AX

2010-08

Latest Entries

小沢さん民主党代表選挙へ!リルコミだあ

台風7号が発生しているらしいが、そうだとすればまた蒸し暑さがやって来る。
ゾッとするなあ。こんばんは。

民主党代表選挙はやはり小沢VS菅の対決となった。新聞テレビの世論誘導で
は小沢20%対菅80%と断然、管首相に人気が集まっている。これは公示日
の明日を待たない新聞テレビの世論調査だが、一方のヨミウリ・オンラインと
いうインターネットの世論調査では小沢が70%の人気だった。したがって、
新聞テレビが常々世論調査をしているのは「世論誘導」と理解できる。新聞テ
レビの諸君が、「誘導」と言われるのが嫌いだったらネットの調査も同時に
報道することだ。まあしかし、小沢さんが発表通り代表選挙に出馬が決定して
とてもよかった。「民主党が割れる」ことを心配した「鳩ぽっぽ」前首相が動
き回り、「小沢さんが降りる」のではないかとささやかれたときは驚いたが、
さすがは小沢さん、不動心で予定通りだった。「菅VS小沢だったら結果的に
民主党が割れるぞ」とデマを飛ばしたのもどこかの新聞だったという。それを
心配した「鳩ぽっぽ」が動き回ったらしいが、これは管首相に近い新聞社が
代表選挙になったら不利と見てデマを飛ばしたのだろうと考えられる。それに
しても「トロイカ」とは今さらながら「手の込んだジョーク」である。代表選
挙のお楽しみは、小沢応援に立つだろう田中真紀子議員の毒舌演説である。ど
んな爆弾発言が飛び出すか、いまから非常に楽しみだ。




昨日予告していた箱根フェスのステージ写真です。


「脳スタル爺&アレ?シェルトン」

 「脳スタル爺&アレ?シェルトン」
    亡くなったアレン・シェルトンに捧げた


「トシロー&フレンズ」

 「トシロー&フレンズ」
    トニー・ライスのナンバーを唄いきった


「トシロー&フレンズ」

 「トシロー&フレンズ」
    マンドリンを弾くシバケン


「ザ・カルブレイス」

 「ザ・カルブレイス」
とてもまとまっていた神戸大バンド


「元習志野バンド」いまは??

 「元習志野バンド」いまは??
    とってもいい感じの大人の雰囲気が最高だった


「にしうみ・たかうみ」

 「にしうみ・たかうみ」
    田代さんと臨時ユニットで充実していた西海くん


「にしうみ・たかうみ」

 「にしうみ・たかうみ」
    静かできれいな歌をゆっくり唄った西海くん


「アカベー」

 「アカベー」
    金曜日のトリをつとめ安定していた赤べえ



私の箱根フェスレポート!リルコミだあ

日が落ちて午後6時過ぎのいまも昼間の余熱で猛烈に暑い小平からこんばんは。

金土日と箱根フェスに行ってきました。我が家は妻に加えて20年ぶりに長女も
同行、金曜日午前9時過ぎに出発。中央高速道八王子インターで降りて相模原経
由厚木から今度は東名高速道で大井松田インターまで渋滞がなく、スイスイと
2.5時間で夕日の滝キャンプ場着。久しぶりの友人たちに遭遇、ハグしつつ近
況を話し合う。箱根足柄山の麓地蔵堂でも強烈無比な日光がジリジリと照りつけ
ていたが、この灼熱の日光はフェス期間中の三日間降りつづいた。だから「暑い」
が挨拶言葉となっていた。金曜日夜のステージはお仲間出演者が相次ぎ、午後9
時過ぎからステージにべったりと張り付く。カメちゃんのソロ(マウンテン・ラ
ンブラーズ)、舞台俳優の海宝くんのイエロー・ブルー・ボーイズ、脳スタル爺
とアレ?シェルトン、トシロー&フレンズ、にしうみ・たかうみと続いた。金曜
日がフェスの期間中いちばん落ち着いた雰囲気で好きだ。真夜中0時ころ就眠。

翌土曜日は朝の6時過ぎから車のラッシュが続き、自称駐車場係の私は猛烈に忙
しくなった。就寝中にやって来た車の整理に没頭していると、真の駐車場係Y氏
が到着。「やあやあ」と握手をして一年ぶりの再会を喜ぶ。彼は夕日の滝を見に
やって来る一般客をフェス会場から排除する難しい役目を毎年担っているのだ。
「子どもたちと小川で遊びたいんだ」と切にお願いされると林道をご案内するが、
そこも満員になると残るはお断りすることばかりで、誠にやっかいな立場。顔見
知りのみを担当している私とは雲泥の差がある。お昼頃になると一番の敵はお日
様となっていた。水分補給を怠りなく、頭からタオルをかぶり、それでも暑いと
きは木陰に逃げた。これらを繰り返して午後6時過ぎまでからくも乗り切った。
夕方から夜中までは私が俄然と忙しくなる。「緊急で車を出したい」「友だちを
迎えに行きたい」「子どもが熱を出した」などにいちいち全部対応するのだ。

「オーライ、オーライ」などと誘導していると「ガツン」と車輪が溝に落ちるこ
ともある。ドライバーが暗くて道路の両端がよく見えないのが原因だ。こういっ
たときの係は非常にまずい立場になってしまうが、そこは日頃からのお付き合い
が役に立って仲間数十人に集まっていただき、「エイヤッ」と一気に車を持ち上
げて解決してしまう。土曜日午後6時過ぎに我ら「オー!ジンバンド」も出演し
た。私に練習する時間などなく、メンバーには少々迷惑をかけてしまったが、ス
テージでは誠に楽しめた。土曜日の午前中にやって来た友人「国本武春」さんも
ステージ前で私たちの演奏をしっかりと見ていてくれた。「ブルーグラスの現実
をお勉強に来た」そうだが、果たして如何に映ったか。デッドマン・ウォーキン
グ、マーマレード・スカイAがバンガローで練習を開始。次第にステージの熱が
遠く離れた私たちのバンガローにもヒタヒタと押し寄せていた。

夜中、「下の松田から来たけど、お祭りを見てもいいですか」というお客さんが
いた。聞けば、今回が初めてだけど友だちから聞いてやって来たと言っていたが、
地元のブルーグラスとは関係のない一般客がやって来たのだった。それまで中か
らやっとの思いで一台を出したあとぼんやりとしているところにやって来た珍客
だったが、ぶっきらぼうに「もう満員です」と私が言ったあとに冒頭の言葉を発
したのだった。「それだったら、ここに停めてください」と駐車場入口に誘導し
た。山下洋輔言うところの「ジャガーチェンジ=豹変」である。「ここを歩いて
行ってください」と通路もご案内してしまった。見れば年格好は30才代半ばと
いった感じで彼女らしき女性と二人連れだった。闇に消えて行く二人を見送って
「楽しめるだろうか」と思った。普段だったらアベックの天地となっているらし
い夕日の滝キャンプ場だが、音楽の現場を目ざしてやって来た地元のお客さんに
遭遇したのは初体験だった。

「ここを教えたお友だちはブルーグラスを知っていたのですか」と聞けば「いや、
知らないと思う」との返事。しかし、やがて疲労が出て就眠。翌日曜日も快晴。
きのうの土曜日よりも一般客が大挙してやって来ていた。「すみません、満杯で
す」とお断りをしているスタッフをお手伝いしながら、ブルーグラス関係者の駐
車場を眺めると、お天気がいいせいか、いつもと違ってみなさんピクリとも動か
なかった。きょうも暑い。三日間、猛暑に見舞われた箱根フェスも初めてだろう。
九州からの「レモン・スライス」が最後の出演を終えてバンガローに戻ってきた。
「あと箱根名物コンベンションが見たい」と言った。午後二時、コンベンション
が始まる前に人気バンドの結果発表が行われた。すると、「第3位、レモン・ス
ライス!」のアナウンス。客席の二人が飛び上がって喜んだ。

初めて参加したデュエット・バンド「レモン・スライス」が、並みいる強豪バン
ドを抑えて3位入賞は快挙。来年のご招待券をいただいたユーちゃんは「ありが
とう」を連発した。間もなく彼らはCDを出す。コンベンションが始まり、お仲
間では「国本武春」さんが出演、即興でうなった。さすがに大先生、明らかなお
客さんの掴み方を披露して拍手喝采を受けた。コンベンションも終了、採点の間
人気投票ダントツ1位の「雑貨屋フレーバー」の演奏がはじまった。ジョニー斉
藤くんの人気は当分続きそうである。さて、帰ろうと東名に乗ると、何と大渋滞。
「どうしてこうなるの?」とのろのろ運転となって帰宅時間は大幅に遅れてしま
ったが、夏休み最後の土日だからと言った妻の一声で納得。帰宅すると我が家の
サッカー小僧が家事全般を整え、静かに待っていた。布団も敷いてあったのだ。
尚、写真は明日掲載します。

もどき&深川少年バッキンタウン・ライブ!リルコミだあ

きょうも猛暑だったが珍しく庭の桜の木に停まっているアブラゼミが鳴いた。
これまではあまりにも暑いとピクッとも鳴かず、涼しくなった夜7時頃から
ガンガン鳴いていた。セミにも寿命があって「時間が無い」のかも知れない。
こんばんは。


来月の3日(金)、新宿区曙橋のバックインタウンに私のお友だちバンドが
二ヶ出演するので宣伝します。つまりは対バン形式なのですが、一つは日大
OBばってん江戸川さん率いる「Mod-ki」で、こちらは元モダンフォークバ
ンドの長い経歴を持つ何でもありの重量級バンド。何でもありとはジャンル
を定めないで、あちこちからつまみ食いよろしくレパートリーを決めたとい
う無国籍スタイル。しかしながら、モダンフォーク路線からは離れないした
たかさも併せ持つ。まあ、粋で楽しめる曲なら何でもの心が広いのが信条だ。
リーダーのばってん江戸川さんとは73年頃だったか、「軽井沢ブルーグラ
スフェスティバル」の準備のため、会場となった場所の草刈り動員をかけた
とき以来のお付き合いである。重量級の意味は、体重はもちろんのことコー
ラスの大迫力も差している。男のバンドという雰囲気が大である。

そしてもう一つはめったに見ることが出来ないブルーグラスバンドの「Deep
River Boys」だ。ここのリーダーは入來重光さんだが、実は私のオー!ジン
・バンドのベースマンなのだ。そうなのだが、1983年5月結成の「ディ
ープリバーボーイズ」の方がメインという怪しい現在進行形でもあるのだ。
この「ディープリバーボーイズ」の売りは、きっちりまとまったストレート
なブルーグラスで、もっと書くとリードボーカルの林さんの歌い方が気に入
っている。バンドネームらしくディープなブルーグラスをやるのかといえば
そうではなく、歌もコーラスも軽快なシティ派のブルーグラスだ。リードボ
ーカリストがしばらく海外出張中だったがようやくカムバック、晴れてバッ
キンタウンデビューとなった。ではそれぞれのメンバーを紹介します。

★Mod-ki

kentaシマザキ:Vocal/Guitar

ばってん江戸川:Vocal/Ukulele

J.S.トーパス:Vocal/Banjo

ジェイク紙箱信一郎:E.Guiar

ドコデモいりきチャン:Bass

★Deep River Boys

林 剛:リードボーカル/Guitar

島岡聖也:バリトンボーカル/Banjo

丹羽靖郎:テナーボーカル/Mandolin

渡辺真人:Dobro

入來重光:ほんの少しBass


9月3日(金)午後7時より~

場所:曙橋バック・イン・タウン

予約:03(3353)4655

チャージ:2,100円(飲食代別)

以上ライブタイトルは「歌うか 飲むか 笑うか」でした。

モンスターペアレンツに遭遇!リルコミだあ

猛暑がぶり返して小平は連日の日干し状態だから仕事にもかなり影響が出る。
これで何日目の猛暑日なのか。数はどうでもいいことだが、たぶん10日く
らいは猛暑日だったんじゃないかとちょっとだけ気になった。現場の毎日、
「オイ、きょうが最高だよ」と会話をしながら励まし合っている。雨が欲し
い~!こんばんは。

というわけで今週末は箱根フェスである。金時山の麓の高原、ン、原っぱじ
ゃないけど金土日、箱根夕日の滝キャンプ場はブルーグラス一色になるのだ。
今年はお盆も何もなくてずっと自宅にいたせいか、めったやたらとひんやり
とした箱根の山が恋しい。きょうなんか現場が外だったので、直射にさらさ
れながら「夕日の滝」を思い出して、あの滝壺に飛び込む自分をイメージし
たりした。ずいぶん前の猛暑日もあの滝に打たれた。友人の正敏さんと迷わ
ず滝に打たれると、冷たくて体の芯まで爽快になるのだった。子どもからゴ
ーグルを借りて滝壺に潜ると「いるわいるわ」お魚が泳いでいるのが見えた。
体に斑点がが見えたから山女魚かイワナか。底の底までは潜れなかったが、
暗い底を見つめて大きな魚も潜んでいるに違いないと思った。今年は九州か
ら「レモンスライス」も合流することになった。自分の中でだんだんと盛り
上がっている箱根フェスである。何といっても涼しいではないか!

午後、近所の内科へ行った。早春以来の喘息気味が治りきらないので予約を
して出かけた。ここは小児科がメインなので待合室などは幼児たちでかなり
騒々しい。赤の他人の私にもしな垂れかかって「おじちゃん!」などと話し
かける子どもさえいた。15分ほど順番待ちしている間に子どもたちを眺め
ていると、大概の子どもが「コンコン」と咳をしていた。親どうしの会話を
聞いていると「夏風邪」らしく、それも子どもたちの間で流行しているそう
だ。やがて中から呼ばれた。夏休み中に日焼けした院長の診察を受けると、
「治らなかったか」と話しかけてきて胸に聴診器を当てたあと、カルテに
ミミズがのたうち回っているような文字をすらすらと書いて終わった。

再び待合室に戻ると大分親子が減っていた。すると新しい親子連れが入って
来て母親が受付をしていた。お父さんも来ていたが、よく見ると5,6才の
男の子を筆頭に、全員マルコメ頭の子どもが5人いるのだった。しかも双子
はいなくて、全部年子のようだ。一番ちっちゃな男の子もよちよちと歩くの
で、ハハン、こりゃお父さんとお母さんの二人でお守りしないと大変だと思
った。まめにプールに通ったのか子どもたちは真っ黒に日焼けして目だけが
光っている。こいつらが強力に暴れ回った。何がおかしいのかゲラゲラ笑い
ながら鬼ごっこをやっていた。床をごろごろ転げ回っている者もいて収拾が
つかなくなっても両親は子どもたちを止めず、二人とも持参した文庫本を読
んでいた。およそ5分経った。

「静かにしなさい!」割れるように大きな声が響いた途端、5人の子どもは
ピタリと静かになった。奥のドアを開けて白衣を着た看護婦さんが親の前に
立った。「ここは患者さんを診察する場所です。静かにさせなさい!」とカ
ツを入れた。それだけ言うと、看護婦さんは奥のドアを開けて姿を消した。
気持ちよかった。私は勇気ある看護婦さんに心から拍手を贈った。こういう
親も形を変えた「モンスター・ペアレンツ」だろうか、しかしその後につい
ては、私は精算を済ませて帰ったあとなので何も知らない。まあ、ときどき
出会ってしまう迷惑親子だった。






お奨め番組「BS1チャンネル12時~1時響け・町の歌声」!リルコミだあ

涼しくてホッと一息を実感した一日だった。夕方のいまは緩い北風が吹いて
気持ちいいがこれは雨の予兆だろう。こんばんは。

長女が下関から関釜フェリー「はまゆう」に乗って昨晩、出発した。きょう
の朝8時釜山着なので、いまごろは釜山市場とかあちこち観光しているに違
いない。出発したきのうの朝、といっても早朝の4時にたたき起こされた。
小平駅まで朝5時頃送れと約束したまではよかったが、午前4時起床とは知
らなかったので、大好きなドキュメンタリー番組を午前1時まで見てしまっ
たので死にそうに眠かったが何とか起きて間に合った。「いまは新幹線が一
番安い」と言って、下関へは品川駅から新幹線移動するのだといった。危な
く「東京駅始発だったら国分寺駅の方が速い」と言いそうになっている自分
に気が付く。いま、新幹線だったら品川駅がベースだったのだ!西武新宿線
小平駅の階段を登って視界から消えていく長女とバイバイしたら、さっきま
での眠気がどこかへ吹っ飛んで気分爽快。早朝4時50分に気分よくならな
くてもいいのに、人間の体って不思議である。それで何を言いたいのかとい
うと、私が見たBBC制作のドキュメンタリー番組「響け・町の歌声」をお
奨めする。今晩で3回目だが、ギャレスという青年音楽家がロンドン近郊の
元気のない町にやって来て、町民を巻き込んだ「コーラス隊」を作って歌わ
せ、批判を受けながらもついに町をあげての大フィナーレを演出して見事に
町に元気を取り戻すというストーリー。もちろん真実の物語で見ていて本当
に興奮する。これは今年の2月ごろに一回放送されたものがアンコールで再
び放映となった。青年音楽家の情熱と町民達がコーラスという音楽に目覚め
ていくストーリーは多少青臭くもないが、展開が素晴らしく、私なんか二度
目だけどまだ新鮮に感動出来るから不思議。単純なのかも知れない。で、放
送時間は毎日BS7チャンネルで午前12時~1時。イギリスBBCはさす
がに上手に作っている。

OLD MOUNTAIN STRING BAND「おそば屋さんライブ」!リルコミだあ

夕方のいま大雨の予感がするほど天が真っ暗になって遠く雷がゴロゴロ鳴って
いる。猛暑も一休みか、有難い。こんばんは。

二日前、昼間の猛暑がそのまま蒸し暑さに変わって首に巻くタオルが必需品と
なっていた夜、「プ~ン」蚊の接近する音がした。思わず手許のハエ叩きを
持って構えると、畳の上に黒くて太った小型のハエのようなものが「ポタ」と
落ちて、そのままヨロヨロと歩いている。「え?」と尚もよく見ると、丸々と
太ったヤブ蚊ではないか。「このやろう」叩き殺してやる!と狙いをつけると
やっぱりヨロヨロして飛び上がらない。何?これ。あれほど神出鬼没で悩める
ヤブ蚊のくせに飛べないなんて変だ。本当に蚊だろうか。「よし、とりあえず
つぶしちゃえ」とハエ叩きを振り下ろした。「パチン」と命中すると真っ赤な
血液がパッと散った。「ウェー、やっぱり蚊だよ」しかも大量の血を吸いすぎ
て、腹が太って飛べなくなっていたのだった。畳に10円玉大に広がったヤブ
蚊の血をティッシューで拭き取ったが、ゴミ箱にポイするとき「この身の程知
らずめ!」とつぶやいた。いったい誰の血液だろうか。危なかった。

近ごろはライブ情報を伝える書き込みも少なくないが、チラシをそのまま仲間
に送る方法をとった「オールドマウンテン・ストリングバンド」の「おそば屋
さんライブ」は非常に興味を誘った。しかし、残念ながら私は別の先約と重な
り行くことは出来ないが、メール慣れした生活の中では出色のお誘いだった。
以下は彼らの意欲溢れる「おそば屋さんライブ」である。


★OLD MOUNTAIN STRING BAND !おそば屋さんライブ!

場所:丸はし 目黒区鷹番3-19-5-B1 Tel.03-3712-9457

日時:8月22日(日曜日)1stステージ午後5時30分スタート
              <入れ替え制>
             2ndステージ午後6時30分スタート
   
    (開場は午後5時)延長はプラス2,000円

料金:3,000円 (1ドリンク+おまかせツマミ+仕上げセイロ付き)

口上:銀座老舗ライブハウス「ロッキートップ」のレギュラー出演バンドで
   ジャンルはカントリーのアコースティック版ブルーグラスを追求中!

予約:絶賛承り中!03-3712-9457まで

以下はムーンシャイナー誌編集長渡辺三郎さんからのイベントお知らせメール
が届きましたので大公開いたします。

ブルーグラス伴情な皆さま、
今年はいつまでも暑いですねぇ。でも宝塚フェスを終えて家に帰った翌8月
9日の夜、ほんの一時ですが秋の匂いがしましたよ。もうすぐです、秋は。

8月もあと半分、恒例の札幌ブルーグラス・フェス(8/21-22)や箱根フェス
(8/27-29)のほか、今年は浜松でホットなバンジョーイベントがあるんです。
わたしも参加するんですが、皆さんも夏休みにいかがですか?
両日の主なイベントは以下の通りです。
詳細は、sab-sanのブログをご参照ください!!
http://fiddleandbanjo.way-nifty.com/
...have fun!! sab

●「学生ブルーグラス・ライブ」
8月21日(土)12:00~14:00。博物館内で東北大学と名古屋大学のバンドが
生演奏。
●「大人のバンジョー講座」
8月21日(土)14:00~17:00。有田純弘と青木 研による30名限定ワーク
ショップ
●「夏休み子供のバンジョー入門教室」
8月21日(土)14:00~15:30。原さとしによる小学4年生~中学3年生の15名、
バンジョー初弾き。
●「バンジョーの響き~その誕生から現在まで」
8月21日(土)18:30~。1960年代はじめからピート・シーガーを通じてバン
ジョーに興味を持ちバンジョー研究をつづける石川修次さんの講演・演奏。
●「バンジョー大博覧会コンサート」8月22日(日)14:00~17:00。ピーター
・バラカンの司会、渡辺三郎の構成で、有田純弘、原さとし、青木 研、
福田淳一郎など、日本のスリーフィンガー/プレクトラム/クロウハンマー
の各スタイル代表奏者を迎えてのレクチャーコンサート。
●「オールドタイム・バンジョー・ナイト」
8月22日(日)19:00~20:00。バンジョーの原初的な風景を見せるオールド
タイム音楽の魅力を紹介するフィドル&バンジョーとクロッグダンスの夜。
横濱バンジョー祭りの「バンジョー・コンテスト」優勝者、ジェフリー山田
や福田淳一郎に高木「バスコ」光介、マイク斉藤、坂野「ヘジャ」恵子ら。
(問)浜松市楽器博物館:053-451-1128


評論家鈴木カツさんから秋の講座のご案内が届きました。今回はグッと親しみ
やすい講座内容ですので是非ご参加を。以下はメールの公開です。

♪BCCで失礼いたします。

秋の明治大学リバティアカデミーの講座が決定いたしました。

ぜひお気軽にご参加ください。土曜日に午後3時から90分授業です。

CD/DVDを駆使して楽しく講義したいとおもっております。

どうぞよろしくお願いいたします。



●アメリカン・ミュージックの巨人たち

~ロック&ポップス黄金時代を振り返って~

第1講 2010/10/23 ハンク・ウィリアムズ

第2講 2010/10/30 エルヴィス・プレスリー

第3講 2010/11/13 ボブ・ディラン

第4講 2010/11/20 ピーター・ポール&マリー

第5講 2010/11/27 カーペンターズ



★詳しくはこちら

好評発売中!

『ボブ・ディランのルーツ・ミュージック』(白夜書房)

『ロック&ポップス名曲事典300』(ヤマハミュージック)

『こだわりアメリカン・ルーツ・ミュージック事典』(NHK出版)

THE DILLARDSのミッチ・ジェインが亡くなった!リルコミだあ

お盆休みの間中猛暑が続きもう疲れました、解りましたから涼しくなって!!
と神頼みの心境です。こんばんは。

13日からきのうまで4日間の夏休みでした。もっと休みたかったのですが、
冷静に予定を見つめると本日から仕事を開始した方がよいと判断。焼けるよう
な強い陽射しの中、現場で作業をこなして午後3時に這々の体で帰宅。途中、
冷やし麦茶をがぶ飲みしながらの作業だったから熱中症にはならなかったが、
シャワーの後でもボーッという感じが残ってシャキッとしない。まあ、水分
の取りすぎなんだろうと考えるが、それにしてもお暑いこって。

我が家はそれぞれの部屋にエアコンが付けられているが、このクソ暑いのに
エアコンを使っていない。昔、ジューンアップルをやってた頃は極度にエア
コンを効かせて「冷房魔」なんて友だちにからかわれてしまったこともあっ
たけど、それがいまではエアコンをほとんど使わなくなったのだから、人間
の変わり身というか自分の体調変化に驚く。小平に引っ越して20年以上も
経ったが、ほぼその年数分、家ではエアコンを使わなくなった。

何故か、は解らない。ただ、東京下町の入谷に比べると気温が確かに低いし、
そのうえ空気も小平はおいしい。その分、田舎ということには間違いがない
けど、そんな外気によって自然と体調と脳みそが変化したのだろうと思う。
まあ、ヤセ我慢もしたな。エアコンは体に悪いらしいよと言った妻の一言も
効いて、確かに我慢を重ねた。しかし、今年の熱波は特別だ。比較的に近い
練馬できのうは38.1度を記録した。普段、体温が35度しかない私など
は倒れる暑さだ。都心の放射熱+太平洋からの熱波は最強タッグと実感。

来年の暑さはどうなるか。8月もようやく半ばを越したので、早くも来年の
心配をしてしまうが、来年もこんなに暑かったら早々に白旗を掲げてしまお
うかな、などと根性無しの気持ちがチラチラと顔を見せる。来年は来年だけ
ど、気になるのは連続的猛暑である。暑いお話は終わりましょう。さて、私
にとってとても大切な「ディラーズ=Dillards」のベースマン、「ミッチ=
MITSCH JAYNE」が8月2日に亡くなりました。1928年7月5日生まれだ
から享年82才でした。合掌。



明るく正しいディラーズ・サウンドと呼んで私と故大森康隆はディラーズを
愛しました。もちろん1963年のデビュー盤「BACK PORCH BLUEGRASS」と
次の「LIVE!! ALMOST!!」を聞いてからファンになった。正確にいうと2枚目
のLIVE!! ALMOST!!を聞いたときに「何て明るくストレートで軽妙なんだろう」
と思った。ブルースっぽく重々しいブルーグラスとは対照的なサウンドがピ
ッタリ来て、大好きになった。1965年に出した「PICKIN' AND FIDDLIN'」
後、突然ウェストコーストロック・バンドに変身する。

「WHEATSTRAW SUITE」が記念すべきウェストコーストロック第一作。このあと
1970年の「COPPERFIELDS」と続く。さて、話しは故人となったミッチの
ことだ。アルバムLIVE!! ALMOST!!を聞いたときに、実に明るい感じでMCを
担当していたのがベースマンのミッチだった。ダグ・ディラードのアーチト
ップバンジョーの音も明るかったが、お客さんが腹を抱えて大笑いさせてい
るミッチの存在が凄かった。英語もよく分からないのにこっちも大笑いした。
このとき、ディラーズって「なんて面白いんだろう」と自分に刷り込んだ。

そのうちにミッチはディラーズで一番年上だということを知った。ダグより
も10才も上だよと故大森くんに言うと、「だからバンドがうまくいってる
んですよ」と言い返すのだった。年上がベースマンでMC担当だと誰も文句
を言えないというのが彼の理論だった。それにMCだけで受けてるから余計
に存在感があった。「一度は生のディラーズを見たい」と思っていると、十
年くらい前、麻田浩さんが呼んでくれて近くでじっくり堪能した。そのとき
のミッチの素晴らしい声をいまでも記憶している。



写真のCDアルバムは「THE DILLARDS/THERE IS A TIME(1963-70)」のコン
ピレーションもの。29曲が収まっているお得なアルバム。代表曲をつまむ
と、BANJO IN THE HOLLOW/DOOLEY/THE OLD HOME PLACE/OLD BLUE/LIBERTY/
THERE IS A TIME/EBO WALKER/COPPERFIELDS/I'LL FLY AWAY/NOBODY KNOWS/
REASON TO BELIEVE/HEY BOYS/などなど。いまでいうストレートブルーグラ
スだけど、彼らが取り上げる数々の曲こそはブルーグラスの原点といえる。





新宿バック・イン・タウンへ行く!リルコミだあ

台風4号の接近通過の影響か小平は朝から猛烈な蒸し暑さに襲われたが只今
夜の7時前、予想外に涼しくなったからホッとしている。こんばんは。

本日は当零細企業の夏休み直前、明日からの連休に備えてクレーム処理など
細々と残り仕事をこなした。「エアコンの中にゴキブリがいる」という苦情
がオーナーの元に届き見に行くと、キャピキャピな若奥様が「ちっちゃな虫
が中に死んでいる」と言った。ゴキブリですかとの私の問いに「ゴキブリら
しい」と若奥様は訂正した。洋室のてっぺんに据え付けられたエアコンを分
解しても虫は発見できず、「見当たりません」と若奥様にもいちいち確認を
してもらったので、そのまま了承してもらう。ゴキブリがエアコンに近づき
中を物色することはほとんど聞いたことがない。何かに怯えて天井近くにま
で逃げることはあっても、それ以外でエアコンに侵入しても食料になるもの
がないし寒いのでゴキブリにはメリットがないことから、きっとゴキブリじゃ
なかったのでしょうと説得、どうやら理解した様子だった。このような軽い
クレームを2件ほど処理して仕事は完了。

昼食後、お茶の水~神田界隈と曙橋バック・イン・タウンへ「エルビス吉川
イン・バック・イン・タウン」のチラシを配布に行く。水道橋の「オン・ザ
・ボーダー」に行くと、北農店長がにこにこ電話中。やがて電話を置くと
「ヤーヤー、ご無沙汰!」と握手、お互いの健康を話し合った。何でもご兄
弟を病気で亡くして以来、健康には一段と気をつけていると言いながら、私
の健康を気遣っていた。持って行ったチラシを見て「おお、エルビスさん。
貼りましょう」と言ってもらい感謝。「俺の子どもがクラレンス・ホワイト
が好きだってよ」というと「へーッ」と驚いていた。わしらの仲間が増えた
よと伝えたが、北農店長も大変なクラレンスマニアだ。そのうち引き合わせ
ることもあるだろうと言って店を後にした。

次の御茶ノ水駅に下りた。ここは楽器店がひしめいている場所で、昔だった
ら私のホームグラウンドである。イシバシ数店舗、ディスクユニオン、カワ
セ楽器など70年代はほぼ毎日通った町である。いまはどうか。30年、
いや40年近くも経っているぞ、知り合いは皆無だから困ったぞ。なかなか
お店の人に話しかけるタイミングが見つからないぞ。ずるずると駿河台下
まで流れると、あとはギターワークショップに行くしかない。幸いなことに
店長はバッチリいた。「エルビスのチラシを貼って宣伝して」と頼むと
「あいよ」と二つ返事。「こないだも満員だったらしいね」6月にやった
「うれしたのし」の神田ケースワン・ライブのことを言っているのだった。

店長は子どもの結婚式に出席した話しをした。「広島まで行ったが、息子に
会社の上司に挨拶を頼まれて往生したよ」息子が広島勤務中に相手と知り合
い結婚したけど、相手は教育一家で育ったらしく、一族みんなが堅苦しくて
疲れた。お金もかかった。こっちでやってくれればいいのに、うまくいかな
いよ。嫁の実家も見たけど、新しくてでっかい家だった。学校の先生っての
は金あるんだねえ。元カワセ楽器で辣腕をふるった店長も独立開業して今日
に至るが、還暦を越してから話すことが湿っぽくなる。「吉祥寺で一杯やる
か」と言い合ってお店を後にした。外に出ると、途端の大雨。都営地下鉄新
宿線「小川町駅」へ走る。ネクストは目ざす「バッキンタウン」である。

バッキンタウンに着くと午後4時だった。すっかり雨があがっている。店内
に入るといきなりステージの音がした。「お、シメだ」と思ったら、練習中
のシメが大きく右手をあげて合図してきた。バッキンタウンのブッキングマ
ネージャー、安井さんにお会いして11/6日のエルビス・オン・BITの
打合せを行った。「9月に入ったら宣伝を始めます」と力強い言葉を頂戴し
て、お互い「超満員を目ざそう!」と固い握手をし合った。私もこれから
あらゆる手段を行使して集客につとめなければならないので、握手をしなが
らキュンと心臓のあたりが引き締まった。がんばろう!!ステージではシメ
が「ケンタッキー・ワルツ」を練習していた。リードギターがなかなかいい。

ステージまで近寄ってシメに改めてご挨拶をした。うしろにベースマンの林
さんも片手を上げてご挨拶。「ジンさん、ハイこれお土産です」と渡して
くれたのが「SHIME祭り」とタイトルされたSHIME Birthday Liveのチラシ
だった。「是非これをよろしく」と気合いを込められたので以下の宣伝です。



★SHIME Birthday Live "SHIME祭り"

★2010年8月20日(金)

open18:00~お食事タイム

1st set19:30~/2nd set21:15~

料金:¥3,500(当日¥4,000)

★ご予約受付:ラドンナ TEL.03-5775-6775(11:00 - 23:00)

★Music Restaurant Ladonna
150-0001東京都渋谷区神宮前4-28-21
ハーモニー原宿B1
www.la-donna.jp

尚、バンド及びゲストは以下の通り。

バンド
SIME(vo,ag) 、 宇戸俊秀(key) 、
丹菊正和(vo,dr,per) 、古橋一晃(g) 
林 孝明(vo,b) 以上SOUTHBOUND

ゲスト
西海 孝(vo,g)、尾崎博志(Pedal Steelgt )
satchica(CHICA/vo&ag,sachiko/vo&ag)

以上、SHIMEをよろしく!!


MoonShinerの8月号が届きました!リルコミだあ

朝方激しく降っていた雨がお昼にはすっかり晴天に化けてしまい再び暑い夏が
戻って来たなと身構えています。こんばんは。



ムーンシャイナー誌8月号が届いていました。ここのところ仕事が混んでいて
ゆっくりする時間もないくらいだったが、きょうは朝雨が降っていたので現場
がお休みとなった。久しぶりに「マイタイム」を満喫、何やら古すぎるバンジ
ョーが大量に写っているムーンシャイナーも広げて見たのでした。表紙の古い
バンジョーは浜松市立楽器博物館所有の一部を大社優子氏が撮影したもの。尚、
楽器博物館では2010年特別展「バンジョー大博覧会」が8月一杯開催中で
ある。帰省のついでにふらりと立ち寄ってみても損はない。

しかし、今月号で最も私が驚いた記事は「ブルーグラス・レジェンドを訪ねて」
のページに横浜在住の親友、いや敬愛するブルーグラス大先輩の宇佐見勝彦さん
が特集されているではないか。バンジョーを持ち下駄を履いている格好は傑作
でした。記事中には「日本で初のブルーグラスフェスを開催した人」と紹介
されている。間違いなく伝説の人である。ページをめくると出て来ました古い
1970年のステージ写真。トリオコーラス中のワンショットだと思われるが、
楽器を持っていても暗い服装のせいか大学の応援団の雰囲気、ギター氏などは
ギターを後ろに回しまま口を突き出して歌っている様子が時代的だった。この
とき宇佐見さんは愛用のギブソンF5を弾いている。是非聞いてみたくなった。

さて、間もなくお盆休みに突入するが、今年の私は毎年の実家行きも自粛した
のでうれしい大連休となる。ただ、仕事がいまのところ混んでいるので、うれ
しいことにどこで区切りをつけるか迷っている最中だが、適当に休むつもり。
旅好きの長女は商工会議所勤務となってから小休止していた海外への旅を復活
させるのか韓国釜山へ行くそうだ。数年前、私もお仲間で旅行した場所なので
釜山を聞かれたら教えてやろうと考えていたが、まだ一度も長女からの質問は
ない。もっとも金銭感覚が身に付かず、タクシーその他に十倍もの円を払って
いたから教える身分ではないのだが。まあ、海外旅行はいいものだよね。

第一回茅ヶ崎ジャンボリー2010!リルコミだあ

きょうの朝は涼しすぎてビックリ。たまにはこんなサービスも大歓迎だ。
こんばんは。

本日は「長崎原爆の日」。午前11時すぎ青梅街道駅すぐの現場で合掌黙祷
をする。二年前、鹿児島の知覧特攻平和会館を訪ねて以来、広島長崎の原爆
の日には黙祷を捧げている。ただ、こんなピリピリした日、管首相は広島原
爆の日記念式典出席後の記者会見で、「核抑止力は必要だ」と発言。日本国
の総理大臣が原爆の日に言うことかと私はがっかりした。やはり首相の器で
はない人だと改めて思った。朝日新聞も小さく報道しているのが目立った。

先週の土曜日午後、東急田園都市線の「あざみの駅」で横浜市営地下鉄に乗
り換えて「センター北駅」で下車。徒歩5分のメモワールーホール都筑で開
かれたT島家の告別式に参列した。故人は83才で逝ったNっちゃんのお母
さんだった。式の途中でお孫様たちによる「浜辺のうた」がしみじみと唄わ
れて、そして演奏された。バイオリンが二本とギターだったが、思いがけな
かったので本当に心に染み込んでグッと来た。故人とはロッキートップで数
回お会いしたことがあったが、棺の中のお顔はお元気なときの半分に見えた。
合掌してお別れした。静かなとてもいい雰囲気の告別式だった。Nっちゃん、
そしてT島家の皆さま、大変お疲れさまでした。

告別式で後ろを振り向くと、バンジョーマンM井さんの目と目が合った。
「アメリカのフェスに出演したらしいね」と言うと、「オーエンズボロのフ
ェスだった。アップル・シードで出演した」と言うと、「うーん、ああいう
のをサイコーって言うんだろうね」と顔がクシャクシャにして豪快に笑った。
S部さんに声を掛けられて「行くしかない」と決断して会社を休んだんだ。
ちょうど会社が「有休を取るように」と社内キャンペーンを始めていたから、
「じゃあ、俺が取ろう」って。運がよかった。「やっぱり、むこうのフェス
は違いますねえ。サウンドPAも素晴らしかった」

「ベースのマーク・シェッツと演奏したけど、上手で本当にしびれた。ああ
いうリズムを若いうちに体験すると、きっと人生が狂っちゃうんだろうね」
幸いにぼくは若くなかったからよかったけど、人生がおかしくなるほど「こ
れか!」と思ったビートだった。もちろん、初体験だった!「登戸駅」まで
送ると車を出してくれたM井さんとの会話は弾みっぱなしで、あっという間
に登戸駅に着いていた。「あとは箱根フェスで」と車外に出ると、よろける
暑さだった。今月末8/27,28,29日は恒例箱根フェスである。

茅ヶ崎市在住の友人から「茅ヶ崎ジャンボリー2010」のお知らせメール
が届きました。友人もスタッフとして参加となるらしいが、全国的な野外音
楽ブームに茅ヶ崎も乗った格好か。以下はメール公開です。

暑中お見舞い申し上げます。
ご無沙汰しています。
過日ご連絡しました茅ヶ崎のイベントの件です。

(飾り)COUNTRY & BLUEGRASS MUSIC
(英タイトル)CHIGASAKI JAMBOREE 2010

(キャッチ)その日、里山公園がアメリカになる!?

(飾り)茅ヶ崎・里山公園で初開催
(飾り)カントリー & ブルーグラスミュージックの祭典
(和タイトル)茅ヶ崎ジャンボリー 2010

参加無料
日時:2010年9月23日(秋分の日)午前10時~午後5持
場所:里山公園特設ステージ
※茅ヶ崎駅北口よりシャトルバス運行

(飾り)湘南のアマチュアから全国で活躍するプロまで13バンドが集結!
(飾り)一日中、カントリー&ブルーグラスで里山公園を埋め尽くす!
(飾り)アメリカンフードやドリンク、ウェスタングッズやCD・DVD、地元物産店
などのショップも多数出店!

出演バンド:湘南ブルーグラスバンド / フライドバンド / オレンジブロッサム
/ フォルクローレバンド / ハッピーマウンテンボーイズ / ステージコーチAバ
ンド / 辻堂ミッドナイトランブラーズ / ザ・マーム / ぼちぼちピッカーズ /
耳夢 / J-プロジェクト・バンド / アッシュグローブ / 片山誠史バンド

主催:茅ヶ崎市観光協会/茅ヶ崎ジャンボリー実行委員会
後援:茅ヶ崎市 / (財)神奈川県公園協会 / 茅ヶ崎商工会議所 / TVKテレビ /
J-COM湘南 / FM湘南ナパサ / 83.1FM レディオ湘南 / 湘南リビング新聞社 /
(株)タウンニュース社 / 湘南いどばたかいぎ / 情報誌ぱど

問い合わせ:茅ヶ崎観光協会 電話:0467-84-0377

65年目の広島原爆の日!リルコミだあ

猛暑は一休みだったが小平は蒸し暑かった。こんばんは。

たったいま広島方向に向かって合掌して黙祷をいたしました。
きょうばかりはアメリカは大嫌いです。コンチキショーです。

首都高速道路を考えて見た!リルコミだあ

きのうと今日は空気が乾いていたせいか日影にいて風が吹くと涼しかった。
爽やかな気分になれた分得したが、関西や九州は軒並みに高温で暑そうだ。
今年で39回目の「宝塚ブルーグラスフェスティバル」が本日より日曜日
まで開催。全国のブルーグラスファンが集結する。私は10回目まで10
年間行ったが、とにかくこの時期は暑くてバテる。熱中症にご注意あれ。
こんばんは。

高速道路のことを考えた。というのは先日、関西よりのバンドをお迎えに
首都高速を利用して羽田空港のターミナル1(JAL側)に着いたまでは
よかったが、やがてバンドメンバーたちは到着ロビーから登場して「いら
っしゃ~い」とご対面、「では車をすぐ前まで」持ってくるねと私は駐車
場のエレベーターで5階まで上がって自分の車を見つけ、「ヨシッ」と思
った。ごく普通に精算を済ませて外に出ると、いきなり「なんじゃこれ」
が出て来たのだ。つまり、道路が四方八方行き先が沢山ありすぎて、ター
ミナル1のリムジンバス乗り場への道はどこなの?と、頭の中には???
記号が満タンになって思わずノロノロ運転をしてしまった。案の定「プー、
プー」とケツにいるドライバーから「早く行け!」と催促され、「えーい、
こっちだ」とハンドルを切って進むと、なんと、そこは高速道路だった。

高速に乗った瞬間に「ダメだ。大ミステークだぞ」と思ったが、まずは私
と車を空港ロビーで待っているメンバーに携帯して私の窮地を告げなけれ
ばならなかった。幸いなことにお迎えには妻も同行していたので路側帯に
車を停めて携帯を掛けて「道を間違えちゃって、羽田空港から離れていく
ばかりで、迎えには行けない」と告げて、みなさんを徒歩と電車でお連れ
するように頼んだ。私の大ドジだったが、こんなことは生まれて初めての
ことで、よもや羽田空港で道を間違うとはみっともないこと夥しかった。
結局、高速道路って場所には「出口」が非常に少ないことを問題にしたい
のだ。私も高速道路に入った途端に「ダメだ」と思ったほどに「出口」が
少ないことはピンと来ていた。だから、絶対に間違えられない場所で間違
えてしまったことは反省するけど、空港にはもう少し解りやすい表示看板
に直してもらいたいと思った。

まず、首都高速は入口と出口は同数で同じだという。現金を先取りしてお
いて出口が少ないとはおかしくはないか。通行料金を先に徴収できるんだ
ったら、どんどん資本の回転をあげて商売をするのが普通だろうと思った。
そう、出口をどんどん作って出たい人にはぼんぼん出てもらう。これで料
金前取りの原理原則が働くわけで、私にとっても納得がいくのである。
ところが、羽田空港で間違えて高速道路に乗っかってしまったら、遥か彼
方、大井町でしか出口が無い。出たいのに出られない糞詰まり状況が焦り
を呼び、間違いを起こす元になるではないか。高速道路の利便さや開放感
は十分過ぎるほど知っているが、出たいと思ったときに出られる「出口」
が欲しいと考えた。第一、その方が回転が上がって明らかに儲かるではな
いか。何のための料金先取りだと思った。高速道路のせいにしてる感も
あるけど。




我が家のサッカー小僧はMULESKINNERが好きだった!リルコミだあ

強い風が吹くので日陰は涼しい気がしたきょうの小平だったが陽射しは相変
わらず強くてジリジリと暑かった。こんばんは。

我が家のサッカー小僧がこの一年間、サッカーの合間に聞いた音楽のベスト
は「MULESKINNER」だと言った。中でもクラレンス・ホワイトがグッドだと
言うのである。そういえば私の部屋でサッカー小僧がミュールスキナーの
ライブビデオ(テレビ出演の)を見ている場面に何度か遭遇したことがあった
が、まさか我が子がここまでブルーグラスを聞ける子どもだとは正直考えて
もいなかったので、うれしいと思うよりもドキドキして親の私が硬くなって
しまった。二三日前、夢弦堂で調整してもらったバンジョーをカンカンと弾
いているサッカー小僧をつかまえると、思いがけなく会話が弾んでブルーグ
ラス談議に発展、その中からクラレンス・ホワイトという私にとっては神の
ような存在の名前が飛び出した。クラレンスのことを特別に教えたことは無
かったはずだと思いながらも「どんなところがいいのか」と試しに聞くと、
「誰よりも上手に聞こえる」という答えが返ってきた。偉い!さすがに我が
子だと小躍りして感激したが、決して傍目には見せられない親馬鹿ぶりでも
あった。馬鹿親の息子はいま、サッカー小僧はプロのサッカーコーチを目指
して小平一中のコーチをしている。時給で給料が支払われるが、朝練とか
まとまった練習の多い夏休み期間中は稼ぎが多いらしい。合宿にも参加する
が費用は学校持ちだという。顔は年中黒く、笑うと白い歯が目立つ。体の
どこを押してもカチンカチンで筋肉の鎧を着ているような感じだ。まるで音楽
に縁の無い環境でもiPodで聞いていると言っていた。また一年後に会話
したらどういう風に好みが変わっているのか。想像するだけで楽しいのだ。


近ごろはNHKFMにも出演したムーンシャイナー編集長のサブロー氏から
「宝塚ブルーグラス・フェスティバル」のお知らせメールが届きました。
うっかりしてたら今週の5日木曜日に開かれるんですね。以下はメール公開
です。

ブルーグラスな皆さん、暑いですねぇ今年は!!
さて、今週木曜日(8月5日)の夜から、日曜日(8月8日)のお昼ごろまで、
第39回宝塚ブルーグラス・フェスがはじまります。
以下、B.O.M.のサイトでプログラムを発表しています。
http://www.bomserv.com

今年は、日中の日照りを避けるため、ステージを林の中、午前中から涼しい渓流
の横に移すことにしました。みなさんに土曜日のバンドを目一杯楽しんでいただ
けたらと考えました。

金曜日と土曜日には、神戸大学の有志が冷たい飲み物や食事を用意してくれます。
何も持ってこなくても、死にません!? あ、観戦用の椅子だけはあった方がいい
ですけど……。

そしてジャム好きの人は、木曜日と金曜日がミソですよ!! 会場は出入り自由
ですので、フェス会場から出社するというつわものもいます。いっぱい遊びま
せんか? 楽器を持って、ブラッとおいで下さい!
以上、詳細はブログもご参照ください。
http://fiddleandbanjo.way-nifty.com/

ただただ「ブルーグラスだけの場所」をマルチデイで確保することを考えて
やってきました。いくら音を出しても文句を言われず、また家に帰る時間の
心配なく、思う存分ブルーグラスと仲間に浸ること、それだけがマルチデイ・
フェスのキモだと思っています。今年もよろしくお願いします。
sab

**********
月刊ブルーグラス専門誌「ムーンシャイナー」は創刊27年目を迎えています。
今後とも、情報提供、寄稿、広告入稿、また定期購読などのサポートをお願い
します!
●ムーンシャイナー編集長:渡辺三郎、http://www.bomserv.com/MoonShiner
●サブさんのブログ、http://FiddleAndBanjo.way-nifty.com
**********


お馴染みバッキンタウンの9月スケジュールです。以下は★大公開です。

日頃より大変お世話になっております。
本日は、曙橋 Restaurant & Live Music 「BACK IN TOWN」より
2010年9月のライブ・スケジュールをBCCでご案内させていただきます。

ご来店の際には事前にお電話かインターネットでご予約くださいますよう
よろしくお願いいたします。

Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN"
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 TEL03-3353-4655
http://homepage3.nifty.com/backintown/
backintown@nifty.com

----------------------------------------------------------------
1日(水) <19:30~ :MC\2,625> PIG-INN(河合徹三、夏目一朗、
金武 功)
     ♪個性豊かな三人のミュージシャンによるスペシャル・
      ユニットです。
----------------------------------------------------------------"
2日(木) <19:30~ :MC\2,625> LauLa(ラウラ)
     ♪湘南出身。松井貴志、来海大(ライカイヒロシ)の二人によるハワイ
     アン・デュオ。
----------------------------------------------------------------"
3日(金) <19:30~ :MC\2,100> Modo-ki Deep River Boys
"    ♪Folk & Roll Music の Modo-ki とブルーグラスの
      Deep River Boys  競演ライブです。
----------------------------------------------------------------"
4日(土) <18:30~ :MC\2,100> JCコーナーストーン 17:00オープン
"    ♪Yuko(Vo) 五十嵐ジュン(G) 島野美佳子(Key) 五十嵐遣(Dr)
      松井毅(B) トム兼松(G)
----------------------------------------------------------------"
6日(月) <18:00~ :通常営業> ギターインスト・ナイト
"    ♪マイギターでギターインストの夜です。ギタリスト大集合!!
----------------------------------------------------------------"
7日(火) <19:30~ :MC\2,500> 坂本愛江 with 古橋一晃、榎本大介、
      林孝明、松崎智浩、尾博志
"    ♪カントリーシンガー""坂本愛江""のソロ・ライブ活動が
      ここBITからスタートします。
----------------------------------------------------------------"
8日(水) <19:30~ :MC\2,100> 大橋健治
"    ♪昔ながらの弾語りで日本のフォークソングをお届けします。
----------------------------------------------------------------"
9日(木) <19:30~ :MC\3,000> 生田敬太郎、斉藤哲夫、シバ、三上寛、
      よしだよしこ
"    ♪凄いぞ!日本のフォーク。 ~曙橋フォーク・ジャンボリー~
----------------------------------------------------------------"
10日(金) <19:30~ :MC\2,100> Bluegrass 48/ブルーグラス48
"    ♪大人の楽しいブルーグラスをお届けします。
----------------------------------------------------------------"
11日(土) <19:00~ :MC\4,200> 田山雅充 with 濱田金吾、小坂きよし、
       松藤一英、みっきい石内
"    ♪約一年ぶり。お馴染みのメンバーでラブソングの数々を歌います。
----------------------------------------------------------------"
12日(日) <18:30~ :MC\3,675> 功刀丈弘(Fiddle) 福江元太(G)
       田中良太(Perc) 17:00オープン
"    ♪BIT初登場。関西よりやってまいります。
       アイリッシュ・フィドルをお届けします。
----------------------------------------------------------------"
13日(月) <19:30~ :MC\2,100> Super Country/尾博志、青柳まみ、
       古橋一晃、鈴木庸祐、橘頼紀
"    ♪トラディショナルから現代のものまでフレッシュ・
       フィーリングでお聴かせします。
----------------------------------------------------------------"
14日(火) <19:30~ :MC\2,625> 六角幸生 with 続木力(BH) 山村隆一(B)
       小泉清人(G)
"    ♪カントリー・フレーバーあふれるスタンダード・ジャズを
       お届けします。
----------------------------------------------------------------"
15日(水) <19:30~ :MC\2,625> Little Jive Boys/藤井康一、恵福浩司、
       照本 史
"    ♪演奏&お笑いは迫力満点! Little Jive Boys を体験すると
       誰でもハッピーな気持ちになれます。
----------------------------------------------------------------"
16日(木) <19:30~ :MC\3,150> SHIME, Satchica/sachiko, CHiKA &
       林孝明(B)
"    ♪ BIT2度目の登場。コーラス・アンサンブルが実に素晴らしい
       アコースティック・ユニット。
----------------------------------------------------------------"
17日(金) <19:30~ :MC\4,200> SLOW DOWN/浜田良美、笛吹利明  
       ゲスト:エルトン永田
"    ♪はがねのボーカル浜田良美とアコースティックギター笛吹利明
       のユニット「スローダウン」です。
----------------------------------------------------------------"
18日(土) <18:30~ :MC\2,100> Reunion 17:00オープン
"    ♪Peter, Paul and Mary のカバーを中心に、結成11年目の
      ハーモニーをお楽しみ下さい。
----------------------------------------------------------------"
19日(日) <13:30~ :MC\3,150> わたりあずさ  ゲスト:Kasey J. Hughes
       昼の部 12:30オープン
      <19:30~ :MC\3,150> わたりあずさ ゲスト:Kasey J. Hughes
       夜の部 18:30オープン
----------------------------------------------------------------"
21日(火) <19:30~ :MC\3,150> Sunset Riders/サンセット・ライダーズ
"    ♪レパートリーは「イーグルス」100%!ウエストコースト・
       サウンドを堪能して下さい。
----------------------------------------------------------------"
22日(水) <19:30~ :MC\3,150> 東郷昌和
"    ♪デュオ""BUZZ""の東郷昌和、BIT 2度目のソロライブです。
       毎回ゲストが登場。今回は?
----------------------------------------------------------------"
24日(金) <19:30~ :MC\2,500> Ash Grove/山本喜充、北農英則、
       原さとし、茂泉次郎、三上保
"    ♪ウエストコースト・ブルーグラスを中心にカントリータッチ
       なものもレパートリーにしています。
----------------------------------------------------------------"
25日(土) <18:30~ :MC\2,100> THE FOLK WAVE 17:00オープン
"    ♪結成45年。""The Brothers Four""スタイルのフォーク
       グループです。
----------------------------------------------------------------"
26日(日) < :> 貸 切
"    ♪
----------------------------------------------------------------"
27日(月) <19:00~ :通常営業> 弾語りナイト
"    ♪マイ・ギターでJ-Folk, American Folk をBITのステージで
       歌いまくって下さい。
----------------------------------------------------------------"
28日(火) <19:00~ :通常営業> ブルーグラス・ナイト
"    ♪ブルーグラス好きはMy ギター、バンジョー、マンドリン、
       フィドルで大集合!!
----------------------------------------------------------------"
29日(水) <19:30~ :MC\2,100> 青木 研
"    ♪超絶テクのフラットピッキング奏法。世界を代表する
       4弦プレクトラム・バンジョー奏者
----------------------------------------------------------------"
30日(木) <19:30~ :MC\3,150> 謡象(うたかた)/伊東正美(G)
       太田佐和子(Key) トシ(Perc) 河合徹三(B)
"    ♪今回はボーカルに石井春花、平良千春の二人を迎え新たな
       謡象をお届けします。
----------------------------------------------------------------"

夏休みの思い出!リルコミだあ

猛暑が続いた7月が終わり昨日から8月となった。きょうも蒸し暑かった。
本日の現場は高円寺南口の4階建てビルのだったが、ここで作業をすると
特別大量に汗が出て、夕方終わるまで朝から結果的に一回もトイレに行か
なかった自分に気が付く。全部汗になって外に出たのだ。3リッターくら
いの水分補給をしているのにである。つくづく人間の体は不思議なものだ。
こんばんは。

8月といえば夏休みで、遊びに夢中で勉強どころじゃなかった。もちろん
子どもの頃の話しだが、小学生のときは兄に連れられて行く「鮎の引っか
け漁」がおもしろくて、雨が降って川が増水していかにも危険なとき以外
は毎日出かけていた。引っかけ漁の道具は、長さ1.5メーターの竹竿の
先に、ゴムと大きなハリが巧妙に仕掛けられた「引っかけ竿」である。こ
れを持って川の浅瀬の真ん中を流されて行きながら、比較的大きな石につ
いている鮎を見つけると、狙いを定めて利き腕で「エイッ」と引っかけて
獲るのだ。利き腕という意味は、もう一方は流れに逆らって体を停止させ
ているために使っているからだ。都合よくハリに鮎が引っ掛かると、竹竿
の先からゴムの付いた仕掛けが鮎の重みと共に外れ、鮎は哀れ万事休すと
なるのだ。上手な大人たちだと半日で100匹は獲る。ところが子どもの
僕らには流れがきついし、竹竿も意外と重くて自由がきかない。

「ここから流れてみる」とはじめて、およそ100メーターくらい流れて
下っても鮎の姿を見つけることすら出来ない。午前中いっぱい夢中になっ
て繰り返しても、せいぜい1、2匹獲れると自分では大漁だった。しかし、
川の中は浅瀬といっても実にワンダーランドで、ときどき真横を恐ろしい
スピードで青い大きな魚が登って行ったり、おそらく30匹くらいの集団
を作って石のまわりでグルグル泳いでいたウグイと出会うなど、まったく
の別世界がそこに展開されていたから夢中になったのだった。ある日、僕
らの前に川漁師が船で流れてきた。「少し休ませてもらうよ」というと船
を停めて、「ヨイショ!」と船から降りた。真っ黒い顔に精悍な目が似合
う若者だった。僕らは異星人を見たように緊張した。「みんなは淵って知
ってるのか」と聞いたので、全員首を横に振って知らないと言った。淵は
川の流れが淀んで5,6メーターも深いところだが、君たちが遊んでいる
すぐ下の青くなっている場所がそうだと川漁師が言った。

偶然そこの淵に流されて行く前に戻っているが、「あそこに沈むと二度と
浮かんで来ない」だから、ここは危険な場所なんだぞ。いまから俺が淵に
入ってみるから、どこから浮かび上がるか見ていろと言うと、お兄さんは
パンツ一丁になってモリを持ってゆっくり流れるとすぐに青い淵に吸い込
まれた。僕らは凄まじく恐い気持ちに支配されていたが、全員で川の青い
淵を見つめていた。浮かんで来ない。「もう3分過ぎてる」と腕時計自慢
の子が叫んだ。「あ、あそこだ!」と一人の子が指を差して叫んだ。何と、
ずっと下流の100メーター近くも流されて、ようやく浮かび上がったお
兄さんが手を振った。「川には違う流れがぶつかる場所がある。川底が掘
れて非常に危険な淵といえる」とようやく戻って来た川漁師のお兄さんが
言った。君たちが青年になったら淵に潜ってもいいが、いまは溺れて死ぬ。

そう言うと着替えを済ませて、お兄さんは颯爽と船で下って行った。その
ことがあってから、僕らは「鮎の引っかけ漁」をやめた。なぜかというと
引っかけ漁はほとんど後ろ向きに流れて鮎を引っ掛けるから、その先が淵
になっていても気が付かないという危険な漁だと教えられたからだ。でも
還暦をすぎたいまだったらやってみたい。ちょっと恐いけど、ね。しかし、
子どもの頃に遊んだその川は上流にダムが出来たおかげで、いまは魚が住
まない死に川となっている。

お馴染み!北村謙ちゃんの全国食べ歩き、じゃあなかった、失礼しました。
バンジョーひとり旅のライブお知らせメール大公開でした。
暑さに負けずがんばれよ、謙ちゃん。

猛暑中!お見舞い申し上げます。あぢ~~~ぃ!人間の体温のような気温。
誰かとひっついているような感じです。お元気ですか?この暑さの中でも
ライブは続きます。
                           北村 謙
##################################################################

2010年8月1日(日) 北村 謙 Banjo ひとり旅 ~Nylon~ サロン・ド・あいり 
神戸市中央区雲井通4-1-23アスティ三宮207(SSGボウリング場隣り)
16:00~17:00(食事) 開演17:00
参加費¥5000(お食事・1drink付)  公演後の交流会費用も含む。
問・078-241-1898サロン・ド・あいり

###################################################################

new unit B.B.S. 始動!
Banjo 北村 謙 Bass 森 巧美 Sax 河内 雅士
2010年8月14日(土) 『北村 謙 Banjo ひとり旅』 BBS
5th street吹田市泉町5丁目1番39号
開場18:00 開演19:00
前/¥2500 当/¥3000
問TEL 06-6386-9114
HPからのご予約は 5th street

###################################################################
2010年8月18日(水) 北村 謙 Banjo ひとり旅 ~Nylon~
拾得京都市上京区大宮通下立売下る菱屋町
開場 17:30(お店の開店時間です。軽い食事も出来ます。)
開演 19:30
前売 / ¥2500 当日 / ¥3000
お問い合わせは 075-841-1691 拾得
HPからのご予約は OFFICE KEN Order form

###############################################################

new unit B.B.S.
2010年8月20日(金)  『北村 謙 Banjo ひとり旅』 BBS
OLD TIME和歌山市北新5丁目70ひめビル1F
OPEN19:00 START20:00
前/¥2500 当/¥3000 
問073-428-1950
HPからのご予約は オールドタイム

##############################################################

久しぶりの顔合わせです。
2010年8月31日(火)
ハーモニカライブ「む雀新発見」
周食堂(あまねしょくどう)大阪市福島区大開1-4-5
出演:桂む雀(ハーモニカ)あらいなおこ(ハーモニカ)
北村謙(歌・バンジョー)野本有流(歌・ギター)
桂九雀(クラリネット)
開場:18:30(お食事はこの時刻からできます) 開演:19:30
お問い合わせは電話/FAX06-6462-6722

#############################################################

新しい試み ~Nylon~ ・新しいユニット BBS・久しぶりの顔合わせと
どれも面白いライブです。是非お出かけください。このメールの返信
でもご予約いただけます。
                      OFFICEKEN

まだまだ暑い日が続きます。熱中症に気を付けてくださいね。
夏の終わりに北陸三県ツアーを企画しました。北村 謙

#############################################################

2010年8月25日(水)『北村 謙Banjoひとり旅』
フォークBarひろき
福井県敦賀市本町1丁目10-29 松田ビル2F
開場 19:00 開演 19:30
前/¥2000 当/¥2500
お問い合わせ・ご予約は0770-25-3097

############################################################

2010年8月26日(木)『北村 謙Banjoひとり旅2010年 夏の終り』
もっきりや
石川県金沢市柿木畠3-6
北村謙(banjo,vo) 石川尚人(g,vo)
開演19:30
前売り¥2500  当日¥3000
お問い合わせ・ご予約は 076-231-0096 もっきりや

##############################################################

2010年8月27日(金) 『北村 謙Banjoひとり旅』
 洋食酒茶家タベタリーテ   
 
富山県砺波市中村146-1砺波市役所裏 中村踏切横 
 
北村 謙(Banjo/Vocal)
 
開場 18:00 開演 19:00
 
前/¥3000 当/¥3500(1drink)
 
お問い合わせ・ご予約は 0763-23-6092 タベタリーテ

############################################################
八尾町の『風の盆 前夜祭』にも立ち寄ってくるつもりです。
                      北村 謙






«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
ライブのお知らせ
NEW !
イッツア・クライングタイム
5月5日
170405kodairact.jpg
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ