熱がようやく下がったチャーリーさんが、「それは30人以上も
の参加者がいたので」とささやいてくれたので、「そうか!」と合点したのだった。オ
ープニングとBGMさんのパフォーミングが終わると、それぞれが椅子に座ってひと
休み。間髪を入れずにギターを抱えて武田くんが登場。すると橋爪さんが追いかけ
るようにマイクの前に立ち、「エッチャンズ」が始まった。橋爪悦子の名前から「エッ
チャンズ」が生まれて、その名付け親が武田くんだったので二人ともにスタート時か
ら気が合っていたのかも知れないが、まさに二人のコンビネーションがピッタリだっ
た。エッチャンは度胸もついて力強いトーンを弾いて、ギャザリングへ初登場したこ
ろを知っているみんなを驚かせていた。お次はスタンレー好きの津島さん。ベース
を弾いていた鮫島さんとのデュエットが白眉だった。そして青梅からのお二人。梶
さんと内田さん。梶さんは歌い始めて日にちが浅いため、常に内田さんがフォロー
してステージをまとめている。一人で参加しても誰かがヘルプをしてバンドのように
歌えるので単独の参加も大歓迎なのだ。梶さんは5月19日(土)に那須遠征に参
加する。この日は小平ブルーグラスギャザリング初めての遠征となるが、那須のラ
イブハウスに招かれて正味二時間のステージを行う。ここでも梶さんには歌ってい
ただこうと計画中である。ギャザリングに戻って、お次はピーターパン。そういえば
喫茶店で昼食中のピーターパンのリーダー、内倉さんは新しく加入したフィドラーを
えらいかわいがりようで、「バンドになじむまでは1年はかかる」と話していたが、そ
の顔はクシャっとゆるんでいた。5人になったピーターパンのお披露目は初めてだ
ったが、いい感じの雰囲気が漂っていたので、練習を積むときっと内倉さんの満足
のいくバンドに近づくに違いないと思った。秋葉さんの「オータム・リーブス」も登場。
珍しくメンバーが揃って秋葉さんもうれしそうだったが、気持ちよく歌えていただろう
か。どんどん練習してボーカルの安定を図った方がいいと思えるが。ギャザリング
では二つ目の本格ブルーグラスバンドだから、つい期待してしまう。女子コーラス
隊は、新しい参加者も見えて人数は迫力たっぷり。新しい女性は小平に近い東久
留米市に住んでいるらしいが、マンドリンを持ってコーラス隊の輪の中に入ると存
在が見えなくなるので、これからのがんばりに期待。「阪神パークがないでしょ」の
お二人は相変わらずのデュエットを聞かせてくれたが、きょうは広川さんと山田くん
をステージに呼んでブルーグラスをやってくれたが、これが絶品だった。バンジョー
さぶちゃん、川島(バンジョー)さん、井上さんもがんばって弾き、拍手をもらった。
きょうは全員プレイして歌うというギャザリングの精神みたいな日だった。今後は
フェスシーズンとなってギャザリングの常連メンバーも各地へ出かけるだろう。運
転には是非気を付けてフェスを楽しんでいただきたい。
関東地域の最初のフェスは5月4,5日の千葉フェスになる。
180417.jpg


きょうもお散歩のお話ですまんです!リルコミだあ

きょうの小平は風も出て少し寒かった。私が住む団地の際を流れている野火止用水に沿って
歩いていると、川の中にアオサギがいて魚を狙っているのが見えたので、しばらく見ていると、
魚がいなかったのか逃がしたのかやがて飛び去った。「バサバサ」と羽をはばたかせて悠然と
飛んで行ったが、見ていたこっちはその羽音と羽を広げた大きさに驚いた。でかかった。野火
止用水は川幅が2メーターくらいで水の深さがたぶん20センチくらいの、ちょろちょろ流れる
小川よりもちょっと大きい川だと思ってもらえればいいが、この小川、むかしだったら田畑に水
を供給してとっても重宝されただろうと、遥か遠く、お百姓さんたちの時代を思ったりしながら
私もその場を後にした。お散歩の途中にアオサギだけでなく、飼っているニワトリや烏骨鶏な
どを見ながらというコースもある。小平は大地主(1,2代前はお百姓さん)が多いせいかとて
も大きな家が点在している。ぼやぼや歩いているとそのような家の敷地に紛れ込んでいると
きもあって、先日も遠方の桜を見ようと歩いて行くと大地主と思われる私有地の中へ入ってし
まった。犬に吠えられて気が付き、戻ろうとしていると、「真っすぐ通り抜けた方が早いですよ」
とおばちゃんに助けられたことがあった。犬はおばちゃんのそばにいて、ますます吠えたてて
いたがすたこらと逃げるように他人の敷地を通り抜けた。ここの大地主の家にくっつくように
あったのが鳥小屋で、その中には白い小っちゃな烏骨鶏が数十羽いるのが見えた。小平で
は烏骨鶏の卵を重宝していることを知っていたが、近づいてよく見ると土の床が掘れている隅
っこの穴にも白い卵が見えた。しかし、ここでも黒い大きな犬に吠えられたので急いで逃げた。
番犬大活躍の巻だった。小平市は東京都の端っこで都心に努めるサラリーマンのベッドタウ
ンとして人が集まったと聞いているが、隣は埼玉県の新座市である。私が住む団地は小平市
のいちばん外れの際に立っている。いつだったか、遊歩道を北に向かって歩いていると村山
貯水池に着いてしまった。これなどは歩きすぎたのだった。

月刊ムーンシャイナー誌編集長の渡辺三郎氏よりメールが届き、今回も情報満載で楽しそう。
以下はメールの公開です。

ブルーグラスな皆さまへ、
(これまでに個人的なご縁のあった方にBccにてお送りします。今後ご不要の方は、お
手数ですがお知らせください)
さわやかな春にフィドルワークショップのお知らせです。週日ですが、二次会の打ち上
げピッキンパーティー込みの合計4時間のプログラムです。
添付のムーンシャイナー誌4月号特集に紹介したように、デル・マッカーリー名盤での
録音やダニー・ペイズリーやデビッド・グリスマンとの活動で知られる現在では希少な
存在となりつつある叩き上げのブルーグラスフィドラー、ジョン・グリックのワークシ
ョップです。パーフェクトでファンシーなフィドラーたちとは違い、ダウンホームでア
ーシーな魂のこもったジョンのフィドルから初心者/上級者の別なく、もっとも大切な
「フィドルが歌う」インプロバイズ感覚をそれぞれのテクニックに応じてリズムとコー
ドに乗って身につけるノウハウを体験したいと思います。(sab)

“Jon Glik” Fiddle Workshop & Potluck Pickin' Party
ジョン・グリック
「フィドルワークショップとポットラックパーティー」
●5月9日(木)18:00~22:00
スタジオ「カジュアライズ」(JR池袋駅徒歩3分)
●参加料 \3,000-(学生証提示\2,000-)
 18時からワークショップ、20時以降のピッキンパーティは各自飲食物持ち込みにて(
コンビニ歩1分。冷蔵庫、自動製氷機、電子レンジや料理道具セットなどを含む厨房あ
り。ただし22時までに原状回復のこと)。詳細は以下のプログラム参照
●世話役/司会:月刊ブルーグラス専門誌「ムーンシャイナー」編集長、井上(渡辺)
三郎。
●(問、予約申し込み)Mail、または080-3819-8818

【プログラム】
18:00~19:45 Jon Glik Fiddle Workshop
       「フィドル ワークショップ」
●テーマ:歌うブルーグラスフィドルの本質
 ブルーグラスフィドルの醍醐味である「歌うこと」の重要性を、初心者/上級者のテ
クニックとは関係なくボーカリストのように感情を込めるフィドルノウハウを、以下の
ようなサンプルで考えていきます
●フィドリン・アーサー・スミス以来のブルースリック。e.g.:“Florida Blues”から
“Foggy Mountain Special”へ
https://www.youtube.com/watch?v=3Ghh31LLq2g
 用例:マウンテンマイナー(≒ブルーノート)によるインプロバイズ
●スリーコードの典型展開「Ⅰ-Ⅳ-Ⅰ-Ⅴ」(e.g.:“I'm On My Way Back To The Ol
d Home”)や「Ⅰ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ」(e.g.:“Blue Ridge Cabin Home”)におけるダブルス
トップのインプロバイズ。(ムーンシャイナー誌4~5月号「私的ブルーグラスの弾き
方」およびそのyoutube実践“moonshiner 201804”参照)
●ブルーグラスキーと言われる「Key of B Natural」でのインプロバイズ。e.g.:“Liv
e and Let Live”(ムーンシャイナー誌4月号12頁に楽譜、音源はB.O.M.サービス、
ムーンシャイナー誌2018年4月号紹介サイト
html の目次の下にあります)
●そのほか、ブルーグラス奏法によるフィドルチューンにおけるオールドタイムフィド
ルチューンのインプロバイズについて。e.g.:“Bill Cheatham”。また、モンローのイ
ンストチューンのツインやトリプルフィドルのノウハウ。リード奏者のコードフォーム
の見た目(地図)から発想するテナーパートやバリトンパートの取り方など、時間があ
れば取り上げたいと思っています。

20:00~21:30 Potluck Pickin' Party
       「ポットラックパーティー」
 ジョンを囲んだ各自(自分用)飲食物持ち込み、参加自由の交流二次会/飲み会を兼
ねたピッキンパーティーです。フィドラーのみならずさまざまな楽器奏者も大歓迎です
。コンビニへは徒歩1分!!

 以上、参加希望の方はご予約いただければ幸いです。……楽しみましょう!! (sab)

p.s. 翌5月10日(銀座・ロッキートップ)、12日(PICA富士西湖)、13日(山梨県北
杜市・清泉寮)、14日(鎌倉市大船・「和・豊田」)にて、わたしと妻・由利子、息子
・太郎、娘・ゆい子による珍しい!?「宝塚ブルーグラスファミリーバンド」のライブが
あります。こちらも、よろしくね……!?

180413_1.jpg 
180413_2.jpg 
180413_3.jpg

180413_4.jpg

180413_5.jpg

180413_601.jpg

180413_701.jpg

Jinさんから

みなさまご無沙汰しています。ブログ管理人のオーミです。Jinさんからです。

180205.jpg
「現在リハビリ専門科のある病院に転院して元気にリハビリ中です。
ご飯も普通食になり、美味しく食べています。
皆さまとお目にかかる日も近いかも。」

(Jinさんからでした。)

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ