AX

2007-06

Latest Entries

五日ぶりに仕事復帰!現場はひたすら蒸し暑かったのリルコミだあ

夕方になって雨が落ちてきた小平ですが、
加えて濃い霧も立ちこめて何だか雰囲気は
ロンドンで、高橋義郎さんのマイカー「ロ
ンドンタクシー」がよく似合う景色になっ
てきました。こんばんは。

五日ぶりに仕事復帰しました。身体の左側
はまだまともじゃなかったが、注意してい
れば大丈夫だった。ご心配をいただいた皆
様には感謝を申し上げます。それぞれにご
忠告をいただきましたが、サトンパスさん
と同様の「年を考えて仕事に励め」という
ものが多かった。あらゆる経験を積んで還
暦までたどりついたわけなので、今後は脚
立の必要なところは脚立を使い、くれぐれ
も端折らないように気をつけたいと反省し
ました。「いつまでも若くない」これでし
ょうね。

フトンの上にごろごろ横になっていた間は
やはり読書が一番だった。CDとDVDも
見たけど、これらは立上がってセットした
りストップしなければいけない。「リモコ
ンがあるだろ!」と言われそうだが、こち
とらは24時間も寝ているのだ。身体を起
こしたりひねったりすることが非常に辛い
状況に置かれた人には、そういう人の要求
を満たすためには「お手伝い」または「代
行屋」という者が必要なのだっだ。いわゆ
る病人の「介護人」だが、もちろん私はそ
の範囲の病人ではない。ないけど人間って
立上がらないと何も出来ないのだ。立上が
ってそして歩く。この大事さが身に染みた。

枕元には麦茶とスタンド。数冊の文庫本と
雑誌。目が開くとすぐに手を伸ばして読書
が出来る状況を作る。この教えは独身時代
のせんべい布団に起源がある。当時と違う
のは煙草の灰皿だけだ。ひたすら読書の連
続となったが、果たしてこんなに本を読ん
だのはいつ以来だったか。ところが目が悪
くなっている。しからば老眼鏡だ。かけた
瞬間に青春となる。文章の行間までがみず
みずしく匂ってくる。快適だ!と思ったが、
メガネのツル、フレームが痛い。身体の左
側は安静状態のため、右側を下に寝ている。
フレームが耳に当ってしばらくすると痛む
のだった。すると眠るしかない。

こんな状況の中で読んだ文庫本や雑誌から
何を思い出すのかと考えた。あれっ、何も
頭に残ってないではないか。しばらくして
断片的な部分は思い出せても、言葉などは
ほとんどは思い出せなかった。わずかに月
刊プレイ・ボーイの「エリック・クラプト
ン特集号」(03年12月号)の中で、ヤ
ードバーズ時代の仲間がインタビューに応
えているとき、「エリックがそのギターを
貸して」と言ったとき、何だかうれしくな
ったよ。なぜかって?だって、エリックが
貸せと言ったら、オレのギターはいいギタ
ーってことになるじゃないか。

と、こんなフレーズが私の頭の中に残って
いたのだった。エリック・クラプトンの来
日コンサートが、これで最後になるだろう
といわれたツアーに記念して発売された特
集号である。しかし、クラプトンは去年も
日本にやってきた。いつもの武道館で私の
好きなデレク・トラックスという若いギタ
ー弾きを連れてきた。それは別にして、月
刊プレイ・ボーイが頭に残ったとは以外だ
というお話でした。この号のパーティー・
ジョークも楽しかった。

「バイアグラとかけて、ディズニーランド
と解く。そのココロは?」
「どっちも、たった3分乗るのに1時間も
待たされる。」















安静休養四日目は正に直ってると感じたのリルコミだあ

蒸し暑い小平でした。こんばんは。

扇風機を回してきょうはTVばかり見てすごした。
まず松坂が投げた対マリナーズ戦を午前6時から見た。
普段は録画の世界だけどケガの巧妙で得した気分。
松坂の結果は8回を1ー1まま降板し勝敗はなかった。
この1点はイチローのにセンター前に運ばれたもので
「イチローさんの技術で持っていかれた」と試合後に
語っていた。試合の結果はマリナーズが延長11回、
1ー2のサヨナラ勝ち。しかし、相変わらず松坂が投
げる試合はハラハラドキドキ。朝から疲れた。

昼食はチャーハン。野菜サラダにヨーグルト、寒天に
黒蜜かけのデザート。普段とは大分違うメニューだが
完食。テレビは食肉偽装した北海道の「ミートホープ
社」報道を続けている。今度は雨水で冷凍肉を解凍し
ていたと女性レポーター。まるで鬼の首でも獲ったよ
うに力を込めた声が現地に響く。雨水が殺菌されてい
たのかはそっちのけで「雨水」を連呼していた。奥様
向けニュースショーに慣れていない私は、ここ数日の
ミートホープ事件を取上げ続ける中で、感情剥き出し
恐れを知らないおばちゃんレポーターの報告に、私は
ミートホープ社長に習って、ただただ白旗を掲げて
「参った」といいたくなった。

夕方、宮沢元首相の死亡が伝えられた。いつだったか
TBSテレビ日曜日の朝番組に出演されたとき、あま
りの痩せた顔を見て驚いたことがあった。たとえばニ
ュースステーションなどで久米アナと語っていたころ
に比べると、その顔は極端に小さかった。宮沢さんは
英語に堪能だといわれ、海外の経済誌や新聞はもちろ
ん、高名経済家による記事や本も原文のままに読んで
いた。首相を退任されたあとでも「経済のことは宮沢」
という信頼は変わらず、政府を補助した。品格のある
日本を目ざした宮沢さん。残念に思う。合掌。

安静休養も本日で四日目。きのうよりも身体はよく動
き、熱もすっかりなくなった。憂鬱な気分もどこかへ
行ってくれたようなので爽快な気持。レッド・アレン
さんのご忠告通り、じっと伏せて四日目に元気が出た。
先輩?の言葉には正にウソはなかった。有難い。
明日は仕事に出ようと決めて段取りも済んだ。患部と
付近を触るとまだ痛いが、痛みが初日あたりに比べる
と三割くらいに減っている。現場に出るときだと思っ
た。











安静休日三日目のリルコミだあ

蒸し暑さが戻った小平からこんばんは。

お風呂の縁から落ちてから三日目。身体
の左側がまだ痛んで熟睡は不可能である。
きょうも夜明け前には目がさめて不用意
に文庫本に手を伸ばすと、「痛てーッ」
のなんの。すっかり起きてしまった。脇
腹を打つという経験がないわけではなか
ったが、それは若く血気盛んなころのこ
とだった。痛みの記憶もないからたぶん
痛くなかったのだろう。しばらく時が流
れて還暦となってから風呂の縁から落ち
た。すってんころんと。すると痛いのな
んのったら恥ずかしいくらい。落ちた日
の夜は寝付くのも大変なほどだったから、
やはり年を取ってからのケガはするもん
じゃない。

朝食はトーストにサラダ、野菜スープ。
安静状態の身体には普段通りの食事では
いけないと妻。きのうから食事が少しだ
け変わっている。午前八時すぎに友人の
西貝さんから電話がかかり、「ふっふふ。
この際、休養にしなさい」と励ましてく
れた。電話をかけてくれた人はたいがい
まず先に笑う。私のしたことを想像した
から、つい笑いが先に出てしまうのだろ
う。恥ずかしいが風呂の縁から落ちたこ
とは事実だからしかたない。横になって
たら少し眠ったらしく、目がさめるとお
昼だった。NHKBSでマリナース対レ
ッドソックス戦をやってる。こりゃいい
やとしばし観戦。

昼食は「鍋焼きうどん」だった。タマゴ
無しを主張する妻におねだりして、半ば
強引にタマゴを入れた。タマゴは糖尿医
に厳重に「減らせ、食べるな」と指摘さ
れているが、鍋焼きうどんにはタマゴが
入ってないといけませんよ。などと我が
ままを通してしまった。しかし、ただ寝
てるだけというのも非常につらいものが
ある。楽器を弾こうかなという気持はあ
るけど、左腕も強打したみたいで不自由
でノー。CDやDVDもいまいち。結局
文庫本三昧しかなく、ごろりと芋虫のよ
うになって読みふけったのだった。明日
も安静休日に当てている。最後の休日に
なるように気合を込めて寝るしかない。











風呂場でこけて二日目の風景のリルコミだあ

どんよりと厚い雲に覆われた小平から
こんばんは。

お風呂でこけて左脇腹を打ってから二
日目。朝から尚も痛いがきのうに比べ
ると痛みが半減している。午前中に整
形外科に行くと、「骨に異常はない」
とのこと。どうやら医者のこの一言で
痛みがだいぶ減ったように感じた。第
一、骨がナニしてれば痛くて眠れない
そうだ。そこへいくと私は眠れたのだ
った。「痛いだろう」と医者はいいな
がら、最も敏感なあたりを手で押して
「やったものにしか分からない痛み」
だから、二日ジッとしてればよいと診
断。やせ我慢の脂汗が出た。

エルビスどの、レッド・アレンどの、
そしてサトンパスどの。細やかなお気
づかいをありがとうございました。何
しろ生まれて初めて体験する痛みに多
少の誇張が混じったようで、ご心配か
けてしまいました。悪運強く明後日に
は現場復帰の見込みです。とは申して
も、こけたときに左大腿部も強打した
ようで、今朝になってフトンから這い
出るのが大変だった。「えっ、足も?」
と一瞬、暗い気持になりましたが、こ
ちらはすぐに歩けたのでホッとしまし
たが、きのうから大分気弱になってい
る自分がいたようです。

午後三時すぎに珍客が我家のキッチン
に現れた。私はパジャマのままフトン
にあぐらかいて文庫本を読んでると、
廊下からヨチヨチと白黒の子猫が歩い
てきて、ちょこんとワゴンの足もとに
座ったのだ。生まれて一ヶ月くらいの
小さな猫だった。妻に「猫だ!」とい
うと、この声に驚いたのか、パッと振
り向き一目散に廊下を走り、突き当り
の長女の部屋に飛び込んだ。華々しく
散らかった中を追いかける妻の手をか
いくぐって、今度は私がいる廊下へ再
び走ってきた。両手を出して捕まえる
つもりが、意外に速い。

結局、子猫は少しだけ開けてあった玄
関から逃げ帰ってどこかへ行ったのだ
った。ほんの一瞬の出来事だったが、
夜明けから恐ろしくヒマにしていた私
にとっては、この珍客の出現は砂漠で
蜃気楼を見たような、あるいは新宿の
雑踏でバンジョーが鳴ったような非常
にシュールな気分を味わった。人間、
たまにヒマしてると思いがけないもの
に出会える。さて、きょうは冷えた日
本酒でも飲もうかな。



















現場でお風呂の縁から滑って落下!左わき腹強打して明日が恐いのリルコミだあ

連日の雨。蒸し暑さはないもののじめじめと
したこの時期特有の湿っぽさがたまらないけ
ど、縁起でもないが身辺から不思議と訃報が
屆かなくなってはいる。気候や地球の自転な
どと関係があるらしいという人もいないでは
ないが、しかし小平からこんばんは。

きょうはパソコンの前にいざって来た。左わ
き腹を強打したのだった。立上がろうと力む
と悲鳴をあげたくなるほどの痛みが襲うのだ。
息をつくときも小刻みに妊婦のようにやって
て、たとえば深呼吸なんて、それはもう夢に
見るようだ。あっ、痛い!って感じただけで
また痛くなる。とりあえず横になってみたが、
痛くないベスト・ポジションを探して、それ
までどんなにか痛い思いをしたことか。汗が
出た。明日は医者に行くゾ。きょう一晩の我
慢だと繰返していると、ナント、眠ってしま
った。目がさめて起きようとしたら、身体を
貫く激痛が走り、記憶が戻った。そうだった、
ケガをしていたのだと。

きょうの現場はJR小金井駅前の白い大きな
マンションの小さなワンルームだった。仕事
の中身は壁クロス貼替えとクリーニングだっ
たが、お昼にその自己責任の単独落下ジケン
は起きた。お風呂場のシャワーカーテンを取
付けているとき、足場のかわりにお風呂の縁
に立って、細かいフックをぱちぱちとハメて
いた。普段は脚立を使っているが、きょうは
風呂の縁だった。おバカさんの間違いを犯し
ているのだ。「ツルッ・・・」「ドッタン!」
その瞬間は呼吸に詰まった。風呂の縁に、し
たたかに左わき腹を打ちつけたのだった。

ようやく息が戻ると、左手の肘が擦りむけて
痛い。それ以外の痛みは左わき腹ににぶい痛
みはあったが、らくに我慢できる範囲ではあ
った。やがて本日分の仕事が終わり、道具な
どを片付けるあたりからじんわりと痛みが増
しているのが分かった。シャツを脱ぎ、打っ
た患部を見ようと身体をひねったら、地獄的
な痛みが身体中を突き抜けた。「えっ、こい
つはヤバイんじゃないか?」と思いつつ身体
と息を整えて車で帰宅。シャワーから出ると
妻が「明日が痛そうね」と希望のない観測を
いった。それからあとが冒頭の寝に入ったと
いう始末だが、こうしてブログ書いてると、
いくらか身体が動くようになってる気がして
いる。

時間が経って、ひょっとして少しづつ身体が
元に戻ろうとしているのか。そうだとしたら
うれしい。希望は骨に異常ないことだけだが、
仕事など色々考えると大変に困るのねんのね
ん。何よりも「失敗の巻」でした。痛ッ!












NHK「クローズアップ現代」が取上げた沖縄戦は素晴らしい番組だったのリルコミだあ

久々のおしめりがあった小平でしたが、
慣れてなかった蒸し暑さにはまいりまし
た。スペアのTシャツとパンツを用意し
ないまま現場に行ってしまい、ジト-ッ
と汗で濡れたまま、ええ非常に気持悪い
状態で運転して帰りました。突然、梅雨
になっちゃうと困りますねえ。明日は晴
れるのでしょうか。こんばんは。

普段はあまり見ないNHKの「クローズ
アップ現代」を昨日はバッチリ見ました。
晩酌で焼酎をなめてるときに、ぱらぱら
とリモコンでチャンネルを変えてたら偶
然にこの番組と出会ったのだった。いつ
もの立派なおばちゃんキャスターが、沖
縄の戦争末期に起きた日本軍による沖縄
県民に対した「自決強要」をレポートし
ているもので、天下のNHKがゴールデ
ン・タイムにこんな微妙な番組を放送す
るとは驚きだと思った。もちろん背景に
は、先の高校生の日本史教科書の検定で、
この集団自決を日本軍がさせたという事
実を突然、「削除」されたことがある。

番組は、一方的に削除したことに対して
いかに県民は怒っているか、に焦点を当
て、次々に沖縄戦の研究家の検証とそこ
から生き残った人々の証言をレポートし
ていた。南の島の朴訥な老人たちが当時
の切羽詰まった行き場のない状況を話し
はじめるのを画面に見て、その悲惨な集
団自決の凄まじさに、改めて涙した。
切羽詰まったという状況は、アメリカ軍
がもう目の前に迫っていて、日本軍の兵
隊から「いつ上陸するか知れない」とい
われ、「上陸したら皆殺しになる」と再
三に渡って脅迫同様の説明を受けていた
という。

行き場がないという状況は、日本の兵隊
から手榴弾を渡されて、目の前で「早く
自決しろ」と強要を繰返されたことだそ
うだ。武装した兵隊に迫られると、自爆
して死を選ぶしか選択がなく、多くの住
民はこうやって死んでいった。中には手
榴弾を嫌い、親が自分の手で子どもを直
接殺したこともあったという。まさに修
羅場だったとその状況から生き残った一
人のおばあちゃんが語っていた。しかし、
日本の兵隊の強要から逃れた人々はいて、
死にきれずにいた人々はそのまま助かり
生き残った。命は助かったが、多くの沖
縄住民はその悲惨を極めた事実を戦後に
なっても語らなかったという。

このような沖縄戦で行なわれた日本兵に
よる事実は、戦争のむごたらしさ悲惨さ
を子どもたちに教えて、二度と戦争に加
担したり引き起してはならないという日
本国の貴重な戒めだった。何百万人とい
う戦争で命を落とした日本人の先祖に対
しての、ささやかな決心でもあったはず
だった。ところが先の高校の日本史検定
で、「最近の研究の成果で軍命はなかっ
たという説がある」に中身が変えられた
事実が報道された。戦争という異常事態
では何が起こるか想定出来ないが、日本
国が負けた戦争末期の沖縄戦で起こった
「集団自決」を日本軍が「強制」した事
実は明白だし、私たちはそのように教え
られてきた。

きのうのNHKのクローズアップ現代を
偶然見られたことによって、改めて世の
中には常識的自実を「巧妙」に改ざんし
ている人たちはいるんだということを知
った。それも教科書の検定をする立場に
いる人がその仲間だとは初めて知った。
たぶん、NHKも歴史的事実を曲げよう
としている勢力が、この日本に存在して
いて、これは絶対に許さないゾとの決意
が番組から匂っていた。関西の吉本興業
を筆頭にしたお笑い芸人が地上波テレビ
局を制覇しているような中で、燦然と輝
く番組だった。終わってパチパチと拍手
したことはいうまでもない。溜飲が下り
た。









1975年JD・クロウ&ニュー・サウス時代のリッキー所有のロイド・ロア-は1924年製だった!のリルコミだあ

連日の晴れでしかも真夏の小平です。
きょうは妻に連れられてスーパーのはしごを
してきましたが、府中街道沿いのドンキホー
テの駐車場は強烈な照り返しもあって倒れそ
うになった。こんにちは。

本来なら西武線新所沢駅裏の現場にいるはず
なのに、きょうは疲労気味でシカトして休ん
で午前中はひたすら眠った。昨晩の激しく飲
み交わした麦焼酎の二日酔いもあったが、近
ごろはハードな現場が続き体力的にバテてい
た。十時すぎに電話がかかるとようやく起き
はじめる。冷蔵庫から「ブルーベリー玄米黒
酢ドリンク」パック出してストローを突き刺
して飲む。「超スッパイ!」ほっぺたがムズ
ムズ。「う~、きく~」完全に起きちゃった!
お酢を飲め!とは友人のサトンパスくん。そ
の日から夜はもずく酢、昼もたまにドリンク
酢とすっかり「お酢のある生活」になってし
まった。きっとどこかに効いてるんだろうね。
あれだけ血液検査の数値にうるさい医者も、
このあいだはコレステロールしかいわなかっ
たから、やはりどこかに効いているのだろう。
何となく酸っぱさも快感になってる。

することがないので壁からギターを下ろして
とりとめもなく弾きはじめる。ボケ-ッとし
ばらくDコードの展開を弾いてたら、きのう
のプリ・ウォ-のギブソン・マンドリンを思
い出して、誰が競り落としたのだろうかとい
うことも興味があったが、そういえば「リッ
キー・スキャッグス」のロイド・ロア-は何
年製だったかと思い付いて、久しぶりにJD
・クロウ&ニュー・サウスのビデオを棚から
引っぱり出した。これは1975年のスタジ
オ・ライブで、いまも燦然と輝くメンバーが
勢揃いした歴史的な貴重録画である。ロック
・ソルト・アンド・ネイルス、オールド・ホ
ーム・プレイス、シン・シティなど合計6曲
が収められているが、曲間にインタビューが
挿入され、各自の楽器についてのトークがお
もしろいのだ。

ニューサウス

リッキーのここで弾いてたロイド・ロア-は
1924年製だった。ヘッドはフラワーポッ
ト。きのうの26年製よりも全体に黒っぽい
仕上げに映っている。このときリッキーは確
か21才くらいじゃなかったか。幼少時から
マンドリンを弾き、7才にしてフラット&ス
クラッグスのマ-サ・ホワイト・TVショー
にゲスト出演してるくらいだから、高額なロ
イド・ロア-も難なく買えたのだろうか。
ちなみにトニ-・ライスはこのとき例のクラ
レンス・ホワイト・ギターを弾いている。
この頃のリッキーは現在と違ってマンドリン
を揺すって弾いている。トニ-やJDに比べ
ると垢抜けてない印象。ドブロの若いジェリ
ー・ダグラスもいて、こちらはまだ少年の感
じ。全部で18分。ケンタッキーの教育テレ
ビ局が制作放送したもの。現在は発売中止。
このビデオを見終わるとスーパーに連れ出さ
れた。ほんとに何もしない一日だった。













1926年製ギブソンF5ファーン・マンドリンは如何?のリルコミだあ

きょうも晴れて暑かった。
心なしか垣根のあじさいの青さもくすんでる
ように見えるこの頃ですが、気象庁も梅雨入
りを見直した方がいいと思える天気が続いて
る小平からこんばんは。

新小金井街道の中大付属高校のあたりはラー
メン街道といってもいいくらいラーメン屋が
並んで味を競ってるが、我家の長男にいわせ
ると「旭川ラーメン」がベストだそうだ。長
男はあちこち食べ歩くのが趣味らしく、いま
のところ本命はイタリアン・レストランで、
ピザを焼く窯を持っている店を探して食べ歩
いている。ところが休日のきょうはラーメン
街道へチャリで走り、昼食に旭川ラーメンを
食べてきたと教えてくれた。きょうで三回目
だったそうだが、こってりしても食べやすく
美味しいという。月給日はいつなのか知らな
いが、イタメシ屋まで行くタマがなかったの
かも知れない。

友人が「だれか買って~」とメールしてきた
のは、1926年製のギブソン・F5・ファ
ーン・マンドリンだった。友人が所有してる
のではない。アメリカのインディアナ州在住
者が「売りたい!」とネットに出したのを教
えてくれたのだった。値段は「$95,00
0」だった!円換算するといったいいくらか。
安くて買得なのか私などはさっぱり。以前、
大阪の楽器店にF5ロイドロア-が「600
万円」の定価で出て、これは一日で売れたそ
うだ。現金だったらしい。果たして今度もジ
ャパニーズ・マニ-が威力を発揮するのか。
戦前の素晴らしいコンディションは買いたく
ても市場に出て来なかった。ヘッドはビュー
ティフル・ファーン。マンドリン弾きじゃな
くてもよだれもの。興味のある方は
ここ

きょうはこれから飲食に出る。私がサラリー
マンだった保険屋時代の仲間から飲みたいコ
ールが来て、小平駅前で飲むのだ。彼は都立
大泉高校という優秀校から東経大、そして私
と同じ損保会社に就職。その後代理店主とし
て独立。いまでは会社組織にして社長となっ
た。子どもの頃から社長になるのが夢だった
という。常に営業畑で生きてきたバイタリテ
ィー溢れる男だが、どういうわけかKヤイリ
のフォークギターを持ってて、タクローなど
を弾き語るのだった。いつだったか新宿のピ
アノ・バーに流れたとき、壁にあったギター
を取って「結婚しようよ」を歌ってから、深
い付き合いが始まったようである。

この人は洋ものも意外に好きで、エマ-ソン
・レイク・アンド・パーマ-とかクラプトン
を大学受験の間中、聞き狂ったといった。そ
れならと新宿のウイッシュボンへ連れて行き、
若い西海くんやシメがやってたウイッシュボ
ン・ブラザースを見せてやった。彼にはそれ
までライブ・ハウスへ行くことなどがなかっ
たらしく、「こんな凄いバンドが日本にあっ
たのか」と心底驚いたらしかった。その後、
何回か通うと、「あのギターがいい」と西海
くんのことが好きになったようで、イーグル
スのホテル・カリフォルニアをリクエストす
るまでに成長していた。

電話が鳴り、どうやら少し打ち合せをいたさ
なければならなくなった。本日はここまでだ。


















先週土曜日のロッキートップはレオナの登場などで華やかだったのリルコミだあ

連日の曇りだが雨は降らない小平でした。
関東地方の梅雨入りは本物かと夕刊に記事
が出ていた。東京都心では梅雨入りが発表
された翌日の15日から19日のきょうま
で、雨は観測されてないそうだ。小平的に
は雨はちょびっと降った日もあったけど、
あれくらいでは梅雨とは思えない。どうし
た気象庁!外れたならいつ梅雨入りなのか
今度は当ててね。こんばんは。

長野赴任から東京に戻った谷口さんからメ
ールが届き、先週土曜日はロッキートップ
へ「デッドマン・ウオーキング」を見に行
ったそうだ。「長野から前の職場の女の子
が二人遊びに来たので、デッドマンを見に
行ってきました。1曲目のデビル・イン・
ディスガイズからなかなか気合が入ってよ
かった。ゲストのレオナの『ローリー・ポ
ーリ-』も聴けました」と書いてあったの
を見たら、私は思わず「残念!」とヒザを
打ちました。私が浅草で酔っぱらってる間
に非常に楽しそうなライブが行なわれてい
たのですね。レオナには7月8日の大江戸
多摩バンド・ライブ(ロッキートップ)の
ときに行く予定にしてるが、早くも登場し
たようだね。お帰りなさい!

谷口さんは鹿児島県の出身ですが、ザ・プ
レイヤーズ&ロドニ-・クロウエルの鹿児
島公演のことにも触れていて、「鹿児島は
ホテルのディナー・ショー形式のコンサー
トだったので、兄(マンドリン・プレイヤ
ー)は目の前で見られて話しも出来たとい
ってました」とあった。私と妻、そして谷
口さんも横須賀芸術劇場の初演を見たのだ
が、彼らは鹿児島まで行ってのだった。こ
ちらは望遠鏡でメンバーの顔を見たりして
たので、「この違いは何よ!」とここでも
悔しくて残念な気持になってしまった。こ
のような「来日コンサート」は可能なら地
方に出かけて見た方が何倍もいい。そうい
えば去年のジョン・コーワンは北九州まで
出かけて、見る話す触るなどいい思いをさ
せてもらった。忘れません!

レッド・ソックスの松阪投手が先ごろ8勝
目を1ー0の僅少差であげましたが、この
勝利の影には松坂を入団当初から育てた師
匠、前西武の監督「東尾 修」のアドバイ
スがあった。私もそうだったが、松坂が投
げる日は負けるんじゃないかと心配で落ち
つかなくてしかたなかった。それは7勝目
を勝ってから連敗を続けるのを見ると増々
ひどくなってしまい、録画さえもじっくり
見ることが出来なくなっていた。たぶん東
尾さんも「いても立ってもいられなく」な
って、わざわざボストンまで飛んだのだろ
う。松坂は師匠の突然の出現の前で60球
を投げたそうだ。結果、「ここがおかしい
ぞ」と明確な師匠の指摘に納得した松坂は、
ボンズのいるサンフランシスコ・ジャイア
ンツを見事に押さえた。変わったのだ。

小平はいまでこそFC東京なるサッカーも
あるが、もとは西武ライオンズ一色の町な
のだ。一橋学園駅そばのトンカツ屋の娘は
むかし田辺選手をゲット。めでたく婿にし
ているし、他に私が通う床屋にもライオン
ズの選手が来ている。たとえばパートのお
ばちゃんたちがスーパーで交わす立ち話の
中には、ライオンズや西武の言葉が間違い
なく、ちりばめられているのだ。こんな西
武ライオンズ色の濃い小平市民にとっての
「松坂レッドソックス入り」のニュースは、
そのままNHKBS放送のマニアになって
いて、画面から松坂の一挙手一動は大注目
なのだ。仕事の現場でも「ボンズをやっつ
けたなあ」と話題の中心になっている。

だから、連敗をしたときには私よりも先に、
「監督(東尾)にボストンへ行ってほしい」
といった声が出ていたのだった。やはり松
坂のことは東尾さんがいちばんよく知って
いるし、松坂本人も東尾さんの言葉だった
ら聞くんじゃないかなと、小平市民の西武
ファンは考えていたのだと思う。新聞には
「勝負してない」と書いてあったが、そん
な単純じゃなくて、もっと心の内にまで及
んだ会話があって、それで気持を切替えた
松坂が、あらゆる場面で強さを発揮したの
だろうと想像している。勝負したい場面で
も出来なかったこともあるだろうし、日本
のプロ野球とはいささか違う環境が松坂を
弱くしていることもあった筈だろう。その
あたりをじっくり話し合ったことが気持を
変えられたもとなのだろうか。これで、少
し安心してこれからの松坂とレッド・ソッ
クスを見ることが出来る。


















浅草竜泉三丁目「一葉記念館」に行って明治人の素晴らしさを知るのリルコミだあ

きのうまでは梅雨は去ったと思っていたが、
きょうになったら雲が覆って小平は朝から
雨模様だった。こんばんは。

先週土曜日は真夏のような日ざしの中を浅
草に向かった。どうせなら都電に乗ろうと
友人と計画し、JR大塚駅で乗換えて、数
十年ぶりに「チンチン」と発車のときにベ
ルが鳴る「都電」に乗った。都電はただい
ま「早稲田~三ノ輪橋」間の荒川線が一本
だけ残っている。今回は大塚から乗ったの
で全部ではなかったが、およそ四十五分間
で満喫。運賃160円は安かった。ところ
が学生から子ども連れ、ご老人からサラリ
ーマン、お買い物主婦などで超混雑。まし
てやこの日は土曜日。私たちのような観光
気取りもいるから尚更のようだった。

江戸情緒の残る飛鳥山公園や王子駅を過ぎ
るともろに下町情緒。近ごろはどこもかし
こもビルだらけでこのかいわいも同じだが、
それでもむかし見た家や商店がぽつぽつと
線路わきに見える。荒川遊園地とか町屋駅
なんてところに停車すると懐かしくてたま
らない。むかし荒川遊園地にはよく通った。
町屋には千葉大スモーキーの友だちが住ん
でた。遥かむかしの景色が頭に浮かぶ。都
電もなかはどこに売ってたっけと考えてる
間に終点「三ノ輪橋」に着く。商店街も小
平とはまったく違って元気な感じ。小さな
喫茶店の入口横のガラスケースにケチャッ
プのかかった「チキンライス」があった。
これがあると十分に下町に来た気がする。

三ノ輪橋から浅草まで炎天下の歩き。「日
光街道」の文字が目を引く。途中、新装な
った樋口「一葉記念館」に立寄る。五千円
札に写っている明治の女流小説家である。
ここの場所は、ジューン・アップル誌編集
部があったところから歩いて五分ほどだっ
たので、散歩などで建物の前を通ったこと
があった。下町の思いがけないところは、
職人たちが住む長屋造りのしもた屋が並ぶ
中に、こうやって超有名人の記念館が存在
したりするのだ。たとえば根岸柳通りの寿
司屋やレストランだったり。芸人などが秘
かに通った粋な店が町並みに溶けているか
らおもしろい。

樋口一葉は本名を「奈津」といって明治5
年、千代田区に生まれた。17才で父を亡
くしたあと母親と妹と、荒物駄菓子店を浅
草の竜泉寺町に開業。本人は仕入れを担当
したという。しかし、道路をはさんだ向側
にも駄菓子店が出来て値引合戦になるなど
生活苦に陥る。樋口一葉(一家)はやがて
本郷に移って小説を書きはじめるが、この
苦しい竜泉寺町時代を書いたのが代表作と
なった小説「たけくらべ」である。一葉記
念館は当然ながら、竜泉寺町時代に力を入
れて、本人が開業したお店の模型を作って
長屋や町内を再現するなど細かく展示して
あった。

特にたくさんの展示品の中で目を引いたの
は、むかしの人、この時代は明治初期にな
るが、とにかく筆文字の美しいことだった。
巻いた和紙にすらすらさらさら流れるがご
とく書かれてある草書には、読めなくても
感動した。さらに一葉の先生にあたる男性
からの手紙となると、豪快さが加わり、こ
の時代の人の達筆ぶりを見るにつけ、思わ
ず同じ日本人として誇りを感じてしまった。
なぜこのような素晴らしい伝統が少なくな
っているのか。私がこうやってキーボード
でしか書けなくなっていることなどが、そ
んな日本人になってしまったのはなぜなの
だろうかと考えた。小説の原稿となっても
まだ格段に美しかった。何だか分からない
が身体が震えるのだった。

一枚の葉書があった。もちろん筆文字であ
った。ヘビがにゅるにゅるしている文字の
ようにしか見えないが、これを明治時代の
郵便配達人が正確に読んで届けたのだ。そ
うやって考えると驚いてしまうが、こうい
うのが学校で教えていたのだと考えると、
不思議に気持が静かに落ちついていく気が
した。戦後60年というよりも、明治から
日本人の変わり様を見つめた方がいいのだ
と遅まきながら思った。そうしないと先祖
に申し訳ないとも思ったりして、この日の
浅草行は思いがけなく勉強したのだった。
























ハーブ「ローズゼラニウム」は美しい花も咲くが蚊よけに絶大な効果を発揮するよのリルコミだあ

きょうの小平は特別に空気が澄んでいるように
感じたが、これもきのうから吹いた風のせいか
なのだろうか。外へ出たらまぶしくてくらくら
しちゃった。それでも東の空には重たそうな雲
が見えているから夏ではなく、やっぱり梅雨な
んだろうね。こんばんは。

我家はアパートの一階で出たり入ったりは二階
なんかに比べると非常に楽だ。荷物を運び入れ
るときも実に簡単で、二階以上の住人のように
エレベーターに傷をつける心配もいらない。ゴ
ミを出すときもひょいとドアを開ければそれで
済む。ただ、地震がグラッときたときは真っ先
につぶされるんじゃないかと、たまに揺れたと
きなどは天井を見上げてどうやって逃げようか
とイメージして心配になったりする。しかし、
一階がつぶれるような地震がやってきたらその
ときは覚悟しなければならない。まして就寝中
の場合では逃げようがないではないか。グラグ
ラ、グシャッと瞬間的にきてしまうだろうから、
どうすることもできない。お陀仏だ。

地震などは天災でこれはいつ来るのか誰にも分
からない。小平が大揺れの壊滅的地震がやって
きたとすると、もっと東京の中心地の銀座や新
橋、丸の内などはどうなっているのか。はたま
た周辺の渋谷区、新宿区、千代田区なども凄い
ことになっているのではないかと想像する。い
や杉並、世田谷、板橋など環七が通ってるあた
りだってひどい状態だろう。墨田区や港区、江
戸川区などは水面下になってるかも知れない。
こうやって大地震が来たときのことを想像する
ときりがない。次々に悪夢のようなイメージが
頭に浮かぶ。タワーマンションだったら?地下
街だったら?火災が出たら?年金よりも恐い。

書き出したら思わぬ方向へ進んだ。実は一階に
住んで何にいちばん悩まされたかというと、そ
れは「蚊」なのだった。新婚時代は12階建て
の6階に住んだので外から蚊が侵入して来るこ
とはまずなかった。小さかった子どもたちも私
たちも安心して寝られた。ところが、この場所
へ移住すると、たちまちにやぶ蚊の襲撃に会い、
小平の自然に慣れてない私たちは格好の標的に
なり毎日刺された。妻が庭に出ると20箇所も
刺されてぽりぽりかいていた。もっと始末の悪
いことがある。夜中に、まぎれ込んだやぶ蚊に
よって起こされることがしばしばだった。

熟睡してる最中に「ぷ~ん」と来たときにはす
でに刺されているのである。耳のそばの音が鳴
ってる方を手で「ピシャッ!」とたたいてもな
おも「ぷ~ん」と軽くかわして逃げていく。し
かも二三箇所刺されてかゆいのなんの。完全に
頭に来て蚊を殺してやろうと追いかけると、も
う眠気などはどこかへ吹っ飛び、大騒ぎ果てに
殺して溜飲を下げてもすぐには眠れない。やが
て眠気を残したまま仕事に出かけて非常に眠た
い一日となるのだった。「金鳥の渦巻」線香や
「キンチョール」いわゆるシュッコロにはどれ
だけお金をかけただろうか。

文字通りの我家の必需品。いまの季節は線香を
いぶさないと寝れないのだった。ところが、二
年ほど前に妻がローズゼラニウムなるハーブを
庭とベランダの境目に植えたら、その草が大き
く成長した今年になったら蚊が来なくなったの
だ。いつもなら四月には庭で生まれるやぶ蚊に
刺されて頭にくるくらい悩まされるのに、何と
いうかうれしくてどうしようもないくらいに蚊
が侵入して来ない。これはどういうことだ。ロ
ーズゼラニウムは別名「蚊嫌草」と呼ばれ、そ
の効果を知ってる人にはポピュラーなのだそう
だ。

今年の春に小さいピンク色のきれいな花を無数
に付けている大株を見て、「これなあに」と妻
にたずねていたのが、まさかの効果のある草に
なるとはいまでも信じられない。6月もすでに
半ばだというのに我家はまだ一本の金鳥渦巻き
に点火してないのだ。「暖冬のおかげでローズ
ゼラニウムが枯れなかった」おかげで大きくな
ったからと妻がいった。まだ蚊も本当の勝負に
出てないのよとつけ加えたが、私にとっては花
は咲くし蚊は来ないこんなハーブがあったのか
と、有難さで気持がいっぱいになったこの頃な
のだ。

明日は浅草まで食事に行くので、デッドマン・
ウオーキングのロッキー・トップ・ライブと重
なり、残念ながらパスさせてもらった。浅草へ
は友人たちと今年早くからの約束ごとで、夕方
五時に浅草寺の大提灯の下がる門下で待ち合せ
た。お上りさんみたいでちょっと恥ずかしいが、
浅草へ一歩入ると浅草寺にお参りしなければ罰
が当ると思って決めた。それにこのお寺には親
しい友人が毎日つとめている。彼に直接会わな
くてもお参りすればそれで十分会った気持にな
れる。少し早めに出発して旧ジューン・アップ
ルあたりを散策してもいいかも。昔を知る友人
たちにいうが、中島食堂に行くのではないよ。








酒酔い運転の罰則金がまたまた引上げられたゾのリルコミだあ

前線の影響か小平はあさから寒かった。
傘がいるってお天気ねえちゃんが言って
るよ、と出かける子どもたちに妻が声を
かけていたが、果たして持って行っただ
ろうか。午後の小平は小雨に変わった。
梅雨に入ったのか?こんばんは。

この季節。毎週のようにブルーグラスの
フェスが全国各地で開かれていて、特に
「マイ・ミクシ」ではそれぞれの体験レ
ポートがにぎやかに展開されていて、い
やが応でもフェス気分にさせてくれる。
中でも先週末に開かれた茨木里美フェス
では、去年箱根フェスのコンベンション
で優勝、一躍スターに躍り出た「ユッピ」
ちゃんが早くも登場したとか。コメント
が飛交っていた。彼女、まだ5~6才な
がら、去年よりも飛躍的なステージング
だったらしく、増々今年の箱根コンベン
ションが待ち遠しくなった。彼女を負か
すには驚異の裏ワザが必要だろうとフェ
ス通は語っていた。

道路交通法が改正されるらしい。これは
酒酔い運転とひき逃げの罰則強化をねら
って法律を改正するもので、酒酔い運転
は懲役3年以下または50万円以下から
懲役5年以下または100万円以下にな
る。これまで酔っぱらい運転は最低25
万円だったのが50万円に引上げられる。
軽自動車1台分の罰金になるから絶対に、
間違っても飲んで運転は出来ない。私も
先の改正が施行されてから、一切飲んで
運転はしなくなった。フェスでも帰る当
日の朝は飲まなくなった。間違って飲ん
でも出発を遅らせることを心掛けていた。

かなり悪質でないかぎり最高100万円
の罰金はないだろうが、ともかくこれだ
け高額になると恐くなる。フェスの土曜
日は酒好きには最高の喜びだったが、こ
れからは酒量はあくまでも控えて、翌日
の体内にアルコールが残らないようにし
ないといけない。罰金が恐くて酒飲みが
つとまるか!とうそぶいた時代は明らか
に終わった。罰金が恐い時代になったの
だ。ちょうど今年は還暦を迎えたことだ
し、私にとってはタイミングがいい。
借りた車で飲酒運転してつかまると、運
転手の他に「貸した人」も同罪となる。
うっかり子どもに車を貸せなくなった。

ロックの佐野元春が新譜「コヨーテ」を
発売したといって、きのうの夜NHKの
番組「SONGS」に出演していた。佐
野元春のことは、はじめから知っていた
わけではなく、知人のミュージシャン、
元「ボガンボス」のキョン・川上くんが
メンバーに加わってから注目して聞くよ
うになった。だからきのうも、どちらか
というとキョンを見たさに眠い目をこす
って起きていた。「長い間、スタジオ・
ライブがしてみたかった」と佐野元春は
インタビューに応えながら、新発売のア
ルバムから1曲づつ歌っていく。

たぶん五年くらい前のツアーにくらべる
と、歌う声に張りがなくなっているよう
に感じながら、なおも画面の中からキョ
ンを探した。オルガン弾きは明らかに違
う人だったが、となりのピアノが黒い服
着てるから雰囲気が似てる。しかし、な
かなか顔を映してくれない。画面はまた
大写しで佐野元春の顔をとらえている。
白髪まじりの長髪が渋くかっこいい。ち
ょっとニ-ル・ヤング調の新曲を歌いは
じめると、となりにいた妻が振り向いた。
彼女も「らしい」と気がついたのかもし
れなかった。オルガンが効いてる。

キョンとは一昨年のハイドパーク・フェ
スの入口で立ち話して以来だった。あの
ときは突然の豪雨に我慢しきれずに帰る
ことを決めて入口まで戻ると、稲荷山公
園駅から走ってきたキョンとそこでバッ
タリ出会ったのだった。いまから佐野元
春と出演するんだという言葉を聞きなが
ら、お互いに雨の中を走り去った。たっ
たそれだけだったから、余計に番組の中
のキョンに会いたかったのかも知れなか
った。画面はようやくメンバー全員を映
したが、さっきから気になったピアノ弾
きは別人だった。

どうやら今度の新作アルバム「コヨーテ」
には呼ばれなかったようだ。佐野元春の
音楽にはキョンはよく合わせていたと私
には思えたが、今回は難しかったのだろ
うか。それとも単純に契約が切れたのだ
ろうか。ネクストの出会いはいったいど
こだろうか。



















武蔵村山ジョイフル・ホンダへ「ドア・ノブ」を買いに行ったらのリルコミだあ

連日の真夏を思わせる暑さだった。明日
は「東京も梅雨入り」だとTBSラジオ
は明言していたけど、何だか小平地方も
そのような雲行き。こんばんは。

きょうは現場がなく朝からフリーなので、
妻は食器棚の整理とお掃除。私は故障中
だったトイレのドア・ノブの修理をした。
ノブを分解してみると、部品の摩擦部分
が油切れのようだったので自転車に使う
「ミシン油」を注入することにした。古
新聞を敷いた上にバラした部品を広げて
一つ一つにポタポタ。これでオーケー。
「フフン、簡単ではないか」と上機嫌で
組み立て直して取付けると、あらら。不
思議だ。やっぱりドアは微妙なところで
閉まらない。少し力を入れると閉まった
り閉まらなかったり。これでは元のまん
まで、直ってないゾ!ムムムム。どこが
どうなってるのか分からないが、もう一
回外してみよう。

しからば「新品」と取替えたらどうか。
苦戦を強いられている私の手許を覗いた
妻も同じ意見だった。では、ドイトへと
いう私に、「ジョイフル・ホンダ」がい
いワと妻がいう。そこだったら品数が多
いからドイトより確かよ。他に買うもの
があるからと、急遽武歳村山市へドライ
ブとなった。西武東大和駅前を通る江戸
街道コースを選択した。新青梅街道より
は渋滞しないだろうと読んだのだ。とこ
ろが、思惑通りに渋滞はなかったが、と
ろとろと走りにくいことおびただしかっ
た。いらいらの連続で精神的に非常に疲
れ、めざすジョイフル・ホンダに着いた
ときはグッタリ。思いがけない体力消耗
したのだった。

この江戸街道沿いにはダイエー、ヨーカ
ド-など大小のスーパーがぞろぞろある。
だから、やたらおばちゃんドライバーが
多く、いやあの時間、午前11時前後は
走ってる車のほとんどは女性ドライバー
といっても過言ではない。この事実を知
らなかった私は、読みを間違えたのだっ
た。例えば信号待ちから出るときも2~
3秒かかるし、左折や右折も他車に配慮
して素早く進むことはまったくない。ヨ
ーカド-へ入ろうとウィンカー(点滅)
を左折にしながら、急に今度は右折に変
えて、ダイエーに進もうと方向をチェン
ジする。これでは後続の運転者はたまり
ません。私などは怒り心頭に達している。

しかし、おばちゃんたちは「あら、どう
したの?」ぐらいの気持らしく、だまっ
てうしろについたまま静かに止まって、
前車がダイエー方向に曲がり終わるまで
じっと待っているのだ。前車が青信号に
なっても出ない。1秒・・・5秒6秒よ
うやくのろのろと動き出した。あらゆる
場面でいらいらが増して、「もう、どう
にでもなれ!」と腹をくくった。すると
前方左方向の細い道路から黒い軽乗用車
が、信号待ちで並んでる私の道路に出よ
うとしていた。信号が変わって車が動き
はじめると、いらついてぷんぷん状態の
私の前に急に割り込もうとするではない
か。あんた、こういう場合、手で合図す
るとかマナーがあるだろ!

しかし強引なおねえちゃんドライバーは
構わずフロントを出そうともがいている。
尚も出ようとした瞬間に、私の方がつっ
ぱり勝ってニヤリ笑顔で通り抜けた。バ
ックミラーを見ると私のすぐ後ろに割り
込んだところだった。前車後車その前も
後ろも全部女性ドライバー。改めて考え
ると、周りを見回しても私だけが男だっ
たといえる異常な空間体験をしたような
気分だった。知らない道路にまぎれて苦
しみもがいた不思議体験だったのかも知
れない。ジョイフル・ホンダはさすがで、
ぴったしのノブが在庫であった。「素晴
らしい店だ!」と感激して購入したが、
帰宅して交換したが微妙に閉まらない故
障は直らなかった。

帰り道は「武蔵村山三越」に寄ったせい
か、時間がずれて江戸街道に満員状態だ
ったおばちゃんカーはウソのように消え
ていた。同じ道路をすいすいと、あっと
いう間に帰れたのだった。そうそう、ミ
ュージック・CDを忘れたのが、本日最
大のミステークだった。TBSラジオの
年金トークでは、私のいらいらを直す薬
にはならなかった。


















コレステロール値275がもたらす朝食の目玉焼きが食べられない苦痛の関係のリルコミだあ

真夏の暑さを味わった小平でした。
夕焼けを見ながら書いていますが、これで
遠くをカラスが数羽飛んでると里山の絵葉
書になりそうな気分です。こんばんは。

済生会病院へ糖尿の定期検診に行く。なぜ
か空いていた。先月のオババたちはどこへ
行ったのか。どこかから救世主が現れて集
団でプロミスランドへでも連れて行かれた
のか。薄型テレビの前の長椅子はまばらだ
った。間もなく名前が呼ばれ、血圧・体重
測定・検尿・採血と順調に進む。医者の診
断も無事終了。何と正味二時間で薬局も済
んでしまったからウソのような気分。とこ
ろが、「コレステロール値が高い」と医者
から注意があった。この一言がなかったら、
サイコ-だったのに。残念!

タマゴ、イカ、魚卵(たらこ)などは食べ
てはいけませんと医者が言った。全部、私
の大好物だったが、はっきりと「ダメです」
というのだった。「数値が275。これだ
とダメだよ」なあ、と後ろに控える看護士
に振り向く。きょうはヒマなせいか、医者
はいつもより親近感を感じさせる会話で、
ときおり笑顔も見えた。「立ち入るけど、
奥さんはいるの?」だったら、きょう帰宅
したら奥さんに伝えてくださいね。身体の
中も大事だけど、食べるのはもっと大事だ
からと、医者が言ったとね。

美人の看護士さんが「コレステロールが異
常といわれたら」というパンフレットのよ
うなものを渡しながら、「がんばって」と
かわいい声で励ましてくれた。食事療法に
加えて、コレステロールの調節もしなけれ
ばならなくなった。だんだんと本気度を促
進されている感じだが、「体重は55キロ
にする」と医者が断言しているから従うし
かないのだ。飲みに行ったときの私の第一
声は、「イカ刺し!」だった。アタリメも
好きだ。タマゴ料理は私の十八番だし、朝
の目玉焼きも食べられなくなった。トホホ
だがしかたないよね。

ただ、お酒がダメといわれてないのが助か
った。何から助かったのかといわれると困
るが、酒を飲む楽しみがなくなると、いっ
たい残る楽しみは何なのかと考えてしまう。
長い間お酒かビールか、はたまた焼酎の入
ったグラスを持って口へ運ぶ動作は、すで
に目をつぶって眠るようなことと同じ自然
な動きになっていて、いまさらやめるなん
てことが出来ない。早くいえばアル中に近
いのだろうけど、お酒が飲めなくなったら
「自殺」するという友人と同じ気持になっ
ちゃうかも知れない。

音楽があるではないかといわれそうだが、
それとこれは別だといいたくなる。これに
ついては人生論も関わることなので改めて
考えることにしたい。たとえば、「お酒は
ダメ」と医者に宣言された夜あたりに、そ
れこそグラス一杯の酒を見つめながら人生
を振返りたい。それにしてもお酒がドクタ
ー・ストップにならなくてよかった。「コ
レステロール」のあと、この医者は「とこ
ろで、」などと言い出さなくてよかった。
なぜか、そこのところが気になっていた。
これからのお酒は量よりも味わいだよね。










F1カナダ・グランプリ佐藤琢磨6位3ポイント獲得大感激のリルコミだあ

さわやかな快適初夏の小平でした。
きょうは月一回の集金日。学園東町のアパート
オーナーの自宅に行くと広い庭の畑には栗の木
が満開の花をつけていて、鼻を近づけて嗅ぐと
食べたときの匂いはしなかった。おばあちゃん
が「きょうは寒いよね」と言ったので、見ると
セーターを着ていた。Tシャツ姿の私を見て気
持が混乱したのかも知れない。こんばんは。

評論家のカツ鈴木さんは元エニ-・オールド・
タイムのマスターだが、先週、横須賀のカント
リー・ワールドのコンサートへ行けなかったと
コメントをいただいた。築地にあった思い出多
いエニ-は、地下鉄日比谷線の沿線にあったの
で、同じ日比谷線入谷駅にあったジューン・ア
ップル兼私の自宅からは行きやすく、本当によ
く通った。すぐ近くに日刊スポーツや東京スポ
ーツがあった。特に東京スポーツの記者が集る
店だった。それまで新聞記者とほとんど接触の
なかった私には、このエニ-で記者たちと知り
合い交際を深めて、プロレスやプロ野球などの
新しい世界に踏み込んだ。

あるときはジャイアント馬場の控室へ入れても
らって、そのでかさに腰を抜かした。ジャンボ
鶴田と同じテーブルで飲んだこともある。ある
日、北海道から巨人を応援に来た高校生の姪が、
記者席にわざわざ現れた長島監督に抱き上げら
れたことがあった。この年、長島巨人は最下位
でシーンズンを終わった。これらはいずれも東
京スポーツの記者が段取りをしてくれたのだっ
た。エニ-は出会いの場でもあったのだ。
しかし、そのエニ-もいまはもうない。7~8
年前に閉店し、カツさんは茅ヶ崎へ移住した。

エニーにて

そのカツさんがやはり評論家の宇田さんと共著
で「アコースティック・ギター名盤350」(
音楽出版社)を出版したそうだ。カントリー/
ブルーグラスの項目もあるとか。書店で発売中
だという。写真はエニ-が閉鎖する直前にD・
グリスマンと遊んだときのもの。このときグリ
スマンは美味しい「タイ料理」を食べたとかで
機嫌がよく、バンジョーをバリバリ弾いた。た
ぶんこんなことになるだろうと予感がして、本
間さんたちをエニ-に呼んでいたのだった。後
方に小さく顔が写っているのがカツさん。私は
翌々日ホテルでも話しをした。写真撮影はもち
ろん日本一の小森谷信治氏。

世間がまだ寝静まっているきょうの午前ニ時に
F1カナダ・グランプリがスタート。そして荒
れたレースも残る4周くらいから手に汗にぎる
はらはらドキドキのこのグランプリ最高の見せ
場があった。私などは両手で拳をにぎってがん
ばれポーズでテレビ画面に向かって叫び、叫ん
だあとでいま午前四時近いことに気が付いてハ
ッと我にかえる始末。それでも「行け-っ」琢
磨!と再び叫んでいた。ゴールの瞬間は勝った
ハミルトンしか写らなかったが、解説の今宮さ
んが「タクマ6位!タクマ6位!」と声を震わ
して繰返したのを聞いた瞬間、涙が出てしかた
がなかった。「もっとこのチームにファイナン
スを」と今宮さんはもっと興奮!

スーパー・アグリ・ホンダの佐藤琢磨が、最後
の6周、8位ぎりぎりの入賞位置から渾身の勝
負に出た。レースはコンクリート・ウオールに
次々に接触するドライバーによって4、5回も
中断し、そのつどレース態勢を整えるセーフテ
ィー・カー(ベンツ)が導入された。コースに
残っているのは22台中12台のみ。コースは
レースラインを外れるとタイヤカスなどで滑り
易く追越しイコール自滅を意味した。悪戦苦闘
のすえに奇跡的にこぎつけた入賞8位。しかし
琢磨はそれで満足するドライバーじゃなかった。
8位にいるよりも「レースをする」選択をした
のだ。タイヤは大丈夫責められる。

はじめはトヨタのラルフ・シューマッハ-に襲
いかかった。イン側からパスしようと直線で踏
むが、並ぶところまでだった。国際映像も琢磨
の「パス」をねらっている。やはりコースを外
れると滑って無理なのかと思ってると、今度は
アウトから並んだ。踏み続ける琢磨!ブレーキ
ングで勝った、するするとコーナーを先に抜け
た。「パス!ラルフに勝った」と見てる私はガ
ッツポーズ。これで7位2ポイントだ!よくや
ったと大きく深呼吸。「ラルフは一台分あけて
くれたね」と今宮さん。しかし、滑って自滅す
ることが心配でたまらなかった様子。国際映像
は新人で勝負強いルイス・ハミルトンの優勝へ
突き進む映像に切替えた。

ところがまたまた琢磨の赤白カーを映し出す。
なんとチャンピオン、アロンソに近づいている
ではないか。「えっ、これは何だ!」アロンソ
がおかしい。スローダウンじゃないけど、プッ
シュ出来ないでクルージング状態だ。「どうす
るの?琢磨!」アロンソまでパスするのか。ヤ
バいよ、行く気だよ。エーッ、こいつは大変だ
っ!ぴったりうしろについたよ。数百億円以上
の年間予算でF1界に君臨するチームのチャン
ピオン・カーを、低い数十億円チームのジャパ
ニーズ・マシンがパスする瞬間だ!横に出た。
またまたブレーキングだ!「おー!抜いた!」
「抜いたー!やったー!」「琢磨すごい!」
スカパーから地上波8チャンネルに切り替える。

何だ、こっちの伊藤アナウンサーの方が何倍も
リアリティーがある。「タクマー!」と叫ぶ実
況の迫力が素晴らしい臨場感だ。解説の片山右
京の興奮も伝わる。盛上がってるなあ。だが、
慣れた今宮川井路線がいいのでスカパーへ切替
える。「スーパー・アグリ・チームにもっとス
ポンサーを」お願いしますと今宮さん。お金の
不足で悩むチームの現状をよく知ってるのだ。
しかし、ここでも勝利に沸くハミルトン、2位
のハイドフェルド、3位ブルツの表彰台組みが
映像独占で佐藤琢磨の歓喜の姿は見られなかっ
た。たぶん、きょうの夜のフジ「スポルト」で
放送されるだろう。楽しかった。久しぶりで満
喫のF1グランプリだった。サンキュー!













年金問題に一言のリルコミだあニャロメ

この季節にはだいぶ涼しかった小平でしたが、
現場仕事的にはもうけものできっと次から次ぎ
へとはかいったと思ったが、きょうは現場無し。
あさからお米を精米に行ったりしてのんびりと
自営業の自由さを満喫していた。ところがお昼
に、東京都から派遣された「サッシ屋」さんが
風呂場のドアを直しに来たから大変。壊れた箇
所を説明したり、相手が現場写真を撮るのを手
伝ったりして、その他忙しさ百パーセント。す
っかり調子が狂ってしまい、昼食も午後二時近
くなった。糖尿の食事療法中なのにこんなに時
間がずれた!誰の責任だあ、といらいらおにぎ
り三つ食べると、あら、不思議ね。おこりんぼ
気分が全部飛んでっちゃった!でした。もう少
しでヤな親父になりそうだった。こんばんは。

世の中「年金問題」で大騒動だけど、ついに安
倍首相がサミットへ出かける前の国会で、すべ
ての真犯人は民主党の管直人元厚生大臣に他な
らないと発言するに至った。一国の総理大臣が
名指しで、今回浮かび上がった年金記録の5千
万人にものぼるずさん管理の問題を言及したの
だ。夜のテレビニュースを見ていた私などは、
「えっ、そうだっけ」ときつねにばかされたよ
うにポカンと見ているだけだった。まあ、安倍
首相がここまではっきり国会で言ったのだから、
そうなのかも知れない。民主党はこの事実をど
うやって説明するんだろうか。そうなったら、
また楽しそうだ、とテレビを見ながら焼酎をな
めていた。国会の個人攻撃は迫力あるよなあと
、妻に相づちを求めたが・・・。

自民党はこれで勢いづいた。それっとばかりに
「ずさんな年金記録管理」の元凶は民主党の管
直人元厚生大臣だった!というポスターを数十
万枚も印刷して地方にばらまいたという。これ
を指揮した中川自民党幹事長も、「参院選はも
らった」とばかりにインタビューに応じていた。
ここまではいけいけどんどんで悪くはない。棚
からぼた餅。サッカーの試合で先取点を取った
ような「ヤッター」的気分だろう。政府自民党
としての立場を忘れたまんまであったが。とこ
ろがである。このポスターを地方に持って行く
と、なぜか不評だった。こんなにはっきりと言
い切って大丈夫なのか。悪質なビラと変わりな
いではないか。などなど。

自民党首脳陣が参院選の「決定打」となるだろ
うと制作したこのポスター。実は当時のずさん
管理の元凶となった時期は、管直人厚生大臣で
はなくて「小泉純一郎厚生大臣」だったことが
発覚。まったくの間違いだったことがテレビで
報道された。やっぱり、そうだったのかと、し
ばし茫然。安倍首相自身が、自ら管直人元厚生
大臣が真犯人だと調査発見したわけではないだ
ろうと思ったが、だとしたらそのブレーンはい
ささかお粗末ではないか。中川自民党幹事長の
あの鬼の首でも取ったようなはしゃぎぶりはい
までも目に焼付いているが、さてこの始末。安
倍首相も含めて、今度は政府自民党はどうやっ
てつくろうのか。ここまでの大チョンボは近来
聞いたことも見たこともない。責任はどうやっ
て取るのだろうか。かなり興味がある。

そもそも政府が一年間で集金した年金保険料は
いくらで、年金受給者は一年何人でいくら払っ
ているのか。伝え聞くプール保険料金の百五十
兆円はちゃんと残っているのか。この際だから
社会保険庁は国民に分かりやすく、金銭出納長
的に発表してくれないものかと思った。ずさん
な管理を第三者機関とかで解明することもさる
ことながら、集った年金が不正に使われていた
り、過大に支払われていなかったのかというこ
とも大事なことだ。巨大な金額を目の前にする
と、人間は手許が狂うこともままあることだ。
収支が狂っていてもそれは間違いとして理解は
出来る。是非とも現在高を知りたいと思った。

たとえば、税務署が商店に突然調査に来たとき、
まず第一に調べるのは現金が「帳面」と合って
いるかどうかを見る。会社法人の場合は別だが
個人商店は店主のポケットのお金も全部出させ
て調べるのだ。私は何度もこのような場面を見
たことがある。叔父が豊島区で電器店を経営し
てたので、税務署員が来たときの青白い心配げ
な顔は忘れられない。私も高校で朝鮮高校の連
中と殴り合って顔に青たん作ってたときなどは、
「あんたたち、元気出しなよ。だらしないわね」
と叔母にどやされたことがあった。このような
とき、叔父は決まって「商売は現金が大事だゾ」
と教えられたが、もちろん何のことか分かる筈
もなかった。

しかし、商売に限らず、人間社会はお金が血液
のように流れて成立っていることから、年金に
しても常に収支が合ってないといけない。たと
え不正があったとしてもそれも含めて現金がぴ
ったり合っていないと健全ではないのだ。年金
ずさん管理問題を安倍首相は一年間できちんと
直すと言明したが、ずさん管理問題が解明され
たとしても全体のお金が不明ではまたもとの木
阿弥だ。いっそ退職した税務員に社会保険庁を
まかせたらいいんじゃないかな。彼らだったら
信用に値いすると思えるが果たして。















「となりのトトロ」の森を守れ!のリルコミだあ

午後になってから雲が出て明日の天気が
くずれそうな予感がする夕方の小平から
こんばんは。

武蔵小金井駅前がきょうの現場だったが、
学生対象のアパートの空き部屋はお風呂
場にスティービー・ワンダーのテレホン
カードが貼付けてあった。ほとんどの空
室は本人もしくは引越屋さんが張紙残さ
ず空っぽにしていくので、こんな痕跡が
あるのは珍しかった。きつめの糊で貼付
けたのではがれなくなったのだろうと想
像したが、それにしてもスティービーと
はちょっとうれしくなった。いばらく眺
めているとテレホンカードのスティービ
ー・ワンダーなんてあったかな?と考え
たりしたが、はがしたら破けたのでポイ。

アニメ「となりのトトロ」が生まれる元
になった「淵の森」を残そうと募金が呼
びかけられている。1口千円。募金に協
力した人には宮崎駿監督のサイン入り感
謝状が贈られるという。淵の森は東京の
東村山市と埼玉県の所沢市にまたがって
いるおよそ1400坪の面積で、柳瀬川
が流れ貴重な鳥獣も棲む自然が濃いとこ
ろだ。この淵の森近くに住む宮崎監督は
お散歩コースになっていて、ここであの
名作「となりのトトロ」のアイデアを練
ったという。ところが、南側の500坪
に宅地化計画が持ち上がった。資金不足
に悩む東村山市は宅地化を拒めない。

しからば募金を集めて東村山市に寄付を
して「淵の森」の公有地化を計ろうとい
うもの。淵の森の自然を残そう!東無山
市民連絡会を新たに立ち上げた。会長は
宮崎監督。東村山市は小平市のとなりだ
が、小平のようにブリジストンや日立な
どの会社はなく税金収入が少ないのも事
実。宮崎監督も自ら募金を申し出ている。

募金方法
1口千円(何口でも可)
振込先 東京都民銀行秋津支店
    普通口座0601496
    「淵の森保全連絡協議会会計
    栗原保男」

北九州のエルビス吉川さんにイギリスB
BCから電話がかかり、「あなたの動画
を見せてほしい」と依頼があったそうだ。
ホントにBBCですかと本人が確認する
と、「私はBBCで働いてます。父が日
本人で母がイギリス人です」と流暢な日
本語を話したそうだ。エルビス吉川さん
は、「インターネットって恐いですね」
とあまりの唐突さに驚いていた。BBC
の目的は、地球上のエルビスもどきの世
界大会を計画中で、そのための日本人ナ
ンバーワンを求めているのだ説明したと
いう。すると、当然ながら日本にも何名
かの有名エルビスが存在しているから、
予選なども必要になって来る。

「オレはいつも準備オーケーさ」と我ら
がエルビス吉川。しかし、その予選大会
はいつなのかと聞けば「来週東京でやる
らしいよ」というではないか。ムムムム
いきなり早すぎるなあ。私はきのうのき
ょうだったので情報確認のシンジケート
に調査以来をしていなかったが、考えて
みれば破天荒な企画ではあるがやれない
ことではないことだと思った。ましてや
アメリカン・ミュージックについてはイ
ギリス人の方が信憑性がある。しかし、
唐突な電話は限りなくミステリーを帯び
て来ることは横溝正史も書いているでは
ないか。晴れて日本一となったエルビス
吉川が世界大会をめざす姿を私はイメー
ジしているが、果たして!




















ムーンシャイナ-誌6月号はオヤジ族必見のF&S特集のリルコミだあ

きょうもさわやか天気だった小平から
こんばんは。

きのうの横須賀カントリー・ワールド
・コンサートのレポートに早速コメン
トをいただいた島田さんは、あの大評
論家の島田耕さんでした。そんな偉い
方からお励ましを頂戴出来るなんて、
もの書きの端くれにとっては有難く冥
利につきます。当日、ロビーでは島田
さんの他に、ビューティフル・ピープ
ルの宇佐美さん、日大OBの小川さん、
そして島田啓子さんなどにお会いしま
したが、お話しはいつものように二言
三言。なかなか長い話しは出来ないも
のだ。島田さんは帰りの電車の時間を
心配してくれましたが、どうやら電車
のあるうちに帰宅しました。

久しぶりの本格的なカントリーのコン
サートだったせいか、ロビーはどこか
大学の同窓会ようだった。しかしこの
ような雰囲気は何度味わっても悪いも
のじゃなくて、あちこちで「元気?」
と声をかけあう仲間の輪が見られて、
私の顔もニコニコとつられて幸せにな
りました。カントリーを愛する人々に
とっては6月2日の前夜祭と3日のコ
ンサートは何にも増して特別な日にな
っただろうと思いました。今後にこの
ようなことが再びあるのかどうかは分
かりませんが、是非また行きたい気持
です。



ムーンシャイナ-誌6月号が届いたら、
開けてびっくり、表紙には若いレスタ
ーとスクラッグスがカラーで写ってる
ではないか。バンジョーヘッドのチュ
ーナー部分は金属カバーが付いてて、
魔法といわれてた秘密奏法を隠してい
るのがバッチリ。さりげない表紙にも
編集者の極上のセンスが出ている。好
き者はこうでなくっちゃ。中身にもと
きならぬフラット&スクラッグスの大
特集号になっている。「あら、こんな
に」特集して大丈夫なの?と好き者オ
ヤジはムーンシャイナ-誌の商売を心
配しつつ、にやにや。読書にふけたの
でした。

しかし、ニュース・ページに戻ると、
そこには悲しい知らせがあった。梅田
ナカイ楽器の名物おばちゃんとしてブ
ルーグラス・ファンに親しまれてきた
中井克栄さんが、5月9日に急逝した
と写真入りで掲載されていた。亡くな
る前日までいつもの場所、阪急グラン
ドビル店で働いていたという。大阪と
いえば梅田ナカイ楽器がすぐに頭に浮
かぶ。東京にいるブルーグラス人にと
っては、関西のブルーグラス・シーン
というとまずはBOMを思い浮かべる
が、同時にウメナカへ寄ってみようと
思い描く。常にブルーグラスのお店と
して心の中に存在した。

そこの名物おばちゃんが亡くなったこ
とは、日本のブルーグラス界にとって
は大きな損失だと思う。いまでは何店
鋪まで拡張しているのか見当もつかな
いが、ウメナカさんはあくまでもブル
ーグラスのお店だった。かつてジュー
ンアップル誌が続いていたときに、「
私は日本で一番この雑誌を売ってみせ
るワ」といってご挨拶に立寄った私を
喜ばせたことがあった。事実、その後
お茶の水のイシバシ・ブック・サイド
を抜いて日本で一番売れたお店になっ
た。そのことを伝えに寄ったときの喜
んだ顔が忘れられない。トニ-・ライ
スに握手されてくしゃくしゃに喜んだ
顔も忘れない。私にとって大事な人だ
った。ご冥福を祈ります。








横須賀芸術劇場カントリー・ワールド・コンサート第二弾レポートのリルコミだあ

連日の初夏気分。
さわやかなそよかぜの中徒歩10分の、
小平駅そばの眼科に眼底検査に行った。
すると超満員で、立って待ってる患者も
いるではないか。いらいら感の混じった
空気の中を恐る恐る受付に行き、低い声
で「いつが空いているのか」と聞けば、
やはり低い声で「朝一番」に来てくださ
いと教えてくれた。「眼科も混んでいる
のか」と思った。小平はひょっとして開
業医の天国だったりしてとタメ息が出た。
まだ明るい小平からこんばんは。

横須賀芸術劇場などは普段まったく縁の
ない場所だが、横須賀市制100周年記
念イベントとして、「Y’Sカントリー
・ワールド」コンサートが6月2日3日
とあって、その会場がここだった。テレ
ビで見るウィーン・フィルの拠点のよう
に、二階三階四階はステージから等距離
の半円形で、ヨーロッパ中世の貴族が現
れそうな完全なクラシック・コンサート
会場だった。開演時間は午後5時。私た
ちカントリーシャツを着てない変な集団
は、開場時間4時を控えてドブ板通りの
メキシカン・フードの店でタコスをつま
みにビールを飲んでいた。

妻は「タコライス」にクランベリー・ジ
ュースの取り合わせが美味しいらしく、
上機嫌だった。レタスを噛むしゃきしゃ
き音をたてている。壁に掛けてあったギ
ルド・ギターを見つけたキング・サイズ
・トリオは、ミュージシャン本来の性質
をむき出して、「あれはまだアメリカ製
だ」と盛上がってたが、私は100本く
らいのタバスコを並べて写したポスター
に見入っていた。となりにカラフルなと
うがらしの写真もあった。辛そうだ。

以前、D・グリスマンとメキシカン料理
屋に行ったとき、すすめられて食べた料
理のあまりの辛さに苦しんだばかりか、
下痢までしたことがあったが、この店で
はそんな心配は要らない。キング・サイ
ズ・トリオは仲良く向合って、今度は古
い73年頃の日比谷ブルーグラス・コン
ベンションの話しをしていた。昼食用に
出された「ケンタッキー・フライド・チ
キン」の夢のように美味しかったことが
忘れられないといい合っていた。うん、
あれは最高だった。おそらく誰も食べた
ことがなかった筈だとS氏は力説する。

キング・サイズ・トリオ。実は元は日大
サンズ・オブ・ホーボーズで、社会に出
てからモダン・フォークをやりだした変
わり種。コピーバンドがほとんどの日本
のモダン・フォーク界にあって、コピー
は一切しないというのが身上。途中で成
城大OBのベースマンを雇って四人メン
バーとなった。日本モダン・フォーク界
で異端児と呼ばれながらも人気者である。
本日、「トリオ」で登場したわけは、バ
ンジョーなどを器用にこなすTが私と同
じ脳硬塞で入院中のため。しかも再発。

横須賀芸術劇場は外壁がコンクリート造
りで、新築のようだった。エスカレータ
ーが入口まで連れて行ってくれた。規模
は非常にモダンでデカい。ロビーでたむ
ろしてると、栃木のダン吉くんにバッタ
リ出会って「ヤーヤー」「元気?」とい
つもの挨拶。「きのうも来たんだよ!」
とダン吉くん。アーチストはよかったけ
ど、PAが最悪だった。「えっ、何それ
?」とPAが話題に。あたりはグッズ・
ショップにたくさんの着飾ったカントー
リ-娘が群がっていた。カウボーイ・ブ
ーツのショップもあった。

ブザーが鳴ったらいきなり麻田浩さんが
登場した。本日のMCだと自己紹介した
が、何も知らないかよわい私はびっくり。
ナゼこのようなカントリーのコンサート
に登場するのかと最後まで分からなかっ
た。麻田さんの紹介でまずはきょうのメ
イン、「ザ・プレイヤーズ」でキックオ
フ。メンバーそれぞれが関係したCDの
売上枚数が全世界で7億枚を越えるとい
う、まさにナッシュビルが世界に誇るス
ーパーマンの集団だ。ボーズ頭のベース
マン、マイケル・ローズが常にタイミン
グをリードしながら曲をこなす。

生で是非見たかったブレント・メイソン
が速弾きのフレーズを決める。世界中の
ギター弾きが真似しようと探り尽くした
といわれるテレキャスターがうなりを上
げる。チョ-キングしたときの顔を見て、
もっと繊細な表情を想像してたら、意外
にもかなりワイルドだった。このプレイ
ヤーズではリーダー的な存在らしく、リ
ードボーカルで歌もうたった。ペダル・
スティールのポール・フランクリンも私
にとっては長い間のアイドルだった。

リッキー・スキャッグスがカントリーを
歌ってヒットを連発してスターに登り詰
めているとき、バンドを結成したときの
花形メンバーだったのが、ポール・フラ
ンクリンだった。その後、あまりの高額
ギャラのためリッキーは手放さざるを得
なくなったというプレイヤーだが、私は
ダイヤー・ストレイツの「ワールド・ツ
アー・メンバー」(83年)にいたポー
ルを発見して大喜びしたことを覚えてい
る。静かに、しかし素晴らしい音を連続
して出しつつ集中していた。あこがれの
ミュージシャンが目の前にいる。

マンディー・バーネットが登場。といっ
てもカントリーは専門外なので、ちらち
らパンフレットを横目で見ながらの観賞。
一曲目は何と「エニ-・オールド・タイ
ム」だった。若干、マリア・マルダ-の
都会風アレンジよりもカントリー的だっ
たが、しかしボーカルの迫力といい歌唱
力は圧倒的で、ハイトーンもすべて表の
声で歌い尽くすという物凄いもので、こ
んなカントリーは初めてだった。スタイ
ルも抜群で顔もよく、こんなに素敵な歌
手が大ヒットに恵まれないなんて・・と
半ば放心状態で眺めてました。キング・
サイズのH氏は「ウエストを締め付けす
ぎてる」と言ってましたが。

私にとってはきょうのコンサート一番の
アーチスト、ロドニー・クロウエルが登
場した。はじめはギター一本で弾き語り。
二曲目途中からプレイヤーズがバックに
ついて、いわゆる懐かしいシンガーソン
グ・ライターの音がステージ一杯に広が
った。目をつぶると70年代を彷佛出来
るのだ。そう思ってたら、エミルー・ハ
リスが初期「エリート・ホテル」で取上
げた「ティル・アイ・ゲイン・コントロ
ール・アゲイン」を歌った。

これぞロドニ-・クロウエルだ。有名な
ソング・フォー・ザ・ライフもいいけど、
私にはこの曲がベスト。だんだんと私好
みになって来て、ロドニ-が終わったら、
次は「ガイ・クラーク」ですと麻田さん
が言うのかも知れないなんてありえない
ことを思ったりした。ロドニ-はディラ
ンの「ライク・ア・ローリング・ストー
ン」も歌った。慣れてるみたいですっか
りマイペースだった。バックのプレイヤ
ーズとは打合せが済んでたとは思えなか
ったが、録音状態のように聞こえた。ロ
ドニ-は5曲を歌って下がった。

最後に登場したのはパム・ティリスだっ
た。有名なナッシュビル・カントリー・
スター、「メル・ティリス」がお父さん
だそうで、このコンサートの主役。カン
トリー・チャートで7曲のナンバーワン
を持ち、アルバムを700万枚を売って
いる堂々たるトップ・シンガーである。
会場全体から拍手が鳴り響いたのはこの
人だけだった。しかし、私と妻は悲しい
かな歌われる曲を知らない。そして素晴
らしいバランスで歌われるボーカルとバ
ックのパフォーマンスを楽しむも、曲も
本人も知らないと盛上がれない。

最後に「ミュール・スキナ-・ブルース」
を熱唱。このときとばかりにショーマン
シップを発揮して、さすがの実力を出し
た。熊本阿蘇のカントリー・ゴールドに
も出演したわと語った。もうすぐ50歳
とは見えない若さ溢れたステージだった。
私と妻は3000円のニ階席だったが、
ステージまでは近かったので顔の表情は
よく見えていた。歌手やバッキングの顔
を見れたので楽しかったが、ダン吉くん
のいった通り、PAはよくなかった。

クラシックの会場にPAをセットするの
が無理があるのかも知れないが、二階席
は最悪だったことを主催者は知っている
のだろうかと思った。カントリーはダン
ス・ミュージックだけじゃないのだよと
いいたくなった。しかし、それ以外はパ
ーフェクトではなかったが、関係者の努
力が十分に伝わった貴重なコンサートだ
った。いつか、ブルーグラスのスーパー
・ピッカーのコンサートを日本で見たい
と思ったのは私だけではない筈だ。メン
バーは想像にまかせたい。




























横須賀100周年カントリー・コンサート・レポート第一弾のリルコミだあ

本日の小平は夏の陽気だったが湿気も少なく、
そのせいか空気も軽くとてもさわやかだった。
沈む夕日を横目にこんばんは。

きのうは海軍カレーの町「横須賀100歳」
でにぎわう横須賀市へ、コンサートを見に妻
と出かけました。午前9時半JR国分寺駅か
ら品川駅へ。ここで京浜急行に乗換えて横須
賀中央駅着11時10分。正味1時間40分
は速かった。その原因は京急電車の「快特」
なる電車の速いこと。住宅地の中をぶっ飛ば
して、「あっ」という間に横浜駅だった。若
いころ、京急に乗って「鮫洲駅」まで自動車
の運転免許の更新に行ったことがあったが、
そのころは当然、快特なんてバカ速電車はな
かった。超便利になったものだ。
横須賀中央駅から徒歩で米軍基地へ。迷うこ
とはなかった。私たちはただ歩行者の流れに
ついて行けばよかった。

迷彩服の軍人による持ち物検査を通り抜ける
と、最初の露店に出くわした。アーチ型横長
テントでは飲み物と巨大な鳥のモモ足を売っ
ていた。露店は4~5人のおねえちゃんがフ
ロントに並び、その後方には10人ほどの男
性陣がパンを焼いたり肉を炒めていた。いず
れもアジア人に見えた。お客さんは巨大な鳥
モモ足を買って、大きな口をあけてかぶりつ
いている。露店の周囲におよそ100人ほど
のお客さんが群れている。親子連れが目立っ
た。ハハン、あの大きな鳥モモ足は「七面鳥
だよね」と発見。だとしたら、「旨くないは
ずだ」と買いたい欲を押さえる。

露天

となりでいきなりロックバンドが始まった。
エレベ-の音がでかいなあと思いつつ300
円のビールを飲む。「味が薄い。何物だ」と
いくらか赤色のビールを見つめ直したが、そ
のまま飲んだ。ロックバンドに女性ボーカル
が加わった。ここでようやくバンドがフィリ
ピン人だと分かった。店内のおねえちゃんが
「タガログ語」を話したのを聞いて、「この
店はフィリピン人なんだ」と理解。バンドは
たぶん客寄せなのだろう。同じ仲間なのだ。
ねばっこい女性ボーカルが英語で歌っていた。
曲名なんてまるで知らない。

尚も進むと海が見えた。海には軍艦が見える。
海に沿ってのろのろ集団移動のように進むと、
特設ステージがあって、そこでは日本人カン
トリーバンドが演奏していた。どうやら全員
が若そうだ。イーグルスやCCRのナンバー
をやっている。しかし、暑い。かんかん照り
の太陽がまぶしくて、そのうえ隠れ場所がな
い。じりじりと肌が焼かれる中で、同じコス
チュームにテンガロンハットをかぶった大集
団が、曲に合わせてダンスを踊り始めた。い
わずと知れた「カントリーダンス」の集団だ。
リーダーはおばちゃんのようだが、踊り手も
ほとんどがおばちゃんだった。恐るべしおば
ちゃんパワー。暑さなんて飛んでけ!

カントリーダンス

軍艦見物は長蛇の列を見て息を飲んでやめた。
子どもへのおみやげにとピッザを買ったが、
四十分並んで買った。特設ステージ脇にはフ
ィリピン露店と同じような露店がたくさんあ
った。ハンバーガー、サンドイッチ、ドリン
ク、ピッザ、ジャンクフードなど、これがア
メリカンスタイルと思えるものに、目の色を
変えた日本人が群がる。黒人がジュージュー
ミンチ肉を焼いていたけど、あれは旨そうだ
った。これこそアメリカじゃないかと、ニオ
イだけで飛んでしまった。私たちは長野赴任
帰りの谷口さんと、「ザ・キング・サイズ・
トリオ」の三人と偶然合流して、総勢6人の
団体に変わっていた。誰かと遭遇するだろう
と予想していたが、やはりいるべき人たちに
出会ったのだ。

コンサートまでは時間があり余っていた。マ
ックなどよりもかなりでかいハンバーガーに
歯を立てているキング・サイズの連中と、駐
車場のようなところに直に座った。近くにオ
ヤジたちのカントリーダンスがいた。炎天下
だけどしかたがない。やはり味がないビール
で再会に乾杯!「これって、アルコールはゼ
ロか?」と急遽話題となった。茶色、ビール
色とどうやら二種類あるようだったが、どち
らを飲んでみても味は極端に薄い。ビール特
有の強い炭酸もほんの少しだった。「ビール」
と売られていたから「ビールの味」がすると
勘違いしているのではないか。しかし、飲む
のはやめない。キング・サイズの入来さんと
Hさんはきのうから横須賀に来ていた。

ジャパニーズ・ブルーグラス・バンドなどが
出演した「前夜祭」をばっちり見ていたのだ。
「三田ひろしが若いスーパー・カントリーを
バックに歌ったのがよかった」久しぶりに燃
えた三田ひろしを見たらしい。

ここで長い仕事の電話がかかってしまい、気
分が仕事モードになってしまった。続編は明
日にします。










明日3日は横須賀芸術劇場「ザ・プレイヤーズ」のコンサートだのリルコミだあ

もやのかかったようにぼんやりと日がさす
小平でしたが、時おり風が吹くとすずしく
なって気持ちがよかった。やはり夏を感じ
るこのごろです。こんばんは。

東北新幹線に乗って北国の実家の法事に行
ってきました。一年前、渓流釣りに行った
まま心臓発作に倒れた兄の一周忌法要が三
十日に行なわれ、普段見ることのない親戚
たちに混じって合掌し、懇談してきました。
兄は家の跡取りだったためかウイークデー
にも関わらず出席者も多く、中には車椅子
を押されて来たおばあちゃんもいた。もち
ろん、私にその正体は不明だった。会場は
葬儀と同じ実家の仏間とそのとなりの十畳
間が当てられた。禅宗陽田寺住職と若い弟
子によるお経がおよそ15分で終わると、
住職のお話がやはり15分ほどあって法事
は終了した。少しあっけないような印象だ
ったが、大きなお膳の前に移って食事とな
ってからが長かった。

正面に住職とお弟子さんが着き、左右に実
家に近い順番で座る。聞けば、この席順に
最も神経を使うとか。実質すべてを取り仕
切った兄嫁は、席順だけのために長老と数
回の打合せを行なったと法事のあと語って
いた。何しろ複雑なのだそうだ。私は上手
の末座に座ったが、食事の間中ビール片手
に必殺つぎ役と化していた。親戚との付き
合いをほとんどして来なかったため、私が
次男であることを説明するのが難しかった。
それでも食事会は午後三時すぎにはお開き
となって、親戚たちはまだ日が高い中を帰
って行った。住職は帰り際に「明日、お寺
に来なさい」と一言。位牌を持って行く役
目となった。

北国はいま藤の花が盛りだった。新幹線か
らも山に咲く紫色の藤が見えて、となりの
老夫婦は指を差して「あっちこっち」と眺
めて楽しんでいた。若葉に覆われた山も美
しく、庭のつつじも満開でまさに春爛漫の
空気が一杯だった。法事のあと実家に数日
残って兄嫁と色々な整理をした。最も困難
だと思われた90歳の親父と、財産分与に
関しての話しが出来たことがうれしかった。
実家に残って献身的に家事をする兄嫁が安
心できるようにと説得を続ける私のことを
認めてくれたのだった。しかし、昔堅気の
頑固一徹の親父には、嫁は嫁でしかなく兄
の代わりにはならないという考えは変わら
ないので、これから先も心配は残る。

朝霧フェス、法事とイベントが続いたが、
明日は横須賀芸術劇場へ「ザ・プレイヤー
ズ」をバックに歌うロドニ-・クロウエル
のコンサートを見に行きます。そのうえ横
須賀市は市制100年とかで米軍基地を一
般解放する。軍艦やその他、普段見れない
物をばっちり見られるとあって見逃す手は
ない。海軍軍楽隊のブラスバンド演奏もあ
るそうだ。「海軍カレーも食べたい」と妻
が言ってるので、明日は大イベントの予感。













«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ