FC2ブログ

2006-06

Latest Entries

ハートランド朝霧名物ツリーハウス恐怖体験のリルコミだ

連日の好天気と暑さが続いている
小平からこんばんは。

きょうは管理している学園東町の
アパートの階段に、大量の虫が出た
と連絡が入ったので、行って見ると
なるほど大小色々な虫が階段の踊場に
死んでいた。200匹ぐらいか。
いちばん多かったのはひし形緑色の
通称、屁っぷり虫。臭い匂いのする
やつで、そいつが100匹もいた。
あとは黒くて小さな名前は知らないけど
よく見る虫が50匹くらいで、他は
大小の蛾だった。
さっそくほうきで掃除していると、
昨晩、その虫に驚かされた住人が
ドアを明けて出てきて、いかに驚いた
かを話してくれた。

何でも当人は午後から
仕事に行く人らしく、
きのうは夜11時に帰宅した。
少しアルコールが入って気分よく
玄関ドアを開けようと鍵穴を見ると、
あたり一面に屁っぷり虫の大群が、
ドア中にそしてドアのまわりにもいて、
「ゾーッとした」毛穴が全部ふくらんだ。
気持ち悪くてしばらく立ちすくんだ。
ということだった。
その人は続けた。
「もしもあの時間に妻がその虫を
見たら、もっと悲惨なことになってた」
ゴキブリからはじまって、
ありとあらゆる虫が嫌いになっていった
と奥さんのことを話してくれた。

この住人は、去年の11月に引越して
来てるので、ここのアパートが、
いかに自然に囲まれた場所にあると
いうことを知らないらしい。
そういえばこのあいだも暑い日が
あったとき「虫が出た」と通報していた。
私が「これからが虫の本番で、
この常夜灯がついてる限り、もっと来る」
と説明すると、大変困った顔になっていた。
どうやって生活しようかという顔だった。
しかし、カブト虫やクワガタも来る。
そういうと当人、パッと顔が明るくなって、
「えっ、そんないい虫も来るんですか」
まんざらでもない様子。
どうやら当人がいうほど
虫を嫌ってはいないようだ。
少し様子をみなければならないが、
大きな問題にはならないようだ。
一安心。

朝霧フェスに会場を提供した
「ハートランド朝霧/中島酪農場」
には各種の宿泊施設があった。
私たちの富士山バンガローも
そのうちのひとつだが、もっとも
ユニークだったのはツリーハウスという
やつで、大きな木を利用して
地上2メーター以上のところに、
小さな見張り小屋のような家が乗っている。
土台というよりも、支え的な木が
もう一本あって、風で大揺れしないように
みかけはそうなっていた。
そんなのがツリーハウスだった。
晴れていてまわりを眺めるなら
絶好のポイントである。

しかし土曜日の長い夜が明けるころ、
フェス会場は猛烈な雷雨に襲われた。
ピカッと光ってドカ~ン。雨がザーッ。
二段ベッドで深い眠りの中にいた
私でさえもカミナリと強い雨風に気付いた。
眠っていられなかったのだ。
軒先きのタープもパタパタと
はためいていた。ちぎれるのかも。
なるようになれだと思うとまた眠った。

「いやー、揺れたよ」
とすっかり寝起きの顔じゃないテツさん。
よく話しを聞くと、彼は昨晩は
ツリーハウスで寝たらしい。
すると「いきなりカミナリだからさ」
と早朝のカミナリ一過を語る。
「らせんの階段みたいになってるのは
細い鉄板なんだよ」
もしもだよ「あれにカミナリが
落ちるんじゃないかと思ってあせったよ」
どうやらテツさんは最悪のときに
ツリーハウス体験をしたようだ。
「風が吹くと大きく揺れるし」
かなり恐かったと本人。
そういいながら朝飯にぱくついていた。

ジョン・コーワン・バンドが来日
という話しが進んでいるそうだ。
全体の話しはさておいて、
きょう北九州のエルビス吉川さんから
私に携帯があって
「9月8日に北九州でやらないか」
と麻田さんから打診されたけど、
やってみようかなと思うとんやけど
どうやろかという相談だった。
はじめはサブさんから話しが来て、
それから麻田さんから
直接具体的な話しをされたと
これまでの経緯を説明してくれた。
「ネームバリューがないから、
ほとんど押売りと義理売りになるよ」
と私がいうと「慣れてる」という。
このエルビスのたくましさを知ってて
ジョン・コーワン・バンドを
売り込んだのだろうか。
「お手伝いに行くよ」
ととりあえず私は返事をした。
久しぶりにジョンに会えるし、
彼の生のボーカルも聞きたいので
とても楽しい話しだ。
サム・ブッシュは当然来ない!




























«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ