AX

2009-10

Latest Entries

しばらくお休みのリルコミ

ササキジンの都合により本日からしばらくお休みいたします。 

                     編集長代理 オーミ

久しぶりの下町「根津2丁目」!リルコミだあ

連日の秋晴れの小平からこんばんは。

きょうも日立寮を午前中だけやって根津2丁目のマンションのアク洗いへ。やっぱり下町は
いいなあと団子坂、千駄木2丁目を通って現場着。それにしてもこのあたり、一歩裏の路地
に入ると小粋な下町情緒溢れる飲み屋さんが並ぶ。安くて新しくて美味しい料理と酒、そし
て亭主のお話。まさに呑兵衛冥利の場所だが、ちょっとやそっとじゃたどりつけないというの
がミソである。「よし、今年中に飲みに来るか」と決心して帰路につく。途中、ラジオからドラ
フト会議の第一報が入ると、「花巻東の菊池投手は西武ライオンズ!」のうれしいニュース。
メジャーかプロ野球かで悩んだ高校生ナンバーワン投手がライオンズとは驚きだが、そもそ
もこういうどさくさになると、「ひょっとして西武かも」と予想していたが、見事な的中だった。
これで西武ライオンズ球場へ足を運んでも楽しみが増えた。間もなく家だというところでガー
ドマンが通せんぼ。「工事中です。迂回してください」と赤い棒を振ってあっちへ行けと促す
のだ。あっちへ回ると踏切を渡ったりしてすごい大回りだけどとねばっても、「あっち」とにべ
もない。どうやら「舗装工事」らしいが、いよいよ年末恒例の道路工事が始まったようだ。明
日もひばりヶ丘と日立寮とのダブル。今週末が月末だなんてもうやんなってきた。

有明の珍味「まがに漬」が旨いぞ!リルコミだあ

夕方に奥多摩方向西の空を見ると遥か上空を飛行機が西日に光って飛んでいた。
札幌行きか北に向かっているようだった。快晴の1日。こんばんは。

朝6時に起きて7時にはすぐそばの現場へ。きょうは現場がダブルだったが予想の
範疇だったので時間を早めて仕事開始。午後2時にはきのうの日立寮の現場に移
動して「402号室」にとりかかる。昼食は「スーパーいなげや」で買った中華丼を電
子レンジで温めて食べたが、想像以上に美味しかった。今週いっぱいはこのように
ダブルヘッダーで現場をこなさないと月末までに間に合いそうもない。妻に牛肉レア
ーステーキを注文、今宵はそいつでフランスワインを飲むつもり。栄養をつけないと
このハードワークを超えられないもんね。

九州一周の電車旅行に出かけていた長男がきのうの夜遅く戻った。鉄道マニアで、
今風だと「乗り鉄」って言うらしいが、「これで九州は全部乗った」あとは半分残って
いる北海道に行きたいと話してくれたが、持って帰ったおみやげが最高だった。まず
は定番の「めんたいこ」に、「長浜ラーメン屋台ともちゃん物語」という初物。そして
きょう帰宅したら、宅急便で何と「マンゴー」が玄関にドンと届いていた。いつからお
みやげ買ってくる人になっていたのかまるで知らなかったが、まあ、うれしい限りだ。
中に混じって「まがに漬」なる珍味があった。当然私だけのおみやげだが、一口食
べてその珍味に仰天!シオマネキというカニをすりつぶして漬けたと書いてあったが
これには驚きだった。すぐに日本酒の冷やを出して飲みつつ「カリッ」とつまむ。有明
産だそうで、晩酌がやめられなくなった。珍味好きの方には以下。

品名 まがに漬 

原材料 シオマネキ/香辛料/食塩/水飴/みりん/アミノ酸/カラメルなど

製造販売 (有)ヤマヒラ 夜明茶屋

福岡県柳川市稲荷町94-1 tel.0944-73-5680

借り上げ社員寮の受難!リルコミだあ

台風一過の小平は9月が戻ったように暑かった。こんばんは。

国分寺市の北(つまり小平側)に日立製作所の中央研究所とか「ルネサス」という先端技術
の大きな工場がある。ということはここで働く社員たちの落とすお金によって小平市は潤って
いることになる。きょうは我が家から萩山方向に歩いて5分、萩山プールの手前に5階建ての
マンションがある。2DK10世帯のうち5部屋が空いて、リフォーム工事が終わり、いよいよ
私の出番となって朝現場に着いたのだった。「とりあえずサ、502号室から始めて、今週で
全部終わってね、分かった?」月末に請求書を出したいのよ、長野県出身の貧相な監督は
立て続けに自分の都合ばかり言うのだった。まあ、何とかがんばりましょうとしか言えないな
あと答えて道具を5階に運んだ。ここは一軒のマンションを日立が全部借り上げて社員寮に
していたものが、去年以来の不景気で8月末で5部屋をオーナーに返却して、残る5部屋も
来年3月末に返すと言われているという。午前10時すぎにふらっと立ち寄ったオーナーさん、
この話しになると、「しかたねーっぺな」と栃木なまりで、「おれ、ほら他にもう一棟持ってっぺ?
あっちもだよ」大変な出費だよ。もう一棟のマンションもやはり日立に借り上げてもらっていた
が、そちらも返却されたそうだ。「ものすごい不景気だと言うけんど、おらにはワガンネ」とお茶
をすすった。少し鈴木宗男国会議員に似ていた。「でもね、日立さんにはこれまで借り上げて
もらって有難かったよ」こんな時代が来るとは誰も予想しなかったもの、と残念を繰り返すのだ
った。日立製作所といえば日本を代表する企業だから、こうやって社員寮がなくなるってことは
中ではいったいどうなっているのだろうか興味深いような気がする。オーナーさん、「リフォーム
してきれいにして、お客さんが入ってくれるのかな」とポツリ。


中央高速岐阜県内のとあるサービスエリアで食べた早めの昼食。私はもやしたっぷりの生姜
焼き定職。銀さんは「カツ丼」で、初めて一緒に帰ったまるみちゃんが「カレーライス」。みんな
時山フェスでおにぎりしか食べていなかったせいか、パクパクぺろりとたいらげた。旨かった。




マウンテン・タイム・フェス写真レポート!リルコミだあ

台風20号の影響で雨風の強い小平でした。こんばんは。

先週末はマウンテン・タイム・ブルーグラス・フェスティバルへ金曜日(前夜祭)から
参加して大いに楽しんで来ました。日曜日の「マイク・シーガー追悼」には参加出来
ずに帰宅しましたが、ホスコの斉藤さんや笹部益夫さん、バスコさん、主催者の安
川さんなどでニュー・ロスト・シティ・ランブラーズのナンバーで盛り上がって、きっと
天国のマイクにもその音は届いたことでしょう。マウンテンタイム・フェスは今年で最
後となったため、たくさんのプレイヤーが集結して、土曜日の最後のバンド、ジョッシ
ュ大&章とBOMの渡辺ブラザースで「ほぼブルーグラス45」が終わったのが朝
の5時だった。当然ながら私は起きてはいられなかった。翌日曜日のプログラムは
3時間後の8時30分に始まっていました。スケジュールはともかくとして、主催者の
安川直樹さんをはじめとした関係者の皆様には「お疲れさま」と声を大きくねぎらい
ます。あの時山の麓の丸太ステージにはたくさんの思い出がつまっていて懐かしく、
最後となったことが信じられませんが、来年は違う場所にて新しいスタートが切られ
ることを期待したいと節に願うものです。以下は写真をご覧いただきレポートとしたい。
尚、アメリカのワシントンDCから友人の「大章」さんが一時帰国して、私たちと涙
の再会をいたしましたが、このときジョン・ダッフィの愛器ギブソンF12を持ってきて
見せてくれました。使い古されて一見ボロボロに見えましたが、さすがに出てくる音
は素晴らしいもので、ダッフィの心が宿っている音に集まったダッフィ・ファンから歓声
が上がりました。生前のジョン・ダッフィとの深い交流によって歴史的な愛器を使用
している大章さんは、「ブルーグラス45の40周年」には日本をツアーしたいと言
っておりましたので、そのときには日本各地でこのF12を見られることと思います。



スペシャルゲスト:オール・ザット・グラス



 バンジョーひとり旅の北村 謙



 スペシャルゲスト:宮崎勝之&マンドスケイプ



 宮崎勝之



 ケンスケ(マンドスケイプ)



 ヨシダ・サトシ(マンドスケイプ)



 会場でくつろぐバスコ




 昨日帰国した大塚 章



 仁章銀



 ワインでゴキゲンの社長



 大塚章さんが持ってきたジョン・ダッフィ愛器ギブソンF12!



 同ギブソンF12ヘッド



 同ギブソンF12ボディ



 同ギブソンF12ボディ(マイクは大塚章さんがマウント)



 同ギブソンF12ネック&ボディ



 銀&ギブソンF12



 同インレイ



 同ギブソンF12バック



 ステージから見たオーディエンス



 ゴージャスだったマンドリンカルテット!



 アキモト・シン



 相変わらずアメージングな音を披露した大塚 章



 いぶし銀プレイの谷村順三



 関西出張中だったタロー



 早川流吉



 渋くて素晴らしかった笹部益夫



 笹部益夫さんのおニューバンド「ブルーサイドロンサム」



 北村いずみ&スイートグラス



 北村いずみ



 素敵な「うれしたのし」この夜は拍手喝采を浴びた!



 津田敏之(BMB)



 ブルーグラス・マウンテン・ボーイズ





大地主どうしの欲の突っ張り合い!リルコミだあ

台風20号はまだ遠くだけど日本列島を覆うように長い帯状の雲が気になるのだが
果たして週末のお天気が気になっている。こんばんは。

懇意にしている学園東町の大地主Mさんは、となりのこれまた大地主と境界線の問題で
20年以上も争っている。それぞれが弁護士を立てて、「1メートル未満」の攻防戦を裁判
所で争って来た。ところが、親戚でもあるとなりのM家が、争点の境界線に植えた立木が
巨大に成長し、その枝葉がMさんの2階建アパート3棟に甚大な影響を及ぼすようにまで
なった。そうなのだ、元省庁の官僚のMさんは大木の伐採を裁判所に訴え出た。不毛の
境界線騒動に、今年の春から「大木伐採」が加わってハタから見ても複雑に発展したこと
が分かった。Mさんは頑固一徹まさに昔の官僚そのものだが、実はサザエさんの「波平」
さんにそっくりなのだ。その顔でおとなりM家の横暴ぶりを私にぶちまけると、こっちはお
かしくていつも吹き出しそうになるのだった。さてこの「MM対決」がここに来て急速に和解
に至った。「弁護士を変えたらあっという間」に裁判が開かれて、裁判長に「和解に応じる」
ように奨められたんだとMさんはなごやかに語ってくれた。これまでは小平市内の個人
弁護士だったが、某住宅メーカーを通して若い弁護士を紹介してもらったら、とりあえず立
木伐採の和解がスルスルと決定したという。「こっちは20年も争って来たんだ」それを僅か
二ヶ月くらいで決着したんだからね、「この差は果てしもなく大きい」と能力の違いに感動
した様子。「それで、相手が伐採費用を払うんですか」と聞くと、あれだけ怒り狂っておとな
りを避難し続けていたのに、「費用は折半です」ときっぱり。M家も納得だったという。
Mさんはすっかり若い弁護士に惚れてしまった目つきだったが、「おいくらのご負担ですか」
と聞いてみると、すぐに元官僚の顔に戻って口を閉ざすのだったが、これについては少し
前に「数百万円はかかる」と話していた。それにしても弁護士の優劣である。医師にも通じ
ることだが、ただただ世の中は広いということだね。

さて明日の午後に「マウンテン・タイム・フェス」に出発するのでブログを書けません。月曜
日には再開いたします。アデオス!アミーゴ&セニョリータ!




きょうの朝日新聞竹中インタビューは臭かった!リルコミだあ

我が家の最寄り駅「青梅街道」の前のイチョウの木が黄色がかってきた。小平の木「ケヤキ」も間もなく大量に葉っぱを落とす。晩秋なのだ。こんばんは。

★朝刊に日本郵政の西川社長辞任がトップ記事となって掲載されると、夕刊にはその日本郵政新社長となった斉藤次郎氏の顔がトップ記事として掲載された。僅か1日の交代劇だった。この素早さの裏には何かとマスコミを賑わせている亀井郵政担当大臣の手腕が働いているようだ。「亀ちゃんもなかなかのものよのう」と草葉の陰から谷岡ヤスジの漫画の一コマ、キセルを持った狼目の牛のドアップをイメージして、とりあえずこの仕事を讃えたい。しかし、この斉藤新社長は元大蔵省事務次官だったという。大官僚ではないか。先の選挙では脱官僚をうたって国民の支持を得たばかりだ。大丈夫か。マスコミは民主党の支持率が下がることを熱望しているのだよ。★西川社長辞任!の記事が踊ったきょうの朝刊に、西川社長を誕生させた張本人である元郵政民営化大臣の竹中平蔵さんへの政策インタビューが「司令塔なき民主党経済政策」のタイトルで大きく掲載されてあった。これはまた皮肉な記事ではないかと読み進むと何ということはなく、民主党の政策にケチをつけるインタビューだけで「西川社長辞任」にはまったく触れていなかったから、ガクッと来て途中から読むのをやめた。朝日新聞の中にはこんな時代遅れなインタビューして悦に入っているピンボケ記者がまたぞろしゃしゃり出て来たのかとがっかりした。竹中平蔵さんは民主党政権になってみると明らかに過去の人にしか見えない。過去の人にも焦点を当てることは悪くはないがこんなに大きく扱う必要はまったくないと思った。こういう新聞の臭い匂いがぷんぷんしてるような記事には読者としてはつらいものがある。★夕方、書いたラフ原稿を編集部に送ってしまったあとから「あの部分は消去した方がよい」と考えが変わった。それで急いで編集部に電話を入れて「書き直すので」送った原稿は使わないように伝えた。今回は自分の初めてのバンド、1967年から1970年の「マウンテン・ランブラーズ」ストーリーを書いたが、実はその当時の記憶がまったくなくなっていることに気がついた。40年以上も前のことだもんねと初めのうちは自分もそうやって納得していたが、あまりにも思い出さないので松山市在住の元メンバーの近江くんに電話をかけていちいち教えてもらって書き上げたのだった。この三日間、頭の中は?の洪水状態で非常に不快だったが、きょう現場で仕事中ハタとその原因に気がついた。ナント、10年前に
やった脳梗塞の影響だったのだ。脳梗塞になった瞬間には自分の家の電話番号を思い出せずに?が頭の中に溢れていたけど、あのときにランブラーズ時代も飛ばしちゃったのかと愕然となった。この調子だとこれからまだ記憶を失ってしまった暗黒の過去と向き合うことがあるのかも知れない。それでもこのころ付き合った今泉君代っていう初恋の相手はしっかり覚えているのに不思議だ。

今週末は「マウンテン・タイム・フェス」だ!リルコミだあ

おだやかな秋晴れの小平からこんばんは。

今週末は古い友人安川直樹さんが主催する「マウンテン・タイム・フェス」が開かれる。私も参加するのでいまから楽しみだが、実は金曜日に出発して「前夜祭」にも参加しようと同行の銀さんと打合せ済みだった。これだけならハッピーでゴージャスな週末を約束したようなものだったが、雑誌「ムーンシャイナー」に一本の原稿を書く約束を突然、思い出した。編集長は必ずフェスにやって来る。書き終わっているのと約束を果たさないまま「いい訳」をしているイメージとを比べれば、それこそ「雲泥の差」である。原稿はニュー・ロスト・シティ・ランブラーズのコピーバンドをやっていた近江、私、亀野の「マウンテン・ランブラーズ」の物語を書けとのことだった。先ごろマイク・シーガーが亡くなり、それに合わせた特集を少し長くやるので、君たちのランブラーズを書いてほしいのだと電話で言われて、ホイホイと二つ返事で引き受けた。すぐに書けるだろう、「イージーじゃないか」と考えると、次には「いつでも書ける」といった誠に、原稿書きにはあるまじき不遜な考えが頭をもたげてきて、先月いっぱいの期限を20日もすぎてしまい、「わ~い、今週はフェスだ」とはしゃいでいるところに、まるで落雷のように約束
を思い出したのだった。「どうしようか」と一瞬迷ったが、またしても「まあ、大丈夫だ」と不遜な考えが
現れて、ヒマだった先週末を「加藤和彦自殺!」YouTube」を見まくったりしてほとんど無駄に過ごした。でもってきのうは自分の過去を探して40年も遡って探し狂った。松山の近江に電話をかけて旭川の亀野にも「俺たちが出会ったとき何才だった?」などと電話で取材して何とか書き上げた。ところが一夜明けて書いた原稿を読んでみると愕然とした。かなりの部分でストーリーが重複をしてくどい表現が目立ち、元原稿書きとは信じられない文章があった。デスクがいるとしたら、「こんなものを書きやがって、テメエは何年書いてんだ!」クビだ、とどなられてしまうようなものになっていた。たぶん、長い間気楽なブログ文を書きすぎたのだろうか。そこで、きょうは仕事を休んでじっくり構えて書き直した。おっと、まだフィニッシュしてないので書き直したとはいえない。今晩なんとか格好をつけようと予定を立てているが、一杯飲んじゃったらどうなるか解らない。自分たちのことがこんなにも難しくなるとは想像もしていなかった。まあしかし、フェスまでには書けそうだね、というお話でした。

元フォークルの加藤和彦さんが自殺!リルコミだあ

連日の秋晴れだがきょうは少し風が出て団地の樫の木の落ち葉が道路の端っこに溜まって盛り上がっていた。冬が近い小平からこんばんは。

私には「悲しくてやりきれない」が一番ぴったり来たフォークル(フォーク・クルセイダース)の加藤和彦さんが、17日午前、軽井沢のホテルで首を吊って自殺したことが確認された。夕方のテレビは、本日
行われた葬儀の模様を放送していたが、加藤さんのご遺体を乗せた黒い大型の霊柩車が映し出されると、「あ、荼毘に付されるんだわ」と見ていた妻が声を出した。軽井沢から東京にご遺体を移して間髪を入れない葬儀という運びには、かなり素早くて違和感を覚えたが、自殺となれば急ぐこともやむを得ない面もあろうかとも思った。1968年に280万枚もの大ヒットを記録したフォークルの「帰って来たヨッパライ」には、私も少なからず影響されてシングル盤を買って来て、繰り返し聴いたことを思い出した。ビートルズやモダンフォークなど洋楽にしか興味がなかったときだったけど、人を食ったような曲作りや素人っぽいところが同世代の私にはえらくかっこよくて、身近な存在だった。「イムジン川」の代わりに出た「悲しくてやりきれない」はギターを弾けるようになったとき、真っ先に弾いて歌ったから、フォークルのレパートリーでは最も親しみを感じている曲である。加藤さんは自殺する前、コレクションをしていたギター数十本を親しい他人にプレゼントをしたり、この13日にはフォークルのメンバーと食事をしていたという話しもテレビで放送されていた。つまり、自殺することを前提に着々と準備をしていたようにも見える。享年62才。ホテルには明らかに迷惑がかかったが、合掌して追悼しよう。そしてもう一人、私には大切で愛すべきシンガー、ロス・プリモスのリードボーカル森聖二(モリショウジ)さんが亡くなった。たぶん、彼が歌った「ラブユー東京」はフォークルの「帰って来たヨッパライ」と同時代にヒットしたと記憶している。私はなぜかこの「ラブユー東京」が大好きで、「帰って来たヨッパライ」よりも好きになった曲だった。森さんのテレビに映った歌う姿を真似て、自分を鏡に写してはよくこの曲を歌った。変な話し、サラリーマン時代は、この「ラブユー東京」と橋幸夫の「潮来笠」の2曲だけでカラオケを乗り切った。あのお洒落な節回しの「ラブユー東京」が生で聴けないとは残念でならない。合掌

秋はビル・モンローを聴こう!リルコミだあ

連日の秋晴れが気持ちよい小平地方ですが、我が家の庭のコスモスはすっかり枯葉が
目立ち役目を終えた姿に変身をとげましたが、それにしてもあっという間の「秋深し」です。
こんばんは。

こんなときだったら、あなたはどんな音楽を聴いて秋の夜長を過ごすのだろうか。私の場
合はブルーグラスだったら断然と言えるくらい「ビル・モンロー」です。ブルーグラスを好き
になって聞き始めたころはビル・モンローを知らずに「ニューグラス・リバイバル」だけだった
が、10月に開いた日比谷のブルーグラス・コンベンションのあと帰省した夜、聞くものがな
くなって偶然見つけた3号リールテープを回したら、そこにビル・モンローが入っていた。友
人の本間くんが「サム・ブッシュもやってる」ビルモンだと言って作ってくれたものだった。こ
のときが初めてビル・モンローが体に染みたときだったが、中でも「フットプリンツ・イン・ザ・
スノー」がいちばんピッタリ来た。実家は北国で外には雪もちらついていたからなのかも知
れない。先日、NHKFMラジオ(キャスターはピーター・バラカン)に出演した渡辺三郎さんは、
「ビル・モンローの音楽イコール、ハイ・ロンサムですが、とっつきにくかった」と長いブルー
グラス歴を振り返ってそんな事実を語っておりましたが、三郎さんに限らず、私も「ビル・モ
ンローを聴きなさい」、「聴けばブルーグラスが解る」などと友人たちに言われて聴いてはい
たが、やはりとっつきにくくて途中で聴くのをやめていた。ビルモンに比べると滑らかだった
フラット&スクラッグスのブルーグラスや、もっときれいだったモダンフォークを懸命に聴いて
いたのだった。そんなときに偶然実家へ戻った私は、いきなり田舎で友だちもいない一人ぼ
っち、しかも静寂、虫の声などが微妙に重なって、私の五感にビル・モンローのハイ・ロンサ
ム・サウンドが染み込んだと考えられる。また、決定的なことは1984年の晩秋に「ビル・
モンロー&ヒズ・ブルーグラス・ボーイズ」の来日ツアーのマネージャーを務めたことだ。丸
々10日間、「神様」と裸の付き合いをさせていただいた。こうなると、季節が秋となればまず
はビル・モンローを聴かないと落ちつかない。若いころはとっつきにくかったビル・モンローの
ブルーグラスも、いまでは一段と軽さが目立つブルーグラス群の中にあって、とにかくひと味
「コク」のあるものが欲しくなったときは迷わずハイ・ロンサム・サウンドを聴くことにしている。

写真は1984年目黒杉野講堂にて。撮影は小森谷信治氏(NOBUHARU KOMORIYA)

今週末は熊本カントリーゴールドが開催されます。目玉は何といっても関西ブルーグラスの
超実力バンド「KAZUHIRO INABA with BLUEGRASS RAMBLE」が出演する。カントリーゴー
ルドは去年で20周年がすぎて、今年から国内で継続的に活動しているバンドを2組ずつ出
演させるというふれ込みで、稲葉さんはそのトップバッターとなる。まあ当然ですけれど。こ
のブルーグラス・ランブルに私の友人、大西一由さんがマンドリンで参加している。行く予定
の方には是非、大拍手で応援してくださるようにお願いします。


もうひとつ。こちらは北九州ですが、エルビス吉川の還暦記念コンサートが、市内の北九州
パレス(tel.093-651-4600)で開かれます。ゲストには何と「国本武春」さんが予定さ
れておりましたが、さっき別件でエルビスさんに電話をかけると、もう到着されておりました。
本来なら私も駆けつけないと浮き世の義理が立たないのだが、「少しは働きなさい」と天の
方から声が聞こえたような気がしたので、今回はあきらめました。還暦コンサートは明17日
午後6時開場、6時30分開演です。









雑誌「民主党がわかる」!リルコミだあ

小平駅南口から伸びる「あかしあ通り」にはその名のとおり緑色の「あかしあ並木」が
五日市街道の喜平橋まで続いてドライバーの目をなごませているが、秋も深まったこ
の頃は黄色が濃くなった葉が色鮮やかに天空に浮かんでいた。こんばんは。



AERA緊急増刊10月25日号の「民主党がわかる」を妻が買ってきた。サブタイトルに
「朝日新聞バンキシャが徹底取材/民主衆院議員308人完全データ」とあって、パラ
パラとページをめくると真ん中部分にその完全データがあった。おもしろいのは横顔欄
で、ここには学歴&経歴の他ペット、趣味、好物なども掲載してあって、まるでプロ野
球名鑑のようだ。いま時の人となりつつある前原国土交通大臣の趣味はSL撮影とあり、
タモリクラブにも出てほしい「鉄チャン」とにらんだ。一冊680円也。国民の意志によって
選ばれた308人はさしずめ「スター」のように見える。しかし、一年経って来年のいまご
ろはマニフェストが実行されていて、衆参民主党議員はもっと輝きを増しているはずで
ある。妻は「4年後に誰が落ちたのかすぐに分かるから」と買った理由を言ったが、だと
するとご家庭の主婦はかくも恐るべき?残酷な存在である。

秋冬となればますますお酒が美味しくなる。冷やでも熱燗でも日本酒の美味しさは寒さ
が厳しくなるほど増してくるようだ。私も例えば、木枯らしが吹いた夜などは甘口の「雪
中梅」のぬる燗なんかをチビチビやってはタクワンを噛むのが好きだ。もしも、目の前が
囲炉裏なら燃えさかる火で魚が焼ける。ずいぶん前、新潟の湯沢にスキーに行ったとき
の民宿はホントにこんな感じで夕食を食べた。そのときおばちゃんが作ってくれたぬる燗
は小さなヤカンだった。囲炉裏で焼いた魚はお父さんが冬になる前に川で獲ったハヤだ
った。思いきりメシが食える民宿だと紹介されて友だち3人で泊まった。いま振り返ると、
もうそんな宿はどこにもないだろうね。およそ5年前、高校の友人が秩父の山中に小屋
を建てたと言って我が家に誘いに来たことがあった。荒川の支流で山女魚を釣って食べ
ようぜと計画したが、友人が脳出血となってあえなく計画は潰えた。もうすぐ冬だ。

先ごろ伊吹山フォークフェスを開催をした北村謙さんがいつもの「関東ツアー」を行います。
以下はツアーの詳細ですが、基本はフレイリング・バンジョーに日本語を乗せた「フォーク
スタイル」です。ほのかな甘さが漂うボーカルとバンジョーがたまらない郷愁を誘います。

北村 謙秋の関東ツアー

2009年11月16日(月) 「北村 謙 Banjo ひとり旅」  
 六本木KNOB  港区六本木6-1-6 ザクセンビル3F  
 お店のOPENは19:00 20:00(1st.)  21:30(2nd.)
 ライブチャージ ¥3500 
 お問い合わせ・ご予約は 03-3404-4001 KNOB

2009年11月17日(火) 「北村 謙 Banjo ひとり旅」  
 日暮里 PORTO  東日暮里5-40-8
 お店のOPENは19:00   開演19:30
 ライブチャージ ¥2500 
 お問い合わせ・ご予約は 03-3891-6444 PORTO

2009年11月19日(木) 「おちゆうじ・北村 謙ジョイントライブ」
  風に吹かれて 東京都大田区大森北1丁目34-16第二みずほビル2F
  18:00開場 19:30開演 
  前売り¥2500 当日¥3000
  お問い合わせ・ご予約はTEL&FAX :03-3763-6555 風に吹かれて

2009年11月20日(金) 「北村 謙 Banjo ひとり旅」  
 辻堂 ステージコーチ 神奈川県藤沢市辻堂1-3-5
    19:00開場 20:00開演 (35分 3ステージ)
 ライブチャージ¥2000 テーブルチャージ¥500
 お問い合わせ・ご予約は 0466-34-4251 ステージコーチ

2009年11月22日(日) 「北村 謙 Banjo ひとり旅」  
 喫茶 虫の音 群馬県勢多郡富士見村大字赤城山1140-37
 OA:おと、シュガーヒルランブラーズ
 開場:15:00 開演:15:30         
 ライブチャージ:\1,500円(オーダー別) 
 お問い合わせ・ご予約は 027-288-6934 虫の声

















きょうは仕事の谷間のお休みだった!リルコミだあ

夕刊にギンナンのいまにも落ちそうな実が掲載されて秋深しを感じましたが、小平にも
ギンナンが落ちる場所が数カ所あって気持ちがそそられました。こんばんは。

きょうは仕事と仕事の谷間となってお休みだった。しかし、お休みといっても世間は動い
てお休みは私だけ。遠慮なく仕事先から電話はかかり、あれこれと現場のイメージを頭
に浮かべて会話をするので純なお休みにはならない。午後、ある若いクロス屋さんから
電話があって仕事の話しのあと、「きのうの夜、キリン・フリーを飲まされたけど、あれっ
て超マズイっすね」と笑った。どうやら、クロス屋さんは仕事のあと工務店の事務所に寄
ると職人たちで一杯やっていたらしい。車だったクロス屋さんに社長夫人が「これを」と
差し出したのが「キリン・フリー」だったそうだ。クロス屋さんもアルコール・ゼロだというこ
の商品を知ってはいたが飲んだことはなかったという。「どうだ、こっち来てもっとやれ!」
とすでにいい気分の職人たちに混じって盛り上がっているうちに、すすめられるまま3缶
もおかわり君をしちゃったらしい。超マズイのに3缶も飲まされたんですよ、参りましたよ
と泣きが入っていたが、「どうしてあんなにマズイんでしょう」と言って飲んでるヤツの気が
知れないと言うと電話を切った。私はそこの工務店にあった「キリンフリー缶」1ケースが
ゴルフの景品だったことを知っていたが、それはクロス屋さんに教えなかった。ついでに
言うと私が集金に行ったとき、「こんなマズイもの、がんばっても飲めないよ」と社長がつ
ぶやいていたことも言わなかった。私も箱根フェスで妻が買ってきたキリンフリー缶を飲ん
でみたが、一口で飲むのをやめた。クスリ臭いのといつまでも口の中に残る変な後味に
二口目は飲まなかったのだ。たぶん、妻は日曜日の朝につい「プシューッ」とビール缶を
開けて飲んじゃう私を気遣って、今年はキリンフリーにしたのだった。何といってもフェスの
最終日は車の「運転」が待っている。金曜日土曜日のクセで、ついビールを飲んでしまう
私に少しでもビール味がするものと考えてキリンフリーを買ってきたと思ったが、少なくとも
ビールの味はまったく「ゼロ」だった。「あんなんだったら、ウーロン茶の方が有難い」と言
ったクロス屋さんの言葉に心から拍手を送るものである。

神田に出来た新しいライブスポット「Case #1」に行ったぞ!リルコミだあ

連休明けはおだやかな秋日和だった小平ですが朝晩はぐっと気温が下がった。
こんばんは。

毎週火曜日には我が家のサッカー小僧が近くの「小平一中」でサッカーのコーチに
出向き、基本などのテクニック等を教えているが、きょうも大急ぎで着替えて出かけ
ると間もなく家に戻ってきた。「担任の先生たちがインフルエンザにかかって」早退
したため、練習も何も出来なかったと言うのだった。小平一中が大混乱でもしていた
のだろうか、少し心配になった。今朝の新聞にも高校野球の秋季大会に、部員のほ
とんどがインフルエンザにかかり、試合に出場出来ない学校があったと記事が出て
いた。スポーツ選手は遠征したとき、インフルエンザにかかった選手とホテルや旅館
で同宿になることが考えられるので、ある意味防ぎようがない。我が家のサッカー小
僧もその辺には敏感になっているらしく、「次は電話で確かめて」から中学校へ行く
そうだ。インフルエンザによって学校スポーツも大変な時期を迎えているのだ。

一昨日の日曜日、バンド練習のあと神田に新規オープンしたライブハウス「Case #1」
にメンバー3人で押しかけて来ました。本当は5人メンバーなのだが、一人は会社が
微妙なため休むことが出来ず、バンド稼業は長期離脱状態。もう一人、入来ベースマ
ンはカントリー・シンガー、ケイコ・ウォーカーさんの「ベネフィット・ライブ」に出かけたの
で、3人練習となった。ケイコ・ウォーカーさんは東京に活動拠点を置くプロ歌手だけど、
ある日、大病を患って活動休止を余儀なくなってしまった。いまだに回復途上なところ
から、彼女への元気づけのために企画されたイベントが11日の日曜日にバッキンタウ
ンで開かれたのだった。大勢のミュージシャンによるスペシャルなステージは、かなり
な店内興奮状態を巻き起こしたんじゃないかと想像する。とまあ、ともかくそちらは横に
置いといて、「ケースワン」の話しに移そう。何たって新しくて気持ちのいいお店なんだ
から。

まずは場所である。おおまかにいえば、神田駅からも御茶ノ水駅からも歩いて10分弱
で行ける。しかし、そこは東京で、地下鉄丸ノ内線「淡路町駅」あるいは地下鉄都営新
宿線「小川町駅」が近い。両方の駅からは2~3分で着く。お店の名刺裏に書かれた
地図を掲載する。私たちが着いたのが6時30分すぎ。JR中央線国分寺駅から一本で
「お茶の水駅」聖橋出口で下りて歩いた。ニコライ堂~日大工学部を右に見て間もなく
小川町交差点というところで足が止まった。閉じた店舗に張り紙があって、「レストラン
南海」の閉店を伝えていた。「残念だ、よく食べたのにな」と口々に言い合ったが、神田
お茶の水のような土地では商売以外であらゆることが起きてしまう。しかたがないのだ。
普通に歩いてお店に到着。たぶん、所要時間は10分程度だと思った。ステージでは
ここの設計施工をした笹部さんのブルーグラス・バンドがリハーサルをしていた。

細身のマスターがご挨拶に見えて「開店三日間セール」3,000円飲み放題だと言った。
すると私のとなりにいたウエファのリーダー、近藤さんが、「飲み放題だといってつぶれ
たお店を何軒も知っているよ」と、飲んべえの恐ろしさ、根性の浅ましさをささやいた。演
奏が始まった。笹部リードボーカル&ギター、加藤保久テナーボーカル&マンドリン、早
川流吉バンジョー、手島昭英ベースというメンバーに加えて岸本一遥フィドルがゲスト。
このメンバーでのライブは東京では見たことがなく、噂が先行して是非見てみたいと考え
ていた。バンド名は「これから考える」らしい。トラッド色の濃いサウンドだが、非常にすっ
きりとまとまっていて、高級感さえ漂わせていた。リフレインはデュエットボーカルが主体
で聞かせてくれたが、これもまた素晴らしい出来だった。店内はウッディー感とブラック&
ホワイトが上手に配色されて、そして天井が高いのでとてもリラックス出来る。

笹部さんバンドの後を受けて私たち「オー!ジン・バンド」がやった。横綱からいっぺんに
実力前頭バンドに下がってしまったが、一本マイクにドキドキしながらだったけど楽しくや
れた。近藤さんが病気回復して再開した「ニュー・クリニック・バンド」も登場して大きな拍
手をもらっていた。ここ「ケースワン」は11月からライブを本格スタートするそうだが、その
出演バンドの受付をしている最中だそうだ。申し込みは03-3259-5082まで。店長
の伊藤さんは音響の専門家だそうだ。そのせいかPAは非常によかった。私たちのお仲間
でフィドラーの「ホルモン山崎」さんはマスターの親友なんだって。ステージに出てフィドル
を弾いたり、お客さんのおつまみ(乾き物)を出したりして大忙しに見えた。神田に出来た
新しいライブスポット、「Case #1」はなかなか好調ですよ。










神田にライブハウス誕生!リルコミだあ

午前中は台風18号の置きみやげかやや強い風が吹いたが午後はおだやかな日ざしに
なった小平からこんばんは。

神田にライブハウスがオープンする。手がけたのはブルーグラス・シンガーとして本邦では
知らない人はいない超有名な笹部益夫さん。本業は一級建築士だから当然といえば当然
だが、さてその名も Live Bar 「Case #1」 ケース・ワンとしか読みようがないなあ。そして
明日がオープンで、ドーグスタイルのIONなどが出演。Live Barというわけでブルーグラス
に限らず、広く実力バンドが出演する模様。私は11日、設計施工をした笹部さんのニュー
バンドを見に行く予定。ちょうど明後日の日曜日は午後から私たちのバンド練習だったが、
練習が終わったあとに駆けつけようと、さきほど決定した。場所は神田美土代町で、ここは
小川町と淡路町の間にある町で、駅だったら都営新宿線の「小川町駅」が近いけど、この
辺はちょいと見渡せば駅だらけで、のんびり歩ける人だったら神田駅でもお茶の水駅から
でも歩ける。地下鉄丸ノ内線の「淡路町駅」も近い。まだ行ったこともないのに詳しいのは
この辺りだったら「カワセ楽器店」を起点に昔からよく来ていた場所だったからだ。

● Live Bar 「Case #1」

東京都千代田区神田美土代町11-2
  第一東英ビル B1

TEL.03-3259-5082

メールはこちら

10月10日 OPEN

2ヶ月に一回くらいの間隔で国分寺北口の耳鼻咽喉科へ通っているが、駐車禁止が厳し
くなってから路上駐車はやめて7階建て駐車場ビルに駐車するようにしている。先日も耳
鼻科から戻って車を出して駐車料金精算機のある入口まで降りて来ると、前に黒いベンツ
の大きな車体が停まっていて、おばちゃんが精算機にしがみついていた。駐車カードを持
っているが要領が分からず精算が出来ないでいるらしかった。5,6台後ろから「プップー」
と痺れを切らしたドライバーがクラクションを鳴らした。私も並んでから5分以上は待ってい
た。尚も精算出来ないでいるおばちゃんに、私の後ろのドライバーがドア音を立てながら
ついに降りて、精算機の方へ近づいておばちゃんと話し始めた。するとそのおじちゃん、こ
っちを向いて、両手を上げて大きな声で、「誰か、1万円をくずせませんかー」と叫んだ。す
ぐに後ろの女性ドライバーが両替をしてあげると、「電車だって1万円は使えるのに、、、」
ブツブツ言いながら待ちぼうけを食わしたおばちゃんは仏頂面で出て行った。人もうらやむ
ような高級車に乗りながら、マナーを知らない運転手。サイテーだね。


台風18号一過のあとは真夏!リルコミだあ

台風一過とはこのように真夏が戻るものかと錯覚を覚えるほど雨風のあとは劇的に
晴れた小平だったが強風は吹いていた。それにしてもマスコミが騒動のように繰り返
した「大型台風」だったが、幸いなことに東京では大暴れしなかった。午後になって現
場に駆けつけると、果たして現場でもラッキーな台風だったとの話題で盛り上がった。
「10月の台風」が救いだったのだよと現場監督が遅い昼食のコンビニ弁当を噛みなが
ら言っていたけど、振り返ってみるとこんな素人発言が今回の台風にはいちばん当た
っていたなと思った。我が家でも長男は朝5時に何事もなく雨中の中を勤めに出たし、
長女も午前7時すぎに土砂降りの中を会社に向かった。各電車もこの出勤タイムには
あまりストップしていなかったらしく、長男も長女も戻ってこなかった。こんばんは。

すっかり臨時休業を決めた私は子どもたちが出かけたあと眠ってしまったらしく、北九
州のエルビスさんからの携帯で目が覚めた。するとどうだろう、台風がいつの間にか
去ったらしく、窓から素晴らしい陽光が差し込んでいた。エルビスさんは台風被害は大
丈夫か?という電話だったが、「眠っている間に台風が去って、いま小平は真夏!」だ
と答えながら、自分でも台風が本当に去ったのかと会話途中で疑心暗鬼に陥った。エ
ルビスさんは毎年恒例になった11月8日(日)の高尾もみじ祭出演をよろしくとのこと
を伝えて電話を切ったが、そうだった、そういえばあと1ヶ月にまで迫っていたのだ。
というわけで今年も高尾山口(ロープウェー)駅前広場で「国本武春」&「エルビス吉川」
のお馴染み「スーパー演芸」が、11月8日(日)12時→午後3時頃まで開かれます。
無料だよ。

エルビスさんとの楽しい電話のあと、何と豊島区で新築中の現場から「水漏れ」でシミ
が柱に残ったとの電話が入り、急遽現場へ。「屋根屋の不備で雨が漏れた」と監督、
2階の梁(はり。むき出しの横柱)が、無数のシミになっているので速やかに消してほし
いとの依頼だった。これで優雅に決めていた臨時休業もパアになったが、現場に着いて
みれば他の職人たちもたったいま到着したらしく、台風一過、いたってのんびりムード。
監督に「きょう中に直るか?」とプレッシャーをかけられながら作業を開始。雨が屋根の
材料の隙間を通って茶色の「タレ」が梁に数本流れた痕がシミになっていた。「きのう
からきょうの午前中に起きたと思うが」ワシらでは消せないんだと監督が私の目を見て
いうのだった。「まあ、私にまかせなさい」などと不用意なことは言わなかった。偉い!

「梁は何ですか」と聞くと「国内産の杉材で加工はしていない」材木屋に確認を取ったと
いう。ならば多少の溶剤でも梁の色変化はなさそうだと考えたが、まずは無難に水で
洗ってみようとしたら、何とこれがバッチリ。幸いなことにはシミが出来てから時間が経
っていなかったのがよかった。合計3本の梁に24本のタレシミは午後4時までかかって
ほぼ消すことが出来た。深く入ったシミは薄く残ったが、「これは我慢して」と言った私の
意見を監督が承認して作業は終了。しかし、脚立が短く、ずっと上方を向いての作業だ
ったため、腰がまともに戻るまでに少し時間がかかった。還暦もすぎると体の隅々に潤
滑油が不足するのである。秘油「ジュラロン」の補給が必要だと考えて代理店「コトー」
の電話を探すが、携帯が洗濯されてからインプットしてないことに気がつく。帰宅途中、
随所で渋滞に遭遇。さすがにきょうのデッドマン・ライブはパスった。







大型台風18号で明日は開店休業か!リルコミだあ

大型の台風18号が日本列島を直撃することがほぼ間違いないような雲行きだけど
小平には来ないでねとお願いしたい気持ち、ダメかなあ。こんばんは。

何年かに一回は台風で大騒ぎする東京だけど、意外にも東京のそばで熱帯低気圧
となったり、あるいは方向を変えたりして、ラッキー?にも大被害はまぬがれている。
今回はどうだろうか。夕刊を見ると明日8日の午前9時には近畿あたりに上陸北上中
と天気図があった。すると東京の明日は日中から夕方すぎまで暴風雨という計算が
成り立つので、これでは仕事も何も出来ず開店休業になる。困った、ではなく、ウレ
ピーのだ。何をして遊ぼうかといまから楽しみでワクワクしている。でも、子どもたちの
通勤通学に豪雨などで影響が出るような状況だと、いきなりアッシー君になったりす
るので、そうなったらのんびり出来ない。そうだった。明日はロッキーでデッドマンの
ライブがあった。お仲間としては何がなんでも駆けつけないといけないが、大型台風
に逆らって自宅を留守に出来るかというと、まず無理だ。家族の目線が恐ろしい。
というわけで台風前夜、これから大工さんと打合せ兼飲み会があるので本日はここ
まで。アデオス!

LEON RUSSELL and THE NEW GRASS REVIVAL!リルコミだあ

連日の雨天。今週は台風18号の影響でというか、もろ上陸の可能性も大いにあるから
晴れ間はあるんじゃろかと考えてしまう小平からこんばんは。

ニューグラス・リバイバルがレオン・ラッセルのバックバンドになって活動していたことは
周知の通りだが、このCDはその当時を知る貴重なもの。タイトルは「Rhythn&Bluegrass」
/LEON RUSSELL with The New Grass Rivival だが、これは「HANK WILSON」のvol.4と
いうシリーズでもある。レオン・ラッセルが、「カントリーを歌いたい」と言い出したのか詳細
は別にして、具体的にアルバムを録音販売を始めたシリーズが、名前も「HANK WILSON」
と変えていた。ニューグラスは70年代後期にレオンのツアーバンドのメンバーとなって活
動をした。この間、レオン・ラッセルとの雇用関係のため、当然ながら一切のバンド活動は
禁止となってしまい、私たちのような大ファンにとっては「暗黒の時代」だった。やがてレオ
ンとの契約も切れて、また元のニューグラス・リバイバルに戻って今日に至っている。いつ
だったかリーダーのサムにレオンとの時代を聞くと、「レオンのようなスーパースターに誘わ
れて、そして一緒にプレイ出来て最高だった」と語った。まあしかし、この「HANK WILSON」
シリーズのジャケットにもきちんとニューグラス・・・とクレジットをされているし、タイトルも
これだけは「Rhythm & Bluegrass」になっているので、ただのバックメンバーではなかった。
普通の「HANK WILSON」シリーズと比較してもこんなに違っているのだ。


Rhythm & Bluegrass の曲目
1.I've Just Seen A Face 2.Footprints In The Snow 3.Columbus Stockade Blues
4.I Believe To My Soul 5.Rough And Rocky Road 6.Mystery Train 7.When My Blue
Moon Turns To Gold 8.In The Pines 9.Open Up The Door 10.Bluebirds Are Singing
For Me 11.Rhythm And Bluegrass 12.Pilgrim Land


Hank Wilson Vol.2 の曲目 
1.Wabash Cannonball 2.Oh Lonesome Me 3.Tennessee Waltz 4.Heartaches By
The Number 5.If You've Got The Money Honey (I've Got The Time) 6.Tumbling
Tumbleweeds 7.I'm Movin' On 8.Waltz Across Texas 9.Don't Let The Stars Get In
Your Eyes 10.On The Wings Of A Dove 11.I'll Be There If You Ever Want Me
12.I Saw The Light

上段の「I Believe To My Soul」はかのレイ・チャールスの有名ソングだが、ニューグラスの
絡みは傑作。サムのドブロマンドリンが非常にいい雰囲気。「Mystery Train」もサム・フィリ
ップスの超有名ソング。これはコートニー・ジョンソンのバンジョー・リードでブルーグラスに
仕上がっているのがミソ。下段はナッシュビル・ミュージシャンがバックの古い50年代のカ
ントリーソングを歌いまくっている。しかし、50年代のカントリーはシビレますね。


こちらは存在がまったく不明だったレオン・ラッセル+ニューグラス・リバイバルの映像。
1980年カリフォルニア州のパーキンス・プレイスで撮ったもの。これも珍しい。こちらのDVD
に関しても上記のCDも info@bomserv.com ビーオーエム・サービスにお問い合せを。

石原都知事「勝ち方、負け方の問題だ」!リルコミだあ

午後から雨になった小平からこんばんは。

きのうは日曜出勤までして妻と「駐車場の草取り」を完成させた。これで今年の草取り
仕事はすべて終了。もう10月だし、「あのう、・・・」などと電話はもう来ないだろう。夕方
近く、夢弦堂主人がやって来て、「時山フェス」の準備というか曲決めと少し練習をした。
ディラーズ好きの私に合わせて「DILLARD & CLARK」から、No Longer A Sweetheart
Of Mineを選んでやることにした。特長あるバンジョーのイントロを必死になって練習をし
た夢弦堂主人だったが、間に合うか。今回は頼みの「いいだこ」さんが旅行の添乗の
ため不参加を決めた。秋の旅行シーズンだから、きっと「まねき猫」になりきっている姿
が目に浮かぶ。そのため、ビール一杯の報酬で誰かにピンチヒッターお願いしなければ
ならない。早めに電話をかけなくっちゃ。練習中にゴールしたF1は、ドイツのベッテル選
手がぶっちぎりで勝利。CS放送を録音したのであとで見ようと考えていたが、夜になる
と芋焼酎がまわって沈没。酔いが早くなった。

早朝前に目覚めたので、ゴソゴソと起き出してやっと「F1日本グランプリ」の熱戦を見る
ことが出来た。我が日本のドライバーの中島一貴選手は15位とふるわなかったことが
残念だったが、トヨタチームは2位表彰台をゲット!これには感動した。さて、今朝のテレ
ビは各局共に東京がオリンピック招致に失敗したことを繰り返していた。私的には東京と
闘って敗れた「福岡市」だったら、根拠は何もないけど、敗れても東京よりも爽やかな後
味だったのではないかと考えた。ネットの「きっこの部屋」には以下の記事が出ている。

{今年の4月10日定例記者会見で、記者から「知事がオリンピック招致に莫大な税金を
つぎ込んでいることに対して批判の声もあがっているが、もしもオリンピック招致に失敗し
たときには、責任をとって(知事を)辞任するなどの考えはあるか」って質問されたら、「勝
ち方、負け方の問題だろうね」って答えてる。落選してもいい闘いをしたのなら、オッケー
だなんて言っている}

闘いには勝ち負けが絶対にあるので、どうやら石原知事は落選後のことをイメージしてい
たようだ。「いい闘い」をして「いいプレゼンテーションが出来た」「涙が流れたほどがんば
った」とさかんにアピールしたのは準備していたのだろう。さすがに政治家である。また知
事は150億円という巨大な招致運動にかかった費用をきちんと報告をするそうだ。報告を
してもらったら、「それでいいよ、よくぞ発表してくれました」とはいかないと思うけどね。
妻などは、招致軍団が着ていた「一着30万円也」といわれるグレーのブレザーの正確な
値段を知りたがっていた。いい闘いといいプレゼンテーションが出来たなら、東京にオリン
ピックが来て当然なのに、変だね。悔しいと思ったのは鳩山首相がオリンピック招致に加
わったことだ。負け戦だとはじめから分かっているところに出て行ったのだから、どうしたの
だろうと信じられなかった。石原都政はダーティ極まりないのに参加するなんてと思った。
平野官房長官にはもう少しバリアを強くしてほしいと願わずにはいられない。

F1日本グランプリ開幕!リルコミだあ

フィリピン近くに2個の台風がそろって右折しそうな天気図を見せられると、きょうの
小平の雨なんぞはものの数じゃないねという印象だが・・・こんばんは。

本日はデンマークで「2016年オリンピック」の開催地が決定する投票が行われる
日だとか。投票の前に開かれる最終演説には各都市からの切り札的人物が登場、
シカゴはオバマ大統領がつい先ほど演説が終わったらしい。東京は鳩山首相がこ
れから演説予定だという。この2016年のオリンピック開催地にはシカゴ、東京の
他にリオデジャネイロとマドリードが立候補をしているが、事前予想ではやはりオバ
マ人気が圧倒的なところからシカゴ有利の声が囁かれているとか。他には初の南
米大陸開催をアピールしたリオデジャネイロも人気だそうだ。では、東京はどうなの
か。果たして二度目の開催に女神が微笑むのか。石原都知事には悪いが私はオ
リンピック招聘に大反対だ。石原さんには「新銀行の失敗」をオリンピックで取り返
したいという野心や、オリンピックを呼び込んだ都知事石原慎太郎の名前が後生に
残る名誉もあって開催地に手を上げたのだろうが、いまやそんな時代じゃないだろ
うというのが私の仕事仲間のトータルな言葉である。

例えば10人でお茶を飲んでいるとしたら、9人はオリンピック開催反対を口にする。
オリンピック開催地が東京に決まると経済効果は計り知れないとテレビでは言って
も、その経済効果が私たちに実質的には及ばないことを知っているのだ。税金を湯
水のように使ってオリンピック開催を願うよりも、小中学校のグラウンドを芝生にして
ほしいし、いまは思いつかないが、そういう都民の切なる願いは他にたくさんあるの
だ。鳩山首相もホイホイと行って演説しなくたっていいのにと思った。東京が選ばれ
なかった場合も、きっと石原都知事は「鳩山首相も行ったけどダメだった」とコメント
するに違いない。そもそも同じ都市が2度目を射止めたのはかなり少ないんじゃない
かと考えた。しきりに「環境にやさしいのは東京」をアピールしているみたいだけど、
このキャンペーンは最初からやっていたのかな。環境うんぬんを世界にアピールした
のは民主党の鳩山首相だろう。決して石原都知事ではないことをほとんどの都民は
知っているし、その辺の「いいとこ取り」もオリンピック不人気の一つだね。

まあ、2016年といえばほぼ「地デジ」になっていれば、どこで開催していてもバッチリ、
テレビで見られるからね。それよりも、「F1日本グランプリ」がきょうから始まりました。
今年は3年ぶりに「鈴鹿サーキット」開催に戻った。友人のサトンパスさんも鈴鹿だろう
なと思ってメールすると、「今回はチケットが手に入らなかった」から仕事をしているよと
返事が来た。そうだったか、じゃあ携帯メールで実況中継は無理だったかとがっかり。
しかし、きょうの鈴鹿は小平と同じ雨。その雨の中、午前と午後に「フリー走行」が行わ
れたが、タイムは予想通り平凡だった。ただ、ウィリアムズに乗る中島一貴は常に上
位の成績を出して、さすがに「ホーム・グランプリ」の実力を出していたのが目に付いた。
明日は午前に3回目のフリー走行があって、午後2時から明日のグリッド(スタート順)
が決まる「予選」が行われる。そして日曜日が決勝となる。フジテレビが中継する。





秋の思い出!リルコミだあ

曇りときどき小雨がぱらついた小平からこんばんは。

10月になりました。思い出すのは子どもの頃の川遊びです。10月になるとカニの
甲羅が固くなって食べ頃となり、川の淵に潜って石の間に隠れている大きなカニを
手づかみして生け捕って、そいつを河原で焼いて食べたときの旨さはこたえられな
い思い出となっています。鮎もこの頃は落ち鮎といってお腹が黒くなって大群で川
を下って来るのを待ちかまえ、網でつかまえます。これは塩焼きでしか食べませ
んが、多くは干して冬の鍋のダシになります。ある日は山に入って茸や栗、山ぶど
うなどを取ります。茸は家に持って帰ると祖母が厳重に食べられるものを選んでくれ
ますが、大概は半分捨てられていました。10月も末ごろには実家の池の水を抜い
て、底に溜まった泥を 「エッサ、エッサ」とスコップで外に捨てます。こうやって3年
に一回の割合いで池のお掃除をするのですが、だんだん水が減っていくと、中にい
た鯉や鮒、金魚、ドジョウ、そして大きなナマズなどの姿が現れて来ると子どもたち
は歓声を上げるのでした。魚はみんな、「何だ、なんだ!」と言ってるのか、泳げなく
なってビチャビチャと体をくねらせています。こいつらを私たちがつかまえて、大きな
タライまで運び入れるのが仕事だったけど、これがおもしろくてたまらなかった。川で
遊ぶのも山に行くのも池の「かい掘り」も、すべて中学の5~6人の友だちとでやっ
た。たまに弟や妹が仲間になっていることもあったが、神社の屋根が真っ赤な夕焼
けに浮かぶと家に帰る時間だった。二三日前、川遊びした友だちからハガキが来た。
「もう死にそうだから、一杯やろうよ」という破天荒な便りだった。思い出は尽きない。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
ライブのお知らせ
NEW !
イッツア・クライングタイム
5月5日
170405kodairact.jpg
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ