FC2ブログ

2005-04

Latest Entries

レコーディングは大事だのリルコミだ

もくもくと黒い雲が空に広がり、
またたく間に大粒の雨が降り出しました。そして
すぐに強い風がビューと吹くともう嵐になってしまいました。
午後2時頃だったかな、外の駐車場にいたのでゴロゴロときたら
もうずぶぬれボーイズになっていました。
気象庁によれば東京上空で雨雲が急に発達したのだそうです。

昨日は長谷川さんが参加したCDアルバムを紹介しました。
録音を残す映像を残すという行為は50才を過ぎた頃から、
とても重要なことだと思うようになって自分でも驚いてます。
誰かに「おまえ気が付くのが遅過ぎんだよ」と
叱られるかも知れません。
とりわけ私の場合はブルーグラス界にいるわけですから、
映像はともかく、録音を残すことにもう少しちからを
出しておくべきだったと反省しています。
録音といってもブルーグラス・フェスティバルで
PAのラインアウトから録音したとかのレベルではなく、
録音のプロがプロの機材を使ってブルーグラスの
レコーディングすることをいっているのです。
当然レコーディングには相応のコストはかかります。
ミュージシャンにもきちんとしたレベルのギャラを支払うと
バカに出来ない金額になることでしょう。
このお金の負担はとても高い壁に違いありませんが、
レコーディングに力を出すという決意でチャレンジすれば
きっと新しい世界が切り開けたと思います。
かなり昔、「ネッシー・エクスペディション」と
「モーニング・ビューグル・バンド」の2枚のアルバムに
スタッフとして参加したことがあります。
両方のバンドとも東京のバンドですよ。
このときの流れは実力バンドはレコーディングを
するのだというものがありましたが、
この流れを継続的にすすめられていたら、
日本のブルーグラスも確実に手応えが違っていたと思う。
レコーディングという行為はブルーグラスにとって
骨になります。
先日、北九州で赤べえと会って話したら、
「レコーディングスタジオが欲しい」で意見が一致しました。
話が飛躍しますが、私たちブルーグラッサーは
フェスだけで満足してはいけません。
もっとレコーディングで自分を磨いて、いい録音を残して
たくさんのファンにアピールしてもらいたい。
長谷川さんのジャンゴのアルバムを聞いて
改めてレコーディングの重要性を確認しました。

こういう冗談があります。

「オーディオに凝ってたあいつさ、
ついにライブハウス作ったってよ」

「酒に凝ってたあいつがさ、居酒屋作ったって」

きりがありませんね。


«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ