FC2ブログ

2006-07

Latest Entries

健康診断結果は糖尿病治療となるのリルコミだよ

きょうの小平は一日雨降りでした。
気温も低くて大いに助かりましたが、
25度以下は十数日ぶりだとか。
雨の中、得意先に夏のご挨拶として
妻と二人で「御中元」を配りましたが、
愛車の水温が上昇気味で落ちつかない
配達だった。ラジエーターの水とか
ファンベルト、あとエンジンオイルは
点検したが、私が見る限りそれらは
何でもなかった。明日はディーラーに
点検しに行かなければならない。
まだじとじとと降ってる夕方の
小平からこんばんは。

先日、市の健康診断に行ってきれいな
女医さんに会えたお話をしましたが、
きょうの昼過ぎには健康診断後の
「ご相談」に、同じ健康センターへと
行ってきました。
健康診断の結果が送られてきて、
コレステロール値や血糖値などが高く、
妻が即座に医師の無料相談に申込み、
その相談日がきょうだった。
ご相談の受付に行くと、係の人と
思える女性が10人以上もいて、
なぜかみんなてきぱきと動いていた。
何をしようとしててきぱきと
動くのだろうかと考えたが、
こういうところにはほとんど縁のない
私には分からなかった。
そのうえ私と同じご相談を受ける人も
全部女性だった。男子はいなかった。
平均年齢は45才だろうか。
おっと、これは失礼。

最初は四名づつ同時に呼ばれて、
保健士さんの前に座った。
私はこの四名の中に入っていたので
順番に椅子に座ると、目の前には
驚くほどのお婆ちゃんがいた。
たぶん80才に近いのではないか。
他の保健士は30才前後なのに、
非常なアンバランスだ。
「問診をさせてもらいますよ」
と彼女が私のデータを見ていった。
ボールペンを持つ指先がふるえている。
「糖が出たのはいつ頃か」
「三年前くらいかな」
「何か運動は?」
「一年半前からお散歩ですね」
「何か病気になりましたの?」
「尿道結石だった」
「それでお散歩ですか」
「医者にすすめられた」
ここまで進むのにかなり時間がかかった。
お婆ちゃん保健士さんは、
三年前に糖が出たということと
一年半前にお散歩をはじめたことを
分かってくれるまで押し問答を繰返し、
ようやく問診を終えたのだった。
「年寄りですいませんね」
を繰り返しながらも、問診で記入した
文字は横文字混じりの立派なものだった。
特に私の言葉を聞きながら、
ササっと書いたときはキャリアを感じた。
そういう部分もあった。

医者との面談は簡単に終わった。
「このヘモグロビン値が悪い」
「は~あ」
「この数値だと治療になるよ」
「へ~え」
「糖尿に詳しい病院をご存知か」
「そんなに悪いのですか?」
「悪い!」
「だったら、先生のところへ行きます」
「おお!そうかそうか」
「来週からでいいですか」
「けっこうだ」
「なおりますか」
「改善は出来る。私はうまいから」
「......では来週」
というわけで糖尿病治療となった。
「いつ糖が出たのか」
と聞くので「そこに書いてないですか」
と医者にいうと
「ここには一年半前からと書いてある」
「いえ、三年前からといいました」
「ま、いい」
お婆ちゃん保健士さんは肝心なところで
間違えていた。しかし、ま、いいのだ。
今後はこの少しぶっきらぼうな医者と
ばっちり付合ってみようと、
気持ちを決めて帰ったのでした。



















«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ