FC2ブログ

2007-11

Latest Entries

「Will The Circle be Unbroken」三部作は凄いぞ!リルコミだあ

厚い雲がたれこめた暗い日中だったが夕方雲の切れ目に
ようやく日ざしが見えた小平からこんばんは。

我家のサッカー小僧がスーパー「西友小平店」でバイト
するんだといって本日、面接を受けてきたらしい。私に
は直接いわなかったが、休日で家にいた長男と会話して
いるのが筒抜けだった。サッカーに明け暮れしていたの
に、専門学校の合格も決定したのでようやくアルバイト
の時間が取れるようになったのだろうか。我家は1ヶ月
にいちど定額のおこずかいをあげているだけだが、妻が
いうにはまるで足りない様子だったらしい。アルバイト
は長男も長女も高校生で経験しているので、まあ高校三
年生としては普通の行動である。サッカーゲームをセッ
トしているサッカー小僧にどんな仕事をするのかと聞く
と、「品出しだって。でも受かってからだよ」との返事。
正式にアルバイトが決定したら、精一杯働いて大いに稼
いでもらって、「お正月のお年玉は要らないから」とい
ってくれないかなあ。


Will the Circle be Unbroken

ジョン・コーワンがスローテンポにアレンジして歌った
「ダーク・アズ・ア・ダンジョン」を聞いていたら、大
昔の「Will the Circle be Unbroken」(ニッティー・
グリッティー・ダート・バンド1972年)の中にあっ
た「マール・トラビス」のバージョンを聞きたくなって
分厚い2枚組CDを出して、およそ三十年ぶりに聞いた
のだった。こういう衝動は私だけに限らないと思うが、
御大将のマール・トラビスはかすかな記憶通りに、実に
淡々と、職人的に静かに染みるように歌っていたのだっ
た。ジョンはあの通りのシャウト派だから、シャウトし
て歌う解釈も素晴らしい出来ばえだが、マール・トラビ
スを知っている者としては、どうしても振返って聞きた
かった。ところが、このアルバムを出したついでにドッ
ク・ワトソンの「ウエイ・ダウンタウン」や、ジミ-・
マーティンの「サニー・サイド・オブ・ザ・マウンテン
」をつい聞いてしまったら、なんと元気な音楽だったの
だろうかと今さらながら驚いてしまった。エネルギーが
ほとばしるっていうが、このセッションが行なわれた
1972年当時のドックもジミ-・マーティンもまさに
百パーセント明るく超元気な録音ぶりである。こんなブ
ルーグラスは近ごろはまったく聞けないものだ。他にマ
ザー・メイベル・カーターのボーカル&ギターも「キー
プ・オン・ザ・サニー・サイド」で鮮やかに聞ける。ま
たアール・スクラッグスも快調だった。いまこのような
アルバム制作は不可能だから、年月を経ると増々貴重な
ものとして歴史に残っていくだろう。ここに収められた
合計38曲はすべてパーフェクト!


Vol.2


Vol.3

「Will the Circle be Unbroken」は、その後1989
年にニューグラス・リバイバルやマーク・おコーナー、
ジェリー・ダグラスをメインゲストにした「Volume 2」
を発表。そしてデル・マッカーリ-・バンドやタジ・マ
ハ-ル、アリソン・クラウスなどを迎えた「Volume 3」
が2002年に出て、それで堂々たる三部作が完結した。
プロデューサーの「ランディ・スクラッグス」は、三部
作のそれぞれの最後にギターソロを弾いているが、「
Both Side Now」「Amazing Grace」と続き、「Farther
Along」で締めた。このシリーズではなかったが、この
三部作のおかげで誕生したアルバムがある。タイトルは
「THE UNBROKEN CIRCLE」というもので、全曲オリジナ
ル・カーター・ファミリーを歌った非常にハートフルな
素敵なアルバムである。中でも「No Depression In
Heaven」を歌ったシェリル・クロウがいい。そしてこの
録音が最後?となったジョニ-・キャッシュの「Engine
One-Forty-Three」が何とも泣けて来る。カーター・フ
ァミリー好きには大きな贈り物である。



THE UNBROKEN CIRCLE












«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ