FC2ブログ

2019-01

Latest Entries

第10回ミニフェスライブ、いよいよ明日!リルコミだあ

東京都内では今週になってからグンとインフルエンザ患者が増えているらしく、
明日、千葉の習志野で開かれる「ミニフェス」に参加することになっていた「ネッ
シーエクスペディション」もインフルにやられて不参加を決めたらしい。大変な勢
いでインフルエンザが広がっている。こんばんは。実は私も先週末まで風邪に
苦しんでいたが、血液関係の薬を毎日飲んでいるので、「じゃあ、風邪薬はどう
すればいいのか」と迷った。それではと、国分寺駅に近い黄田耳鼻科へ行った。
この開業医は私同様の老人だが、初めて診察してもらったときから気が合い、
私とは30年くらいのお付き合いになるわねと妻が教えてくれた。いわゆる私の
主治医だが、普段は鼻炎の薬をもらっているだけで先生とは面談もしていない。
しかし、夏には「夏バテ」、冬には風邪と、いきなり体調をくずして先生を頼り、「
いまにも死にそうだ」と訴える。今回も「助けてくれ!」と言いながら先生の治療
を頼った。待合室には咳をゴホゴホと繰り返す患者で満杯の盛況ぶりだが、診
察室の先生はほとんどは無言で患者に対処する。先生の生の声を知らないで
通っている患者さんも多いに違いない。ところが、私が診察室に入って行くと、
「風邪か?流行ってるからね。座って」と立派な診察台を指す。そばにいた女性
の若い看護師などは私の顔を見つめて、「このひと何者?」のような顔をしてい
る。「このひとは、先生と長い付き合いなの」とゆったりと話したのは先生のご婦
人で、ご自身も内科医という間柄。「糖尿の薬と血圧や血液サラサラの薬など5
種類も毎朝飲んでいるので、風邪薬を飲みたいのにどうすればいいのか」と先
生に言うと、耳鼻科の私の主治医は、「葛根湯でいいのでそれを出す」二日間、
合計4袋飲み続けること。他はすべて飲まなこと。これが大事です。で、治療が
終了。階下の薬局で「葛根湯」をもらって帰宅。すぐに軽食後、葛根湯を一袋飲
み寝た。二袋目は翌朝の食後だった。これで風邪は私の体から出て行き、どこ
かに飛んでってしまった。このおかげで「新年会」へ参加出来たのだった。熱中
症のときもお世話になった。先生は私を一目見て、「夏バテ」と言った。そういえ
ば先生の口から「熱中症」という言葉を聞いたことがなかった。明日の「ミニフェ
ス」は、ネッシーのキャンセルこそ残念だが私は駆けつける予定である。

寒中お見舞い申し上げるが20日は寒さが最も厳しい大寒!リルコミだあ

連日の寒さはぼんやりと窓際にいても身震いするほど体が冷えてしまう。外に
出ようと、パジャマから外出用の衣服に着替えているとき、「雪は降ってるか」
と窓際に寄ってお天気を確かめているだけで体が冷えて来るのを感じる。コン
サートの打ち上げで外に出て来た愛江ちゃんが、「小平って寒いのねー!」と
言って誰かのうしろに隠れていたことがあった。愛江ちゃんは横浜~横須賀
暮らしが長いので小平の他とは違う強烈な寒さに驚いたようだった。そう、真
冬の小平は都心と比べても平均2,3度は低く、中でも「きょうは寒かった」と
小平の住民が特別寒いと感じた日などは都心などよりもー5は低い。そんな
日などは寝てるが勝ちだと私は思うのだが、同居のサッカー小僧などは毎朝、
会社を目指して冷え込む外気の中へ飛び込んでいく。現在、彼は連日の残
業に立ち向かって夜の11時すぎに帰宅という勤務態度だが聞けば、「インフ
ルエンザにやられた社員がごろごろいて」ということらしい。こんばんは。世の
中、真冬だから寒さは我慢できるとして、空気が乾いてそこにインフルエンザ
などの細菌が乗って人々に感染を繰り返していることが会社の問題となって
いるらしい。息子の重労働の陰にあったのがインフルエンザとは締まらない。
私は本日、よく晴れているのを確認した午前11時にお散歩に出た。北風も
なかったので自然と足は北に向かった。こうなると遊歩道に出て果ては西武
遊園地まで歩けるが、 そのような気持ちなど持たない私は遊歩道に入って
すぐに左折して、大好きな東村山中央公園の森の中を歩いた。すっかり葉っ
ぱが落ちて空がよく見える森の中をふわふわと、落ち葉の上を歩くのがいい。
ときどき歩きにくくなって大きな幹によりかかって休むが、5分くらいそのまま
でも誰も来ない。音はというと、上空を飛びかう小鳥のさえずりだけである。
どれだけ寒くても小平にいれば、自分だけの快適場所を発見出来る喜びが
ある。だが、例えば新潟の十日町の雪下ろしだけは手が出ない。雪下ろし
中の写真を見せられただけでギブアップだった。今宵はアジアカップ戦のう
ち、日本対ウズベキスタンを見る。午後10時過ぎのキックオフが遅いが、
熱戦となるのでテレビ中継をお勧めする。添付したのは近ごろFBに掲載され
る安倍がらみの批判記事。笑ってやってください。


きょうはファミリーミーティングの日!リルコミだあ

きょうは北風が背中を押してくれるのでお散歩中はとても楽だったが背中が
冷えをどんどん増して行くという奇妙な初体験をさせていただく。帰宅して妻
にこのことを伝えると、「ちゃんと着てないからよ」とバッサリ。こんばんは。
午前11時。きょうは近所のファミレスに集まって、お正月の小平コンサート、
そして新年会と続いたイベントに対する反省会を開いた。といっても、毎度
集まるのは私、そして妻、そしてチャーリー&ナオミちゃんという4名だけだ
が、こうなると、反省会などにはならない。料理を食べながら自分たちの生
活のことを話しては大声で笑うパターンを繰り返し、ドリンクバーコーナーを
往復するという普段と変わりないのだが、それが「ファミレス反省会」の実
態である。今回、それでも話題となったのがモッチャンが撮影したお正月の
コンサート動画の出来上がりだった。画質&音質ともに素晴らしく、彼の「
たゆまぬ努力の結晶」となったと評判上々の意見で終始。きょうの反省会
では唯一、真面目な議論だった。この動画へご興味のあるお方は、ギャザ
リングへ参加しモッチャンと直接お話を進めることがベストである。新年会
についてはつい一昨日のことだったが、全員が楽しすぎたせいか議論にな
らずじまいだった。「まあ、来年もあるから」でチョン。この直接関わったイベ
ントよりも先日、惜しくも亡くなった入来ベースマン(70)の通夜に於ける神
道儀式のお話が多く語られた。そこで受付をしていたバックインタウンのオ
ーナーから突然、私に電話がかかるという「ハプニング」があったりして盛り
上がった。入来の追悼会は今月30日(水)バックインタウンで行い、そこで
入来がベースを弾いた三バンドが演奏後、私が献杯の音頭をするという当
日の流れを伝える電話だった。私と入来は一つ違いの兄という関係だった
が、その関係を強く意識したときも、そういえば赤阪カントリーハウスで彼が
しこたま酔っぱらってお店を出てどこかで転倒、顔面を強打して前歯を無く
したとき、兄のように「これからは何がなんでもタクシーに乗って帰ろ」と言
ったことを思い出した。しかし、残念ながらこのようには行かなかった。彼が
亡くなって23日だが、私の携帯が鳴ると「どーも。イリキでーす」と言う声が
聞こえて来そうで携帯に出るのが一瞬、ためらわれる。



2019年1月14日は小平ギャザリングの新年会!リルコミだあ

小平ギャザリングは三連休の最終日14日(昨日のこと)、小平市役所の「小川
東町第二地域センター娯楽室」で、午後から「新年会」を行った。2019年を迎え
て続々と参加を決めたメンバーが快晴のお天気に負けじと実に爽やかに登場。
企画したナオミちゃんに尋ねると参加メンバーは、「今のところ32名」と鼻が高い。
マイク二本とカラオケが2台あったので青梅の内田さんに接続を頼むと、その前
に手が動いていた。このお陰で二台のカラオケマシンは素晴らしいPAとなって「2
曲、3曲で交代するメンバーのパフォーマンス」に完璧に対応し、青梅の内田さん
には終了したあと改めてお礼を言った。「カンパイ」で新年会はスタート。「各自バ
ンドは2曲か3曲。ネクストバンドはご指名してね」と、トップを切ったチャーリー&
ナオミちゃんのBGMさん。これで、高いところから水が流れるように次々と流れて
行くのが、小平ギャザリングのよさだった。絶えることなく、温泉場のようなステー
ジにブルーグラス響かせながら、それぞれが明るく大いに飲んで食べた。アルコ
ールは自前が当たってテーブルの上には各種お酒の山。新年会が終わるころ
には顔を真っ赤にした参加者の山だった。口々に「きょうは楽しかった」と連発し
ながら帰って行く。まずは「大成功!」。ネクストは来年2020年である。

190115_1.jpg
オープニングでご挨拶&演奏するチャーリー&ナオミちゃん

190115_2.jpg
イイダコ&ジン。
 去年ナスライブよりも一段と回復傾向にある私に
  お付き合いしてくれたイイダコには感謝。

190115_3.jpg
スタートして間もなくのステージ写真。人が溢れている。

190115_5.jpg
女子コーラス隊&バックを務めた演奏隊。

190115_4.jpg
エンディングを伝えた私。私だけが真顔で恥ずかしい。

風邪をひいちゃいました!リルコミだあ

風邪をひいて昨日は夕方に寝たまま夜中まで起きられずブログを書けなかった。
昨日の朝から体が風邪特有の症状だったのでひいたのはたぶん一昨日くらいだ
ったのだろう。ちょうど今が風邪真っ盛りの状態である。14日の新年会までに治
さないといけないと自覚しているものの果たして…。こんばんは。というわけで、
文字を書くのにいろいろ頭の中で考えて文章を組み立てるので、風邪ひきにとっ
てはそれほど影響がないように思うが熱が災いしているのかキーボードを叩く手
指の関節が痛くてどうもうまくいかない。私の使用しているNECのパソコンはキー
ボードが無線になっていて普段でもうまく行かないことがあるのに指が熱のせい
で震えていると非常によくないのだ。そのため調子が悪くここで終了させていただ
く。アデオス!

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ