FC2ブログ

2005-11

Latest Entries

ヒゲの殿下と「ざ・とど」の思い出のリルコミだよ

火星が赤くはっきり見える小平からこんばんは。
先ごろ「皇室典範に関する有識者会議」が開かれて、
女帝容認の方針を打ち出しました。これは現在の皇室に
男子のお世継ぎがいない現実を見て、女帝容認もいいでは
ないかというものでした。
(きょうは固い話ですいません)
ところがこれに対して何と、皇室の三笠宮寛仁殿下から
異論が出されました。「2665年間の世界に類を見ない
我が国固有の歴史と伝統を平成の御世で簡単に変更して
良いのか」と、福祉団体柏朋会の会報誌「ざ・とど」に
自身の論文を載せたから、さあ大変。大騒ぎになっています。

私は皇室に対しては特別な感情は持っておりません。
が、ヒゲの殿下と福祉団体「柏朋会」、そして
会報誌「ざ・とど」に、ほんの少しだけ関係があったので、
「ざ・とど」の名前がマスコミに出たときはびっくりして
あいた口がふさがりませんでした。
私と「ざ・とど」との出会いはいまから30年も前のことで、
当時、ジューンアップルを愛読していた葛飾区柴又在住の
曽利和代さんから「港区の福祉団体へ遊びに来ないか」
と誘われたのが縁で伺うと、何と曽利さん自身が車椅子に乗って
私の前に現れた。茫然としてると「驚いたでしょ?」と
明るい歯切れのいい下町言葉でいわれて、やっと我に帰ったのだった。
私は彼女と電話で交わした会話から彼女はてっきり支援者だと
早合点していたのでした。

曽利さんが所属するのは「柏朋会」という福祉団体は港区にあって、
そこの名誉会長が三笠宮寛仁殿下でした。毎月一回の集まりに
殿下は欠かさず出席されて、気さくにこだわらず話す殿下は
この会の人気者になっていた。ここの会に所属している人はすべてが
車椅子に乗り、しかも重度の障害を持った青少年だった。
曽利さんは器用に車椅子を操って私をそれぞれ一人づつに
紹介してくれたが、ほとんどの人は言葉を話すことが出来なかった。
正確には言葉は話しているんだけど、私には理解出来ないもので、
そういうときは車椅子の後ろにいるお母さんが子どもの喉に手を当てて
言葉を通訳してくれます。「音楽はどんな音楽ですか」と質問され、
「ブルーグラスだ」と答えたのはいまでも覚えている。

ガリ版刷りの「ざ・とど」をプレゼントされて次回の訪問を約束して
帰路につきましたが、私には見たこと話したことすべてが
強烈な一日として、そのとき以来忘れられることが出来ません。
マスコミが殿下の女帝反対論を大きく取り上げてますが、
「ざ・とど」は殿下のいわばプライベート誌といっても過言ではないのだ。
30年前もうちわのお話はおもしろおかしく語ってくれていた。
今回も少しタイミングが悪い面もあるが、うちわの域を出てないと思う。
ものすごく窮屈な生活を送っている殿下の、たまのいい過ぎなんだと
私は思います。
ある日、バンドで演奏したことがありました。もちろん殿下と車椅子の
子どもたち全員の前でやりました。勢いよく拍手してかなり乗って
いる殿下がそこにおりました。皇室がブルーグラスを聞いたのでした。

途中で電話が掛かったりしたのでよく書けなかった。
ではアデオスアミーゴ!
















«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ