FC2ブログ

2005-09

Latest Entries

プ-グラス・ボーイズは健在だったのリルコミで~す

今日は一日くもり空でそのぶん気温が上がらず
仕事には都合がよかった。屋根の上でエアコンの室外機を
設置してたクーラー屋さんも三時のお茶のとき、それでも
大汗をかきながら「昨日よりはよっぽどいい」といって
ウーロン茶を美味しそうに飲んでました。こんばんは。

今年の箱根での話ですが、私は久しぶりにコンベンション
の審査員を頼まれて、渡辺三郎さんや東北大、北大?の若い
学生三人とで審査をしました。話は審査のことではなく、
コンベンションの審査集計をする間、ステージには懐かしい
「プーグラス・ボーイズ」が、なんと三十年ぶりにメンバー
が集まって演奏したのでした。
私には審査の集計という大役があってプ-グラスの全ては
見られなかったが、集計が終わって大急ぎで山に登って残る
2曲を見ることが出来て、本当にこの幸運に感謝した。

プ-グラス・ボーイズはいまから三十年くらい前の、75年
頃の宝塚ブルーグラス・フェスでデビューした。谷五郎と
ゴローショーやジョッシュ大塚&リ-ブス・オブ・グラス、
六甲マウンテン・ボーイズなどのスーパーバンドとは世代が
ぐっと若返った、明らかに若手の超実力者たちで構成されて
いて、このときの宝塚フェス最高の出し物になっていた。
私はステージの目の前に仲間と陣取って、ぎらぎらと少しで
も見逃さないように見ていた。目当てはこの年、彗星の
ように登場した有田純弘さんだった。固唾を飲んで彼の弾く
姿を見ていた記憶はいまでもはっきりと残っています。
それから三十年過ぎて、今年の箱根で再び見れるとは全く
考えなかったので、本当に驚いたのだった。

赤ベエのリードボーカルとギター、有田さんのバンジョー、
谷村順造さんのマンドリン、祇園さんのフィドル、そして
田川昌二さんのベース。かなり年をとってはいるが、みんな
若い。音楽をやっているという部分が若さの秘けつだとしたら、
このプ-グラスのメンバーはそのカタログのようだ。
タイトな王道のブルーグラスを小気味よく、すっきりと表現
するところは本当に上手い。三十年という時間に埋没しないで、
しっかりブルーグラスをキープしてきたメンバーに、
私は金メダルをあげたい。
尚、コンベンションの勝者は「東北大」5人羽織りでした。




















«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ