AX

2010-03

Latest Entries

故大森康弘葬儀日程!リルコミだあ

大森康弘さんの葬儀日程が決定いたしましたので下記の通り掲載いたします。
また、たくさんのメール、コメントをいただきまして誠にありがとうございました。
私は明日お通夜に参ってお別れをします。

本日の夕刊には大森さんと同行したもう一人の神奈川県人、原田さんが山頂から西側
300メーター下の沢で発見、死亡を確認したという記事がありました。


故大森康弘様ご葬儀日程

喪主 大森茂子(オオモリ シゲコ)

4月1日(木)お通夜 18時30分~
4月2日(金)告別式 12時00分~

湘和会堂 茅ヶ崎 (ショウワカイドウ チガサキ)
〒253-0041 茅ヶ崎市茅ヶ崎3-1-43

電話番号 0467-82-1665
FAX番号 0467-82-1775
http://www.syouwa-kaidou.co.jp/kaido/chigasaki/access/index.html


駐車場
130台
■電車でお越しの場合
JR茅ヶ崎駅下車 徒歩8分
〔 最寄駅 〕JR茅ヶ崎駅(北口)
〔 行き方 〕
改札口を北口右手に進んでいただき、駅を背にして茅ヶ崎市役所方面に向かい、
国道1号線の地下道を越えそのまま進んでいただき、左手にジャスコが見えて
きますのでその信号を右折し、100m程先に左手側に湘和会堂が見えてきます。
〔 最寄駅 〕JR北茅ヶ崎駅(相模線)
〔 行き方 〕
改札口を出たら茅ヶ崎駅方面に250m程戻っていただいたT字路の信号を右折すると
300m程先右側に湘和会堂が見えてきます。
■お車でお越しの場合

〔 東京方面より 〕
国道1号線を直進、「茅ヶ崎駅前」交差点の信号を右折して、2つ目の信号を右折、
100m先の左側に湘和会堂が見えてきます。
〔 平塚方面より 〕
国道1号線を直進、「茅ヶ崎駅前」交差点の信号を左折して、2つ目の信号を右折、
100m先の左側に湘和会堂が見えてきます。

合掌

大森康弘くん山で死す

長野県警捜索隊によって収容された遺体が、「大森康弘」さんであると奥さんに
よって確認されたそうです。本日30日午後8時過ぎに丹沢ブルーグラス組織の
三瓶氏より電話で「やはりダメだった」と知らされてから悲しくてどうにもいろ
いろ手につきません。今朝から心配しておりましたが、やっぱりあいつは帰って
こないことが解りました。悲しいです。どうにか元気な姿で見つかってほしいと
願っておりましたが、それは遺体という現実になりました。
私は今朝にも書きましたが、彼とは兄弟だと思っています。あの私が苦しかった
70年代、つまりはジューンアップル時代ですが、私個人の理想のためにブルー
グラス普及を求めて過酷な全国巡演をさせたことは忘れません。まさか、かけが
いのない友をこんなに早く失うなんて思いもよりませんでした。
きょうはこれだけです。アデオス!

大森康弘さん

YOMIURI ONLINE

 長野県南部の中央アルプス宝剣岳(2,931㍍)に入山した横浜市緑区三保町、会社員原田和徳さん(34)と、神奈川県茅ヶ崎市中島、自営業大森康弘さん(56)が行方不明になったと29日、長野県警に連絡が入った。発表によると、2人はは28日(日)、仲間2人と計4人で駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅を出発した。日帰りで山頂まで往復する予定だったが、山頂付近は悪天候となり、2人ずつ別れて行動、山頂付近で野営した仲間2人が29日朝下山し、原田さんらと連絡が取れないため、救助を求めた。宝剣岳付近では、28日から29日にかけ、30~40㎝の雪が降った。29日は悪天候で捜索が出来ず、県警は30日朝から捜索する方針。(2010年3月29日20時09分読売新聞)

きょうの早朝、かつて山岳愛好家だった妻が朝日新聞に掲載された上記と同じ記事を読み、「大森さんが大変!」と私を起こして新聞を見せた。確かに茅ヶ崎市中島の大森康弘が宝剣岳で行方不明とあった。「あいつは冬山に行くほど山好きだったかな」と思いつつ、確認のために友人の笹部さんに電話をすると「神奈川では夕刊紙で大森くんの行方不明が報道された。山にはこのごろしょっちゅう行ってた。だけど、今回はテントも持たないで行ったらしい」とバンドメンバー(元祖)の行方不明報道に苦慮していた。記事にもあったが、宝剣岳は寒波に襲われて大雪が降ったという。しかし、同行の仲間2人がビバークして生還しているところをみると、まる二日経ったいまでも生還の可能性はある。大森くんは高校生のころからブルーグラスを通してぼくらと兄弟のように過ごしてきた仲間なので、このニュースにはビックリして仕事も忘れるほど心配している。いまは1分でも早く捜索隊が2人の無事を発見してほしいと祈るばかりです。

電話がかかり、「どうも、○×ですいません」などとやっているうちに
「ポチ」っとカーソルに触ったら、スッと画面が変わってしまい、また
しても書いた文章が洗いざらいどこかへ飛んで行ってしまった。「あッ」
と声も出たが、もう遅かった。こんな虚脱感に陥ったのは久しぶりだ。
午後6時半ごろから書き始めて、その間に掛かってきた電話にはうまく
対応できていたのに、最後の携帯が親しい仕事仲間だったことが気の
緩みとなって、ついに余計なところへ触ったのだった。残念だがしかた
がない。悔しいが自己責任だから、あきらめよう。というわけでした。
きょうはこれで終了します。アデオス!なのだ。

アサヒタウンズ廃刊!リルコミだあ

お昼前から日ざしが見え始めるとどんどん明るくなった小平だったが気温も上がり
はじめて少しだけ春が戻ったようになった。明日は春らしく暖かくなるのだろうか。
こんばんは。

街に子どもの姿が目立つようになっている。小平駅から南に「あかしあ通り」が走
っているが、その中程の左側に猛禽類専門のペットショップがある。お店には日が
差さないらしく、在庫中のフクロウやタカたちは外の歩道に置かれた止まり木に留
まって、ジーッと道行く人を見ているが、反対に珍しがって人が近寄っても逃げよ
うとしない。きょう外に出ていたのは大きなフクロウだった。こちらは車だったの
で図体だけで表情までは見ることが出来なかったが、歩道には春休み中の子どもた
ちが群れていて、フクロウの動きに合わせてかワーワーキャーキャー歓声が渦巻い
ていた。動物園に行っても金網越しに遠く見えるだけで迫力も何もないが、ここは
違う。勇気があるなら触ってもいいのだ。フクロウはさすがに猛禽類とあって、目
と足の爪の鋭さは近くで見ないと実感が出ないのだ。子どもたちは何を見て嬌声や
歓声を上げたのか解らなかったが、あれだの大物だったらアクビをしただけで大迫
力だっただろうと思った。そんな大物をペットにする人が世間にはいるのだ。荒川
の河川敷などに行くとそんな飼い主に出会えることもある。私が酒店の店主をして
いたときは、板橋の花火を打ち上げる荒川河川敷だったが、そこにやって来たタカ
の飼い主は大雨で流されてきたヘビをつかまえて、そのまま食べさせていた。ヘビ
も大雨がふって水かさが増えると流されるんだと、タカの飼い主はさすがに詳しく、
「こういう川が蛇行して、曲がっている場所」にヘビが流れ着くんだと言っていた。
歓声を上げていた子どもたちはそこまでは考えもつかないだろうが、街に春と共に
こどもが出て来ているのがいいなと思うのだった。

桜の開花を待つばかりの小金井公園の横を通り抜けたが、枝がピンク色に染まって
いたが開花までには至っていなかった。明日の土曜日に咲いたとしても一部咲きが
いいところで、花見酒には少し迫力が不足するんじゃないかと思った。そんな桜の
名所の紹介を載せた「アサヒタウンズ」が通巻1869号に当たる今号で30年余
りに渡った出版活動に終止符を打った。私も先日の「ディスカバー小平/ブルーグ
ラスコンサート」でお世話になったが、公称500,000部といわれた地域密着
型情報伝達手段がこれで終わった。新聞不況と呼ばれてはいたが、現実となって現
れたという印象である。来年のコンサートに立川や三鷹など、小平以外の地域へど
うやって知らせるかいきなり今後の課題になるが、いったいそんな方法ってあるの
かな。新聞不況とはいっても、新聞社やテレビなどいわゆるマスコミは概して社員
の給料が高いと聞いている。高い給料を維持したいがために地域を切り捨てる構図
だとすると、どこかで文句の一つでも言わせていただきたくもなる。パソコンを扱
えないご老人のブルーグラス・ファンたちへの伝達に困るなあ。残るは「ムーンシ
ャイナー誌」への広告出稿だけかな?







吉川忠英ソロ「HOOTENNANNY」!リルコミだあ

あさから氷雨が降りつづく小平だったがチューリップの蕾も桜の蕾もパンパンに
ふくれたまんまになって雨の滴に覆われていて寒そうに見えた。日本列島寒波到
来でどこへ行っても寒そうだ。来週はもう4月になるというのに今年は寒いのう。
こんばんは。



車中のカーステで聞くCDではここのところベスト3に入るのがこの「HOOTENANNY」
with CHUEI YOSHIKAWA、吉川忠英さんのソロ・アルバム(2008年発売)である。
たしか、去年の夏前ごろに購入してから、はじめは家のオーディオで聞いていたら
そのまま救出困難のCD棚に収まってしまい、しばらく眠っていたのを今年三月に
なってから思い出して、今度は移動中の車の中で聞いてみると、意外にも疲れた体
によく染みて、二三回聴いているうちに聴くタイミングが解って愛聴盤になったの
だった。きっかけは4曲目の「花はどこへ行ったWhere Have All the Flowers
Gone?」を唄った白鳥マイカさんのビューティフルとしか言いようのないボーカル
に聴き惚れたことが、アルバム全部を聴くようになった。まあ、全部といっても苦
手な曲も数曲あるけれど、トータルすると大好きなアルバムである。白鳥マイカさ
んは、昔トワエモアで大人気だった白鳥英美子さんのお嬢さんなんだとか。そうい
えば伸びのあるきれいなソプラノは親譲りで、聞き覚えがある。

さてアルバムは、忠英さんといえば「The New Frontiers」で、キックオフソング
も当然、「Greenback Dollar」である。相変わらず「キングストン・トリオ」より
もらしくて、まずは健在ぶりに安心する。私などは日時は忘れたが、ずいぶん前の
中野サンプラザで開かれたリサイタルにも駆け付けたほどのニュー・フロンティア
ーズ・ファンだった。しかし、バンドはこれ一曲のみで、二曲目からは一人、ある
いは二人のゲストと共演する形で一曲ずつ作っていくスタイルだ。二曲目の「風に
吹かれてBlowin' In The Wind」は矢井田瞳さん、三曲目の「The Last Thing On My
Mind」のゲストは我らがシメSHIMEだ。非常に男臭いコーラスのラブソングが出来
上がった。シメは12曲目のLife is Musicでも共演して息がが会うことを見せた。
他に7曲目の「お月見と君」ではムッシュかまやつ&加藤和彦、15曲目の「新た
なる旅路」では白鳥英美子、白鳥マイカの親子に加えて松任谷正隆さんがスリーフ
ィンガー・バンジョーを弾きこなしている。

松任谷正隆さんの弟は慶応大のOBでブルーグラスのバンジョー弾きだが、お兄さ
んまでが弾けるというのはこれまで見たことも聞いたこともなかった。珍しいとこ
ろではModern Folk Quartet/マイク真木、麻田浩、重見康一、吉田勝宣が当たりナ
ンバー「San Francisco Bay Blues」を唄い、元気ぶりを示した。10曲目の「Eaely
Morning Rain」では Modern Folk Fellowsも登場している。収録した曲をみると、
1960年代に大ブームとなったモダンフォークの有名ソングが集められているが、
吉川忠英さんの親切で暖かい人柄がよく出ていると思った。














我が家のサッカー小僧「内定」をもらう!リルコミだあ

あさからジトジトと小平は一日中雨がふり続いているが寒気はあまり感じられない。
庭の桜のつぼみもはち切れそうになっているけど、この雨では咲くことはないだろう。
こんばんは。

きょうは西武多摩湖線の多摩湖のそばの現場へ「御影石」のクリーニングに妻と行く。
御影石といえばお墓が身近だけど、家の玄関の三和土(たたき)とか外階段などに使
われているが、施工費用が高価なため、お金持ちに限られているようだ。現場もコン
クリート造りの豪華なお宅で、玄関も超デラックスな構えだった。玄感から優雅に外
に広がって続く階段すべてが御影石だった。「広いなあ」が現場を見てのひと声。雨
が小やみになりはじめた午前8時すぎに作業を開始。私の地元「小平」といえばまず
は「小平霊園」だが、その次がないのも有名。その霊園に出入りしているクリーニン
グ屋推薦の洗浄薬剤を試しながらの作業を続けること三時間で無事終了。「わあ、き
れいになりました」と雨の中ではしゃぐ若い奥さんを横目に草木の鉢を元に戻して完
了。デッキブラシ、水道ホース、洗剤、石専門洗浄剤、などなど道具類を片付けて、
「ヨイショ」と車に乗って、玄関で手を振る奥さんにご挨拶を返して帰途。

思いがけなく仕事が午前中で終わった。午後は何も予定が入っていないのでつかの間
のフリータイム。とりあえず昼食だ。久しぶりに近所の「丸亀さぬきうどん」に行っ
て「かけうどん大」にかき上げ天ぷらとネギをどっさり乗せて食べた。妻は「釜揚げ
の並」にお茄子の天ぷらだった。時間が午前11時半とお昼少し前のせいかお客さん
はまだ少なかった。ここは青梅街道沿いに去年の夏に新規開店した評判のうどん店で
ある。私が入院した昭和病院の目の前だ。小平とか東村山などは蕎麦よりも、有名う
どん店が多い所で、これまでも隣の東村山市のあちこちの有名店へ妻と食べ歩きして
素朴なうどんの味を楽しんで来たが、この「丸亀さぬきうどん」が開店してしまった
ら、他へ行かなくなってしまった。とにかく美味しいことにもよるが、麺を粉から打
つところを見せているし、メニューも豊富で、妻などはうどんの量を決めたり、天ぷ
らなどトッピングを選べるのがいいと言っている。こういうシステムのさぬきうどん
店は小平初で、連日お客さんが詰めかけて大賑わいを続けている。

食事の間のお話は普通だったらあまりないけど、きょうは違った。我が家のサッカー
小僧が連休最後の22日、静岡県沼津市に近い中堅の機械部品の製造メーカーに急遽、
就職の面接があって、ナント、「内定」をいただいて帰って来たものだから、家の中
が一大事状態になっていたのだ。サッカー小僧はその名前の通り、サッカー三昧の学
生生活を終えて、連休前の19日にめでたく卒業をしていた。八王子の片倉の山にあ
る日本工学院の校舎に、2000人以上もの卒業生が集合したんだとか。もちろん、
私ら親は参加していない。で、就活もほとんどしていないサッカー小僧が、「あさっ
て、22日に面接に行って来る」と言っていたが、まさか「内定」をもらうような事
態になってしまうとは予想もしていなかった。「どうするんだろうか」と私。「給料
が16万円で、そこから寮費やその他が引かれて」手許に残るのは6万円ぐらいだと
本人が言っていたと妻。製造業だから当然、ベルトコンベアーだと思うわ。山崎パン
と同じかしらと妻は自分の尺度で考え始めていた。問題は本人の考えだと私。

「卒業してから何を始めたいか」具体的に聞いているのかと私が妻に聞くと、「バン
ジョーとフィドルを習いたい」と言っていたわと答えた。いや、そういうことじゃな
くて、内定をもらってから何か言っていたか?「静岡出身の同級生が融通をきかせて
面接をセットしてくれた」ことだけは聞いているが、その後のことは何も聞いていな
いと妻は言った。天ぷらにダシ醤油をかけて旨そうに食べている。店内は次第に混み
始めていた。「内定をもらっても、判断に苦しむことはないだろう」と私は会話の結
論を言って、食器を持って歩き出した。お客さんがどんどん入口に並び始めていた。
食べた人から順番に、ベルトコンベアー式にお客さんが入れ替わっていたが、駐車場
も満杯状態に近くなって相変わらずの人気ぶりだった。帰宅すると、サッカー小僧当
人も帰ってきていた。「内定の返事はしたのか」と聞くと、「一応、断りました」と
の返事だった。「コーチ業につくのが目的で、会社のサッカー部には入りたくない」
とキッパリ。ああ、そうか、そういえばそうだった。頼りない親だなあ。

ここでニュースです。といっても遅くなってしまったが、ブルーグラスライブの殿堂
!銀座の「ロッキートップ」では、今月30日まで「30周年記念」として30%の
割引を行っております。つまり、「バーゲンセール開催中」ということですので、皆
様には是非この機会をご利用いただきたくお願いしますと、店長さまからメールをも
らっておりました、ごめんなさい。ただし、ロッキートップのホームページのクーポ
ン券を印刷してお持ち下さいとのこと。硬い店長のこと、クーポン券は必ず必要です
のでご注意を。なお、30日は「デッドマン・ウォーキング」出演の日ですゾ!









20日土曜日「宮崎勝之&マンドスケイプ」を見たぞ!リルコミだあ

連休明けのきょうはいまにも雨が落ちてきそうな雲に覆われた小平だったが
どうやら持ちこたえた。靖国神社の桜は開花したというが我が家の庭の桜は
まだ一輪も咲いていないなあ。こんばんは。

世の中は三連休だったが、私は仕事をした。現場に追いまくられていた訳で
はないが、この連休は細かくて普段手が回らないような半日くらいで終わる
ようなところをいくつか片付けられたので、どうせごろ寝の休みよりもいい
気分にはなった。一転、きょうの車の多さには改めてビックリ。五日市街道
など早朝から身動き出来ないほどの大渋滞。西荻窪の現場まで二時間もかか
る始末。「三連休を働いたボケだと思うな」と渋滞を避けて来なかったこと
を監督にからかわれたが、そういえば連休明けだったなと気が付いたのは、
渋滞に巻き込まれたあとだったのだ。まあ、差し引きゼロになったと思った。

20日土曜日はバッキンタウンへ「Americana Made In Japan Tour 2010」と
タイトルされた「宮崎勝之&マンドスケイプ」の関東初ライブへ駆け付けた。
宮崎さんはプロのマンドリン・プレイヤーとして坂庭省吾を筆頭に、日本の
フォークシーンでの活躍を通して関東にもよく知られた存在だが、自分のユ
ニット「マンドスケイプ」を率いて関東ツアーを試みたのは今回が初めて。
会場に着くとすでに演奏が始まっていて、少し慌てたが、間もなく私の好き
な ”Down to the river to pray”がデュエットで唄われたので、ようやく
落ち着く。この曲は映画「オー・ブラザー」でアリソン・クラウスが川の中
で唄ったセイクレッド・ソングで、映画中で最も静粛なシーンだった。

デュエットしたのはギターとボーカルの手塚洋輔さんとウッドベースの手塚
里美さんで、二人のボーカルは素朴なバランスで会場内に響き渡っている感
じがあって、私も一瞬、ドキッとした。お客さんの平均年令はおよそ60才
ぐらいだったが、後にも先にもこのセイクレッド・ソングが一番、お客さん
に染み込んでいたなあと思えた。それにしても宮崎さんはさすがにプロフェ
ッショナルなミュージシャンで、お客さんを自分のペースに包むのが本当に
上手で、見ていてほれぼれした。柔らかい語り口とそれに見合った丁寧で実
に優しいマンドリン・プレイを崩さない。時折、音楽の厳しさや速さを見せ
るが、それもきれいな音に徹したサービスぶりに満員のお客さんはうっとり
して、いかにも満足そうだった。

このツアーの企画者は岐阜県の楽器制作者として知られる「NAO工房」の
安川直樹さん、ツアー・プロデューサーも兼ねていた。彼は慶応大学のクラ
ブ「クリンチ・マウンテン・ボーイズ」の出身という関係から、会場には安
川さんと同世代のブルーグラス好きがズラリと席を占めて、まさしく慶応の
同好会の色彩も垣間見えていた。この強力な安川援護の演出したのが、当時
のギター&ボーカルのSENGOKU氏。かつて1971年頃、西武池袋線江古田駅
北口の喫茶「ハワイアン」で開かれたアパラチアンのコンサート以来、私と
はおよそ40年ぶりの再開。大柄で強い目線に特長があったSENGOKU氏を見つ
けるとすぐに解った。「目に特徴があったから」すぐに解ったと彼も言った。
40年経って、ブルーグラスのライブハウスで再会したことがうれしい。

フィドルはケンスケが担当した。6月にはアメリカへ再び渡りフィドル修行
をするらしいが、休憩の間に会話すると「たくさん合わせたんだけど」いま
いち納得出来ていませんと一部を振り返っていたが、なにそんなことはなく
て、いつもの大胆不敵なフレーズが出ていて、ケンスケらしかった。メリケ
ン帰りが楽しみだ。バンジョーは吉田悟志さん、宮崎さんとは同年齢でしか
もジャパニーズ・ブルーグラス・バンドでもメンバー同士である。宮崎さん
のきれいで優しいスタイルとは違って、常に冒険的アドリブにチャレンジす
ることを厭わないナイスなバンジョーマンだ。しかし今回はチャレンジを多
少に止めて、リーダーを立てるプロに徹したところに感動した。宮崎勝之&
マンドスケイプ、ボーカルよりもインストの方が多い印象だったが、終わっ
て外に出てもマンドリンの心地いい響きが耳に残った。










小澤 惇さん逝く!リルコミだあ

今年になって初めて車の窓ガラスを開けて走り、爽やかな外の空気の気持ちよさを
味わいました。こんばんは。

小澤音楽事務所の代表取締役「小澤 惇」さんが13日、肝細胞ガンのため八王子
市内の病院で死去、享年71才。昨日通夜、本19日告別式が行われ、千人を越す
大勢がお見送りをした。合掌。小澤さんとは渋谷の小さなスナックでお会いして、
「これ、飲んでね」とウィスキーをごちそうになった。とても気さくで明るい人柄
だった。「カントリー・フィドルは岸本くん、彼が一番だね」とぼくらの仲間、
岸本一遥を持ち上げてくれたこともあった。先日、「ラストショー」のライブに行
ったときにゲストで登場した「インディゴ・ブルー」が小澤音楽事務所の所属だっ
たことは、ついさっきまで知らなかった。なぜこの若い子たちが突然、ナッシュビ
ル録音なんだろうか、しかも来日した「スーパーピッカー」たちが全員顔を揃えて
いる、ボーカルのリナちゃんも堂々と素晴らしいではないか、芦屋雁ノ輔のお嬢さ
んらしいし、誰がプロデューサーなんだろうかと同行したダン吉くんとその話題で
盛り上がっていたのだ。ちなみにダン吉くんは「リナ絶賛!」「仕事がなければ追
っ掛ける」と目を吊り上げていた。そういえばこの数年間、小澤社長とはお会いし
ていなかった。しかも突然の訃報、驚いたけど、いまインディゴ・ブルーは小澤さ
んの仕事だと解って、ハタと全部納得。ナッシュビル録音のCDを買って聴いてみ
よう。それにしても素晴らしい音楽プロデューサーだった。

高熱にやられてテックスメックス的朦朧にはまった!リルコミだあ

きょうは春っぽい日ざしがあって少し暖かい小平だったが東京の開花は来週の
24日だとか。こんばんは。

昼間は長男の新居に行って家具を組み立てたりして何でもなく動いていたのに、
夕方から熱っぽくなって計ると37.6度もあった。普段35度くらいの冷凍人
間なのでこれはかなりの高熱。少し横になって休んだが、こうやってPCに向か
うと頭がボーッとしてまるで大好きなアホの坂田状態。これは冗談だが、マジに
風邪をひいたみたいだ。というわけで、ボーッとした頭で、横になっていると色
々なやることが頭に浮かぶ。「新潟フェス」でやる曲目を選んでメンバーに送ら
ないと「絞め殺されるなあ」とか、あそこの新築現場のガラスに貼ったフィルム
を傷つけたことを監督に言わなかったなあ、バレたらどうしようか。携帯が鳴っ
てるのでポチッと押すと、バレたら困る監督からだった。「西武ドーム球場のそ
ばの○×さん、あそこの御影石洗いは・・」後半は聞き取れず、明日聞き直そう
で再び布団をかぶる。すると目が冴えてどうにも落ち着かない。ではよく眠れる
BGMをと、モーツアルトか何か静かなものを探すと、いつものクセで静かさと
はまるで関係ない「THE LAST REAL TEXAS BLUES BAND featuring DOUG SAHM」を
掴んだ。白人のテキサスマンだが、ここでは極上のソウルシンガーになりきって
いる。これを聴いてしまおう。お茶を飲んでゆったり気分、サイコー!そういえ
ば、ダグ・ザームにたどりついたのはフレディ・フェンダーだった。フレディの
「Before The Next Tenderdrop Fall」は最高だったな。トリニ・ロペスもいい
けどフレディの方が唄がいい。それにしても本名は何と言うんだろう。ライ・ク
ーダーの「ボーダーライン」もいいな。そうだった、ダグ・ザームとフレディと
いうと「TEXAS TORNADOES」が決定版だった。他にフラコ・ヒメネスとオージー
・メイヤーズという凄い4人が揃ったバンドだった。このメンバーで朝霧高原で
開かれたカントリー・フェスのトリをやったって話しだけど、ウソみたいだなあ。
だんだん、とりとめもなくなってきた。そういえば「チャド」(池尻大橋)のマ
スター本田さんは、フレディのBefore the Next~が滅茶苦茶上手かった。聴き
ながら男泣きしたことがあった。また聴きたいなあ。すると、親友から「娘は東
洋大学に入学決定しました」と電話が来て、現実に戻れた。





かかりつけ医が処方した薬をもらったら!リルコミだあ

グッと冷え込んだ今朝の小平地方だったがそのまま午後も寒く、せっかく春が顔を
出したのに誰のせいか再び冬のカーテンに隠れてしまった。こんばんは。

ライトブルーのトヨタプリウスの後ろに折りたたんだ黄色い自転車を乗せてご機嫌の
私のかかりつけ医から、今年の風邪によく効く薬を処方してもらうと、「5日間分の
咳止め薬」を出すけど、それでも咳が止まらなかったらまた来てくださいと念を押さ
れた。医者は元々脳外科医である。待合室には遍歴した病院の数々が書かれた一枚の
紙が貼ってあった。ここは街中によく見かける○×医院とは少し違って、名字ではな
く明確に「○×脳外科医院」と看板に書かれている。ここが私のかかりつけ医院で、
目の前の院長が担当医ということになるのだろうか。およそ180度違うだろう持病
の「糖尿病」治療もしてもらっている。去年の春頃まではKO大学病院の医師たちが
毎日交代して患者を見ていたが、夏ごろからか現在のプリウス先生が院長に就任して
やって来た。初めて出会ったとき「君は糖尿病か」と確認するように、私の通院歴と
頭や体を映したコンピュータ画面を見つめながら言ったが、「糖尿病は専門外だ」と
は言わなかった。何回か診断を受けていた後に、見慣れない冒頭のプリウスが駐車場
の奥に駐車してあった。そのときから私は勝手に「プリウス先生」と名付けていた。

風邪の診断料金を払って、離れた場所にある薬局に処方箋を出した。ここは保険証を
うるさく請求する薬局なので保険証と処方箋を一緒に出すと、白衣を着た牛蒡のよう
に細い女性の薬剤師が、「どうしましたか?」と高音の声で聞いてきた。「風邪で咳
が出て困っている」と答えると、「咳は一日中止まりませんか」と薬剤師は尚も聞い
て来た。高音質な声で頭にキンキンと響く。一日中止まらない咳なんかあるわけない
だろテメーは、と思いながらも「一日中じゃないんですけど」と答えた途端に、「ゴ
ホゴホゴホ」と咳き込んでしまった。お客は私が一人だったせいもあって、中にいた
白衣の女たちも一斉に私を見ている。「解りました、そういう咳なんですね」とその
薬剤師が言いながら、後ろに少し下がった。明らかに私の咳から遠ざかったと思われ
る薬剤女の態度に、つい頭に来てしまった。「何だよ、解りましたって、何だよ」と
狼目になっている自分に気がつきながら、「解ったから、医者が処方した薬を取り替
えるのか?おい」と迫ると、「いえ、そんな積もりではありませんが」と小さい声で
応えて「すみません、すみません」と謝りだした。しかし、態度はふてぶてしい。

中から白衣を着たボス薬剤女が慌てて出て来ると、誠に申し訳ありません、若い者が
言葉遣いを知らないので困っておりますと謝罪して、恐ろしいスピードで風邪薬を出
してくれた。会計を済ませて帰り際に、小さい橙色の像さん人形を私の手に握らせて
「また来てね」と言うのだった。それで合点、「ここは脳外科の薬局」だったと。こ
れまでは慣れた薬剤師だったが、入院した病院に通っている間にまったく知らない薬
剤師たちに入れ替わっていたのだった。うっかり風邪もひけないなと思った。







早春の庭にやって来た小鳥たち!リルコミだあ

お昼ごろいきなり気温20度になった小平からこんばんは。

風邪をひいた夢を見て、しまったと言いながら目を覚ましたら、やっぱり風邪を
ひいていた。夜中も朝方も気温が急に上昇したのか、目を覚ましたときは掛け布団
も毛布もかぶっていなかったせいである。しかし、急に暖かくなって来た。庭に
立っている大きな桜の木に停まった小鳥が、やけに元気な声で鳴いていた。鴬だと
一発で気分もよくなるが、「ギャー」と鳴く尾長だった。窓ガラスから見ていると、
10羽くらいの団体でやって来た連中が庭に降りている。ピョンピョンと二足歩行
しながら、地面に向かってクチバシを刺していた。「あれは何だ!」と風邪ひきを
忘れて見ていると、またしても5羽くらいが飛んで来て、庭を突っつき始めた。
「きのう、私が庭を掘り起こしたから」芋虫かミミズを食べに来たと、朝は弁当作
りなどで忙しい妻が私のそばに来て解説してくれた。尾長が腹一杯になって一斉に
どこかへ去ると、今度は雀の大きな団体が庭に降りていた。チュンチュンと合唱し
ながら、目の前のベランダ下まで2,3匹が来て何かを食べていた。尚もよく見て
いると、食べていたのは丸々と太い灰色の芋虫だった。ベランダのコンクリートと
庭の土のすき間に枯れた草の根っこがあった。その根っこに住んでいた芋虫を上手
につまんで、ペロリと飲み込んでいた。雀の口は小さいと思ったが、実際は小指の
先くらいに太った芋虫を難なく平らげていた。庭の桜が咲く頃には目白もやって来
るし、待ちに待った鴬も飛んでくる。西の奥多摩の山々にも雲はかかっていない、
きょうは晴れるゾと思った。

吉祥寺から伊勢丹が消えた!リルコミだあ

寒さが衰えてきたなと実感したこの二日間だったが、市役所の手前のお百姓さんの
庭にひときわ高い「木蓮」の花が今にも咲きそうでした。こんばんは。

きょうは新宿バック・イン・タウンで奥沢明雄&マーマレード・スカイのライブが
あって、朝から「早く仕事を片付けたい」と祈りながらの作業だったが、こういう
ときは必ずと言っていいほど作業が増えるものだ。「ササキさん、これ見てくれな
いか」とペンキ屋さんが急いだ痕を見せられた。壁クロスの下には必ず「幅木」な
るものが部屋の形に添ってグルリと付いているが、この現場の場合は白い10㎝幅
の板だった。この板に、さらに白っぽいペンキを塗って仕上げたが、フローリング
にポチポチと針の穴のような大きさに無数のペンキのハネが付いていた。一見、目
立たないが、「気になる」とは監督。こうなれば覚悟を決めてペンキ屋の後始末を
しなければならない。これで早上がりの予定が狂った。剃刀の刃で削り取る作業を
延々とこなして終了したら、午後5時だった。ムムム、帰宅してリルコミ書くと動
けなくなる。きょうのライブ鑑賞はパス、ネクストのお楽しみだ。それにしてもバ
ンジョーのTATSUYA がマーマレードのサウンドにどうやって絡むのか、見たかった。

きょうの朝日新聞朝刊トップに「百貨店 消えた街」とタイトルされて、きのう閉店
した伊勢丹吉祥寺店の玄関前で頭を下げた従業員たちの写真が載っていた。「そうか、
きのうで閉店だったのか」と感慨深く記事を読んだ。残っているのは東急と丸井、
そしてパルコだけか、「寂しいね」と妻と会話をすると、「丸井もなくなるって」
と突然言った。何でも吉祥寺駅ビルから「YUZAWAYA」が丸井に取って代わるって聞
いたけど、はっきりとは解らないわ、と言葉を濁した。これで近鉄が去って三越も
いなくなった。そのうえ伊勢丹である。若者の街:吉祥寺に百貨店は似合わないの
だろうか。まあ、私たちには百貨店なんてあんまり縁がなかった。吉祥寺といえば、
むかしだったら「ウィッシュボン2号店」だった。友だちが出演するときはよく応
援に通ったものだ。そのウィッシュボンが商売を閉じてからは、飲み屋にしか縁が
なくなった。まずは焼き鳥の「いせや」で、次は何といっても「ハモニカ横町」の
中の安酒場である。ビールでも焼酎でも日本酒でも正体不明になるまで飲んでも、
3千円で足りるのだ。ちょうど新宿の「ションベン横町」に似ている。


新装した「いせや」。高田渡が常連だったことはあまりにも有名



ハーモニカ横町入り口。昔は看板はなかった。

そんなハーモニカ横町もこの10年でずいぶん変化した。飲み屋だけは若者たちの
出店で増えているようだが、たくさんあった魚屋さんがほとんど姿を消した。「う
ちらは、スナックとか小料理店のお客さん」で持っていると豪快に魚を下ろしなが
らご主人が語っていたが、そういえば洒落た知る人ぞ知る酒通のお店も消えていた。
ごちゃごちゃした中に、鶴のように存在していた小料理店がひとつも見えなかった。
時代が刻々と変わったといえばそれまでだが、やはりハーモニカ横町に魚屋がいなく
なったのは寂しい。先日、お散歩の延長で偶然に吉祥寺駅周辺を激写したことが
あった。そのときの印象では相変わらず若者たちが闊歩しているなあと思ったが、
ついでにハーモニカ横町を歩くと、小さいカウンターだけのお店がやたらに増えて
いるのだった。よく見ると、若者でも女性が店主になっている飲食店が増えていた。
ハーモニカ横町といえば安くて千円以下でも飲める酒場が常識だけど、若い女性が
相手だと果たしてお父さん、酔いつぶれてばかりはいられないよ。








いま話題のプロデューサー、ジョー・ヘンリーがオールドタイム・ミュージックをプロデュース!リルコミだあ

寒くて空気も硬い真冬はぼちぼち過ぎてほしいと思っているけど相変わらず寒い
小平からこんばんは。

ここ二三日前から風邪を引いたのか咳が止まらなくなってついに医院へ行く。
「多少眠くなる薬だけどよく効く」と医者に言われてお昼にポイと口に放り込むと、
少し眠くなるどころじゃなくて、眠くて立っていられない。頭もフラフラになるし、
「睡眠薬」か?と思うほどだった。これでは作業などまったく無理。すぐに家に
戻って布団にもぐり込むとそのままぐっすり。死んだように眠っていたとは妻の
言葉だったが、時計を見ると夕方の6時。朝の6時かと思ったが、「夕方の6時」
だわと妻の一言で我に返った。「そうだった、薬を飲んだ」ことにようやく気が付
くと、ムムム、咳が止まっていた。それに胸のゼイゼイ感が取れていた。医者の
言うとおり薬が効いたのだった。しかし、強烈な薬だったなと振り返ったが、薬は
5日分も残っている。夜だけ飲むことにしようと勝手に考えた。

いまジョー・ヘンリーというプロデューサーが話題になっている。ご本人はシンガ
ーソングライターでもあって間もなく自分のユニットで来日する。詳細はこちら。
プロデューサーとしてはついこないだのグラミー賞に輝いたランブリン・ジャック
・エリオットの「ア・ストレンジャー・ヒア」がホットな話題だが、アラン・トゥ
ーサンの「ザ・ブライト・ミシシッピー」、60年代に大活躍したソウルの大御所、
ソロモン・バークの「ドント・ギブ・アップ・オン・ミー」をプロデュース(20
02年)、見事にグラミー賞に輝き、同時にソロモン・バークの復帰を演出した。
私たちブルーグラス好きが知っているプロデューサーといったら、映画「オー・ブ
ラザー」のサウンドトラックで知られるTボーン・バーネットに尽きるが、ジョー
・ヘンリーはそのバーネットの元で修行を積んだという。実はジョー・ヘンリーさ
ん、アメリカン・ルーツ・ミュージックを愛する人。ランブリンジャックやアラン
・トゥーサン、ソロモン・バークのアルバムには、彼の特長でもある「ルーツ」が
色濃く反映している。過去、2000年を境にルーツ系ミュージックが見直されて
少しずつ確かな広がりを見せている今日、ジョン・ヘンリーというプロデューサー
から目が離せない。



そこでこの「キャロライナ・チョコレート・ドロップス」である。バンドは3人で
共にアフリカ系アメリカ人、アパラチアン・オールドタイム・ミュージックを歌い
演奏して徐々に人気が出て来ているらしい。普通、ブルーグラスやオールドタイム
というと白人しか見たことも聞いたこともなかったが、そう考えると彼らが初の黒
人オールドタイム・バンドになる。3人のうち一人は美人女性で、YouTube
で見るとこの人が素晴らしい活躍を見せて、バンドの核になっている。彼らの音楽
には当たり前だけど、黒人の特別なブルース・フィーリングなものはなくて、ごく
普通の耳慣れた軽快なストリングバンドである。このアルバムは彼らの最新アルバ
ムでタイトルは「GENUINE NEGRO JIG」、そしてプロデューサーが「ジョー・ヘンリ
ー」なのだ。ジョー・ヘンリーさんはオールドタイムまでプロデュースしちゃうの
か!とビックリしたが、そうだった、ルーツ系に造詣が深かったのだと思い直して、
先月発売したばかりのCDを通信販売でゲット。カラー印刷の紙ジャケに、曲の説
明書が付くという破格の待遇、そして販売元もワーナー傘下に変えているなど、プ
ロデューサーはオールドタイムにやるき満々。バンドの3人ともにマルチプレイヤ
ーであることは、この世界では常識だね。アルバム最後の「TRAMPLED ROSE」はトム
・ウェイツの曲だが、これがまたいいのだ。








2010年F1「バーレーンGP」で開幕!リルコミだあ

きょうは朝から快晴のよい天気に恵まれた小平だったが強風が吹き気温も上がらず
かなり寒かった。いつになったらポカポカ天気になるのやら首が長くなりますねー。
こんばんは。

今週末は待ちに待ったF1グランプリの開幕、「バーレーンGP」が開かれるので
F1マニアの私にとってはジッとしていられない週末となる。まずはザウバー・フェ
ラーリのマシンでエントリーする小林可夢偉(以下カムイ)である。その前にザウバ
ー・フェラーリというチームを少し説明すると、まずチームオーナーはスイス人のペ
ーター・ザウバー氏。自動車レース界の名伯楽としてミハエル・シューマッハーなど
を発掘、育てている。ザウバー・フェラーリとはザウバーの車体にフェラーリのエン
ジンを乗せているという意味だが、これから有望なスポンサーと契約成立なら○×△
フェラーリとかにチーム名が変更される。さて、カムイだ。去年トヨタの第三ドライ
バーだったが、終盤第二ドライバーがケガをしたおかげで急遽ブラジルGPとアブダ
ビGPに参戦、ブラジルではチャンピオンのバトンと激しく競り合い9位。最終戦と
なったアブダビで6位入賞をゲット。この二戦を見ていたペーターさんが、カムイの
傑出したドライビングセンスを評価、ドライバー契約を交わした。この才能を見込
まれて契約した日本人ドライバーとしては史上初めての快挙。

そこでカムイは優勝か表彰台か?と早とちりしてしまうが、ところが世界レベルの競
争はそんな甘い物じゃない。正直にいってもザウバー・フェラーリ・チームは8位入
賞出来れば大成功で、表彰台となると夢のような結果なのだ。しかし、今季からF1
のルールが大きく変わった。これまではレース中、1~3回ストップして給油とタイ
ヤ交換をしていたが、今季はレース中の給油は禁止になった。強豪のマクラーレンや
フェラーリでさえも給油禁止は未体験なので、これまでのような作戦が通じない。こ
こに強豪に対して非力なザウバー・フェラーリに乗るカムイにもチャンスが来ると私
は予想している。強豪たちがレース感を取り戻して勝ち続ける前に、どさくさに紛れ
て表彰台に登るという予想である。それほど強豪チームにはもの凄い実力のレースエ
ンジニアがいるのだ。まあ、結果はカムイにとって非常に大事だが、もう一つの結果
も大事だ。それは同じチームにいるもう一人のドライバーに勝つことなのだ。ペドロ
・デラ・ロサというスペイン人がそいつだけど、このドライバーは超ベテランでしか
も予選が速いと言われている。

このスペイン人に勝って結果を残す、これがF1では絶対的な条件だからカムイには
常に勝負して欲しい。カムイ(23才)の勇姿がもう目の前に迫った。さて、今季は
新旧チャンピオンの移籍や「大物の復帰」でとにかく久しぶりに賑やかなシーズンを
迎える。トヨタやホンダがF1から去ったあと、何とメルセデスベンツはまったく反
対の行動をした。去年のチャンピオン・マシンを買収して「メルセデス・チーム」を
立ち上げて、ここに皇帝ミハエル・シューマッハーを復帰させたのだ。もう一人のド
ライバーにはニコ・ロズベルグが起用されるなど綿密な計画が窺える。つまり、F1
は勝たないとダメな世界だから、復帰したシューマッハーが勝てる保証はないところ
からニコ・ロズベルグが起用された。そう、彼は速いし冷静なドライバーで、若手の
中では最も勝てそうなドライバーである。現チャンピオンのジェンソン・バトンはマ
クラーレンに移籍、同じチームには先輩のルイス・ハミルトンがいる。このライバル
対決も見逃せないけど、私的にはハミルトン優勢だろう。もう一人のチャンピオン、
フェルナンド・アロンソは念願のフェラーリ・チームに移った。私が最も好きなドラ
イバーだ。フェリペ・マッサとどんなレースをするのか大いなる期待を持っている。

もう一人、大本命はレッドブル・レーシングのベッテルだ。去年はバトンにチャンピ
オンを持って行かれたが、今年は間違いなく修正し直して速くてタイヤにやさしいマ
シンを冷静に、冷徹無比なゲルマン魂を発揮してきっとチャンピオンになるだろう。
12日開幕、13日予選、14日決勝。お楽しみです。












確定申告めでたく終了!リルコミだあ

昨晩の雪が残って車の屋根にはこんもりと積もってダルマさんになっていました。
こんばんは。

雪が溶けはじめた午前10時すぎに東村山税務署で平成21年度の確定申告を提出、
同時に3階に上がって所得税も支払って手続きはすべて完了。今年も調整して少しの
税金を払うことにした。税務署は申告期限の15日が迫っているせいか提出コーナー
よりも「作成」コーナーに人が溢れていた。一抱えの書類を持ったおじいちゃんや
おばあちゃんの姿が多く見られたが、税務署員の助けを借りてうまくいくのだろうか
と、こっちは高見の見物よろしく列の脇を通って帰った。臨時に作られた駐車場には
ガードマンが二名いて続々と集まる自動車を整理していたが、臨時駐車場は消えた雪
と雨で泥沼状態、「こんなとこに停めさせて」とぶつぶつ文句を言う人もいた。去年
のことを思い出すと、うららかな小春日和だったと記憶している。それにしてもこの
大寒波、北国では大雪をふらせたとか。暖かい春までもう一息だというのにである。

岡田外務大臣が自民党政権下による日米の核密約に関して、9日調査結果を公表した。
何でも機密文書から、1968年に核兵器搭載の米国艦船が日本の横須賀港とかに寄
港していたことが確認出来たという。日本はこれより先に「非核三原則」を守る国と
して公表していたが、裏では米国の言いなりにどんどん核兵器を搭載した艦船の寄港
を許していたことがバレたのだ。密約が実際に存在したのだ。朝日新聞も大きく取り
上げて「国民不在の外交にさらば」などと仰々しく書いたが、何ということはない。
この密約を報道出来なかった新聞、マスコミ全部にも大きな責任がある。これこそ説
明責任を追求するべきだ。僅かに毎日新聞記者が、沖縄返還時前に密約文書をすっぱ
抜いたが逆に逮捕されて有罪になった。このような密約事実は当時の世情を考えると
真実を明るみに出すことが極めて困難なことだとは想像できるが、反対に権力に逆ら
えず勇気も根性もないマスコミの姿も浮かび上がる。密約=ウソと訳すと非常に解り
やすくなる。まずは岡田外務大臣に拍手を贈る。

ただいま活動停止状態の「テキーラ・サーキット」だが、ここのところ私のブログに
貼り付けてあるメルアドに「テキーラ・サーキットについて知りたい」とか、「CD
は何枚あるの?」などと立て続けに問い合わせがあった。実際には活動をしていなく
とも人の噂は停まることはないし、ましてやCDはきょうもどこかでかけられている
だろうから、メールで問い合わせることは自然なことだと思った。まあ、まさか今年
の寒波に影響されていることないと思うが、ちょいとした椿事だ。というわけできょ
うはブルーグラス出身の素敵なバンド「テキーラ・サーキット」のアルバムを掲載い
たしますよ。



人の顔かサボテンか、黄色いジャケットにヘタウマの文字でTequila Circuitとペイン
ト文字で書かれているのが彼らの記念すべきデビュー盤!メンバーの自宅で録音した
という「手作り感」が楽しい。何といっても1曲目のLONG MAY YOU RUNが好きだ。
他に 2.JAMAICA SAY YOU WILL 3.STREETS OF LAREDO 4.DEEP RIVER BLUES 5.VAMP IN
THE MIDDLE 6.WILD HORSES 7.NORWEGIAN WOOD 8.EVERY WOMAN 9.REASON TO BELIEVE
10.藁の中の七面鳥 11.SANDIEGO SELENADE 12.STREETS OF LONDON 13.OPHELIA 14.WE
JUST DISAGREE 15.ROSIE 最後はいま注目されているとかトム・ウェイツの曲



セカンドは高円寺のライブハウスで録音されたライブ二枚組。狭いお店でぎゅうぎゅう
詰めになって見ていた。このとき私は写真をパチパチ撮ったフィルムを西海くんに渡す
と表紙に使われるという光栄にさずかった。1.Rumblin Man 2.Dixie Chicken 3.Crazy
Love 3.Ophelia 4.時代は変わる 5.Crossroad Blues 5.Marmalade Sky 6.I Feel Fine
7.We Just Disagree 8.Lay Down Sally 9.Deep River Blues 10.Sandiego Serenade
11.チューニング大作戦 12.Catch The Wind 13.Willin 14.Someday I Get Out Of
These Bars 15.Years & Years 16.君のうた 17.イチゴジュース 18.Black Berry Blossom
19.Chasin' Rainbows 20.Take It To The Limit 21.The Weight 22.Listen To The
Music 23.メロディー 24.Waltz#2 25.Bye Bye Baby 私のとなりがアメリカ人で「シメ
はアメリカ人よりも英語がうまい」と歌と言葉を絶賛していた。



三枚目にして初のスタジオ録音の「ハロー!オールドフレンド」。この頃になると
落ち着き払って録音に立ち向かっている余裕が感じ取れる。つまり、油が乗っている
ということでもある。そしてテキーラの人気は全国的な広がりを見せて、九州や北海道
などにもツアーをした。1.Love the one you're with 2.Won't you give me one more
chance 3.Mansion on the hill 4.Catfish john 5.In tall buildings 6.Time after
time 7.Ob・la・di・ob・la・de 8.Rock and Roll Slave 9.Just like a boy 10.はこ
ぶねの唄 11.Tequila! 12.Small town talk 13.Across the Universe 14.Missin you
15.The water is wide この頃は主な活動場所がバック・イン・タウンだった。私は
家族全員で見に行ったこともあったが、子どもたちの食欲がすごかった。彼らが活動を
停止してから、家族でライブに行くことはそういえばなくなった。オックンのライブが
来週月曜日(15日)にバックインタウンでありますよ!以上、テキーラ・サーキット
のCDはこの三枚です。三枚目のこのアルバムは入手出来るかも知れません。お問い合
せは03-3353-4655バックインタウンまで。











医療控除で自分の確定申告がぶれた!リルコミだあ

午前中の雨が午後になって雪に変わって夕方のいまも降りつづいている小平から
こんばんは。

3月になっていちばん鬱陶しい気持ちになるのは確定申告の〆切が近づくことだ。
現金出納帳を見つめて「今年は税金を払うのだろうか」とため息をつくことの多
かったここ二三日だったが、きょうは朝に氷雨が降っていたせいか突然、むらむら
と闘志が湧いてきて、申告書類に手をつけてしまった。まあ、しかし、始めてしま
えば零細企業というか個人事業主だから、さらさらと春の小川が流れるようにすぐ
終わってしまうのだった。ところが今年は「医療控除」が出来るみたいだわと妻が
言ったので調子が少し狂った。そんな控除などあんまり必要もないけどというと、
すでに妻は領収書類をファイルから出して真剣な顔をして見ているではないか。
去年10月末、私は確かに十二指腸潰瘍で入院、手術をしていた。「ガンならガン
保険を使えたのにね」と話し合ったことは覚えていたが、医療控除までする積もり
はなかったのだ。「じゃあ、やってみるか」と声に出して、確定申告用紙に付いて
きた「手引き」とにらめっこを始めた。医療控除の方法はすぐに理解が出来たけど、
尚もじっくり他も読んでいると、今度は「手引き」の通りに私の確定申告は記入さ
れているかという不安な気持ちが高まってきた。「なに、去年まで平気だった」か
ら今年も大丈夫だという理屈はない。見直そう、どうせ外は雪だ。ものはついでだ
というではないか。おかげですべて納得するまで点検したら午後6時になっていた。
見事に残業である。医療控除をしなければ今年も税金を支払えた。国庫に借金を申
し込む予定があるなら所得税を支払う必要があるが、それもないのでここは妻のい
う通りにしようかと思った。午後7時、我が家の長男が頭に雪をかぶって帰宅した。

「ボブ・ディランのルーツ・ミュージック」は3月10日発売だぞ!リルコミだあ

三寒四温そのものって感じの天気が続いている小平だけど、きのうもきょうも
真冬の寒さが戻って強烈に体にこたえる。風邪をひいたら困るなあと思っている。
こんばんは。

もう間もなく世紀のスーパースター、「ボブ・ディラン」が来日します。初日は
たしか13日大阪だったと思うが、詳しくはこちらまで。さて、ディランが来日
するとあって、評論家鈴木カツさんが見事で感動的な仕事をやってくれました。
若き日のディランが聴いた、ルーツ・ミュージックのすべて!と副題が付いた「
ボブ・ディランのルーツ・ミュージック」というタイトルの素晴らしい単行本を
作りました。310頁にも及ぶ大作の単行本で明後日、3月10日全国発売。カ
ツさんは何とこの大作を書き下ろしたとメールで語っていました。きのう日曜日
に私は幸せにも寄贈されました!本は280ミリ、3センチ弱もある堂々たる厚
さで、表紙にはナッシュビル録音当時のギブソンJ200を持った例の写真が使
われている、音楽ファンならばひと目見て解る体裁をしています。2800円。



ディランといえばプロテストソングの神様ですが、そのディランが聴いたであろ
うルーツミュージックのすべてとは、アメリカン・ルーツミュージックが注目さ
れている今日、まさに感動的な切り口です。ハンク・ウィリアムズ、ブルーグラ
ス、エルビス・プレスリー、オールドタイム・ミュージック、ニュー・ロスト・
シティ・ランブラーズ、トラッド・フォーク、ブルース、ロックンロール・・・
などの具体的なアーチストを細かく紹介して、同時代に成長していくディラン青
年のそれこそルーツそのものをを紐解いていく。巻末のディランがDJを務めて
世間を驚かせた衛星ラジオ音楽番組「テーマ・タイム・ラジオ・アワー(Theme
Time radio Hour)」の全貌が何と言っても楽しい。インターネットで流れたディ
ランが選んでかけた曲目がばっちり掲載されているのだ!もう一つ、初期196
2 ー 1966に出たオリジナルアルバム7枚の全曲目の解説も付いている。
読み応えたっぷり!

こちらは「バンジョーひとり旅」でおなじみの北村謙ちゃんがライブのお知らせ
メールを届けてくれました。今回はときどき、スペシャルゲストで「須貝重太」
が出演するので大注目ですね。我らが重太が謙ちゃんと何をやってくれるのか全
然解らないのですが、何だかワクワクしてきます。ではメールを盛大に公開だ!

皆さんお元気ですか?寒の戻りもこれで終わり?のような気がします。
さぁ!3月!和邇図書館の地元ライブ・5th street を終えたら、
Banjo にぎやか ひとり旅 ツアー2010 ~春~が始まります。
今回は元シューベルツのおちゆうじさんをはじめ、楠木しんいちさん、
おとさん、独酔舎さん、綴琴往来さん、そして38年のお付き合い、須貝重太さんと
ジョイントさせて貰います。にぎやかで楽しいツアーになりそう!
横濱バンジョー祭りにも出演させて貰います!皆さん是非お出かけください。    
                                北村 謙

## 大津市 #############################################

2010年3月10日(水)
ライブラリー コンサート
『ようこそ!午後の音楽室へ』の第8回
 大津市立和邇図書館 会議室 JR 湖西線和邇駅下車 徒歩3分
 
 開場14:30  開演15:00   終演16:00(予定) 
 
 入場無料 限定50人です。前もって図書館で電話予約ができます。

 お問い合わせ・ご予約は 077-594ー2050           
 
 主催 大津市立和邇図書館 

## 吹田 ##############################################

2010年3月13日(土) 『北村 謙 Banjo ひとり旅』   
 5th street  吹田市泉町5丁目1番39号
 
 開場18:00  開演 19:00   
前/¥2500  当/¥3000
 
 お問い合わせは TEL 06-6386-9114
 HPからのご予約は 5th street

## 六本木 ############################################

2010年3月17日(水)『北村 謙 Banjo ひとり旅』  ゲスト おちゆうじ
 六本木KNOB 港区六本木6-1-6 ザクセンビル3F    
 お店のOPENは19:00  20:00(1st.)  21:30(2nd.)  
 ライブチャージ ¥3500   お問い合わせ・ご予約は 03-3404-4001 KNOB

## 大森 ##############################################

2010年3月18日(木)『北村 謙 Banjo ひとり旅』  ゲスト おちゆうじ
 風に吹かれて 東京都大田区大森北1丁目34-16 第二みずほビル2F   
 18:00開場 19:30開演    前売り¥2500 当日¥3000   
 お問い合わせ・ご予約はTEL&FAX :03-3763-6555   風に吹かれて 

## 茅ヶ崎 ############################################

2010年3月19日(金)『北村 謙 Banjo ひとり旅』   ゲスト須貝重太
 茅ヶ崎 BOTCHY BOTCHY   神奈川県茅ヶ崎市新栄町13-7
 ライオンズマンション茅ヶ崎第二 B1-101
 18:00 OPEN 19:00 START 前売 / ¥2500+オーダー 当日 / ¥3000+オーダー
 お問い合わせは 0467-83-6535  ボチボチ

## 横浜 ##############################################

2010年3月20日(土)『第7回 横濱バンジョー祭り』 
 横浜 THUMBS UP  045-314-8705   http://stovesyokohama.com/thumbs/
 横浜市西区南幸2-1-22 相鉄Movil 3F
 横浜駅「みなみ連絡通路・西口出口(みなみ西口)」より徒歩3分
 【出 演】
  チチ松村 Fromゴンチチ(ウクレレバンジョー弾き語り)
  青木 研(4弦プレクトラムバンジョー)
  有田 純弘(5弦バンジョー、スリーフィンガースタイル)
北村 謙(5弦バンジョー、フレイリングスタイル弾き語り)
加瀬 浩正(5弦バンジョー、フレイリングスタイル)
原 さとし(5弦バンジョー、スリーフィンガースタイル) ほか…
OPEN16:30/START17:30 ~22:30 終演予定 前売り¥3000 / 当日¥3500
※ネット予約 http://stovesyokohama.com/thumbs/order.html

## 赤城 ##############################################

2010年3月21日(日)『北村 謙 Banjo ひとり旅』with くすきしんいち・独酔舎・おと
 喫茶 虫の音 群馬県勢多郡富士見村大字赤城山 1140-37  
 開場:15:00 開演:15:30  ライブチャージ¥2000円(オーダー別)       
 お問い合わせ・ご予約は 027-288-6934 虫の音

## 東松山 ############################################

2010年3月22日(祝)『北村 謙 Banjo ひとり旅』with くすきしんいち・独酔舎・おと
 音蔵 埼玉県東松山市上野本575-1   
 開場15:00 開演16:00  \2,000円    
 (飲食可・持ち込み可。飲食設備がないので全て持ち込みになります。)  
 お問い合わせは 090-181-35501 おと 
            
## 日暮里 ############################################

2010年3月23日(火)『北村 謙 Banjo ひとり旅』    OA. 綴琴往来
 日暮里 PORTO  東日暮里5-40-8
 お店のOPENは19:00   START19:30 ライブチャージ ¥2500   
 お問い合わせ・ご予約は 03-3891-6444 PORTO

## 辻堂 ##############################################

2010年3月24日(水)『北村 謙 Banjo ひとり旅』  ゲスト須貝重太
 辻堂 ステージコーチ 神奈川県藤沢市辻堂1-3-5             
 19:00 OPEN 20:00 START
 ライブチャージ¥2000 テーブルチャージ¥500
 お問い合わせ・ご予約は 0466-34-4251 ステージコーチ

## 池袋 ##############################################

2010年3月25日(木)『北村 謙 Banjo ひとり旅』  OA.おと
 池袋 SUNNY SPOT 東京都豊島区西池袋3-29-3梅本ビルB1
 お店のOPEN PM6:00  20:00 START           
 テーブルチャージ¥1500円ミュージックチャージ¥1000
 お問い合わせ・ご予約は 03-3987-7332 SUNNY SPOT

## 名古屋 ############################################

2010年3月26日(金)『北村 謙 Banjo ひとり旅』  ゲスト 須貝 重太
 りとるびれっじ 名古屋市千種区内山3-6-14山八第二ビル 1-D
 18:00 OPEN 19:30 START    前売 / ¥2500 当日 / ¥3000
 お問い合わせ・ご予約は052-732-7210

## 京都 ##############################################

2010年3月27日(土)『北村 謙 Banjo ひとり旅』 ゲスト 須貝重太
 京都 拾 得京都市上京区大宮通下立売下る菱屋町  
 開場 17:30 (お店の開店時間です。軽い食事も出来ます。)   
 開演 19:00     前/¥2500 当/¥3000  
 お問い合わせ・ご予約は  075-841-1691 拾 得

## 大阪 ##############################################

2010年3月28日(日)『北村 謙 Banjo ひとり旅』ゲスト 須貝重太   
 大阪 OPPIDOM 大阪市淀川区宮原2-1-2
 開場17:00 開演18:00 前/¥2500 当/¥3000
 お問い合わせ・ご予約は 06-6151-8106 OPPIDOM

########################################################
是非お近くの会場にお出かけください。今回このメールでの返信は3月16日まで受付
 させていただきます。それ以降は各会場にご連絡ください。  OFFICEKEN












汚し屋モンスターの住んだ後始末!リルコミだあ

突然また春が戻ってきた小平だったが、ぽかぽかと暖かく仕事もどんどん進んで
やっぱり春はいいなあと思うのだった。こんばんは。

きょうは午前中が自宅近くのワンルームの現場だった。建物は去年新築したばかりの
ピッカピカの部屋だったが、これが大変な汚れようでビックリ。ロフトで寝ていたの
かタバコの吸い殻も散らばっていた。当然、きれいなフローリングにタバコの焼け痕
も。部屋中に長い髪の毛が散乱していたので、一瞬、住人は「女か?」と思った。キ
ッチンの素敵なIHプレートにも煮炊きしたカスが飛び散り散々、見る影もない。焦
げたパスタが二三個乾いて壁にくっついていた。どうやら料理は好きだった様子だが、
同行した妻は思わず「何でこうなるの」と怒るのだった。点検が洗面所にいくと抜け
た髪の毛が排水溝にうず高く詰まっていた。恐る恐るどけてみると、女性しか使わな
いピン留めが中から出て来た。これが排水に入っていると髪の毛だって水とともに流
れない。女性だった。しかも部屋の様子から「若い」と睨んだ。トイレのドアを開け
るのが恐ろしかったが、「エイッ」とオープン!意外にもトイレは比較的まともで汚
れも見た目的にはごく普通だった。「そうか、トイレが汚いと嫌だもんね」と独り言
をつぶやき水洗レバーをクルッと回すと、「ジャーッ」と水が流れた、が、が、どん
どん水が溜まって来る!溢れる~と思ったら、ギリギリのところで止まった。テキは
甘くなかったなと気合いを入れ直して、僅かながら水が落ちていく様を見つめながら
携帯を出して、不動産屋に電話をかける。「もしもーし、○×現場ですが、○×でダ
メ」お見積もりをしてからの作業となりますと伝える。その前に水道屋さんにトイレ
を直してもらわないといけません。不動産屋社長に聞けば「感じの良い24才の女子」
だと言った。数年に一度あるかないかのモンスターの生活した痕だった。何でも郷里
に帰って、「結婚する」と言って出たのだと社長はあきれた表情を隠さなかったが、
ちなみにお風呂はというと、とてもとても汚れすぎて、私の筆力では表現が無理ダー。

ボブ・ディランが間もなく来日する。指折り数えてライブを待ち望んでいるファンも
少なくないと思うが、評論家鈴木カツ氏はディラン来日に合わせて、ボブ・ディラン
となり得た「ルーツ」を徹底的に掘り下げた本を書いてくれました。以下はカツ氏か
らのメールを公開いたします。

♪ディランが来日します。
これを記念してディランン本「ボブディランのルーツ・ミュージック」を
一気に書き上げました。ブルーグラス、オール・ドタイム、
そうそうスタンリー・ブラザース、ニュー・ロスト・シティ・ランブラーズなどの
頁もたっぷりと取ってあります。
カツ


★新刊 3月10日発売『ボブ・ディランのルーツ・ミュージック』(白夜書房)
『ロック&ポップス名曲事典300』(ヤマハ・ミュージック・メディア)
http://www.chuya-online.com/products/40016/index.html
『ボブ・ディランを語りつくせ!』(ヤマハ・ミュージック・メディア)
『こだわりアメリカン・ルーツ・ミュージック事典』(NHK出版)
『洋楽で育ったぼくらの話』(エイ出版)

「メロンパンのうた」で大人まで夢中にさせた「ゆっぴ」が小学校を卒業します。
そこで小学生最後のライブが企画されましたので紹介します。おっとっと、ライブ
は迫っていて明日6日です。お近くの方は是非、駆けつけてください。

●ゆっぴ/小学生最後のライブ

 3月6日(土)・・・つまり明日!!

 場所:佐倉サンライズ tel.043-486-0973

 千葉県佐倉市鏑木町1205-21

 料金:2,000円(他に「たね」も出ます)

 時間:午後7時スタート~


我らがおっくんこと奥沢明雄の「マーマレードスカイ」のバッキンタウンライブ
が近づきました。今回はドン・レノのバンジョースタイルを巧みに操る若き才能、
「タツヤ」がゲスト出演します。去年の箱根フェスで味わった「ちょうどいい」
音楽は気持ちよくて忘れられません。以下はおっくんからのメールを公開します。

●奥沢です。
Bccにて一斉送信、失礼致します。

早速ですが来る3月15日(月)、曙橋バック・イン・タウンにて「奥
沢明雄&The Marmaladesky」のライブがあります。


http://homepage3.nifty.com/backintown/

3ヶ月振りとなる今回はキーボードとベースを一新し、懐かしのオリジ
ナルが続々と復活です。
スペシャル・ゲストとして若手バンジョー・ピッカーの桑原達也も登場。
マーマレイドスカイ・サウンドとバンジョーとの融合もお楽しみに。

皆さんお誘い合わせの上、是非ご来場下さい。

*尚このメールに人数など返信頂ければ当方にて予約を入れさせて頂き
ます。
お手数ですが宜しくお願い致します。

3月15日(月)
18:00 / OPEN
19:30 / START
CHARGE / 3,150YEN + Order

奥沢明雄 / Vo & Gt
エリック笠原 / Sax & Flute
坂下秀実 / Keyboards
渡辺茂 / Bs
高橋結子 / Dr
桑原達也 / Bj(スペシャル・ゲスト)

ではでは、会場にてお会いしましょう。


こちらは久しぶりの小松久さんからのライブ告知メールです。今回はワイルド
ワンズの鳥塚さんとの共演です。ビレッジシンガーズとワイルドワンズという
珍しい顔合わせです。

●皆さん、お元気ですか。
『とりづか+こまつ』のライブをお知らせします。


久しぶりのライブですが、尾崎ひろし君のスチール・ギターを入れた
シンプルなカントリー・サウンドでポップな曲を演奏します。

<出演>
鳥塚しげき(ボーカル&ギター)、小松 久(ボーカル&ギター)
藤田哲也(ベース)船本英雄(ドラムス)
小松 久
************************************************

PLACE:原宿クロコダイル
   渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
   予約Tel: 03-3499-5205 Fax: 03-3499-5206
   


DATE:3月11日(木)


TIME: 1st stage PM8:00~
2nd stage PM9:30~












長男の独立に必要な生活用品を買った!リルコミだあ

気がつけば水ぬるむ3月だったがきょうの小平は寒くも暖かくもないいつもの3月の
感じだった。紅白の梅はあちこちで咲き乱れているが、よくみると雑草も背が伸びて
西武線脇の草も青々とらしくなっていた。こんばんは。

きょうは午前中が現場で、午後は長男と妻の三人で「島忠」~「PCデポ」~「ヤマダ
電機」をハシゴした。小金井のアパートに15日をめどに引っ越し独立をするので、先
日のベッド購入に続いてきょうはジュータン、パソコン、テレビ台、冷蔵庫などを買い
に行ったのだ。安い家具店「ニトリ」は行ってみるとサイズが少なくてダメだったと長
男が言うので、先日ベッドを買った島忠へ再び行ってジュータンとテレビ台を買う。パ
ソコン店は価格調べだと言って中古品のいい物を探しているので、「中古なのか」と私
が聞けば「うん、中古を買って」ハードディスクを新品にするんだという。友だちに凄
い奴がいるので安心なんだと言いながらあれこれ物色していたが、私は「Mac」コー
ナーで大きなモニターを見て大感激。やはりPCはMacじゃ、と独り言を言ったら、
「モニターだったら大きなものはいっぱいあるよ」といつの間にか長男がそばにいた。
ヤマダ電機は府中店というのかな、都営府中病院のそばにあるお店に行った。ここでは
薄型テレビとかを買ったところなので何となく慣れていたが、きょうは独身者用の冷蔵
庫を買いに来たのだ。お、お、三洋だと3万円ピッタリのがあるぞ、こっちはシャープ
の2.3万円だ。「どっちも冷凍庫が上だ」と長男、自分で支払うためか不満な顔だ。

「こちらは両方とも自動霜取り機能が付いていません」・・・つまり、たまに霜を取っ
てもらいます。「どうやって取るの?」と説明員のおばちゃんに聞くと、「電源コード
をコンセントから抜いて、しばらく放置します。すると霜が取れます、ハイ。え、そん
なことをしてたら、中の物が変にならない?と妻が声を出した。「ええ、そうですね」
おばちゃんは「それを承知で安価なものを買ってください」と言うではないか。という
わけで、リッチな長男はパナソニック製を3.6万円で購入した。安い三洋・シャープ
よりも一回り大きく機能も満載で6千円しか違わない!「なぜ?」「ええ、当店の特別
推奨品ですの」ほほほほと口に手を当てておばちゃんは笑った。「テレビは買わないの
?」と長男に聞くと、「テレビは別の店で買う」だって。私は買うとこを見たかったの
で、ちょっと期待が外れてがっかり。ヤマダ電機府中店の一階の半分は「サミット」が
入ってて、「あら、」と驚いた妻はそのままスーパーに直進、しばらく行方不明になっ
ていた。小平から府中へはまっすぐ南へ車で進んでおよそ30分近くかかる。徒歩~バ
スだと一時間はみないといけないから、府中は近そうで遠い隣町って感じなのだ。

だから、普段はあんまり寄りつかない街って感じだ。それに、朝の7時~9時には自動
車を制限している道路がある。私は仕事で通過しようとして、そこで捕まった過去もあ
って、実は「府中警察」が嫌いなんだ。競艇とか競馬とかで相当市の財政は豊かなのに、
通い慣れた道路にワナを仕掛けるような感じで違反切符を切って罰金収入を稼いでいる。
僅か20メーター侵入しただけでお巡りが飛び出して違反切符を切るのだ。こっちは曲
がって入ろうとしたわけじゃない、まっすぐ進んで来たら途中で「おい、こら」と捕ま
ったのだから頭に来る。「進入禁止の標識がありますよ」とお巡りは言うが、そんなも
の、立ち止まって真剣に探さなければ見つからないものだった。終いに「交通法規」が
変わったのをご存知かと来た。13人ほどのお巡りがいたが、次々に侵入してくる違反
車に大忙しさだった。「交通法規で飯が食えるのか?」と聞き返してやったら、ポカン
としていた。この事件は去年の7月だった。その後、先月にも進入禁止違反をやらかし
ているので、免許書き換えのとき何か余計なことを言われそうだ。「バス・自転車優先
道路」(朝7時~9時)を注意しないとお金がいくらあっても足らなくなる。もう一ヶ
所、杉並警察も嫌いだ。失礼ながら、話しが途中で脱線しました。







Americana Made In Japan Tour 2010 ! リルコミだあ

再び春が戻ったような暖かい一日だった小平からこんばんは。

ムーンシャイナー誌3月号が届きました。季節柄かピンク桜色の表紙だったが、
さすがに春を感じました。中身ではデル・マッカーリー&ディキシー・パルス
が来日したとき、1979年12月3日の記事が掲載されていて、ものすごく
懐かしくて最高の気持ちになりました。写真も数点あったが、当たり前だけど
若い二枚目のデルが写っていた。筆者は実に細かく、いかにもマニア然と記述
しているところが何とも素晴らしい。自分の座った位置が前から七列目の中央、
バック・ホワイトと同じ席だったと書いている。そして1曲目は「Prisoner's
Song」,2曲目は不明と非常に正直この上ないのだ。主催をしたロバート対中
氏との思い出にも軽く触れて、徹底したリスナー、オタクぶりを表現した文章
が気持ちよかった。私もこのときは当然会場に行ってどこかで見ていたわけだ
けど、いま振り返ってもほとんど忘れて記憶には残っていない。来日したメン
バーだって、デルとマンドリンのハーシャル・サイズモアだけが記憶から蘇る
だけだ。しかし、このときはバンジョーがディック・スミス、フィドルがソニ
ー・ミラー、ベースにはデルの弟のジェリー・マッカーリーが来ていたらしい。

あの当時、私は「ジューンアップル」の編集をしていたのにである。ともかく
このときデルと初めて会話して思ったことは「何という素朴でピュアな人」だ
った。ジューンアップルを数冊見せて「私が作りました」というと、「おお!
素晴らしい人だ」と握手をしてくれました。これが、デビッド・グリスマンと
かリチャード・グリーンになると、「本当かい?これ全部?」と疑いの目で見
るのだった。だから、人を信じて疑わないデル・マッカーリーの人間的な素晴
らしさに惚れたことを思い出します。本文最後の方で、むかし私たちの「マウ
ンテン・ランブラーズ」のメンバーとしてレコーディングした川口晶子さんに
も触れて、少しおっちょこちょいな彼女を書いていたが、彼女はその後アメリ
カに渡って伝説的なフィドラー、「アート・スタンパー」と結婚したと編集部
が追記していた。これは私には大きな驚きだった。どこでどうなったのか、英
語も得意でなかった彼女がアメリカに行って、しかもフィドラーと結婚したと
は知らなかった。そういえば以前、アート・スタンパーが亡くなったときに奥
様が日本人だったと聞いてはいたが、川口さんだとは夢にも思わなかった。

デル・マッカーリーの初来日コンサート記の他に、「宮崎勝之&マンドスケイ
プ」の記事が掲載されていた。彼らは今月20日のバッキンタウンを皮切りに、
21日は栃木県日光市、22日横浜市と「関東ツアー」を行う。ツアー名は「
AMERICANA MADE IN JAPAN TOUR 2010」。本文ではアメリカーナという意味に
触れていて、主人公の宮崎勝之のマンドリン音楽は、アメリカ人の手によるも
のよりも優しく、暖かく、情緒的であるとあった。その起因するものとして宮
崎はプロ活動開始後、中川イサト、坂庭省吾、北村謙などと共演、今日に至っ
ているが、このような「日本のフォークミュージックの感性」が宮崎の心に流
れていて、まさに日本製アメリカーナである、とプロデューサーの安川直樹が
書いていた。私も去年10月の岐阜県時山フェスでこのバンドのライブパフォ
ーマンスを体験している。とても丁寧な音楽で解りやすいという印象だった。
反対にインストルメンツ、つまり宮崎のマンドリンを含めたバックメンバーの
何気なく鋭いテクニシャンぶりに目を奪われた。バンジョーの吉田悟士、フィ
ドルのケンスケ、ギターの手塚洋輔、ベースの手塚里美、そして宮崎勝之のア
メリカーナ・マンドリン。見逃せません。



★3月20日(土)曙橋バック・イン・タウン 

開場 17:00分 開演 18:30分

予約03-3353-4655

料金 ¥3,150.+オーダー

交通 都営新宿線「曙橋」A2出口より徒歩2分

★3月21日(日)栃木県日光市「中央公民館」

開場 13:30分 開演 14:00分

予約 090-2761-3580(須佐)

料金 予約¥2,500.当日¥3,000.

交通 JR日光線「今市」より徒歩13分

   東武日光線「上今市」より徒歩14分

主催 サムシング http://www.somesing.net/

★3月22日(月・休日)横浜市「市従会館」

開場 13:00分 開演 13:30分

予約 090-3535-6034(仙石)

料金 予約¥2,500.当日¥2,999.

場所 横浜市西区宮崎町25

交通 横浜市営地下鉄及びJR「桜木町」より徒歩10分

   京浜急行「日ノ出町」より10分

★ツアー全体のお問い合せ

安川直樹 tel.0584ー45-2176

    メール naoworks@h2.dion.ne.jp

















知らなかった知人の死!リルコミだあ

きょうは寒波襲来なのか曇り空で真冬の寒い小平に戻ったみたいだった。こんばんは。

先月といえば2月だけど、水を使う仕事のせいか「寒くて冷たかった」現場しか思い出
せないでいるが、知らない間に「オールドタイムの知人」が二人もこの世を去っていた。
一人は厚木市在住でオートハーピストの岩淵さんだった。2月21日膵臓ガンで逝去、
57才だった。彼とは箱根フェスのバンガローが隣り合わせだったことから親しくなって、
夜中にビールを飲み合って音楽談義を繰り返した。「ぼくはオールドタイムがいちばん
好きだけど」と語って、こうやってブルーグラスフェスに来てオートハープを弾くのも
大好きなんだと明るく笑っていた姿を思い出した。そういえば去年は姿が見えなかった。
いま思うと病気と闘っていたのだと想像する。もう一人は「ヒゲオヤジ」こと佐藤さん。
オールドタイム・バンジョーマンで、普段着は常にユニフォームという川崎フロンター
レの超強力サポーターだった。25日喉頭ガンが元で喉の動脈瘤破裂で逝去。年令は還暦
前後だと想像する。佐藤さんは去年箱根フェスにやって来た。「近ごろ娘がバンジョーに
興味を持って」と付き添いのお嬢さんを紹介してくれた。そう、佐藤さんとお嬢さんは
私たちのバンガローに宿泊、手術で声帯を除去したといって会話は「筆談」だったので、
そのたくましさに「すごいなあ」と心の中で感心していた。付き添ったお嬢さんも実に
明るい性格で、「まだ弾けないけど、バンジョーって楽しい」とすっかりお父さんの情熱
を受け継いだように応えていたのがかわいかった。お二人に合掌。聞けばお二人とも生涯
親しんだ仲間のオールドタイム・ミュージックで送られた様子がうれしく思った。

マイミクをはじめとする情報網は公開という性格からハンドルネーム(匿名)が主である。
そのため、勢い故人をハンドルネームで記述することも考えられるが、ここは是非とも本
名で書くことをお願いしたいものである。

ドクターKこと徳武さんからスィートベイジル・ライブのお礼とライブ告知を合わせた
メールが届きました。湿っぽい話では終われなかったので、こちらは大助かりでした。

★徳武です、ラストショウのライブ、ソールドアウトなんて初めてのことで慌てましたが、
御陰様で大盛り上がりのライブになりました、御来場の方々有り難う御座いました。
3月は親子ライブがあります。

「Dr.K & Baby K Acoustic Live」@二子玉川Lialeh
3月19日(金) Open 19:00 Start 20:00
Table Charge ¥500 オーダー&チップ別・要(投げ銭)
http://lialeh.net/index.html

4月にはラストショウの関西ツアーがあります、お楽しみに!★

実はこの「親子ライブ」が近ごろ評判です!

ザ・ラストショウのNEW ! CD発売記念ライブへ行く!リルコミだあ

きょうの小平は一日曇り空でしたが気温はきのうよりも高く過ごしやすかった。
立木に咲く花の第一弾は梅と決まっているが、暖かくなったら競うようにあちこ
ちで咲きはじめた。こんばんは。

バンクーバーオリンピックもアイスホッケー決勝「アメリカ対カナダ」を最後に
全日程を終了、この試合は2-3で主催国カナダの勝利。延長になだれ込んだと
ラジオ情報を聞いたが、たぶん、録画されているだろうから今宵はビール片手に
アイスホッケー三昧といこう。閉会式も終わった。日本の旗手は浅田真央ちゃん
でした。夕刊に旗手を務めた笑顔の真央ちゃんが、大きく掲載されていました。
涙の銀メダル、すべての国民をバックにしたあの壮絶な大試合はキム・ヨナに負
けて2位、終了後悔しさに絶えられず大泣きした真央ちゃんだったが、閉会式で
はすっかりショックも癒えて、明るい笑顔で旗手役を務めていたという。やっぱ
り、真央ちゃんには笑顔がいちばんでした。次回の「ソチ」にも行くようですが、
くれぐれも「鐘」を勧めた時代錯誤のコーチには近づかないようにお願いしたい。

個人的には女子30㎞クラシカル第5位入賞の石田正子さんに心からおめでとう
とご苦労様を申し上げます。長距離スキー走で男女を問わず5位なんてまず信じ
られません。私は好きでこれまで見続けてきていますが、5位なんていう順位は
あり得ないんです。期待された日本人選手が、いざ蓋を開けてみれば32位とか
51位とか競争になっていないのが常識だったのでした。スキーのアルペンはと
もかく、ノルディックスキー人口は欧米に比べると極端に少ないのが日本の現状
だ。強い選手同士で切磋琢磨が出来ないのが日本の最大の弱点なのです。その中
での堂々オリンピック5位だから、それも終盤に順位を上げての快走だから優秀
◎なのです。ご本人は強い意志の持ち主で、イタリア人コーチともたびたび考え
方で激突するとか。妥協をしない選手として仲間内では有名なんだそうです。次
回の「ソチ」にもメダルを取りに行くと明言、ますます期待したいと思いました。

きのうは六本木のスィートベイジルへ「THE LAST SHOW」のライブ鑑賞に行きま
した。数十年ぶりのニューアルバム「家路~MY SWEET HOME~」発売記念ライブ
だったが、驚くことに超満員の大盛況だった。これにはメンバーがいちばん驚い
ていて、MCでも「信じられない」を連発していた。舞台に登場したザ・ラスト
ショウは、ギターのドクターK、リードボーカル&ハープのアリちゃん、ペダル
スティール&ボーカルのリッちゃん、ベース&ボーカルのカワイちゃん、そして
ドラムのシマちゃんと不動のメンバーに加えて、今回は成長著しいベイビーKが
ギターを弾いて参加。彼の加入でサウンドにグッと厚みが増していた。たまに飛
び出した親子競演のギターバトルには観客から大受けで、やんやの喝采だった。
ザ・ラストショウの新しい魅力になることだろうね。今回のゲストにはただいま
絶好調の「インディゴ・ブルー」のリナちゃんが登場。素晴らしいボーカルを披
露してくれて眠かった目もパッチリ。将来の超有望シンガーだと思った。

他に太田裕美とムッシュことかまやつひろしが登場。ムッシュはさすがのボーカ
ルだったし、太田裕美はもう言うこと無し!二人とも自分の世界を持っていて、
それがまた光り輝いているのだった。開演前、外にいたリッちゃんと数十年ぶり
に出会って、固い握手を交わすと「おれ達もみなもう還暦や」とポツリ。しかし、
ニューアルバムをがんばるから、頼むでジンちゃん!と元気一杯。そのザ・ラス
トショウがCD発売記念ライブ・ツアーに出る。以下はそのスケジュールです。

 

★4月1日(木)名古屋 TOKUZO tel 052-733-3709 http://tokuzo.com/

★4月2日(金)京都 都雅都雅 tel 075-361-6900
http://park20.wakwak.com/togatoga/

★4月3日(土)大阪 アナザードリーム tel 06-6211-5759
http://www.an-dream.com/

★5月2日(日)大阪 服部緑地公園野外音楽堂「春一番コンサート」
http://ja.wikipedia.org/wiki/春一番_(コンサート)

★6月20日(日)横浜 Thumbs Up tel 045-314-8705
http://stovesyokohama.com/thumbs/

「京都のみなさん、都雅都雅に是非来て下さい」ときのうのライブで大きな声で
ラストショウのメンバーが言っておりました。楽しいライブになることでしょう。


















«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ