AX

2017-07

Latest Entries

スティ-ヴィ・レイ・ヴォーンのギターケース!リルコミだあ

朝は大雨だったが次第に雨はやみ、曇り空だけだったが何とかもった。
典型的な梅雨の天気で気温も低かった。こんばんは。今日もクラプトン
の競売用カタログから、「スティーブィ・レイ・ヴォーン」のギターケースを
載せてみた。「ロックスター」というか「ロックギタリスト」の持つギターは
チケットさえ入手できれば細部を見ることはある程度可能だが、ギター
を入れるケースとなればかなりプライベートな部分で、滅多に見られない。
晴れて「スタッフ」となってギターの管理を任される以外、普通なら触るこ
とさえ難しい。例えばビル・モンローのマンドリンをファンが「持ってあげ
ましょう」と手を差しのべても「はい」とは絶対にならない。いったん楽器
がケースに仕舞われると本人、もしくはスタッフ以外どうにもならない。
突然話が飛んで恐縮だが、昨日は友人たちとつるんで高円寺のライブ
ハウス「ムーンストンプ」へ、「タロー&ジョーダン・マコンネル」のライブに
行って来た。タローのマンドリンと、マーティンD28を持つジョーダンのサ
イドギターの対決だったが、想像していたよりも遥かに上を行く素晴らし
い音楽空間を提供してくれた。何しろタイミングがピッタンコ、抜群の音の
応酬を存分に楽しめた。というわけで以前、我が家に鍋を食いにやって
来たタローが私のCD棚の中から、「スティーヴィ・レイ・ヴォーン」のDVD
を見つけて、「これが欲しい」と言ったのでギフトしたことがあった。となり
にはスーパーロックギタリスト、ローリー・ギャラガーのDVDもあったのに
全く迷わずスティーヴィをチョイスしたのである。「うん、いい選択だ」と言
った私はそのとき、このカタログの写真のギターケースを見せたかどうか。
スティーヴィの愛器、ボロボロのフェンダーストラトキャスターが入ってい
る素敵なケースであり、一度は持ってみたかった。
120622_abc.jpg



★オックンこと「マーマレードスカイ」のリーダー、奥沢明雄さんからライブ
のお知らせが届きました。以下はメールの公開です。

毎度Bccにてのお知らせで失礼いたします。

さて、またまた The Marmalade Sky のライブが近づいてまいりました。
「梅雨をブッ飛ばせ」と銘打って企画した初夏のライブ第2弾です。

6月27日(水)
@西荻窪Terra
http://www.wood-corp.com/terra/
03-3395-7611(予約もこちら)

19:00/OPEN
20:00/START
CHARGE/2,500YEN

奥沢明雄/Vocal & Guitar
坂下秀実/Keyboard & Chorus
武藤祐生/Violin
渡辺茂/Bass & Chorus
高橋結子/Drums & Chorus

*この後、都合により4ヶ月ほど The Marmalade Sky フル・メンバー
によるライブ活動を休止致しますので、この機会に是非ご来場ください。
メンバー一同お待ちしています。

*バンドのホームページ、リニューアルしました。
併せて宜しくお願い致します。

【Band Official Site】
http://marmaladesky.s2.bindsite.jp/index.html


★オックンと同世代のフィドラー、ジローくんからライブ情報が届きました。
以下はお馴染みのメンバーだと思ったら、ラストショーのベースマン河合
徹蔵さんも参加している。以下はメールの公開です。

フィドル弾き茂泉ジローです。6/28木曜に坂本健さんと高円寺でライブ
をします。今回はベースの河合徹三さんが参加、ベースはもちろん歌も
何曲か歌ってくれます。私も1曲だけ日本語訳の歌に挑戦、オリジナル曲
もいつものように演奏します。。フォーク、アイリッシュ、ブルーブラス等々 
いろいろな風味の感じられるライブになると思いますので、ぜひ遊びに
来てください。こぢんまりした店で飲みながらノンビリ聞いてください、食べ
物もなかなかです。お待ちしています。

日時:6/28木曜(Thu.)・オープン19:30・スタート20:00。
場所:ムーンストンプ(JR高円寺北口 徒歩3分)
杉並区高円寺北2-22-6 キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL:03-3310-6996 ミュージックチャージは¥1500
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/
坂本健:ギター・バンジョー
河合徹三:ベース・歌
茂泉次郎:フィドル・マンドリン

-- JIRO



クラプトン所有フェンダーエレキマンドリン!リルコミだあ

夏のような暖かさとジメッとした梅雨の感じがした小平からこんばんは。
昨日のリルコミでエリック・クラプトンの記事を書いたところコメントやメ
ールをいただきました。シバケンさんのコメントではフェンダーマンドリン
についてご質問がありました。1956年製のマンドリンとしてはギターに
比べて安価すぎるのではないのかというものでしたが、残念ながら安い
理由を私も知りません。クラプトンも1957年モデルを所有していて、そ
れをクリスティーズで競売してしまいました。分厚いクリスティーズのカタ
ログから写すのが難しいと思って昨日はコピーしませんでしたが、本日
は時間もあって大成功!クラプトンが言うには、「このマンドリンは全くの
コレクションとして購入した」そうだ。だから、どこにも録音はなくステージ
でも使ってなかったというわけである。フェンダーマンドリンといえば我ら
がサム・ブッシュに尽きますね。私個人としてはドブロマンドリンの方が
好きなんですが、サムがステージに持ち込むまで存在をまったく知らなか
ったのが写真のビューティフルマンドリンでした。ちなみに「ホーマー&
ジェスロ」、そして「タイニー・ムーア」という名人たちは録音を残しており
ます。古き良き名器をコレクションしようと心を動かしたクラプトン。これを
実際に手にすればムラムラとコレクター心が湧くのかも知れませんね。

120622_ecm.jpg


東京ハンドクラフトギターフェスに行く!リルコミだあ

きのうからがくんと気温が下がりはじめきょうは雨混じりの天候も手伝って
かなり寒い小平だった。こんばんは。

21日土曜日は「Tokyo Hand Craft Guitar Fes.2011」へ行った。場所は
JR総武線錦糸町駅前すみだ産業会館サンライズホールで21、22日の二日間
に渡って開かれたが、私は初日の方へ。まずは知り合いのSumiさんのブース
を覗くとさすがに人気が高く黒山の人だかり。次に目に飛び込んできたのが
ソリッドボディーのマンドリン&ギター、ダブルネックギターだった。知り合いの
クラフトマンをお飾りにしてパチリ。サム・ブッシュの目にはどう映るかなと想像
してみた。
インレイが美しかったSumi のウクレレ
インレイが美しかったSumi のウクレレ

おもしろいソリッドボディーのマンドリン&ギター
おもしろいソリッドボディーのマンドリン&ギター

デザートローズのブース前はバンジョーのセッションが始まっていた。知り合
いの顔も見える。店主はアメリカ人。だが日本語はペラペラ。向かい側のブース
ではコーリングスが人を集めていた。D18タイプのギターは80万円!!これは
どうもとすぐ退散。お客さんは若者もかなりいた。60万円と高価なウクレレを前
に固まっていた。ウクレレブームは去っておらず、各ブースには特色ある表情の
ウクレレが並び、お客さんの目を引きつけていた。ポンポンと肩を叩かれたので
振り向くと某雑誌の元編集長がいた。すでに還暦を超え退職したことを知る。自
営の私をうらやましいと言って別れた。
デザートローズ楽器前でのジャム風景
デザートローズ楽器前でのジャム風景

「時山のフェスで会いました」と声をかけられたのは「HATTA works」の若い店長。
「安川直樹さんの元で修行しました」とご挨拶されて納得。ウクレレ、マンドリン、
ギターを意欲的な展示。将来、是非師匠を超えてほしいものだ。最後は友人の
「夢弦堂」ブースへ。今回は「がんばったぞー」でウクレレ4本にギター3本の大迫
力。盛岡からのギターファンが熱心に新作ギターをチェック。ウクレレファンも希少
材を使った4本それぞれの音をチェック。吊り目で真剣な表情は値段か音か?
昔お世話になったロッコーマンは「アストリア」というクラシックギターを展示して
いたが、残念ながら知り人おらず懐かしく通り過ぎた。

バラのインレイが美しかったHATTAモデルのウクレレ
バラのインレイが美しかったHATTAモデルのウクレレ

盛岡からのギターファンも駆け付けた夢弦堂ブース
盛岡からのギターファンも駆け付けた夢弦堂ブース

午後2時過ぎに会場をあとにした。一口に手作り楽器の展示会といっても「お手を
触れないように」とギターのネックに試し弾きお断りの紙をはさんだギターも結構
あった。すなわち展示会なんだからこのような展示もありなんだろうと考えたが、
自分の自信作をお客さんを前にむざむざとチャンスを逃すやり方は不思議だった。
しかし、若い人もかなり来ているようだったのでまずは大成功に違いない。





ドクターK&BabyK親子競演!リルコミだあ

きょうも小平はぼんやりとした陽ざしながら日中は暑く風邪もなかった。こんばんは。

先日、青山墓地でロックした帰りに神田小川町のカワセ楽器の前を通ってギター
ワークショップへ寄り道した。カワセ楽器には60年代中ごろから70年代いっぱいの
10数年間、本当によく通った。ある日は自分のギターを買い、またある日は用事も
ないのに遊びに行った。73年にジューンアップルを出してからは1日数回も立ち寄り、
広告宣伝の打合せやバックナンバーを届けに行った。突然、若者が「ギブソンF5マン
ドリンを買いたい」といって上京し、「カワセに同行してほしい」と現金60万円を見せた
ときもあった。当時、楽器は「カワセで買いたい」という人が多かった。来日中のミュー
ジシャンもお連れした。毎日のようにカワセにいくので親しくなった店員さんたちと麻雀
をしたり、草野球がはやると「KAWASE」チームを作って早朝練習を繰り返し、盛り上が
って千代田区の大会にも出た。友人の本間さんがカワセに入店をしたこともあった。

そんな数々の思い出が詰まったカワセ楽器の前をを久しぶりに通過した。いまは決し
てお店の中には入らない。歩きながら脇見をして大きなウインドウ越しに中を覗いたら、
ポスターが邪魔して何も見えなかった。およそ20数年前に、社長が亡くなったあと店
員さん全員が辞めて以来、立ち寄ることはなくなったお店だ。中はいったいどうなって
いるのか、「ウーム・・・」とため息が出た。目的地「ギターワークショップ」はカワセ楽器
から50メーター西、「駿河台下」寄りの薬局の2階にある。店長は川瀬さん。そう、前職
はカワセ楽器の店員さんだった人だ。カワセにいる間に交流を深めた、いわゆる自分の
お客さんを連れて独立したお店がギターワークショップだった。私は今月末の朝霧フェス
用のダダリオ弦を買いに来たのだった。「弦だったら送るよ」と言ってくれるが、「君の顔
も見たい」からと冗談を言って、小平からわざわざ来るのだった。

「ゴールデンウイークはどこかへ出かけた?」と聞くので「ぜんぜん」と応えると、しばらく
して、「消費税は上がるのかな」と心配顔になった。ばらまきのあとは消費税アップだよ、
だって麻生首相が就任したときから公言しているじゃないかと私がいうと、もしも消費税
が10%にも上がったら、「楽器は売れなくなるね」と川瀬さん、真顔で言った。30万円の
ギターを買ったら3万円の税金だ。1ヶ月1,000万円売れたら100万円の税金だね、
ちょっと恐い金額だよ。消費税管理も厳しくなるよね、などと笑えない話しを繰り返した。
消費税がアップしたら、「安価で質の高い楽器」に人気が集中するようになるかもと言った
ら、新しいお客さんが来てギターを弾き出したので、私は「では」と言って店を出た。高速
代1,000円で浮かれているドライバーの陰には、消費税アップを心配する商売人もいる
ってことだ。

ドクターKさんからライブ情報が届きました。「Baby K」とは成長著しい息子ですよ。
以下はメールです。

徳武です、こんにちは、久々に息子とアコーステック・ライブを地中海料理のレストランで
やることとなりました。
美味しい食事と楽しい音楽の一時をお過ごし下さい。

Dr.K & Baby K「アコースティック・ライブ」
ピアット・デル・ジョルノ仲町台店
(仲町台1-31-6-2F  電話 045-945-1424)です。
予約はお店までお願いします。

6月14日(日)
オープン:5時半、スタート:6時半
ライブチャージ:3500円
当日はライブ・スペシャル・ディナー(2000円位)の用意もあります。

出演
徳武Dr.K弘文 A.G
徳武Baby K孝音 A.G
六川正彦 W.B

店舗情報
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1402/A140203/14010853/

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ