FC2ブログ

2006-11

Latest Entries

アール・スクラッグス「ファミリー&フレンズ」DVDのリルコミだあ

きょうは寒くなりそうだと思ってたら、
風は吹いたが意外にも暑いぐらいに晴れた。
急ぎの現場の最終日を残業して終えた。
「フローリングにしよう」
とオーナーが言いはじめたのでドキッと
したが、思い直してくれて予定通り終了。
変更が出れば四五日はずれてしまう。
いまごろは畳みの人気は薄い。
まだ風が強い東京の田舎小平から
こんばんは。

きのうの夜は60年代前半と思われる
フラット&スクラッグスの「マ-サ・ホワイト
・ショー」を見て、亡くなったジョッシュを
偲びました。マ-サ・ホワイトといえば
早朝のラジオ・ショーとして知られていましたが、
テレビ・ショーに変わってたんですね。
もちろん動くF&S&フォギーのすごい映像だよ。
アンクル・ジョッシュはドブロを左下がりの
極端に斜めにして弾いていて、
これがまた好き者にはたまらないのだ。
ときどきベースのジェイク・タ-ロックと
デュエットでコミカルな曲を歌っていた。
それにしてもレスターとアールの
かっこよさったらないよ。
やっぱり史上最強不滅のバンドだと再確認した。



このDVDは、先日パークハイアットホテルに
宿泊したとき、ディスクユニオンで購入した
「EARL SCRUGGS / FAMILY & FRIENDS」
ですが、ここでのアールも素晴らしい。
共演はドック・ワトソン、ビル・モンロー、
モリス・ブラザース、ジョーン・バエズ、
ザ・バーズ、ボブ・ディランなどなど。
印象的なのはディランが「イーストバージニア
・ブルース」を歌ってることと、
ザ・バーズのクラレンス・ホワイトが
ストリング・ベンダーを弾いている姿が映ってる。
モリス・ブラザースとの共演では
三曲も収められているが、ON TOP OF OLD SMOKEY
のリードボーカルが渋くてしびれる。
ジョーン・バエズは子どもを生んだばかりで、
産休中のバエズの自宅へ押しかけて撮影している。
このときアールは「スクラッグス・レビュー」
を立ち上げていた。
じつにあたたかい映像で見てほっとする。












«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ