FC2ブログ

2005-11

Latest Entries

アメリカンルーツDVDの紹介だのリルコミだよん

家の近所に大編隊でむくどりが飛び交ってます。
毎年いまごろになると「ちゅくちゅくちゅく」と合唱しながら
電線にズラッと並んで鳴いています。ここ2~3日は他所へ行って
いなかったのだが今日は朝から巨大な黒い帯となって家のまわりを
飛び回っていました。ちっちゃな子どもには珍しく、キャッキャと
いって電線にとまってるむくどりを見つけてはしゃいでましたが、
お母さんたちは鳥のフンが気になるらしく、電線の真下から懸命に
引き離しておりました。もうすぐ冬ですね。こんばんは。




いつか日本語版が出るだろうなと思って買ったDVD「AMERICAN
ROOTS MUSIC」(2001年)2枚組セットを紹介します。ここには
アメリカン・ミュージックの原点がフィルムと写真でていねいに紹
介されているので探究心の旺盛なミュージックファンには貴重です。
中身はミュージックカテゴリーをエピソード1~4に分けて、見る
側がとまどわないように配慮されている。エピソード1では草創期
の時代を。有名なジミ-・ロジャースとカーター・ファミリーたち
の初レコーディングとなった「ブリストル・セッションズ」、グラ
ンド・オル・オープリーの紹介、デルタ・ブルース、ゴスペル・ミ
ュージックの誕生など。カーター・ファミリーは写真のみ。

エピソード2は、カウボーイミュージックとウェスタン・スイング
に始まり、レッド・ベリー、ウッディ・ガスリーと流れてブルーグ
ラスが現れる。ルーツミュージックからショウ的要素が加わって、
少しづつ華やかさを増して来ているそんな中で、5弦のブルーグラ
ス・スタイルの音色がラジオから流れ出ると、自分がブルーグラス
ファンだからという身びいきを入れたままでも「ハッ」とするくら
い鮮やかな音で、ホント、どっきりさせられる。フレイリング・ス
タイルのバンジョーが一般的の中、スクラッグス・ロールの出現は
ぶっ飛びます。天才の弾くバンジョーの音がラジオから流れ、そい
つを聞いた無数の若者がペンを捨てた歴史の始まりがここにある。

エピソード3は、シカゴとニューヨークの2大都市の音楽を紹介。
シカゴは当然のシティ・ブルース。このDVDの表紙になっている
BB・キングのほぼ初期の姿を見ることが出来る。若いマディー・
ウォーターの自信のなさそうな歌いぶリが、ザ・バンドのラストワ
ルツに登場したときの圧倒的な存在感にくらべると、とてもおもし
ろい。巨人たちの初期がかい間見えるのでラッキーですね。
一方のニューヨークはウィバースに焦点を当てながら、そしてフォ
ーク・リバイバルからモダンフォーク、ニューポート・フォーク・
フェスティバルと流れる。ピート・シーガ-、P.P.M.、ディラン
と、こちらはよく見た顔が出て来る。

エピソード4ではケイジャン、ザデコ、テハーノ、ネイティブ・ア
メリカンなどを紹介し、最後にはワシントンDCでスミソニアン主
催によるフェスを紹介して終わる。このフェスはルーツミュージッ
クの「いま」のような色彩を出していて、ベラ・フレック&フレッ
ク・トーンズはブルーグラスのサークルにいて、もっとも先端で活
躍するとナレーションされていた。ゴスペルも「モダン・ゴスペル」
というものがあって、エドウィン・ホーキンスがバッチリ決めてい
る。50人くらいの黒服に身を包んだシンガーの大迫力にはいつも
圧倒される。気持ちがぴったり合ったゴスペルはいつ聞いても凄い。
おもしろかったのは「ブルース・スクール」の子どもたちが、マデ
ィ・ウォーターズそっくりに歌っていた。いまの子どもにブルース
が伝わるのかと、見たあと不思議な気分になった。
このエピソード4で終わりでトータルタイムは4時間。英語が分か
れば細部まで楽しめるところだが、充分に楽しめる。
一番最後を飾ったのは天下の「アール・スクラッグス」だった。








«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ