AX

2010-02

Latest Entries

目黒の現場へ!リルコミだあ

曇りのち夕方雨になった小平からこんばんは。

きょうは目黒の現場へ。午前6時半には出発したかったが出がけに電話がかかり、
ちょいと手間取ってしまって30分遅れとなってしまった。この遅れは大きいかな
と渋滞の予感がした。五日市街道から水道道路(吉祥寺を通る)まではまあまあ、
ところが甲州街道に合流したあたりから渋滞がはじまり、大原交差点を右折したい
のに遅々として先へ進まない。混雑なんてこんなものと開き直ってはいたものの、
今朝の環七も最高に渋滞した。目黒通りを左折してダイエーの前をまたも左折。
一気に住宅街となったあたりに現場が見えた。庭などをやる外構屋さんが小さな
ユンボを使ってすでに作業を開始していた。時計を見ると午前9時。片道2時間
かかった計算である。監督が言うには「もう一軒やっている」というので、きっと
あと一回は来るのだろうと思った。「タイルを貼ってくれるのはありがたいが」
雨は大丈夫かと監督がタイル屋さんに聞いていた。そういえばポツポツと小雨が
降りはじめていた。新築建物はごく普通の三階建てだったので楽勝に作業が進む
だろうと思ったが、実際にその通りで、お昼もゆっくり休憩を取ったのに午後三時
過ぎには完了。すると待っていたかのような雨。「先に帰るよ」と監督が言った。
「どうぞ、私たちもすぐに上がります」と答えたのが大間違いだった。帰りの環七
も渋滞がひどかった。「きょうは行きも帰りもダメだ」と言った場所が玉川通り、
「窓はちゃんと閉めたかな」と相棒に聞けば、「階段は閉めました」と不安なこと
を言うではないか。絶対に締めたという自信がない。どこか開いていたらこの雨
ではボロボロになる。「絶対に自信がなかったら確かめに戻ろう」ということに
なった。そして現場へ戻って「すべて窓が閉まっている」ことを確認、再び環七
に乗ったら、そこはさっきよりも渋滞していた。現場監督もこんなことをやるのか
なと会話しながら渋滞を乗り切り、無事帰宅。帰り道3時間、腰が痛くなった。

浅田真央ショートプログラム2位!リルコミだあ

きょうも暖かく春がやって来た小平でした。こんばんは。

仕事の途中、新青梅街道の裏道を通っていたとき、前方の信号が青で当然前身した
まま交差点に入ると同時に黄色信号に変わった。すると右折待ちのマークⅡがいき
なり右折を始めたのでビックリ。非常停止というか急ブレーキをかけるとようやく
マークⅡにぶつからずに回避出来た。すべて一瞬の出来事で、緊急停止した後数秒
経つと、相手に対して猛烈に腹が立ってきた。「追いかけようか」しかし、左折し
て追いかけるのは大きく体勢が曲がっていて無理だった。それに相手も追いかけら
れると悟ったのかスピードを増して逃げている様子。逃げても西武線玉川上水駅に
ぶつかると思ったが、車の中で「バカヤロー」と一発声を出すとようやく落ち着け
た。一瞬ではあったが相手とは交差点に入ったとき目と目が合った。何やらぶつぶ
つと言葉を言いながら、相手はこっちをニラミつけてというよりもガンを飛ばした
ようである。だから余計に頭に来たのだった。なぜ、待てないで前方横断のような
マネをしたのだろうかと冷静に振り返ったが、「異常者ではなかったか」という結
論に落ち着いた。ドライバーもいろいろいるのだ。恐いよね。

きのうは浅田真央はきちんと三回転半のジャンプを成功させましたね。仕事だった
ので帰宅後に録画を見たけど、午後6時半には長女も帰宅してそれはもう大変な騒
ぎでした。私はフィギュアに関しては状況を知らないので迂闊なことは言えず、ブ
ログ書くのに専念したのだった。珍しく我が家のサッカー小僧も午後6時に帰って
きて、「浅田真央を録画してある?」と妻に確認していた。キム・ヨナとのバトル
は見逃さないゾと決心しているようだった。長男は駅に「泊まり勤務」で家にはい
なかった。やがて夕食となっていよいよフィギュアショートプログラムを見ること
にした。いろいろな選手が前座のように出て来ているらしいが、和やかな食事だっ
た。いよいよ浅田真央が出て来た。私もブログを書き終えて缶ビール片手にテレビ
の前に座った。すでに結果はキム・ヨナに次いで2位と解ってはいるが、妻は録画
でさえも前半の三回転半ジャンプを見られないでいた。体を硬くして横目で見てい
た。長女もサッカー小僧も無言である。三回転半を飛んでいろいろな見せる演技を
して手を大きく広げて終わると、ようやく我が家の緊張も溶けた。

すぐにキム・ヨナの演技がスタート。浅田真央よりも年上なのか落ち着いた雰囲気。
手足を上手く使って演技が大きい。大人の色気がたっぷり。やはりノーミスで終了。
結果、史上最高点が出て浅田真央に5点近い差をつけて断然トップ。「わーい」と
心の中で思った。「どうして5点も差が出たんだろう」と長女が言うと、「三回転
半が飛べてよかった」と妻、話しが噛み合ってない。ひらひらと蝶が舞い降りたよ
うな浅田真央の演技だったが私は無言なのだ。それよりも、次のグループでロシェ
ットという地元カナダの選手も71点の高得点だった。何でも応援に来たお母さん
が、ホテルの自室で急死したとアナウンサーが繰り返し伝えていた。しかし、私に
はロシェットが男に見えた。男じゃ悪いから「ニューハーフ」かな、どう見ても筋
肉もりもりで顔も恐いし女性には見えなかった。お母さんも亡くなって同情得点も
加点されての3位なんだろうねと、初めて私が言うと「そんなことはない」と長女
がピシャリ。するとサッカー小僧、「わざわざ死にに来たんじゃないか」と恐いこ
とを言うのだった。決勝は明日である。我が家はまたしても録画鑑賞だ。

●お詫び 昨日の記事中でアメリカ下院エネルギー委員会で開かれた「公聴会」で
証言した主婦が乗っていた車を「カローラ」と書いたが、正確にはレクサスだった。
大変失礼いたしました。







作家「山田風太郎」邸内書庫を掃除する!リルコミだあ

連日の暖かさでコブシの蕾が弾けそうになっている小平からこんばんは。

アメリカ下院のエネルギー商業委員会で開かれた「トヨタの大規模リコール」の
公聴会が開かれた場面をテレビで見た。冒頭には主婦と思われる女性が登場して
「アクセルを踏んでないのにスピードが160キロに達した」とカローラの不具
合を証言した。フロアマットがずれてアクセルペダルに乗っかってアクセルが戻
らなくなったとして、数百万台のリコールを実施している現実とは別のことをこ
の女は言っていたのだった。証拠も無しに。こういうでっち上げをしてから不具
合箇所を探すといった手法は日本の検察だけかと思ったら、アメリカでもやるら
しい。アメリカの議会は中間選挙もあってなりふり構わず、国民に受けようと政
治ショー的「公聴会」で、明日は豊田章男社長が出席して本音トークを披露する。
朝日新聞夕刊にも23日に開かれたアメリカ下院の公聴会をトップで掲載してい
た。相変わらずの熱心さである。

きょうは京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」正面の山の上にあるお宅へ「書庫」の清掃に行
った。作家「山田風太郎」邸である。「家が傾いたら恐いので庭に書庫を建てま
した」と静かに語る奥様だったが、本宅二階の執筆部屋と古い書庫にもどっさり
と蔵書があり、自作の本もあきれるほどあった。「カビはもう取れないわ」と言
う通り、古くて高価そうな立派な本には必ずカビが付着していた。「このカビを
いちいち全部の本から除去するのでしょうか」と恐る恐る尋ねると、「本に付い
たカビは取らなくていいわ」と言ってくれたので、思わず肩の力が抜けたついで
に笑顔になって、素早く「解りました!」と声が大きくなった。「書庫の棚をき
れいにしてくださるかしら」と作業の中身が決定。まず取っ掛かりは作家「山田
風太郎」の執筆部屋に入った。作家は「平成13年に80才で亡くなりました」
そうだが、室内は整然と片付いていた。机も椅子も意外なほど普通だった。

ただ、大きな窓からは富士山が丸見えだった。机の上には書き手を失った400
字詰め「原稿用紙」が開いたまま置かれていた。良く見ると用紙には「山田風太
郎」と名前が入っていた。「この机で数々の名作が生まれたのか」と忍法帖シリ
ーズをイメージした。「主人はヘビースモーカーだった」奥様が言う通り、執筆
部屋内部はタバコの脂で壁クロスも茶色に変色していた。作家色川武夫たちと麻
雀を遊ぶ山田風太郎の大きな写真も飾ってあった。奥様とヨーロッパに行ったの
かパリ「エッフェル塔」をバックの写真もあった。「主人は肺炎で死にましたが、
最後までタバコは離しませんでした」とおっしゃる通り、どの写真にもハイライ
トかピースか左手に紙巻きタバコを持っていた。作品を総評して河出書房は「綺
想の歴史ロマン作家」と追悼特集号に書いてあった。しかし、膨大な量である。
中高生向きの「探偵もの」から有名な忍法帖シリーズ、そして警察ものなどよく
もこれほど書けたものか、と棚に並んだ作品を眺めて心から驚く。何たって大作
家である。「お茶をどうぞ」と応接室に呼ばれた。明日も作業は続くのだ。







明日は女子フィギュアショート!リルコミだあ

いよいよ春が実感できるような暖かい陽光に包まれたきょうの小平でした。すると
これまでじっと絶えていた梅の蕾が一斉に開き、町中が明るくなった気がします。
こんばんは。

バンクーバーオリンピックも残す最大のショー「女子フィギュア」が明日のショー
トプログラムからスタートします。NHK総合テレビでも浅田真央の特集があった
りして、否が応でも国民の期待を集めています。かくいう我が家もフィギュアスケ
ートとなると妻と長女が狼目になって騒ぎ立てます。先日の男子フィギュアで高橋
選手が銅メダルをゲットすると二人で宴会のように騒ぎました。しかし、これが女
子になったらどうなるかというと、想像もしたくありません。ひいきの浅田真央が
韓国のキム・ヨナに勝って金メダルを獲ったりしたら、興奮のあまり手近なものが
壊されるんじゃないかと心配になっています。私は誰にも話していませんが、実は
密かにキム・ヨナを応援しています。だって、あの体と顔、特に振り向いたときの
決めの顔は素晴らしいんです。音楽は007だし、ボンドガールとダブってちょっ
と痺れますね。だから、私は浅田真央が勝てばいいと表面的に装って妻たちとテレ
ビを見る予定です。「ショートプログラムで3回転半を飛んでくれたら」勝ちます
と言っている妻。反対に浅田真央が3回転半でスッテンコロリンしたら、くれぐれ
も歓声を出さないように気をつけないといけません。仕返しが必ずあるので明日と
明後日は「私は貝になる」積もりです。

スピードスケートでは男子で銀メダルと銅メダルをゲット、女子はここのところ小
平奈緒選手が1,000と1,500で5位が二回と健闘したもののメダルには手
が届いていない。太股が以上に発達するこのスピードスケートという競技には個人
的に忘れられない思い出がある。それは私が高校三年の年末からお正月にかけて霧
ヶ峰高原に友だち二人とスキーに出かけたときのこと、いまから45年も前の霧ヶ
峰スキー場は狭くて小さかった。もう少し大きなものを期待していたぼくらは落胆
したが、それよりも猛烈な風が吹き荒れてスキーを滑ることが出来ないことが悔し
かった。宿泊したのは霧ヶ峰高原へ行く途中の民宿で、そこからスキーを担いでエ
ッチラオッチラと頂上へ登って行くのだった。大晦日も正月の三が日も滑ることが
出来ないでいたぼくらを、同宿の明治大学スケート部の学生が「靴を貸してあげる」
から一緒に滑ろうというのだった。「お願いします」とたくさんいる学生たちにご
挨拶をして、長いロングのスピードスケート靴を履いてヨロヨロと湖の端っこで遊
んでいた。そこには誰よりも抜群に速い、キュッ、キュッ、キュッとスタートダッ
シュを練習している全身が黒ずくめの学生がいた。あんまり速いのでぼくらがポカ
ンと見ていると、「あの人が鈴木恵一先輩」だと教えてくれた。

スピードスケートなんてまったく知らなかったが、500メートルの世界記録保持
者「スズキケイイチ」という名前は知っていた。霧ヶ峰高原は暴風が吹いているの
に宿の前の湖は無風状態だった。「よーい」とセットするとスタートは両手を「パ
チン」と打ったが、それを合図にロケットのように黒い物体は加速をして、一周回
ってゴールする。これを午前に5本くらい毎日やるのだった。午後は風が吹いたり
するのでスタートダッシュの練習だった。他の学生たちは二三人の例外はいたが、
残るほとんどの学生は付き人のようにあれこれと鈴木選手のお世話をしていた。同
じ民宿だったから、他にお客さんがいなかったのでぼくらは学生たちと親しくなっ
てお風呂も一緒に入って「背中流しっこ」で盛り上がった。食事も学生と同じ大き
なガス釜で焚いたご飯をどんぶりで食べた。鈴木選手も大きなどんぶり飯をかっこ
んでいた。信州自慢の「ザザ虫丼」も学生たちに無理やり食わされそうになったが
回避、鈴木選手が「やめろ」と一言いってくれたから助かったのだ。椎名誠の小説
に「食えば解るアオイソメ丼」というフレーズがあるが、それに近い。ぼくらはつ
いに一回もゲレンデに行かないまま帰京したが、明大スケート部の合宿体験をした
充実感で心が満たされていた。同時に目の前を疾風のように飛んでいくスズキケイ
イチ選手の速さに神よりも尊敬した初体験だった。そういえば、鈴木選手の太股も
巨大だった。冬季オリンピックがやって来ると思い出す青春の1ページだった。













奥沢明雄&マーマレード・スカイ、3/15バッキンタウン!リルコミだあ

久しぶりに快晴の小平となったが明日は雲行きが怪しくなるらしい。こんばんは。

日曜日のリルコミですが、明日は目黒の現場まで走らねばならず帰宅時間も想像
出来ないため、イレギュラーですが明日お休みという意味も込めて本日書いてし
まいます。といってもきょうは日曜日、朝からごろ寝を決めてテレビでオリンピ
ック三昧。今朝はジャンプ「ラージヒル」決勝を見た。注目の日本人選手は若手
二人が予選落ちで期待は伊藤大貴と葛西紀明。ただ、一本目は追い風が影響して
二人とも下位に低迷。伊藤が30位、葛西20位と惨憺たる成績。テレビ解説の
元コーチの大野さんもがっくり来ているのが解るほど。二本目、ここで伊藤と葛
西は踏ん張る。伊藤129.5メーター、まずまずである。ただ、優勝したスイ
スの「シモン・アマン」は一回目で140メーター越えの大ジャンプである。さ
て、葛西の二回目だが素晴らしい踏切からの前掲姿勢で向かい風を切り裂き、何
と135メーターの大ジャンプ。一回目20位から入賞となる8位にまで順位を
上げた。一本だけの成功だったが、しかしこの一本の成功は大きい。葛西のやる
気が日本チーム全体に乗り移って「団体戦」では大活躍を祈りたい。また、これ
までノーマルヒル、ラージヒルと選に漏れた岡部選手が満を持して登場するだろ
う。長野オリンピックの再現は無理でも3位銅メダルは期待したい。

お知らせです。
★AKIO OKUSAWA & THE MARMALADE SKY
「奥沢明雄&マーマレード・スカイ」が3月15日(月)に曙橋バック・イン・
タウンに出演します。時間は午後7時30分スタート、ミュージックチャージは
¥3,150。メンバーは前回からキーボードとエレキベースが変更されている。
予約03-3353-4655バック・イン・タウン。
 
 AKIO OKUSAWA(Vo & G),
 ERICK KASAHARA(Sax & Flute),
 HIDEMI SAKASITA(Key & Cho),
 SHIGERU WATANABE(B & Cho)
 YUKO TAKAHASHI(D&Cho),
 TATSUYA KUWAHARA(Banjo)

今回は若きバンジョーマン、人気のTATUYAくんがゲスト。どんな展開のステージ
になるだろうか。オックンのアレンジとTATUYAの独走バンジョー、楽しみだ。

もう一つ奥沢明雄さんのライブが国分寺で開かれます。

★「奥沢明雄 with 磯部舞子」「田中奈緒美 with Mawari」
4月3日(土)午後7時30分スタート
チャージ¥1,500+Order
Live Cafe giee「ライブカフェ・ギー)tel.042-326-0770
国分寺市本町2-3-9三幸ビルB1 JR国分寺駅北口徒歩5分

「奥沢明雄&磯部舞子」の出会いは1/9日「ディスカバー小平ブルーグラスコ
ンサート」の打ち上げでジャムセッションしたとき。出会った場所は小平で唯一、
ブルーグラスやSSWなどグッドミュージックを聞かせるお店「ROLLING BEANS」
だった!若干21才の磯部舞子はほやほやのフィドラーだが、5才よりバイオリ
ンを始めているクラシックお嬢ちゃん。先日のジャムで素晴らしい感性を発揮、
「ものになりそうだ」と大将笹部益生さんも太鼓判を押していた。小平からスー
パーフィドラーが誕生するか今後が大いに楽しみである。尚、グッドミュージッ
ク・カフェ「ローリング・ビーンズ」の住所は小平市学園西町1-16-14。
西武多摩湖線「一橋学園」駅から国分寺方向へ戻って徒歩3分右側。


少し先ですが、神戸から女性ブルーグラスバンド★「うれしたのし」のライブを、
6月26日(土)神田「ケース1=CASE 1」で開催いたします。主催者は私です。
詳細は今月末に発表いたしますが、オリジナルのブルーグラスを十二分に楽しめ
ます。彼女たち「うれたの」は三年ぶりの東京ですのでよろしくお願いします。














新宿のセブンイレブンはお弁当定価から¥50引き!リルコミだあ

きょうも冷え冷えの小平だったが雪が降らなかった分いくらかマシだったか。
こんばんは。

きょうは新宿西口中央公園裏の熊の前が現場だった。三階建てビルで用途はオフィス。
どこか景気のいい会社が土地を買ってそこに建てたんだと周囲に穴を掘っていた設備屋
さんが言っていた。「一日で終わらせてください」と監督の指示があったので飛ばしに
飛ばして夕方6時まで残業して仕上げた。昼食もセブンイレブンのお弁当だったが、私
が幕の内¥390、妻が焼き肉¥400だったがそれぞれ¥50引きだという。小平や
小金井ではなく初体験なので超ラッキーだったが、コンビニ側としては売れ残るよりも
売り切った方がお得なのかも。それにしてもさすが新宿、お客さんが昼食を求めて溢れ
ていた。近ごろ食が細くなったように思うが、朝晩は特に量を食べないように神経質に
なっているが、そのかわりお昼は栄養を考えて食べるようにしている。おかげで退院し
てから三ヶ月あまり、糖尿薬は飲んでいない。「大量に輸血したから、悪い血液が押し
出されたのよ」と妻は言うが、血糖値が普通人と変わらず安定しているしおかしな症状
も出ていない。あとでドカンと来るのが嫌なので3月2日に昭和病院の予約を取った。
帰宅途中、花小金井駅そばの西友でお刺身を買った。ここの魚は毎日かなり良いのだ。
小平駅前の西友とはまったく違って広く、食料などはすごく買いやすいのでよく来てい
るスーパーなのだ。さて、明日は「ホネ休みデー」とした。そして夜は西荻の「テラ」
へ「デッドマン・ウォーキンズ」を見に行くのだ。西荻のテラというお店は初めてで、
これから検索して見つける積もり。皆さんもいかがですか?

友人たちからのお知らせetc.!リルコミだあ

午前10時すぎまで雪がぱらつき、もっと積もっていよいよ車の行動もダメになるのか
と思ったら、お昼ごろにはお日様も雲から顔を出していい天気になった小平だった。
夕方には積もった雪も全部消えてただ寒いだけの味のない世界に逆戻り。こんばんは。

きのうは朝日新聞について書いたら、朝日新聞ファンとも思える方々からメールをいた
だきました。しかし、ずいぶん前にニューヨークヤンキースの「松井秀喜」選手の成績
が悪いと書いたときに比べると量的には10%でした。あのときはいっぺんに30本も
メールが届いてビックリ仰天しました。さて、俳優の藤田まことさんが死去しました。
私にはフジテレビ「剣客商売」の秋山小兵衛役が渋くて好きだった。あとは当たり役の
「必殺」シリーズ中村主水役だった。しかし、何と言ってもテレビ「てなもんや三度笠」
で、確か日曜日の午後6時に始まったように記憶しているが、高校生だったが家にいる
ときは必ず見て大笑いしていた。享年76才。大動脈破裂が死因らしい。合掌。

各所で活躍する友人から「お知らせメール」が届いています。以下はメールの中身その
ままに公開させていただきます。お時間と懐具合がちょうどいいときは是非ともご高覧
いただければ幸いに思います。

★評論家鈴木カツ氏よりの講座においでメール

♪ご無沙汰しております。
久しぶりに明大リバティアカデミーの
講座を担当します。
皆様のご参加をお待ちしております。

♪場所ですが、
御茶ノ水の明大リバティビルです。
申し訳ありませんが、
有料で、受講料*(15000円)です。
カツ

昭和ポップス文化史
─洋楽と呼ばれていた頃の懐かしいポップスの変遷─

第1講 5/15(土曜日)15:00~16:30
「洋楽ことはじめと、ラジオ・ヒット番組の歴史」
第2講 5/22(土曜日)15:00~16:30
「ウェスタン・ブームとロカビリー・ブーム」
第3講 5/29(土曜日)15:00~16:30
「映画音楽ブーム」
第4講 6/05(土曜日)15:00~16:30
「甘いヴォーカル&コーラスの大流行」
第5講 6/19(土曜日)15:00~16:30
「インスト&エレキ・ギター&ブームの原点」

詳しい内容は、ここで
(https://academy.meiji.jp/shop/commodity_param/ctc/20/shc/0/cmc/10120020/backURL/+shop+main)

お知らせ
 3月10日、白夜書房より拙書『ボブ・ディランのルーツ・ミュージック』が、
ディラン来日記念として発売されます。

新刊『ロック&ポップス名曲事典300』(ヤマハ・ミュージック・メディア)
http://www.chuya-online.com/products/40016/index.html
『ボブ・ディランを語りつくせ!』(ヤマハ・ミュージック・メディア)
『こだわりアメリカン・ルーツ・ミュージック事典』(NHK出版)
『洋楽で育ったぼくらの話』(エイ出版)

そうそう『ボブ・ディランのルーツ・ミュージック』(白夜書房 3/10発売)
ですが、ディランをたたき台に!?して、アメリカン・ルーツ・ミュージックを
分りやすく解説したものです。
ディランが好んだスタンリー・ブラザース、ビル・モンロー、ニュー・ロスト・
シティ・ランブラーズ、ウディ・ガスリー、ランブリン・ジャック・エリオット、
その他ジンさんが大好きだった 音楽、ミュージシャンがたくさん登場します。
ご期待下さい。いま初稿校正が終わりました。
数年前からディランは。スタンリー・ブラザースの「エンジェル・バンド」、
その他のヒッと曲をよく唄っておりました。

PS;ゆっくりと飲みたいですね?

明大リバティアカデミー講座/鈴木カツ

★先日、バッキンタウンで麻田浩さんのユニットで活躍したタローからライブのお知ら
せが届きました。お仲間サトンパスさん曰く、「タローのうどんはプロも真っ青の極上
だよ」と評判です。近いうちに食べてみたいなと思いました。以下はタローメールです。

寒いですね、皆さんお元気ですか?
Mandolin弾きTaroのライブのお知らせでございます。
BCCで失礼します

関西から、café manoucheや、トリユニットなどで活躍するミュゼット/マヌーシュ
スイングジャズギタリスト
川瀬眞司さんを迎えて、僕のマンドリンと2人でデュオのライブをやります

このライブがジャズっぽくなるか、ブルーグラスっぽくなるかは始まってみないとわ
からないですが
いずれにせよ楽しみです。
会場で待ってま~す

2月19日(fri.)
下北沢 LaCana
03-3410-0505
http://www1.ttcn.ne.jp/LaCana/
open  7:00
Start  7:30
adv y2,000+1drink order
door y2,500+1drink order

2月20日(sat.)
四谷三丁目 Pocotan
03-3358-7718
http://pocotan-hp.seesaa.net/
open 7:00
start 8:00
door y2,000
(あれれ、明日と明後日という緊急ではないか!)

★こちらは毎度お馴染み「バンジョーひとり旅」北村謙さんからのライブ告知メール
です。元バックスバニーの五十川清さんが亡くなったの知らせに驚きました。バックス
バニー時代に数回お会いしたことがあるので、いきなり35年前が蘇り、あの明るい笑
顔とロングヘアーが目の前に浮かんだ気がしました。55才で逝くなんて早すぎる。
以下は謙ちゃんのメールです。五十川清に合掌です。

2010年1月19日、55歳の若さで五十川 清が旅立ちました。
ばっくすばにいでプロデビューした時から少年倶楽部まで
音楽の同士として一緒に歩き続けた彼。
ほかにも数え切れないセッションを残しました。
彼のことが大好きだったミュージシャンたちと、
にぎやかに見送ることにしました。
 北村 謙
2010年2月19日(金)~ ありがとう! 五十川 清 ~
拾得  京都市上京区大宮通下立売下る菱屋町
 
北村 謙・KA-JA & jammin'・ゴトウゆうぞう・あらい舞・マックス・
福井秀彦・森巧美・三好ひろあき・木崎 豊・西沢和弥 ほか
 
開場 17:30
 (お店の開店時間です。軽い食事も出来ます。)
 
開演 18:30
 前売 / ¥2500 当日 / ¥3000
 
お問い合わせは 075-841-1691 拾得
 
HPからのご予約は
http://www.officeken.net/orderform.html
############################################################################
2010年2月20日(土) 北村 謙 Banjo ひとり旅 
 
蔵武D  奈良市西新屋町43番地 奈良オリエント館内
 
開場 19:00 開演 19:30
 前売 / ¥2500 当日 / ¥3000
 
お問い合わせは 0742-24-9081 蔵武D
 
HPからのご予約は
http://www.officeken.net/orderform.html
############################################################################
2010年2月28日(日)北村 謙 Banjo ひとり旅
 
もっきりや 石川県金沢市柿木畠3-6
 
北村 謙(Banjo/Vocal)
 石川尚人(Guitar/Vocal)
 
開場 18:30 開演 19:00
 
前売 / ¥2500 当日 / ¥3000
 
お問い合わせは 076-231-0096 もっきりや
 
HPからのご予約は
http://www.officeken.net/orderform.html
############################################################################
2010年3月10日(水) 

ライブラリー フォーク コンサート
『ようこそ!午後の音楽室へ』の第8回 
 
大津市立和邇図書館 会議室 JR 湖西線和邇駅下車 徒歩3分
 
開場14:30  開演15:00   終演16:00(予定) 
 
入場無料 限定50人です。
前もって図書館で電話予約ができます。
(受付開始日時2月16日)
 
お問い合わせ・ご予約は 077-594ー2050           
 
主催 大津市立和邇図書館
############################################################################
2010年3月13日(土) 『北村 謙 Banjo ひとり旅』  ゲスト 未定
 
5th street  吹田市泉町5丁目1番39号
 
開場18:00  開演 19:00   前/¥2500  当/¥3000
 
お問い合わせは TEL 06-6386-9114
 
HPからのご予約は
http://www.officeken.net/orderform.html
############################################################################
            

















朝日新聞によるトヨタプリウス他についての報道ぶり!リルコミだあ

強烈に寒かったきょうの小平だった。きのうの夜、親父に手紙を書いてポストに
投函したときは粉雪が降っていたから明日は寒くなるなと予想できたがこんなに
寒いとは。こんばんは。

きょうの夕刊(朝日新聞)にも「米、トヨタを本格調査/リコール制裁金最大14
億円」の見出しが付けられた記事が一面に掲載されていた。プリウスについてはリ
コールをしているのにまだ書くのかと思ったら、米国内における大規模リコールに
ついて云々と書いてあった。もうほっとけばと思いつつ読んだが、アメリカの運輸
省はトヨタがリコール対応に対して問題があれば「制裁金」を科すと言っていると
書いてあった。腹が立つことに当然無記名だ。どうやら朝日新聞は、読者としての
印象では小沢民主党幹事長とトヨタをターゲットに徹底的して書くつもりらしいと
思った。小沢幹事長のときは不起訴が決定したあとからも尚、世論調査を中心にし
て「小沢憎し」記事と思われるものを数日徹底して書いていた。もちろん、記事は
去年3月に西松建設に関する秘書逮捕から小沢憎し記事は一年にも及ぶ。トヨタも
日本国内ではリコールを10日から実施中である。

小沢幹事長の不起訴が決定した翌日5日の朝刊経済頁に1.「トヨタ苦情隠し否定
/プリウスABSが原因か」と同頁に「リコール影響1800億円/3月期営業黒
字は困難」の記事が掲載されると、今度はその日の夕刊に2.「プリウス無償改修
/新型全車、欠陥認めず」と次第に記事がホットになりつつあった。この日トヨタ
社長が記者会見を行い、米国内でのアクセルペダルが原因の大規模リコールに発展
したことを陳謝した。このとき、新型プリウスにブレーキの苦情が出ているがリコ
ールするかの質問には「どのような処置がベストか精査中」と社長は答えた。そし
て6日朝刊トップにデカデカと3.「トヨタ社長、陳謝/品質問題危機的な状況」
と大見出しが載った。写真もカメラを構える記者に深々と頭を下げるトヨタ自動車
の豊田章男社長だけが写っていた。私の感想はすでに書いたが、「品質問題危機的
な状況」と写真を合わせてみればトヨタが何人も人をひき殺したかのような印象を
持った。これは新聞としては書きすぎでやりすぎじゃないのかと思った。

しかし、2面の時時刻刻きょうがわかる欄には4.「後手続きトヨタ窮地/社長会
見欠陥、最後まで否定/顧客の視点欠如(国交相批判)/説明足りぬ・慢心経営で
は(専門家らも疑問の声)/リコール手続きの図解」が載っていた。3面に移って
も実に丁寧極まりない5.「社説プリウス問題、遅すぎる全車修理の判断/トヨタ
リコールQ&A」このQ&Aでおもしろかった質問は「リコール作業のために、販
売店まで自分で運転して大丈夫なの?」これに対して朝日新聞の答えは「トヨタは
しっかりとブレーキを踏めばきちんと止まるので大丈夫だと説明している。踏み続
けることが重要だ」ははは、笑っちゃうよ。たぶん、このQ&Aは朝日新聞の記者
が作ったのだろう。トヨタがリコール宣言もしていない状況だから、朝日新聞に同
様の質問が来るはずがない。だけどこれって、自動車の普通の乗り方だけど、果た
して欠陥なのかね。しかしこの日はまだ終わらない。経済頁トップにも仰々しい大
きな文字が並んだ。6.「トヨタ、危機管理疑問符/社長会見事故対応鈍さ露呈/
米から批判、やっと会見」この日の朝刊はトヨタバッシング一色だった。

6日に書きすぎたのか7日8日9日と沈静気味のトヨタ記事だったが、トヨタがプ
リウスのリコールを発表した翌日10日の朝刊は凄まじい量の記事が踊っていた。
まず1面トップ、7.「プリウスリコール/トヨタ、計4車種22万台不具合認め
る/社長トヨタは全能ではない/リコール対象になった車種のブレーキ動作の図解」
一般ユーザーに対しての図解に目が引きつけられたが、何でも問題となっているプ
リウスなどは、停止目標まで12.9メートルだとすると、プリウスなどは停止目
標まで13.6メートルかかる。つまり目標とぶつかるという図解だった。図解に
は説明があった。目標に停止するにはブレーキの踏み増しが必要。どれだけの力か、
は一般的なABSが1だとすると問題のブレーキは1.5、つまり5割り増しの力
が要るのだそうだ。本当かいな。以上が1面に掲載され、2面には8.「トヨタ一
転低姿勢/社長これも私流のカイゼン/(プリウスリコールは)米の報道もトップ
扱い」経済面にも9.「カローラに苦情多数/パワステ(ハンドル)不具合/リコ
ールは悪いことではない(前原国交相)他」社会面9.「トヨタ遅いよープリウス
リコール/凍結路滑り事故許せぬ」凍結路では事故が起きやすいが、それがプリウ
スユーザーの会社員、土屋さん(35才仙台市在住)が1月14日に追突事故体験
を証言している記事があった。

まだ他にもあるが書き写すのがバカバカしくなってきたので中止する。しかし、こ
れだけの量の記事はトヨタ自動車にとっては、たぶんある日突然、土石流が流れて
きたような体験だろうと考えた。見出しを全部読むと「悪者トヨタ」というイメー
ジが頭に記憶させられる。ちょうど小沢幹事長が不起訴になってからトヨタの追求
を始めたように映るが、国民になりかわって新聞が巨悪を暴くなどと格好がいいよ
うに見えた。そんなタイミングではある。しかし、毎度思うことは記事の行間に
「偉そう」な匂いが漂うことである。今回のトヨタバッシングについては、同じ利
益追求企業としてはあまりにも無遠慮ではないか。言葉の発信元が何を書いてもい
いと考えているように私には取れる。小学校5年と6年の間、親戚の新聞店の配達
を手伝ったことがある。もちろん地方紙がメインだが、中に朝日新聞を購読してい
たお宅が一軒だけあって、それが子供心に不思議に感じて、そのまま刷り込まれた
ように東京に来てからは迷わず朝日新聞を購読した。

近ごろといってもここ三年は不思議に「世論調査」をして政治にカツを入れている
ように感じていたが、民主党が政権交代してからも「世論調査」と称して毎月のよ
うに新聞テレビで発表している。これについては良くも悪くもないと言えるが、日
本には世論調査会社などは無いと思う。テレビの視聴率会社もニールセンとか米国
の会社に頼っている。新聞やテレビは自前でやっているが、正確かどうかは別にし
て、私はとどのつまり選挙に勝る世論調査はないと考える。トヨタから少し脱線し
ました。プリウスにも「不具合」が見つかって、トヨタは謙虚にただいま全力でリ
コール中だけど、トヨタの商売根性に私は拍手を贈るものである。ブレーキの不具
合といってもあれは「トヨタの新技術」である。それをバッシングするなんて朝日
新聞には記者がいないようである。小沢幹事長の問題でも新聞各社及びテレビ各社
には「経理マン」がいなかったようにである。長くなりました。





















PAUL SIMON AND FRIENDS at Warner Theatre !リルコミだあ

連日の寒さに凍る小平ですが待ちきれない早咲きの梅が市内あちこちで咲き始めました。
こんばんは。

28才になった我が家の長男が来月独立をすると聞いていたが、きのうの朝「明日カギを
もらってくる」と言ったので、私も賃貸契約をした小金井市のアパートに妻と行ってきた。
つまり、実地検分というわけである。アパートは1ルームでバストイレ付き2階の角部屋
だった。小金井駅から徒歩6分で賃借料は4.8万円とのこと。小平市内では1ルーム3
万円っていうところもあるが、小金井だったら安い方である。3月分の前家賃+2月分家
賃の日割り+不動産店の手数料+礼金+敷金+消費税などで30万円弱かかったという。
真新しいフローリングの上で寸法取りが終わって、「えらいなあ、やっていけるか」と言
うと「大丈夫だ」と力強い答えが返ってきた。我が家からの独立第一号というわけだ。早
速、親子で「ベッドを見たい」という長男と新青梅街道沿いにある「島忠」へ行った。お
店は去年夏に新装オープンしたばかりですべてが真新しく、店員も以前とは違ってやたら
に丁寧で親切だった。そのせいか、「超お買い得品」だという5万円のベッドをお奨めさ
れるままに買ってしまったのだった。我が家はすべて布団生活なので、ベッドを見たいと
長男が言ったとき私がいちばん喜んでいた。お金を支払うのは長男なのに「これに決めよ
う」と、うっかり自分が買っている気分になっていたから大した親父である。配達日など
を決めると妻と長男は細々としたものを見るために階下へ降りていったが、私は仕事の携
帯にしばられて動けず。午後2時前に帰宅するとバンクーバー・オリンピックのスケート
で銀銅のメダルをゲットのニュース!縁起がいいではないかと喜んだ。

  
去年7月に来日したばかりのポール・サイモン。これは07年5月23日、ワシントンD
Cの「ワーナー劇場」で開かれた「第一回ガーシュイン・プライズ・フォー・ポピュラー
・ミュージック賞」にポール・サイモンが選ばれたことを記念して制作されたDVDであ
る。日本発売は去年7月だったと思うが、実は妻がお買い求めた品である。すぐにここで
紹介をしようと思っていたがすっかり忘れてしまい、おとといの日曜日「なかのゼロホー
ル」で開かれたモダン・フォーク2010のコンサートで、サイモン&ガーファンクルを
長年カバーしてきた「The Roving Gamblers」を見ていたとき、彼らが歌った「ボクサー」
を聞いて「ハッ」と閃き、思い出したのだった。DVDのタイトルは「PAUL SIMON AND
FRIENDS / THE LIBRARY OF CONGRESS」というものだから、豪華絢爛なゲストが総出演。ま
ず主なところではライル・ラベット、ジェイムス・テイラー、スティーヴィー・ワンダー、
ジョージ・ハリスン(76年サタデーナイトライブでの共演)、フィリップ・グラス、そ
してアリソン・クラウス&ジェリー・ダグラスが「ザ・ボクサー」をやっている!ポール
・サイモン・バンドは、スティーブ・ガッド(ドラムス)、クリフ・カーター(ピアノ)、
ジム・ヘインズ(トランペット)、アンディ・スニッツアー(サックス)、パキティ・ク
マーロ(ベース)、ヴィンセント・ンギーニ(ギター)
曲目/恋人と別れる50の方法/ボクサー/母と子の絆/アンダー・アフリカン・スカイ
/ホームレス/ミセス・ロビンソン/スリップ・スライデン・アウェイ/水曜の朝、午前
3時/ザット・ウォズ・ユア・マザー/早く家に帰りたい/時の流れに/コンドルは飛ん
で行く/追憶の夜/哀しみにさようなら/何かがうまくいく/59番街橋の歌/グレイス
ランド/シューズにダイアモンド/明日に架ける橋/ファザー・アンド・ドーター/僕と
フリオの校庭で/母から愛のように/サウンド・オブ・サイレンス
「ボクサー」のエンディングでジェリーが1コーラスを弾いてエンディングという部分に
は惚れました。珠玉のソロです。



















バンクーバー冬季オリンピック開幕!リルコミだあ

雪に変わるのではと思わせる氷雨が一日降りつづいた小平からこんばんは。

毎日よくもこんな寒さが続くものだとつい天を見上げてしかめっ面をするけれど、
北国だったらこれが当たり前だから恐れ入る。自衛隊員で北海道の北見駐屯地に
赴任していた甥っ子が我が家に来て、「東京ってこんなに暖かいのか、知らなか
った」と驚いていたことがあった。夜、私と並んで眠ったときも朝には布団をか
ぶっていなかった。このことを聞くと、「北海道の自衛隊員は冬に野営する」か
ら「何ともないす」と言う。体を鍛えるのが第一の自衛隊だから、「おじさんも
10日ぐらい試し入隊しますか」と笑った。ここのところ寒くて体力的にバテ気
味なのでふと甥っ子を思い出した。

バンクーバー冬季オリンピックが開幕した。私の関心は純ジャンプ競技だが、早
速ノーマルヒル(70メートル級)が行われて日本勢は入賞も出来ずに惨敗だっ
た。今回は若手3人ベテラン2人という選手で臨んだが、ノーマルヒルではベテ
ランの岡部選手が出場しなくて、竹内、栃本、伊藤、葛西が出場した。結果は若
いオリンピック初挑戦の竹内、栃本の二人は予選落ち、決勝でも伊藤、葛西とも
に20位前後の成績だった。寝ないでテレビの前でがんばって見終わったら、何
と土曜日の朝、4時半だった。悔しさと空しさが残る体はすぐには眠れず、二時
間もうろうとしたあと朝食を食べて仕事に行った。「ビデオに録ればいいのに」
とはいかないのだ。生、ライブで見ないと気が済まない。

サッカー「東アジア選手権」最終日がきのう14日、国立競技場で男子の二試合
があった。結果は中国は香港を2-0で破り、2回目の優勝を飾った。もう1試
合韓国対日本は3-1で韓国の勝利。この結果、韓国が2位となった。この試合
に負けた日本代表監督おかちゃんは「チーム造りが一週間遅れた。チームに緩み
があった」と敗因を弁解した。しかし、先日の対中国戦では0-0で引き分けた
が、私にはこれでは韓国には負けるだろうと予想が出来た。おかちゃんは選手間
に緩みがあったと認めたが、それはイコール、選手と監督のコミニュケーション
不足なわけで、選手をきっちりと掌握していないおかちゃんの実態が浮かぶのだ。
W杯予選のウズベキスタン戦の接戦でも感じたが、おかちゃんでは荷が重すぎる。

きのうの日曜日昼下がり、JR中央線中野駅近くの「なかのゼロ」へ妻と「MODE
RN FOLK 2010」を見に行く。西館ホールへ着いてみると、かつて「ジョン・ハー
トフォード」コンサートを主催した場所に気付く。午後2時開演のトップバッタ
ーは「KENT」、去年結成40周年記念コンサートを開いたばかりだ。荒木一郎の
「空に星があるように」や得意のヨーデルで満員のお客さんに受けていた。二番
手はキングサイズトリオ休止で出来上がった「MOD-Ki」擬きなんだよとメンバー
の林くんから聞いていたが、キックオフは「サンフランシスコ・ベイ・ブルース」
エレキギターとアコースティックが融合した良いアレンジが光っていた。休憩を
挟んでようやく目当てのウエファが登場。フォックス・オン・ザ・ラン~母から
の便りなど当たりナンバーが気持ちよかった。


The Way-faring Strangers

出演バンドは1.KENT 2.MOD-Ki 3.Rany Blue 4.WEAVERS Again 休憩
5.The Roving Gamblers 6.The Way-faring Strangers 7.Mash ☆ Liquor
の7バンド。料金2,500円 満員 コンサートは午後5時すぎに終了


「パフ」でフィナーレ




「麻田浩&WAKATE」アット・バックインタイム・ライブ!リルコミだあ

連日の雪に見舞われた小平も最低気温の更新らしいが、ひっそりと咲き始めた梅の花に
雪がかぶさって全部白くなってかわそうだなと眺めていました。こんばんは。

きのうは仕事が長引いて現場から帰宅したのが午後6時。着替える時間も惜しい気持ちで
妻と新宿曙町のバッキンタウンへ出かけたため、失礼ながらブログをお休みにしました。
国分寺市恋ヶ窪という色っぽい名前の町名に建った新築現場だったが、フローリング床が
ドイツのオスモカラーで着色、仕上げも「オスモ・ウォッシュ&ケアー」でやるというも
のだった。天然素材とはいえかなり特殊で、私も監督も初体験。しかもウォッシュ&ケア
ーなるものが手違いで現場に到着していなかった。「どうも特殊なもののようで、仕入れ
先がもたもたしてねえ」東急ハンズにはあるらしいが、きょうは行く時間がない。でも、
「普段通り水拭き」だけでいいかもね、と気軽に構えていたのが結果的に敗因だった。ク
リーニングの大詰め、フローリングを水拭きするがすぐに表面が乾きカサカサ状態に戻っ
てしまう。いかにも上手くいかない。ウォッシュ&ケアーなるものが解決してくれるのか
と、床を見つめながらあーでもない、こーでもないと議論して時間をロスしたのだった。
結局、仕入れ先にあることが判明して来週吉日、監督自ら施工することになって落着。世
の中の進歩を甘くみてはいけませんと教えられた気分だった。

きのうは「麻田浩&WAKATE」のライブだった。麻田さんは去年の箱根フェスに出演中、1
曲目が始まった途端に崩れるように倒れてしまい、そのままバックメンバーであるWAKATE
に稲荷山公園の自宅まで運ばれるという「事件」があった。その後病院の検査を受けてま
ったく異常なしとの診断をもらったが、ご本人によると「水分不足がたたって倒れた」と
単純なものだった。「朝から夜までビールを飲みっぱなしで、水分をほとんど取らなかっ
た」ことが原因で体のバランスが狂ったということはまさに教訓で、フェスマニア諸君は
ご注意を。オープニングで麻田さん、満員の聴衆に「今回は箱根フェスのリベンジです」
とご挨拶。一部はブルーグラス&カントリーで、二部ではシンガーソングライターと自分
の曲をやりますとつけ加えた。WAKATEのメンバーが素晴らしく、マンドリンにタロー、フ
ィドルがケンスケ、ギターに古橋一晃、バンジョーが今村日利、ベースに北大OB近藤友
宏と豪華なユニット。ドリー・パートンも歌ったルービン・ブラザースの「CASH ON THE
BARRELHEAD」はバンドの音になっていると思えるほどかっこよくまとまっていた。二部の
オープニングは大好きだというミシシッピ・ジョンハートのナンバーを歌ってソロの健在
ぶりを示した。本格的に動き始めた麻田浩のリアルな姿を見ることが出来たライブだった。






「MOUNTAIN MUSIC BLUEGRASS STYLE」!リルコミだあ

きのうの春の暖かさは吹っ飛んで小平は真冬に逆戻り、雪の可能性もあるらしい。
こんばんは。

きのうはトヨタ批判を独走する朝日新聞を批判した記事を書いたらコメントでサト
ンパスに励まされて気を良くして、次にメールを見るとトヨタのプリウス問題で
「朝日新聞の異常」ぶりについて数本のメールをいただいた。中には「新聞を信頼
出来るのは配達人だけ、あとはただの偉ぶる社員だけ」というのがおもしろかった。
偉ぶってるという部分は朝日新聞の特徴だ。天声人語などはそれの典型である。
まあしかし、ここのところ仕事が混んで目が回るほどに忙しくて根性を入れる記事
を書く体力が不足している。そのうちに書こうと考えている。


このCDをご存知だろうか。1958年から1959年にかけてレコーディングさ
れて1960年には発売されたと思われる「Mountain Music, Bluegrass Style」
である。先日、BOMからの「ニュースレター」を読んでいるうちに発見!してす
ぐに注文、ただいまベストの愛聴盤となっている。このレコード(当時)で、ブル
ーグラスを学んだというブルーグラスファンも少なくない。かのデビッド・グリス
マンもこのレコードによってブルーグラスに恋したと語っていた。

1. Katy Hill-Tex Logan
2. Katy Cline-Stover, B.Lilly, C.Anthony
3. Short Life Trouble-Earl Taylor and the Stoney Mountain Boys
4. The Philadelphia Lawyer-Bob Baker and the Pike County Boys
5. Little Willie-Bob Baker and PCB
6. Leather Britches-Smiley Hobbs
7. Natchez Under the Hill-Tex Logan
8. Old Joe Clark-Yellin, Seegar, Weissberg
9. There Ain't Nobody Gonna Miss Me When I'm Gone-Stover, B.Lilly, Anthony
10.Whitehouse Blues-Earl Taylor and the Stoney Mountain Boys
11.They're At Rest Together-Earl Taylor and the SMB
12.Foggy Mountain Top-Earl Talor and the SMB
13.Nine Pound Hammer-Smiley Hobbs
14.Cricket on the Hearth-Anthony and Stover
15.New River Train-Anthony, Seeger, Yellin
16.Fox Chase-Earl Talor and the SMB
17.Feast Here Tonight-Bob Baker and the PCB
18.Snow Dove-Bob Baker and the PCB
19.Drifting Too Far From the Shore-Bob Baker and the PCB
20.Rocky Run-Stuart, Kuykendall, Hobbs, Gray
21.Bile'em Cabbage Down-Stover, B.Lilly, Anthony
22.All the Good Times Have Past and Gone-Earl Taylor and the SMB
23.Sally Ann-Earl Talor and the SMB

発売元はスミソニアン・フォークウェイズ・レコーズ。

トヨタプリウス他リコール決定にもの申す!リルコミだあ

先週の寒さがウソのようにきょうの小平は春がきたように暖かかった。こんばんは。

きょう午後、トヨタがプリウス他をリコールしたという記事が夕刊に載っていたが、
これについては日にちを改めて私の感想を書くけれど、今回ばかりは日本のマスコミ
とバックにいると思われるアメリカにやられたという印象があって悔しくてしかたが
ない。私のところは朝日新聞だけど驚いたのは6日の朝刊に、トヨタの社長豊田章男
氏が深々と頭を下げていた。写真のフォローの見出しには大きなゴシック文字で「ト
ヨタ社長、陳謝」とあって、ご丁寧に「品質問題危機的な状況」とタイトルが書いて
あった。何が危機的なんだと朝日新聞に説明してもらいたい。こんな見出しを付ける
と凶悪犯人がつるし上げの図となんら変わらない写真になっているではないか。これ
を説明しろと言いたい。先週までは小沢民主党幹事長問題で検察の暴走だと騒がれた
が、朝日新聞は小沢幹事長とこのトヨタ問題で明らかに検察の上をいく暴走をしてい
る。新聞テレビの世論調査を武器にやりたい放題だ。ペンの暴力で日本の経済を貶め
ようとしていることは明白だ。ぼくら車好きを敵にして本当にそれでいいのか。感情
的になっているのできょうはここで終わります。なんちゃってね!

モダンフォーク・コンサートが中野で開かれるゾ!リルコミだあ

つかの間の暖かい日が天からプレゼントされてホッと一息ついた小平からこんばんは。

先週は忙しくてスケジュール調整が間に合わず、きのうの日曜日まで現場で働いた。
きのうは強風もおさまって弱風の呈だったが、前日の土曜日は冷たい北風がビュービュ
ー吹いて、外でガラス拭きをしていると指の感覚がなくなりそうになって慌てた。すぐ
にゴム手を外して両手を喉の下に当てて温めたが、それくらい凍えた。新築の現場で
土方屋さんたちと「釣り話し」に花が咲いた昼食後、にわかに雲が出て強風が吹き、
午後三時すぎには気温がどんどん下がった。「きょうはもう上がろうや」と土方屋さん
たちが引き上げると計ったように北風が荒れ狂った。時計を見ると午後四時前。遮る物
は何もない場所に建った新築住宅は窓ガラスになぜか鳥のフンがあちこちに付いてしま
い、ついでにガラス全部の外側清掃となったのだ。しかし、周りを見ると電線にカラス
がいた。「あのカラスたちがフンをした。またやるから掃除したって無駄だよ」とは
土方屋さんたちの意見。私が5メートルもの長い竿でよろよろしながらの作業を見て
いた土方屋さんたちが笑い含んだ声で忠告してくれたのだ。寒すぎるので引き上げよう
か迷っていると、新築に住む奥さんが玄関から出て来て、「きょうの仕事はこれ以上
無理です」と言ってくれたので、少し残ってはいたが有難く退散することが出来たの
だった。奥さんは、あっちの方で「カラスにエサをあげている農家がある」と指差した。
帰る途中、50メーターくらいの距離に奥さんが指差した農家があって、大きな立木に
黒いものがどっさり不気味に存在していた。他の立木にもいた。50~60羽くらいか
カラスの大群だった。明らかにエサを根拠に集まったものだろうと思った。これから
この農家周辺で何か起きるのかも知れない。それほど異常にカラスが集まっていた。


「古いギターに弦をはろー」のキャッチフレーズで知られるモダンフォークのコンサー
トが今週14日(日)午後、「なかのZERO」西館小ホールで開かれる。詳細は以下
の通り。出演バンドは*KENT*The Kingston Mark Ⅲ*Mash Liquor*Mod-ki*
Rainy Blue*The Roving Gamblers*The Way-faring Strangers*The King Size Trio*
WEAVERS again が予定されております。チケット¥2,500.(全席自由)
「なかのZERO」本館と西館とが並んでいますが、西館小ホールの方です。場所は
中野駅南口から線路づたいに新宿方向へ八分歩くと右側にあります。開場は午後1時
30分 開演午後2時となっています。お問い合せはメール pamf@pamf.sakura.ne.jp











きょうの現場は超モダンな正方形新築住宅だ!リルコミだあ

連日の快晴だった小平からこんばんは。

先日雪で路地に入れずに延期になった新築現場へ。行って見てデカさによろめいて
しまったが、真四角の洋風建物が地上二階地下一階エレベーター付き。「これは一
日では仕上がりません」と監督に言うと、「こっちもその積もり」だと言って「明
日まで」オーケーよと今回は寛大なお返事だった。大工さんが玄関ドアにしがみつ
いていた。「どうしたのですか?」と尋ねると、「玄関ドアも注文で」いま組み立
てているという。「ここは細かいところまでお金をかけている」仕事をはじめたら
解るよと言って笑った。床を除いて全体が真っ白。若い口から先に生まれてきたよ
うな建具屋さんが大儲けしたんじゃなかろかと思ったが、棚からテレビ、エアコン
までことごとく建具でカバーされて、ドアをポツッと開けると壁からテレビやら色
々な機器が出て来るという懲りようだった。ガラスもデカイのが2枚入っていた。
しかし、ガラス外側を作業するときの足場は外れていた。足場撤去を「間違えちゃ
った」と監督。「何とかして」とお願いされたが、ハテどうしよう。床はフローリ
ングだったが、ワインカラーの板は特別注文で色の中に漬けて色付けしたとか。ま
あ、それにしてもお金がいちいちかかっていた。あるところにはお金があるのだ。
きょうは電話の多い日で、リルコミを書きながら電話に出て戻ると文章がハチャメ
チャになって元に戻すのに非常な労力が要るのだ。さっきなど、来週金土の現場を
打ち合わせたら、きょうやって来た現場とダブってしまい、長い時間頓挫して書け
なくなっていた。予定では先日購入したCD紹介をする積もりが、すっかり書こう
という意欲が冷めてしまった。こんな日もあるのだ。というわけでまた来週だよ。

トヨタ、新型プリウスにも異常が発生!リルコミだあ

真冬の寒さが続いている小平ですが、夜中にまたも雪が降って薄く積もっていました。
今週は寒さとの格闘してます。こんばんは。

トヨタ自動車のピンチが続いている。今度は日本国内のニュースだ。新型プリウスは
「ブレーキが甘い」問題が出てしまい、トヨタは副社長が前面に出て監督機関の国土
交通省に出向くなどして沈静化に務めている。新型プリウスといえばトヨタの大エー
ス級の売れに売れている車種である。「ハイブリッド」路線の花形なのだ。その大エ
ースに、スロー走行になると「ブレーキが効かない、効きが悪い」というユーザーか
らの苦情が多数ディーラーなどに届けられているそうだ。しかし、きょうの朝刊によ
ると、問題のブレーキは1月以降に製産した車からすでに対策済みであると記事が伝
えていたので、とりあえず原因対応は終わっていることになる。しかし、問題は「ブ
レーキの効きが悪い」というユーザーの声が表面化したことだ。車にとってのブレー
キ問題は販売に於いておよそ致命的となる。今後、販売には影響が出ることは必至で
まさにピンチといえよう。アメリカをはじめとした外国ではアクセル問題が起きてい
る。国内ではあり得ないだろうと思われていたのが、まさかのプリウスに問題が出た。
内外でダブルパンチの呈であるが、是非とも問題解決クリアしてほしい。

我が家のサッカー小僧はこの3月で卒業となるが、就活はまったくする気配がなく当
然、4月以降のスケジュールは白紙になっている。工学院八王子サッカー専門課程と
いうのが通学している学校名だが、そこに企業からの募集はまったく来ていないのか
といえば、そうでもないのだ。例えば茨城県のサッカーを強くしたい学校や山梨県で
も同様の募集があるという。やはり地方の小さなサッカークラブからも募集は来てい
るよとサッカー小僧から直接聞いて、実際に募集一覧を書いたペーパーも見せてもら
った。その中の「コーチを派遣する会社は行った」が、落ちた。「何しろ募集は少な
く」応募は滅茶苦茶に多いのでコネとかないと厳しい。この募集一覧は全部厳しいん
だと言った。要するに就活するだけ無駄だというのだった。人生いろんな場面で運不
運がついて回るけど、個人ではどうにもならない大不景気に出会うとはまったくの不
運だ。4月以降について話し合わないといけないなと考えているこの頃なのだ。しか
し、「ショップの店員でもいい」とサッカー小僧は言う。しばらく待てば本人から何
か言って来るのかも知れないが、世の中が若者に機能していないことは残念だ。











節分で浅草寺へ行く!リルコミだあ

雪を降らせた雲が通り過ぎてきょうの小平は朝から晴れました。こんばんは。

きょうは節分。朝青龍問題が大きくなり、呼んで豆を蒔いてもらおうと企画した
お寺などは来てもらえたのだろうかと浅草寺にお参りしていて思った。ちょっと
仕事で寄るところもあったので車に乗って妻と浅草へ。新青梅街道から環七を通
り、板橋で川越街道にチェンジ、池袋を過ぎて春日通りを通って、大でしのば
ず通りを左折、あとは道なりで根津~鶯谷(言問い通り)~浅草着。浅草の少し
前の入谷で旧ジューンアップル跡を見学に行くと、そのアパートはまだ健在だっ
た。三階建てのアパートはかなり古く、いまにも倒れそうだった。地震が来たら
危ない。大屋のおばちゃんに声をかけようかなと思ったが、30年ぶりでは相手
がかわいそうだと考えてやめる。表札には一人娘が結婚したのか、名字の違う名
前が「佐藤」のとなりにあった。ふと目の前のビルを見ると、一階にはお蕎麦屋
さんがすっかりリニューアルされていた。外の四角い照明に書かれた「むさしや」
の文字を確認すると、「あ、あのお蕎麦屋さんだ!」三階建てのビルに変身した
んだわと妻。すぐに店内に入ると昔の面影ゼロ、和風なお洒落満載のおそば店に
変わっていた。忙しく立ち働く厨房を覗くと懐かしや、老けた店主と奥さんがい
た。「どうも」とご挨拶。奥さんが思い出したらしく、パッと表情を見開き、「
あーッ、どうもどうも」と私が誰なのか解ったらしい。「節分なのでお参りに来
た」というと笑顔で「ありがとうございます」の返事。浅草寺からちょっと離れ
たここ竜泉寺でも感謝の言葉をいうのに触れて、地元に戻った気分になった。浅
草寺はただいま改装中で本堂全体がシートにグルッと覆われて、正面には大きな
金龍の絵が書いてあった。「金龍山浅草寺」というわけだ。今年は長男が3月に
独立予定なこともあって、入念にお参りをした。大きな祭壇の上から「まかせて
おけ!」と私だけに言ってくれたような気がして大満足。浅草寺境内はお正月が
過ぎて平静を取り戻した感だったが、欧米人やアジアからの旅行者が相変わらず
多い様子。ここのお坊さんになって奮闘中の友人に携帯しようかと考えたが、ふ
とお経を読んでいる最中だったら失礼だと思い断念。久しぶりの浅草は心から落
ち着けた。浅草寺裏のパン店「あんです」で塩あんぱん、あんどーなつなどを購
入、車中で千切って食べた。プーンと漂うパンのにおいに混じって、何ともいえ
ない浅草の味がした。

小平は初雪のうえ積雪となった!リルコミだあ

とうとう小平にも初雪が積もり家から一歩外に出るとそこは冷蔵庫状態となって
本格的に寒く凍えてしまいそうだ。こんばんは。

きょうは新築現場に入る予定だったが、小平は一歩路地にはいるときのうの夜に
降った雪が積もったままで滑って入れないことが判明。監督から「作業中止」の
知らせが届き、うれしいお休みとなった。昨晩、我が家の長女が帰宅した頃はミ
ゾレ程度だったのに、夜中に雪になって積もったのだった。おかげで途端にのん
びりと朝をすごして午前10時に外に出ると、玄関前はカリカリと煎餅が壊れる
音がしてアイスバーン状態。駐車場の車を見ると、ルーフやウィンドウに10セ
ンチほどの雪が乗っていた。何やら雪だるま風だったが、それにしては雪が足り
なくて迫力不足だった。我が家の玄関も駐車場も北側だからほとんど降った雪が
溶けていなかった。注意を払ってそろりと動き出しに成功。アイスバーンに乗る
と一気にハンドルが軽くなった。しかし、のろのろと問題なく団地の路地を抜け
た。これから一橋学園商店街のブティックまで請求書を届けに行くのだったが、
本道に出ると対向車は端っこの雪を避けてセンターラインをオーバーして向かっ
て来る。見るからにご老人のドライバーが、走行している自転車を追い越すこと
が出来ず、私以下のろのろ運転となって学園駅まで付き合った。東京に雪が降る
と色々なところで思いがけないマヒが起こる。せっかくの思いでブティックに着
いてみれば、何と臨時休業だった。では裏の自宅へとまわるとそこも留守。どう
やらテキは雪を幸いにどこかへ繰り出したようだった。午後、週間朝日を買うと
いう妻を乗せて外に出ると、雪はかなり溶けて団地の路地もスイスイだった。明
日は節分。妻と久しぶりに浅草寺へお参りに行く予定なのだ。



古いCDを2枚買った。1枚はレコードを持っていなかったのでBOMの通信で
発見してすぐに買った。JIM & JESSEの「BERRY PICKIN' IN THE COUNTRY」だが、
中身は全曲「チャック・ベリー」のナンバーを歌っているというすぐれものだ。
南部白人バンドが、黒人ロックンローラーの曲を取り上げているアルバムなんて、
南部地域のいったい誰が買うのかいと考えたこともあったが、1曲目の「Memphis」
から最後の「Back In The U.S.A.」までゴキゲンに楽しめる。いまでこそポップ
ス曲をブルーグラスに直した編集物CDが珍しくないが、この時代は皆無。だか
ら強烈な存在感を放っているレコードだった。バンジョーは先日惜しくもこの世
を去ったアレン・シェルトン。彼が大働きをしてドラムス&ギターをフィーチュ
ア。ライナーノートはチャック・ベリー本人が書いている。
1. Memphis Jim McReynolds:Tennor Vocal,Guitar
2. Maybellene Jesse McReynolds:Lead Vocal,Mandolin
3. Johnny B Goode Ray Edenton:Guitar
4. Sweet Little Sixteen Allen Shelton:Banjo
5. Roll Over Beethoven Lightnin' Chance:Bass
6. Reelin' And Rockin' Jim Brock:Fiddle
7. Brown Eyed Handsome Man Buddy Harman:Drams
8. Too Much Monkey Business
9. Bye Bye Johnny
10.Back In The U.S.A.

CDの表紙がレコードと違っているのではないかと思ったが、オリジナルアルバ
ムを買っていないので確信が持てません。尚、ご存知のように兄のジムは他界し
ました。














ドクターK&ベビーKが大井町「グルパラ」に出演!リルコミだあ

ただいま夕方5時30分すぎだけど冷たい雨が降っている。このまま雪に変わって
明日の朝は一面の銀世界かと期待しちゃっているけど、そうなったらなったで東京
は電車が雪で動かなくなったりでなかなか大変になっちゃうのです。こんばんは。

ドクターKとベイビーKがデュエットでJR京浜東北線「大井町駅」西口の「グル
ーバーズ・パラダイス」に出演します。私も一度は行ってみたいなと思っているが、
一足早く先日、ヒアーズ・フォー・ゼアーズのアキちゃんが違うバンドで出演した
ようです。以下はトクちゃんからのお馴染みメールです。

「徳武です、先日のバックインタウン御好評の内に終わりラストショウ関係のCD
も売れました、有り難う御座います。2月13日(土)古くからの友人の始めた
「The Groovers Paradise」03-6429-9451で息子(BabyK)と二人きりでライブを
します、親戚のオジサンのベースもありません、果たしてどんなライブになるか
私も今から楽しみにしています。スタートは19: 30です。お見逃しなく。」


尚、ミュージックチャージは2,000円+オーダー
そしてテーブルチャージ300円が加算されます。

そのグルーバース・パラダイスの主人は「酩酊 "GO GO" 爺さん」は私のマイミ
クフレンドですが、酩酊爺さんからの情報では2010年度のグラミー賞にレヴォン
・ヘルムの「エレクトリック・ダート」が Best Americana Album Vocal or Instru
mental 部門に選ばれたそうです。パチパチパチ!ザ・バンド時代から変わらず渋い
喉を聞かせるレヴォン・ヘルムだが、ここ二作はより土の香りのアルバムを発表して
いたので、そのうちの一枚がグラミー賞に選ばれた。アメリカはディープ深いですね。


もう一つ。こちらも酩酊爺さん情報ですが、もう存在を忘れかけていたあのジャック
・エリオットがCDアルバム「ア・ストレンジャー・ヒア」が Best Traditional
Blues Album Vocal or Instrumental 部門でグラミーに選ばれる快挙となりました。

彼は通称「ランブリン・ジャック」と呼ばれ、かのウッディ・ガスリーをお手本に各
地へふらりと出かけ、ギター1本を抱えて「トーキングブルース」スタイルでずっと
やり続けています。まさに生きたフォークシンガーそのものと言ってもいいでしょう。
先日の小平コンサートでは須貝重太さんがランブリン・ジャックの曲を歌っていまし
た。また、評論家の鈴木カツ氏は彼の超ファンです。そんな人たちを含めた世界中の
ランブリン・ジャック・ファンにはたまらないニュースとなりました。



「新潟のひげ」さんから、「2010年新潟フェス」のチラシが送られてきました。


タイトル●にいがたブルーグラス&アコースティックミュージック・フェスティバル
     2010

開催日時:2010年5月8日(土)pm2時 ~ 9日(日)pm2時まで

会場 : みなもとの郷 スカイトピア遊ランド
    新潟県上越市吉川区坪野1458の2 Tel.025-547-2221

参加費:2,500円(二日間共通 中学生以下無料)

宿泊施設:大浴場(24時間入浴可)食堂あります(料金等詳細はお問い合せ)

出演バンド受付中!:バンド出演及び宿泊の申し込みは
          佐藤俊次Tel.090-2425-6265
          shun.chan@snow.ocn.ne.jp

バンド出演申し込み締め切りは4月30日です。

主催/ニイガタアコースティックミュージックファンクラブ
http://blue.ap.teacup.com/niigata_bg_fes/



«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170603mr.jpg
--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ