FC2ブログ

2006-11

Latest Entries

ドーハ・アジア大会サッカーを見たゾのリルコミだあ

おだやかな冬日の午後三時すぎに
お散歩に出ると、頭上から雪のように
枯葉が降っていました。カサカサと
踏まれた音が気持ちよくて30分も
余計に歩いて汗をかきスッキリ。
しかし、近ごろ歩いてもちっとも
体重が落ちない。
食事も食べすぎを注意して、
ごはん一杯で止めているのだが、
何故か出た腹はへっこまないのだ。
そしたら食事の時間が問題だと。
晩飯のあとすぐにバタンと寝るのが
どうやら体重減につながらない
行動だと家族に言われたが、
しかしこのバタンキューに
慣れているため、変えるのは
非常に難しい。
タモリは米粒ひとつで太るんだと
自分の体質を語っていたが、
私もそんなところだろうか。
晩飯を減らすしかなないかな。
風もない静かな夜の小平から
こんばんは。



ジャ~ン!
来年1月20日にニューサウス・
リバイバルと元祖の「激突ライブ」
を企画しましたが、そのポスターが
完成。見事な仕上がりに私、幸せ。
デザイナー「須貝重太」の入魂の
作品となってますね。
そもそも「元祖」には須貝さんの
他にアシュラ画伯もいる。
グラフィックならばたちどころに
画が出来て美しいデザインで仕上がる。
ビューティフルなポスターが
すぐ出来ちゃう珍しいバンドって
わけなのです。えらい!
それはともかく、この1/20日は
天下晴れて土曜日。
新春に花を添えてNSRの歴史的な
ライブとなるだろうと想定してますが、
詳しくはもう少しあとに書きます。

きのうの夜11時。
ドーハ・アジア大会の日本代表を
テレビで見ました。相手はパキスタン。
試合前、解説者の山本氏(前ジュビロ磐田監督)
によると5ー0で日本の勝利だろうと
言っていたが、結果は3ー2だった。
日本の勝利で勝ち点3をゲット。
選手たちはJリーグから直接ドーハに
乗りこんだらしく疲労があった。
全体に動きにキレがなくて、後半
足が止まったところを相手パキスタンに
二点を取られて、あわや同点かと
ひやひやもんの勝利だった。

ドーハ・アジア大会へは
北京オリンピックをにらんで21才以下で
チームを編成している。オリンピックは
23才以下と年齢制限ががあるため、
いまから大きな大会を経験を積めば
二年後の本番ではたくましくなる
という読みがあるからだ。
その初戦がきのうだった。
相手パキスタンはホッケーの強豪国で
インドと並んで金メダルの常連だが、
サッカーは未知数で、大方の予想は
弱者という判断だった。
NHKテレビの解説者山本氏も
弱い相手だから、ここで5点以上の
点差で勝てると踏んだのだろう。
しかし、結果は辛勝だった。
後半、疲労で足が止まったことも
点が取れなかった原因の一部だったが、
相変わらずスタッフの事前の調査が悪く、
スリランカ人主審の笛を吹くクセを
選手に伝えられなかったところに、
志気が低下した最大の原因があると思った。
それほど日本はファールを取られまくり、
相手を調子づかせてしまった。

相手パキスタンは「バーレーン」から
監督を迎えて、早いチェックを指示して、
がんがん当たりまくる。ラフプレーだ。
ところが主審はまったく笛を吹かない。
それどころか徹底的に日本に吹き続けた。
ディフェンダーの青山が二枚目のイエロー
で退場したが、二枚目のときは逆で、
パキスタン選手が明らかにファールしたのだ。
試合後、「これも慣れないといけない」
と反町監督は言った。しかし、選手が
慣れる前に監督やスタッフが先に慣れて
いて欲しいと思った。

少なくとも主審たちの調査くらいは
しておくべきだと思う。
きのうは名古屋グランパスの本田圭が
よかった。2点ゲットした谷口もよかったが、
自在に走れて蹴った本田圭の出来の方が
目立っていた。
192センチの高さを持つFW平山は
今度も不発に終わった。見ていると、
どこのタイミングでボールをもらうのか
まったく分かっていないように見えた。
また足元のボールも相手にことごとく取られ、
のろまな部分がいっそう際立っていた。
平山はワシらの地元「FC東京」の
新しい選手で期待も非常に大きい。
だけど、あの動きでは期待もしぼむ。
ヘディングも数打てば当たる、
そんな選手なのではないかと心配してる。

二時間弱前、夢弦堂主人西貝さんから
携帯がかかった。「いま、大宮」だよ。
これから「U2のコンサートに行くのだ
というではありませんか。
「ギョエーッ」
私は完全に忘れていました。
公演をしっかりチェックしていたなんて
なかなか鋭いではありませんか。
これでクラプトンと合わせてニ連敗。
忙しい中にもこのくらいの余裕は
必要だと、心底から教訓しました。
いまごろもまだ熱演の最中にいるだろう。
うらやましい!












«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ