AX

2010-05

Latest Entries

朝霧ピッキンパーティに行く!リルコミだあ

きょうが5月末だというのにまだ寒波が押し寄せて小平は肌寒くとても夏の気分
にはなれない。こんばんは。

先週末は朝霧高原の「朝霧フェス(ピッキンパーティ)」に行った。標高700
メーターと書いてある看板を見ながら会場に着いたが、曇っていて富士山も見え
ず寂しい風景が横たわっていた。普段なら、目の前に見上げる富士山がドーンと
そびえて見えるのに残念無念!会場奥のバンガローに陣取って、だんだん集まる
お仲間たちとしばしの歓談。「ビールはいかが!」と叫ぶが、寒気のはびこる
ウッドデッキでは超不人気。替わって焼酎&日本酒が売れていた。しかし、くつ
ろぎも僅か、各自それぞれのウォーミングアップとバンド練習に行ってしまい、
バンガローは空室状態。料理人が忙しく立ち働いているのみだった。

ピッキンパーティは午後3時にスタート。オープニング・ジャムのあと「東京
ボンバーズ」がバンドタイムのキックオフを果たした。しかし、寒い。会場を一
歩外に出ると、口からはく息が白くなっていた。午後7時45分から8時までが
私たちの出番だった。今回はバンジョーマンが不参加だったが、夢弦堂ミスター
バンジョーマンに助っ人を依頼して急場をくぐり抜けることが出来た。持つべき
は「友だちだあ」と感謝深々。エンディングをミスった曲もあったが、まあまあ
の出来にホッと胸を撫でた。先に遠征した新潟フェスでは風邪で失敗したから、
今回の出番までかなりナーバスになってしまった。

今回はゲストバンドが二つあった。一つは「奥沢明雄&マーマレードスカイA」
ともう一つは去年の箱根で絶好調だった東北大OBの「雑貨屋フレーバー」である。
奥沢明雄&マーマレードスカイAはフェス初お目見え、デビューである。バンジ
ョーのTATSUYAとマンドリンのタケウチシンジに、ベースマン南にバイオリンで
「磯部舞子」が加わった超豪華なユニット。オックンのいつもながらの迫力ボー
カルに必殺の楽器弾きが揃ったのだから、オックンのオリジナル曲が一層の輝き
を増して、息つくヒマもなく素晴らしいステージ展開を見せてくれた。この夜、
最高の盛り上がりとなったことは言うまでもない。

「雑貨屋フレーバー」は4人編成のバンジョー抜きで登場した。ジョニー!と自
分を連呼しながらリードボーカルが落ち着きを取り戻すと、若手らしくスピード
感溢れたオリジナルを披露、マンドリン&フィドルも切れ味鋭く反応すると雑貨
屋らしい高級テクを連発しながら持ち味を出した。最後の曲は荒井由美の「やさ
しさにつつまれて」を歌った。自分の好きな曲をストレートにやる。これが若さ
のモットーだろうが、ジョニーくんのリードボーカルが荒井由美に比べると細い
感じに聞いた。チャレンジは買うが、歌いこなすのはこれからの課題だろう。

翌日、バンガローの布団の中で荒井由美の噂をした。彼女の亭主は松任谷正隆だ
が、生で聞いたことはないけど彼はブルーグラスバンジョーも弾く人だ。また、
弟は慶応高校のバンド、「ブルーグラス・ジェッツ」のバンジョーマンである。
そういう環境の家、つまり松任谷家で若き日の荒井由美はレッスンを繰り返し、
現在の「スーパースター松任谷由実」の基礎を作った。そんな日々を思い出して、
「私のいちばん嫌いな音楽はブルーグラス」だという。毎日のルーティンで流さ
れるブルーグラスミュージック、そんな松任谷兄弟の間にいたからブルーグラス
が大嫌いになったのだろうか。1972年ころのこぼれ話でした。




 29日午後2時朝霧高原フェス会場からの風景



 ダウンを着てポーチプラクティス



 横風と霧雨とキャンピングドリンキング



 オージン・バンド、ドブロ新加入ステージ



 マースカイで抜群の存在感を見せたタケウチシンジ



 非常に攻撃的なプレイをしたTATSUYAくん



 ブルーグラスフェス初登場の舞子ちゃん



 朝霧いちばんに受けたユニット「マーマレードスカイ」



 マースカイのリーダー、オックンのシャウト!!



 バッチリとリズムキープしたミナミくん



 今年亡くなった大森康弘追悼ジャム



 いい音オンパレード!M井バンジョーマン



 東京を代表するバンジョーマン、早川流吉



 非常に渋くてかっこいいウエチューさん



 こちらもフィドル大家、ジローくん



 ブルーグラスの歌とギターはササベマスオさんがベスト!



 ゲストで登場した雑貨屋フレーバー!



 切れ味がよかった雑貨屋フィドラーくん



 高音域をシャウトするジョニーくん



 雑貨屋のバック!



 舞子ちゃんをフィーチュアしたデッドマン



 いつも真剣なサトンパス!



 サトンパス&シバケンの熱唱!



 渋くお洒落なタヒチクラブ登場!



 成長し安定したフィドリングを見せたヒロムくん



 タヒチの歌姫、なっちゃん



 タヒチ歌姫おとめちゃん&この日大活躍したジュータ



 ASH GROVEのミスター・キタノさん



 同じくASH GROVEのトラを務めたマスダさん



 ザ・元祖ボーカル&ギターの「阿修羅」さん



 ジャグ(ウォッシュボード)を持ったササベさん



 雨の一夜が明けてこれから帰るそれぞれ




明日は朝霧高原フェスへ出発だ!リルコミだあ

昼間は夏でしたが夕方から黒雲が張り出して何やら嫌な感じになったが明日は
きっと晴れてくれるでしょうね。こんばんは。

朝から仕事はお休み。近ごろ本当にヒマで快調だ。おかげで風邪はすっかり治
ったし疲れも取れたようだ。いかに仕事で体力を消耗していたか証明できた感
じ。しかし、仕事がなければ食べていけない。改めて営業でもしようかなっと。

そういうわけで明日は朝霧高原ブルーグラス・フェスティバルだ。私と妻は
きょう一日中あちこちへ買い物に行ったりして準備などをしていたが、もっぱ
ら私は車を片づけて朝霧用の荷物を積み込んだ。「お、やってるね」と裏の爺
さんがステテコで出て来て話しかけた。めったに車を洗ったりしないから目立
ったのだろうか。「どこ行くの?」と聞くので「朝霧高原だ」と応える。「浅
草かえ?フーン」と、洗車中の私にくっつきそうに近寄ってきた。「朝霧高原
だ、爺さん」少し声が大きくなった。「え、浅草高原か。いいなあ」「いえ、
朝霧高原だよ、朝霧だ」と繰り返したが、「うん、うん」と言うだけで、もう
手がつけられないなと思った。すると爺さん、「浅草高原・・・」を小声で
つぶやきながら家に向かって去った。爺さんは野菜作りは凄く上手で、ピーマ
ンもトマトも新鮮そのもので味も抜群だけど、惜しいかな近ごろ少々惚けが目
立って来た。それでも会話が通じないことは自分で解っているらしく、禅問答
になったら、自分からさっさと消えるのだと噂されていた。暗くなりかけてい
る頃、今度は頭に手ぬぐいを巻いた畑帰りのお婆ちゃんが来た。私が大きな
クーラーボックスに缶ビールを詰めていると、「おお、たくさん飲むんだね」
と腰を真っ直ぐに伸ばしながら言った。「明日、キャンプに行くんだ」と説明
すると、「まあ、ワケーからひと息だろ」俺一人で飲むんじゃないってとムキ
になってると、「氷で冷やしとかないと、明日まで冷えないよ」とお婆ちゃん
がつぶやいた。超まともなことを言うではないかと驚いて、素直に「ありがと
う」と言った。別れたあと、スーパーに走って100円アイスを5ヶゲット
してクーラーボックスに詰めた。お婆ちゃんが言うとおり、明日の朝では遅い
ことが氷を詰めていて解った。缶ビールが60本もあったのだ。教えられたな
あと、すっかり暗くなった路地を見つめた。というわけで、明日と明後日は
富士山の麓、朝霧高原で開かれるフェスに仲間たちと出かけるのだ。もちろん、
バンドで出演もする。風邪で絶不調だった新潟フェスのリベンジだ。

音楽評論家の体験的政権交代!リルコミだあ

二三日春と夏が来たと思っていると突然冬になる。まあ冬といってもいまだったら
3月の気温がぶり返して来るんだけど、とにかく寒暖の差が大きくて、よっぽど天
候に注意してないと体に影響が出る。これが今年の天気の傾向だろうから、夏も相
当に気をつけないと風邪引きが多くなるよね。こんばんは。

きのうはパリに留学した子どもを持つ89才のおばあちゃんのことを書きましたが、
当人、パリに住んで30年の音楽評論家の人物像はというと、専門がクラシック音
楽の割には気さくで飾らない、私のような半端な音楽好きにも実に丁寧に音楽のこ
とを話してくれる極めていい人なのだ。アパートの簡単リフォームで1ヶ月に5日
も行くことがある。そんなときに出会ったりすると、お茶タイムのときなんか部屋
から出て来てくれて、私や大工さんにお茶を勧めながら気さくに、体験談を話して
くれるのだった。学生の頃、「おれも昔は、ギターを持ってさ、三人でバンドって
いうの?それやってた」と大笑いするときもあった。また、フランスのクラシック
って日本ほど堅苦しくないよ、小学生や中学生には学校でも教えているし、第一コ
ンサートの入場料が高くても数百円で、タダというのもかなりある。

この辺は日本とはかなり違うなあと言うのだった。先日、久しぶり会うとやはり
お茶になった。そこで、いま日本は政権交代が起こって騒々しいけど、そういえば
ぼくはパリでも政権交代を体験したんだ。だから、おれにとっては二回目なんだな、
はははと笑ったが、ガン手術の後遺症か髪は爆発、痩せてそのうえボロをまとって
いた。笑うと口の中が全部見えて凄まじい顔になるのだった。「フランスも旧政権
の悪い部分が、新政権によって次々に暴かれて行って、三年くらい騒々しかった」
日本の場合もこれからだんだんと、旧政権の中で表面に出ていなかった悪い部分が
暴かれていくと思うよと言った。フランスは1981年の選挙で社会党のフランソ
ワ・ミッテランが勝利して大統領に就任。政権交代だったそうだが、日本にいた私
などには政権交代って、果たしてどんな展開を見せるのか、具体的には何も解らな
い。「いまは普天間が騒々しいけど」というと、「これからだよ、色々出るのは」
と言うと、こっちは笑って欲しくないのに、また「ガーッ」と笑うのだった。

「フランスはフランスだけど日本は日本になれるのか」これが今後いちばんおもし
ろくなるだろうね。ヨーロッパとか米国で日本が独立した単独国家と考えている人
は本当に少ないよ。ネットを見てると、大勢の日本国民もアメリカが大事だって言
っているらしいけど、それってホントなの。アメリカが沈み始めていることも知ら
ないようだね。まあ、どっちにしたっていよいよ外務省が試される。普天間だって
外務省が交渉役だったが、いつの間にか鳩山首相に移ったように展開しているけど、
岡田大臣はこの大きな相手から逃げることは許されないだろうね。インターネット
を見ていると、沖縄のアメリカ軍基地がいかに多いとか、マスコミと霞ヶ関の官僚
は共同体だとか、やはり日本国の真の支配者がアメリカであるなどと、そういった
情報が続々と表面化している。日本はフランスと違ってこの政権交代でアメリカを
どうやって料理するかってところが、世界が注目している。おもしろいねえ、を二
度繰り返してお話は終わった。この音楽評論家は、1月にやったコンサート「ディ
スカバー小平」には体調不良か、知ってて来なかった。









元気なおばあちゃんとの会話!リルコミだあ

厚い雲から午後になると雨が落ちて来た小平だったが、あかしあ通りの両側歩道
に植えられたあかしあの木にはいま白い藤のような花が下がっている。
こんばんは。

知人の音楽評論家は30年もパリに住んでクラシック・ミュージックを研究して
いたが、祖国日本の母の老衰が目立ち三年前に帰国した。しかし、帰国してみる
と86才の母親は息子夫婦の手を借りることなく、百坪以上もある屋敷の草取り
はするは、経営しているアパートの掃除を毎日スイスイやるわで、まったく元気
だった。アパートのお金の管理も親しい不動産屋とタイアップしてきれいに回し
ていて、老衰を心配して帰ったが、見事にあてが外れたとお部屋のリフォームに
伺った私に語ってくれた。これが三年前である。で、現在はと言うと、母親はい
まだにすこぶる元気。毎朝、「4時には明るくなる」から草取りをする。さすが
にアパートの電球や蛍光灯など高いところの作業はプロに任せているらしいが、
他はお金の計算も電話もまったくの現役である。満で89才になった。

屋敷の中にある二棟のアパートは息子に譲る。土地もお金に換えられるかも知れ
ないが、もういいわと独り言のようにお茶を飲みながら、私に語ってくれる。
帰国した息子は58才になった。帰国後、自室に籠もり、さすがに評論家と思え
る一冊5,000円もする分厚い音楽本を上梓した。私などは聞いたこともない
伝説の作曲家研究本だという。しかし、その後、去年受けた健康診断で大腸ガン
が見つかった。幸いなことに手術後の経過も順調に来ているというが、ときどき
会う私には痩せた体に粗末な衣服を着て見るからに病人という印象だった。いま
では母親が三度の食事の面倒をみているとか。「母親の老衰を心配」で実家に戻
ったというのに、三年経ったらすっかり逆転してしまった。共に帰国した奥様と
は離婚をしていた。古楽器のプレイヤーでもある奥様のマンションにも出入りさ
せていただくが、こちらも元気はつらつ、迷いがまったく感じられない。

「音楽評論家じゃ食べていけない」とおばあちゃんは自分の子どもの仕事を否定
する。「30年もパリ暮らしといっても、毎月仕送りして援助した」あるときは
借りているアパートの部屋をわざわざ日本から私が掃除しに行ったこともある。
パリの不動産屋は貸している部屋を半年に一回点検しに来て、汚していると追い
出すんですよ。嫁とは別居していた。「帰国してからわざわざ離婚した」と聞い
たら、嫁はまとまったものを欲しいから日本で離婚したとおばあちゃんが応えた。
「結局、勉強をするなら」と外国に出して援助を続けていたら、嫁に別居される
と孤独に耐えられなくなって帰って来たということ。息子はあなたにきれい事を
言っているけど、自分では自立をしていないの。嫁に寄り添ったり、私にぶら下
がったりしないとダメな人ですが、そんな風にしたのが私というわけ。昔、息子
が「パリに勉強に行きたい」と言ったとき、私も映画でパリが好きだったから許
可したけど、音楽って難しいわ。嫁のように、物事を割り切って前へ進むことを
勉強して来た人もいる。そう言うと、おばあちゃんは「どっこいしょ」といって
立ち上がった。三年後はどのような変化があるのか。








サッカー「日本代表VS韓国代表」を見たぞ!リルコミだあ

明るい日ざしが戻って一日中爽やかだった小平からこんばんは。

きのうの夜は我が家のサッカー小僧と共に「韓国代表VS日本代表」の試合を
二人ともかなり冷静に見て結果を受け入れた。特に前半だけど、あれだけ赤
の韓国チームの一人一人に青の日本人選手がつぶされては、初めから試合に
ならなかった。体格体力そしてスピードなど、すべてに韓国が勝っていた。
戦術も、攻め上がれない日本のまま何も手を打てないなんてどうなってるの?
とサッカー小僧に聞くと、「闘莉王が怪我しているから、きょうは無理だ」
私は縦パス一本も蹴れないディフェンダーに文句を言ったのだった。得意の
パス交換をふさがれたら両ウィングを走らせるとか打開策を打つべきだと思
ったが、終了まで明確な指示は出て来なかった。世界は左右のウィングで勝
負を組み立てるのに、とにかく速いルーニーのような選手を探しているのに
とジリジリして試合を見つめたが、岡田監督は本田だけを試したのか、展開
は私の気持ちと大分違っていた。つまりは、素晴らしいウィングの内田とい
う選手がいながら戦力にしない岡田監督のサッカーだったのだと気が付いた
とき、あきらめも混じって気持ちはとても冷静になれた。

しかし、ワールドカップである。地球的国家間の注目が集まる大会である。
韓国代表はパク・チソンを中心に、強くて速いチームを作って「負けない」
試合をした。結果は2-0韓国の勝ちだったが、ワールドカップでも大きく
勝てそうな試合ぶりが印象に残った。しかし、我が日本代表はここに来て
「韓国チームに二連敗したから、進退伺いを出した」と岡田監督。サッカー
の試合には勝ち負けの他、「負けない」つまり引き分けの結果も良しとされ
る。岡田監督は二連敗をしたから監督伺いを連盟に聞いたと会見で言ったが、
それは結果がすべての世界だから当然すぎる行動だった。では、きのうの試
合で日本は「負けない」試合が出来たかどうかということだが、前半の赤い
パク・チソンの上がりに青い日本人ディフェンダーなどが競り負けたシーン
を見たとき、「一方的にやられるだろう」とサッカー小僧が言った言葉にう
なずくしかなかった。書きたいことは洪水のように頭の中に浮かんでは消え
て行くが、岡田監督しかいないという日本サッカー連盟にこの悔しさと絶望
感をぶつけたい。

プロレスの「ラッシャー木村」が亡くなった。24日午前5時30分に68
才の生涯を終えた。合掌。ラッシャー木村は相撲(幕下?)から転向してプ
ロレスラーとなった。「こんばんは、ラッシャー木村です」とビートたけし
がネタにするほど人気者になったこともあった。それは、多くは試合後に場
内マイクを取り上げて、自分のいまの気持ちをストレートに表現するという
ものだったが、これが面白くて人気になった。あるときジャイアント馬場に
「おまえ最近なんだか元気だと思ったらコノヤロー、やっぱりな、おまえは
ジャイアントコーン食ってるなコノヤロー」(ネットで拾いました)こんな
感じが受けたのだった。プロレスファンだった私には、むかし最強だった大
巨人「アンドレ・ザ・ジャイアントを逆エビ固めでフォール勝ちした選手だ
と知っていたので一回でも試合を見たいなと思っていたが、ついに生の「ラ
ッシャー木村」を見ないまま逝ってしまったことが残念だ。70年代を通し
て東スポの友人のおかげでプロレスの試合を見続けたが、ある日、「控え室
のアンドレ・ザ・ジャイアントを見に行こうぜ」と誘われて行くと、山のよ
うにでっかいのが中にいた。あまりにもデカいので、こんな奴と闘って勝つ
なんて信じられないと思ったが、その夜の対戦相手「アントニオ猪木」もま
るでかなわなかったことを思い出した。天国で馬場と再会することを祈って。















「うれしたのし」東京神田ケースワン、ライブだぞ!リルコミだあ

001
雨に濡れたジャガイモの花。開くと黄色い雌しべ。

003
迫力のジャガイモ畑。あと1ヶ月もすれば収穫。

004
かぼちゃの花。奧に小さい赤ちゃんかぼちゃ。

006
こちらは日の目を見ないで枯れていくあかちゃんかぼちゃ。

連日の雨にたたられた小平。青梅街道駅そばのジャガイモ畑の花がポツポツと
咲いていた。広い畑にはかぼちゃやとうもろこしが青々と育っていた。
こんばんは。

きのうの夕方、友人たちに6月26日(土)夜7時~に開かれる「うれしたのし」
のダイレクトメールを発信させていただいた。追い追いここでも紹介する神戸の
女性バンドだが、今回のライブも私のプロデュースで、東京では2回目となる。
私は彼女たちの学生時代の音楽活動をよく知っているので、いまでは立派な主婦
となって立場や体格の迫力も変わっていても、こうやってそれぞれのメンバーを
思い出すときは昔の姿のままが多い。いわゆる「みにくいアヒルの子」と同じで
若い頃の刷り込みが働くのだろうと思っている。というわけで、数十年前のあの
時代を思い出しながら作ってみたフライヤーがこれである。ヒッピー時代を特に
イメージされる方が多いかも知れませんが、75年頃の「宝塚ブルーグラスフェ
ス」もこのような雰囲気だった。熱狂時代と振り返られる。「うれしたのし」は
今回、東京は神田の「Live Bar Case #1」(通称ケースワン)で午後7時から、
演奏が開かれる。03-3259-5082で予約受付中。よろしくお願いします。
うれしたのし


★ギタリスト「小松 久」さんからライブのお知らせが届きました。今回は新し
いバンドでのライブだそうです。それぞれのメンバー紹介を見ると、ライブへの
期待感がググッと増してきます。以下は小松さんからのメールを公開します。

みなさん、お元気ですか。
小松 久、新バンドのライブをお知らせします。
***************************************************
『小松 久&His Farmers』
PLACE:原宿クロコダイル
   渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
   予約Tel: 03-3499-5205 Fax: 03-3499-5206
   
DATE:6月5日(土)
TIME: 1st stage PM7:30~
2nd stage PM9:00~
************************************************
<メンバー>
小松 久/E.Guitar&Vocal
茂村泰彦/Guitar&Vocal
末上恵美/Guitar&Vocal
鈴木英俊/E.Guitar&Chorus
刀称 暢朗(とねのぶお)/Drums
ウッディー渡辺/Bass
竹野康之/Keyboard
特別ゲスト:瀬谷福太郎/E.Guitar
****************************************
茂村泰彦は僕がTUBEや前田亘輝の担当ディレクターをしていた時に、曲を提供
してもらっていたシンガー=ソング・ライターで大変良い声の持ち主で、何故か
僕を師匠と呼んでくれる。
http://shigemura.7narabe.net/
末上恵美は茂村君の愛弟子で、やはりシンガー=ソング・ライター。
http://suegami.7narabe.net/
鈴木英俊は僕が斉藤さおりやZARD担当の時に、よくギターを弾いてもらった
名手です。
刀称君はやはり斉藤さおりバンドのドラマーで渡辺君は茂村君の仲間。
竹野康之は『とりづか+こまつ』や『ヴィレッジ・シンガーズ』でサポート
してもらっています。
世代で言うともちろん僕が最年長で、4世代にわたる年齢幅が広~い
メンバーです。
今回は更に僕のギターの師匠である瀬谷福太郎さん(78歳)をゲストに
迎えて、5世代同居バンドになりました。
****************************************
バンド名は『小松 久&His Farmers』
何でこんな名前かというと、茂村君が趣味で野菜を作っているパート
タイム・ファーマーだからというのと、何となくカントリーっぽくて
良いかな?という他愛ない理由です。
レパートリーはイーグルス/ロッド・スチュワート/リンダ・ロンスタット
/リッキー・ネルソン/C.C.R./ジョニー・ホートン等々、なにしろギタリ
ストが5人ステージに立ちますから、カントリー有りロック有りのギター系
サウンドです。
因に1stステージ の1曲目『ホテル・カリフォルニア』を
ぜひお聞き逃しなく!!

「ブンガワン・ソロ」の作者92才で逝く!リルコミだあ

お昼頃、車の中はダッシュボードで目玉焼きが出来るほどの暑さにビックリ!
思わず水辺でハワイアンを聴きながらビキニ嬢たちの踊りを見たいなあという
気持ちになりました。イメージしただけでした。こんばんは。

マイミク友のAlohaisaiさんの情報では、名曲「ブンガワン・ソロ」を作った
グサン・マルトハルトノさんがインドネシアの病院でお亡くなりになったそう
です。私も小さい頃は橋幸夫の「潮来笠」と並んでこの「ブンガワン・ソロ」
を歌うのが大好きで、18番だった。高校生になってからブンガワン・ソロが
インドネシアで作られた曲だと知ったときは、てっきり日本の曲だと思って
いたので、教えてくれた牛乳屋の息子と一緒になって驚いたことを覚えている。
たしか、マイトガイ小林旭が歌ってたと記憶してますが、ぼくは女性ボーカル
が好きだった。中曽根美樹(名前の字が違ってるかも)とか、日野てる子が歌
ってたような気がします。「椰子の実」とかも歌った。「ブンガワンソーロ~
清きナーガレー」などと家で気分よく歌っていると、母から「遊んでないで、
家のまわりを掃除しなさい!」ってよく怒られた。潮来笠は山や川に遊びに行
く道中でよく歌ったな。遠い記憶だった。Alohaisaiさん、サンキュー!

夕方のテレビを見ていると「小沢一郎民主党幹事長、二回目の不起訴決定」の
テロップが流れた。見ていたのはテレ朝だったが、少し時間が経って夕方5時
のニュースでは検察庁前のリポーターを映して不起訴を語らせていた。しかし
ニュースのトーンは、まだ検察審査会が残っているからシロじゃないぞという
犯罪者扱いに近かった。民間人による検察審査会は「ウソの記載」に小沢一郎
が深く関与したという起訴相当だったが、検察特捜部はこれで二回の不起訴、
つまり小沢一郎幹事長のシロを二回認めたことになる。ただ、この事実を引き
継いで民間人による検察審議会の判定はどう判断するのか興味深い。もしも検
査審査会で二回目の「起訴相当」と判断されると、小沢一郎さんは裁判所指定
の弁護士によって強制起訴の手続きが取られる。たぶん、想像だが小沢さんは
裁判までをも視野に入れているだろうと考えられるが、強制起訴になれば逆に
「検察審査会」の実態が表に出て来ると思うので、そちらに大変興味がある。

















ローリングビーンズで仲間たちとハイヌーン・ジャム!リルコミだあ

連日の曇り日だったがきょうは雨が降らない分だけ動きやすい小平地方から
こんばんは。

きょうは集金日。毎月10日と20日が集金日になっている。取引先へ顔を
出して雑談をしながら小切手をいただく。といっても現場が混んでいるとき
は妻に交代してもらうが、きょうは幸か不幸か現場がなく、久しぶりに取引
先の事務所で油を売った。「景気が悪いわねえ」ひと月に10日も遊んでる
よ、うちの旦那は。アパート経営も兼ねる工務店の奥様。毎日ゴロゴロされ
ると私だけが忙しくなってダメよ。いっそ、産廃屋さんの大きなトラックに
ぶち込んで引き取ってもらいたいわ、ほほほなどと景気よくまくしたてられ
た。もう一件に回ると、何やら広い玄関が慌てていた。「主人が倒れた」と
いう。何でも昨晩中に具合が悪くなり、往診してもらったが回復しなかった
らしく、「たったいま病院の車に乗って行ったばかり」と留守のおばちゃん
が応えてくれた。そういえば現場でもときどき高血圧で調子を崩していたと
思った。しかし、この内装屋さんはすでに後継者がバリバリと仕事をしてい
るので安心である。縁起が悪いけど、いついなくなってもオーケーなのだ。

集金の合間、いったん帰宅して妻と一橋学園駅そばの「ローリングビーンズ」
へコーヒータイムに行くと、何とお店の中ではブルーグラスのジャムセッシ
ョンが開かれていた。フィドラーさんは、今年1月のディスカバー小平コン
サートを見てから、ローリングビーンズで仲間たちとジャムをするようにな
ったと説明してくれた。店長の千田さんもギターを抱えて、「きょうは5~
6人と少ないけど、先月は15人以上も来たので大変だった」と汗を拭うの
だった。ひとしきり思い出話しが終わると、紅一点、リードボーカルの女性
から促されて、私もギターを担いでお仲間になって、「Keep On the Sunny
Side」(カーター・ファミリー)などを唄わせてもらった。小平で、しかも
集金の途中でジャムに参加したのは生まれて初めてだあと感激しながら、何
とも言いようがないよい気分の午後になった。箱根フェスへも出演している
「Park Side String Band」が中心になって繰り広げられるハイヌーンジャム、
お近くの人は遊びに行ったらいい。汗をかけますよ。ブログはこちら

長い間、闘病を続けていたベリーナイス・カントリー・シンガーのケイコ・
ウォーカーさんが、復活ライブを開きます。場所は六本木のスイートベイジ
ルです。復活に賭けたケイコ・ウォーカーさんの迫真ライブは見逃せません。



六本木スイートベイジル 03-5474-0139

5月26日(水)午後6時開場 午後7時30分開演

料金 ¥6,500.



ドクターKこと徳武さんからお馴染みのライブ通知です。以下の通りですので
お時間を見繕って、素敵なギターサウンド・ワールドへお出かけください。

徳武です、6月はライブが多いです、色んな形で表現出来ればと思っています。
お時間をみて是非入らして下さい。

■Dr.K & Baby K 親子ライブ■
Bar Groovers Paradise(大井町)
03-6429-9451
6月12日(土)18:00 open 19:30 start
ミュージックチャージ:\2,000プラスオーダー(要:テーブルチャージ:\300)
http://d.hatena.ne.jp/meiteizz/


■The Last Show■
6月20日(日)18:30 open 19:30 start
Thumbs Up 横浜
『家路~My Sweet Home』CD発売記念ライブツアー
THE LAST SHOW :松田幸一(Harp,Ag,Vo)/村上律(SteelG,Banjo,Vo)
徳武弘文(Eg,Fg)/河合徹三(Ba,Vo)/島村英二(Ds)
support:徳武孝音(ギター)
guest:尾崎孝(スティールギター)
ADV¥4000/DOOR¥4500
http://www.stovesyokohama.com/thumbs/calender/cal10.06.html

■~ Dr.K NIGHT ~■
曙橋バックインタウン
6月24日(木)19時30分:start
徳武弘文(G) 尾崎孝(SG)
六川正彦(B) 徳武孝音(G) 高杉登(Dr)
LIVE 19:30 ~
Dr.K こと徳武弘文、久々のソロ名義ライブ!
徳武弘文とその仲間達で繰り広げるルーツミュージック。
Dr.K Project ・THE LAST SHOWとはひと味違った音の世界で、楽しい夜を過ごしましょ
徳武弘文(G) 尾崎孝(SG)
六川正彦(B) 徳武孝音(G) 高杉登(Dr)
電話予約受付中    チャージ:\3,675
03(3353)4655
http://homepage3.nifty.com/backintown/live_flame.html電話予約受付中    














きのうはロッキートップへ!リルコミだあ

午前10時すぎから雨になった小平だったが、夕方になってもやまないでまるで
梅雨になったような錯覚を覚えました。こんばんは。

昨晩は久しぶりに銀座ロッキーへ行ってきました。目当てはデッドマン・ウォー
キングとイエロージャンゴ・リバイバルという超豪華なぶつかり合いだったが、
お客様が何と超満員だったのだ。サラリーマンが大半を占めていましたが、すべ
てが銀座ロッキートップのお客さんだと考えると、ロッキーの実力も凄いもんだ。

この日、デッドマンにはかわいらしいゲストがあり、最終回のステージでは彼女
のフィドルがフィーチュアされると、それを見た常連客の一人が「ふ~ん、Caro
lina In The Pinesのバックで、フィドル音が静かに流れているのもいいな」と、
早くも磯部MY子ちゃんのデッドマン入りが決定したようなつぶやきだった。



およそ半年ぶりで見たデッドマンはさすがにまとまっていて、特にコーラスは厚
みも増して、見応えたっぷりだった。実に余裕綽々で、お客さんを乗せながら自
分たちも楽しんでいるというステージの雰囲気が見ていてとてもよかった。私の
風邪が移ったのか、バンジョーのギッチョはマスク姿で登場していた。

一方のイエロージャンゴ・リバイバルは、約二年ぶりの鑑賞だった。といっても、
長谷川バンマスが編集してくれた「ロッキーのライブCD」はいつも車に常備し
ているので、久しぶりという言葉は当てはまらないが、生を見るのは2,3年ぶ
りだろう。「1930年頃のフランス/パリを想像して」と言ってキックオフ。



しかし、バンドは長足の進歩を遂げていた。スィングバンドといえばジャンゴ・
ラインハルト五重奏団だけど、そのコピーを忠実に追い求めていた2,3年前の
スタイルは影を潜めて、現在はボーカルあり、アレンジメントありと、オリジナ
リティに溢れたジャンゴスタイルのバンドに成長していた。

「ここへ出演をしてから7年くらいになるけど、こんなにお客さんが多い中で」
やるのは初めてですと長谷川バンマスが言ったが、午後9時すぎからロッキー
は、偶然に押し寄せたお客さんで超満員にふくれ上がった。デッドマンも急に
親しみやすいブルーグラスナンバー「Bank of the Ohio」を唄っていた。

この日は二人の女性バイオリンプレイヤーが、お客さんの注目をさらっていた。
一人は磯部MY子ちゃんで、もう一人は笹部U子さん。超満員のお客さんからス
テージ終了後、握手攻めにあっていた。「きょうはU子さんに会わせたい」
のでMY子ちゃんに来るように勧めたんだとオックンが言った。

果たしてU子とMY子の出会いはどうだったのか。しかし、この出会いの結果は
1年以上待たねばなるまい。何といってもMY子ちゃんはブルーグラスにデビュ
ーしたばかり。それにしても笹部U子さんの成長は凄いの一言。日本一のジャ
ズバイオリン・プレイヤーだろう。文句の出ない大看板に成長しているのだ。










新聞テレビは民主党をこき下ろし過ぎだ!リルコミだあ

きょうは平均よりも暑いような気がしたくらい小平はよく晴れて暑かった。
こんばんは。

ゴールデンウィークも含めておよそ10日以上も風邪で寝ていたが、この間
は必然的に新聞テレビをいつもよりしっかり見た。結果、民主党びいきの私
にとっては非常に不快な闘病となった。よくもまあ連日、新聞テレビは鳩山
首相と小沢幹事長をあれだけの「こき下ろし報道」が出来るものだと思った。
新聞もテレビも毎日の生活の流れで、見たくなくても見てしまうクセになって
いるが、この「流れ」の部分をマスコミさんたちは無視して、ただひたすら
に民主党の両トップを国民不在のバッシングに狂っている。しかも横並びで
ある。この横並びという部分は、各社であるまじき「打合せ」が疑われるこ
とだ。去年夏の総選挙によって政権交代が行われた。すなわち民主党政権と
なったが、これは不正の上で成り立ったものではない。堂々と、小沢幹事長
の政策「国民生活が第一」という公約を日本国民が大きく支持した結果だった。

大ざっぱだが、その前の参議院選挙でも民主党は勝って与野党を逆転している。
つまり、これらは大きな「流れ」の中で起きていることなのだ。勝負事に例え
るのはいささか腰が引けるが、サッカーでも野球でも「流れ」を掴むことが
いかに大事か、勝負を大きく左右するのは衆知の通りである。麻雀だって
そうだ。「流れ」が来たときにはカンチャン、ペンチャンびしびし積もれるで
はないか。このような「流れ」に逆らっては、まず勝てないというのが勝負事
の常識なのだ。政治の世界でも同様で、いまは民主党に「流れ」が来ているこ
とは紛れもない事実である。この「流れ」を実力で掴んだのか否かは、これは
まだ今年度予算が実行されたばかりで、判断を下すのは早すぎる。マスコミ
全部に言いたい。「あんたら、人をこき下ろしてばかりいて給料をもらうな」
流れにはきっと勝てないよ。昔と違って国民は大勢で見ているよ。

世間には「小沢VS反小沢」という対立が存在している。小沢の方は民主党幹
事長の小沢一郎だが、片方の反小沢の方が実態が定かではない。毎日の新聞テ
レビを見ているとぼんやりと実態が浮かび上がるが確たるものは何も見えない。
マスコミは反小沢だろう。真実事実を飛び越えていきなり逮捕する地検特捜部
も反小沢の中では主役だろう。あとはかつて「悪魔」と呼んだ野中元自民党幹
事長を筆頭の自民党議員。残念なことに民主党議員にも七奉行と呼ばれる反小
沢がいる。もう一人、なぜ民主党にいるのか意味不明の黄門と名乗っている老
議員がいた。まだまだ世間には反小沢がたくさんいると思うが、ではいったい
なぜ、ホワイ、反小沢なる派が出来たのか。どんなところで反小沢が出来たの
か、これらは本当に私にとって七不思議だったぜ、ベイビー!ところがである。

近くの本屋で見つけた一冊、「小沢一郎/嫌われる伝説」(小学館)を買って
読んだら、何と色々な展開があって「反小沢」なる正体不明、利用価値大の造
語が出来上がったことを知った。著者は大ベテランに入る政治ジャーナリスト
だが新聞テレビの大手マスコミに属してないところがよい。切れ味鋭い文体で
現代の政治状況を解りやすく解説する。


仕事用の携帯が夜まで一本も鳴らなかった日!リルコミだあ

ぽかぽかと暖か陽気の非常に良い天気の小平からこんばんは。

ようやく風邪が治ったが、命の次の次に大事な仕事が入って来ない。「あたりめえだ
ろ」七日間も寝ていたのだからと取引先の誰かに怒られそうだ。それにしても、先週
の土曜日のことだけど、朝から一本も携帯が鳴らなかった。携帯は主に仕事用なので、
鳴ると仕事の依頼かクレームかのどっちかである。忙しいときは面倒くさくなるほど
男の声で「いつやってくれるんだ」と仕事をせかす携帯が次々に掛かってくる。とき
どき、この電話が色っぽい「好き」とか「いやん」などというようなものに、相手が
女性だったらどれだけいいだろうかと考えないこともないけど。その土曜日、午後に
なってもまったく携帯が鳴らないので、充電は大丈夫か、故障ではないかと考えて調
べたが、通信が出来てどこも大丈夫だった。このまま携帯が永遠に鳴らないと非常に
困る。第一にお金が無くなる。生きていけない。ということはと考えるとだんだん恐
ろしさが増してきて、そわそわと気持ちが落ち着かなくなった。自営業者の最大の弱
点である。ホントは風邪ひいて寝ているのに、この日の夕方はそんなことはすっかり
忘れて、頭の中に現れてくるイメージは、仕事がなくなってやがて一家離散、弱気に
なった自分ははついにいま流行りの自殺願望者となった、すきま風が寒い、次々に妄
想が浮かんでくるのだ。恐ろしや携帯の神様よと仕事乞いの儀式を始めようと立ち上
がった午後7時49分、不動産屋の若い社長から「集金に来て」と携帯が掛かった。
小躍りして会話を終了。本日のファーストテレホンだった。午後7時55分、イメー
ジ地獄から覚醒する。風邪をこじらせて喘息となったが、喘息は治りづらい。一週間
以上も休んだ。自営業者は青空に浮かぶ真っ白な雲(?)のように自由だけど、病気
には超弱かったの巻。

風邪治る!リルコミだあ

5月も半ばになってファンヒーターに点火するとは思わなかったが、今年は本当に
寒い小平です。こんばんは。

ようやく風邪が治りました。まだ頭のふらふら感が残るが、どうやら風邪菌の大部
分は体の外に出て行ったようだ。こうなると風邪の専門医師のウデは相当なものだ
と感心する。私も新潟フェスから帰ってからは、仕事を休んで、毎日きっちり薬を
飲んで寝ていた。きょうで丸五日間、風邪と闘ったがこんなことは初めてである。
残念なのは新潟フェスだった。あの絶不調の出演は記憶に刷り込まれてしまったが、
あれも実力の内である。さて、明日からはまた仕事復帰だ。落ちている仕事感も少
しずつ元に戻してがんばろう。きょうはこれから早速の打合せ兼飲み会である。不
健康な行動だが、これをしないと仕事がやって来なくなる。要は体をきっちり管理
してお付き合いをすればいいわけである。え、そんなこと出来るわけがない?そう
思っちゃいけないよ。今回ばかりは私だって真剣なんだから。では、アデオス!

I Pad の¥48,800は新聞にとって大敵?リルコミだあ

半日雨が残ったが午後からはよく晴れた小平からこんばんは。

価格¥48,800は安いと思った。話題の「I Pad 」のことである。情報化時代
の切り札だし、第一に楽しいと、先行発売したアメリカで入手したホリエモンは絶
賛しているそうだ。インターネットがぼくらの青春時代にあったら、I Padなる道具
にはさしずめ真っ先に飛びついただろうと自分をイメージ出来るが、還暦を越した
いまとなってはじっくり様子見するしかない。取材現場に飛び込んでリアルな記事を
このブログに書く、そのためには安価で有効な道具だろうと思うが、何せ若くない。
若い人に比べて行動力に大いなる弱点がある。すると妻が、「朝日新聞の一年分で
買えるわ」と言った。意表をついた考えだったが、女は出費には敏感である。そう
か!新聞契約を解約したときには我が家にもI Pad がやって来るのか、悪くないぞ
と思った。ソフトバンクもそこに目をつけて価格設定をしたわけじゃなく単に偶然
だろうと思うが、新聞社にとっては大敵の出現である。

ご存知、ブルーグラスミュージシャンで舞台俳優という二足のワラジを履く「海宝
弘之」さんから、舞台のお知らせが届きました。以下は彼のお手紙です。



緑の美しい季節になりました。いかがお過ごしでしょうか?
さて、劇団NLT銀座みゆき館公演のご案内です。
今回はNLTにはめずらしくロシアの芝居、それもコメディーです。フランスでは
長年にわたりロングランを続け、現在もなお上演中です。私カイホーはダルマーさ
んを探しまわる哀れな公務員の役。どうやら目一杯汗をかきそうで、体力の衰えを
心配しつつも間もなく稽古に突入です。
時間がありましたら是非いらしてくださいませ。お待ちしてます。
銀座みゆき館は小劇場ですので早めの予約をおすすめします。
(前売り開始は5月10日から)
また、7月4日(日)に関してはすでに団体予約があるため、ほぼキャンセル待ち
と考えてください。あいすみません。海宝弘之


「ダルマーさんに会いたい」

2010年6月25日(金)~7月6日(火)

お芝居のスタート時間が日によって違いますので確認後、予約して下さい。

料金:一般¥3,800、学割¥2,800

★NLTチケット予約:03-5363-6048


毎度お馴染みバンジョーひとり旅の「北村謙」ちゃんからのライブのお知らせが届
きました。今回はソロではなく、何とあの嘉門達夫とジョイントするとか。以下は
謙ちゃんのメールです。

五月は名のみの風の寒さや~等と唄いたくなるような、へーんなお天気であります。
元気でお過ごしですか?古い話ではありますが、20代の頃、MBS毎日放送でヤング
タウンという番組をやっていました。その頃からお付き合いのあった嘉門達夫さんが、
我が少年山荘にやってきます。遊びに来はるのではなしに、僕とのジョイントライブ
です。アンプラグド(生唄)で聞く『鼻から牛乳』は結構マニアックな楽しみかと
思います。
###########################################
少年山荘 Presents unplugged live
2010年5月27日(木)
奇跡のジョイント
えっ!? 嘉門 達夫 / 北村 謙 in 少年山荘!!
 
少年山荘
 大津市(ご予約時に地図を送らせて頂きます。)
 
開場19:00 開演19:30
   前/¥3000 当/¥3500(限定40人)
 必ずご予約を!
問・077-598-2772 OFFICEKEN
  
HPからのご予約は
 http://www.officeken.net/orderform.html

マイケル・マーフィーのブルーグラス盤第二弾!リルコミだあ

お昼近くに晴れた小平だったが、あかしあ通りのあかしあに白い藤のような花が
咲きました。こんばんは。

きのうまで頭も重く咳き込むこともあって、いつになったら風邪は治るのかと先
の不安も感じたりしたが、きのうの胃カメラテストの結果がシロと診断されると、
きょうになったら、あららら不思議なことに風邪はほとんど治っているではない
か。私の体はどうなっているの?食欲も出て来て、ホント現金なものだ。

新潟フェスに行くと、会場にBOMの出張店があった。その中から厳選した一枚、
「Michael Martin Murphey/BUCKAROO BLUE GRASS Ⅱ」を買いました。
正直に言うと、厳選というのはウソで、売り子から「はい、ジンさん」と
手渡されたのでした。いろいろ迷わずに済んだ反面、私の好みが単純化している
現れでもある。さて、♪「Carolina In the Pines」で日本でも多くのファンを
持つマイケル・マーフィーは、近年はアリゾナ州やユタ州、そしてニューメキシ
コ州など、中西部で活躍を続けている。この地域で最も有名な場所は、あのジョン
・フォード映画でも知られる「モニュメントバレー」である。「駅馬車」、
「黄色いリボン」に代表される雄大な西武劇映画は、モニュメントバレーでしか
表現出来ない。



現在、最も売れているカウボーイ・ミュージック・シンガーと折り紙付きのマイ
ケル・マーフィーは、前作で初のブルーグラス・アルバムを発表した。名付けて
「バッカルー・ブルーグラス」である。アメリカ中西部の砂漠を馬に乗って歩く
自分をイメージしたのか、このアルバムはその続編である。ということは前作が
一定以上の評価を得たのだろうと解釈が成り立ち、他方ではあらかじめまとめて
録音して置いた?という考察もありえる。しかし、前作同様素晴らしい完成度で
ある。前編に爽やかなアコースティックな響きがたまらなくよい。さすがに、
「ライディング・ソング」を唄わせたら、まず右に出る者はいないと評価される
にふさわしい全12曲である。プロデューサーは息子のライアン・マーフィー。
Songs:
1.Blue Sky Riding Song 2.Running Gun 3.Backslider's Wine 4.Rollin' Nowhere
5.Southwestern Pilgrimage 6.Medicine Man 7.Cosmic Cowboy 8.Desart Rat
9.Running Blood 10.Wildfire 11.Renegade 12.Swans Against the Sun

Musicians:
Michael Martin Murphey-Vocals & Acoustic Guitar; Pat Flynn-Lead Acoustic
Guitar; Ryan Murphey-Rhythm Acoustic Guitar; Craig Nelson-Acoustic Bass;
Andy Leftwich-Fiddle & Mandolin; Andy Hall-Dobro; Charlie Cushman-Banjo;
Ronny McCoury-Mandolin; Sam Bush-Mandolin; Rob Ickes-Dobro; Audie Blaylock
-Lead Acoustic Guitar; Matt Pierson-Bass; Troy Engle-Mandolin & Fiddle

マイケル・マーフィーは過去、たくさんのアルバムを発表しているが、シングル
ヒットは1975年、ここにも収録している「Wildfire」で3位。輝く最初の
第1位は1982年、「What's Forever For」で。「A Long Line of Love」
(1987年)、「Talkin' to the Wrong Man」(1988年)のトータル3曲
がシングルチャートのナンバー1となっている。ちなみにキャロライナ・イン・
ザ・パインズは1975年、シングルチャート21位が最高位だった。








きょうは病院巡り!リルコミだあ

雨の小平からこんばんは。

きょうはルーティンの病院デーだったが、その前に風邪が治らず先日治療して
もらった内科医へ再び行く。この内科のメインは小児科で、またしても母子の
団体に遭遇する。一人の3歳くらいのラガーメンシャツを着た男の子が私に近
寄って来て、しみじみと顔を見つめるといきなり「ママー」と叫んで泣き出し
た。泣き方が異常だった。息継ぎをしないまま顔が黒くなっていたが、ママは
いたってのんびり。慣れている様子だったが、泣かれた私の方は気が気じゃな
かった。3分ほど過ぎるとその子もケロッと泣かなくなった。そういえば子ど
もってこんなこともあったなと納得。医者の診察が終わって、薬局店へ行くと
その親子に再び出会った。「先ほどは失礼しました」とお母さんが丁寧にご挨
拶をした。「あら、お父さんが患者さんだったのですか」と私に子どもの連れ
がいないことに驚いていた。「それではさぞ騒々しかったことでしょう」と優
雅さを匂わせて、改めて頭を下げていた。こっちは朝から上等な気分になった。

午前12時にもう一つの病院ヘ行く。3月末に胃カメラ検査をした結果を聞く
ためだったが、何だか嫌な予感がして実はあんまり行く気になれなかったのだ。
胃カメラを飲んでいる最中に、医者が「お、」とか「え、」とか「ここにもあ
った」とか「食堂のここが怪しい」などと部位を切り取っていたから、必ずや
「やばい」ことを言われるだろうと予感していた。12時の予約だったが30
分前に病院に到着。公立昭和病院はただいま建て替え工事中で、3月には消化
器科はプレハブ建ての臨時病棟だったが、きょう行くと真新しいピカピカの診
療室に変わっていた。真っ白な壁面と天井などに囲まれた病棟は非常に気持ち
がよくて、忙しく動く看護士たちもいちだんと美人格上げなったように見えた。
「ササキさ~ん」呼ばれて診察室に入ると若い男性医師がニコニコ笑顔で待っ
ていた。「宮城と言います」とご挨拶をされた。しかし、デスクの上には6,
7枚のカラー写真が置いてあった。いよいよである。

「胃カメラの結果について」説明しますねと医者は軽やかに言った。まずは1
枚のカラー写真を私に見せて、「この丸くて白い部分は3ミリ大ですが、顕微
鏡で見た結果、大丈夫でした」「・・・・」「この部分も結果は異常なし」医
者は胃カメラで異常と思われた部位を顕微鏡等でいちいち調べたが、まったく
異常がなかった。「ガンの兆候はありません」が、「ピロリ菌はありました」
ので除菌しなければなりません。「何を言われても驚かないぞ」と、実はガン
の心配をしてました。結果がシロだったと聞いて感激ですと医者に言うと、
「そうですね、還暦を過ぎた人には一年に一回の胃カメラテストを勧めている」
から、ササキさんも是非受けて下さいと医者はキッパリ言った。あのゲーゲー
を年一回ですか?ええ、いいですよ、やりましょう!こうなったら嫌とは言え
ない。その前にピロリ菌退治だ。連続一週間、どっさり薬を飲まないといけな
い。それにしても病院を出たときの弾む気持ち、ルンルンの気分は最高だった。
ガンだったらどうしようかと二三日続いた暗い気持ちが、これで晴れたのだ。

新潟フェスに行ってきました!リルコミだあ

午後6時前の小平は霧雨模様となっている。こんばんは。

週末は「オー!ジン・バンド」で新潟フェスに行ってきました。私が重症の風邪に
やられていたのでリーダーのギッチョが「命の方が大事。お断りしますか?」メー
ルをもらったときは気持ちがグラッと揺らいだが、せっかくの機会だからと押し通
して出発。8日(土)朝は抜けるような青空、我が家にメンバーが集合してそのま
ま関越道へ。途中、十日町市の藤木さん宅(酒店)に立ち寄る。藤木さんは、今回
の新潟フェス行きをサポートしてくださった十日町ブルーグラスのボス。「では、
これからフェス会場へ」と愛車に飛び乗った。よく見ると、私たちと同じトヨタの
ワンボックスカー「VOXY」で、私たちのシロに比して真っ黒けのクロだった。
シロクロ・ショーではないか!と密かに思ったが、もちろん口に出さず、私はクロ
に乗った。「会場まで40分でしょう」とミスター藤木は言ったが、着いてみれば
60分以上もかかっていた。会場は山の中に忽然と存在する施設「スカイトピア遊
ランド」で、そのまま山の頂上を見上げると赤いパラグライダーがゆっくりと飛ん
でいた。広い運動場に車を駐車して、いざ、会場へ。

会場はこの施設の二階だった。つまりインドアだったのでビックリ。まあ、広い日
本、フェスだってそれぞれサ!主催者のサトウさんと握手して到着を告げる。すぐ
に宿舎や出演順を教えてもらい、そのまま階下の宿舎、部屋名「ななかまど」へ。
純和室造りの真新しい清潔感に溢れた素敵な部屋に大感動!一人¥6,000(二
食付き)は安いぞとメンバーから声が出た。出演が午後5時30分だから、ボチボ
チ練習をの声を合図に、チューニングをして練習が始まった。1曲目はやり慣れた
「East Virginia Blues」をやったが、リードボーカルの私の声がまったく出ない。
無理に出そうとすると咳き込むのだ。曲にならないではないか!「ちょっと待って」
と少し間を置いて、落ち着いて再度チャレンジ。すると、今度はいくらか声が出て
歌になっているのが分かる。が、この曲は三部のベタコーラスである。私の声のふ
らつきや、かすれた部分を他の声が覆い隠して目立たないが、自分では最低なこと
はよく分かっていた。「ダメだ、声が出ない」と言い出したのはテナーのイーダく
んだった。「実は風邪なんです」と鼻がグスグス、「花粉じゃないんです」と早く
も白旗を揚げそうな雰囲気。ここまで来ておきながら、ボーカル二本が死んでいた。

熱演中の秋元慎
 熱演中の秋元慎

リードボーカルの「みのり」ちゃん
 リードボーカルの「みのり」ちゃん

1時間以上も練習をしたが、結局改善は見られず、むしろだんだん悪くなっていた。
さて、時間である。笑顔を作りながら、私たち4人は初めての新潟フェスのステー
ジに立った。サウンドマンがマイクのセッティングを丁寧にやってくれて、いよい
よキックオフだった。「♪I was born in East Virginia~」声が震えて、かすれて
ふらふらでコーラスになっていない。私がリードボーカルなので、私が元気よくな
らないとテナーのイーダもバリトンのギッチョもふらついて、非常事態だった。
「えー、恥ずかしいのですが、風邪をひいてしまい、まずい音楽となりました」と
立っていられないほど足が震えるのを自覚しながら、会場のお客さんにご挨拶。
喉が飲んでいる薬のせいかやたらに乾いて、心の底から病気の恐ろしさを感じた。
二曲目は「Never Ending Love」だった。こんどは大部分、リードボーカルのソロ
で歌われる。しかし、この曲は1972年以来、私の最も得意な曲で、友人知人の
結婚式だけでも100回は歌っている。が、これもダメだった。トホホの連続であ
る。30分は非常に長かった。見ているお客さんの顔も真剣だった。

会場内 左から藤木さん、高橋さん、神喰さん
 会場内 左から藤木さん、高橋さん、神喰さん

会場内 左から津田さん、上野さん
 会場内 左から津田さん、上野さん

失敗の連続を繰り返しながらも、MCを多くしながら30分のステージを終える
ことが出来た。終わってステージを降りるときは足がガクガクして、倒れそうになった。
指の関節や肘が痛いのは熱のせいだろうと思ったが、最悪な演奏と歌の反省が気持
ちの中でふくれきって、風邪をひいていることさえ忘れていた。「まあ、こんなこ
ともあるさ」と自分に言いきかせて部屋に戻り、布団をかぶった。「夕食だ!」と
誰かが大きく呼んだので、食堂へ。ゲストバンドの「秋元慎バンド」たちもきちんと
並んで行儀よくぱくついていた。料理は一人10品以上もついているという豪華さ
で、「これは出血サービスです」とは食堂のおじさん。「焼き肉が出ます」といっ
たので、となりのギッチョに「このうえ焼き肉が来るってよ」と話したら、そこに
おばちゃんが「はいよ!」と持ってきたのは「焼き鳥」だった!みんなはビールを
ポンポン開けて威勢よく飲んでいたが、この料理で、明日の朝食は分からないけど、
これで一人¥6,000は安いよねとまた声が出ていた。私は薬を飲むためだけの
食事を少し食べただけだったのに比べると、健康な目の前の入來ベースマンが、豪
快な食欲を発揮して私の山菜漬け物にも手を伸ばしていた。この差はでかい。

車から降りて「ここは棚田の見えるポイント」だと説明する藤木さん
 車から降りて「ここは棚田の見えるポイント」だと説明する藤木さん

翌日はサンデー。きょうもよく晴れた。ぐっすり寝られたせいか少しだけ風邪は治
ったように感じた。メンバーは早朝風呂に出かけていた。連中は顔を洗う乗りで朝
風呂と洒落たのだろう。お風呂は大きく清潔で、丈夫なときだったら数回入りたい
と思った。朝食を終えて午前10時30分からステージを30分務めた。きょうは
いくらか声は戻っていたが、細かい唄い回しなどはまったく出来ず、やはりフラス
トレーションが山のようにたまってしまった。ゲストの秋元慎バンドは快調そのも
のって感じで、硬軟取り混ぜて絶妙にレパートリーを披露していた。私はここのベ
ースマンのタイミングが好きで、注意して聞いたが、体育館のような音の反響の中
でも彼らしくきっちりバンドの音を支えていた。また、ここのバンジョーマンもス
クラッグスが乗り移ったようないつものプレイを聞かせていた。この日はソニー・
オズボーン・メイドのバンジョーだったが。また、佐渡からのバンドを見たが、マ
ンドリン弾きを中心に元気よくまとまっていて、よく楽しめているように思えた。
会場には新潟県内の各地から駆けつけたブルーグラスファンが集まっていたが、私
の体調がすぐれず、ステージなどをじっくり見られなかったことが残念である。

最後に藤木さんのサポートに心から感謝を申し上げます。




風邪ひき男ゆっくり休養の巻!リルコミだあ

きょうも風邪休養となった。薬のせいか本を読んでも数行で目が疲れてしまい、
やめて目を閉じるといつの間にか寝ていた。完全な病人である。しかし、きのう
よりもきょうは一段と咳き込むことが少なくなった。先だっての春千葉の夜と
比べるとウソのように咳き込まなくなった。「治そう」と本気になって休養した
ことが体に相当よくて、きっと薬の効き具合も違うのだろう。さて、明日は早朝
に「新潟フェス」に向けてバンドで出発する。運転手は車の持ち主のギッチョを
はじめメンバー全員が出来るので、私はごろ寝をしながら行こうと思っている。

バンジョーマンのベラ・フレックが、ニューグラス・リバイバルで来日したとき、
宿舎の帝国ホテルでいろいろ雑談をしたら、「ニューグラスって小さなバンで、
アメリカ中を回るんだけど、みんながドライバーだから出来るんだ」と言ってた。
体調すこぶる不調でも薬を飲むなどして、何とか予定のツアーをこなすらしいが、
問題は金土日とパフォーマンスが続いていて、それがそれぞれ離れているときは
死ぬほど大変らしい。バンドの演奏よりも「そこにたどり着く」のが大変だと
いう。だから、誰かが体調不良になったら...考えないことにしてるらしい。

というわけで、今回は私がお荷物となってしまうが、そこは長年のお仲間シップ
に免じて許してもらい、出発しようではないか。なあ~んちゃってね。どうやら
雨もやむようだし、楽しめそうだ。マイミクを読んだら、関西からは「秋元慎バ
ンド」も行くらしいので心強い。十日町の藤木さん、現地でお会いしましょう!




風邪でダウンのゴールデンウィーク!リルコミだあ

連日の夏を思わせるような天候に恵まれた小平からこんばんは。

ゴールデンウィークは3日、4日の千葉フェスに行っただけであとは風邪でダウン
という味気ない連休を過ごした。ついでにきょうもお休み、重症である。普段だと
かかりつけの耳鼻咽喉科で十分に治るのに、今回ばかりはダメで、きょうになって
専門の内科医に診てもらったのだった。「すでに喘息ですね」と顔中黒い髭だらけ
の医者が言った。「実は先生、今週の土曜日、新潟で歌を唄うんです」治りますか?
とお願い調で尋ねると、「横になって休んでいれば可能性有り」といって特効薬な
どを処方してくれた。「(花粉)アレルギー症状も出ている」らしく、その薬もあ
った。「もう少し早く来て欲しい」と最後に言われたが、まったくもうその通りで
ある。ここは一橋学園駅から東に5分のところにある「鈴木小児科・内科」だった。
開業はいまから15年前だが、特に小児科医としては抜群の腕前とかで評判がよく、
我が家の子どもたちもお世話になった間柄だった。きょうも待合室は幼子を抱いた
お母さんたちでムンムン状態。若い母親特有のフェロモンが充満した中に30分も
たった一人でいたので、「ササキさん!」と呼ばれたときは頭がクラクラだった。
というわけで、今週末は新潟フェスであって、私たちの「オー!ジン・バンド」は
そこに招かれていて、土日とも30分のオンステージが約束済みであったから、危
うくセーフという綱渡りになってしまった。いま午後7時過ぎになったが、薬が効
いて咳はほとんど止まっている。明日も一日中休んで、文字通り家宝は寝て待つの
みであるのだ。3日の千葉フェスでは「咳き込みジン」と異名をもらったほどだっ
たが、「トシローどの、どうやら治りそうですよ」と一番の被害者に伝えておくのだ。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
ライブのお知らせ
NEW !
イッツア・クライングタイム
5月5日
170405kodairact.jpg
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ