AX

2008-03

Latest Entries

明日からガソリン値下げ!民主党など野党はがんばった!リルコミだあ

連日の雨が降り気温も低くとても春真っ盛りとは
思えない小平地方でしたが、午後には雨がやんで
夕方にはウソのような晴天になった。先日、もう
いちど寒い日が来ると決めて買った18リッター
の灯油も見事に役に立った。こんばんは。

きょうで年度末。明日から新しい仕事が始り、も
うすぐ新学期もスタートする。そして政治家が綱
を引合った結果、高いガソリンが明日から25円
安くなる。ただ、スタンドによってはバラ付きが
出るらしく、これは高いときに仕入れたガソリン
をきょうまでにさばき切れなかったスタンドがあ
るからだという。私がガソリンやオイルを入れて
るスタンドは、「当然、4月1日から安くする」
安く出来ないスタンドに今後もお客さんが行くだ
ろうか、といっていた。自民党と公明党の政治家
たちはなぜだか分からないが、「安くなると大混
乱」になると大きな声で言って、あんた、国民の
味方なの?と疑いたくなるように混乱を煽ってい
た。しかし、小平のスタンドはしっかり準備して
いるらしいのだ。少なからず「混乱」をしている
ようには見えなかった。

では、この暫定税率を民主党などが主張する一般
税率化にしちゃった場合に、どこが「大混乱」に
陥るのかというと、どうも地方自治体のあらかじ
め予定してた道路が作れなくなるらしいのだ。目
の前のでこぼこ道とかの生活必要道路が作れない
と地方自治体が困るらしい。そこで、それは本意
ではないと民主党などの野党も譲歩して、ガソリ
ン税を除いた道路特定財源を5月まで延ばす「つ
なぎ法案」に賛成した。だから、地方は一応おさ
まって、そして明日1日からは間違いなくガソリ
ンは25円安くなる。私のように毎日近所をうろ
ついてるだけの者にも一気に1リッター、「マイ
ナス25円」の安さは強烈である。しかし、福田
首相は、先日の記者会見で暫定道路特別財源を来
年から道路以外でも使える「一般財源」の直すと
発表して、一年間待ってほしいといったが、この
発言だって当の福田首相が首相でなかったらと考
えるとあてには出来ない。

そもそも暫定何とかが30年以上も継続され、こ
こに来て尚も10年延ばそうという。暫定がこん
なにも長期間続くなんてまったくおかしなことだ。
しかも、参議院で民主党など野党が勝ったおかげ
で、国民の税金の使い道の「調査権」を獲得した
おかげで、この暫定道路特別財源の中身もこの調
査権で調べたら、一晩ひとり「9万円の旅行」に
行ったことなどがごっそり、次々に発見されてい
る。私は、私にも分けてちょうだいという気持を
引っ込めて、「国民の税金で甘いことをしやがっ
て、てめーら、人間じゃない!」と怒るのだった。
しかも、こんな暫定予算を自民党と公明党は継続
するというではないか。衆議院では多数だから、
ガソリン税も元に戻すらしいのだが、果たして。

どうして「値下げ」がよくないのか。大混乱にな
るだとかいって値下げを必死に阻止しようとする
政治家の気持が私には分からない。先日、確定申
告が終わったので「控除」が少なくなったことを
体験した方も少なくないと考えるが、このような
政府自民党の看板のような「恒久減税」は、いつ
の間にか廃止されているのだ。言葉遊びじゃない
けど、暫定と恒久を比べると30年以上ももった
暫定が強いことになるらしいのが不思議だ。恒久
減税を唱えて実行したのは、私と同じ脳硬塞で、
同じときに発症して同じ病院で亡くなった小淵元
首相だったが、いまの政府のやってることを何と
見ているのだろうか。同じことは東京都にもいえ
る。先日の新銀行東京の400億円追加融資でも、
都民80%近い反対を押し切って、石原都知事を
支える自民党と公明党の都議が賛成多数で可決、
追加融資が決定した。引くに引けない、降りるに
降りられない、認めたくても認められないという
ようなパワーゲームに、日本国が支配されている
のだろうか。次の選挙が楽しみですね。











マロ・カワバタ&サミー・シーラー、アンディ・ボール,秋元慎!日本ツアーも目の前!リルコミだあ

午後から雨になった小平ですが東京各地ではお花見の
最中だった。桜見では都内有数の小金井公園でも車が
公園入口から溢れていましたが、本当にあいにくの雨
でした。こんばんは。

毎年の年度末は日曜日もなく仕事をしてますが、きょ
うは小金井市緑町が現場だった。パート先が春休み中
の妻と午前9時に現場に着くと、見知らぬ若いペンキ
屋さんが「タッチアップ」をしていた。誰もいないは
ずの現場なのに、知らないのがいたのでびっくり。ペ
ンキ屋さんは予定通り、各所の細かい直しをしている
のだといったので、これは請負ったクロス屋社長の連
絡ミスだった。こういう作業工程に行き違いのミスが
あると、例えば床ワックスの乾かないうちに違う職人
が現場に入ってしまって、足跡が付いてやり直しにな
るのだ。きょうも先にペンキ屋さんがいたから、塗っ
た箇所をマークしてもらって作業にかかれた。これが
塗ったあと現場に誰もいなかったら、こんどはペンキ
屋さんのやり直しになるところだった。クロス屋の社
長は、きょうは恐らくは休日で競馬でもやってるに違
いない。明日、別の現場で会うことだろうから、そし
たら冷やかしてやろうと思った。年度末も明日で大詰
め。私も少し疲れ気味だ。

実はきょうはリルコミがお休みの日ですが、私はまだ
会ったことがないギター&ボーカルのマロ・カワバタ
さんが、バンジョーのサミー・シーラー、ベースのア
ンディ・ボール、マンドリンの秋元慎というファイン
・ミュージシャンと共に、来日ツアーを行ないます。
このことをお知らせしたいがために本日、リルコミを
臨時で開きました。そういえばきのうも臨時でしたね。
さて、マロ・カワバタ&フレンズは4月11日(金)
の札幌ジッピーホールを皮切りに、4月20日(日)
横浜市従会館まで全国で9公演を行ないます。詳しく
こちらまで
マロ・カワバタとサミー・シーラーの
顔合わせでの来日ツアーは今回でニ度目だというが、
今回はそこに「秋元慎」がマンドリンで参加する。き
っとバランスのとれた素晴らしいグルーブ感を味わえ
ると思います。




北村謙の東海・関東ツアーのお知らせ!リルコミだあ

きょうも小平は冷たい風が吹いていたけど暖かいという
早春のいたずらっぽい天気でした。こんばんは。

きのうは思いがけない珍客と夕方から酒盛りをしたため、
そのあとに書いたブログが酔っ払い状態でした。今朝、
仕事に出ると案の定、久々の強力な二日酔が気持悪かっ
た。500ミリのお茶を2、3本飲むと、ようやく二日
酔が飛んでくれたらしく、仕事のエンジンもかかって、
夕方には現場を終わることが出来た。たかが二日酔でも
お互いが還暦が過ぎた体である。「年を考えろ!」と、
どこかから声が聞こえそうだった。ところが、実は二日
酔に備えて冷蔵庫には「ウコンドリンク」を2本用意し
てあったのだ。呑兵衛にとっては「飲む前のウコン」は
絶対に必要だよと認識してたのに忘れたのだった。それ
でも帰宅途中に宮城県の銘酒「浦霞」を買った。お刺身
には美味しいお酒だが、さすがにきょうは飲めない。

友人のバンジョーマン、北村謙さんが念願のクロウハン
マー・スタイルの教則本「KEN's Style Melodic Claw-
hammer Banjo」¥4,500.(税込送料別)を出版し
た。中身については1.Clawhammer Style の弾き方、
2.Openback Banjo のメンテナンス。3.Melodic Claw-
hammer のTAB譜。4.Double C Tuning コードブッ
クに分かれていて解りやすいそうだ。詳しくはこちら
その北村謙さんの東海・関東ツアーが目前に迫っている。
詳細は以下の通り。非常に味のある「バンジョーひとり
旅」とタイトルされたオリジナルのツアーだ。

「お元気ですか?僕は相変わらず元気です。、4月6日
から東海・関東ツアーに出かけます。みなさんと是非来
て下さい。」

●4月7日(月)『富安秀行レコ発ライブゲスト』
峠の茶屋 紋屋 豊川三河一宮

●4月8日(火) 『富安秀行レコ発ライブゲスト』 
ビストロ・ヒルマン 
静岡県浜松市東区西塚町309-5-1C
お問い合わせは Tel&Fax 053-463-4256
ビストロ・ヒルマン

●4月9日(水) 『北村 謙 Banjo ひとり旅』
 BACK IN TOWN 新宿曙橋
北村 謙(Banjo/Vocal)
開演19:30~2ステージ  
ライブチャージ/¥2625  
お問い合わせは 03-3353-4655
 BACK IN TOWN

●4月10日(木)『北村 謙 Banjo ひとり旅』
Bar PORTO 東日暮里5-40-8
北村 謙(Banjo/Vocal) 
池谷妙子(Autoharp)
開場19:00  開演19:30  
ライブチャージ/¥2500  
お問い合わせは 03-3891-6444
 Bar PORTO 

●4月12日(土)『北村 謙 Banjo ひとり旅』
 グラスオニオン 高田馬場1-17-18-B1
北村 謙(Banjo/Vocal) OA.有り
開場18:30 開演19:30 
ライブチャージ/¥1000+ONE DRINK Order
お問い合わせは 03-3205-8022
 グラスオニオン      

「暖かいとは言え季節の変わり目、お身体気を
つけて。 北村 謙」







予想外の珍客に盛上がった我家!リルコミだあ

ちょっと涼しかった春のいちにちでしたが小平は
相変わらずの桜満開状態。こんばんは。

きょうは友遠方より来るで、夕方4時すぎ、大工
さんのオフィスで見積についてどうのこうのとや
っていると、突然携帯が鳴った。友人からだった
ので、すぐにシビアな会話の飛交う席を立って外
へ出た。すると、出るか出ないかのうちに、「き
ょうは萩山に来てる」というではありませんか。
萩山とは西武線のド田舎路線駅ではないか。始末
の悪いことに我家のそばなのだ。仕事師、萩山に
は仕事に来たといったが、西武線でも指折りの田
舎路線に、必殺仕事人が来てみたって仕事が見つ
かるのだろうかと一抹の不安をおぼえたが、「じ
ゃあ、我家で一杯を」と応えて、本日は午後4時
すぎから思いもかけない酒盛りと相成ったのだっ
た。酒盛りは仕事師による軽妙な会話とともに私
の宵の口10時すぎまで続いたが、やがてお開き
して萩山駅へと送った。仕事師曰く、「今年の箱
根フェスには出るけんね」といって電車男となっ
た。それで、そこからブログに立ち向かっている
わけである。もはや酔い脳と化した頭から言葉が
出て来るはずもなく、ただの惰性となった恥ずか
しい文章にすぎないが、お許し願いたい。それに
しても、思いがけない春の珍事となった本日は、
私も相手以上にはしゃぎ、鹿児島産芋焼酎をたら
ふく飲んでしまったようだ。つい先日、ビールも
健康のために、「缶ビールひとつ」にしますと決
意をいった自分の態度には、ただいま非常に、山
のような後悔の念にさいなまれながらリルコミを
書いている。人生、大げさなことはいえないよね。

北九州市母原産「野ゼリ」はものすごい八頭美人だった!リルコミだあ

連日のぽかぽか陽気で桜も一気に満開状態に入った。
梅も好きだが桜の華やかさに見とれると梅も木蓮も
全部忘れてしまう小平なのでした。こんばんは。

きょうの現場は「三鷹市新町」だから少し遠いよと
言われても、「なに、三鷹だろ?」とタカをくくっ
て行くと、これがまた予想以上にえらい遠かった。
もう目の前が世田谷区千歳烏山ではないかとブツブ
ツいっても遅かった。それでも収穫はあった。不動
産屋からいただいた地図を頼りに、広い「東八道路」
を新宿方向へ進み吉祥寺道路を越して尚も直進し、
狭くなったところで右折して恐る恐る裏道をたどっ
て進むと、現場のすぐ先は「環八」だった。「えっ、
環八なの?」と私の頬が緩むのだった。あの大渋滞
で名高い「高井戸交差点」を南側に通り越していた
ではないか。新発見に小躍りした。これは大収穫だ。
これで年数回の大田区にある2軒のお客さんへ出か
けるのがものすごくラクになった。それと、三鷹市
が世田谷区と隣接していたのも知らなかった。

午後、現場を終えて練馬へと車を向けた。楽器工房
「夢弦堂」まで北九州のエルビス家から届いた「野
ゼリ」をお裾分けに行ったが、途中で昼食に入った
「ジョナサン」の禁煙席がけたたましくうるさくて、
白身魚フライランチの味も分からなくなった。これ
は、おヒマなおばちゃまたちに前後左右に囲まれた
ためだったが、なぜそんなに大声で会話しなければ
いけないのか。静かに食事ができないのか!と、立
上がって怒鳴りたくなる気持になったが、ここは練
馬だオレ他所者だと気付いてやめる。同行した妻も
この騒々しさには驚き、まわりを見回して「喫煙席
の方がよかったみたい」といったが、それにしても
ここのジョナサンは「おばちゃま」から「おばあち
ゃん」に占拠されていた。「ドリンクバーがあるか
ら、どこでも同じよ」私と○×さんは5時間もいた
わと恐いことをすらりといってのけた。ファミレス
は女性天国になっているの初めて知るのだった。

夢弦堂からの帰り道。いただいた大きな夏みかんが、
妙なる香りを発散してくれたので大いに気持がよか
った。そして、CDもティム・ハーデンとニュー・
ロスト・シティ・ランブラーズというものすごい取
合せだったが、意外にも楽しめた。ティム・ハーデ
ンは家の棚から持ち出したものだが、ニューロスト
は夢弦堂主人からいただいた「RURAL DELIVERY
NO.1」というもので、ここには「Twenty-one Ye
ars」とか「Gold Watch And Chain」、そして私の
好きな「Soldier And The Lady」など、ニューロス
ト物では比較的に聞きやすい楽曲が収録されている
アルバムである。中でも「Twenty-one Years」は、
マウンテン・ランブラーズでレパートリーにしよう
と目論んでいるから、大変ありがたかった。北九州
市母原産の「野ゼリ」は想像以上の八頭美人で背が
高く、素晴らしい体型だった。これを西貝家ではき
りたんぽ鍋にするといった。我家ではサッカー小僧
が好きな豚シャブだという。楽しみだ。

昨晩はデッドマン・ウオーキングのライブへ行った。
対バンに「大江戸多摩バンド」だろうと決めて行く
と、デッドマンのピンだという。いわゆる対バンな
しの1バンド3回のステージであった。私の予想が
大外れ。これだから小倉競馬場でもまるでダメだっ
た。ロッキートップは、このごろはほとんどが対バ
ン形式で、それはいまも変わってはいないらしいが、
きのうのデッドマンは珍しくピンだった。しかし、
お客さんは少なかったが、いずれもデッドマン・フ
ァミリーとおぼしき人たちで、アットホームな雰囲
気がステージ一体となって、非常にまとまったよい
演奏が聞けた。このリラックスムードが、最後の4
0分のステージに現れて、バンドはしなやかに熱く
燃えた。選曲の順番もよく、終わった曲と次ぎがと
てもいいバランスで流れていって、あっという間に
「終わっちゃった」ように感じた。バンドはやはり
ピンがいいようだった。対バンにはないアットホー
ムないい感じが出ていたし、何よりもバンドに丁寧
さが出ていた。あとはお客さんの入りが問題だけど、
これもバンドが「非常にいい感じ」になれば解決す
ると信じたい。









ザ・ディラーズ「A Night In The Ozarks」DVDは最高!リルコミだあ

そよ風が吹くとひんやりと冷たいのが体にこたえた
小平からこんばんは。

仕事が早く切り上げられたので、きょうはこれから
デッドマン・ウオーキングの応援にロッキーへ行く
ことにしました。「超満員か?」とリーダーのサト
ンパスさんにメールすると、「超ガラガラ!」の返
事に大笑い。このごろはライブに集る人口が減る傾
向にあるらしいが、そのあたりの分析をしている人
はいると思うが、まさかブルーグラス人口は減って
ないはずだろうから、ちょっと気になりますね。世
の中の不景気も微妙に影響しているのだろうが、ラ
イブハウスもあちこちにいっぱい出来て、生演奏そ
のものが珍しくない過当競争の影響も出ているのか。
いずれにしても、「ライブハウス経営」も昔のよう
に連日の大入り満員の時代は終わっていることは確
かだから、ロッキーものほほんとしていられなくな
っているのだと思った。

ディラーズ

このところディラーズの行方というか、いまどこで
何をしているのか分からなかったが、先日新宿のデ
ィスクユニオンに行くと、「THE DILLARDS /A Ni-
ght in The Ozarks」(DVD)を見つけて買った
のがこれだった。ディラーズは、およそ10年前に
いちど日本に来ていて、私は東京の会場となった新
宿の労音会館でコンサートを見ているが、あのとき
の感動はいまだに忘れ難くおぼえている。実はその
とき以来、自分の忙しさもあって、いま現在のディ
ラーズ情報を仕入れていなかった。あれからいきな
りこのDVDを見て、故郷のオザークに戻ったメン
バーが、お父さん、ホーマー・ディラード宅で練習
している映像を見ると、どうやらディラーズとして
は活動してないようだったので驚いたのだった。ベ
ースのミッチェル・ジェインなどは指のマメが破れ
ているのが映っていたから、えっと思ったのだった。
というわけで、私のようなディラーズファンには、
これは「たまりません」映像が目一杯詰まったDV
Dだ。映像は丸く輪になって、4人が向き合って練
習している場面だけをカメラが映してくれるから、
隅々まで分かって有難いのなんの、まったくたまり
ません。1.Banjo in The Hollow 2.There is A Time
3.Old Home Place 4.Reuben's Train 5.Ebo Walker
6.Never See My Home Again 7.Doug's Tune
8.Rainin' Here This Morning 9.I'll Fly Away...など
合計15曲が堪能できる。プロデューサーはジョン
・マッキューエン。年を取っても変わらないユニー
クなディラーズ・サウンドは健在ですよ。お薦め。







もういちど寒波は来るのか、灯油を買ったゾ!リルコミだあ

ぽかぽかと暖かい春本番の小平からこんばんは。

もういちど大寒がやって来るかも知れないと灯油
を18リッター買いに行った。するとスタンドマ
ンが、「10リッターでいいんじゃないか」とい
った。しかし、大寒来ると決めた私はいつもの通
り18リッター入れてもらった。「大寒来ない」
論のスタンドマンは1,000円賭けようというの
で、私は勝てると思い賭けに乗った。家に戻ると
長男が帰宅していた。わっせわっせと灯油を運ぶ
私を見て、「灯油は必要ないでしょ」と一言。大
勢はぬるくなった日常にすっかり慣れているよう
だが、寒さは間違いなくやって来るのだ。

先週パンチ・ブラザースのデビューCD「PUNC-
H」を紹介したとき、私は「ポップ」に欠けると
書いたが、読者氏よりポップの意味が分からない
とメールで質問が届いた。確かに、ポップの前後
に「言葉をつなげて」書いておくともっと分かり
やすかったと反省した。それで、ご指摘に謝意を
含めて返事を書いて納得してもらった。あのCD
は、私の印象では全体的に「親しみやすい」とか
「おぼえやすい」とかのポップ性はなかった。い
ちど聞いたらすぐおぼえるポップなメロディライ
ンなどは、残念ながら欠けていたと書けばよかっ
たのだ。思いがけず教育された気分になったが、
改めて表現の難しさに気付いた。

パンチ・ブラザースのリーダー、クリス・シーリ
は、マンドリンと歌で若い世代では卓越した存在
である。ということは大いなる未来が開けている。
音楽には人生経験が必要で、もう少し社会に揉ま
れると匂うような親しみやすい音楽が出来ると思
っている。例えばジャクソン・ブラウンは、妻の
自殺のあとで発表したアルバム「プリテンダー」
が大名盤になった。ジャクソンに限らずクリエー
ターは、精神的に苦しいときに飛び抜けて優れた
作品が生まれる傾向があるようだ。クリス・シー
リにもこのようなシチエーションがやって来ると
思うので、あらゆる経験をすべて音楽にする努力
を積み重ねてほしいものだ。

さて、きょうはメジャーリーグ・ベースボールの
開幕戦がある。この辺で書くのをやめて、松坂投
手の凱旋ピッチングを見よう!








横峯さくら惜しくもプレーオフで敗退!リルコミだあ

あさから冷たい雨が降る小平だったが、我家の庭の桜も
ちらほら開花が見られたがこの雨では可憐な美しさも台
無しだった。こんばんは。

きのうは一人で日本酒を飲んだので、いつものようにパ
タンキューと早寝した。というよりも、日本酒を飲むと
酔い過ぎるのか記憶が飛んでしまって、いつ眠ったのか
分からないまま朝になってしまう。着替えて布団の中に
しっかり寝ているから、やはり記憶がなくなってるのが
恐い。焼酎やビールだと大体の「飲過ぎライン」みたい
なものを感じ取れるが、普段飲み慣れてない日本酒だと
香りよく飲みやすさもあって、つい飲み過ぎるようだ。
そして朝刊を見ると、「土浦8人殺傷」高校生ら2人重
体の一面トップ記事があった。茨城県土浦市のJR荒川
沖駅の構内で23日午前11時ころ、指名手配中の男が
ナイフと文化包丁で通行人などに切りつけ、27才の会
社員が首を刺されて死亡。合計8人が死傷するというま
れにみる凄惨な事件となった。実は土浦市には私の弟が
居住しているが、新聞に載った地図を見ると現場からは
すぐ近いことが分かった。かなり朝は早い時間だったが、
家族の安全を確認すると幸いなことに被害はなかった。
すると弟は、「こんなに早く携帯が掛かると、また誰か
が亡くなったのかと思った」といった。無理もない。こ
このところ死亡電話ばかりだったことを思い出したが、
それにしても寒々しい事件だ。「子どもたちを大事に」
といって電話を切ったが、それは我家も同様である。

先週末からきのうまでスポーツ界は華やかだった。まず
大相撲は、千秋楽横綱対決にファンは手に汗を握ったが、
ここでは朝青龍があっさりと小手投げで白鵬をぶん投げ
て優勝。まるで子どものように大喜びを爆発させていた。
私は白鵬の勝ちを疑ってなかったので気分はいまいち。
なぜ何もしないで投げられたのかと不思議に思った。後
半戦の朝青龍は地に足が付いてなくバタバタした相撲し
か取れてなかったから、磐石の四つ相撲に冴えがあった
白鵬の完勝だと想定したのだった。しかし、勝負はつく
づく分からない。白鵬はたぶん、あがったのだろうか。
私たちが箱根のステージであがるのと同じだとしたら、
白鵬もなかなかかわいいではないか。対する朝青龍はま
さに鬼だから、あがるなんていう「たま」じゃない。

パ・リーグの楽天の3連敗には驚いたが、始ったばかり
だからコメントは先に書くとしよう。それよりも、女子
プロゴルフの「PRGRレディスカップ」最終日のテレ
ビ中継を偶然に見て、我が目を疑うほど驚き、そして白
けた。単独首位で最終日をスタートした横峯さくらが、
2位に2打差で迎えた最終ホールで何と「ダボ」をたた
き、通算4アンダーどうしでプレーオフに突入。これは
どうなるのか、という緊迫感が画面から漂う中の4ホー
ル目に、相手韓国の世界ランカー、申智愛(19才)が
バーディーを決めて逆転勝利した。こうやってプレーオ
フを書くと4ホール目に相手選手があっさり勝ったよう
な印象だが、事実は横峯さくらが再三のチャンスを逃し
たあげくに、相手がバーディーを決めたのだった。

プレーオフの前、最終18番ホールからすれば5ホール
連続のイージーミスを見せられて、あきれて物が言えな
くて白けきってしまった。スポーツ中継番組としては、
期待を裏切った結果となったので最低の中身といわざる
を得ない。横峯さくらは、決めなければいけない場面で
決められない自分を「小心者」だといったが、私には単
純に「へた」に見えた。確かに精神性がものをいうゴル
フだけど、それは高い技術の上に立った精神性だろうと
考える。プレッシャーがかかる難しい場面での技術を磨
いていかないと勝てないのは明白だ。次の戦いはアメリ
カへ渡ってメジャーの「クラフトナビスコ選手権」だそ
うだ。かつての岡本綾子がアメリカ・ツアーで連戦連勝
したように、自分に何が足りないのか探してきてほしい。

さて、F1のマレーシア・グランプリ。オーストラリア
メルボルンの開幕戦に続く2週連続の開催。スタッフに
とっては息つくヒマもない移動開催だけど、ファンにと
っては毎週がF1なのでベリーマッチうれしい。決勝は
きのうの夕方4時(日本時間)スタート。開幕前のフェ
ーラーリ優勢の評価がここで試されるとあって、ピット
は予選からピリピリムードだったが、鮮やかにチャンピ
オン、ライコネンが余裕の勝利を飾った。ようやく今年
のフェラーリが速かったのだと強烈に印象づけた。ポー
ル・ポジション(予選1位)を獲得したマッサは、あえ
なくコースオフ、リタイア。途中給油で2位に落ちたマ
ッサが、ペースを上げたトップ、ライコネンに必死にく
らいつこうとしてのスピン、コースオフだった。2位に
なれる実力と冷静な結果(ワンツー)を試されてるのに
出来なかったことにどうやって答えるのか。これでメル
ボルンに続いての連続コースオフ・リタイアとなれば、
今後、首まわりが寒くてたまらなくなるに違いない。







4月19日(土)は神戸の「うれしたのし」ライブだ!リルコミだあ

低気圧の居残りで小平地方は雨模様のほかに寒かった。
こんばんは。

きのうは朝から強い雨がふって寒い一日だったが、あい
にく仕事だった。こんな日は布団の中にいて朝刊なんか
眺めていられたら、どんなに気持いいだろうか。唇が火
傷しそうに熱い煎茶をチビチビやるのもいいねえ、など
と想像をたくましくしながら現場にいたのだったが、風
が強くなった午後早くに祭日だからと切上げて帰宅。明
けてきょうも小雨がときおり混じって天気が悪い。きの
うと同じ現場に入るが、午後になっても雨は止まず最後
の工程「床ワックス」をパス。湿度が多く明日に回す。
駐車場から車で出ようと正面を見ると、ガラス窓に赤猫
が一匹。白いカーテンをバックに赤猫くん、お留守番猫
か。帰宅早々、大相撲中継で朝青龍が琴光喜に敗退。四
つに組んでの負け。「がっぷり組むと弱い」と解説氏。
白鵬と2敗で並んだので千秋楽対決はお楽しみとなった。

さて、4月19日(土)神戸の女性ブルーグラス・バン
ド「うれしたのし」の銀座ロッキートップ・ライブが、
あと1ヶ月後にせまりました。すでにご存知のお方には
くどくなりますが、それを承知でご案内をさせていただ
きますが、何たって私がプロデューサーなので、色々な
意味でお尻に火がついています。「うれしたのし」の音
楽は、オリジナルの歌詞をブルーグラスに乗せて歌うと
いう明確な主張を持つ5人編成のバンドですが、女性と
いっても迫力とドライブ感が身上のパワフル・サウンド
が特長。加えて「人形劇」も出来るという側面がありま
す。神戸方面ではこの人形劇+バンド生演奏の「ぱぺっ
と音楽ショー」で、主に子どもの輪の中で絶好調の人気
ぶり。今回のロッキートップでは、バンドの他に「人形
劇」も少し披露するので、彼女たちの多彩ぶりを余すと
ころなく堪能出来るのです。もうひとつ。メンバー全員
が家庭の主婦という難関な立場に立っているのも特長だ。

バンド集合

ブルーグラス・サークルが全盛だった時代にさまざまな
大学でバンドを組んでいた5人。大学を出て仕事、結婚、
子育てなどに翻弄されながらも時にはバリバリと、ある
ときは細々とあきらめないで、人それぞれのスタンスで
音楽と関わって来てたどりついたのが「うれしたのし」。
私は06年の宝塚ブルーグラス・フェスティバルへ30
年ぶりに行ったとき、「うれしたのし」のステージに出
会った。オリジナルの歌詞をじょうずにリズムに乗せて
歌うスタイルに感動しましたが、楽器のテクニックも実
にたくみでした。これはいつか東京でお披露目したいと
決心してフェスをあとにしたことを思い出します。メン
バーをもう少し深く見つめると、彼女たちは「ブルーグ
ラスの母」という顔も見えて来ます。失礼を覚悟してメ
ンバーのブルーグラスの母たる所以を書きます。

「うれしたのし」のリーダー、井上由利子(フィドル)
は、渡辺三郎さんの奥様でタローの母。作詞家でもある
バンジョーの佐々木由紀は、あの孤高のブルーグラッサ
ー、赤べーの奥様。この春まで受験生を抱えたマンドリ
ンの谷村恭子は、フレンズ&ネイバーズの谷村順造さん
ご夫人。ギターの橋岡尚美は、フェスで人気の「トゥデ
イ」のリーダー、橋岡さんご夫人。エレベーの田川悦子
は、ブルーグラス・ベーシストとしてあまりにも有名で
ゴローショーのベースマン、田川さんの奥様。いずれも
関西を代表する「ブルーグラスお父さん」を亭主に持つ
奥様たちのバンドであるところがおもしろい。
予約はロッキー・トップ 03-3571-1955 まで。







デビュー、パンチ・ブラザーズ「PUNCH」を聞いた!リルコミだあ

きのうよりも寒かったが雨は降らずに夕方までもった。
ブログを書きはじめるとザ-ッと大雨の音。小平は予報
通り夜は雨模様。こんばんは。

今月に入ると例年通り、アパート&マンションの引越し
が多くなった。転勤で引越す人や卒業で引越す人などで
小平あたりでも結構な忙しさだ。こうなると私は俄然忙
しくなる。引越したあとの壁紙や襖の点検、この場合は
「たばこ」の被害を調べるのだが、たばこヤニによる変
色を特に注意する。もしも壁紙や襖がたばこヤニによっ
て著しく変色した場合は、新規に貼り替えになる。そう
なると、たばこを喫煙した借り手側にも応分の負担を請
求する。しかし、このことを入居契約書に記入してない
と揉めることになる。不動産屋と家主を相手取ってあく
までもがんばり通す借り手もたまにいるが、たばこ喫煙
者は大概不利な状況に陥っているのが現状である。千代
田区などは歩いて喫煙したら罰金を取られる。たばこ喫
煙者には居場所がなくなる?だけど、世の中には「シガ
ー・バー」なんて奇妙な飲み屋(?)があるらしいよ。

パンチブラザース

噂の「パンチ・ブラザース」の「PUNCH」を買い、夜中
にヘッドフォンでじっくり聞きました。疲れました。い
ま若手ではピカイチといわれるマンドリン・イノベイタ
-、クリス・シーリが「ニッケル・クリーク」を解散し
て作ったのがこのパンチ・ブラザース。ブルーグラス界
では異常な人気を博していたニッケル・クリークなのに、
行き詰まったのかあるいはやることをすべてやったのか
不明だったが、あっさりと解散した。もったいなかった。
さて中身だが、私に訴えかけてきた曲は1曲目の「Pun
-ch Bowl」のみ。あとは組曲「The Blind Leaving the
Blind:4 Movement」のスピード感がエキサイティング
で楽しめたが、他は「共感は出来る」がいまいち分から
なかった。つまり、ニッケル・クリークの発展型にして
は、ポップさに欠けていてちょっとかわいくない感じだ。
クルス・シーリの魅惑のソプラノ・ボーカルも大人の声
になっていたりして、少し驚いた。ただ、何にもないと
ころからアルバムに収めた8曲を作り出して、統一感を
出してまとめたところはさすがに凄いと思った。私的に
は、「Punch Bowl」のようなジャズが匂う方向にもっ
と切り込んでもらいたかった。それと、チュー年ファン
向けに「オールド・ブルーグラス・チューン」なんてや
ってくれないものかと秘かに思ったりしました。まあ、
何はともあれ、絶妙なアコースティック・ミュージック
の船出なのでした。ジョン・コーワン・バンドで来日し
たバンジョーマン、ノーム・ピクル二ーが大活躍してい
るのがうれしい。








F1開幕戦メルボルンGPレポート!リルコミだあ

ぽかぽかと暖かくて春が真っ盛りの小平から
こんばんは。

きょうから彼岸の入りだという。そういえば
「小平霊園」の入口がいつもより人が多くざ
わめいていた。西武新宿線小平駅は、この霊
園の玄関駅。北口から徒歩で5分も歩くと広
大なお墓が整然と並ぶ入口に着く。車利用だ
と駐車場が不足してるため、あちこちまごつ
く車を見つける。それでも小平霊園は小平有
数の人気スポット。いまごろは寒いが初夏に
なると子どもたちは「カブト虫」や「クワガ
タ」を追い掛ける。霊園の中に自生するクヌ
ギに集るカブト虫は一晩だけで10匹も捕れ
る。我家のサッカー小僧は「秘密の場所」を
知っていて、いつかはサッカー仲間と夜10
時までねばって大量に捕った。私は付き添い
で見ていると、枯葉の中からどんどん捕れて
子どもたちは歓声をあげた。しかし、白い大
きな幼虫がうねうねとたくさん出てきたとき
は、私は悲鳴をあげた。小平霊園のもう一つ
の顔は、若者だけじゃない「デート・スポッ
ト」になっている。お墓だから、他人が寄り
付かない安心スポットで人気に火がついたと
霊園関係者がいった。近ごろはあまりにも人
が集るので、パトカーが巡回するようになっ
たそうだ。そういえば、巡回ついでにお巡り
さん、酒酔い運転を取り締まってるらしい。
小平霊園前の踏切の手前が取り締まり地点だ
そうだからご注意あれ。二年ほど前、北九州
のエルビス吉川さんが霊園にやって来たこと
があった。ご親族のお墓が小平霊園にあった
というから、世の中が狭い。かくいう私はま
だお墓を買ってない。子どもたちの成長にお
金が追いつかず、自分のお墓を買う余裕も気
持もなかった。同居の義母は小平市内の別の
場所に買ってあるらしい。私たち家族とあの
世でも同居する積りみたいだが、果たして私
にはその気持はゼロ。死後の世界を想定する
ことは難しいね。

F1開幕戦「メルボルンGP」の決勝は16
日に行なわれ、去年の好調を維持したマクラ
ーレンの「ハミルトン」がぶっちぎりの勝利。
ワンランク上の走りを見せての快勝だった。
期待を集めたフェラーリ・チームは、ライコ
ネンが8位に入賞したものの、途中でマシン
トラブルに見舞われるなど予想外の結果。相
棒のマッサなどは、コースオフと接触リタイ
アと散々な結果だった。開幕前のフェラーリ
は、「勝つのは当然だ」とうそぶいていた。
勝負事に絶対はないといわれるが、まさにそ
の通りの結果になった。マレーシア・グラン
プリで巻き返せるか。開幕戦の結果で最もう
れしい結果となったことは、ウイリアムズ・
チームの「中島一貴」が6位入賞!3ポイン
ト獲得の快挙をやってくれた。一貴は今回が
F12戦目。チームの2番手ドライバーとし
て、あきらめないでしぶとく走り切る。速く
走ってコケるよりもウイリアムズ・チームの
首脳陣は「しぶとくあきらめない」一貴を褒
め讃えた。1周遅れという結果と、相棒のロ
ズベルグが表彰台に登ったことなどを考える
と、喜んではいられないが、結果を残した事
実は消えない。ポイントを稼げるドライバー
として成長してほしい。トヨタ・チームはト
ゥルーリが予選で6番手をゲットして決勝に
期待を持たせたが、トラブルでリタイア。今
年新加入のグロックも単独クラッシュでリタ
イア。今年も暗雲漂う雰囲気だ大。

ホンダ・チームは、車体も独りよがりのアー
スカラーから白いカラーリングに戻して、復
活を期している様子。しかし、バトンはスタ
ートのクラッシュに巻込まれて沈み、かなり
いい場面を見せてくれたバリチェロも赤信号
無視の「失格」で7位入賞を逃すというポカ
をやってしまった。ブラジル人はすぐカッと
なって前後が見えない。同じブラジル人のセ
ナの冷静さを見習ってほしい。しかし、今季
のホンダは回復傾向に見えた。トップに躍り
出る速さはないが、ポイント圏内の8位まで
はいけそうな感じ。去年のボロボロ状態から、
ようやく戦えるレベルにまで回復したようだ。
これも「ロス・ブラウン効果」だろう。去年
のオフ、プライドを捨てたホンダが、フェラ
ーリ・チームを離れたばかりの看板エンジニ
ア、ロス・ブラウンをチームの「ナンバー1
待遇」で雇った。いくらメーカーがしゃかり
きになっても、あらゆる部分が専門色の強く
なったF1で勝つのは困難との判断だった。
いわゆる「レースの専門家」がホンダにはい
なかったという「正しい声」に応えた結果で
ある。それが開幕戦のいい走りに繋がってい
ると私は思った。ロス・ブラウン本人は「勝
負は来年」といっている。レギュレーション
が大きく変更になる来年は、各チームが同時
スタートになるとの見込みからだろうか。彼
のインタビューはこちら。中島一貴はかつて
ロータス・ホンダで日本人初のF1ドライバ
ーとなった中島悟の長男。お父さんはホンダ
だったが、息子はウイリアムズ・トヨタ。時
代を感じた。







東京芸術大学へミュージカルを見に行ってきたのだ!リルコミだあ

連日とても暖かな日で小平市役所そばの大きな白い木蓮が
三部咲きとなって、道行く人たちにいよいよ春到来を告げ
ているようでした。こんばんは。

先週土曜日は、桜がまだつぼみの上野公園にある東京芸術
大学の「奏楽堂」まで、「国撃タレテ響キ在リ」とタイト
ルされた日本音楽史上まことに稀で貴重なコンサートに行
ってきました。当初、コンサートには行けないだろうと想
定していたが、仕事が午前中で終わるという意外な展開と
なったので、妻と「ラッキー!」と小躍りして出かけたの
だった。東京芸大は上野のお山の国立博物館の裏手にあっ
て、JR山手線上野駅からも鴬谷駅からも10分以上歩か
ないと着かないが、私たちは鴬谷駅から歩いた。ここから
だと行き交う人がほとんどいなくて歩きやすいが、薄暗く
なると寛永寺のお墓がずらっと途方もなく並んでるので、
何だか背中の方が淋しくなって歩きにくくなる。まあ、お
化けが出たって話しは私は聞いたことがないけど。

東京芸大は誰でもご存知、芸術をめざす学生たちの日本一
の大学だが、今年は創立120周年になるそうだ。さすが
に門を入ると、古びた赤いレンガ造りの建物や仏閣のよう
な建物が歴史を物語って重々しく威厳があった。目ざとく
妻は、門のそばに「焼芋や」を見つけて、「お店がないか
ら助かるわ」といった。そういえばこの辺り、由々しき建
物ばかりで、あとは樹齢ン百年の大木だらけであった。有
名な上野動物園は真反対の向う側で、もちろんここからは
森が邪魔して全く見えない。会場に当てられた「奏楽堂」
は、モダンな現代建築の建物だった。離れたところに「旧
奏楽堂」があったので私たちはそちらにも行ってみたが、
こちらは明治、大正のようなレンガ造りの建物で古かった。

さて、この「奏楽堂」は芸大生にとっては特別なホールで、
学生ならばいちどはここで上演したいとあこがれるのだと
いう。何でも今回の「国撃タレテ~」は、今年で三回目と
なった「奏楽堂企画学内公募」で、他の13編にも及ぶ応
募の中から、見事に「最優秀企画作品」に選ばれて、晴れ
て本日コンサートを迎えたのだそうだ。幕末から明治にか
けて、日本における「洋楽」、つまりペリー来航によって
黒船の甲板で上演された「ミンストレルショー」の様子を
「当時の邦楽」と対照させて再現、再検証しようという企
画だった。私たちは当然、詳しくは分からなかった。ただ、
新宿のバッキンタウンでチラシをいただいたときの奥和宏
さんが、「私と原さとしさんが企画に参加した」というの
で、正直にいうとそれを頼りにやって来たのだった。

コンサートは第一部と第二部に別れて、途中15分の休憩
をはさんでトータル2時間に及んだ。幕末当時人気曲だっ
たという「娘道成寺」でステージの幕が開く。長唄に3名
が並び、三味線3名に笛太鼓に1名、合計8名の女子によ
る本物の響き。終わると舞台は暗転。すかさず女子の「よ
みうり」が三味線つまびく男子を従えて登場。当時の世情
を軽快に語り、舞台をつなぐ。次は早くもミンストレルシ
ョー。白に赤のストライプのシャツを着て顔を黒く塗った
まさに当時のままを再現。「Old Folks at Home」、「Ca
mptown Races」をバンジョー、フィドル、パーカッショ
ンで演奏。次はラグタイム・ピアノの原形のような奏法を
若い学生が見事に再現。あっという間に第一部が終わった。

休憩になってフロントに行くと、企画指導に加わった原さ
としさんがテーブルをはさんでたくさんのお客さんに対応
していた。原さんは、きょうのコンサートの資料を示して
難しい質問に応えている様子。私は座席がとなりの奥和宏
さんと一緒だったが、そこに「メロンパンのうた」を歌っ
て大人気の「ユッピ」ちゃんとお父さんが登場。「大活躍
おめでとう」とユッピちゃんにご挨拶すると、テレながら
も「ありがとう」といってくれるのだった。「コマーシャ
ルをやってます」ので見てくださいと控えめなお父さん。
ロビーはたくさんのお客さんで溢れていたが、夕方の日ざ
しに輝いて明るく別天地のようだった。原さとしさんがお
客さんの合間に手を振って「ありがとう!」と来場のお礼
をいった。

第二部も邦楽でスタート。幕末から明治維新にかけて日本
各地で熱狂したといわれる鼓笛隊による行進曲。日本にお
ける吹奏楽の原点だという。交互に和洋の演奏が舞台で展
開されるが、テンポが非常によくドラマチックさに目を見
張った。私的にはベストに感激した「陸軍分裂行進曲」は、
総勢20人以上のブラスバンドだった。いつか見たアメリ
カ南北戦争のときの軍楽隊ブラスバンドが、目の前に登場
したような錯覚を感じて身動き出来なかった。最後はまさ
に和洋合奏の「京鹿子娘道成寺」だった。こういう日本の
曲が洋楽にもなるのだという絶妙なアレンジ。最後まで、
とにかくレベルの高い演奏力に感動した。曲の隅々まで芸
大パワーと思われる実力が行渡っていた。幕間の「よみう
り」役の女子、真鍋希帆が光った。全員が学生だったとは
いまでも信じられない完璧なミュージカルだった。
















新銀行東京に400億円の追加融資で揺れる都議会!リルコミだあ

午前中から雨雲が垂れこめていたが、雨が降ってきたのは
夕方近くだった。それでも暖かい小平だった。こんばんは。

あさ、卒業式が済んでもう学校へは行かなくてもいいのに
バッグを整理していた我家のサッカー小僧。何でも後輩に
カゼで欠員が出て試合に困ると連絡が来たので行くのだと
いう。よくもまあそこまでサッカーが好きなものかとあき
れた。それでも長い春休みになってからは試合が少なく、
自動車運転免許を取るため自動車学校へ通うまでは、壁に
掛けてある私のギターを下ろしてポロポロ弾いていたらし
い。長男のPCで好きな曲のコードを写して、ひとりで盛
上がると大きな声で歌もうたっていると妻が教えてくれた。
子どもが楽器を取り出して弾きはじめることに、何だか激
しくよろこびを感じてしまう自分がいる。しかもJポップ
といわれる本線以外にブルーグラスとかロックなどにも興
味を示してCDなどを聞いているらしいとくれば、やっぱ
りうれしくて目尻が足に届きそうになる。自動車学校へは
サッカー小僧本人契約による「ローン契約」で入学した。
未成年でも本人契約をするローン会社が存在することを知
って驚いたが、毎月2万数千円を12回で支払う契約に印
鑑をついた。しかし、保証人は必要で私がなった。はじめ
は西友小平店のアルバイト料で自動車学校の費用はまかな
えると計算していたが、どこかで「ローン契約」に気持が
変わって、あとは頑として態度を崩さなかった。長男と長
女にローン契約は恐いんだよといった話しをされても本人
はローンを選んだ。間違ってはいない。どうやら友人三人
と同じに入学したというから、ローン契約の特典などを全
員が享受したのだろう。それにしても未成年で高校生がロ
ーン契約者になれるとは驚きだ。時代は進化してるのか。

新銀行東京の経営難で石原都知事とその周辺が揺れている。
きのうは旧経営陣の参考人招致をめぐって議会が対立紛糾
して、そのまま夜通し今朝の午前4時すぎまで議論が続い
た。議論の中心は「400億円」の追加融資である。石原
知事は「健全にするための融資だ」とふんぞり返って説明
を繰返している。そして経営難になった原因は石原知事の
責任ではないかとなって議会が紛糾した。資本金1,000
億円で新銀行東京はスタートすると石原知事は「選挙公約」
して当選。公約を実践したのは三年前。東京都は晴れて銀
行の大株主となった。経営が黒字となれば東京都は株主配
当によって利潤を得られる。それよりも地方自治体の東京
都が知事の主導で銀行を作り黒字を出して成功した。これ
は魔物であろう。しかも中小企業の救済になったとすれば
石原知事は神にもなれる。栄光で身震いするイメージが描
けた。しかし現実は三年で経営が行き詰まった。資本金が
不足して400億円追加したい。追加しないと新銀行は倒
産するがそうなったらもっとお金がかかると石原知事側の
言葉。どうやら倒産が目の前らしい。働く社員には明日が
あるのか。石原知事とその取り巻きたちは400億円の追
加融資(都税)をどこに使おうとしているのか。経営の健
全な銀行に立て直すための400億円だとすると、ビジネ
スモデルを示してほしいものだ。想像すると、400億円
を使って責任回避作業をはじめるのかとも思った。商売と
なれば計算違いは日常茶飯事、微調整の毎日といってもい
い。新銀行東京の運命は微調整では済まないようだが。ち
なみに私は東京都知事選挙で石原慎太郎を選ばなかった。
とどのつまり選挙だね。








ペリー来航が持って来た「洋楽」を聞きに行こう!リルコミだあ

早春のおだやかな一日だった小平だが、紅白の梅が
いまを盛りに咲き乱れて見る者を圧倒してます。都
下多摩地方はいまが一年で最も美しい。こんばんは。

きょうは犬のお散歩仲間からの紹介で、西国分寺駅
そばの団地のお部屋が現場だった。94才の父が施
設に入ったので「片付けて私が住むの」と、ショー
トカット・ヘア-がよく似合う62才のおばちゃん。
片付けとクリーニングだから二人で一日だろうと踏
んで行ってみると、ビックリ仰天。室内は猫の爪痕
だらけで、襖も壁クロスもなにもかもボロボロ。そ
のうえ、あらゆるところに物が溢れていて、3DK
のお部屋が機能していなかった。これでは当初のお
話しと違うぞ、片付けとゴミ廃棄だけで一日かかっ
てしまう。そのあと内装工事になるから、お金も相
当にかかるだろう。あらためて依頼者のショート・
カットおばちゃんに携帯すると、「いま、麻雀して
てサ、手が離せないの」お見積もりしてちょうだい
と、あっさりいうのだった。そういえば、まさに有
閑マダムのような雰囲気の女性だったけど、こんな
早いのにと腕時計を見ると午前9時。いまごろ優雅
な人々だなあと感心した。それにしても近ごろは、
物を買って溜込む傾向がある。老若男女に隔てなく、
部屋の中はリビングでもキッチンンにもたくさん物
が置かれて、物と物の間に人間が生活しているとい
う状況だ。例えばシャンプー類や、洗面台のお化粧
品類のあっと驚く大量ぶりはまさに典型的である。
きょうの部屋にはかつて老人と猫2匹という住人に
も関わらず、物が大量にあった。捨てられない片付
けられない症候群の人は確かにいるが、そういう人
に限って「つい買っちゃう」んだろうか。

ぼちぼち桜のつぼみも膨らむ3月15日(土)、上
野公園のはずれにある「東京芸術大学」では、音楽
家にとって非常に興味深々のコンサートが開かれる。
題して、「国撃タレテ響キ在リ」。どんな中身かと
いうと、私たちが親しんでやまない「洋楽」は、伊
豆下田港に入港したアメリカ人、ペリー提督来航に
よって持たらされた。そのとき、黒船で演奏された
「ミンストレルショー」や「日本人が作った唱歌」
「和洋楽器の合奏」などが実演される。演奏は芸大
の音学部有志とくれば文句なし。江戸時代から明治
に変わったときのまさに時代の音楽である。そのと
きまで日本にはピアノもトランペット、バンジョー
もギターも存在してなかった。主催者の芸大生は、
そのことを「想像してごらん」とチラシに書いてあ
ったが、考えるとホントに不思議な気持になってし
まう。私たちの友人バンジョーマン、原さとしさん
も企画に加わっているそうだ。お時間に余裕のある
方は是非、覗いてみてください。

コンサート「国撃タレテ響キ在リ」

08年03月15日(土)午後2時30分開場

            午後3時00分開演

場所 東京芸術大学奏楽堂

料金 無料

交通 JR上野駅から徒歩10分

   JR鴬谷駅から徒歩10分

   地下鉄銀座線、日比谷線、京成線の上野駅
から徒歩15分

http://perrysan.okosi-yasu.com









我家のサッカー小僧の卒業式に行く!リルコミだあ

北風が吹いたためきのうよりも格段に寒かったが、
それでも厳寒のころにくらべると春の暖かさが匂っ
た小平からこんばんは。

きょうは我家のサッカー小僧の高校の卒業式だった。
三年前、JR立川駅で青梅線に乗換えて昭島駅で下
りるんだよと繰返し教えたことが、まるできのうの
ように思い出したが、早いもので実際は三年経つの
だった。今朝、サッカー小僧が思い出したように、
「駅に置いてある自転車を運んでほしい」というの
で、改めて妻と車で出発。五日市街道から昭島駅そ
ばを抜けて奥多摩街道へ出るとすぐに拝島町。都立
拝島高校は有名な「拝島太子」の大きな鳥居の前に
あった。門を入るとすぐに広い無人のグラウンドが
見えた。ここでは去年まで、サッカー小僧たちが縦
横無尽の動きを見せて、汗と涙と楽しみのつまった
土のグラウンドだった。私たちも三年間、何回も応
援に来た場所だった。立っている私たちのうしろを
続々と保護者たちがあたふたと校舎に吸い込まれて
行く。式場の体育館には、工事現場に置かれるよう
な大型の石油ストーブが前後に据えられて、意外な
暖かさだった。卒業生が入場して式は始った。私の
座った横を通って我家のサッカー小僧も神妙に席に
ついた。

私は正直いうと卒業式は大の苦手である。とにかく、
となり近所でしくしくやられると、途端に伝染して
しまって涙が出て来て押さえられなくなるのだ。男
一匹泣いてたまるか!などと強がっても、いったん
堰が切れちゃうともうダメ。ある日、長男の保育園
の卒園式のとき、予備知識ゼロで勇んで行った私は
不覚にも大泣きした。涙と嗚咽が止まらなくなるな
んて、そんな自分に驚くほどだった。カメラのシャ
ッターを切ろうとしても、涙で見えないのだ。あれ
には参った。保育園のあらん限りの演出が効いたの
か、あのときの親たちは全員が大泣きしていた。そ
のとき以来、子どもが三人もいるのに卒業式が苦手
になってしまい、ついにきょうまですべて妻に任せ
っぱなしで一回も出席しなかった。卒業証書が代表
者に渡されていた。見ると、サッカー部員らしい生
徒の頭髪が、一時のベッカム調でかなり派手だった。
6人の担任が横一列に並んだが、紋付はかまが三人
もいた。しかも、しきりに袖で涙をぬぐっていた。
送辞答辞が交わされて式は最後まで一糸乱れなかっ
た。校長は壇上うしろの日の丸に何回も頭を下げて
いたのが印象的だった。

ご挨拶は三人だけだったが、きっちり一人5分だっ
た。中でも東京都教育委員会挨拶が、下を向いて原
稿棒読みでもぼそぼそで聞き取りにくく、いちばん
つまらなかった。それでも全体に素朴さと実直さが
現れたいい卒業式だった。そして、私は今回は泣か
なかった。卒業生による合唱が最後になって、合唱
と先生とのお別れがセットしてあったので、会場は
ここで一気に盛上がってしくしくがはじまった。周
りは込み上げていた。恐ろしい伝染力で涙腺が刺激
されて追込まれたが、何とか我慢が出来た。最高!
長男が生まれて26年、ようやく子ども全員を高校
卒業までこぎつけられた。サッカー小僧は四月から
八王子の工学院のキャンパスで、今度はサッカーを
勉強するのだという。私も妻ももう一息だ。









「うれしたのしキャンペーン」でお茶の水などへ行く!リルコミだあ

いっぺんに春になったような暖かさの小平だった。
こんばんは。

昨晩はバッキンタウンへ「奥沢明雄ソロ・ライブ」
に行った。月曜日とあってお客さんは半分ほどだっ
たが、キーボード、エレベ-、ドラムスのセットに
自らテレキャスターを抱えて、完全なエレキバンド
・スタイルで登場!オリジナルとカバーを独特の高
いテンションで歌って弾いて、非常にホットなステ
ージを展開した。テキーラ・サーキット解散後、去
年の秋ごろから奥沢と旧知のメンバーで活動を開始。
きのうは数回目というステージだったが、お客さん
の反応もよく予想以上に楽しめた。キーボードの谷
さんもグレッグ・オールマンみたいでかっこよかっ
たが、きのうは初めて見たドラムスの高橋結子さん
が何といってもかわいくて、しかもタイトなドラミ
ングがまた男っぽくて、私たちは我を忘れて見とれ
てしまった。彼女、桑田佳祐バンドのメンバーでも
あるらしい。クセになりそうな奥沢ソロライブだっ
た。

きょうは神戸から東京へやって来る「うれしたのし」
の宣伝のために、水道橋とお茶の水、そして新宿へ
とまわった。水道橋は、東京ナンバーワンのブルー
グラス情報が集る「オン・ザ・ボーダー」へ。とき
は昼食時間帯のため、サラリーマンたちで歩道は満
杯状態。人にぶつかって歩けないのだ。前方に長い
列が見えたが、そこは中華の「王将」だった。まご
ついてると、「おっ、あー、どうも」と突然、丹沢
ブルーグラス・ソサエティのメンバーと遭遇。いつ
も箱根フェスではお隣どうしの親しい間柄。こんな
偶然もあるのかと、しばし呼吸を整えて「どもども」
と、通行人でいっぱいの歩道で会話をして、「うれ
したのし」のチラシを渡す。これからオン・ザ・ボ
ーダーへ行くというと、「まだ開いてなかった」と
彼氏。会社が近いのでいつもお店を覗くんだといっ
た。

オン・ザ・ボーダーはちょうど開店中だった。白い
シャツに黒のベストがよく似合う北農店長に久しぶ
りのご挨拶。北農店長開口一番、「来るね!」とい
えばもちろん、5月のハーブ・ペダ-ソン&クリス
・ヒルマンだ。私もファンなら北農店長も当然の大
ファンだから、来るね!の一言で分かっちゃうのだ
った。「きょうは神戸の女性バンド」の宣伝だよと
いうと、「分かった。ここに貼ろう」とすぐの反応
は相変わらずだ。「このごろは月に20回」近くラ
イブをこなしているよと笑っていたが、いまではブ
ルーグラス・バンドの「アッシュ・グローブ」も、
ロッキートップのライブではお客さんが溢れて入れ
ないほどの人気だし、カントリーの「オン・ザ・ボ
ーダー」も絶好調である。それにカントリーのホテ
ル営業も人気上々なんだという。「それでも厳しい
ことに変わりはない」といった。

お茶の水は「ギター・ワークショップ」へ。近ごろ
携帯に凝っている川瀬店長が、修理のギターの山に
隠れていたが、ここにも久しぶりの挨拶。半年ぶり
だったかというと、「もっとだ」の応え。旧カワセ
楽器店からの長いお付合いだから、しばらく会わな
いと電話が掛かって来るのだった。今回は一昨日、
「携帯のアドレスを教えろ」とのコンタクトがあっ
たばかり。「修理が多いようだけど、お父さんは元
気か」というと、「元気だ」との返事。古くはカワ
セ楽器店に集るすべての修理品をこなした日本有数
の楽器クラフツマンが父親なのだ。「写真を写そう
よ」と携帯を取り出して、私たちをパチリ。

同行した妻が写真を嫌ったが、「遺影だから」と冗
談を飛ばして、またパチリ。「ホラ、ホラ」といっ
て携帯をかざして、撮れた写真を見せた。完全に携
帯のとりこになった様子。並べられた新品のギター
に、有田純弘さんの顔が写ったタグが付いてるのを
見つけて驚くと、「これはジョンソン・ギター」だ
といった。中国製だけど、「5~6万円で材料もい
いし、音もいいよ」よく売れてるよといった。餃子
はダメでもギターは優秀なのだろうか。ケンタッキ
ー製の「マンドセロ」が36万円であった。20数
年前のケンタッキー・マンドリン全盛のころの製品
だった。「うれしたのし」チラシを貼るようにお願
いした。お茶の水駅そばの中華屋さんで遅い昼食。
濃い味のチャーハンにラーメンだったが、創業70
年の老舗とあってさすがに旨かった。

新宿は「ディスク・ユニオン」本館のブルーグラス
&カントリーのコーナーがある5Fへ。中古品も充
実しているせいか、お客さんはサラリーマン風が中
心に切れ目がない様子。フロア長と思わしき人物に
「神戸の女性バンド」だよと説明して、目立つ場所
に貼るように依頼した。それでもどんなバンドなの
か怪訝そうなフロア長だったので、メンバー全員が
家庭の主婦で尚かつ現役のプレイヤー。人形劇もや
るのだといって説明。最後に、躊躇しながらも彼女
たちの亭主もブルーグラス・ミュージシャンでかな
り有名なんだというと、「ホ-・・・」と初めて聞
く耳を持って振返った。「ここにあるムーンシャイ
ナ-誌の編集長の奥様がフィドルでリーダー」だと
いうと、「あー、そうだったんですか」と著しい反
応。やはり、ムーンシャイナ-誌編集長のご威光は
新宿でもバッチリだった。

フロア長に少しお話しをうかがった。我が社には若
いアルバイトがたくさんいる、荷造りとか整理とか、
店頭に出ない若い子のほとんどが、「ロック・ミュ
ージックを知らないんです」と嘆いた。少し音楽を
知ってるというバイトの子は、すべてヒップホップ
です。このフロアーにいる若い社員は、私たちが教
えるからロックもカントリーも理解してるけど、バ
イトの若い子にはロックもブルースもソウルもなく
て、Jポップかヒップホップしかないのが現状です。
このフロアにやって来る若い人はおりません。ブル
ーグラスやカントリーは中年以上が購買層ですから
ね。それだって年々落ちている。新譜も中古も漏れ
がないように並べますが、売上的には「非常に厳し
い」といった。明らかに時代が変わっている。

しかし、ブルーグラスやカントリーは「ブルースに
比べればまだいい」そうだ。「ブルースは壊滅的に
売れません」と聞いたときには驚いたが、「ではソ
ウルは?」と質問を変えると、「ああ、オヤジ・ソ
ウルも売れませんね」の答え。僅かに若い女性ソウ
ルシンガーものが少し動いているだけですねと、あ
っさりブルース&ソウル系の売上ダウンの悲惨さを
語った。世の中、ブルース&ソウル・ファンはCD
を買わずにダウンロードのみで済ませているのだろ
うか。そこへ行くと「まだブルーグラス&カントリ
ー・ファンはお店に来て買ってくれる」というのだ
った。現実はフロア長の言葉だけではないだろうけ
ど、店頭におけるファンの推移を見つめる意見には
違いないから、貴重なことばだった。「うれしたの
し」のチラシは目立つところへ貼ってくれるだろう
かと思いながら、新宿の雑踏をあとにした。








「昭和と映画看板」の街、青梅宿へ行く!リルコミだあ

あいにくの氷雨にたたられた小平は寒かった。
咲いた梅も大粒の雨に濡れてはかなく散ってい
た。午後、にわかに空は明るく晴れて陽気な春
に戻った。きまぐれな空。こんばんは。

先週土曜日、営業で青梅市へ行った。仕事はす
ぐに終わることが分かっていたから、妻を連れ
て、かねてからマークしていた青梅駅界わいの
散策を楽しもうということになった。自宅から
車でおよそ30分で青梅市街に着いた。これに
は驚いた。かつて東京の下町に住んでいたとき
は、同じ東京でも青梅市などは「遥か彼方」の
街という印象だった。それが、実際に来てみる
と思っていたよりもずっと近いことが分かった。
「やっぱり小平は遠いんだ」と改めて納得。大
きな市営の駐車場に車を入れて散策を開始。

JR青梅駅内
JR青梅駅内

JR青梅駅は新宿から正味50分!と駅看板に
書いた文字に目がいく。「走行時間がだろ」と
思いながら中へ入ると、いきなり天才バカボン
のお父さんが逆立ちポーズの銅像があった。そ
うだった!ここには「赤塚不二夫会館」があっ
たのだ。「梅見物だったら、次の電車に乗って
ください」と駅員。私たちを梅林の梅見客に見
えたのか、執拗に繰返す駅員に困った。駅前ロ
ータリーに早咲きの紅梅が一本立っていた。全
体の景観が山里の駅の印象。青梅駅はここより
まだ奥の「奥多摩」の山々への玄関口であろう
か。駅に並ぶマクドナルドの赤い色が異彩を放
って浮いていた。

ハイカラヤ
ハイカラヤ

田舎の温泉宿のようなみやげもの屋「ハイカラ
ヤ」で「かるめ焼」160円を発見。名物「青
梅せんべい」と合わせてゲット。駅から旧青梅
街道に出ると、そこには「昭和と映画看板の街」
と書かれた看板があった。その通り、どことな
く建物は昭和の雰囲気。そこに街角には名作の
映画看板。いずれも手書きによるものだから、
映画全盛時代の郷愁があった。床屋の屋根や駐
車場の壁にも映画の看板が飾られている。やは
り、少し歩くだけで昭和の香りが漂ってきて、
映画「三丁目の夕日」をたっぷり感じる。

紅孔雀
紅孔雀

「昭和レトロ商品博物館」「青梅赤塚不二夫会
館」「昭和幻燈館」を青梅の昭和を楽しむ三館
めぐりと銘打って、地元商店会が観光客にアピ
ールしている。いつだったか、テレビでこの三
館と街並みをレポートしたのを見ているうちに、
青梅の街へ行きたくなった。実際に来てみると
売りの三館もいいが、商店街のそれぞれの時代
遅れの品物に興味が強く引かれた。妻が立寄っ
て、なかなか外に出て来ない金物屋に、他へ行
こうと声をかけに中に入ると、これがまた懐か
しい昭和の錯覚を覚えるような荒物が、店いっ
ぱいに崩れそうに積んであった。

ねこ
ねこ



猫


80才すぎの毛糸の帽子をかぶったおじいちゃ
んが、「これは、オレが作った」と包丁やナタ、
クワ、スコップ、ノミなどの立派な金物を指さ
した。「のこぎりも研ぐし、包丁も直すよ」と
刃が欠けた菜切り包丁を見せた。姿勢がしゃん
としていて、とても元気な店主だった。妻は大
きな水切りとアルミの小鍋を買った。吊り下げ
られた「ねずみ取り器」を見つけて、「これは
売れるんですか」と聞くと「よく売れる」との
応え。「ここは山だから、なんでもいるさ」と
いって笑った。

田川屋というお蕎麦やさんで昼食。妻はカレー、
私はもり蕎麦を食べた。カレーは粉っぽかった
といってたが、蕎麦は香りよく意外なほど美味
だった。帰りかけに「梅まつり」をのぞいてみ
ようと吉野街道を奥多摩に向かって走ると、間
もなく道路脇におじさんたちがぞろぞろと立っ
て、手招きしていた。梅まつりに来た車を呼び
込んでいたのだった。白い立て看板に「800
円」の料金が並んでいた。休憩所には「梅入り
ラーメン」の文字が見えて、どんな梅が入って
るんだろうかと妻。「梅入り風呂」もあった。
奥多摩の手前で午後1時。時間切れUターンし
て梅の里をあとにした。


街の看板.
街の看板.


バス停
バス停


電話ボックス
電話ボックス


昭和幻灯館.
昭和幻灯館.


住吉神社番猫
住吉神社番猫


住吉神社番猫2
住吉神社番猫2


彫像うさぎとねこ
彫像うさぎとねこ












明日Jリーグ開幕戦「浦和レッズ対横浜マリノス」は7万人近い観衆が集る!リルコミだあ

薄曇りの空から夕方になってひと雨が降りそうな雲行き
になった小平ですが、ますます市内各地の梅が咲誇って、
町並に活気が感じる季節到来です。こんばんは。

きょうはとなりの小金井市が現場。東八通り前原交番交
差点のすぐそばだった。もう少し調布の方面へ走ると、
小金井試験場がある。運転免許の更新や取得その他で、
何かと縁が切れないで行く場所だ。昼食に近くのお蕎麦
やさんに行って、私がカツ丼で相棒がざる蕎麦大盛りと
玉子丼を頼んだ。お店はカウンターだけで、10人ちょ
っとで満員になろうかという「こじんまり」さが粋な感
じだったが、カウンター越しに亭主の仕事がよく見えた。
蕎麦を茹でる素早さや、鮮やかにネギを切る手つきなど
はまさに絶妙。確かに亭主の仕事が見えるところが、こ
の店の売りになっていた。「へい!お待ちっ」と先に大
盛りそばが出て来た。相棒すかさずずるずると、なまず
のような口であっという間に食べ終わった。「そばだけ
だと腹一杯になんないよ」という相棒に、ほくほくのカ
ツ丼を一口食べて、「そりゃそうさ。江戸っ子はおまん
まのかわりにするのはよしとしなかった」と教えてあげ
た。ちょっと小腹が空いたときに、すっと食べる。これ
が江戸庶民だったらしいよというと、カウンターの向う
から「お客さん、よくご存知ですね」と亭主。いえいえ、
何かの本で読んだだけだよと応えると、「すし腹、そば
腹は別にしろ」ってね。腹が空いたときは飯を食えって。
だから、子どもに「そば好きすし好き」はいなかったん
です、と亭主。思いがけず有難いお話を聞いたのだった。

我家のサッカー小僧も来週に高校を卒業する。きょうは
高校生最後の試合があるといって午前6時すぎに出かけ
たが、ついさっき帰って来ると、「明日、友だち5~6
人と横浜の日産スタジアムに、レッズとマリノスを見に
行って来る」といって、コンビニで買ったというチケッ
トを見せてくれた。ホントは真横の高いところの席が欲
しかったのに売れ切れていた。「7万人近くも集るらし
い」というのを聞いて、私は「ほんとうか」と反応した。
Jリーグの開幕戦で7万人に近い観客を集めるなんて聞
いたことがなかったからだ。たぶん、カップ戦以外では
初めてのことじゃないかなと私がいうと、「とにかく、
もう6万5千枚のチケットが売れたって」という答え。
すぐに確認したい気持になって「ヤフ-スポーツ」へア
クセスすると、本当に7万人近くが見込まれると記事が
あった。素晴らしい人気だ。「明日は混雑だろうから、
スリとカツアゲに気をつけろよ」というと、「ダイジョ
ーブ、余裕だよ」といって、我家のサッカー小僧は妻の
作った好物の「三色丼」にがっついていた。私は明日の
日産スタジアムよりも、「G大阪の遠藤、北京オリンピ
ック代表入りか」という見出しに目が行って驚いた。オ
リンピックではオーバー・エージ枠を二名だったかFI
SAは認めている。この枠をオリンピック代表監督の反
町さんが活用しようと決心したのだろうか。これまでの
日本は、他国に追随しないで22才以下だけの選手で統
一していた。実はオーバー・エージ枠候補に遠藤と、も
うひとり浦和レッズのトゥ-リオ選手の名前が上がって
いた。反町さんはディフェンスよりも、少し上のポジシ
ョンで試合をコントロール出来る遠藤を選んで、北京オ
リンピックの「決勝トーナメント」進出をイメージして
いるのだろう。遠藤はオシム監督のときも日本代表メン
バーの核として不動だった。それは岡田監督になっても
変わりはない。そんな日本代表メンバーを北京オリンピ
ックに連れて行こうとしているわけだ。しかし、問題は
ガンバ大阪側がどんな反応を見せるのか。今年度はアジ
ア・チャンピオンズ・リーグにも挑戦が決まっていると
いう。非常にタイトなスケジュールの中、果たして反町
監督の希望はかなうのか。見守りたいね。







元祖VSラグパパ「ジャグバンド大阪場所」はじまるぞ!リルコミだあ

連日の冷たい北風が吹いた小平からこんばんは。

きのうは夜までクリス・ヒルマン&ハーブ・ペダ
-ソン・ライブ(東京)のメールが飛交って、結
局トータルで9人をバッキンタウンにオーダーし
た。マリア・マルダ-には反応しなかったお仲間
だったが、これからまだ増えそうだから強烈。と
いっても、クリス&ハーブが二人でいったいどん
なパフォーマンスをするのか、実体を知らない私
にはとんと想像も出来ない。しかし、夢弦堂の西
貝さんはネットで彼らのライブ映像を見たらしく、
「それが、えらいかっこいいんだ」と興奮気味に
話してくれた。お年をとっているとはいえ、そこ
は超ベテラン、二人は百戦錬磨の達人である。絶
妙な、めちゃくちゃきれいなデュエット・ミュー
ジックを披露してくれるに違いない。ハーブ・ペ
ダ-ソンと会うのは今回でニ度目。最初はジョン
・デンバーのバックメンバーで来日したとき、パ
ーティだったか楽屋だったか忘れたが握手をした。
そのとき何年前だったか昔すぎて思い出せないが、
でっかい手だなあと思った。最初のソロアルバム
「SOUTHWEST」(76年)のジャケット写真の
ように、まるで飾り気のない気さくなミュージシ
ャンだった。68年ザ・デイラーズの「WHEAT
STRAW SUITE」で、私はその存在をはじめて知
ってから、あとはずっとファンになりっぱなし。
コーラスの達人と思っているとき、スクラッグス
そのまんまのバンジョーをバリバリに弾いて私た
ちの度肝を抜いたのは、ブルーグラス・アルバム
「HERE TODAY」(82年)だった。まあ、キャ
リアが豊富なのでここでは書ききれない。目の前
で見るのがベストなのだ。

我らが「元祖」が大阪へ出かけて、「ラグパパ」
とジャグバンド対決をする。名付けて「ジャグバ
ンド大阪場所」だ。二月の元祖ロッキートップ・
ライブを見損ったと思ってたら、なんと大阪へ飛
ぶとは驚きの素早さである。ロッキートップでは、
復活して東京公演中の「ポリス」のクルーたちが
大挙して押しかけて、元祖のステージに飛び入り
したり大歓声だったりで大騒ぎだったらしい。元
祖の実力はポリスに匹敵?・・対するはラグパパ。
正式にはラグパパス・ジャグバンド。去年の今ご
ろ、東京のバッキンタウンで元祖と初対決したが、
このときを見て、元祖よりも「ジャグバンド」の
印象だった。何といっても、二人のジャグラ-の
存在が強烈。かたや元祖はアシュラだけだ。今回
の対決でラグパパの二人はどんな「飛び道具」を
用意しているか。あらゆるルーツ・ミュージック
がてんこもりの激突ライブ!楽しめます。



3月16日(日)

アナザ-ドリーム
06-6211-5759
大阪市中央区千日前1ー9ー7
フローラルイン難波B1

午後1時30分開場
午後2時00分開演

料金 ¥2,500.(ドリンク別)

出演 ラグパパス・ジャグバンド
   勝木徹芳、神田修作、秋元慎、
   ジョッシュ大塚、澤村重春。

   元祖
   笹部益夫、アシュラ、須貝重太、
   大森康弘、柴木健一、手島昭英、
   祇園隆司。

以上書いてて豪華メンバーに驚いてしまった。







大ニュース!クリス・ヒルマン&ハーブ・ペダ-ソン来日!リルコミだあ

北風がたまに吹くと冷たかったが天気予報よりは
よっぽど暖かな一日だった小平からこんばんは。

きょうは親しい工務店から軽トラックを借りて、
木材ゴミと要らなくなったサッシなどを満載して
所沢の産業廃棄ゴミ収容所へ捨てに行った。軽と
いえどトラックはごつごつした乗り心地で、しか
も荷物が満載とあって重量感はたっぷり。道路の
でこぼこで揺れると「ギシッ、ギシッ」と大迫力
な音がする。「あいつめ、積みすぎやがって」と
若い大工を呪ったが、あとの祭り。所沢街道から
清瀬を通って、JR武蔵野線東所沢駅前を下って
浦所街道を横切ると、ようやく「清水興業」とい
ういかめしくデカい看板の目的地へ着く。広大な
敷地にゴミの山が見え、巨大な機械があちこちで
うごめいていた。ショベルの先が蟹バサミになっ
たパワーショベルのところへ誘導されると、メジ
ャーで軽トラックの荷台の寸法を計った。ここは
きょうで三回目だったが、寸法を計られたのは初
めてで、「細かいんだネ」と私がいうと、朝青龍
のような眼光鋭い、いかにも産廃屋という大男が、
「適正値段の計測ですよ」といった。

うっかり、じゃあ以前は違ってたのといおうとし
たが、その道の恐い迫力おじさんの前では言葉が
出て来なかった。計測が終わるとパワーショベル
がゴトゴトと寄って来て、軽トラの荷台からウソ
のようにアルミのサッシをつまみ上げて、クルッ
と車体を回転、別の場所にそっと置いた。産廃ゴ
ミにも当然種類があって、アルミなどはここから
他の業者へ運んで売るのだといった。鉄も然り。
とりあえず、つまみ上げが終わるとパワーショベ
ルの蟹バサミは、またしても器用に軽トラからゴ
ミをすいとかき落とした。すると横から若い男が
荷台に飛び乗って、箒ですいすいと掃いて終了。
素敵な連係プレーなのだった。きょうの荷物の大
半を占めた木材ゴミは、巨大なダンプカーに積み
込まれてどこかへ運ばれていく。ウソのように軽
くなった軽トラックは、ぴょんぴょんと跳ねるよ
うな感覚だった。

支払を済ませる間、またしても広い作業場を眺め
ると、ずっと奥にに大型の建設機械が、金網状の
ドラムをまわしてゴミを粉にしているのが見えた。
脱水機のおばけのようなものだった。どういう仕
掛けでゴミが粉になるのかと不思議に思っている
と、「・・・円です」と呼ばれた。払い終わると、
「ジュース代よ」といってチップをくれるのも何
故だかここの特長だった。いつかもっとゴミのこ
とを書いてみたいが、いや書いてみたいという欲
求が体から沸き上がって来るが、これは色々な面
で取材が難しくて、私のような個人では不可能に
近い対象といえる。ある意味「闇の世界」なのだ。
まあ、ゴミについての素人に書ける部分だけでも
と考えてはいるが。帰り道、所沢の森を眺めて木
の花を探したが、まだ森はモノトーンで、白も赤
も黄色も見えなかった。

午前中、久しぶりに私の携帯が次々に着メールを
知らせる音が続いた。これは夢弦堂主人の西貝さ
んが、「大ニュース!5月11日にクリス・ヒル
マン&ハーブ・ペダ-ソンのライブが、バッキン
タウンであるよ」と知らせて来たのがはじまりで、
これを聞いた私が「お仲間シンジケート」に乗せ
たら、さすがに大物ライブ、次々に「行く行く」
メールが着信したのだった。実は、私もこの知ら
せを聞いたら、全身にパワーが漲ったのだった。
遥かむかし、バーズが来日したとき、私は勇気を
振り絞ってクリス・ヒルマンに単独インタビュー
をしたことがあった。場所はバーズ宿泊先のホテ
ル・ニュー・オータニの最上階ラウンジ。少しづ
つ回転しているレストランで、女性のトランスレ
ーターを雇って決行した。そのときクリスは、私
がブルーグラスはやらないのかという質問に、「
もちろんやるよ」と答えてくれたが、それから少
し経ったら「デザート・ローズ・バンド」を結成
した。モロにブルーグラスはやらないと思ってい
たが、このデザート・ローズ・バンドを聞いて、
ものすごく納得したことを思い出した。それに、
ハーブ・ペダ-ソンである。この人が来たら、
本当の大事件になってしまうのがウエストコース
ト・ファンな私なのだ。嘘かホントかジョン・ダ
ッフィにテナーを付けたというウワサが流れたの
がはじまりで、ディラーズからジョン・デンバー
まで、ありとあらゆる数限りないスタジオセッシ
ョンをこなして尚も、ブルーグラスマンとして立
っている「ジャイアント」がハーブなのだ。この
二人がバッキンタウンに登場することがウソのよ
うで信じ難いが、まことなのだった。当日は昼夜
二回のライブになっている。予約はバッキンタウ
ン03-3353-4655まで。他に横浜サムズアップ
公演もある。お早めに。















鈴木カツ著「FOLK MUSIC U.S.A.」は絶品の味わいだ!リルコミだあ

夜から寒くなるし雪も降るらしいとなれば灯油の在庫が
気になった妻に付合ってスタンドへ。「ササキさん、明
日の午後からガソリンが値上げだよ」店長の迫力の声が
響く。何でも、アメリカの原油市場がまた上がったので、
自動的にスライドしてメーカーから値上げの通達が店に
届いたという。つまり、ただいまが145円だから、最
低148円となるのは必至。「リッタ-150円になる
かも」と目を丸くして驚く店長。「困るんだよ」こんな
にちょくちょく上げられちゃあと、うんざり顔。「灯油
はどうなるの?」と、目の前の灯油の値段を心配する妻
を遮って、「きょう入れといた方がいいよ、うん」と売
込む。「あ、灯油はおんなじだからね」落語家のように
店長、笑顔を妻に向けた。原油高に振り回されるスタン
ド。「全然もうからない値上げだから困る」だって。
こんばんは。


Folk Music USA
Folk Music USA

元は、築地エニ-オールドタイムのマスター、現在は音
楽評論家の鈴木カツさんから、自著になる2册の新刊本
が届いた。「FOLK MUSIC U.S.A.」(2,000円+税)
はシンコ-・ミュージック・エンターテイメントから発
売中だが、装丁を含めたトータルデザインが非常に優れ
ていて目にやさしく読みやすい。記事は「パート1」か
ら「パート12」に分けられて、そこにパート別の解説
コラムとレコード・レビューが加えられている。この手
法に於いて著者は独自の説得力を持ち、ここで見事な集
大成に結実しているようだ。CDライブラリーの棚にこ
の一冊が加われば、ルーツ系の好きな私にはまさに「C
Dの友」になって夜が楽しくなる。パート8ではビル・
モンローが紹介される。ボブ・ディランが「ビルのかん
高い声は魅力的だ」というインタビューが印象的だった。
500タイトルにも及ぶアルバム・ライターには、宇田
和弘さんや古屋克己さんの名前を見つけた。


こだわりアメリカンルーツミュージック事典
こだわりアメリカンルーツミュージック事典

こちらはNHK出版からの「新書」で「こだわりアメリ
カン・ルーツ・ミュージック事典」~先駆者60人の足
跡~である。さまざまな音楽がアメリカから今も発信さ
れて衰えを見せない。特に日本は顕著にその影響を受け
ている。しかし、ポップにもロックンロールにも「ルー
ツ」がある。多様なルーツ・ミュージックが、ポップや
ロックンロールの形成に影響を与えている。著者は「レ
コード・コレクター誌」~アメリカン・ミュージックの
パイオニア~の連載を通してこの本の執筆をはじめた。
ジャズ、カントリー、ソウル、ブルース、フォーク、ブ
ルーグラスなどのジャンルから選りすぐったルーツ系ミ
ュージシャン、60名の「フーズ・フ-」である。解説
は著者と関係が深いなぎら健壱氏。900円。発売中。
アメリカン・ミュージックの古典に耳を傾けよ!との宣
伝コピーを見つけたが、私などは「まさに!」とうなず
くばかりであった。それにしてもカツさんは、ますます
快調のようである。






中国黄砂が福岡県へ!リルコミだあ

中国黄砂が小平には届かなかったようだったが、
福岡県では視界がぼやけるほどだったというから
穏やかじゃない。また、中国の工場から出た煤煙
や自動車の排気ガスが光化学スモッグとなって、
すでに日本に届いているらしい。きょうの午後、
TBSラジオを聞いていると、キャスターが悲痛
な声でこの事実を叫んでいた。そういえば、日本
海の漁業に打撃を与えて漁民を苦しめているいる
「越前クラゲ」も、どうやら揚子江をせき止めた
巨大なダムの影響ではないかとウワサが出はじめ
ている。中国の驚異は餃子だけではなくて、どう
やら地球規模に及んでいるようだ。こんばんは。

水ぬるむ3月になりました。北国ではまだ遠い春
だけど、小平地方では紅白の梅が咲きはじめて気
持がなごむ春を迎えました。さて、ブルーグラス
専門誌ムーンシャイナ-3月号が届きました。表
紙は「パンチ・ブラザース」。若者5人が、大き
な文字で「PUNCH」と書かれたディスプレイをバ
ックに、笑顔でジャムセッションしている写真で、
真中にマンドリンを持ったクリス・シーリがいる。
「ニッケル・クリーク」を解散して、クリスが新
しいチャレンジをはじめたバンドだった。バンジ
ョー、ギター、フィドル、ウッドベースと、ブル
ーグラスのフルメンバーという出で立ちである。
ニッケル・クリークで成功したクリスの動向は、
果たして私にも聞けて楽しくなれるブルーグラス
的なものを、やるのかどうかといった部分にだけ
注目していたが、写真を見る限りでは「当たり!
」で、望外な喜びを感じたのだった。しかし、だ。
「PUNCH」とはデビュー作のタイトルだが、記事
を読むと、そこには「信じ難いアンサンブルに溢
れた40分に及ぶ4楽章からなる組曲」とのアル
バム評があった。ン、組曲だって?確かに、フル
に近いブルーグラス楽器を使った組曲などは前人
未到な場所だろうから、チャレンジした野心と価
値は認めたい。だけど、どんな風になっているの
か聞くまでは想像も出来ないが、何だか組曲と聞
いて雰囲気が妖しくなってきた。聞いたこともな
いクラシックを無理に聞いたような気持にならな
いだろうか、なんて聞く前から心配しました。

表2には68年に来日したときのフラット&スク
ラッグスのカラー写真が掲載されていて、スクラ
ッグスが非常に形よく撮れていたのには驚きまし
た。反対にレスターは端っこで暗く顔もよく見え
ないほどで対称的だった。構図的にも、スポット
ライトを浴びたスクラッグスのまわりにすべての
メンバーが集って、「へぇー、これじゃあ親分だ
よ」とスクラッグスの存在感を改めて認識した。
こういう偶然をパチリとショットできるのは、た
ぶんアマチュアしかできないと思った。そして、
アマチュアでも「バンジョー弾き」でなければ写
せない瞬間だったのだとも思った。たとえば、レ
スター・ファンの私だったら、結果はかなり違う
瞬間を写して、それを選んで編集部に送っただろ
うと考えた。それと、フォギー・マウンテン・ボ
ーイズも含めて、唯一存命中なのがスポットライ
トを浴びて光り輝くスクラッグスただ一人という
のも、偶然のいたずらかちょっと驚いた。いまか
ら40年前の新宿厚生年金会館のコンサートだっ
たが、きれいな「音」は残ってないのかと考えた。










«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
ライブのお知らせ
NEW !
イッツア・クライングタイム
5月5日
170405kodairact.jpg
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ