AX

2010-12

Latest Entries

本日で書き納めです。新年は6日からだぞ!リルコミだあ

本日で最後の仕事が終了。来年で70才になると自分から言って他人のプライ
ベートにずけずけと入ってくる嫌いなタイプのおばあちゃん宅の床ワックス塗り
が2010年最後の仕事だった。明日はローリングビーンズの「ギャザリング」で
歌ったり、夜は「レオナ結婚ライブ/バッキンタウン」に出席するなどかなりハー
ドな一日となりそう。それでも今年も無事に一年間を通せてよかった。先月はカ
ゼが長引き二週間近く仕事が出来なかった。咳、熱がひどかったが、「体力を」
付けましょうと看護士に言われて実行すると正しく体力が勝ち、結果カゼはバイ
バイと去って私元気になった。還暦をすぎると思いがけなく病気が長引くようだ。
日常の若い気分がカゼを気軽に考えさせるのだろうが反省している。

さて今年もブログを継続出来ました。日記を書くことは何でもないことだが皆さ
んに公開しながら毎日書くとなると自分の中から新しいモチベーションを探し出
して、それをテコとかバネにしなければ続かない。私の場合は我が家のサッカー
小僧と友だちのおかげである。山口さとし、本間正敏、柴木健一、いいだこ、西
貝清、おっくん、トシロー、エルビス吉川、須貝重太、伊藤正章、入來重光、上
野秀雄、島崎爽助、亀野達夫、近江謙二、そういうわけで感謝を申し上げます。
新年は8日に小平コンサートが控えているため、6日から書き始めようと考えて
いる。さて、みなさん、2011年は是非、輝いてください。普通のことでも工夫し
て輝くようにやりましょう。あなたが輝くと周りの人がうれしくなるのです。

今年一年間ご愛読を感謝いたします。Thank you so much!!


お正月ライブ二本をご紹介します。
一本目は1月2日だからもうすぐ!

「ホット倶楽部イクスプレス」

冬の夜空を見上げ、煌めく星の光の中に雪の結晶が輝き、美しさに心を奪われた
瞬間・・・貴方の心の暖炉に「温かい炎」が燃え上がって来るのを感じるでしょう・・・
そうしたら・襟を立てて・ホット倶楽部サウンド・に身を包みにいらしてください・・・
そこには、新しくて懐かしい・貴方の為の時・音・景色そして人々が微笑んで迎えて
くれます!

南青山マンダラ・ホット倶楽部イクスプレス・ニューイヤーズパーティ ライブ
●日時 2011年1月2日(日) OPEN18:30 LIVE19:30~

南青山 マンダラ 港区南青山3-2-2 Tel: 03-5474-0411(御予約可)

● 出演 ★ホット倶楽部イクスプレス 浦上宗治, フレディミヨシ(Uk,Vo)
繭本珠妃(Vo) 三輪崇雅、栗林 緒(G) 大塚雄一(Acd) 小美濃悠太(B)
太田弘行(Vln, Dg) 加花(Hula) 
★ ゲストアーティスト・今までにイクスプレスやライブで演奏してくれた人たち!
北床宗太郎(Vln) 小林誠一(Uk)チャーリー坂本(G,Vo) 高田和貴(Uk,Vo)
ヒトミブープ(Vo) 町田晃(Ts) 竹之内浩一(U,Vo) その他大勢で出演者が
決まり次第書き込みますのでお楽しみに!

● 当日3000円 インフォ・御予約 ・yoyo123@alles.or.jp 090-9830-9690 浦上


Hot Club Express・New Year’s Party Live Concert at Minami Aoyama MANDALA
●Date Sunday, January 2nd, 2011 at Minami Aoyama MANDALA
http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html
MANDALA・MR building of 3-2-2 Minamiaoyama Minato-ku Tokyo.
OPEN 18:30 LIVE 19:30~ Tel: 03-5474-0411 From Gaienmae Station
on the Gaien Nishi dori street toward Nishiazabu and 4 minutes on foot.
●★Hot Club Express・Muneharu Urakam, Freddie Miyoshi(Uk,Vo)
Tamaki Mayumoto(Vo) Masaaki Mizuguchi, Takamasa Miwa, Tsuzuki
Kuribayashi(G) Yuich Ohtsuka(Acd) Hiroyuki Ohta(Vln,Dg) Yuta Omino(B)
Kahana(Hula)★Guest musicians Sotarho Kitatoko(Vln)
Seiichi Kobayashi(G) Charlie Sakamoto(G,Vo) Khoichi Takenouchi(U,Vo)
Akira Machida(Ts) Hitomi Boop(Vo) Waki Takada(Uk,Vo) etc.
●Admission fee \3000
●Information-MANDALA or Moon Urakami E-mail yoyo123@alles.or.
jp Carrying mail ukulele0523@t.vodafone.ne.jp Phone 090-9830-9690

こちらはバンジョーマンJ.P.と10月に結婚したばかりのレオナが旦那を連れて帰国。
颯爽とお正月ライブです。以下はメールの公開です。

ごぶさたしております、Leonaです。
イーストテネシーは、先週から雪が降り、冬らしい景色になり、
ウォールマートはクリスマスショッピングをする人でにぎわっています。
日本はクリスマスイルミネーションでキラキラなんだろうなぁ~~~。

さて、12月末に2年ぶりの一時帰国をすることになりました。
今回は「旦那」JPを連れての帰国。そりゃーライブをしないわけにゃ
いかんだろう!! ということで!!!!

2011年1月4日、Rocky Topにて7時半から演奏いたします。
チャージは2500円です。
Leona (fiddle,vo), JP (Banjo, vo), Shinichi Ueno (Guitar,vo),
Yasuhisa Katoh (Mandolin, vo), John Fujimura (Bass, vo)
3セット目はジャム大会!!! ということで、皆様楽器持参でいらしてください♪

Love&Peace&Smile
Leona


「ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート」!リルコミだあ

手紙を出しにとっぷりと日が落ちた闇夜を見上げたら真上に一際明るく光る星が見えた。
金星だろうと見当をつけながら見回すと1個、2個、3個まで発見。小平の空からも星が
見えたのだ。「Cold winter's night」バーノン・ダルハートの歌声が聞こえてきそうな寒い
夜。冬至もすぎてこれからが冬本番。こんばんは。

来年1月8日(土)は第二回「ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート」が開催されま
すのでみなさん、是非来てください。
出演は本間正敏さんの「ザ・ダッキーズ」、笹部益生さんの「ザ・ブルーサイド・オブ・ロン
サム」、須貝重太さんの「ザ・タヒチ・クラブ」、山口さとしさんの「ザ・デッドマン・ウォーキ
ング」、麻田浩さんの「ザ・ワカテ」、そして日本語フォークの「ジ・オールド・ヴォイス」など
豪華なバンドです。お正月の倦怠を吹き飛ばすにはもってこいですよ。入場料は500円。
お問い合せ「090-3917-3672ササキジン」まで。
●場所:小平市中央公民館ホール042-341-0861
●時間:午前11時50分開場 午後12時30分開演
●交通:①西武多摩湖線「一橋学園駅」下車徒歩5分
    ②西武多摩湖線「青梅街道駅」下車徒歩5分
    ③JR武蔵野線「新小平駅」下車徒歩10分

現在は茅ヶ崎で釣り三昧という噂の元「エニー・オールド・タイム」オーナー、評論家鈴木
カツさんからメールが届きました。今回はラジオ出演でカントリーをトークするという。
明後日ですのでお聞き逃さないようにご注意!!

☆お知らせがあります。

来る11月30日(木曜日)、夜9時から

レディオ湘南の「カントリー・ミュージック・ナイト」に

ゲスト出演いたします。茅ケ崎のカントリー歌手、片山さんと

熱くボブ・ディランが聴いた「カントリー」をレコードを

かけながら1時間語ります。

パソコンでは、ここ(http://www.simulradio.jp/)で聴くことができます。

ぜひ聴視して下さい。

鈴木カツ

好評発売中!

『ボブ・ディランのルーツ・ミュージック』(白夜書房)

『ロック&ポップス名曲事典300』(ヤマハミュージック)

『こだわりアメリカン・ルーツ・ミュージック事典』(NHK出版)


年末のお仕事もぼちぼちカウントダウン!リルコミだあ

この数日寒いがよく晴れたので仕事が順調に進んで非常に有難かった。こんばんは。

25日からきょうまで三日間、建坪220㎡の新築注文住宅をクリーニングした。私たちの
後はお施主さんへ引き渡すだけだから、現場監督も思いきり細かくダメ出しをしてくれる
のでなかなか「これで終わり」とはならない。それにしても建坪70坪を越える新築物件は
近ごろあまりお目にかかれない。大きな仏壇専用部屋があってそこに黒くてどでかい仏
壇が運び込まれると粋で小さな和室の空気が一変、妙な圧迫感が出てこんなところでは
眠れないと思った。地下室のドアは鉄製だった。そこにきょうよく知っている塗装屋が来て
ドアを赤色に塗った。なぜ重い鉄製ドアで赤色なのか不思議である。お施主さんは先月、
エコポイント期限が生きてる内にうすらでかい冷蔵庫と洗濯機、薄型テレビなど家電類を
ゴッソリ仕入れて、その品々が収まる場所にきのう収まった。収納される家電の場所を丁
寧に拭くのが私たちの仕事だが、鼠色のボディの冷蔵庫は収納棚の黒扉群の中に入る
と何だか変だ。ハハン、建築デザイナーは和の統一感を出しているのに、お施主さんは
そんなこと意に介さないで安さ全開で色々な物を買っちゃったのね。よくあるパターンじゃ
ないか。そう思っていると、「檜の真柱に黒カビが見えた」と監督。これで明日の引き渡し
前に仕事が増えてしまった。一応29日まで仕事がある。そこから先はお休みしたいな。

きょうはクリスマスイブ一人ぼっちもなかなかいいぞ!リルコミだあ

きょうはクリスマスイブ。小平駅前でもケーキを持って帰りを急ぐ人たちがいた。
こんばんは。

我が家のサッカー小僧は友だちとクリスマスだといい、長女もクリスマス飲み会
で遅くなるらしい。妻は「藤田恵美」のクリスマスコンサートに出かけて家に残って
いるのは老衰で壊れかけている義母と私だけ。めったに巡り合わせない状況と
なったが、こんなクリスマスイブもあっても不思議じゃないのだ。こうなったら先日
いただいた「トラふぐ焼きヒレ」なるものを熱燗に入れて、好きな時代劇でも見て
じっくりとやるとしよう。お酒も地酒の「高清水」純米仕込みがある。あとは辛味大
根の漬け物があれば言うことなしだが、そうはうまくいかない。冷蔵庫にほうれん
草のごま和えと野沢菜漬けがあった。若い頃行った新潟石打スキー場前の池田
屋旅館特製「野沢菜漬け」を思い出してきょうのイブは野沢菜で行こう。雪は降っ
ていないが外はかなり寒い。一杯飲んで映画を見て、あとでお蕎麦を食べよう。
がんばって昆布と鶏とお醤油で付け汁を作って田舎蕎麦風にして食べようかな。
今年も残りが7日となった。菅首相以下の政治は予想通り行き詰まっている。菅
直人という首相は首相としての実力が足らない上にその座にしがみつき、旧自民
党政権以上に日本国民から乖離した政策を実行して私たち熱烈な民主党の支援
者を大きく落胆させている。ここに来て来年の通常国会を乗り切るためには「小沢
一郎を切れ」と自民党&マスコミ共同戦線に要求されると、政権交代を実現した
大恩ある民主党の実力者小沢一郎を国会喚問に引きずり出そうとしている。
しかし、菅内閣&岡田幹事長には柳田法務大臣を自民党以下の野党に要求され
るまま切り捨て、あげく明確な国会対策を何も出来なかった前歴がある。そんな
体たらくで小沢一郎を国会に引きずり出してまでも「マスコミの支持率が欲しい」
とは国会議員の風上にもおけない人間の屑だ。ただ自己保身(首相の座)のため
の支持率がほしいのだろうが、こんな無力極まりないアホな菅首相を選んだのは
誰だ。狐のようにずる賢いと形容される菅直人首相を選んだ民主党国会議員の
半分以上には責任を感じてほしい。今回の民主党が割れるような騒動を菅首相
自ら国民の前で行動したつけは来年以降大きく跳ね返って選挙では民主党ボロ
負け必至だ。自分のことしか考えられない菅、前原、岡田、仙石、枝野は早々に
退陣していただく。彼らが去って、新しい再出発を民主党はめざしてほしいとクリ
スマスイブに考えたのだった。

The FOOT HILL BOYS!!リルコミだあ

連日の年末とは思えない暖かさに仕事がはかどってにんまり。こんばんは。

今朝新聞を見ると赤い月が写っていたが只今は東の空に黄金のまん丸いお月様が
ぽっかりと浮かんでいた。赤い月より普通の月がいい。さて、こちらは「The FOOT
HILL BOYS」である。BLUEGRASS IN THE CAROLINA MOUNTAINS とわざわざ副
題が付けられているのが特長だ。某日、飲み会の席に夢弦堂亭主が「こういうもの
こそ今聴くべきだ」と言って音源を持ってきたのだった。カヴァーを見ると懐かしいア
パラチア山系の家が並び、典型的な古き良き時代のブルーグラスミュージックが連
想できる。無名バンドながらカウンティ社が目を付けたバンドである。私同様団塊世
代のブルーグラスファンならばカヴァーを見ただけで「ムムム」とばかり引き寄せら
れてしまうに違いない。キャロライナマウンテンのブルーグラスとは如何にと思ったが、
中身は想像通りの素朴な音が実にまとまりよく収められていて非常に満足感を味わ
った。素朴な人々が素朴な生活を淡々と綴るブルーグラスには実に味があって、夢
弦堂さんじゃないが「忘れていた大事なものを聴いた」気がしたのである。いまちょう
どブルーグラスもカントリーも古い物を中心に聴いているところだったから、まさに
ピッタリ私の気持ちにはまった。CD化は不明だがとてもいいブルーグラスだ。

101222.jpg



子供に助けられた親の死!リルコミだあ

昼間は持った雨が午後7時過ぎのいましとしと降ってきた。こんばんは。

着々と仕事のスケジュールが消化出来ている。毎年この時期は各現場のイメージが
膨らんで頭をパンパンにしながらの作業が多いのだが、今年はこの時期としては異例
の「新築注文住宅」クリーニングが4棟も入ったから大いに調子が狂ってしまうところ、
意外にも「クレーム」もなくスイスイと3棟は消化できたのだ。残るはすぐ近く萩山町の
220㎡の超巨大物件だけだ。というわけで年末は見えて来ているが、実は先日12日
に親父が92才という長寿で亡くなった。このクソ忙しい時にと思って頭を抱えたが、
請け負った仕事はこなさなければならず大ピンチに陥った。しかし、必死になると知恵
も出るもので長男と長女を交互に助っ人に立てて面目だけは繕えた。私の実家は新幹
線を使って片道4時間もかかる北国だから、日帰りとなるとかなり厳しいがこれを実行
して打合せなどを乗り切った。葬儀には長女が私の名代として出席した。私は当然の
仕事をしていた。親の死に目に会えない芸能人のことが頭に浮かんだ。年末の忘年会
等は失礼させていただき、正月はじっくり帰省となる予定だが...。

●お馴染み北村謙ちゃんのライブスケジュールが届きました。以下はメール公開です。

お元気ですか?2010年ももうすぐ終わろうとしていますが、まだ初雪が見られません。
今年最後のBanjo ひとり旅情報です。今年も一年ありがとうございました。北村 謙

#####################################

2010年12月26日(日)
北村 謙 Banjo ひとり旅
八尾 ナッシュビル
八尾市山本町南1丁目6-4  

開場20:00
開演20:30
前売 / ¥2500
当日 / ¥3000 (1drink付き)
定員20人お早めに!
問072-924-1960ナッシュビル


###################################

2010年12月27日(月)
北村 謙 Banjo ひとり旅 年忘れライブ!!


OLD TIME 和歌山市北新5丁目70ひめビル1F
O.A.
未定

OPEN19:00
START20:00
前/¥2500
当/¥3000 

問073-428-1950

#### 2011年 ########################


2011年1月12日(水) 

ライブラリー フォーク コンサート
『ようこそ!午後の音楽室へ』の第11回 

大津市立和邇図書館 会議室
JR 湖西線和邇駅下車 徒歩3分
開場14:30 
開演15:00   
終演16:00(予定) 

入場無料限定50人です。

前もって図書館で電話予約ができます。
(受付開始日時12月7日)
問・077-594-2050

主催 大津市立和邇図書館




###################################

2011年1月15日(土)
『童謡 DO YOU - REMEMBER』
うずらギャラリー(京都 三条通寺町西入南側の町家。京阪三条駅から西へ600m)
開場18:40 
開演19:00   
¥2000(30人限定お早めにご予約下さい。) 

問070-5500-1011 うずらギャラリー   

###################################

2011年1月22日(土)

北村 謙 Banjo ひとり旅 ~ N y l o n ~
川崎や 長浜市大宮町8-8  
やわた夢生小路商店街(振)

開場19:00
開演19:30
前/¥2000
当/¥2500

問・0749-62-4543(清水眼鏡店)  




###################################

恒例ぼたん鍋ライブ!!福知山 三和荘
今回は B.B.S. saturdays も 参加!!

2011年1月29日(土) 

三和荘
京都府福知山市三和町寺尾権現4

OPEN14:30
START15:00
入場料¥1000 


コンサート終了後北村 謙を囲んで
ぼたん鍋交流会 

18:00~21:00 
参加費¥4500
(1ドリンクと『香明の湯』入浴券つき)

宿泊ご希望の方はお申し込み時に受付させていただきます。
お問い合わせは 0773-58-3717 三和荘

主催 NPO法人丹波・みわ 
北村 謙応援団
協力 みわ・ダッシュ村 
あやべ・ま
ゆクラフト工房 
宮津・少年倶楽部 
三和町文化協会 

#####################################
このメールの返信でもご予約頂けます。  OFFICEKEN

きのうは「ブルーグラストーク」で盛り上がった!リルコミだあ

今年も残すところ11日だがきょうは冬とは思えない暖かい小平だった。こんばんは。

きのうは「ブルーグラストーク」の日だった。毎月一回をめどに喫茶ローリングビーンズ
でトークを重ねて今回で5回目。主題は「バンジョー」。いつも参加していただくご婦人
たちには少々専門的過ぎないように話しの中身に気をつけたが、意外にも男性陣に混
じって鋭い質問をいただくなどうれしい展開となって一安心。歴史~奴隷~南北戦争を
経てブルーグラスに至り、5弦バンジョーといえば天下一アール・スクラッグスと結論
づけて彼の代表曲「フォギーマウンテン・ブレークダウン」の実演を披露。実演者は急遽
友人のsatompusさんにお願いした。サイドギターはトシローさん。そしてゲストには楽器
マイスター、「夢弦堂」の主人西貝清さんが登場して楽器制作家としてバンジョーを語っ
ていただいた。たっぷり二時間、熱い質問に攻められつつも辛くも乗り切った印象だった。
来月は「ディカバー小平/ブルーグラスコンサート」を1月8日に主催するのでトークの
方はお休み。二月に再開する予定である。


101221_01.jpg

評論家の斉藤徹氏が主宰する「HIGH LONESOME」の表紙に先ごろ発売されたロドニー・
ディラードの「I WISH LIFE WAS LIKE MAYBERRY」が取り上げられた。原稿の書き手が
私だったので二重の喜びだったのだ!表紙に掲載されるとは考えてもみなかったので、
大好きなロドニー共々静かに喜びに浸ったという次第。購読のお問い合せは下記まで。
問い合わせメール

来年1月4日は「レオナ帰国ライブ」だよ!リルコミだあ

連日の快晴だったが本日も寒いなりと朝早く吉祥寺南町の現場へ。きっと一番乗りだあ
と思っているとぞろぞろ7人8人もいる。「検査がある」らしく午後1時まで終わらなければ
いけない取付を残している職人はお尻に火がついて、目付きが怪しく光っていた。「俺は
6時30分に来た」と親しい電気屋さんが声をかけてきたが、何と天井からだった。「スラ
イドするダウンライトを取り付けていたのだった。この新築注文住宅も超モダンな洋風地
上二階地下一階建て。フローリングも柔らかい白木をふんだんに使って豪華そのもの。
ここも洗剤は御法度である。うっかり水以外のものをポタリというミスなどとんでもなく、た
ちまち白いフローリングが黄色くあるいは橙色に変色間違いなしだから、緊張感で疲れる。
午後2時、「検査官が帰ったよ」という携帯を合図に「ソレッ」とばかりにまたしても現場へ。
検査官がいる間、現場では職人も道具も一切を無にして駐車場の車の中で待機している
のだ。午後4時、ほぼ終了かと思ったところに監督が来て「一部直しが発生」だから明日
も頼むよだって。どうやら仕上げの一部が明日に持ち越したのだった。年末まだ遠し。

12月30日に結婚発表会ライブが控えているレオナから新しいメールで「お正月ライブも
やりますよ」と知らせてきました。以下はフィドラー、レオナ姫からのメール公開です。

ごぶさたしております、Leonaです。
イーストテネシーは、先週から雪が降り、冬らしい景色になり、
ウォールマートはクリスマスショッピングをする人でにぎわっています。
日本はクリスマスイルミネーションでキラキラなんだろうなぁ~~~。

さて、12月末に2年ぶりの一時帰国をすることになりました。
今回は「旦那」JPを連れての帰国。そりゃーライブをしないわけにゃいかんだろう!!
ということで!!!!

101217_00.jpg

2011年1月4日、Rocky Topにて7時半から演奏いたします。チャージは2500円です。
Leona (fiddle,vo), JP (Banjo, vo), Shinichi Ueno (Guitar,vo),
Yasuhisa Katoh (Mandolin, vo), John Fujimura (Bass, vo)
3セット目はジャム大会!!! ということで、皆様楽器持参でいらしてください♪

--
Love&Peace&Smile
Leona

「岡村純孝&小松 久」カントリー・デュエットを楽しんだ!リルコミだあ

きょうは真冬の空気が小平上空を覆ったようでやたらと寒かった。こんばんは。

昨晩は東急目黒線の武蔵小山駅前にあるアゲインというライブハウスまで足を
伸ばして「岡村純孝&小松 久」の渋いカントリー・デュェットを聴きに行きました。
お二人は中学から大学まで同じ学園で育った仲だというが、見た目では岡村さん
の方が外国暮らしが長かった分だけ老けて見えたが、古いカントリーナンバーを
唄った喉の方は若々しく、超満員にふくれ上がった店内に響き渡った。カントリー
ソングを歌い弾く小松さんの姿はかなり珍しかったが、しかもハンク・ウィリアムス
やバック・オーエンスなど昔のカントリーをバリバリやってくれたのでうれしかった。
「岡村&小松」コンビは「今後もありです」から、古くて良い時代のカントリー好き
は是非集まってくださいとのこと。

101216.jpg

「メモリー・オブ・ジョン」が日本で大行進中だ。12月16日付けの東京新聞の特報
欄にも「グラミー賞/ブルーグラスでも日本人ノミネート」のタイトルで掲載された。
写真は神戸新聞同様渡辺敏雄氏だけが掲載。たぶん、神戸新聞同様の記事だと
推察するが、何せ快挙なことは間違いなし。情報を下さったALPSHIMAさんサンキ
ュー!!また、この快挙をカントリー&ブルーグラス大評論家、島田耕氏もミュー
ジック・ペン・クラブへ「メモリー・オブ・ジョン」記事を掲載した模様。これで本ちゃん
で勝ったらどうなるのか。えらいことになるってことだけは解るが...。

神戸新聞/THE KOBE SHINBUNが「渡辺敏雄」氏を取り上げた!リルコミだあ

朝の小平はきのう同様凍える寒さだったが「でもきょうは暖かくなる」と妻が教えて
くれたけどお昼になっても雨が降ってくるし「天気予報大はずれだぞ」この野郎め
口汚く吉祥寺の現場へ。本日二件目の現場である。吉祥寺へ着くとれれれ、晴れ
てしまったしいくらか暖かい。ようやく予報がらしくなったわい、と機嫌を直しての
こんばんは。

神戸在住のミク友よりのお知らせでは地元神戸新聞が、我らがBOM社長渡辺敏
雄さんがプロデュースした作品「メモリー・オブ・ジョン」」がグラミー賞にノミネート
されたことを写真付きで取り上げている。東京の朝日新聞よりも偉い。快挙である。
当ブログでも既報したが、音楽事業に携わっている人にとって「グラミー賞」は真に
雲の上的存在で音楽界のノーベル賞、ちょっと調子に乗りすぎてるかな、ともかく
も大変な賞に違いなく、そこにノミネートされたわけだから、とても偉いことなんです。
私たち日本ブルーグラス界ではもちろん初の試みだから本選の結果をいまから非
常に楽しみにしているところである。神戸新聞/THE KOBE SHINBUN記事を全文
掲載させていただきます。

HOME文化記事
文化
宝塚の渡辺さん企画のアルバム グラミー賞候補に 

101214.jpg
ノミネート作品「メモリーズ・オブ・ジョン」を手にする渡辺敏雄さん=宝塚市川面

 人気ロックグループ「B’z」の松本孝弘さんがノミネートされた米音楽界最高の栄誉
「第53回グラミー賞」に、宝塚市からも候補者が出ている。アコースティック音楽「ブ
ルーグラス」の国内普及に努める渡辺敏雄さん(64)で、企画した作品がフォークの
一部門に選出された。ブルーグラス関連で日本人の名前が挙がるのは初めてといい、
「日本ではまだまだマイナーな音楽なので、興味を持つ人が増えれば」と喜んでいる。
(上杉順子)
ブルーグラスはマンドリンやバンジョー、バイオリンを用いるのが特徴。アイルランドや
イギリスの伝承音楽が基になっており、米東部で広まった。
 渡辺さんは中学生でブルーグラスを知り、学生時代に結成したバンド「ブルーグラス
45」でマンドリンやバンジョー、ボーカルなどを担当。ツアーで米国各地を回り、レコー
ドも発売した。帰国後の1971年、実家がある宝塚市にレコード通販会社ビー・オー・
エム・サービスを設立。国内唯一のブルーグラス専門誌を発行する一方、来年40周
年を迎える野外イベント「宝塚ブルーグラス・フェスティバル」の運営も手がけてきた。
 ノミネートされたのは渡辺さんがプロデューサーを務め、今年4月に日米同時発売さ
れた「メモリーズ・オブ・ジョン」。ブルーグラス界の巨星、故ジョン・ハートフォード氏の
作品15曲を選び、バックバンドのメンバーだった5人を起用して、約1年前に米テネシ
ー州ナッシュビルで収録。メンバーの息がぴったりで、録音はわずか2日半で完了し
たという。
 今月1日に発表されたグラミー賞全110部門の候補作品のうち、「ベスト・トラディショ
ナル・フォーク・アルバム」部門の最終選考5作品に残った。
 「最初は信じられなかったが、だんだん実感がわいてきた」と渡辺さん。「温かみのあ
るブルーグラスの魅力を多くの人に知ってもらいたい」と話している。
 グラミー賞の発表は来年2月13日(日本時間14日)、ロサンゼルスで。CD「メモリー
ズ・オブ・ジョン」は2573円。ビー・オー・エム・サービスTEL0797・87・0561
(2010/12/14 16:00)

「B'z」もノミネートされているのは知らなかったが本選には二人並んでツーショットなんて
こともあり得る。正に「時の人」に一歩近づいた感じ。がんばれ!メモリー・オブ・ジョン!

デル・マッカーリー&ザ・ディキシー・パルス来日コンサートの思い出!リルコミだあ

朝から雨の小平だったが聖蹟桜ヶ丘近くの山の上に行っても雨が強くなるばかり。
明日は晴れるのだろうか。こんばんは。

101213dm.jpg
いまワンステージのギャラが1万ドルらしいデル・マッカーリー&ザ・ディキシー・パ
ルス初来日の写真である。裂帛の気合いがこのショットから伝わって来るいつ眺めて
もいい写真だ。満田健二カメラマン撮影。手前のマンドリンはハーシャル・サイズモア、
バンジョー氏は名前が出て来ない。右側のベースマンはジェリー・マッカーリー、デル
の弟だった。ニューグラス全盛期の1970年代後半にあって、深く澄んだリードボー
カルを支えたパンチの効いたトラッドグラス・サウンドが超気持ちよかった。「やあ!」
などと気さくに握手をされたときは颯爽とあまりの格好良さにこっちがドキドキしてしま
った。しかし、いったんギターを抱えてステージの人に変身するとこの通り、シンギング
の横顔もまた素晴らしいのだ。Bコードを押さえているこのマーティンD28ギターも今
より幾らか若く見える。彼のサイドギターがまた素晴らしいタイミングだ。

写真当時の音はこちらで。何でも「クラシック・ブルーグラス」と総称されている。
101213_dmcd.jpg



懐かしい思いでの一冊「アコースティックキッズ」!リルコミだあ

寒い、急に寒くなったと我が家のサッカー小僧が夜に帰ってきた。彼は現在市内中学校の
サッカーコーチとして報酬を得ているプロだが「選手より寒い」らしい。こんばんは。

「The Acoustic Kids」は「Bluegrass REVIVAL」の別冊として1984年に出たアコースティッ
ク・ミュージック・ファンをターゲットに作られた雑誌でした。私が発行人で営業全般をやり、
編集人は音楽評論家鈴木カツ氏だった。中身は表紙抜き124頁とさすがに編集人の意気
込み溢れたボリュームとなっていたが、私にとっては「ジューン・アップル」、「ブルーグラス
・リバイバル」と続いた雑誌制作がこの1冊で最後になった。

101210_ackids.jpg

否、「別冊を作らせてもらえないか」とカツ氏を筆頭に仲間たちから後ろを押されると元々
雑誌作りが好きな私には断る理由などなかったのでトントンと話しが進んだ。ただ、当時は
子供が小さいという家庭の理由もあって「これが最後の一冊だ」と自分に対話しながら作っ
たように記憶している。

協力者は沢野ひとし/なぎら健壱/東理夫/小貫信昭/若松和夫/長谷川健悦/今村
浩久/宇田和弘/藤井崇志/小森谷信治/加藤木悟/ホーテンズ/バスコ/吉原邦男
/ノーマン竹ノ内/三井徹/小林朝和/旦部国治など多数。ありがとうございました。

101210_ackids2.jpg   101210_ackids3.jpg
広告主は18社。販売は好調だった。480円だったがほとんど手許に残らないほどまたたく
間に売り切れた。故人となった当時の相棒ダディ前田は独立したばかりで店舗もない頃私の
事務所にやって来ては一日を過ごした。「沖縄にも広告の楽器が売れた」からもう在庫一掃
だとにこにこ笑顔の余裕ぶりだった。その後郷里に近い藤沢市で開業するが、彼に当時は珍
しいF1のビデオを見せてドライバー、新人のセナを教えてやった。いい時代だった。二三日
前、ふとした捜し物をしていると残っていたぼろいアコキッズがポロリと出て来たのだった。
いま振り返ると懐かしさばかりだがそれにしてもみなさんはお元気かな?


ただいま絶好調!の「奥沢明雄&ザ・マーマレードスカイ」からライブ情報が届きました。
以下はメールの公開です。

●こんにちは、奥沢です。

Bccにて The Marmalade Sky ライブの告知をさせて頂きます。
半月の夜、皆さんお誘い合わせの上是非ご来場下さい。

「Live Under The Half Moon」シリーズ第1弾!
101210_HalfMoonLive_Flyer.jpg

12月13日(月)
@西荻窪 Terra
19:30/OPEN
20:00/START
CHARGE/2,500YEN

奥沢明雄(Vo & Gt)
坂下秀実(Key & Cho)
渡辺茂(Bs & Cho)
沼直也(Dr)
磯部舞子(Vln & Cho)

本年最後のライブ、メンバー一同お待ちしております。

==========
Terra ホームページ
http://www.wood-corp.com/terra/
Tel 03-3395-7611
==========
The Marmalade Sky ホームページ
http://web.me.com/marmalade_sky/site/Top.html
*ライブ音源の試聴が出来ます。
==========

仕事&お遊び何かと忙しい師走なのだ!リルコミだあ

夜中に雨が降って朝になったら晴れる、一日中快晴というパターンが続いている。
こんばんは。

新青梅街道から八王子~川越をつなぐ16号線を通って入間市の現場へ行く。まだ
時間は余裕だなと「入間アウトレット」へ寄ってスニーカーを物色したら目移りして決
定出来ないで時間をロス。アディダスのキャッシャーで「三割引です」と言われると
「ラッキー!」となぜか元気もりもり。表示価格より2千円も安いなんて初めて。これ
から小平まですっ飛んで、きょうは「ギャザリング・デー」。弦を取り替える必要あり
だった自分のギターをパスして誰かに借りてしまおうと決めて直接ローリングビーン
ズへ。すでにギャザリングは始まっていた。フィドル二本で「アショカン・フェアウェル」
がメインなところにナオミさんのギターで合流。この曲を聴くとクリスマスをイメージ
してしまう、変だね。レスター・フラットの「マイ・キャビン・イン・キャロライン」、ビル・
モンローの「ケンタッキー・ワルツ」を唄わせていただく。「ケンタッキー・ワルツ」を唄
ってみるとマンドリンの音とフィドルの音がもの凄く曲のメロディに合っているなと実感。
きょうのギャザリングは会話も充実していた。自分の音楽感などは同好者に話すこ
とだって楽しい時間となる。午後4時過ぎにお開き。尚、今度の12日(日曜日)は当
所で午後一時からS谷さんのカントリー・ライブが開かれる。

広島ブルーグラス通信が届きました!リルコミだあ

連日の夜雨が降って朝になったら快晴なんてそんなにあるもんじゃないが正に良い天気。
こんばんは。

昨日は大田区久が原のお宅まで足を伸ばして大掃除の手助けに行ってきた。私の取り柄
は「ケーキ作りだけ」という80才のきれい好きお婆ちゃんと一年ぶりの再会。てきぱきと指示
をしてくれるので仕事能率が上がって助かるが、必要以上にサービスしちゃうのが反省だが、
午後3時にはケーキ付きの超デラックスなお茶タイムとなったので差し引きは儲けなのだ。
帰宅すると間もなく午後七時。この日は銀座ロッキーで「デッドマン・ウォーキング」のライブ
だったのに時間的に無理。来年までお預けとなった。きょうもお掃除屋さんは大忙しの大繁
盛。ひっきりなく携帯がかかって来るが、年内の予定はほぼ満タン状態。やんわりと来月に
スケジュールを回しているが口うるさいお客さんは断り切れず、ついオーケーしちゃった。
いまのところ年末29日まで仕事が入っているのだが、この辺で止めてあとは遊びたいなあ。

お友だちのフィドラー、ジローくんからライブのお知らせが届きました。坂本 健さんと「ちぇる
ちゃん」とジローくんの三人のライブだけど、ちぇるちゃんがかわいいよ。おヒマなおじさんに
ピッタリのかわいいボーカルがクセになります。

茂泉ジローよりライブのお知らせです。クリスマスの時期で忙しいとは思いますが、祝日なの
でお友達や大好きな方を誘って遊びにきてください。

★「ちぇる・健・ジロー」ムーンストンプ・高円寺
12月23日(木)祝日/オープン19:30/スタート200:00~

”ちぇる”(Vo・Guitar)坂本健(Guitar.Banjo)&茂泉次郎(Fiddle.Mandlin)。
ちぇるさんとは3回目のライブ、もうレギュラーですね。
ブルーグラスやフォークの他、今回はクリスマスソングを仕込んでいます。オリ
ジナルインストもありです。かわいい”ちぇる”とおじさま二人をひやかしつつ
楽しいお酒を飲んでください。

高円寺・ムーンストンプは、TEL: 03-3310-6996■JR高円寺北口出てロータリー
の向こう側から純情商店街に入り、突き当たり少し右の地下。駅より徒歩3分。
チャージ¥1,500
店ホームページhttp://www.bighitcompany.com/moonstomp/
-- JIRO

続いて広島からブルーグラス情報が届きました。前回は掲載出来なかったが
今回は忘れずに間に合いました。広島のみなさん、よろしくお願いします。
以下メールを公開します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
※このメールは、これまでの様々なブルーグラスイベントにご参加頂いた
皆さまや広島でブルーグラスバンド活動をしていらっしゃる皆さまに勝手
にBCCにて送信させていただいています。今後、このメールが不要な方は、
その旨、ご返信ください。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

♪♪♪♪ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪♪♪  広島ブルーグラス通信   vol.8    2010.12.8 発行
♪♪
♪                           Edited By 仙波 俊文
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年も、はや12月です。ホントに1年が早く感じる今日このころですねえ。
巷では、クリスマス一色の風情となっていますが、皆さま、いかがお過ご
しでしょうか。年末を迎え、色々と忙しいとは思われますが、ゆっくりと音
楽を楽しむ時間を少しでも作って、来年への糧としたいものです。
来年は、ブルーグラス界にとって、ビル・モンロー生誕100年という大きな
節目を迎えます。ブルーグラスという音楽の素晴らしさをしっかりと感じて
伝えていきたいと思う今日このころです。

◆◆◆◆◆ 広島ブルーグラスジャム会やってます!!◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今月のジャム会は12日(日)の開催です。会場の都合により、時間と部屋の
変更がありますので、ご注意ねがいます!!

■日 時:12月12日(日)15:00~17:00(いつもより1時間繰り下がってます!)
■場 所:広島市三篠公民館 3階 会議室3
広島市西区打越町10番23号
http://www.hitomachi.city.hiroshima.jp/misasa-k/misasa-top.htm
■参加費:無料(カンパ歓迎)
■問合せ:仙波俊文(090-9417-3471) toshisenba@gmail.com

このジャム会、もちろん途中参加、途中退出OKです。どうか、皆さま、楽器
を持って(あ、手ぶらでももちろんOKです。)お気軽にご参加ください。

◆◆◆◆◆◆◆ ブルーグラス関連イベントのお知らせ!! ◆◆◆◆◆◆◆◆◆
-------------------------------------------------------------
広島KKRホテル忘年会
-------------------------------------------------------------
広島KKRホテルでのイベントに、広島近隣で活発に活動中のバンド”BANJO TIME”
が出演します。
以下、広島KKRホテルからのお知らせです。

アマチュアミュージシャン(自称他称問わず)ならどなたでも参加OK。
飲んで、歌って、演奏して、他のミュージシャンの皆さんと楽しく交流を深めながら、
年忘れしませんか?
日時:2010年12月23日(祝)12:00~16:00
料金:お1人様3,500円(税込)
お食事+フリードリンク付
※PA、アコースティックギター、エレべの用意はしておりますが、各自ご自分の楽器を
お持ち込みいただいても結構です。

お問い合わせ・参加お申込み先
KKRホテル広島ご宴会予約センター 082-227-7975

-------------------------------------------------------------
広島ブルーグラス・ナイト
-------------------------------------------------------------

老舗カントリーライブハウス「クレメンタイン」で、毎月第4土曜日に「ブルーグ
ラスナイト」開催中です。
12月は25日(土)20:30から
出演バンドは
マウンテンデゴンズ
坂田耕太郎一座
Dr深坂とブルーグラスクリニック
となっています。
もちろん、飛び入り大歓迎です。是非とも楽器持参のうえご来店ください。
なお、クレメンタインのHPはこちら↓
http://www.clementine.jp/index.php?option=com_frontpage&Itemid=1

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

このメルマガでは、もっとたくさんの身近な情報を募集しています。いろんな
イベント情報やライブ情報がありましたら、私あてお知らせいただければ幸い
です。
それでは、また!

============================================================
仙波俊文
〒731-0121広島市安佐南区中須二丁目14-10-509
toshisenba@gmail.com
090-9417-3471
mixi : トシ

ムーンシャイナー誌12月が届く!リルコミだあ

例年に比べて暖かい年末を迎えているがドカンと寒さがやって来る前に仕事を
片付けよう。こんばんは。

ムーンシャイナー誌12月号は「パンチ・ブラザーズ」が表紙。文中にもレポート
記事がある。きのうだったか、東京のFEN放送からもパンチ・ブラザースのライ
ブが流れていた。近ごろブルーグラスもよく聴いている我が家のサッカー小僧は
このパンチ・ブラザーズが好きらしい。中身にはミスターブルーグラスマンドリン、
本間正敏さんのレポート記事が楽しい。彼は「IBMA2010WOB」に初参加した
と9月にメールをいただいたが、そのときのレポート第一回目である。日本人とし
て一プレイヤーとしての目線が独特の文体となって楽しませてくれる。今号では
ワールド・オブ・ブルーグラスのレポートにさしかかったところで続きとなったから
来月号は期待満点である。津田敏之さんによる「日本ブルーグラス年表」も19
73年代に突入している。この年はあのニッティ・グリッティ・ダート・バンドが初来
日。東京はいまは無い新宿厚生年金会館で連続4日間のコンサートを行ったと
ある。私も行って見たゾ!と言うブルーグラスファンも少なくないはずだ。これより
半月後、9月には「リリー・ブラザース」が来日。素晴らしい兄弟デュエットにうっ
とりだった。筆者の津田さんへ資料をどんどん送ろう!

Memories of John グラミー賞トップ5に選定される!リルコミだあ

朝方土砂降りの小平だったのに午前9時になったらあらら、雲が流れて晴天に。
劇的な変わりようの中仕事に出かけたが以後晴天のままだった。こんばんは。

宝塚のBOMサービスから「ニュース」が飛び込んで来た!!何とジョン・ハート
フォードの追悼盤的CDが2010年のグラミー賞のベストトラディショナルアルバ
ム部門に選ばれたという。もちろんプロデュースはBOM社長渡辺敏雄氏である。
果たして日本史上初の快挙となるか!まずはBOM発のメールをご覧下さい。
本日は多忙のためこれで終わりです。

●ビーオーエムのレーベルRed Clay Recordsから発表されたCD, Memories of
John/The Heartford String Band (RC-125)が第53回グラミー・アワーズ2010年
ノミニー、ベスト・トラディショナル・アルバム部門のトップ5に選ばれた。
 この後投票でウイナーが決まり来年2月13日ロスアンゼルスで発表される。
http://www.grammy.com/nominees?year=2010&genre=59

アルバムの詳細はこちら、まだの方はせひともお求め下さい。
http://www.bomserv.com/BOMproducts/bomproducts.html

久しぶりにギャザリングに参加!リルコミだあ

朝夕が冷えてさすがに12月だなと実感するが昼間は温暖化の影響か小平は暖かい。
こんばんは。

先月はカゼをひき私の「ブルーグラストーク」もジャムセッションの「ギャザリング」もパス
してしまった。休んだ分を取り返せないことは解っているが気持ちは焦っていた。という訳
できょうは毎週木曜日の「ギャザリング」に参加した。BGMナオミさん、チャーリーさんなど
常連と久しぶりに楽器と歌でご対面。ローリングビーンズのマスターにもご無沙汰とウィン
ク。昼間っからの音楽三昧はなかなか楽しいのだ。フィドラーS山が「オレンジブロッサム
スペシャル」を始めた。ブルーグラス・フィドルは素人から始めたが、ここに来て急に成長
している。レパートリーが二曲三曲と増えて自信を持てるようになったことがオレンジという
花形チューンに繋がっているのだ。今後自分でオレンジをコントロール出来るようになれば
もっとカッコよくなるだろうが、私も乗っちゃってオレンジの歌を唄っちゃいました。終了間際
O川さんが登場した。かつて東京に君臨した「スタッグス」のベースマンである。「数十年も
リタイアしたから今は教えられている」と笑っていた。私には懐かしい人だ。ギャザリングの
輪も少しずつ広がっているようだ。少し延長して午後5時30分終了。お疲れさまでした。

茅ヶ崎ボチボチからライブスケジュールが届きました。多様なバンドが出演する中、トップ
バッターは12月5日の「秋元慎バンド」が出演とあった。はるばる関西からの遠征で前日
は銀座ロッキートップに出演する。いずれも「予約して!」と大きな声を出しているので是
非、みなさん行動する前に予約を入れて下さい。Rocky Top 03-3571-1955
ボチボチの電話番号は以下に掲載。

いつもBOTCHY BOTCHYをご利用いただき、ありがとうございます。あっという間
に師走に入ってしまいました。みなさん、慌ただしく過ごされていると思います
が、そんな暮らしの息抜きには、やっぱり音楽。BOTCHY BOTCHYでは年末年始も
イベントが盛り沢山。年末年始も、ご一緒にいろんな音楽を楽しみましょう。
★来年は番外(店外?)イベントも企画中。長いメールですが下の方にもご注目!!

┌─┬───────────────────────────
|1|【12月5日(日)の午後は「秋元慎バンド」とブルーグラス!】
└─┴───────────────────────────
神戸からやってくる超一流ブルーグラスバンドのライブに加えて、バンドワーク
ショップまで同時開催! 音楽を楽しめて、しかも役にも立っちゃうなんとも贅
沢なブルーグラスの午後です!!
●12月5日(日曜日) 午後2時開場、2時半開演
●料金:1500円1ドリンク付き
●バンドチャージは投げ銭。ぜひ帰りの新幹線代をみんなで!!
┌─┬───────────────────────────
|2|【12月18日(土)はオールジャンル大忘年会&クリパ】
└─┴───────────────────────────
今年もやります、オールジャンル大忘年会&クリスマスパーティ。オールジャン
ルで唄って聴いて、大忘年会!! さらに今年もライブタイムを設定します。「30
分一本ライブ」と同じ基準でエントリー受付中!!
●12月18日(土曜日) 19時OPENです
●参加費2000円(大皿バイキング付き)
●ドリンクはキャッシュオン / +2000円で2時間飲み放題にもできます。
┌─┬───────────────────────────
|3|【12月23日(木・祝日)は、ぼちぼちライブナイト「耳夢」】
└─┴───────────────────────────
あの頃のステキな歌が、うまい歌、超絶テクのギターで次々に楽しめる耳夢!!
●12月23日(木曜日/天皇誕生日) 18:30開場、19時30分開演
●通常料金+ライブは投げ銭
┌─┬───────────────────────────
|4|【12月25日(土)は大忘年クリパ!茅ヶ崎ブルーグラスナイト】
└─┴───────────────────────────
今年も12月の茅ヶ崎ブルーグラスナイトは大忘年会&クリパ!! もちろんライブ
タイムあります。バンドエントリー受付中!!
●12月25日(土曜日) 19時OPENです
●参加費2000円(大皿バイキング付き)
●ドリンクはキャッシュオン / +2000円で2時間飲み放題にもできます。
┌─┬───────────────────────────
|5|【12月31日(大晦日)はBOTCHY BOTCHYカウントダウンパーティ】
└─┴───────────────────────────
今年もやります、恒例BOTCHY BOTCHYカウントダウン・パーティ!! みんなで弾い
て唄って、楽しく新年を迎えよう!!
★今年は19時~26時頃までの可能性アリ。
●12月31日(大晦日) ★詳細検討中
┌─┬───────────────────────────
|6|【1月2日(日曜日)は新春! オールジャンルで歌会始!】
└─┴───────────────────────────
退屈なお正月を、ぶっ飛ばせ!! 今年もやります、オールジャンルで歌会始。午
後の3時から夜10時までのロングな歌会です。
●2011年1月2日(日曜日)
●15時~22時の、あなたのお好きな時間からいられる時間まで。
●イベント料金2000円(1ドリンク付き)
┌─┬───────────────────────────
|7|【1月15日(土)は、やるぞ!!「新春 拓郎ナイト!」】
└─┴───────────────────────────
2011年もやります!「やるぞ!拓郎ナイト」! みんなで拓郎を唄って聴いて、
一晩盛り上がろう!! いつものように自称「日本で二番目に拓郎がウマい男」井
上ともやす投げ銭ライブもあるよ!!
●2011年1月15日(土曜日) 18時30分開場
●イベント料金2000円(1ドリンク付き)
※井上ともやすライブは投げ銭
┌─┬───────────────────────────
|8|【1月15日(土)は、Specialライブ!「Blues Boys 115」】
└─┴───────────────────────────
元もんた&ブラザーズの高橋誠と元ダウンタウンブギウギバンドの新井武士によ
る本気のブルースバンド、Blues Boys 115のライブ。実力と経験バッチリの、ふ
たりの大人のオトコによる、とびっきり楽しいライブです。ブルースファンのみ
ならず、コレは聞き逃せない!
●2011年1月22日(土曜日) 19時開場、19時半開演予定
●ミュージックチャージ2500円+オーダー
※予約受付中
============================================================
2011年は番外(店外)イベントも積極開催!?
============================================================
┌─┬───────────────────────────
|9|【1月10日(月・祝)は、三島でウナギ!!】
└─┴───────────────────────────
来年もやります、ウナギツアー。ウナギが美味しい三島で、鰻屋をハシゴ!? さ
らに希望される方は現地で一泊して夜までワイワイ。翌日東京で仕事の方も、朝
の新幹線でOK!
●2011年1月10日(月曜日・成人の日)
┌─┬───────────────────────────
|10|【2月11~12日(連休前半)は、欲張りぼちぼちスキーツアー!!】
└─┴───────────────────────────
BOTCHY BOTCHYはじまって以来の、ツアー企画です。もちろんBOTCHY BOTCHYのツ
アーなので、行き先は当然、音楽も楽しめる場所。ということで目的地はクルマ
で約3時間、中央道諏訪ICから少し行ったエコーバレースキー場近くの音楽ペン
ションです。晴天率85%、パウダースノーで有名なエコーバレースキー場までス
グで、楽器の数々やコンサートホール、音楽スタジオまで完備のペンションなの
で、スキーができない人も音楽ができない人も同時に楽しめちゃう。さらにそん
な晴天率の場所なので、スキー場のナイター照明が消えたあとは、素晴らしい星
空も楽しめるかも。現在、詳細企画中です。参加希望の方は、早めにお問い合わ
せください。
ちなみにワタクシ、十数年ぶりのスキー。当然なにもかも現地レンタルです。ゲ
レンデより、スタジオにいる時間の方が長いかも。(^^;;
●2011年2月の連休、11(祝)~12日(土)、1泊2日の予定 / もちろん個人的に13日
への連泊は自由です
※連休なので早めの予約が必要だと思います。前向きに検討されてる方(笑)は早
めにご連絡ください。また、予約状況等によっては日程変更などもあるかもしれ
ません。ヨロシクお願いします。
────────────────
☆毎週木曜、ミニライブやってます!?
意外と(?)好評な、毎週木曜の“マスターのミニライブ”。フォークからウェスト
コーストロック、ポピュラーソングに昭和歌謡からなんと演歌まで!? リクエス
ト中心のなんでもミニライブです。もちろんそれ以外の時間は、アナタがステー
ジで唄う時間です。
☆ギター、ウクレレ、弾き語りのスクールもやってます。
ギターやウクレレをはじめてみたい、弾き語りに挑戦してみたい。そんなアナ
タ、BOTCHY BOTCHYのマスターと一緒に、楽しく学んでみませんか。マンツーマ
ンでもグループでも可。曜日や時間はBOTCHY BOTCHY営業日の午後2時~6時(イ
ベント日以外)で、あなたの都合のいい時間を相談して決めましょう。何人でも1
時間2500円。なのでグループならオトク(2人なら1250円、3人なら…)です。
☆その他、定期イベントのスケジュールなどをWEBサイトで公開して
います。http://www.botchy-botchy.com/blog/
────────────────
●Table & Music Charge:\1,000- +飲食代金
●定休日:月曜日、第1、3火曜日
●18時30分OPEN 平日は24時まで、日・祝日は23時まで。
 ※ライブやイベントでは料金が異なる場合があります。
────────────────
★メルマガVol.8のヒミツの合言葉
キーワード「歳末もソレかいな」
お会計時にこの合言葉を言ってくれたら、オリジナルケータイストラップ差し上
げます。
────────────────
BOTCHY BOTCHY 電話:0467-83-6535
〒253-0044 神奈川県茅ヶ崎市新栄町13-7
http://www.botchy-botchy.com/

「ダイアー・ストレイツ」コミュニケ!リルコミだあ

先週末から連日晴れて仕事がしやすい小平からこんばんは。

私たちはもろ団塊世代だけどぼくは武道館にビートルズも見に行ったしイーグルスの
初来日も見た。E.クラプトンなどは数回も武道館で見ている。杉野講堂でビル・モン
ローだって共立講堂でJDクロウ&ニュー・サウスもニューグラス・リバイバルだって
見た。変わっているところでは後楽園球場でグランドファンク・レイルロードも見たし
CCRのジョン・フォガティとは同じテーブルで会話したこともある。みんな70年代の出
来事だ。同時代性という言葉があるが、団塊世代といわれた私たちこそ恩恵に預かり、
あらゆる音楽体験が出来たことを機会があればいつもお天道様に感謝しているのだ。

さて、70年代も終わる頃ふと日本のテレビ「11pm」から突然放映されたイギリス出身
のロックバンドが映った。とにかく電機に打たれたようにメロディとルーツっぽい音に痺
れたがうっかり名前が解らなかった。翌日、放映した局日本テレビに電話をかけてよう
やく「ダイアー・ストレイツ」だと知った。「う~ん、悲しきサルタンという曲ですね」と面倒
くさそうに係から答えが返って来た。さっそく銀座ヤマハ楽器で彼らのデビュー盤「Dire
Straits」を入手。小躍りして愛聴したことを今でも忘れられない。ダイアー・ストレイツの
全曲を書いているマーク・ノップラーのメロディラインとリードギターにノックアウトされ、
ようやくドライブの友だったイーグルスからダイアー・ストレイツにスイッチ出来た。

101201_1.jpg

このアルバム「コミュニケCommunique」は1979年発売のセカンドで、録音がいいのだ。
このあと1985年に出した彼ら6枚目のアルバム「ブラザー・イン・アームスBrother in
Arms」世界的に大ヒットし、セールスは2,500万枚を記録。70年代デビューした最後
のスーパーグループとなった。しかし、世界的なロックバンドの宿命、大規模なワールド
ツアーを行うことに疲労が積み重なり1995年、リーダーのマーク・ノップラーが解散を
決断した。さて、この「コミュニケ」である。アイリッシュは当然、米国ルーツ系にも深い
理解があるマーク・ノップラーのギターが思う存分に聴けるアルバムとしていまでも大好
きなアルバムである。マークにしてはポップ性が強いアルバムがご希望なら「ブラザー・
イン・アームス」をお奨めするが、私にはこれが一番。

「ボーカルがちょっと」と敬遠するロックファンもいると思うが、軽快なリズムに乗ったダミ
声も味がある。ダミ声の本山ボブ・ディランとも交流有り。まあ、ダミ声論争は別の機会
に譲って現在のマークはソロ活動中で健在ぶりをいかんなく示している。1984年に来日
コンサートを行った。私は神宮外苑の「日本青年館大ホール」で見た。曲目はアルバム
「ラブ・オーバー・ゴールドLove Over Gold」(1982年)が中心だったが代表曲「悲しきサ
ルタン」はバッチリ、生で見られた。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ