AX

2007-03

Latest Entries

年度末を控えて仕事が集中して忙しさ倍増うっはっはーのリルコミだあ

夕方になってから強風が吹付けている
小平からこんばんは。

年度末を明日に控えているものだから
現場がそこに集中して、私もあちこち
振り回されてばかりいるこの頃です。
きょうも残業でした。明日もどうやら
残業になりそうなので今晩は何か馬力
のつくものを食べようかなと考えるが、
料理長はいかなるものを作ったのか。
「まだこれから」と声がした。すると
我家のサッカー小僧が間髪を入れず
「明日の昼はカレーうどんを」作って
くれとリクエストを決めた。きょうで
最後の勤務となる長女はまだ帰らない。
プロ野球のセリーグが本日スタートし
た。TBSTVは横浜VS巨人を中継
してるが、私はTBSラジオでさっき
まで聞いていた。横浜ベイスターズの
親会社はTBSなのに、実況アナは巨
人ファンのようでやたら巨人びいきに
話している。こういうのっておかしい
と思う。実況アナは古い人かもね。

タウン紙の「多摩東タウン情報」に子
ども英語「春の無料体験レッスン」が
載ってました。4月4日(水)三鷹駅
北口の東京YWCA武蔵野センターで
午後から開かれるのですが、ここに講
師として招かれたのが何とカナだ出身
のデミアン・マッキントッシュさんと
書いてあったのでビックリ。実は彼は
ブルーグラス人でギター弾き。歌もう
たうがこちらはいまいち。非常に性格
が明るい奴で日本語もぺらぺら。箱根
フェスには二三回来てるし、他のフェ
スにも必ず行ってるはずの二枚目の外
人だが、この人のクセが引越し。繰返
される引越しで奥さんも一人っ子の坊
やも親父に付いて行くのがやっとだろ
うとこちらは思うのだが、本人は他人
の気持などまったく意に介さず。しか
も新しく引越すと日本風だと転居通知
を親類痴人に出すのに、この男はこれ
をしないのだ。だからこちら側では常
に行方不明状態が当り前だった。
「あいつ、どこでどうしてるものやら」
と一時考えることもあったが、なんと
三鷹の子ども英語の講師として登場す
るとは意外だった。我家にも何回か遊
び来ていたので妻は「ノバとかでなく
てよかった」なんて変な安心をしてい
た。当日、会場へ電話してみようかと
思っているが、相い変わらずの無責任
男ぶりだとちょっと困るけど。

今週は体力的に疲れました。お散歩も
時間がなくてしばらく行ってない。血
糖値にはよくないが、しばらくは無理
だろうから食事でがんばらないと。そ
の糖尿病の病院を本格的に探さないと
いけないと考えている。現在は花小金
井駅から徒歩五分だから遠くて通いき
れない。薬をいただくのが目的になる
と遠距離が大きな壁になる。我家のす
ぐそばに国立の病院があるのだが、こ
こは精神病が主な治療科目になってい
るので「他の診療もする」といわれて
も何となく行きにくい。何回か通院し
ているうちにどうも近ごろ頭が痛くて
なんてことになったら、恐いことにな
りはしないか心配になる。ともかく普
通の病院を探したい。











プロ野球新人ドラフト会議から「希望入団枠」が撤廃となったのリルコミだあ

きょうは五月上旬の暖かさだというので
「そうだったか」と納得して汗をぬぐいました。
そういえば吹く風も生暖かい気がしてましたが、
この陽気が週末まで続くとザッツお花見となって
絵に描いたようになるのですが果たして。
一気にTシャツでブログを書いている小平から
こんばんは。

朝がた目がさめてから寝られず、CDでも聞こう
と先日ここで紹介したマーク・ノップラ-とエミ
ルー・ハリスの「リアル・ライブ・ロードランニ
ング」を探そうとしたら、ちょっと待てという気
持ちが突然出て来てJJ・ケールを出して聞いた。
リアル・ライブ~の冒頭の曲「ライト・ナウ」が
南部色が強く、JJ・ケールの曲の雰囲気に似て
たので、それからはいつかJJ・ケールを聞こう
と思っていた。しかし、去年E・クラプトンと一
緒に出したアルバムは残念ながら買ってなかった
ので、89年の「TRAVEL-LOG」を聞いた。

JJ・ケールはシンガーソング・ライターとして
71年の「NATURALLY」デビューしているが、た
とえば美男の多いその世界にあっては乞食に匹敵
するような自由人といった風貌だった。いわゆる
ヒッピーなのだろうが、街中ではギターを背負っ
ていてもミュージシャンと気付く人は皆無だとい
われてる変な人だ。渋いブルーズを若いバディー
・ガイのように弾き語るというところも多くのシ
ンガーソング・ライターとは変わっているし、そ
こがまた彼の絶品のところだ。しかし、時にはエ
レキでそれこそクラプトンを凌駕するような曲を
歌って、私などは仰天したものだった。トータル
には得体のつかめない南部の無骨男という表現が
当っている。

ところがたまに、アカプルコのようなリゾートで
ナオンちゃんをはべらせているような曲も書くか
ら、やっぱりかなり深くて不思議な人物だ。その
JJを実にニ十年ぶりくらいに聞いてみたら、何
となんとマーク・ノップラ-の弾くギターによく
似ていた。リアル・ライブ~CDでのマークが、
南部風を気取れば気取るほどJJの雰囲気に似て
いるのだ。特に「ライト・ナウ」ではそれがよく
出ていた。たまげたなあというよりもマークがソ
ロになった頃から、ムムム近いと感じていたこと
だった。私の知らないJJの曲だったりして。
これは同時にクラプトンにもいえるわけで、この
「TRAVEL-LOG」でもどっちがどっちなのか分から
ない微妙な曲が数曲も収められている。

イギリス人ミュージシャンのブルース好きがJJ
ファンになって影響されたというようなことだろ
うか。クラプトン自信はその影響を隠そうともし
ていないから、「アフター・ミッドナイト」を始
めに、これまで10曲以上はレパートリーに入れ
ている。影響された何よりの証明は去年、クラプ
トンはJJと共にアルバムを作っているのだ。
思わぬ拍子でJJ・ケールなる隠れた凄いシンガ
ーソング・ライターを書いてしまったが、クラプ
トンが歌ったJJの曲では、私は「コケイン」が
いちばん好きだ。また、ブルーグラスではセルダ
ム・シーンが「アフター・ミッドナイト」を取上
げている。さすがだね。

驚きました。プロ野球のドラフト会議で選手が球
団を選べる「希望入団枠」が撤廃されることに正
式に決定した。読売ジャイアンツ様のいうことが
プロ野球界すべての法律だという現象が、これで
覆ったことになった。根来コミッショナー代行も
読売ジャイアンツが連れて来たコミッショナーだ
と我家の長男が言って、きのうまではテーブルを
叩いていた。そうなのだった。読売・イコール・
プロ野球のコミッショナーという関係こそがプロ
野球の立ち方をゆがめていたのだ。ファンに向か
って立っていなかったのが諸悪の根源だと長男は
言っていた。本当にその通りだったが、これを第
一歩にしてプロ野球改革を進めてほしい。私は読
売ジャイアンツが同じ東京にいることが恥ずかし
い。ディキシー・チックスのパクりでした。      

能登半島地震によって被害を受けた人々にお見舞
い申し上げます。







練摩区中村橋駅付近の桜並木が5部咲きでも超きれいだったのリルコミだあ

ますます春になってる小平からこんばんは。

きょうの現場は豊島区要町だった。渋滞を
覚悟して午前八時半に家を出る。案の定練
馬駅付近で渋滞につかまり目的地まで一時
間と三十分かかって十時すぎに仕事開始。
ここのアパートは小平駅のとなり「萩山駅」
そばに住む一人住まいのおばあちゃんの所
有で、八十歳を越しているのに頭すっきり
足が丈夫で口も達者という元気さで、お部
屋が空くと自分で点検発注する。したがっ
て現調が必要なく私は手間が省けてえらく
助かるのだ。「壁紙は貼り替えません」と
数日前に電話をよこしていたのでクリーニ
ングだけで済ますことになった。昼食は商
店街の中にある小さいファミリーマートで
ちらし寿司と熱いお茶を買った。12時の
時間から少し遅れただけでお弁当はすべて
なくなっていた。恐るべしコンビニ弁当だ。
帰途、練馬駅の先で千川通りに入ると道路
わきの桜並木が5~6部咲きになってて一
瞬、目が洗われたような思いになった。西
武池袋線中村橋駅の先までおよそ500メ
ータ-余り、お花見ドライブとなった。や
っぱり桜はビューティフルだねえ。

長女が重労働勤務に耐えながら毎日夜中ま
で働かされていることに我慢が出来ずに、
私と妻の二人でその会社まで長女を連れ戻
しに行ったことは先日書いたが、当の会社
を労働基準局かその他の労働者の訴えを取
上げてくれるところへ訴えないと腹の虫が
おさまらないと考えた。しかし長女が今月
いっぱいで退職届を出して受理されたこと
や、あの夜中の二時近くに会社で働いてい
た長女を連れ出した次の日から突然、帰宅
時間が平常に戻ったので、「ま、いいか」
ということになった。友人のサトンパスさ
んからも「その会社、訴えちゃいましょう」
と心強いお電話をいただいたりしてその気
になったのだったが、やめることにした。
長女が退職したらその会社とは無縁になる
ので、そして私の多忙さもあってやめにし
た。新しい体験が目の前にあったのに残念
だがしかたない。サトンパスさんには感謝
を申し上げると同時に、ネクストのときは
是非ともヘルプをお願いしたい。それにし
ても長女の就職はこれで二社目がダメにな
った。次はどこへ行くのだろうか心配だ。

これからサッカーの北京五輪アジア地区2
次予選「日本VSシリア」を見るのだ。シ
リアは強剛なので香港やマレーシアのよう
には行かないと思うが、きちんとしたサッ
カーをしてきたら案外すっと勝つだろうと
思う。マレーシアはひどかった。サッカー
じゃなくて喧嘩を仕掛けているようだった。
どこのチームだってラフプレーの前にはな
す術がない。それと審判の存在もでかい。
低級な審判しかいないアジア地域だと、変
な審判に当たったら、それだけで負けが見
えちゃう。きょうはそうならないように祈
りたい。名古屋グランパスの鈴木圭に期待
している。















ピッツバーグ・パイレーツの桑田投手非運のねん挫で開幕メジャーが絶望のリルコミなのだ

曇り空に白いこぶしの花が映えているのを見て、
今度絵を描くときはバックは灰色で決まりだなと
納得しました。だが、絵なんて中学校以来描いて
いないので、変なことを思い出したもんだと自分
でも不思議に思って、しばし茫然としました。
曇っていても寒くならない小平からこんばんは。

私の秘かに期待していた選手、ピッツバーグ・パ
イレーツの桑田投手が右足首をねんざ、開幕昇格
は絶望となった。残念でなりません。しかも球審
と接触したとは本当に不運でなりません。この日、
7回から投板した桑田投手は8回、一死一塁でセ
ンター前ヒットを許した。そのときセンター方向
を意識しながら三塁のカバーに入ったとき、後ろ
の三塁ファールエリアから来た急進と激突、その
とき右足をひねった。38才の桑田投手に再起は
あり得るのか。はたまたパイレーツには再起を待
っていてくれるような余裕はあるのか微妙だ。劇
的なカムバックを祈っているが、神のみぞ知るだ。

ついでに今度はプロ野球の話し。例の「希望枠」
制度撤廃がなぜ今年から実行されなかったのかは、
実は「コミッショナー代行が今後一年間検討する」
とまとめたのだそうだ。悪しき制度は今年も摘要
されるのだ。そこで落合中日ドラゴンズ監督は、
今年のドラフトが希望枠を残したままの現行制度
で行なわれたら、希望枠は使いませんと発表した。
そもそもこの悪しき制度「希望枠」(逆指名)は、
93年に読売ジャイアンツが逆指名性を導入した
ときに始まっている。今回の撤廃に強く抵抗して
コミッショナー代行のまとめという結論に至った
原因を作ったのも読売ジャイアンツだ。とすれば
読売ジャイアンツは今年も逆指名選手を入団させ
るのだろうか。ロッテ・マ-リンズのバレンタイ
ン監督も「希望枠は使わない」と断言している。
そうだ!使った球団が明確になるようにどんどん
希望枠を使わない球団が増えて、どこかの球団だ
け残ったとしたら、とても分かりやすいね。


東京都知事選挙がスタートしているが、先日小平
市内のある工務店へ行くと、「石原だべえ」とか
「浅野は顔が恐えよ」などと四五人の初老男子が
茶飲み話に花を咲かせていました。元々小平市は
保守の牙城として知られいて、私と現場を共にす
る職人もほとんどは「おら自民党だ」という人ば
かり。たまに、選挙は自民党だけんど健康保険は
共産党の土建組合だよとまぎらわしい職人もいる。
工務店事務所の茶飲み話に戻すと、近所の餅つき
やで通ってる金物屋の旦那は「あれだね、石原も
築地の市場を動かすって言っちゃったのがいけな
いね」といった。だから主婦には得点出来ないと
いうのだった。餅つきが趣味で年に五六回はつい
ているこの旦那はもう一つ、女房の尻に敷かれて
いるとして知られている。「それはおめえ、自分
の意見か?」と左官屋。どっと笑いがおきてから、
「若けえおめえはどう見てんのけ?」とブルドッ
グをやさしくしたような顔で大工が私に聞いた。
「誰でもいいっす」と神妙に応えると「ドクター
中松でもいいってか?ははははは」と笑われた。
すると大笑いに驚いたのか赤猫がピュッと外へ走
って逃げた。都知事選挙はいま巷で話題を盛上げ
ている。

フラット&スクラッグスのTVショーのDVDが
二種類ニ本予約受け中になっている。一本は61
年と62年のショーが収められ、もう一本は61
年のみのものだ。発売はいつになるのか勉強不足
で分からないが、まずは世紀を越えた貴重な映像
だと思うので、たくさんの日本のファンに見て欲
しいなと願っている。しかし世の中は増々進んで
いてユーチューブを根気よく探すと色々な珍重場
面に出くわすから、人によってはあるいは生のフ
ラット&スクラッグスでさえも感動が薄いかも知
れない。しかしそこは商品となっているから映像
はゆらゆらと不明瞭なものじゃなく、バッチリき
れいだと思うので期待するのだ。先日の「フーテ
ナニー」といい日米問わずメーカーは完全に「団
塊親父」をターゲットに絞って来たようだ。だと
すると今後には幻のモンロー映像も飛び出して来
るのだろうか。どきどきしますねえ。














フィギュア・フリー安藤VS真央の傍らサッカー日本代表VSペルー我家は白熱の合戦場だったのリルコミだあ

一気に春に突入したって感じの
きょうの小平地方ですが暖かくて
小鳥も鳴いて実に気持いいです。
五日市街道の喜平橋交差点そばの
桜並木も二部咲ですが咲きました。
小金井公園は行ってないがたぶん
同じように咲いていると思います。
今週はお花見のピークになりそう
ですが、私はといえばまだ少し仕
事が忙しくて花粉症気味で、お花
見が無理な状況です。しかし、今
週末は花見客がどっと繰り出すと
予想しています。こんばんは。

きょうは小金井北高校そばの現場
で仕事をしましたが、パート先の
大学がお休み中のため、フリーの
妻に手許を頼んだりしたので、に
ぎやかな現場になりました。仕事
の区切りで午後二時の昼食になっ
てしまったが、「ラーメン!」と
意見が一致。「それなら幸楽苑」
だと私が言って薄い記憶たどりな
がら車を走らせた。目ざす「幸楽
苑」は亜細亜大学正門そばにあっ
た。ラーメン一杯290円が売り
の超安心価格がうれしいではない
か。いまどきこの価格でラーメン
が食べられるなんて半ば信じ難い
が、しかし遠慮なく食った。妻は
ざる・ラーメンなる夏物を食べた
が、「足りないワ」と不満そう。
午後四時帰宅。我家のサッカー小
僧が帰って来ているので「おっ、
早えーな」というと「きょうは練
習だけだよ」の応え。春休み中な
のだった。

土曜日はサッカー「日本代表VS
ペルー」があったり、フィギュア
スケートの世界選手権があった。
我家はサッカー派とフィギュアの
二手に分かれて非常ににぎやかな
夜になった。長男だけは仕事から
戻っていなかったが、彼はいま選
抜高校野球に燃えている。世界中
で高校野球がいちばんおもしろい
と言ってはばからないマニアなの
だ。私は鹿児島産の芋焼酎の水割
りを片手にサッカー小僧と対ペル
ーを観戦。俊輔と高原を見つめつ
つ飲んでると、試合に興奮すると
飲むピッチも早くなる。ハーフタ
イムにはすでに酔っていた。

FW高原が豪快にボレーで決めた。
俊輔からのフリーキックを右足で
トラップしてそのまま振り抜いた
完全な素晴らしい個人プレーだっ
た。あの混雑した中での決定的な
プレーはドイツ・ブンデスリーガ
でもまれた強さなのだろうか。あ
んなに鮮やかゴ-ルはファン待望
の一発で、思わずガッツポーズが
出た。サッカー小僧の見るところ
は、ボールと一緒に誰がどのポジ
ションに走るのかなどといかにも
現役的な見方で、素人の私などと
は一線を画していた。いわゆる一
体感とでもいうのだろうか。団体
ゲームの中のまた小団体というよ
うな連携の動きを見ていたようだ
った。試合は2ー0で日本の勝利。
2点にからんだ俊輔と1点を豪快
に決めた高原の両海外組の存在は
偉大だった。

一方のフィギュア女子のフリー演
技も我家では過熱気味だった。妻
と長女の二人だけだったが、キッ
チンのTVとビデオは占拠された
のは当然だったが、クライマック
スの安藤選手が優勝するまでの間
は「きゃーきゃー」「ギャ-ッ」
の連発で、さながら多摩動物園の
ような騒々しさだった。長女はト
リノのころからの安藤選手びいき
で、最終滑走を華麗にノーミスで
滑り終わったときなどは両手でガ
ッツポーズしていた。妻は間違い
なく浅田真央ファンで彼女がショ
ート・プログラムで失敗したこと
をまるで自分がミスしたようにシ
ョックを感じていた。それもあっ
てフリーの演技に賭ける真央の渾
身の滑りが終わると声も出なかっ
た。長女も妻も自分をあそこまで
相手に感情移入して楽しめるとは
凄いことだと驚いた。それに比べ
ると私などは静かなものだ。冷静
極まりないではないかと言いたい
ところだが、こっちは草々に酔い
つぶれてた。















ジョイフル・ホンダへ行ったら大工仕事一般を教えてもらって脱帽したのリルコミだあ

ようやく春らしい暖かな日ざしとなった小平でした。
ぽかぽかとした私の駐車場には野良猫がお腹を広げて
横になっていて近づいても逃げようとしません。
まさに「天高く猫と生まれて働かず」と描写した静岡の
高校生の俳句にぴったりの光景です。春になりました。
こんばんは。

きょうは仕事の材料を買いに武蔵村山のジョイフル・
ホンダまで行って来ました。普段は車で10分のドイト
へ行くのですが、天気がいいのと妻が行きたそうな
態度だったので30分走ってドゥ・イット・ユア・
セルフの「殿堂」へ行ったのでした。
材料は水性のペンキとハケだけだったので難なく
見つかった。あれだけ膨大なペンキの在庫を見ると、
目的のカラーが絶対にあるという確信をもつことが
出来るから、安心して探すことが出来たのでした。
妻はここに着くなり行方不明になっていて、
どこにいるのか直線で200メーターもある店鋪では
発見不可能だった。そのまま私は材木売場へ移動。
うず高く積まれた各種木材板に目が吸い付けられて
「ベッドを作ったら材料費はいくらか・・・」
などと妄想を膨らませて一人で興奮している。

赤い服を着た係員に「冬場の部屋の中に出る結露」
をなくすにはどうしたらいいかと質問することにした。
30代半ばと見える係員がすぐにやって来て、
「お宅様のどこのどのようなお部屋ですか」
状況を図面に書けますかというのでがんばって書くと
「これは四畳半のお部屋全体の壁面と天井が不良」
だと思われるので、ぐるりと断熱材を入れた壁面に
しないといけないようですとテキパキと教えてくれた。
押入も結露が出るようでしたらやり直さないと
いけませんが、これらはお客様がご自分でおやりに
なるのですか?と聞いて来た。ここまで15分。
係員は他のお客さんの質問も巧みにさばいている。
どうやら業界のような格好をしている私を見て、
本職のように対応して来たのだった。
これがうれしかった。大工でもないのに大工に
見られているようなので調子に乗って
「私が娘のためにやってみたいのですが」
と言ってしまった。


「お嬢様は長期に外出されるのですか?」
つまりお客様が工事をされた場合、この規模の
工事だと一週間以上はかかることが予想されます。
ご自分で出来ないことはありませんが時間が
かかるだろうと、熱くなっている私の気持を
やんわりと鎮めにかかってきたようだった。
そうだった。私が大工ではないことを知ってて
素人がやったら長引きますよと言っているのだ。
自分の顔が真っ赤になっているのが分かった。
何ごとも調子こいちゃいけないんだった。
その他係員から他にたくさんのことを教えて
もらった。帰り際に握手して感謝を述べたとき、
胸の名札を見ると「麻田」とあった。
不思議な縁を感じてジョイフルホンダを後にした。


















プロ野球組織は希望入団枠撤廃を廃止決議出来ず巨人に振り回されるのリルコミだあ

きのうよりか少しだけ暖かい一日だったが、
弱い風が吹くと真冬の寒さに戻る小平から
こんばんは。

きょうの現場は車で五分の近さだった。空
いたアパートのお部屋のクリーニングで、
二人でかかって午後一時に終わった。住ん
でいた大学生がきれいに掃除していったあ
とだったので、比較的に楽な現場だった。
昼食は現場終了後にオリンピックのハンバ
ーグ弁当+伊藤園の温いお茶+トウチュ-
という比較的多いパターンとなった。オリ
ンピックのお弁当はセブンイレブンなどコ
ンビニ弁当に比べるとごはんの味がいまい
ち。それにいつも箸からポロポロ落ちる。
しかし、ハンバーグの大きさは他を引き離
していると思ってる。クリーニングのアッ
プしたお部屋で食べてると、金網越しに子
犬(マルチーズ?)が二匹キャンキャンと
こちらに向かって吠えている。お腹が空い
てるのだろうか。のどかな時間だった。

東京都知事選挙が始まった。というよりも
統一地方選挙の知事選挙が13都道府県で
告示され、都知事選はそのうちの一つとい
わないといけない。石原慎太郎前知事は自
民党と公明党がバックアップして、前宮城
県知事の浅野史郎が民主党がバックアップ
するだろうといわれている。候補は10人
いるが実質的にはこの二人の一騎打ちとな
るのではないだろうか。石原前知事は前回
の圧倒的な強さはもうないといわれている
が、果たしてどんな戦いを展開するのか。
前回は私も彼に投票した。「国にものをい
う」など威勢のよさを買ったのだったが、
毎週金曜日午後に開かれる都庁での記者会
見を見ると、たとえば自分の高額出張や四
男のことに質問が集ると非常に態度が大柄
になって高飛車に応える。まあこんなこと
は珍しいことではないが、このような放送
を見た都民が「違う人を選びたい」という
ところにまでなって欲しいなと私は思うの
だ。しかしだ。前都知事には例の「石原軍
団」が控えていて、彼らはいつ出番となる
のか。何だかんだいっても強力だよね。

日本プロ野球組織はきのう代表者会議を開
き、ドラフト制度の改革について協議した。
会議の焦点は先日ここでも取上げた「希望
入団枠の撤廃」だったが、想像通り巨人の
反対で撤回はならず、今年の秋もこれまで
と変わらない逆指名が行なわれることにな
った。巨人としては「巨人が強ければプロ
野球がおもしろい」という勝手なことを堂
々とテレビでいう御用解説者などに支えら
れているせいか、文字通り無茶苦茶なこと
を発言して反対論を唱えた。「選手の入口
の自由を廃止するなら、出口(FA権)の
自由を認めるべきだ」と主張する。つまり
本来の希望入団枠の撤廃だけが問題なのに、
そこにFA権をセットしなけりゃ絶対にダ
メだと譲らなかった。それが原因で今年も
逆指名選手が現れることになった。

プロ野球組織ってナゼ巨人の反対だけで制
度を改正出来ないのか不思議だ。希望枠を
撤廃して「完全ドラフト制度」を希望する
球団が圧倒的に多いのに多数決で決められ
ないのだ。巨人は出口の自由としてFA権
の短縮を主張するが、これもあきれるほど
の傲慢さが目立つ唯我独尊理論だ。FA権
の短縮が実行されると「お金」のある巨人
になびく実力選手を集めやすい。たとえば
今年の小笠原選手だったら、三年前に高給
で迎えられたはずだ。柔らちゃんの旦那の
谷選手だってそうだ。巨人がねらう実力選
手はまだ他にいるようなので、当分は何が
あってもFA権とセットじゃないと希望枠
撤廃はありえないと吠えている。

情けないのは他球団の非力さだ。多数決以
外にこの解決はありえないことなのに、そ
の多数決の実行ができないのだ。選手やプ
ロ野球ファンよりも企業の都合を優先する
巨人の実体が浮かび上がっているのに、コ
ミッショナーを含めた他球団の人の無さに
あきれる。そうだった。プロ野球には采配
権のあるコミッショナーがいた。しかしこ
の人、根来さんとかいう人は只今は代行の
身分だそうだが、元々は巨人が連れて来た
人物だから公平さはまるでなく、常に巨人
に傾く意見を言って場を白けさせるコミッ
ショナーなのだ。今週のサンデーワイドシ
ョーを注目したい。それにしても日本プロ
野球の根っ子はここまで腐っている。自浄
能力はないようだ。

反対にメジャーリーグは増々盛上がってい
る。レッドソックスの松坂投手はきのうの
パイレ-ツ戦で本領を発揮して、六回弱を
投げて七個の三振を奪ってゼロ封の快投だ
った。日本のスポーツ番組の解説者には松
坂の調整が気に入らないという人もいるが、
本人も球団も着実な進歩に手応えを掴んだ
といえる。じつは私も「投げ込まない松坂
投手」に不安を感じていた一人だったが、
本気で投げたらしい今朝の投球を見てると、
ボールは速く大きく曲がるという分かりや
すさに大きな安心を覚えたのだった。そし
て分かったことだが「野球はメジャーの方
が本家」なのだと。こうなると松坂が契約
している六年間に一回はボストンまで見に
行きたい気分が募ってくるなあ。そんなメ
ジャーリーグを見てると、唯我独尊の巨人
軍は小さくて「せこい」ね。













国分寺駅近くの中古レコード・ショップに行って久々レコードの感触グッドのリルコミだあ

春分の日のきょうは仕事を休んでゆっくり、
朝寝もしながらのんびりと命の洗濯をした。
午後、国分寺のめずらし屋なる中古レコード
・ショップに妻と出かけて久しぶりにLPの
レコードに触った。何年ぶりの感触か。ジャ
ズの「ウェザー・リポート」など懐かしいも
のを見つけて取出してしみじみ触ると思い出
が次々に浮かんできてやっぱりいい。さすが
にブルーグラス系はなかったが、ウディ・ガ
スリーなどフォーク系は見つけた。古い日本
の歌謡曲盤の何枚かは壁面に飾られていてコ
レクターズ・アイテムなのかも知れない。
メディアが大きいのはいいなあ。我家にも押
入の奥深くにいまでもLPレコードがどっさ
り入っている。貴重盤だからと捨てられない
自分がもう一人いて、ここまで残して来たが、
ほとんど聴いてない。たぶんカビも出ている
に違いないが調べもしてない。名盤が泣いて
いるよと思っても億劫で手が出ない。ひどい
レコード・マニアだ。

去年、ディスク・ユニオンへ行ったときも中
古のレコードがたくさん陳列されていた。そ
れをマニアかオタクっぽい人々が宝物を探す
ように群がっていた。「レコードも聴く」と
いうファンが増えているとフロア担当者が教
えてくれたけど、私のようにレコードが押し
入れの漬物状態になってるものを買い集めて
リセールしてるのだそうだ。これが大きな商
売のポイントだとも言っていた。国分寺のめ
ずらし屋さんもそれで儲かっているのか、い
までは三店鋪にもなったという。それで肝心
のお買い物は「グレートフル・デッド」初期
のCDを買った。中古のCDも売っていた。

帰途、駅ビル地下の食料品売場でお刺身を買
う。初鰹が安いよ!の声につられて買った!
と言ってしまったが旨そうだ。野菜売場には
東北の各地で採れたての山菜があった。ふき
のとう、たらの芽など天ぷらにしたら旨そう
と思ったが、女房どのは見向きもしなかった。
きょうはお刺身でお有難うごぜえますだと感
謝するしかないのだ。この魚屋では常に「関
さば・アジ」が売っていて関さばの方は一匹
六千円を越していた。へ-ッ、誰が買うのか
なあと見てたら、隣にいた白髪のきれいなお
ばあちゃんが「これをお刺身に」と売場の包
丁人に頼んだ。売れたのだ!途端に私のお腹
が鳴った。食べたくなったのだった。
外へ出ると国分寺南口のロータリーは選挙カ
ーが押寄せて「公明党です」を繰返していた。
誰の応援だろうかとしばし見てると、三人の
候補者の書いた旗を立てていたので公明党の
各候補者のPRだと分かった。いつもながら
の騒々しさで驚いたが、もう少し選挙が白熱
するともっと騒々しくなる。ともかくも私は
公明党と自民党は「ノー」だから、さっさと
地下駐車場へと降りた。安倍首相には悪いが
「政権交代」を切に希望しているのだ。













トニ-・ジョ-・ホワイト待望の来日ツアーのリルコミだあ

きょうも北風が強く吹いて寒かった。
午後七時になったいまでもまだ風が吹いている。
TBSラジオが東京の「桜開花宣言」が本日あったと
伝えていたが、しかしこんなにも連日寒いのに桜が
開花するとは植物ってすごいもんだなあと、漠然と
どんなメカニズムなんだろうかと考えてしまった。
小平の染井吉野の開花はまだ少し先のようです。
こんばんは。

じつはこれからまた現場に出かけなければならない。
夜になってから働くのは嫌いなのだが、忙しいときは
しかたがない。ほんの一時間ばかりの立会いだけど
仕事に変わりはないのできっちりおさめたい。
かつてジューンアップル誌の発行をしていたころは
原稿書きと広告集めが主な一日の仕事だった。
原稿書きは昼間も書いたが大概は夜に書いていた。
皆で浅草の千束通りへ飲みに出かけて行って、
そのあと事務所兼自宅に戻ってから書きはじめて、
もろ朝までかかっていたことも珍しくなかった。
いまもしそんなことを繰返していたら確実にころりと
死んでしまうに違いない。
私は大体夜九時には寝てしまうので、きょうみたいな
遅く仕事が入ったりすると著しく調子が狂う。
ただ明日が祭日なのでそれだけが救いと考えて
スケジュールを組んだがしかし、しんどい。

トムス・キャビン「聴かずに死ねるか!」シリーズの
第一弾としてトニ-・ジョ-・ホワイトの来日ライブ
・ツアーが始まる。
4/15(日)札幌クラップスホール
 スタート5;30PM
 前売7,500円 当日8,500円
4/16日(月)渋谷クワトロ
 スタート8:00PM
 前売7,000円 当日8,000円
4/17(火)心斎橋クワトロ
 スタート8:00PM
 前売8,000円 当日9,000円
4/19(水)横浜サムズアップ
 スタート8:00PM
 前売8,500円 当日9,500円
前売チケットの受付は
tickets@toms-cabin.com
26年前に来日し、今回でニ度目の来日となる。
どうやらニューアルバムも4/4日に発売されるので
来日ライブと共にファンには大きなプレゼント。
アルバムにはE・クラプトン、JJケール、
ウエイロン・ジェニングス、マイケル・マクドナルド、
マーク・ノップラ-などの錚々たるメンバーが
参加しているそうだ。ただ、ニューアルバムというが
ウエイロン・ジェニングスは数年前に亡くなっている。
数年前以前の録音をまとめたのだろうか。
トニ-・ジョ-・ホワイトは「スワンプ・ロック」の
第一人者とあるが、私はちょっと変わったカントリー
・シンガーだったという印象がある。
どちらにしても「デルタミュージック」好きの人には
文句なしの大御所だ。








バンド練習に横浜の緑区へ出かけたのだのリルコミだあ

快晴の朝だったが風が冷たくて身も凍る寒さだった。
昼食のため外へ出ると風はやんでいておだやかな春に
なっていた。100円回転寿司チェーンの「おたる」
でお皿10枚食べる。久しぶりの寿司飯は旨かった。
白い木蓮の花があたり一面に散って雪が積ったように
なってて、早くも早春が終わりを告げている小平から
こんばんは。

きのうはバンドの練習日。午前11時、今回の練習場
となった横浜市緑区の飯田さん宅へ00018をかつ
いで出かける。小平からだとJR武蔵野線「新小平」
駅から府中本町へ。そこで南武線に乗換えて武蔵溝の
口駅で今度は東急田園都市線に乗換えて「市が尾」駅
まで。トータル1時間半ほどだったが、実際は南武線
に乗ってすぐに寝てしまい、ハッと目がさめたのが終
点近い「尻手駅」だった。初めて見る窓からの景色に
あわてて飛下りて反対側ホームで戻りの電車を待った
が、そのとき吹いていた北風の冷たかったことったら
なかった。いま振返ってもぞっとする。

練習時間はおよそ四時間余り。新しいレパートリーを
繰返し合わせることに終始した。だいたい練習では力
まないから結構うまくいくけど、これが本番になると
途端に身体が力んでしまい、出てくる音のバランスが
凸凹になってしまう。たとえばJDクロウ&ニュー・
サウスがやってるように、三部のベタコーラス曲の
「EAST VIRGINIA BLUES」をロッキートップのステージ
でやったときはものの見事に凸凹になってしまった。
これから春千葉、朝霧他のフェスシーズンがはじまる。
私たち「OH! JIN BAND」も出演する予定だが、何とか
練習のときのように平常心で本番に当たりたいものだ。

きのう日曜日はF1の開幕戦「オーストラリアGP」
の決勝だった。オーストラリアと日本は時差がほとん
どないのでリアルタイムの放送だったたから、もろに
バンド練習とぶつかり、録画しておいて帰宅してから
見ることに予定を立てていた。前日の公式予選ではス
ーパー・アグリ・ホンダの大躍進が決まったので、う
きうきした気持で練習に出かけて、Gランをうってる
ときも佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンの勇姿が
散らついて仕方がなかった。しかし、練習終了後に始
まった懇親会で出された芋焼酎が大変な美味で、「さ
すがに通が集めた逸品」だといいつつ盃を重ねたため、
帰宅したと思ったらいきなり記憶がなくなった。

夜中、冷えた麦茶ニ杯をがぶ飲みして頭を覚ませ録画
を半眠状態で見る。予想通りフェラーリのライコネン
が勝ち、ニ位にはアロンソが入った。しぶとく二位に
なっちゃうアロンソの強さが印象に残ったが、肝心の
琢磨は健闘むなしく12位。デビッドソンにいたって
はスタートミスを犯して15位?だったか。他の日本
勢はこの際カット。目ざましい活躍を見せたアグリ・
チームの影に隠れた感じだった。次はマレーシアGP
だ。またまた台風の目になるかスーパー・アグリ・チ
ームに大期待するのだ。













西武球団の不正を限度を越えた言葉で報道する東京中日スポーツにはむかつくのだのリルコミだあは

きょうは小平地方冷えました。
雪までは降らなかったものの
真冬の寒さだった。しかし、
午後には気温が上昇。やはり
早春のおだやかさが戻った。
こんばんは。

チャドの毎月一回のブルーグ
ラスデーがきょうで最終日と
なるので、何とか行かなけれ
ばと仕事の調整をしてみたが、
小金井と小平のニ件の現場を
抱えていて動きが取れず、早
上がりしてブログ書いて出か
けるいつものパターンに持っ
ていけなかった。只今午後七
時なので、こうなるともうチ
ャド行きは絶望で、頭の中は
一杯飲むことだけを考えてい
る。チャドに集ったいつもの
ブルグラ仲間にはネクストチ
ャンスを企画してもらいたい。
しかし残念だ。

西武球団が裏金問題で揺れて
いる。二人の若い将来性の高
い野球選手が西武球団から税
金の対象にならない現金をも
らったというもので、これは
記者会見で本人が明確に語っ
た。何でもいまのドラフト制
度には「希望入団枠」という
ものがあって、高校から優秀
な選手を高校生のときからツ
バつけておいて、つまり裏金
を渡してつなぎとめておいて、
やがて社会人や大学生になっ
てから希望の球団を本人が逆
指名する形で入団する。これ
がドラフトの希望入団枠制度
というのだそうだ。

今回は西武球団のみが「やり
ました」と自ら発表している。
他の11球団は沈黙したまま
で、形的には西武だけが他を
出し抜いて裏金を渡した諸悪
の根源だとスポーツ新聞が書
き立てている。確かに西武球
団と裏金をもらった選手は授
受関係で違法行為である。特
に若い将来のある選手はこれ
で少なからず方向転換をしな
ければならなくなった。野球
しか能がないといえば失礼だ
が、そんな選手がいったいこ
れから何をめざして進むのだ
ろうかと思うと、他人事なが
らとてもかわいそうだ。

ドラフト制度の希望入団枠制
度を発想して実行したのはプ
ロ野球会議である。プロ野球
の各球団代表などが「不正」
が出るだろうことを想定して
このような取決めをしたのだ
ろうとしか思えない制度だ。
誰かそんなことはない!と言
ってプロ野球会議の関係者が
連日のマスコミに対して反論
すればいいのに、まったくの
音無しの構えだから、これで
はこの制度を利用していたと
応えていると言われてもおか
しくはない。

野球を愛しているからこその
プロ野球会議ではないのか。
とりあえずまな板に乗った二
人の若者に対して、どんな解
答を出すのか興味深い。それ
以前に他球団には西武同様の
不正行為はなかったのか。プ
ロ野球会議には大きな反省と
共に今後は会議そのものを公
開して欲しいと希望したい。
それにしても読売巨人軍が最
も希望入団枠を利用していた
わけだから、何らかの自浄的
なものを含めた今後の対応を
聞いてみたい。何、巨人は制
度を悪いと考えてない?

いつも買って読んでいる東京
中日スポーツは「西武攻撃」
を激しく紙面に展開している。
「西武嘘バレた」「卑劣!知
らなかったことにして」「隠
してはバレ隠してはバレの繰
返しだ」「足りない当事者意
識」と徹底的にこき下ろして
いる。ここまで書くのかと顔
が赤くなるほどの言葉が載っ
ている。これでは次にどこか
の球団が同じ不正があったと
分かったとき、いったいどん
な言葉が紙面に踊るのだろう
かと思った。確かに中日ドラ
ゴンズに不正はなかったのか
いまのところは分からない。
東京中日スポーツはその名前
の通りドラゴンズとは身内関
係にある新聞だ。私は本日の
東京中日スポーツの記事を絶
対に忘れない。安物新聞だと
は知ってるが、F1の記事を
書いてくれるからほぼ毎日買
ってあげているのだ。本来な
らヤフ-スポーツだけでこと
は足りるんだけど。

私にはこの希望枠制度はごく
少ない優秀選手を獲得する制
度だとしか思えない。例えば
楽天に行った田中クンなどは
こんな制度なんて無関係だっ
た。100人ドラフトに掛か
る選手がいるとしたら、その
うちの一人二人くらいがこの
制度を使って入団するだけな
のではないか。しかも社会人
か大学生の中だけだから。他
の圧倒的多数の選手はこんな
制度なんて関係ないのだと。
純粋にプロでやってみたいと
思っているだけなのだと。
広く野球界はその高いところ
にプロ野球があるのだけれど、
そのプロ野球を運営する者が
どんどん野球のイメージを落
としているようだ。恥ずべき
である。








いまどきの女子大生のお部屋は壮絶な汚れだったのリルコミだあ

あさのテレビは厳しい冷え込みがあって
きょうから明日にかけて東京は雪が降る
場合もあると脅していたが、違った。
少し気温は低かったが早春の味わいは変
わらず美しい梅があちこちで咲いていた。
こんばんは。

池袋のそばの要町が本日の現場だった。
きのうが北鴻ノ巣できょうが豊島区要町
だから縦横無尽の大活躍に見えないこと
もないけど、実際は効率の悪いことった
らありゃしない。しかしこれだから人間
関係の最たるもので、両方ともに有難い
お仕事に変わりなく感謝感謝。
ワンルームで女子大生が住んで引越した
という現場は凄まじく汚れていた。およ
そ四年間在住らしかったが、壁クロスは
タバコのヤニで変色しエアコンは黒い煤
で形が見えないほどだった。もちろんキ
ッチンなどはどうしたらこんなに汚せる
ものか、とこちらは思わずロダンの「考
える人」になってあれこれ想像しました。
それでも油ぎとぎとのレンジフードやガ
スコンロ、そして黒いカビが付いている
流台などをいちいち手で触って点検した。

ところが女子大生、トイレとお風呂が一
緒になっている「ユニットバス」の使い
方も普通じゃなかったようで、こちらは
全体が黒ずんでいて、きれいな湯舟は真
っ黒に変化していた。身体から洗い流し
た垢が湯舟の壁面に付着するを繰返して、
分厚くこびりついている。バスルーム全
体の黒ずみはカビで、よくもまあここで
シャワーを使えたものだと感心した。い
や、健康を害することなくよく生活が出
来たものだ。意外にもトイレはまあまあ
普通だった。しかし、床面はやはり歯磨
きと思われる汚れが一面にこびりついて
いた。もちろんお部屋のガラスサッシな
どは白いところが茶色に近く変色してい
た。

ここまで部屋を一人で汚すなどというこ
とはまずありえない。たぶん男と同棲し
ていたのだろう。複数の住人のなせるこ
とだろうと想像したが、それはさておき、
こうなったらバッチリいただきの見積り
を書いてオーナーに了承してもらおう。
汚い現場はお金をもらいやすいものだ。
帰りに練馬の夢弦堂へ入学のお祝を届け
に立寄った。工房には修理中のギターが
数本あった。アップルティーをいただく。
帰途、新青梅街道下りは渋滞だった。き
ょうは15日だから車の多い日。練馬か
ら小平まで60分少しかかってうんざり。

先日の故柳沢さんの追悼会で「献杯」の
ご発声を努めた千葉大OBの深井さんか
らメールが届き、アストンマーティンの
思い出を書いて送っていただきました。
「カナダに居た35年前住んでいたバン
クーバーのWESTのレストランに、映
画に使った本物が置いてあったのを懐か
しく思い出しました」
あのジェームス・ボンドの鮮烈なデビュ
ーから35年以上も経ったのですね。本
物のDB5が見れたとはうらやましい。
深井さんをはじめ千葉大OBの皆さんと
は追悼会を契機に何かとお近づきになれ
そうです。

俳優の鈴木ヒロミツさんが「肝細胞がん」
で亡くなった。今年1月にガンが見つか
り治療を続けたが及ばなかった。60才。
私と同じ歳だった。60年代の終わり頃、
銀座のアシベに当時評判の高かった「モ
ップス」を見に行ったことがあった。ヒ
ロミツは今よりも太ってて髪が胸下まで
あって、その髪の毛をたぐりあげながら
マイクを持って歌っていた。少し前にブ
ームだったいわゆるグループサウンズと
は一線を画して、アイドル性などどこに
もなく歌に没頭したボーカリスト、ヒロ
ミツがあった。「本物を見に行こうよ」
と誘われて行ったが、バンドメンバーは
ジーンズにTシャツとヒッピーしてて、
まさにロックンロールしていたヒロミツ
がかっこよかった。あれから一度も本人
に会うことがなかったが、テレビドラマ
で見るととても肝臓を病んでいるように
は見えなかった。ご冥福を祈ります。













もうすぐ花見の季節到来だが毎年大混雑の小金井公園の入口は要警戒のリルコミだあ

連日の晴れだが風が冷たい小平から
こんばんは。

きょうは埼玉県の北鴻ノ巣駅そばの
ビルが現場だった。昨年秋にも連日
通い続けたところだったが、4Fの
フロアを全部借り切るお客さんが現
われたので、若干の手直しが生じて
またもや片道二時間かけて行って来
ました。途中の道路は比較的空いて
てたが鴻ノ巣へ入ってから渋滞して、
東松山からの38号線は国道17号
と交差する500メーター手前が特
にひどかった。のろのろと道すがら
商店街を見ると「スナック原宿」
「カラオケバー激動の昭和」なんて
看板が目につき、おっととここまで
来るとさすがに田舎だなあと納得し
ながら眺めておりました。
しかし、本日は風が真横、左側熊谷
方面から強烈に吹いて、田んぼ道や
荒川を越える橋を通過したときは、
私の小さなミニキャブは飛ばされそ
うになりました。北風ビュービュー
のそれでしたが、これで桜の開花も
少し先になるのだろうか。

きのうイギリスの高級スポーツカー
のアストン・マーティン社の株取引
のことを書いたとき、〇〇7のジェ
ームス・ボンドが映画で乗り回した
車だとも書きましたが、そのとき私
はボンドカーの型式をを「DB4」
と記入しました。しかし本日、車マ
ニアの入木さんから「それはDB5
だよ」とご指摘を受けました。ここ
に有難く訂正させていただきます。
それにしてもどこで4と5を間違え
たのかと考えてみましたが、いまの
ところはまったく思い出せません。
もういちど初期のジェームス・ボン
ドを見直してみないとね。しかし、
〇〇7を初めてみたときは「こんな
にかっこよいヒーローは見たことな
かった」ぶったまげたのだった。ワ
ルサーPPK、アストン・マーティ
ン、ア-シュラ・アンドレスなど小
道具が最高だった。世界はデカイと
思った。忘れられない名作です。

もうすぐ東京も桜が咲き始めるが、
小平にはさしたる桜名所がない。私
は毎年、お散歩で歩く遊歩道の両側
にそびえ立つ桜並木のこぼれそうな
花の下を通って、恵みの有難さに浸
っている。お散歩途中の東村山中央
公園にも桜の木が数十本あるが、遊
歩道の桜に比べると花そのものが小
さいのか迫力がない。このあたりで
は何といっても「小金井公園」の桜
と「国立駅南口大学前通り」が有名。
しかし、この両所は満開となれば押
し寄せる人また人の洪水状態になる
から、私のような人混みはまったく
ダメな人は絶対に行かない。今年も
小金井公園入口付近、つまり五日市
街道は大渋滞となる。うっかりその
ことを忘れていると仕事にならなく
なるのだ。それにしても日本人はど
うして桜の咲いた木の下で飲食をす
るのだろうか。いつだったか東村山
中央公園の桜が一本だけ先に咲いた
下で、若い青年男女が宴会を開いて
いた。白いこぶしの花が満開の下で
は誰も宴会をしないのにこれはいっ
たいどういうわけだろうか。















ライ・クーダ-新譜「MY NAME IS BUDDY」はブルーグラスファンも聞いて興奮出来るのリルコミだあ

冷たい風がピューと吹いて
すっかり冬に戻った小平でした。
市内のあちこちに木蓮の白い花が
山のように咲いて、風にたなびいて
夏雲のように流れてました。
黒い大型犬を引っ張った男の子が
元気に「こんにちは!」と挨拶した
ので「おっす」と返しました。
きょうのお散歩は軍手なしでは
歩けなかった。こんばんは。

経営再建中のフォード・モーターは
イギリスの高級スポーツカー「アス
トン・マーティン」の株式の大半を
売却したという。買い手は前BAR
ホンダの代表だったデビッド・リチ
ャーズ氏所有のプロドライブ。値段
はおよそ1000億円だったとか。
アストン・マーティンは、初代の〇
〇7ジェームス・ボンドが「DB4」
に乗って颯爽と活躍して人気スポー
ツカーとなった。1台一千万円以上
は軽く超えるスーパーカーでもある。
一度は乗ってみたいなあ。

今年度のF1は今週金曜日にオース
トラリアのメルボルンで開幕を迎え
るが、ホンダとトヨタがそれぞれ都
内で記者会見が開かれた。ホンダの
会見場には「スーパーアグリ」のド
ライバー二人も同席して、琢磨は入
賞(8位以上)を目ざすときっぱり。
今年の新車の出来がいいことを裏付
ける自信の挨拶だった。
一方のホンダは例のアースカラーで
塗られた新車の出来上がりがいまい
ちの様子で「勝利よりも問題点を早
く改善する」とバトンが語った。斬
新な新車には少し問題がありそうだ。

トヨタは渡辺本社社長の「今年は必
ず優勝する。来年も同じことを言わ
せないように」とゲキを飛ばした。
何でもトヨタはモータースポーツ活
動を始めて今年で50年目だそうだ。
念願だったF1日本グランプリを富
士スピードウェイ開催にこぎつけた
のも50年目を意識した一環だった
といい、トヨタは今年に賭ける意気
込みはもの凄い。果たして意気込み
通り「1勝」出来るか見ものだが、
先日のテスト走行ではトゥルーリが
トップタイムをマークした。ただ、
テストで速くても本番も速いとはま
ったく言えないところがレースなの
だ。トヨタに女神がほほ笑むかな?


ライ・クーダ-の新譜「MY NAME IS
BUDDY」です。私が追悼会でピッチャ
ービールを飲んでいるときに、妻が
渋谷へ出かけて買ってきてくれまし
た。このアルバムについては以前に
ここでもローランド・ホワイトとマ
イク・シーガ-とただいま録音中だ
と書きましたが、その出来上がりが
この赤猫バディーがイラストに描か
れて、しかも一曲づつの解説入りの
17曲が詰まった大作となって完成
したのです。だから非常に分厚いパ
ッケージになっていてズシリと重た
いけど、何と紙ジャケという素敵さ。
こんなにサービス満天でいいのかと
思いつつも手触り抜群!



ライについては我が友人、アシュラ
さんが非常に詳しい。先の録音中の
情報もアシュラさんから聞いて書い
たものだったが、ライとは何しろア
ポなしで会っちゃうという間柄だか
らたまりません。そこでアシュラさ
んがいうところ「これは三枚セット
の企画アルバムのうちの二枚目で、
あと一枚が出るんだよ」と電話で教
えてくれました。しからば一枚目を
私は買い逃していたことになります
が、それもアシュラさんによれば、
メキシカンがアメリカンに自分たち
の土地を奪われたところに焦点を当
てたストーリーが歌われているよと
言っておりました。

このアルバムは実はまだあんまり聞
いておりません。きのうの夜聞ける
時間はありましたが、あらら不思議
なことに夜中にまったく目が開かな
かった。たいがいはニ時三時に目が
開くのにきのうはバタンキューで、
朝六時半までぐっすり。おかげでこ
のアルバムを聞きたくても聞けなか
ったのでした。しかし、それでも早
く紹介しないと出張絡みで入手を考
えているような人にはのんびりして
るとお叱りを受けかねません。それ
でさっきお散歩から戻ってきてお茶
を飲みながらヘッドホンで軽く聞い
てみました。

これまでのライ・クーダ-に慣れて
いる方には「初期のようだ」といえ
ばたちまちにお分かりになると思う
が、しかしこれまで聞いていなかっ
たブルーグラスファンには理解し難
いと思うのです。ここでは赤いバデ
ィーという猫がネズミやカエルと共
に旅に出て、あちこちで出会ったり
事件が起きたりを17曲に収めて、
それぞれがライの野太いボーカルと
素晴らしいギターで、そしてライの
心の友のようなミュージシャンたち
の渋いサポートでつづられた、まる
でメルヘン映画でも見てるような気
持になるアルバムです。

出だしはチーフタンズのパディ・マ
ローニのペニーホイッスルがよく効
いている「SUITCASE IN MY HAND」
で始まる。ローランドのテナーボー
カル、マイク・シーガ-のバンジョ
ー。それにライの土ぼこりが見えそ
うなアコースティックギターが絡む。
そんじょそこらにある音楽ではない
圧倒的な存在感が迫る。ずっとアコ
ースティックだけではないが、例え
ば初期の「INTO THE PURPLE VALLEY」
のときのようにシンプルなエレキも
使って赤猫バディたちを演出する。
特筆すべきはピート・シーガ-とマ
イク・シーガ-の二人にバンジョー
を弾かせて「J.EDGAR」という曲を
歌っていることだ。ピートとマイク
が一緒にレコーディングした事実は
私は初めてお目にかかった。素朴な
曲でしみじみとしてて聞いてるこっ
ちも心に染みたのでした。

最後にこのアルバムは少しだけブル
ーグラスを意識したところが見えま
したが、それは「FOOTPRINTS IN
THE SNOW」をライ流に詩を書いて歌
います。ところがやはりライっぽく
フラコ・ヒメネスをフィーチュアし
てメキシカン・スタイルに仕立てて
いるところが大変おもしろかった。















故柳沢光昭さんの追悼ライブに行ったのだのリルコミだあ

寒波到来で一気に寒くなりましたが、
吹雪きで大荒れの東北北海道に比べると
東京は冬晴れで暖かい一日でした。
午前九時に市役所二階の申告相談ルーム
に行って「平成18年度所得税申告書」
を提出してきました。例年、この時期
だけ二階の一室に臨時の申告相談コーナ
ーが設置されて、驚くほど多くの人が
集って来て整理券を持ちながら順番を
待って列を作ります。今年も高齢の女性
が目立っておりましたが、果たして全員
が15日の期限まで提出が出来るのだろ
うか。私は先週の金土ですっかり出来た
ので、今朝はすっきり快晴の気持で提出
が出来たので最高の気分だった。提出は
本来は東村山税務署まで行くのですが、
三年前から車で三分の市役所に提出して
いるが、何の問題もないようだ。
風が冷たかった小平からこんばんは。

きのうは昨年12月に心筋梗塞で急死し
た故柳沢さんの「追悼ライブ」が、浅草
の「ハブ」というジャズのお店で開かれ
て、たくさんのブルーグラス仲間が氷雨
の中駆け付けて、正午から夕方五時まで
たっぷり五時間、素晴らしい盛上りとな
りました。写真を中心にレポートしよう
と意気込みましたが、何しろビールをピ
ッチャーでお代りすることを覚えてから
は急に酔いがまわってしまい、満足な写
真が撮れてなかったのでした。いつもの
ことながら大勢が集るとついはしゃぎ過
ぎて飲み過ぎる悪いクセが直りません。

ブースに入った北農
ブースに入った北農

マイクテスト中の加藤
マイクテスト中の加藤

追悼ライブは御遺族さま、そして出身の
千葉大学「スモーキー・マウンテニア-
ズ」OBたちがたくさん参加して、正午
きっかりにMC担当のアシュラさんの号
令でスタート。この少し前にマイクテス
トを繰返したが、オペレーターはオンザ
ボーダーの北農さん。この人がこのライ
ブの生命線を握っている。

「献杯」は日本酒が注がれてあったワイ
ングラスで千葉大OBを代表して深井さ
んがご発声をつとめた。このあとに歴代
スモーキー・マウンテニアーズOBたち
によるステージが展開された。文字通り
ブルーグラス・ミュージックが結ぶ太い
ラインが、天の柳沢さんまでがっちりつ
ながった瞬間だった。しかし写真がない。
このとき私はオードブルを取りにカウン
ター付近にいたため写せなかった。

各テーブルが満席になってもまだ追悼の
ための参加者が受付にやってきている。
大森さんが珍しいオールドバンジョーを
持って来た。スクラッグスも初期に弾い
たことのある逸品だったが、なかなか本
人に似合っていた。

オールドバンジョーを弾く大森
オールドバンジョーを弾く大森

次第に場内は混雑してきた。お酒類と料
理が置いてあるカウンター付近は増々混
雑が激しく、気合を込めてからでないと
突入が難しい。というわけで私たちのテ
ーブルにも次々にピッチャーが運ばれて
いた。おっくん、ドクターKさんいい具
合に酔いがまわってきた。

おっくん&重太&アシュラ
おっくん&重太&アシュラ

ドクターK
ドクターK


ステージは熱演が続く。

レッツ、シンギング!
レッツ、シンギング!

熱演!
熱演!

西貝&おとめ
西貝&おとめ

デッドマンW
デッドマンW

久しぶりにミスター・バンジョーマン小
杉さんと遭遇!「やーやー」「元気?」
ステージ横に柳沢光昭さんの遺影とお花
が飾られて、次々に出演するみんなと一
緒に楽しんでいるようだ。

Mr.BJ小杉
Mr.BJ小杉

お花&遺影
お花&遺影

ドクターKさんが登場した。相変わらず
の華やかさで、本来ならフェンダーギタ
ーが欲しいところだったが、マーティン
でもなかなかグッド!
Vサインを決めた西貝さん。

駆け付けた千葉大OB
駆け付けた千葉大OB

ドクターKクインテット
ドクターKクインテット

サインはV
サインはV

夕方五時きっかりにお開きとなった。
このあとお店は通常営業が始まるのだと
いうから、まずは時間通りの進行だった。
アシュラさんを始め中西さん他スタッフ
にはお礼と心からの拍手を送ります。
パチパチパチパチ。

このあと外に出たらまだ明るかったので
「わ~、まだ五時半だあ」
と手を取り合って大喜びしつつ二次会へ。
浅草名物牛鍋を食べながら盛上がった。
関西から「トゥデイ」のなおみちゃんが
駆け付けて歌ってくれた。二次会にも参
加していただいたが、そのときのスナッ
プ。

関西からなおみちゃん
関西からなおみちゃん

牛鍋!
牛鍋!

あっという間
あっという間

すべてが終わってもまだ夜の九時だった。
西東京方面へと帰るおバカちゃんたちが
誰もいない地下鉄銀座線車内で写真ごっ
こ。きょうの夜は柳沢さんの夢を見るつ
もりのおばかちゃんたちなのでした。

地下鉄銀座線車中
地下鉄銀座線車中


銀座線車中の次郎&DB新井
銀座線車中の次郎&DB新井


だいぶ酔ってます
だいぶ酔ってます













昨晩夜中にまだ働いていた長女を連れ戻しに行くのリルコミだあ

早春に咲く木の花はほとんど咲きました。
ほんとはこれからさくらを待ちかねている
時期ですが、蕾はだいぶ大きくふくらんで
素人目にはもうすぐ咲きそうに見えます。
木々の花が真っ盛りの小平からこんばんは。

長女の帰宅時間が昨年12月から極端に遅
くなったので、先月たまりかねて「どうし
たの」と話し合ってみました。話しには妻
と長男も加わって、会社の仕事量と就業規
定、残業代金の有無などを話し合って、経
理などは仕事量が多い部署だから、たぶん
まだ不慣れもあって遅くなっている。部署
の上司は一生懸命なところを見ているもの
だよ。もう少しがんばってみなさいと激励
の形で結論したのですが、本人はかなりつ
らそうにしていました。その会社とは自転
車で5分という通勤が最大の魅力で選んだ
人材派遣会社だった。給料は都心の会社よ
りも少ないが、面接時に「ボーナスで低い
分を調整する」がそこは小平市内のカンパ
ニーだから大手のようにはいかないと、そ
の辺は納得したという。残業代については
このとき無しだといわれてこれも納得した
そうだ。

長女の毎日の帰宅が午後11時過ぎること
が多くなって、その通勤が自転車5分とい
っても途中の安全を心配する妻の気持ちは
はた目にもつらく見えたが、これは本人と
会社の関係だからここは辛抱しなければな
らないものだと私も妻も我慢しようと決め
ていた。やがて仕事にも慣れたら、去年十
月頃のように七時過ぎには帰宅するよと妻
と話し合っていた。ただ、先月の話し合い
で「残業代は無し」ということを初めて聞
いて驚いたが、一日で二日分も働くのに全
部サービスかよと長男が驚いて「そんな会
社はダメだ」と言っていたのを日を追って
噛み締めるとは思わなかった。

なぜ急に残業時間が増えたのかといえば、
ベテランの女子社員がお産のために退社し
たので、その分の仕事が相当量長女に回さ
れたのだという。彼女の後釜で採用された
のではないかと親が聞くと、そうだとは聞
いていなかったけど、いまから思うとそう
とも考えられますと長女はいう。経理のベ
テランから新人のしかも経理経験ゼロの長
女がカバーしてるらしいのだ。他に社員は
いないのかなといえば「二人いる」といっ
て、だけど「私に多くの量が回ってくる」
と。そいつはいじめか?と妻が聞くと、そ
うかも知れないけどそれはどこにもあるこ
とだからと、生来の強がりを見せている様
子だったと妻が私に教えてくれた。

今月に入ってますます帰宅が遅くなった。
私は早寝なので長女の帰る11時過ぎは夢
の中なのだ。しかし、きのうは12時過ぎ
ても「帰ってこないわ」といって、妻は寝
ている私を起こした。「どうしたのだ」と
寝ぼけた頭でいうと「12時半になっても
まだ帰らない」というではないか。すぐに
服を着て車に妻を乗せて長女が働いている
であろう会社へ走らせた。本社社屋とは少
し離れたところに四階建ての別館があって、
そこの三階にいるはずだと妻が知っていた。
車だと我家から正味三分で着いたそこに、
果たして長女はまだ働いていた。上司とい
う60才代のおばさんが責任者だと名乗り、
「明日提出の書類が間に合わないため、居
残ってもらっております」と、心配で駆け
付けた親と向き合っても平気な態度で言っ
た。

「あなたが上司だったら、親に電話を出来
たと思うが」と私が言った。すると「お宅
のお嬢様が業務に不慣れなため、きょうは
私も付合ってた」と厚顔で言い返してきた。
この言葉を聞いて私は怒った。長女の前で
父が取り乱すことが今後どう影響するかな
と頭の隅っこで考えたが、深呼吸を一回し
たあと社会常識の無い会社の上司というお
ばちゃんに食い付いた。敵もなかなかしぶ
とい「ばばあ」で、0時過ぎまで親に無断
で女子社員を働かす気分はいかがなものか
と私がいえば、「私はもっと遅いことがあ
る」と開き直るのだ。これで我慢の緒が切
れた。明日ただちに退職の手続きをさせる
と宣言して、「おい、親をなめるなよ」と
最後は喧嘩もしそうな捨てぜりふとなった。

そしてきょうになって長女は朝九時に出勤
した。退職届をもらって来るようにという
と「もらってあるわ」と手回しが早い。
ただ、きのうのきょうだから出勤しづらい
ことになっただろうなと私は勝手に反省し
たけど、それもしかたがない。願わくばい
い体験になってもらえると少し気持がらく
になる。とんでもない残業を強要された原
因はただひとり、あの上司にあった。運が
悪いといえばあまりにも簡単だが、しかし
世の中運が悪いことって結構あることだ。
早期に無事に娘を守れたと思っているけど、
これから先も色々な心配事が降ってくるか
も知れないと考えると、のんびり歳も取れ
ないよね。ただ長女は大学卒業まで順調だ
ったが就職でもたついている。仕事を選ぶ
段階で少し助けになるようにしなければな
らないかも知れない。

きょうは確定申告の整理する日だったが、
寝覚めが悪くて午前中は手につかず、午後
から始めたのでそのままリルコミも遅くな
った。これから美味しい一杯が飲めるか?
長女は午後七時に帰宅した。どうだった?
仕事がやりにくかったろうというと、大丈
夫だったとのこと。きのうの夜中の上司は
お休みだったよといった。さらに今月末で
退社とのこと。親の心配をよそに娘はどう
やらがんばったようだった。















サッカー応酬CL決勝トーナメントで強豪ACミラン相手にセルティック中村俊輔奮闘するが惜敗のリルコミだあ

風が冷たかったが春らしいおだやかな
小平地方でした。こんばんは。

サッカー、欧州チャンピオンズ・リー
グ決勝トーナメント1回戦の2試合目
が7日行なわれ、中村俊輔のいるセル
ティックはACミランと対戦。延長戦
の末に惜しくも0ー1で敗れた。決勝
点は延長前半、相手MFカカがドリブ
ルで持込みそのままゴールを決めた。
ミランはこれでベストエイトに勝ち上
がったから、ミランファンには大きな
プレゼントになった。セルティックは
格上のミランを上回る走りで防御に努
め、堂々とほとんど守り通したかに見
えたが最後はカカの個人プレーにやら
れた。決定機を作れる選手がミランに
はいてセルティックにいなかったとい
う差だった。しかし、格上相手にホー
ム、アウェーともに大善戦だったと私
には思えた。俊輔も見せ場はあって、
前半20分すぎにゴール正面でパスを
もらったときはシュートチャンスだっ
たが打てなかった。後半40分すぎも
エリア内へドリブルで入ったときは惜
しかった。結果は巧妙な相手のチェッ
クで倒れてあわやPKか?と思ったが
笛は吹かれなかった。ミランのホーム
だったからしかたがない。しかし、本
当にがんばったゲームだった。俊輔は
真にチームの中心選手となって動き、
チャンスメークもした。完全にヨーロ
ッパのスター選手の仲間入りしたよう
に見えた。あとはオシムの日本代表に
いつごろ登場するのだろうか。

夕方、日立製作所の半導体工場隣りに
新しくできた「ドイト」へはがし液を
買いに行くと、店内のBGMからE・
プレスリーの「HELP ME MAKE IT
THROUGH THE NIGHT」が流れて来たか
ら「ヘ-ッ」と思わず立ち止った。プ
レスリーといえば「ハウンド・ドッグ」
とか「冷たくしないで」などの代表作
を選んでかけるのが一般的だろうと考
えられるが、クリス・クリストファー
ソンのラブソングがこんなホームセン
ターから流れるとは思わなかった。
いまプレスリーといえばもちろん、北
九州の「エルビス吉川」である。彼は
昨年思うことがあって勤務先を早期退
社した。このせち辛い世の中で何を思
いついたのかは時間が経たないと分か
らないが、より自由な音楽活動を中心
にした明るく楽しい物作りが始まるの
ではないだろうかと想像している。
ドイトの店内でプレスリーを聞きなが
らふと友だちのことを思い出した。

きょうで仕事のめどが少しだけ立った。
11日は故柳沢さんの追悼会が浅草で
あるので、そこに間に合うためと確定
申告のためにまるまる一日が必要なの
で、調整するのが難しかった。確定申
告は毎年のことなので慣れっこにはな
ってるが、それでも色々つき合わせる
と経費などでへボが見つかるから油断
が出来ない。自分がなぜこんな単純な
つけ間違いをしたのかとしつこく自分
を責めたりしてると、だらだらと集中
できなくなって時間ばかりが過ぎて行
く。今年は日曜日が追悼会で埋まって
いるから、きっちり申告を終わらせて
清清しく出席したい。出来るかな。









マーク・ノップラ-&エミルー・ハリスのライブ映像DVDは最高によかったのリルコミだあ

寒波襲来とかで急に寒くなった
小平地方ですが、それでも庭の
チューリップの芽はどんどん伸
びて春の勢いは止まりません。
こんばんは。

きょうの現場は西武線小平駅の
真ん前のマンションだった。建
築会社所有のもので担当者は、
二十代後半の若い監督でてきぱ
きと指示が早く正確だったため、
ハウスクリーニングと床ワック
スとで午後三時半に終わった。
同じ会社の五十代の監督だと変
にもったいぶった態度で指示す
るから、仕事に乗れないときも
あって、そんなときは二時間は
損をする。
現場はナラ材のきれいなフロー
リングの2DKだったが、数ヶ
所のキズが見つかったが今回は
処置しないままにワックスを塗
布。指示をされなかったからだ。
キズが点状で小さかったからだ
ろうが、引越した住人とは話し
はしたはずだ。真新しい住居に
借りて住むとなるとキズをなど
がつかないように気を使うので
けっこう大変かもね。

昼食はすぐそばの「ルネ小平」
という市民ホールの中にあるレ
ストラン「ルネハーモニー」へ
行って、おすすめランチを食べ
た。ところがこのランチが来な
いのだ。広いレストランだった
が、この日はおばちゃんの大群
が数十人、ほとんどのテーブル
を占拠していたから、それを見
て遅くなるかも知れないなと観
念はしていた。それでも注文し
てから30分以上かかるとは常
識はずれである。「すいません、
遅くなりまして」とウエイトレ
スおばちゃんが深刻な顔でラン
チを持ってきた。こういう場合
何といったらいいのか、オレら
も客だ!と一言いったほうがい
いのだろうかニャロメ。と喉元
に言葉を詰まらせているうちに
おばちゃん、ささっと置いてピ
ュ-と立ち去ったではないか。
あとは食うしかない。午後一時
は目前だったから慌てて食べて
レジへ。すると別のウエイトレ
スおばちゃんが「デザートのア
イスクリーム」をどうしましょ
うかと駆けて来た。いまさら食
べには戻れなかった。本日のラ
ンチ、極めてやるせなかった。

新潟十日町の藤木さんから便り
が届いた。今年も「異常気象」
で、屋根の雪下ろしを一回もや
らないまま終わりそうだという。
ということは大分ギターとボー
カルの腕も上がっただろうと想
像するが、去年は歴史的大雪と
なったのに今年はまったく降ら
ない。本当に少し無気味さを感
じる二年連続の異常気象だ。去
年、大雪の除雪作業の過労が元
で亡くなった私の兄は、天から
雪の降らない景色を見てどんな
気持だろうか。こんな異常気象
が人間によるものだとしたらこ
れから先、どうしたらいいんだ
ろうか。藤木さん、ありがとう
ね。



マーク・ノップラ-とエミルー
・ハリスの「リアル・ライブ・
ロードランニング」を買って見
た。発売は去年06年だったか
ら、見たいなあと思っていなが
らも買えなかった。年末付近か
ら楽しいことがてんこ盛りだっ
たので、買うタイミングがずれ
てしまった。さて、そもそもマ
ークとエミルーがどのような話
し合いがあって「共演」するこ
とになったのだろうか。マーク
は96年に「ア・ナイト・イン
・ロンドン」というライブ映像
ビデオを出しているから、今回
のライブ映像DVDを合わせる
とニ本目になるが、どうしてエ
ミルーだったのかということを
買って見るまでは思ってた。
とにかくとんでもなくよかった。

エミルー・ファンの妻と二人で
見たが、あれだけ声がかすれて
たエミルーがトップの「ライト
・ナウ」からスムースにすーっ
と流れるように歌って、わしら
ビックリ!しかも一種独特なマ
ーク・ノップラ-のサウンドに
ぴったりはまっているではない
か。元々エミルーはコーラスが
うまいから合うことに不思議は
ないけど、マークはボブ・ディ
ランの次に位置するくらいのダ
ミ声だから、そこに合わせると
は本当に凄い。「レッド・ダー
ト・ガール」はエミルーの曲で
これがいいのだ。言葉ははっき
り発音しないまま流れるが、つ
まり何言ってるのか分からない
けどいい雰囲気をだしている。
希代のメロディ・メーカーのマ
ークを向うにまわしてなかなか
やってくれるのだ。

全体的にはミュージシャンもす
べてマーク・ノップラ-の常用
メンバーだから、マークのステ
ージにエミルーが加わったとい
うスタイルのステージである。
エミルーが入って、この先どう
なるの的ハラハラドキドキ・ス
パイスがよく効いて、マークの
前作「ナイト・イン・ロンドン」
よりもずっと楽しめた。それに
しても世界は広い。それぞれの
世界の大スターがさっとライブ
をやって、しかもそれが最高に
エキサイティングになるとは私
は想像もしなかった。素晴らし
い!












高橋義郎&ニュー・ロード・マップの初CDを聞いたゾのリルコミだあ

連日の春日和。
ねこも犬も足を伸ばして
気持ちよさそうに寝ていました。
きのうは朝からまるでぬるま湯の
ような風が吹いたので、木々の花が
一斉に咲き出して小平はいまが一番
ビューティフルな町になっています。
この花が終わりはじめると待ってた
ように小さな緑の芽が出てきます。
このときも素晴らしい景色となりま
すが、小平は春になりました。
新潟の十日町はどうなってますか。
こんばんは。

ムーンシャイナ-誌3月号には
先ごろ急死された故柳沢さんの追悼
記事や写真が掲載されておりました。
故人の簡単な経歴をバンド仲間の中西
さんが書き、亡くなられた当日の模様
や告別式で「永遠の絆」を参列者と共に
大合唱したことなどは、かつての仕事
仲間だったアシュラさんが書いていた
ので、短いながらも行間から溢れる
ほど故人の人柄が漂ってきて
非常によく書けていました。
添えられた合計四枚の写真が
またよくて、77年の宝塚フェスでの
スナップのはちきれるような笑顔と、
06年のダッキーズでの超真剣な
顔の対比がいい。06年は
もう一枚あって、9月に岩本ご夫妻と
ビル・モンローの墓前に並んでいる
ショットだったが、モンローのお墓が
ロケット型でしかもこんなにも
大きかったとは知らなかった。
今週の日曜日。
いよいよ追悼ライブが浅草で
開かれます。私は写真を撮ろうと
思いますがどうなるやら。




「高橋義郎&ニュー・ロード・マップ」
の初CDアルバム「To The Foggy
Mountain」を聞きました。
どんなにがんばったのかな、と
うきうきして聞いていくと二曲目の
ニュー・ヨーク・タウンを聞いたとき、
ン、これはどこかで聞いたゾと、
頭の隅っこの方で聞いた記憶があった。
そうだった!大江戸多摩バンドの
早川さんの車の中で聞いたのだった。
一ヶ月以上も前のことだったが、
早川さんの車で私の自宅まで
送っていただいたときに、
かなり酔った頭で聞いたので
ついうっかり忘れていたのだった。
歳を取ると何でも忘れっぽくて
まったくダメだね。

バンドの皆さんにはまず録音という
大きな仕事をクリアしたことに敬意を
払います。そして拍手を贈ります。
どれだけの期間でやられたのか
とても興味がありますが、
収めた16曲という量を考えると
初体験ということもあるだろうから
相当な時間がかかったと想像します。
メンバーどうしのリレーションは
ときに辛抱が必要になります。
長い間それに耐えてアルバムを
完成させたことに感動を覚えます。
ジャケットデザインはよく買う米国の
CDアルバムと遜色なく、また義郎さん
をイメージしたイラストがよく効いて
いて、一目でそれと分かる出来上がりを
しています。芸術的に凝らなかった
ところは買いですね。
このアルバムには合計16曲が収まって
いますが、2曲を除いてそのほとんどが
F&Sのレパートリーを歌うという
文字通りのレスター狂でしか出来ない
集大成です。義郎さんの長年に渡って
鍛え上げたレスター節の心髄を
聞くことが出来ますが、
それを可能にしたバンドメンバーの
まとまりが素晴らしい。
是非とも二枚目を期待しております。

私は60年代の後半から今日まで
折に触れてシンガー高橋義郎を
見てきました。初期はビル・
クリフトンを歌い、その後は長く
カントリー・ジェントルメンの
スタイルで歌って、いつの頃からか
レスター・フラットだけになっていた。
ここにも収めた「砂に書いたラブレター」
は高橋義郎の代名刺のような曲だった。
オリジナルはパット・ブーンで
ポピュラーミュージックだったものを
ブルーグラスではマック・ワイズマンが
歌っていたのを取込んだのだった。
そこからのレスター転向だったから、
私には当初は馴染めなかった。
私自身がF&Sの大ファンだったから、
曲のあちこち細かいところが違うゾと
余計に馴染めなかったと思う。

しかし、彼は実力で克服してくれた。
そして東京では名うてのレスター歌いと
評価が定着したのだった。
レスターを好きだから歌う、歌って
もっと好きになってまたレパートリー
が増える。この繰り返しで積み上げた
キャリアが高橋義郎の真骨頂で、
迷ったりぶれたりするのが当り前の
バンド稼業の中では傑出している。
蛇足ながらもう一人、レスターを
歌い続けている「ウエチュー」がいる。
彼も驚くべき深さでレスターを
表現してくれる。大江戸多摩バンドの
リードボーカルだ。

さて曲目はF&Sの初期から後期まで
まんべんなく取り上げている。
私の好みからいえば後期のニュー・ヨーク
・タウンやアイアン・カーテンが
よかった。高橋義郎の確信に満ちた
ボーカルが気持よく拍手していた。
全体的には録音の質やレベルなどには
問題は見られない。平均値で録られている。
ただ現場監督のような録音監督がいれば、
もう少しF&Sの録音状態に
近づけたと思った。
全ての楽器が曲のはじめから終わりまで
一定レベルで鳴り続けるという結果は
やはり残念だった。深みがないのだ。
つまり、最初に「こうやりたい」と
自分たちのサウンドデザインを
録音技士に伝えておかなければ
いけなかったと想像する。

バンジョーの川井さんは「音」を決める
のにかなり苦労したのではと思った。
ここでのバンジョー音は妥協の産物で
及第点をあげられる納得した音には
なっていないように思えた。
まあ相手がスクラッグスだからね。
近ごろは動くスクラッグスが映像で
見えるから、神様がいかにゆったりと
構えているかリラックスしてるか、
是非とも今後も研究を積んで欲しい。
フィドルの坂野さんが素晴らしかった。
ポール.ウォレンの雰囲気が抜群で、
多くの曲でハッとするくらいの
出来上がりだった。これまでの
ポール・ウォレン・スタイルではベスト。
私は初めて坂野さんを聞きに行こうと
決心したのでした。












メジャーリーガー桑田投手夢のマウンドで力投!のリルコミだあ

一日中夏に吹くような生あったかい風が
ビュービュー吹き荒れて「不吉な前触れ」
かと思わず天を見上げてしまいました。
夜になってもまだ暖かい小平からこんば
んは。

本日は現場のおさまりが遅くなって残業
になった。七時過ぎに家に戻ると妻が鱈
の鍋だというのでにこにこ。私大好き。
只今試験中のサッカー小僧のリクエスト
だというので、さては清水エスパルスの
監督.....名前が出て来ない!その監督は
鍋好きで有名で、私の健康の元は鍋料理
だといってはばからないという。当然選
手にも鍋のよさをすすめているだろうと
思うが、サッカー小僧が誰かにその話し
を聞いたのか、普段鍋などをリクエスト
することはなかった。夏でも「ナス鍋」
を食べるくらい鍋好きの私には大儲け。

メジャーのパイレーツの桑田投手がオー
プン戦に投げて、一回を三者凡退にしと
めて上々のスタートを切った。今季のメ
ジャーは松坂投手に注目が集っているが、
読売ジャイアンツから冷たく追われた桑
田投手のメジャー挑戦も見ものだと私は
秘かに思ってたから、してやったりの気
持だ。桑田投手はジャイアンツにいた頃
からメジャー通として知られていた。裏
を返せば常にメジャーへ行きたいという
気持を押さえていたわけで、英会話は
「そのとき」のためにずいぶん前から準
備をしてきたという。しかし晴れてよう
やくメジャーと契約となったが、日本で
173勝した大投手も38才。マイナー
選手としての契約しか残っていなかった
が、桑田投手は自ら納得してマイナーか
らのスタートを選んだ。

ピッツバーグ・パイレーツを選んだ理由
は、いまは亡きロバート・クレメンテと
いうスター外野手にあこがれたからだと
言っていた。ロバート・クレメンテは航
空機の墜落によって死亡したが、そのと
き航空機には南米のニカラグア?かに届
ける救援物資が積まれて、ロバートはそ
の物資を人々に手渡すボランティアの役
目を果たすために搭乗していたという。
ロバート・クレメンテ外野手の非運の死
は、メジャーでは有名な話しだったが、
まさか桑田投手が自分の運命を左右する
ようなときに、かつてボランティアのた
めに亡くなったパイレーツの英雄を育ん
だ球団を選んだのだった。そしてついに
オープン戦に登場して、メジャーのマウ
ンドに立った。ここまでたどりついた不
屈の闘志にまず拍手を贈りたい。

それにしても今年のメジャーリーグは話
題満載で、どれをどうやって見ようかと
近いうちに計画を立てないといけない。
全部をスカパーで見るなどということは
もちろんダメだから、NHKが中継しな
い私にとっての重要カードだけをスカっ
ちゃうことにしよう。メジャーの他に外
せない番組にF1中継があるので、うま
くやらないとまずいのだ。しかしどっち
が大事かといえばもちろんF1だけど。
仕事仲間の若い(34才)大工さんは、
「春選抜だ!」と選抜高校野球の開幕を
楽しみにしていた。本人もキャッチャー
で甲子園へ出場した経験があるので、選
抜が始まると現場に置いたラジオのボリ
ュームが一段とアップする。
「今年は息子も甲子園チャレンジだ」
と某有名校へ入学した子どものことを話
した。ラジオは夏の東京都予選からボリ
ュームが高くなりそうだ。人それぞれで
ある。

















DVD三枚組み貴重映像満載「フーテナニー」は買うべしのリルコミだあ

小平は春の陽気でした。
ぽかぽかとあたたかくて気持よく、
これで仕事がなかったら多摩川へでも
遊びに行けたなあなんて言いながら、
二日酔いと寝不足の頭を振り振り
現場を進めました。
学芸大正面となりの桜はピンク色に
咲いて美しかった。こんばんは。

きのうはやはり遅く帰った。
お茶の水のギターワークショップへ寄り、
国分寺で買った旨いコーヒーを渡し、
よもやま話をしていると、
「義郎さんのCDがあるよ」
と思いがけないことをいった。
さっそく購入。先月ロッキートップで
買いのがしていてから超ラッキー!
カバーのイラストが本人にそっくりだ。
よく特徴をつかまえて書いている。
タイトルは「To The Foggy Mountain」
レスター・フラットになりたかった
高橋義郎さんのレスター節が
これでようやく聞ける。
彼のライブはいつも好不調の波がない。
リードボーカルは常にいいのだ。
CDになっても変わらないだろうか。

ギターワークショップを出たあと
神田駅近くまで歩き、
キングサイズ・オフィスへ。
友人のH氏と音楽談議。
共通の願いバンド上達法などと
音楽批評を久しぶりに話す。
午後七時近く喉が渇きはじめたので
もっと駅近くの焼き鳥屋へ。
生レバー(鳥)が新鮮この上もなく、
「美味しい」を連発する。
この新鮮なネタがお店の特長だよ
と梅入りチュウ杯を飲むH氏。
11時閉店までねばった。
話しだめというものがあったら
きょうがまさにそれで、
六時間以上も男どうしで話す。

一分歩いてJR神田駅から
中央線で国分寺駅へ。
もうすぐ0時だというのに
車内はサラリーマンでいっぱい。
みなさん一杯やった帰りかと
思いきや、ほとんどしらふの様子。
こんな遅くまで仕事だったのか、
青白い顔をして携帯をいじってる。
盛り場新宿から乗車した人も混じると
私などは身動き出来なくなった。
やはりサラリーマンたちは
この時間まで仕事をしていたのか。
一杯やった顔じゃなかった。
木曜日だからこれが当り前?
これで明日の朝何時に起きるのか。
遅くとも九時には出社するのだ。
国分寺駅で半分以上が降りた。
私も降りた。西武多摩湖線に乗換え。
国分寺駅は西武線が乗り入れている。
中央線も乗り継ぎがある。
たくさんの人が降りるわけだ。

しかし、凄いものだった。
いったい何時間の睡眠になるのか。
中央線乗車のサラリーマンたちは
老いも若きも隔てなくこんなに働くのか。
若くない人は立っても座っても
眠っている様子。
こっくりと頭が揺れる。
しかし、乗換えた西武線も混んでた。
やはりサラリーマンがほとんど。
今度は酔ってるのは私だけのようだ。
もう夜中になっている。
働きすぎ日本人なのかも知れない。



凄い歴史的三枚組DVDが出た。
タイトルは「HOOTENANNY」で貴重な
とんでもない映像が次々に現れる。
モダンフォーク好きなら
黙って買わなければなりません。
ではブルーグラスファンは
どうしたらいいのか。
「グリーンブライア-・ボーイズ」
「ディラーズ」
「フラット&スクラッグス」
「ドク・ワトソン」
これがいいのですよ。
グリーンブライア-はオリジナル
メンバーのラルフ・リンズラ-がいる。
ジョン・ヘラルドはカメラから
外れている。ギターのヘッドだけ映ってる。
若くて動くディラーズがいい!
「ルーベンス・トレイン」
を歌っているゾ。私は涙が出た。
フラット&スクラッグスも滅茶苦茶にいい。
「ホット・コーン、コールド・コーン」
「ルーベン」
のニ曲だけだが、信じられない存在感。
他を圧倒する拍手をもらうのは
見てて当然すぎる上手さでかっこいい。
こういう映像ってあったんだね。
ドク・ワトソンは「ディープ・リバー・
ブルース」を歌っている。若い!
はちきれるような緊張感が漂って
ぐいぐい画面に引き込まれる。

以下は主な私流の選んだ出演者。
01.チャド・ミッチェル・トリオ
02.ルーフトップ・シンガーズ
03.イアン&シルビア
04.ジュディー・コリンズ
05.ニュー・クリスティー・ミンストレルス
06.ジョー&エディー
07.ハ-ビー・マン
08.ボブ・ギブソン
09.エディー・アーノルド
10.ライム・ライターズ
12.ブラザ-ス・フォー
13.ザ・カーター・ファミリー
14.トリニ・ロペス
15.ジョニ-・キャッシュetc

私はトリニ・ロペスがよかった。
とにかくファンなので映像を見てメロメロ。
しびれました。あとモロ若いジョニ-・
キャッシュがかっこいいよ。
ルーフトップ・シンガーズを好きに
なりました。ミーハーでもいいと...。
しかし、米国は「オヤジ」を
ターゲットにしたみたいですね。








本日は昼間から神田へ出てきますのリルコミだよ

きょうもあったかくて快晴で
ちょっと冷たいそよ風が吹いて
本当に春になりました。
弥生三月は卒業と年度末と
慌ただしい毎日が予想されます。
我家は今年、卒業も入学もなくて、
そのぶん社会から置いて行かれた
ような気がしていますが、
はっきりしていることはまた一つ
歳をとったということです。
本日は都立高校の合格発表の日だ
とか。お祝を考えなくては。
さて、これから神田へ出かけます。
友人のお見舞いの他に顔を出す
ところが二軒ほどあるから、
きょうのように空いてる日は
そんな用事をこなすのに
ちょうどいい。
たぶん、夜になって一杯やって
帰りは遅くなるだろうから、
本日のリルコミは書けないと
そう思ったのでごまかしを
しているところだ。
思いきって浅草まで足をのばせれば、
色々と楽しいレポートも可能と
思えるがそれはちと無理な様子。
3/11は故柳沢さんの追悼ライブが
浅草だから、そのとき早めに出て
写真でも撮ろうかなと考えるが、
果たして。
というわけでちょいと息抜きに
行ってまいりやす。















«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
ライブのお知らせ
NEW !
イッツア・クライングタイム
5月5日
170405kodairact.jpg
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ