AX

2008-08

Latest Entries

農業派遣員の伊藤さん、死体で発見!リルコミだあ

久しぶりの青空は非常に気持ちよかったなあ。小平は一週間以上も
雨が降り続いていたから、今朝の日ざしを見たときは「おお、」とオー
バーに感動しました。ご来光っていうのは何にしてもいいものだね。
太陽が出ればそこは残暑だ。気温も30度に近かったはずで、仕事し
てるとすぐに汗だくになった。これも久しぶりの快汗である。しかし、
夕方になったら黒い雲がもくもくと空を覆い、夜は雨かと不吉な予感。
問題は明後日、箱根フェスの初日に雨は似合わない。何とか晴れて
もらって、ついでに三日間、明るい太陽の下で思いきり遊びたいよね。
こんばんは。

http://www3.diary.ne.jp/user/338790/「きっこのブログ」によれば、
アフガニスタンへ農業指導に行っていた「NGOペシャワール会」職員
の伊藤和也さんの遺体が発見されたらしく、夕方のニュース番組でも
伝えていた。アフガン東部ジャララバードで拉致された伊藤さんは、
複数の銃弾を受けて、拉致現場から数キロの谷底で発見されたと
いう。ただ、日本政府はその遺体が伊藤さんであるか確認中と発表
している。農業の指導に行っている日本人を殺すとは何事だろうか。
犯人はアフガニスタン人なのかどうか捕まってないので分からないが、
たとえ外国人であっても自国のために汗を流している農業指導員に
対して、こんなむごい殺人をするなんて、何て恐ろしい犯人が住む国
だろうか。改めてNGOの活動を含めて経済援助、自衛隊による海上
給油活動などすべてに渡って見直しをしてほしい。外務省はぼんやり
してないで、今こそ同胞のために働いてほしい。腹が立っているのだ。

先ごろ亡くなったロシアの反体制作家、ソルジェニーツィン氏の代表作
は「収容所群島」だ。本好きだった私は昔、1冊だけ買って読んだこと
があったが、冒頭にかなり引きつけられた記憶がある。それはシベリア
の川で発掘作業中に、数万年前の動物が氷詰めになって発見された。
映画「ジュラシックパーク」だったら遺伝子の展開になってファンタジー・
ストーリーが出来上がるけど、ここでは発見してすぐにみんなで食べた
と書かれていた。食べたのはお腹を空かせた囚人だったが、おもしろい
のはここまでで、あとは拷問や悲鳴など文字通り収容所の実態を延々
とこれでもかという具合に記録しているように作家は書いている。何百
万という人間が極寒地シベリアへ追放され、強制労働をさせられて
栄養失調になっている。しかし、その大半の人は無実でなぜ自分が逮
捕されたのか分かっていない。この本は上下二段で600頁はある。

驚くことに、ソルジェニーツィンはこれを6冊も刊行しているのだ。恐るべ
き恨みの深さである。ときどき私はリルコミを書いていて、詰まって書け
なくなってしまうことがあるけど、そのとき昔読んだこの本を思い出して
パワーをもらっている。まあ、深い恨みは参考にならないけど目の前の
ことを何でも書くというパワーは参考になった。さて、明後日から箱根
フェスだが、明日からリルコミをお休みにさせていただく。きょうの現場
が明日にまでずれてしまってリルコミを書く時間がなくなったのだった。
では9/1再見!












箱根フェスのステージ・スケジュールが発表されたぞ!リルコミだあ

きょうも朝から雨が間断なく降り続く小平ですが、あちこち湿っぽくなって
いいかげんに嫌になってきたと現場の職人たちは声をそろえている。
こんばんは。

箱根フェス08年のコンサート・スケジュールが発表された。29日(金)は
午後5時過ぎにキックオフ。「笹部益男と不愉快な仲間達」がキックオフ・
バンドである。ちなみにこの日の最後を飾るのは「ASH GROVE」だ。天気
予報が気になるが、今日現在だとぎりぎりに晴れる模様だ。初日から雨
に降られると何となく気持ちも晴れないので、是非29日には晴れて欲し
いな。30日の土曜日は午前8時30分、「北大ジャムバンド2」からスター
トする。昨年は土曜日出演申し込みが多くプログラムがオーバーフローし
たそうで、今年はその対策として土曜日の出演は「ある時期」で締め切っ
たという。それでも土曜日のステージに立つのは数えてみたら97バンド
(個人)もあった。メンバーに重複がなければ土曜日だけで500人に近い
数字だから、まあ、大したもんだ。トリを飾るのは「きなこもち」。私の「オー
!ジン・バンド」は土曜日の午後7時。島田耕大先生のあとになっていた。

やはり横浜の大先生、宇佐見勝彦&ビューティフル・ピープルは少しあと
の午後7時50分だった。この三つは、毎年7時台にスケジュールを切って
くれるので嫌でも顔を合わせるのだ。果たして両大先生はどんなレパート
リーを披露してくれるのだろうか、とても楽しみだ。それからデッドマンは
夜の10時10分だった。今年も大汗をかくのかな、サトンパス!
31日サンデーもステージは午前8時50分、「どぶろひくぞう」さんからスタ
ート。お昼の12時にスペシャル企画、「四方敬士メモリアル・ジャム」が行
われる。先頃、ナッシュビルの自宅そばで急死した故人を偲ぶジャムで、
生前に親交があった方の参加はフリーで、大勢の演奏で追悼しよう。箱根
フェスといえば名物「ブルーグラス・コンベンション」がこの日、午後1時ころ
からスタートする。豪華な賞品もさることながら、コンベンションの勝者には
ブルーグラスへの深い理解と工夫が求められる。めったなアイデアでは勝
者になれないところに価値があるのだ。果たして今年のウイナーは?

というわけで、箱根フェスのスケジュールに関係したことを書きましたが、
くれぐれも行きも帰りも道中の安全に気をつけてくださいね。





今週末は「箱根ブルーグラス・フェスティバル」だ!リルコミだあ

連日の雨がうっとうしくなってきたこの頃の小平ですがもう秋なのかな。
こんばんは。

北京オリンピックが終わりました。閉会式を見ている途中に眠ってしまい、
目が覚めたら夜中の2時すぎ。窓を開けていたので体がすっかり冷えて
しまい、熱い紅茶をすすりながら、雨音がする暗い闇を見て「夏は終わっ
たな」とつぶやいた。あれだけ暑かった日常がウソのように気温が下が
って劇的に涼しい毎日に変わっている。今週末は「箱根フェス」だ。久しく
会っていない顔に出会えるので少しわくわくしてきたけど、考えるとまだ
何も準備していなかった。きのうの夕方、妻が「全員で17人みたいよ」と
バンガロー参加者のメンバーを確認していたが、私といえば「オー!ジン
・バンド」の出演申し込みを済ませただけだった。これから荷物の確認を
して、多かったら夢弦堂さんに分担の相談をしなければならない。「今回
はお酒が豊富でうれしい」と私。4月からお酒をセーブしていたので鹿児
島直送の芋焼酎が3本も残っている。全部箱根に持って行ってウワバミ
たちに振る舞ってやろう。それにしても仕事が7月から毎日のように続い
ている。去年までは夏場は閑古鳥だったのに異常現象といえなくもない
が、妻にとっては大歓迎で「これでサッカー小僧の学費の支払いが出来
る」などと喜ぶのだった。まあ、そんなところだろうね。

北京オリンピックで日本のプロ野球代表が韓国とアメリカに連敗して4位。
メダルが取れない結果だった。オリンピック前、テレビ出演で繰り返し「金
だけが目標だ」と星野日本代表監督は自信をにじませながら語った。しか
し、メダルがかかった決戦にはことごとく負けた。しかも惜しい負け方では
なく、実力差がはっきりと結果に出たファンが呆然となる負け方だった。
「いま何か言うと全部いいわけになる」敗軍の将兵を語らずと星野監督は
記者会見で語ったが、私は是非語ってほしいと思った。たとえば、オリン
ピックだって国民の税金を使って代表で出て行ったのだから、敗因などを
語る義務がありはしないかと非常に不満が溜まった記者会見だった。星
野監督もボケたのかと映像を見つめてしまった。なぜ負けたのか。あの、
予選で見せた選手個々の「はつらつとしたファイト」はいったいどこへ行っ
たのか。あのとき奮い立った日本チームの団結力はどうして出せなかった
のか。せめて、その辺は記者会見でも語れたはずだよ、星野ジャパン。

短期決戦は難しいと、かつて西武ライオンズの広岡監督は言った。そうい
えば星野監督は日本シリーズで勝ったことがなかったよね。オリンピックも
短期決戦だ。しかも相手が毎日変わるから「データ」が相当にものをいう。
野村監督が言ったように、データは宝の持ち腐れで終わったのだろう。GG
佐藤に代表される選手起用のミスなどは短期決戦では、「負けます!」と
宣言しているようなものだ。結果が4位なら、わざわざプロ野球選抜でなく
ても「アマチュア選抜」でよかったんじゃないかと思うのだった。「失礼!」
さて、星野監督とそのお仲間コーチには今後、汚名返上が出来る場所が
あるのだろうか。来年に迫ったWBC監督?ちょっとねえ、、、。










北京オリンピック野球「日本対韓国」戦を見た!リルコミだあ

このごろは連日の曇りでしかも涼しい小平なのだ。こんばんは。

きょうは早朝に現場に出て素早く働いて午前11時には帰宅した。
オリンピックの野球「日本対韓国」を見るために必死こいて段取り
したのだ。戻ると玄関に小包が置いてあったが、長男が「西貝さん
からだよ」と。野球好きの長男もやはりというか、おもしろい試合は
外さないんだなと感心した。小包を開けてビックリ、黄色い色の立
派な「マクワウリ」がデ~ンと入っているではないか。あっと思った
がすぐに、「おお、こんな立派に成長したのか!」と感動した。マイ
ミクの写真でしか見てなかったが、西貝さん渾身の果物だ。よし、
よしと、今晩のとっておきのお楽しみにしてすぐに冷やした。マクワ
ウリなど食べたことがない子供たちの反応は果たしてどんなもの
だろうか。西貝さん作だと聞いたら、義理でも美味しいというのかな。

日本は前半は2-0と快調だったが、次第に韓国の必死のファイト
に押されて、同点にされてからはこらえきれるパワーはなくなって
いて、結局2-6と打ち込まれて負けた。くやしいけど韓国は強か
った。先取点の2点を小刻みな投手リレーで逃げ切ろうとしたが、
中日必殺の押さえの岩瀬が、巨人のイ・スンヨプに2ランを打たれ
て万事休す。続いた西武の湧井も長打を打たれて、ボコボコにや
られたという印象だった。もういちど書くが「韓国は強い」。
我が家の長男は「予想通りだった」と、見終わったあとの感想をポ
ツリ。日本は事前のデータをしっかり取っていたとすれば、生かし
ていなかったように思うし、岩瀬も厳しかった。そろそろ強い相手で
は通用しなくなっていた。こんなことを我が家の長男は話していた。
「夜はキューバ対アメリカだよ」たぶん凄い試合になると思う。きょう
の長男は目が輝いて見えた。

小平とか小金井、国分寺あたりでは次々にコンビニが閉店していて、
あてにしていると昼食も食べられなくなるのだ。これは私の印象だが、
セブンイレブンもローソンもファミリーマートも関係なく、「あそこにはコ
ンビニがある」からお弁当が買える。そう思っていざ行ってみると、閉
店していたり、すでに違う業種のお店に変わっていたりして大いに困
るのだ。小平市内でも例えば我が家に近いコンビニが3軒も閉店して
しまった。二三日前に一番近いセブンイレブンへ行くと、看板も店内も
真っ暗で薄気味悪いほどだった。ここは10年以上も続いていた繁盛
店だと思っていたのに残念だった。しかし、夜でも昼間以上に明るい
コンビニが電気を消すと、辺り一面が真っ暗になって景色がまったく
変わっていた。地球温暖化にはコンビニの明るさが大敵だったりして。
確かに過当競争の様子は素人の私でも分かっていたが、それでも今
年になってからバタバタという印象がある。まあ、私的には困らない
けど、世の中的にはどうなのだろうか。ぼちぼち選挙が必要だろうね。











我が家の長女ウズベキスタンへ旅立つ!リルコミだあ

遠くに雷が鳴っているなあと帰宅すると途端に「ドッカ~ン」と、すぐ近くで
落ちたような炸裂音がして、あとは土砂降り状態。これでもか!と雨が玄
関前のアスファルトをたたきつけている。夕方の小平は天気荒れ模様だ。
こんばんは。

きのうの夜、9時半すぎに長女は単身ウズベキスタン旅行へと出発した。
「わずか10日間だから軽装です」と言う通り、バックパッカー一つだった。
夜行バスで関空へ行って、そこからソウル。ソウルからウズベキスタンと
いうスケジュールだという。日本からの直行便もあるけど満席だったらしい。
西武小平駅まで送り、階段を上って行く長女の後ろ姿を見てると、あまり
にも幼く見えたので、唐突に「行くなー、中止しろー」と声が出そうになった
が何とか我慢することが出来た。親の心子知らずで、親としては少しでも
安全な国ならいいのにと思っているのだが、長女の海外旅行は常にそう
いう親の気持ちを逆なでするような国を選んで行くのだ。こういうのって「し
かたがないとか、しょうがない」の典型ではないだろうか。去年だったか、
タイ~ベトナム~カンボジアに出発したあとに、タイ人のお婿さんがいる床
屋に行ったら、「一人は危ないですよ」タイやカンボジアの青年は日本人
の若い女性をターゲットにしているからすぐにセックスされちゃうよ。

日本人のお嫁さんをみんな欲しがっているよ、これホントだよと、顔を剃り
ながらさんざん脅かしてくれたのだった。「ぼくも奥さんと知り合ったとき、
すぐにやっちゃったんです」と小さな声で、向こうの台にいるお父さんをチラ
チラ盗み見ながらいうのだった。幸い我が家の長女は何事もなく帰ってき
たが、あのときは内心ビクビクしていたものだった。今回はウズベキスタン
である。北京オリンピックでトルキスタン、カザフスタン、そしてウズベキス
タンの選手が出てくると、なぜか体がピクンと反応するのだった。注意して
彼らの顔を見ると、アジア系の顔もあればヨーロッパ系の顔もあった。そこ
にロシアとグルジア間の戦争が始まったから親として、「おまえ、大丈夫か
?」と聞くと、「スタン系は全然平気」といって鼻にもかけなかった。先日、
お盆休み前に床屋に行き、タイの若旦那に「ウズベキスタンって知ってる
か?」と話しかけると、「知らない、なにそれ山形県か?」という反応だった。
教養の低い婿殿め!「ざまあみろ!」ようやく仕返し出来た気分だった。











昨日夜のオリンピック・サッカー「ブラジル対アルゼンチン」を見たぞ!リルコミだあ

薄曇りの蒸し暑い小平ですが夜はすっかり秋になってしのぎやすくなりました。
ただいま小平の街角では梨とブルーベリー、巨峰が売られています。ブルーベ
リーは小平市がいち早く栽培に取り組んだとかいわれますが、津田町のお酒屋
で売ってる「ブルーベリー・ワイン」は確かに美味しいよ。こんばんは。

きのうの夜はオリンピックのサッカー、「アルゼンチン対ブラジル」の準決勝を子
供たちと一緒に見ました。強化合宿帰りの我が家のサッカー小僧は一段と黒い
肌に光る目をして、「メッシ!メッシ!」と連呼しながらこれから始まる90分の熱
闘にワクワクしていました。メッシとはアルゼンチン代表でバルセロナ所属の若
いフォワードで、世界一のプレイヤーではないかと評価されている選手ですが、
オリンピック前に日本国内でやったテストマッチには当然のこと出場しなかった。
相手のブラジルにはあのスーパースター、「ロナウジーニョ」が年齢枠以外の選
手として出場していて、この人とメッシの直接対決が見られるとあって我が家は
熱く燃えたのでした。さて、結果は「3-0」とアルゼンチンの快勝でした。ブラジ
ルの誇り高きセレソンはついに1点も取れないという不発に終わり、ロナウジー
ニョもボールタッチには輝きが残っていたものの、動きが04年~05年全盛時の
30%ダウンという感じで、攻めのフロントで孤立している場面もありました。

対するメッシは3点ゲットしたうちの2点には明らかに絡むという最高の動きを見
せていた。特にペナルティ・エリア内で相手ディフェンダー3人を抜きまくってパス
を出して尚も動いている世界一のプレイに、「おお!おお!すげえ!うまい!」と
親子そろって、ただひたすらに感激しまくって見ていたのでした。アルゼンチンは
ブラジルと違ってユースサッカー(若い世代)の大会にも熱心に取り組んでいて、
北京オリンピックにも23歳以下の精鋭を集めて、「どうしても優勝するんだ」とい
う迫力と決意が見られた。ブラジルの若い世代に対しての考えとはひと味違って
いるのだ。アルゼンチンの3点目がペナルティキックで入ったときにはブラジルの
動きが極端ににぶっていた。しかし、アルゼンチンは4点目を狙いに行かず、もう
勝利には十分だとばかりに流した。あのあたりにサッカー強豪国の緩急の深さ
を見たような気がしました。決勝の相手は日本と予選で戦ったナイジェリア。果た
してどんな試合になるのか。

テレビ観戦の道具は私、冷たい麦茶。ときどき山脇製菓のピーナッツ付きのかり
んとう。長男は冷茶とチョコレート・スナック、我が家のサッカー小僧はファンタグレ
ープと越後屋製の大型せんべい。これをアルゼンチンのピンチのときに「バリッ」
と折るのだった。長女は明日の海外旅行(ウズベキスタン)準備のためリタイア。
妻は早寝。さすがに電話はかからなかった。「日本代表は何だったんだろう」と私
がいうと、「弱かったのだ」と長男。サッカー小僧は発言なし。しかし、楽しかった。








ドクターK徳武弘文が映画「レスポールの伝説」とセッション!リルコミだあ

北関東地域は大雨注意報が出されているそうだが、小平も曇っていて
いまにも雨が降りそうな気配。それにしても日暮れが早い。もう秋だね。
こんばんは。

きょうは10日ぶりくらいに大汗をかいて仕事をしたら、何だか体中から
パワーが抜けたようになって、シャワーで汗を流したあとはボーッとして
すっかり老人になったようにやる気をなくしていた。涼しい北国でお盆休
みを過ごしていたから、サウナ的猛暑の中での仕事は慣れないと体に
きつい。というわけで新潟の十日町市での話だった。藤木さんのまわり
には強烈個性のお仲間が集まる。「こっちへ、、、」と引っ張って行かれ
た真新しい寿司店には「国本武春」のそっくりさんがいた。「この店の大
将です」と紹介されたときは、一瞬あっけにとられて「えー、」と絶句した。
体格といい顔つきといい現在の国本武春、タケちゃんそっくりだった。
お店の大将は「よくわかんないス」といいながらも、有名人に似ていると
いわれるとまんざらじゃない様子。「今晩ここで盛り上がろう」と計画して
たのに東京へ帰るとは残念!非常に残念がった藤木さんだった。

もう一人、「友人の土建屋さんがオーディオ・マニア」で、ある日「聞きに
来い」というので行くと、何とD.グリスマンのCD「トーン・ポエム」を聞か
せてくれた。土建屋さんにとって、この場合はオーディオ・マニアだけど、
「このアルバムがオーディオのチェックにはベストだ」という。こっちが教え
たわけでも何でもないのに「こういうことが起こる」んだよね、と藤木さん。
トーン・ポエムについては早くからオーディオ・マニアの間で広がっている
という噂を私も聞いたことがあった。午後、十日町名物蕎麦店に行くと長
蛇の列。しからば支店へと藤木さん、すたこらさっさとハンドルを切ったの
が功を奏して「まいう」のお蕎麦をいただいた。この店もあっという間に長
蛇の列。十日町も大量の帰省客を飲み込んでいた。帰り際、藤木さんの
いとこが「国本さんのアパラチアン・三味線を聞きたい」といって母親とや
って来た。静かな十日町にも「熱狂人」のまわりに人が集まっていた。

ギタリスト、ドクターKさんからメールが届いた。以下はその全文です。ギ
タリストにとっては永遠のスーパースター、「レス・ポール」さんの映画が
封切られます。何とトクちゃん、その映画ついて語るそうです!映画もご
きげんな雰囲気ですぞ。ゲスト・ミュージシャンをご覧あれ!

徳武です、まだまだ暑い日が続いておりますが体調お気をつけ下さい。
急に決まったトークイベントも含め映画お見逃しなく!

◇◆◇「レス・ポールの伝説」◇◆◇
トークショウに出ることになりました。
■東京:アップリンクX 2008年8月23日(土)よりロードショー!

14:45
16:55
19:05
21:15

<公開記念イベント開催>
8/23(土) 19:05の回、上映終了後
  萩原健太×徳武弘文 ~レス・ポールに会った男たち~ 

当日料金:一般¥1,500 / 学生¥1,300 / 小・中・シニア¥1,000

渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2階  TEL:03-6825-5503
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◇◆◇「レス・ポールの伝説」◇◆◇

映画とライブ・セッション形式で「レス・ポールの伝説」が「お台場映画王」にて
特別上映されます。
出演:レス・ポール、キース・リチャーズ、ジェフ・ベック、ポール・マッカートニ
 ー、エドワード・ヴァン・ヘイレン、B.B.キング、トニー・ベネット、スティーブ・ミ
 ラー、ボニー・レイット、マール・ハガード 他

監督・撮影・編集:ジョン・ポールソン / プロデューサー・脚本:ジェイムズ・ア
 ーンツエグゼクティブ・プロデューサー:グレン・アヴェニ2007 / アメリカ /
 90min / 16:9 / VIDEO / ステレオ / カラー
提供:ポニーキャニオン / 配給:ポニーキャニオン、アップリンク /
  宣伝:アップリンク

当日料金:一般¥1500/学生¥1300/小・中・シニア¥1000


《Theater gig 映画とセッション 映画「レス・ポールの伝説」》※チケットぴあに
て販売中
 ◆日 時:2008年8月26日(火) 開演 19:00~
 ◆場 所:お台場 フジテレビ1F マルチシアター
 ◆ゲスト:Dr. K(徳武弘文)& His Band
Dr.K徳武弘文
   徳武孝音
   六川正彦
   マキ・ミキ・マユカ

雷がすぐそばに落ちて解った自分が雷好きだってこと!リルコミだあ

どんより曇って遠くで雷鳴が聞こえる小平からこんばんは。

夏休みが終わってきょうからお仕事の人も少なくないと思いますが、
私はいきなり埼玉県鴻巣市の現場まで行ってきました。浦所街道を
浦和方面へ走って柳瀬川だっけ、フナが釣れそうな川を渡るとすぐに
富士見バイパスで川越へ。川越市内を通り抜けて254を走ると鴻巣
方面の指示が出て、その細い田園道路を17号方面を目指して走る。
「ここは2,537メーター、日本一の川幅です」というお馴染みの荒川
を渡るといよいよ国道17号だ。この17号沿いの町に現場はあった。
実はお休み前にも一度やってきている。このときもやはりきょうと同じ
コースを走った。これは「くれぐれも17号は走るな!」と現場監督から
の命令があったためで、おかげでスイスイ、さすが監督!の1.5時
間の所要時間だった。まあ、お盆休みも関係あるかもね。

私と妻は実家のある北国を目指して12日早朝、車で出発した。また
してもというか、私のクセで自然と新潟まわりになって、「関越」をどん
どん北上した。今回は実家には早めに12日夕方着くだろうとハガキを
出してあった。相手が93歳の親父相手ではメールというわけにはいか
ないもんね。あちこちの「道の駅」をぶらついて留守の子供たちへのお
みやげを物色。妻は西瓜の安さにいたく感動していたが、私は岩ガキ
だった。特に7号線沿いの道の駅「象潟」の岩ガキのデカさは見事で、
「味はどうなの?おじさん」と聞くと、おじさんじゃ嫌だ、おにいちゃんと
言ってよの返事。「ホラッ」と生の岩ガキを差し出されると、有無を言え
ずそのまま口にツルリ。磯の香りが口いっぱいに広がり、あとはミルク
の固まりのような牡蠣がするすると喉を下りていった。旨かった!これ
はどうやって獲るの?と聞けば、「毎朝、俺が潜って獲るんだよ」ガハハ
ハと笑顔。このあたりの海岸は、そういえばさっきから岩場が続いてい
た。海は青く「沖縄の海みたいにきれいだわ」と妻も興奮気味。

実家には数百年分のご祖先が眠ったお墓がトータルで3ヶ所あって、そ
こを順次お参りするのだ。「今年の冬は持つのか?死ぬかも知れない」
が口癖になっている親父を先頭に私の車でまわった。ご先祖様のことは
兄にすべてやってもらっていたので、それこそ4年前のお袋と3年前の
兄のことしか私には分からない。「あー、ここのお墓は○×だ」と親父に
言われても忘れたのか、私にはまったく記憶がなかった。去年お寺に
行って、親父と和尚が私のご先祖様について会話したときもまるでつい
て行けなかったことを思い出した。蓮の葉に乗せられた供物といっても
ほとんどは食べ物だ。なぜかお赤飯まで隅っこに盛られていた。「お酒
はお墓にかけないでね」と兄嫁が注意してくれたが、そういえば今年は
ワンカップが人数分あった。お酒をかけると墓石が壊れやすくなると、テ
レビで放送したらしい。しかし、親父はワンカップながら盛大にお墓にか
けていた。供物を並べ、ろうそくを灯してお線香を焚いて合掌してお祈り
をする。私は「道中お守りください」を連発したが、親父は3ヶ所のそれぞ
れでお祈りが長かった。「今年で生きられないだろう」と先祖に挨拶した
のだそうだ。なにやら不安定な気持ちがあるのだろうか。

15日は新潟県十日町市在住のブルーグラス人、藤木さん宅へ立ち寄ら
せていただいた。午前十時前、耳をつんざく雷鳴と共にやって来た突然
の大雨で少し立ち往生した。あとで解ったが、NTTのどこかに雷が落ちて
一般電話が通じなくなっていた。それにしてもすぐそばに落ちた雷の迫力
には、変だけど、強い絶対的なものに出会ったような感じでほれぼれした。
災害を喜ぶ訳ではないけど、久しぶりにあの恐怖感と共にドッカ~ンと地
響き立てて落ちた雷にシビレた。藤木さんの自宅はお酒屋さんである。お
よそ35年前、お酒屋さんのウインドウにマーチン・D41やギブソンRB800
を飾ってあるんだよ、と東京などで大評判となったことがあった。その仕掛
人が何を隠そうお店を継いだ頃の藤木さんだった。その当時の藤木さんは
「ハワイアン」からブルーグラスに転向して間もなかった頃だったので、な
ぜ仕掛けをと聞くと、「きっと誰かが引っ掛かる」と目論んだそうな。しかし、
これが意外な大評判を呼んで、私も34年前にウインドウを覗きに行ったま
ま、宿泊までしてしまった。今回の訪問はそのとき以来になったが、先の
山古志村の被害で有名な大地震に見舞われて、ご自慢のお店は修理箇
所が目立つ店内に変身していた。藤木さんは大地震当時は車の中で生活
しなければならないほどに地震に対する恐怖感が消えなかったといった。

この続きは明日にします。洗濯をした携帯が戻って来たけど中の情報が
すべて飛んでなくなってしまった。そのため、さっきから携帯が掛かったら
いちいち説明している状態で、非常にブログが書きにくい状況なのだ。
たったいまも仕事の電話で掛かってきた相手に「俺も洗濯した」と話しかけ
られて30分も付き合った。これでは白けて気分が乗らないのだ。それにし
てもきのうきょうは涼しい。これだけは有難いね。















オリンピック水泳北島選手、100メーター平泳ぎで金メダルゲット!リルコミだあ

何やら雨の予感がする夕方の小平ですが車もぐっと減ってあちこちスイスイでした。
こんばんは。

オリンピックの競技が始まってきょうは水泳の北島選手、世界新で金メダルゲット!
やはり北島は強かった!勝つことを信じていたけど、ラジオの実況放送を聞いてい
るだけでもドキドキのプレッシャー。スタートして折り返して75メーターで頭ひとつ北
島リードと絶叫するアナウンサーの声を聞いて、こっちも手に汗を握って力が入る。
「勝ったー、北島金メダル!」このときはこっちも「勝ったあ」と大声、感動の一瞬だ。
そして「世界新記録」がついてきた。ものすごいプレッシャーに勝ったのも凄いが、
あくまでも冷静に自分の泳ぎを貫いた精神力がもの凄い。となりを泳いだノルウエー
の若いオーエン選手を寄せ付けないで勝ったのもさすがだった。10日払い分の集金
に行くと、どこの社長も(小平は石を投げると社長に当たると言われている)ニコニコ
の笑顔。「よかった、よかった」を連発。左官屋のお父さんは「うれしい!」から飲んじ
ゃったよと赤ら顔。「盆休みだからこれでいいんだ」と赤塚不二夫みたいなことを言って
北島の金メダルを喜んでいた。これで200メーターにもグンと明るくすっきり臨めるね。

きのうは柔道の内柴選手が日本初の金メダルをゲット。彼もアテネに続いて2連覇と
いう偉業達成だった。決勝で勝って控え室に帰る途中、「アカリ~、ヒカル~」と観客
席に向かって叫んだ。奥さんと4才の息子を呼んだのだった。「勝ったぞー」とひと声
かけたかったのかも知れないが、勝負の世界の裏側を見た思いがして非常に爽やか
だった。しかし、オリンピックの金メダルは最高に凄いね。世界選手権もあるけど感動
的にはオリンピックに絶対にかなわない。4年に1回だからという単純なもの以上の
何かがあるようだ。まだ始まったばかりで、これから更なる感動が待ち受けているに
違いないと思うと、お盆休みでよかったと思った。というわけで、私も明日から17日の
日曜日まで夏期休業とします。ブログも同調させてお休みいたします。私はこの間、
御先祖様のお墓参りと90歳を越して尚も元気な親父とのお話をしてきます。二年前、
兄の急死によって親父の相手は弟の私に代わった。親孝行の積もりだ。

我が家のサッカー小僧は毎年恒例の合宿に早朝6時に出発した。毎年恒例は我が家
だけの意味で、当人は静岡だったり群馬だったり毎年行き先が違っている。今年はサ
ッカーの専門学校らしく「強化合宿」と銘打って、茨城県神栖市波崎にある「サッカータ
ウン波崎」に行った。帰宅は16日土曜日だから、私と妻が戻る日になる。20日になる
と長女が「ウズベキスタン」に海外旅行に出かける。なぜウズベキスタンなのか、そう
思って長女に聞いたが「行きたいところ」だとしか答えが返ってこなかった。それでも長
女には海外旅行の行き先の傾向があるようだ。まず、ほとんどが単独旅行なこと。次は
ロンドン、パリなどの有名地は中継点で、「えっ?」と驚いて聞き返す国へ出かける。今
回もそうだ。本人にとっては是非行きたい国だろうが、親からすればまったく知らない国
だ。出発から10日間、また心配の種の毎日がやって来る。長くて暑い毎日だ。「ロシア
がグルジアを攻撃」して戦争状態だ、こりゃ大変だ!ウズベキスタンは大丈夫か?心配
そうな妻をけしかけて長女にそのことを確かめさせたら、「全然違う国だから、まったく大
丈夫」だわとの反応だったそうだ。あきらめないで行くらしい。もう覚悟を決めないとね。

さて、アデオス、アミーゴ。いい夏期休暇をお過ごしくださいね。と、ここまでは快調だった
が、「ズボンの中の携帯を洗濯しました」と妻。びっしょりと濡れた私の携帯を持っていた。
さて、どうしたらいいんだろうか。画面はピクリとも動かないで真っ暗のまま。ソフトバンク
様に直行しないと先が読めない。いや、先に進めない。どうしようか、、、トホホだろうな。








きのうのオリンピック・サッカー男子予選敗退に寄せて!リルコミだあ

猛暑なんて全然似合わない小平もきょうはホントに暑かった。こんな日、現場は可能な限り
早朝から作業にかかり、お昼過ぎには切り上げることにしているけどきょうもそうだった。暑さ
対策でも何でもしないとこの異常な暑さとは仲良くやっていけません!こんばんは。

きょうから北京オリンピック。2008年8月8日午後8時に(日本時間で9時頃)開会式が始ま
って、いよいよ明日から各競技の熱戦がスタートするが、サッカーはご存知の通り女子も男子
もすでに予選が始まった。しかし、残念だったね。きのうの男子サッカー、「日本対アメリカ」
は「0-1」で悔しいけれど日本の完敗。確かに日本の前半の動きには決定的なチャンスもあ
って、勝利の予感も出てきた。ところが後半2分、アメリカは左から展開して、あっという間に
ゴール。決定的なチャンスを見逃さず、攻撃陣が日本のゴール前に殺到して1点をもぎとった
ところは、強豪アルゼンチンやブラジルにも匹敵する勝負強さだった。1点もぎとったあとは死
守する。37度とかいっていた猛暑の中、アメリカは先制点をがっちり守りきった。我が家では
サッカー小僧がバイト中だったため、もっぱら私だけが大きな声を出して日本を応援した。前半
が終了して0-0、ここまでは解説氏の語るとおりに「日本優勢」を疑わなかった。というのも
アメリカは前半動きが悪く、右から左から格下のように日本に攻められていたのだ。

ところがアメリカは、後半の立ち上がりで怒濤の左攻め上がりを見せて、最後は正面に近いと
ころから豪快にシュートを決められた。日本のキーパーもいったんは止めたように見えたが、ス
ピンのかかったボールは脇の下をすり抜けてゴールへと吸い込まれた。この1点があれば、ア
メリカは絶対に負けないぞという自信があったのか防御は固かった。試合の後半の半ば、「反
町、フォワードを変えろッ」とテレビを怒鳴り続けるとようやく19分、柏レイソルの李が登場した。
だが、FC東京の梶山を下げての交代はミスで、ここは先発が疑問だった森本と交代させるべ
きは明白だった。まだある。反町監督は「暑さ」に対する試合のプランをじっくりシュミレーション
してから試合に臨んでいただろうか。答えはノーだった。アメリカは前半、あれほど体力セーブ
に徹して「ワン・チャンス」に賭けていたのに比べると、日本の戦い方は対照的だった。最後の
方にもチャンスはあったが、全員がゴール前に行くような迫力はなかった。反町監督には森本
を使いたい強い理由があったのかも知れないが、彼はずっと海外にいて地区予選には参加し
ていない。つまり、森本の良さを引き出して点を取るための練習が不足しているようだ。

是非、10日のナイジェリア戦には勝ってほしい。土壇場で開き直ってほしい。日本代表の意地
を見せてほしいナ。左の内田の早さに勝負を見いだして、攻撃陣全員がゴールめざして殺到し
て、アメリカがやったように点をもぎとってほしい。それにしてもだ、ガンバ大阪の「遠藤」を連れ
て行けなかった穴はとてつもなく大きい。反町監督?そうは思いませんか。
さて、各競技が始まるとサッカーにばかり熱中していられませんが、私の注目はテニス男子の
「ニシコリ」選手の戦いぶりである。ウインブルドンでは初戦で筋肉痛になり棄権したので、見る
側のこちらとしては欲求不満状態。今回は思いっきりプレーして、ついでに勝ってほしい。という
わけで、今年の夏休みは北京オリンピック・デーになるのだ。うれしいのだ。







きのうは現場で遅くなってシェラ・ハルちゃんライブに欠席した!リルコミだあ

雲に覆われて薄い夕日が見える小平はただいま爽やかなそよ風が吹き、意外にも
やや涼しくなってきたようだ。こんばんは。

きょうは仕事中に、プライベートな私の体を心配した電話が数本かかってきた。理由は
簡単で、きのうバッキンタウンの「シェラ・ハルちゃんのライブ」を急に休んだために、
「また倒れた!」という噂が広がったらしい。本人は電話に出てピンピンしているので、
「なんだ、元気じゃないか」とアテが外れておもしろくないなあと言わんばかり。きのう
は現場が神田司町のビルだったので、早朝に出発して早く終わらせて「ハルちゃん」
を見に行こうと張り切って仕事にかかったが、途中で山ほどの追加が出てしまい、と
てもハルちゃんどころじゃなくなってしまった。バイト先が夏休み中で毎日フリーの妻も
同行して手伝ってくれたのに、ビル1F銀行開店に合わせたガラス清掃が全部終わっ
たのは午後8時30分だった。「これじゃあ間に合わなかったね」と妻にいわれるまでも
なく、仕事に「完敗」だった。帰宅してもブログを書く闘志は残っていなかった。したがっ
て、私が病気で再度倒れる!という噂はまったくのウソです。というわけで元気な私は
これからオリンピックのサッカー、「日本代表対U.S.A.」を見るのじゃ。それから、
新潟の藤木さん、メルアドなどを新しいPCにしたときミスで紛失しましたのでメールを
ください。ご連絡したいことがあります。

あの「ケイシのナッシュビル・レポート」でお馴染みのシカタ・ケイシさんが急死!リルコミだあ

ゴロゴロと不気味な音を響かせて雷様が小平の上空を通過中のようだ。きのうに続く連日の
大雨となったきょうの午後、小学校のプールそばの現場で私も体の芯までびっしょり濡れた。
それにしても我が町小平は夕方のただいま、蒸し暑くてたまらない。20日以上も猛暑に焼か
れたコンクリート造りアパートの我が家は、大雨が連チャンでやって来たって涼しくなんかなら
ないと思ったが、かわりに道路や家屋などからもうもうと湯気が立ち上っている様は早くも南方
の気候を予感させた。しかし、蝉は元気だ。雨間を縫ってあきれる雄叫びを上げているではな
いか。こんばんは。

長い間お休みをしました。先週までの1週間、府中方面の現場で9時~5時に拘束されたため、
帰宅してからリルコミを書くことが不可能となったのでした。たまにこのような大手建設会社の
現場が入るけれど、このような場合は決まって手間賃が非常に高い。つまり、音楽でいうところ
のギャラが高いのと同等なので素晴らしく気分よく仕事をさせてもらった。こういうのが来週も続
いたら、「リルコミ、もう少し休ませてね」といって仕事を請けるだろうなあと考えたが、悲しいか
な仕事は先週で終わった。日曜日に所用で出かけたのできのう、月曜日にリルコミを直した。
新規のビスタをいろいろ遊んでいると、iMacの頃のリルコミ・デザインが影響しているらしく「自
動改行」がうまく反応しないらしいことを発見して、さっそく管理人氏に伝えると瞬く間に直してく
れた。あれだけ改行がばらばらになっていたのがウソのようにすっきり、キンコンカン!「これで
いいのだ」と感動して手が震えてきのうは書けなかった。これまで見づらい思いをさせてしまい
ましたが本日で直りました。今後もよろしくね。

しかし、きのうは午後4時に帰宅してすぐ、「ドッカ~ン!!」、「バリバリバリ!」の大破裂音が
我が家も壊れんばかりに轟いた。雷だった。これは少し強烈すぎない?と妻がいった。お買い
物に出たいが、予期出来ない雷の凄さに恐れて外に出られないでいたのだ。すぐに我が家の
サッカー小僧から携帯が入り、「国分寺駅にいる。西武多摩湖線に雷が落ちた」まったく電車
が動いていないと言ってきた。まだ雷鳴が恐ろしく響いていたが、かまわず私はお散歩に出た。
強烈な雨が顔をたたき着ている物を濡らした。目指すは「萩山駅」だった。ホームに溢れた乗
客をパチリとショット出来たら、私的には大スクープになる。多摩湖線に雷が落ちたなんてめっ
たにあることじゃない。急げ!ずぶ濡れもなんのその、15分歩くと萩山駅に到着。がしかし、ど
うしたのだろうか、ガランとしたまま駅は無人状態。ホームに乗客が溢れてはいなかった。電車
もいなかった。やがて、「多摩湖線、拝島線も落雷のため、ただいま運行を停止中です」のアナ
ウンスが流れた。なんだ、これじゃあ電車も乗客もここにいるわけないよ!怒ったが遅かった。

我が家のサッカー小僧は結局バスで帰宅し、すぐにスーパー西友に走った。バイトだったのだ。
野次馬根性丸出しの私は結局ずぶ濡れがたたって調子を崩してリルコミも書けなくなるという
失態となった。リルコミが直って感動のあまり書かなかったのも事実だが、ずぶ濡れという事実
もあったのだ。先週の緊張感に包まれた私だったら、きのうのようなことはなかったハズだが。
さて、7月20日、「ハッピー&アーティ」として知られるシンガーソング・ライター、アーティ・トラウ
ムが他界した。私は「ウッドストック・マウンテンズ」の一行で来日したときに少し話をさせてもら
った。とってもやさしいニューヨーカーの印象だった。ムーンシャイナー誌8月号でも訃報が伝え
られていて、デビッド・グリスマンが取り上げて名曲となった「Fish Scale」はアーティの作品だっ
たという。そして、赤塚不二夫さんが8月2日、入院中の病院で肺炎が元で亡くなった。いうまで
もなく「おそ松くん」、「天才バカボン」で一世を風靡した日本を代表する漫画家。私はそのむかし、
売れないフォークシンガーと共に赤塚家に行って、がやがやと大勢の中でお酒を飲ませていた
だいた。そのとき赤塚さんはどこかに出かけて留守だったように記憶している。

そんな中、私の友人でベースマンの入来さんと夢弦堂主人西貝さんからほぼ同時に連絡が届
いたのは、ナッシュビル在住の「シカタ・ケイシ」さんが現地でジョギング中に急死したという知ら
せだった。60才の若さだという。日本の各地のフェスにもオーディエンスで登場して関係者たち
と会話しているのを目撃していたが、私は残念ながらお話をする機会には恵まれなかった。シカ
タさんの存在は何といってもムーシャイナー誌の連載「ケイシのナッシュビル・レポート」である。
8月号はトータル153回目のレポートで「ジェリー・ダグラス・コンサート」などを伝えていた。私は
このナッシュビル・レポートが大好きだった。レポートを重ねるにつれて文章も上手になっていた
ように思ったが、彼の丁寧なレポートは隠れファンも多かったと想像する。いつだったか、自分自
身のストーリーを長く書いていたことがあったが、あのときの心理はいかがなものだったのだろう
か不思議に感じた。ともかくもご冥福を祈ります。





«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ