FC2ブログ

2006-07

Latest Entries

高級ホテルギフト券をいただいて悩むのリルコミだあ

きょうも強烈な蒸し暑さでした。
きのうもかなりなものだったので、
この蒸し暑さはニ連チャンだね。
こういったとき、不思議にも現場
仕事がバッチリ入ってて、タオルも
Tシャツもニ枚づつ使っても、
まだ足らないくらいびしょびしょ。
運が悪いのか健康的なのか
分かりません。
きょうは畳屋さんと一緒になったら、
「倒れそうだ」と大汗かきながらも
てきぱきと畳をはがしてました。
この畳屋さんは小平警察署の目の前
にあって、夜中にサイレンが鳴ると
目が覚めるので、暑い夏場は嫌だね
といってトラックに乗って帰って行
きました。
夕日が見える小平から、こんばんは。

この春からホテル勤務をはじめた長男が、
「お世話になったから」といって、新宿の
パーク・ハイアット東京というとても
ゴージャス極まるホテルのギフト券を
くれた。妻と二名様ぶんである。
しかし、いただいたのはいいんだが
高級過ぎるではないかと、同封のパンフ
レットを見ると思ってしまう。
スタンダードでも50?もあって、
ピッカピカの真ッサラ。
お風呂なんて「誰が入るの?」と思った。
ところが、ギフト券をよく見ると、
「デラックスルーム」ベッド&ブレック
ファースト二名様と書かれてある。
「えっ、もっといい部屋だってよ」

以前、サラリーマン時代に新宿勤務を
したとき、センチュリー・ハイアットへ
とある人物と打合せで入ったことがあった。
そのときは当然のようにスーツ姿だったが、
ただいまはそのようなだいそれたものを
一年中着ることは、ほとんどない生活だ。
きょうもTシャツニ枚汗で濡らした。
打合せだって近所のファミレスがいいとこ。
結婚式か葬儀にしかスーツは
着たことがないし、それ以外は必要ない。
いい格好をしなければいけないだろう。
困ったねえと妻に話した。
ギフト券は10月まで有効と書いてある。
どうやらこのホテルに泊まるために
上着から靴まで買いそろえないといけない
だろうと思うが、ニワカ仕立てだと
おびただしく似合わないだろうなあ。
でも、腹を決めて52階にある
ニューヨークバーに行ってみたい気分もある。
シンドラ-エレベーターじゃないよね。
















«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ