AX

2011-01

Latest Entries

アジア杯決勝日本が1-0でオーストラリアに勝つ!リルコミだあ

一月もきょうで終了だが毎日乾燥した晴れが続き日本海側の大雪被害の皆さまには
非常に後ろめたく感じているこの頃です。こんばんは。

アジア杯サッカー決勝は延長にまでもつれて日本の勝利!!120分戦い抜いて負け
たオーストラリアの選手たちは精も根も尽き果てた感じで芝に両手をつき、ガックリ。
延長後半、疲れを知らない左サイドの長友からゴール正面へ絶妙のクロスが上がると、
なぜかフリーでゴール前にはってたフォワードの李忠成の左足ボレーシュートが見事
に相手ゴールに突き刺さった。この1点が決勝点となり日本のアジア杯4回目の勝利
となった。新聞テレビはザッケローニ監督の采配が当たったと大騒ぎだが、その采配に
見事に応えて予選~決勝とタフな試合を乗り切って勝利に貢献した選手たちのモチベ
ーションが素晴らしかった。特に相手に先取点を取られても逆転して勝ったり、宿敵韓
国とのPK戦に勝ったことは今までにない日本代表を見ているようだった。決勝戦後の
勝利インタビューでMVPに選ばれた本田選手は、「主催国カタールに勝ち、韓国にも
勝った。オーストラリアにも勝てた」と胸を張った。強豪国をことごとく倒したのだから歴
史に残る勝利といってよい。ザッケローニ監督とのコミュニケーションが良かったのか
明らかに強くなった日本代表だった。我が家はこれまでと違って私が一人でテレビ観戦
した。サッカー観戦の相棒、我が家のサッカー小僧は自分が教えている中学校の生徒
宅に招待されて留守だったから画面と会話するのみ。途中、眠気に襲われたときもピン
チと川島の好セーブによって一発で目が覚めた。それにしても川島は鬼神の形相で完
全にゴールキーパーの役目を果たした。強豪オーストラリア相手に〇完封したのだ。
後々まで語り尽くされる川島の防御だった。

110201_bom.jpg

きのうの朝日新聞朝刊「ひと」欄にアメリカグラミー賞にノミネートされたアルバムの制作
者というタイトルでBOM社長「渡辺敏雄」さんがバンジョーを抱えた写真入りで紹介され
た。これまで取り上げた新聞は二紙だったがいずれも地方紙。なぜ大手新聞がこんな素
敵なニュースを取り上げないだろうと考えていたからようやくって感じ。「これを機に多くの
人にブルーグラスを聴いてほしい」とインタビューに応えていた。果たして見事グラミーに
輝くか?運命の授賞式は2月14日である。もしもグラミー賞に輝いたら、兵庫県宝塚市
まで行って必ずご本人のインタビューを掲載いたします。何だかどきどきするなあ。尚、
掲載を知らせていただいたA.HASHIMOTOさんに感謝を申します。



「KENNY BAKER plays BILL MONROE」!リルコミだあ

朝夕が冷たい小平だったがきょうは一日北風が吹いた。こんばんは。

110128_kb.jpg

1976年にアメリカ、カウンティ・レーベルから出たブルーグラスフィド
ラーの第一人者「ケニー・ベイカー」のアルバム「KENNY BAKER plays
BILL MONROE」である。ブルーグラスボーイズに在籍しながら自分の
ソロアルバムを出せた人は歴代でもケニー・ベイカー一人だけ。それ
だけ大将ビル・モンローはケニー・ベイカーというフィドラーを大切にして
いた証のアルバムといえるが、しかしこの蜜月もやがて1984年10月
18日、来日目前のロスアンジェルスで口論となり長かった関係に終止
符を打ち別れた。さて、アルバムに収録した12曲すべてがビル・モンロ
ーの作曲で、同時に普段のライブステージで演奏されているものだ。

作曲者ビル・モンローと弾き手のケニー・ベイカーは出番前の楽屋で、
あるいは舞台の袖で、例えばこのアルバムの4曲目「エルサレム・リッ
ジ」をよく練習しているところを何回も見ている。弾き終えたケニーに、
モンローは「ここのブリッジ」はこの音がいいとか注文をつけていたが、
それを素直に無言で弾き直すケニーはもっといい音を出していた。この
ような状況はもちろん見たことがなかったので大きな驚きだったが、実
はモンローがフィドラーのケニーに細かく注文を出していることは全く知
らなかった事実だった。ブルーグラスフィドラーとして最も目をかけてか
わいがっていたケニー・ベイカーと共に制作したと言える、そして全ての
フィドルファンに聞いていただきたいアルバムである。

KENNY BAKER : fiddle / BILL MONROE : mandolin / JOE STUART :
guitar / VIC JORDAN : banjo / BOB BLACK : banjo / RADY DAVIS
: bass

1.ROAD TO COLUMBUS 2.BROWN COUNTY BREAKDOWN 3.LONE-
SOME MOONLIGHT WALTZ 4.JERUSALEM RIDGE 5.MONROE'S HOR-
NPIPE 6.CHYENNE 7.BIG SANDY RIVER 8.STONY LONESOME
9.MISSISSIPPI WALTZ 10.WHEEL HOSS 11.FIDDLER'S PASTIME 12.
ASHLAND BREAKDOWN

独特のブルーグラスリズムに乗ってリードボーカルやカルテットコーラス
もブルーグラスの重要な持ち味だが、こういうフィドル中心のインストも大
きなブルーグラスの要素である。その上、名人が奏でてモンローが伴奏
したとなれば聞き逃す手はないだろう。

きょうは木曜日ギャザリングデー!リルコミだあ

夕方になってグッと冷えてきた小平からこんばんは。

きょうは週一の「ギャザリング・デー」だった。私もギターを抱えてのこのこと
出かけて数曲を歌わせていただいたが、カゼなどひいてないのに喉がかす
れて声が滑らかに出ない。「エッ」と思ってたら次の曲が「ロッキートップ」。
すかさずマンドリン弾きに「ボビー・オズボーンになって!」とすすめたが乗
らなかったので私が続けてリードボーカルを取って歌い始める。キーはA。
ところがまるで声が出ない。すわ、カゼか?そんな訳がない。熱も咳もなか
ったから単純な喉の詰まりだろうと頭を高速回転させて考え、かすれたまま
歌を続けた。自分じゃないみたいだ。水を飲みながら「アイ・ソウ・ザ・ライト」
「ウォリッドマン・ブルース」など古いブルーグラスソングを続けた。7曲くらい
で休憩となったが、やはり喉がおかしい。酒屋さんへ寄って「梅酒」を買って
帰宅すると妻が書き置きを残して不在。家出をしたのではなく病院へ行った
らしい。「お尻を診てもらうんだって」とサッカー小僧が私の疑問に答えてくれ
たが、やがて帰ってきた。「痔を手術しました」とサラッと言うのだった。ギョッ
と驚いたけど症状はかなり軽かったらしい。まずは一安心。

アジア杯日本対韓国PK3-0で日本勝利!リルコミだあ

午後武蔵小金井駅に行く途中雨がパラパラと落ちて来て車のワイパーを動かした。
実に久しぶりの雨だったがすぐに晴れてお日様が出て来た。こんばんは。

きのうのサッカー、アジア杯準決勝「日本対韓国戦」は見ていて力が入った。大体
韓国戦はもつれて最後の最後で韓国が競り勝つというパターンか引き分けかという
試合を長年見せられてきたわけである。延長後半、日本2-1でリードしてた場面で
間もなく試合終了の笛が吹かれる頃だろうと手に汗を握って見ていると、相手韓国
に右ゴール前でフリーキックを与えてしまった。「やばい!」一緒にテレビを見ていた
我が家のサッカー小僧が声を出した。結果、ゴール前の混戦から相手の気力が勝
ったのか相手韓国に同点ゴールを決められてしまった。そしてすぐに終了の笛。

またしても韓国の脅威が炸裂!やっぱり勝ちきれないのか。最後の一瞬まで勝利を
あきらめない韓国選手は驚異的。敵ながらあっぱれだ。いよいよPK戦がはじまる。
日本イレブン、トータル120分以上激闘の連続で体力が限界状態。ヘトヘト、ヨロヨ
ロになってグラウンドに倒れ込んでいた。足に来て立っているのもつらい表情の本田
圭が、目付きだけはランランときつく輝いていた。「PKになったら日本は動ける」と
サッカー小僧は根拠の無いことをつぶやく。私は負けるだろうと半分あきらめていた。

ところがだ、GK川島が相手のトップを見事に止めた。次の選手も連続して止めた。
もう勝ちはもらったようなもの、と思いこんで見ていると三番手の長友がゴールバー
を越えて外してしまった。地元FC東京の花形選手だったから是非決めてほしいの
に外した。何やら不気味な予感がしてきたが、相手韓国選手の方が川島にプレッシ
ャーを感じていたのかポスト右側に外してしまった。これでPK2-0日本断然有利。
次のやはりFC東京今野が決めると日本勝利!緊張した今野の顔がアップで映る。
蹴った、入った、勝利!宿敵韓国に勝った!

韓国に勝ってあんまりうれしかったので、調子に乗って次のオーストラリア対ウズベ
キスタン戦まで全部見てしまった。コーヒーとお茶を飲んで興奮して眠れなかったの
だ。結果6-0の大差でオーストラリアの勝ち。この結果日本は決勝で大柄の選手が
揃うオーストラリアと闘うことが決定。正直、ウズベキスタンのサッカーは攻撃スタイ
ルだけど穴が大きくカウンター一発で点を取られすぎだった。そこを突いて攻めたオ
ーストラリアが鋭いといえるが、果たして日本と闘うとどうなるのか。少なくとも激闘を
戦い合った韓国とはまったく異質の相手オーストラリアなので予想は難しいが何とか
3-1ぐらいで日本が勝って欲しいと思っている。

朝起きると眠くて体がだるいしとても仕事どころじゃない。調子に乗った結果である。
あちこち電話をかけて本日は休業にした。決めてしまうと何だか目がパッチリ、頭スッ
キリ。起きてすぐあれほど気分がげんなりしてたのに現金なものだ。午後、小金井駅
からの帰り道、カーラジオから文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」が流れた。
昨晩の日本対韓国戦のそれぞれ見た感想を言い合ってにぎやかに騒いでいた。大竹
が「ザッケロー二の頭がザッケロー二だった」などと言うと周囲がどっと笑った。ザッケ
ローニ監督の後ろハゲを大竹がおもしろおかしくからかっているのだった。笑いを取る
ためにか何だか知らないが、非常に聞いていて不快な気分になった。こんなバカヤロ
ーがラジオのキャスターをやっていられるなんて文化放送も地に落ちたと思った。

そもそも大竹まことって誰なんだと妻に聞くと、「テレビタックルにレギュラーで出てい
る」タレントらしい。政治家や政治評論家を相手に歯に衣を着せない語り口で意見を
言うので人気はあるらしいわと妻が教えてくれたが、それにしては常識も他人を敬うこ
とも知らないタレントで、同じ日本人として恥ずかしい。大竹本人は毎週コースに出る
ほどのゴルフ好きだそうだが、果たしてスポーツマンなのか。放送は最低だった。

国産エコカー低燃費データ!リルコミだあ

きょうも乾燥して晴れた小平からこんばんは。

先週末の朝日新聞夕刊は見応えがあった。政治ネタでは異常で変な記事の多い
朝日新聞だが、政治以外の記者にはまともな精神構造を持った人がいたようだ。
トップ面に「国産車 低燃費に ?」とタイトルが付けられて、国産エコカーの「低燃
費」をランキング、素人でも一目で解るように見せてくれた。1位はトヨタプリウス。
2位がホンダインサイト、3位はホンダシビックハイブリッドの順だった。ではカタロ
グ(メーカー)データと実燃費の差でいくと、トヨタプリウスはリッター当たり38㎞→
21.7㎞。ホンダインサイトはリッター30.0㎞→19.2㎞。ホンダシビックハイブリ
ッドは31㎞→18.5㎞ と達成率は軒並み低い。1位のエコカー代表選手のような
存在のプリウスは57%しか達成していなかった。ちなみに2位は64%3位が60%
である。調査をしたのは携帯サイトの「e燃費」という50万人の会員を持つ組織。

中から10万人を選び携帯電話で実際の給油量と走行距離をを入力してもらい、
実燃費を算出公表している。反対に輸入車は1位フィアット500でみるとメーカー
発表リッター当たり19.2㎞→16.8㎞、達成率は88%と国産車に比べてかなり正
確。このような国産エコカーの現実を見せられると何だか白けてしまうなあ。メーカー
発表の6割だもんね、がっかりしちゃう。管轄の国土交通省は4月から燃費検査方
法を新方式のJC08という実際の市街地での走行のように加速や減速を複雑に繰り
返して測定するとか。ネットが発達してくると「メーカー」や「カタログ」などのデータが
ユーザーによって真実かどうかがどんどん暴かれていく。

横浜「TOKYO Bluegrrrrass ing!!」へ妻と長女が行った!リルコミだあ

朝方は暖かいと感じたが昼間は寒くていまにも雪が降りそうだったがどうにか
雪も雨も降らなかった小平からこんばんは。

先週末22日(土)は私は仕事で妻と長女は横浜のサムズアップへ「TOKYO
Bluegrrrrass ing!! 2011」に行った。バンジョーマン原さとしさんが仕掛けた「冬
フェス」みたいな大量の出演陣による豪華絢爛のライブパフォーマンスを見な
いテはない、などと言いながら行ったのだった。翌日の午前、つまり日曜日に
きのう午前様帰りした妻と長女がその模様を話してくれた。私も贔屓にしてい
る若い「バンジョーマン桑原達也」が自分のバンドで出てた!と新しい事実を
話してくれたりして盛り上がったが、全体には立ち見席も販売するほどの盛況
ぶりだったとのこと。自然に会話は地元小平市在住のミュージシャンが三人も
いる奥沢明雄の「マーマレードスカイ」に移ったが、妻は「とってもよかった!」
と顔を紅潮させて話していた。メンバーの一人、磯部舞子ちゃんの晴れ姿を見
ずにサムズアップを後にしたらしい長女は「きょうは国分寺でライブがある」か
らそっちに行くらしい。ミュージシャンとのお付き合いはなかなか大変だ。有田
純弘さんのバンドも強烈なインパクトがあったらしく、二人とも目を大きくして印
象を語ってくれたが肝心の所で意味不明だった。教え子の生徒とジャズとブル
ーグラスの両方をやってすごく受けていたという。聞きたかったにゃ~!「意外
とよかったのはタローバンド」だったらしい。素人に近い二人のメガネにアピー
ルしたブルーグラスをやったタローをこの目で見てみたかった。超残念!!
原さん、来年もやってください。

110124.jpg



軽井沢ブルーグラス・フェスティバル!リルコミだあ

今週も一週間ずっと晴れて乾いた小平からこんばんは。

110121_karuizawa.jpg

小平ギャザリング仲間のチャ-リーさんから一枚の写真を手渡されてビックリ。
確か1973年の「軽井沢ブルーグラス・フェスティバル」が終わった後の記念写
真だったから感激で倒れそうになった。このときは総勢80人くらいが新宿西口
に集合して観光バスに分乗、軽井沢レイクニュータウンの空き地で開催したフェ
スに直行したのだった。途中、碓氷峠をバスが登っているとき誰かが大声を出
して「パンクしている!」と叫んだ。急停車して運転手が点検しても異常はなく、
「エアークッション」のプシューという音をパンクと勘違いしたのだった。大声を
出したのはギャロッピングバンジョーを弾いて名高かったS馬さんだった。

軽井沢フェスはトータル4回やったと記憶しているが、もちろんこの写真はその
第一回目である。写真は若き小森谷信治巨匠だが、当時は日大芸術学部の学
生だった。前列左側にストローハットをかぶって座っている。隣の脳天気な笑顔
は私。一人おいて笹部益生さんの若い顔も見える。前列真ん中に千葉大スモー
キーの中村くんがいてその真後ろにA50っぽいマンドリンを持った慶応大の若い
安川さんがいる。一人一人懐かしい顔がいて見飽きることがない。このメンバー
全員が民宿に泊まり、何事もなく夜明けを迎えた。あれから38年がすぎた。
ほぼ全員が還暦を迎えお孫さんを持つ身となった。
青春時代の忘れがたい瞬間である。

海宝弘之出演舞台「ササフラスの枝にそよぐ風」!リルコミだあ

一年で一番寒い日が大寒だというがそれが本日だそうだ。春はまだ遠い。
こんばんは。

所用で有楽町まで行った。午前中お天道さまが出ている時間は調子狂うなあと
若かりし頃のネオンを思い出しながら銀座側の出口へ。小平に比べて人が多す
ぎると実感した。どこから集まってくるのか黒いコートを着たサラリーマン風親父
たちがぞろぞろと一塊になって駅構内を右に左に流れている。午前10時すぎだ
というのにこの有様だから、ピークの8時30分頃だともの凄いことになっている
んだろうなと思った。きっと下りることも出来ないかも知れないぞと思った。それ
に東京駅で京浜東北線に乗り換えたら目的駅(有楽町)を通り越して浜松町駅
まで一気に運ばれてしまった。「快速」だそうだ。京浜東北線に快速があるなんて
全く知らなかったから、有楽町をパスされたときは驚いたの何の「アーッ」っと声
が出ていた。しかも浜松町駅から先は各駅停車だと車内放送が言ったので何だ
か騙された気分だった。同じ東京に住んでいながら電車の種類が解らなくなる
なんて恥ずかしいが仕方がない。これからは目的地までのアクセスを調べてか
ら行こう。午後2時すぎ一橋学園駅の喫茶ローリングビーンズへ。きょうは木曜日
ギャザリングデーだった。フィドラーが5人!!圧倒的迫力をバックに数曲を歌
わせていただく。ブルーグラスのある小平の午後って感じがうれしい。

ブルーグラスも良くできる舞台俳優と言えば日本では海宝弘之と決まっている。
その海宝くんから久しぶりのお芝居のお知らせが届きました。以下はご本人の
お手紙公開です。

★朝晩の寒さが厳しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
さて、NLTの新年一本目の作品は「ササフラスの枝にそよぐ風」です。ケンタッキ
ー荒野の貧しい家を舞台に、恋あり、アクションありの室内大西部劇!?です。
私の役は酔っぱらいの医者。酒好きの私にピッタリと思いきや、酔っぱらうのと
酔っぱらいを演じるのとは大違い。また、ほとんど出ずっぱりなので、只今セリフ
を覚えるのに奮闘中です。お時間がありましたら是非いらしてくださいませ。
尚、みゆき館は小劇場です。ご予約はお早めにお願いします。
まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください。海宝弘之

110120_01.jpg

劇団NLT公園 No.143 「ササフラスの枝にそよぐ風」

ストーリー
 ケンタッキー荒野の一軒家に住む開拓民ロックフェラー家。貧しさに嫌気が
さして息子は家出してしまうのだが、行き先を知るために母親が占いの水晶玉
をのぞくと、インディアンとならず者一味が手を組み、家々を襲撃する光景が
見える。ケガをしたガンマンの登場、闘いの束の間の恋、ガンアクション、西部
劇醍醐味満点だが、場面は貧しい開拓民の部屋の中だけ。襲撃のときは迫る。
騎兵隊は間に合うのか。昭和51年度芸術祭優秀賞を受賞したフランス産西部
劇コメディの傑作がいま蘇ります。

110120_02.jpg

公演日 2011年2月17日(木)~27日(日)まで

公演は昼公演→13時・14時スタートと夜公演→18時・19時スタートが有り。
予約はスタート時間を確認する必要があります。

料金:一般3800円(日時指定、全席自由)学割2800円

前売り開始2011年1月6日

予約:劇団NLT 03-5363ー6048(土日祝日を除く13:00-18:00)

公演場所:銀座みゆき館 03-3574-0694

     地下鉄銀座駅B9出口が近い!






久しぶりの銀座ロッキートップ!リルコミだあ

ここしばらく続いた寒さが溶けたように暖かかった小平からこんばんは。

昨晩は久しぶりに銀座ロッキーに行き、小平ブルーグラスコンサートに出演して
いただいた「ザ・デッドマン・ウォーキング」のライブを楽しみました。「You can
have her / On the road again / I'll never find another you / Travering soldier」
他相変わらずのカテゴリーを越えた豊富なレパートリーでした。サトンパスさん
のギター&リードボーカル、シバケンさんのマンドリン&ボーカル、オックンのエ
レキベース&ボーカル、ギッチョのバンジョー&ボーカルという不動のメンバー。
印象に残ったのはJDクロウのナンバー「You can have her」だったが、ドブルー
グラスを彼ららしくお洒落に聞かせてくれてさすがベテランの味だった。ロッキー
のマスターにも久しぶりにご対面。「出演バンドを探している。オー!ジン・バンド
は如何?」と突然に言われてしまった。私にまで声をかけるなんて相当に深刻な
のかと感じたが笑顔を見ると緊張感はなかった。それでもバンドのみんなでロッ
キー出演の話しはしてみようかな。演奏終了後は斜め向かい側にあるいつもの
台湾料理店に行き、しばし歓談。バンドメンバーたちの開放感いっぱいの会話に
付き合いながら午前2時すぎに帰宅。そのせいか本日は起きられず、午前10時
すぎの行動となったのでした。

これから銀座ロッキーへ!リルコミだあ

少しだけきのうよりも暖かい小平からこんばんは。

現場でいきなり仕事量がほぼ二倍となり慌てたが淡々とこなして帰宅したら午後6時。
予定では午後1時頃だったのにこれでは何も出来ない。溜まっている細々のものを片
付けつつゆっくりブログも書こうかなと考えていた。しかもこれから銀座ロッキーまで
出かける約束なのでもうタイムアップ寸前だ。では本日はこれで!アディオス!

写真は1976年7月 Berryville Fest.に出演した「Shenandoah Cutups」です。
110118.jpg



小沢一郎フジテレビ「新報道2001」に生出演!リルコミだあ

ラジオで聞いたがここしばらく東京の湿度は20%前後らしいが日本海側に大雪が
降ったきのうは僅か9%だったそうだ。天気図を見るまでもなくこのところずっと東京
だけが晴れなのはどうしてだろうか。こんばんは。

「日曜日朝、フジテレビに小沢一郎が緊急生出演する」と前日にメールで知らされて
驚いたが、本番を慌てないでじっくり見ることが出来た。毎週日曜日朝7時30分にス
タートする生番組フジテレビ「新報道2001」は、サンケイ新聞を元にして政治問題を
特集しているが、「反小沢報道」では西の読売新聞=日本テレビと並び東の横綱的
番組として知られている。小沢バッシングの急先鋒なのだ。そんな番組にどういう風
が吹いて出演を決めたのか知らないが、これじゃ敵の本陣に飛び込むようなものだ
と思った。メールをもらった後、番組はありもしない政治と金の話ばかりに終始する
のではないかと心配をした。番組スタッフを信用しすぎじゃないかとも考えた。

しかし、逆から見ると「反小沢の急先鋒」だからこそこのタイミングでご本人が生出演
をした場合、限りなく大ニュースになる。「新報道2001」のプロデューサーかフジテレ
ビの誰が動いたのか解らないが、先週菅改造内閣が発足したばかりのタイミングで
ある。しかも「反小沢路線」を鮮明に打ち出したところだ、環境は絶好だ、「ぶつけよう」
正に凄い人物がいたものだと感心した。さて、本番は司会者と助手の女性、フジテレ
ビ政治部長の平井某がいてその隣には脳科学者の茂木健一郎氏という布陣に小沢
一郎が座るという画面だった。司会者がのっけから「政治と金」の話しが出ると「きょう
は政策の話しだけと聞いていたが」と応えながらも「政治と金のどこが聞きたいのか」
と反論。すると司会者はあっけなく菅改造内閣に話しを移した。

番組全体的には小沢一郎という政治家を際立たせる非常に良い内容のものだった。
敵対する菅直人首相にも暖かい理解を語り、対米国との関係も「日本側から見ると
悪くなっている」と明確に発言した。聞かれたら間髪を入れずにスパッと答えるところ
はいつ見ても爽快に感じた。これまでマスコミによるバッシングの集中砲火によって
悪のイメージが出来上がっていた小沢一郎の生を見て、「エー、こんな政治家だった
の」とイメージが違った視聴者も少なくなかっただろう。日本の政治家の中で最も勉
強をした最高の庶民派小沢一郎に期待をするのだ。

ダメ菅が内閣改造をした!リルコミだあ

夜中にサッカー「アジアカップ」を見終わったらベランダに野良ネコがやって来て
「にゃ~、にゃ~」と「寒くてたまらん」中に入れてくれ~と泣き叫んでいたが、この
白黒の野良ネコは団地の一階住居に寒くなるとやって来る。気温が氷点下にな
ったりする朝方に決まってやって来るが、誰か中に入れたお宅があるのだろうか。
そういえばきょうの朝方3時すぎ、さぞや外気も冷えているだろうなと中で布団
かぶってまどろんでいたら、そのうちに隣のベランダに移ったらしく鳴き声が遠く
なった。どこの家だって眠っている時間だ。たぶん中には入れてくれないだろうな。
こんばんは。

ダメ菅内閣が改造してもっとダメになった感じ。他党から鞍替えした与謝野馨を
経済財政大臣に抜擢。ダメ菅は改造内閣の目玉と位置づけているらしいが、挙党
一致でがんばると言ったばかりなのにこれでは仲間が泣くよ。具体的には民主党
議員&有権者全部をコケにした形。きのうまで他党の与謝野をわざわざ起用した
のは消費税を増税して財政の健全化を図るなどという浅はかな魂胆だ。国家予算
が官僚と天下り&独立行政法人関係者の「給料だけで消えている現状」に、自民
党と同じ手法で国民にツケを回そうなどはもってのほかだ。こんなダメ菅がのさば
っているようでは日本国も沈没必至だろうね。小沢さん決起しないかなあ。応援す
るんだけど。

★お馴染み!エレキギター名人の小松 久さんからライブ情報が届きました。
以下はメールの公開です。

皆さん、今年もよろしくお願いします。
******************************************************************
小松 久単独ライブ
<大好きロックンロール・ギター#7>
DJ & LIVE by 小松 久
PLACE : AGAIN(目黒線武蔵小山駅前)
〒142-0062 品川区小山3-27-3 ペットサウンズ・ビル B1F
http://www.cafe-again.co.jp/
予約Tel : 03(5879)2251
DATE : 2月10日( 木)
TIME : open 18:30 start 19:30~

今回は一人ライブでは初めて12弦ギターを持ち出して、
フォークロックを何曲かやってみようと思います。
もちろん、テレキャスターでロックンロールもやりますよ!!
******************************************************************
黒澤久雄 & ローガンズ LIVE
ゲスト・シンガー:細川綾子
PLACE:原宿クロコダイル
   渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
   予約Tel: 03-3499-5205 Fax: 03-3499-5206
   
DATE:2月23日(水)
TIME: 1st stage PM7:30~
2nd stage PM9:00~
前回に続き細川綾子さんを迎えて、カントリー、ロックンロールか
らジャズっぽいものまで、幅広くやります。
******************************************************************

「ワイルド・シング」のチップ・テイラー初来日!リルコミだあ

西高東低のおかげで東京地方は連日の晴れで日本海側は雪という列島の構図だが
屋根から雪を下ろす必要のない分だけ東京在住にとっては誠に有難い。こんばんは。

会長人事で大揺れのNHKが11日世論調査を発表、それが与党民主党党大会にぶ
つけるように発表したから、ネットブログによって菅内閣寄りのインチキ調査だと大批
判されている。一番面白かったのはTPPについてだった。「交渉に参加すべきだ」が
47%で「交渉に参加すべきじゃない」9%を大きく上回った結果を発表したが、ネット
ブログでは「TPPが日本国民全般によく知られていることか」という部分に噛みついた。
NHK世論調査は三日間全国の20才以上の男女を対象に行ったそうだが、そういえ
ばTPPが何なのか私も知らない。情報が氾濫している東京に住んでいて尚かつある
程度の政治心配派の一人と自負している自分がTPPの中身を知らない。残念ながら
私には世論調査の電話がかかって来なかったが、これを全国レベルで調査した結果
だと発表されても全く信用が出来ない。NHKもダメ菅内閣のお先棒を担ぐようにまで
堕落したかと思うとがっかりだ。NHKの礎を築いた先輩諸氏はこの体たらくをどんな
気持ちで眺めているのか。

Tom's Cabin 「聴かずに死ねるか!」シリーズ第10弾!として「CHIP TAYLOR」が間
もなく来日ツアーを行います。チップは60年代ポップス/ロック伝説のヒット・ソング・
ライターとして知られ、その作品はホリーズ、トロッグス、ジャニス、シナトラ、アレサ、
ダスティ、リンダ、ボニー、ルシンダ、などに提供している。ジェイムス・テイラー最初の
レコードを世に送り出したプロデューサーなどアメリカーナの至宝的存在。奇跡の来
日!そのいぶし銀歌声。是非聴いていただきたい。

110113chiptaylor_680.jpg
CHIP TAYLOR : Vo,Guitar JOHN PLATANIA : Guitar KENDEL CARSON : Fiddle

1月23日(日)東京コットンクラブ
★1st show 開場16:00/開演17:00★2nd show 開場19:00/開演20:00
料金:前売¥7000 BOX A(4名)¥9000(税込) BOX B(2名)¥8500(税込)
BOXES(2名)¥8500(税込) SEATC(2名)¥8000(税込)
問い合わせ www.cottonclubjapan.co.jp 電話03-3215-1555

1月25日(火)横浜サムズアップ
開場18:00/開演19:00 
料金:前売¥7000/当日¥8000(D別)
問い合わせ電話 045-314-8705

1月26日(水)名古屋TOKUZO
開場18:00/開演19:00
料金:前売¥7000/当日¥8000(D別)
問い合わせ電話 052-733-3709
チケットぴあ (P.125-325)

1月27日(木)大阪アナザードリーム
開場18:00/開演19:00
料金:前売¥7000/当日¥8000(D別)
問い合わせ電話 06-6211-5759

1月28日(金)京都磔磔
開場18:00/開演19:00
料金:前売¥7000/当日¥8000(D別)
問い合わせ電話 075-351-1321

★前売りチケット予約受付中 メール tickets2011@toms-cabin.com
★Tom's Cabin HP

tomscabinPos.jpg




ムーンシャイナー誌1月号だ!リルコミだあ

今朝の小平は氷点下の冷え込みだったようで洗剤が凍っていたからビックリ。
幸いに太陽が照りつけていたので日ざしにさらすとすぐに解凍になった。こんばんは。

夕刊に「仙石官房長官交代」と出ていた。ダメ菅首相の屋台骨的存在で一時は「仙石
総理大臣!」などと予算委員会議長に間違われたほど菅内閣の実力者だったが、野
党議席が多数の参議院で問責決議にかけられて可決されていた。官房機密費を湯水
のごとく使ってマスコミ&司法関係者を操って来たと噂される仙石長官もパワーダウン
は決定的。同時にダメ菅内閣はさらなる弱体必至である。純血民主党には先が無い。

110112_sb.jpg

ムーンシャイナー誌「1月号」が去年暮れに届いた。特集はサム・ブッシュによるIBMA
ワールドオブブルーグラス2010基調講演だった。正式な大会でどんな演説をしたの
かと中身に興味津々だったが、自分が作った新しい音楽「ニューグラス」についての言
及はこの前編ではなく、八方美人的な自分の性格を強調してブルーグラス・ミュージッ
クを創出し伝えてきた先輩たちを讃えていた。特に、同じケンタッキー出身のビル・モン
ローに対してはほとんどアイドル的に慕っていた姿が垣間見えてうれしかった。後編が
待ち遠しい。拍子もスーツ姿に変身したサム・ブッシュだったが、残念ながら上から目
線のきつい顔が気になった。私はサム・ブッシュがアイドルなものだから気になるのだ。

新宿「BACK IN TOWN」 から2月のスケジュールが届きました。以下は公開です。

日頃より大変お世話になっております。
本日は、曙橋 Restaurant & Live Music 「BACK IN TOWN」より
2011年2月のライブ・スケジュールをBCCでご案内させていただきます。

ご来店の際には事前にお電話かインターネットでご予約くださいますよう
よろしくお願いいたします。

Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN"
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 TEL03-3353-4655
http://homepage3.nifty.com/backintown/
backintown@nifty.com

----------------------------------------------------------------
1日(火) <18:00~ :通常営業> ギターインスト・ナイト
"    ♪マイギターでギターインストの夜です。ギタリスト大集合!!
----------------------------------------------------------------"
2日(水) <19:30~ :MC\2,625> パナシェ/江森孝之(G) 平賀康子(Aco)
岩見和彦(G) 佐藤哲也(B) 渡辺修身(Perc)
♪誰もが親しめるアコースティックでポップなインストルメンタル・
 サウンドをお届けします。
----------------------------------------------------------------"
3日(木) <19:30~ :MC\3,990> 松田幸一 with 有田純弘(Bj) 古橋一晃(G)
宇戸俊秀(Key) 河合徹三(B)
♪ブルースハープ界のパイオニアであり、日本を代表するプレイヤー。
----------------------------------------------------------------"
4日(金) <19:30~ :MC\2,100> Bluegrass 48/ブルーグラス48
"    ♪大人の楽しいブルーグラスをお届けします。
----------------------------------------------------------------"
5日(土) <18:00~ :MC\1,050> PP&M大会Vol.10  17:00オープン
♪お父さんお母さんたちの絶妙なハーモニーと
ギター・アンサンブルをお楽しみ下さい。
----------------------------------------------------------------"
7日(月) <19:30~ :MC\2,625> PIG-INN(河合徹三、夏目一朗、金武 功)
♪個性豊かな三人のミュージシャンによるスペシャル・ユニットです。
----------------------------------------------------------------"
8日(火) <19:30~ :MC\2,625> 青木 研 with 吉原 聡
♪超絶テクのフラットピッキング奏法。世界を代表する
4弦プレクトラム・バンジョー奏者
----------------------------------------------------------------"
9日(水) <19:30~ :MC\1,050> 田中奈緒美(Acco) Stillwater(Vo, G)
♪ヨーロピアンのアコーディオンとハワイアンのスラックキーギターの
   コラボレーション・ライブ。
----------------------------------------------------------------"
10日(木) <19:30~ :MC\3,675> 岡崎倫典(アコースティック・ソロギター)
" ♪暖かく幻想的な音楽の世界と華麗なギターテクニックが人気を呼んでいる。
----------------------------------------------------------------"
12日(土) <18:00~ :MC\1,050> ブラフォー大会Vol.4  17:00オープン
" ♪お父さんたちがブラフォーになったつもりで熱唱します。
----------------------------------------------------------------"
13日(日) < :> (貸切)
"    ♪
----------------------------------------------------------------"
14日(月) <19:30~ :MC\2,500> 金武 功
"    ♪沖縄のゆったりとした時間の流れを音楽にしてみました。
       海の香りをお届けします。
----------------------------------------------------------------"
15日(火) <19:30~ :MC\2,100> 「飯塚&小山」 「Tommy & Guys」
"    ♪「ピアノ&ボーカル」 「ギター& ボーカル」  
        デュエット2組の競演ライブです。
----------------------------------------------------------------"
16日(水) <19:30~ :MC\2,100> 関口祐二  清水義文
"    ♪ジャズ・ソロ・ギター二人の競演ライブです。
----------------------------------------------------------------"
17日(木) <19:30~ :MC\3,150> The Onions/SHIME, sachiko, CHiKA & Hayashi
"    ♪コーラス・アンサンブルがとても素晴らしいアコースティック・ユニット。
----------------------------------------------------------------"
18日(金) <19:00~ :MC\2,625> Violin Duo/永井憲子、永井くるみ 
       with 杉原和江(Pf)
" ♪クラシックにとらわれないヴァイオリン。楽しいひと時をお過ごし下さい。
----------------------------------------------------------------"
19日(土) <17:00~ :MC\1,050> キングストン大会Vol.19   16:00オープン
"    ♪キングストントリオに魅せられたお父さんたちが
       学生時代に戻った気持ちで熱演します。
----------------------------------------------------------------"
21日(月) <19:00~ :通常営業> 弾語りナイト
"    ♪マイ・ギターでJ-Folk, American Folk をBITのステージで
      歌いまくって下さい。
----------------------------------------------------------------"
22日(火) <19:30~ :MC\2,625> Super Country/尾博志、青柳まみ、
       古橋一晃、鈴木庸祐、橘頼紀
"    ♪トラディショナルから現代のものまでフレッシュ・フィーリングで
      お聴かせします。
----------------------------------------------------------------"
23日(水) <19:30~ :MC\3,150> Bojo/小山利明、松藤一英、森重史敬、
            高橋里実、新井政輝、金子尚史
"    ♪どこか懐かしいサウンドのSax,Flute,G,Key,EB,Perc 6人編成の
       インストルメンタル・グループ。
----------------------------------------------------------------"
24日(木) <19:30~ :MC\4,200> 「猫」 内山修、常富喜雄、石山恵三
"    ♪70年代 J-FOLK をたっぷりお届けします。
----------------------------------------------------------------"
25日(金) <19:30~ :MC\4,200> 青木まり子 with 丸山ももたろう(G)
                 夏目一朗(Pf)
"    ♪いつもは弾語りですが、今夜は素敵なミュージシャンと
       楽しいステージをお届けします。
----------------------------------------------------------------"
26日(土) <18:30~ :MC\3,150> ニューブルーストリングス/谷康一、
                 村上功治、山崎網三、中井典夫
"    ♪Kingston Trio などのモダンフォークをたっぷりお届けします。 
            17:00オープン
----------------------------------------------------------------"
28日(月) <19:00~ :通常営業> ブルーグラス・ナイト
"    ♪ブルーグラス好きはMy ギター、バンジョー、マンドリン、
       フィドルで大集合!!

ディスカバー小平/ブルーグラスコンサートは今年も大成功!リルコミだあ

連休明けの小平はカラカラ乾燥でこの冬一番の寒さだったとか。こんばんは。

先週末8日は「ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート」が市内中央公民館で
開催、有料入場者数101名と前回に引き続き大好評だった。フロントにいてお客様
のお顔を観察させていただいたが、半分以上は入れ替わっていたように感じたが私
の錯覚だろうか。いずれにしてもブルーグラス&カントリーファンは掘り起こせば
まだ出て来るように思えた。そのお客様の中に遠路はるばる新潟の藤木さんと岐阜
の山田くんが来てくれたのには感動した。藤木さんは携帯の画面に「今朝降った雪」
だと見せてくれたが、実際に車のルーフに30センチくらいの新雪が積もっていた。
山田くんはお年賀の豆を配りながら「これから新宿で娘と会う」と顔をほころばせて
いたが、何にしても遠路からの友だちは有難かった。ローリングビーンズのマスター
には楽屋のサービスマン、コーヒーや軽食係を担当してもらった。慣れた手つきで
コーヒーをいれてもらって美味しかった。PAは去年同様木内雅治さん。照明&
カメラも去年と同じ、モドキ林さん。そして出演者のみなさん&お手伝いのみなさん、
まとめて「有り難う」。心から感謝を申します。さて、きょうはフォトレポートです。

開演前リハーサル中
開演前リハーサル中

練習中
練習中

アシュラ準備中
アシュラ準備中

フロントではお客様入場中
フロントではお客様入場中

「ちょっと寝過ぎた」と早川くん
「ちょっと寝過ぎた」と早川くん

公開リハーサル中の「OLD VOICE」
公開リハーサル中の「OLD VOICE」

歌詞を覚える越野さん
歌詞を覚える越野さん

本番!!
本番!!

サイモン&ガーファンクル・ソングを歌う
サイモン&ガーファンクル・ソングを歌う

歓談中の麻田&西貝
歓談中の麻田&西貝

こちらは使用前&使用後
こちらは使用前&使用後

ゲストにアシュラを迎えて「ウエスタン」を歌ったタヒチ倶楽部
ゲストにアシュラを迎えて「ウエスタン」を歌ったタヒチ倶楽部

曲のエンディングをカメラが捉えた!!
曲のエンディングをカメラが捉えた!!

廊下で音合わせ中の笹部&加藤
廊下で音合わせ中の笹部&加藤

タヒチ倶楽部フロントライン
タヒチ倶楽部フロントライン

イザ!本番ステージへ行く本間さん
イザ!本番ステージへ行く本間さん

控え室で音を合わせるタツヤ&ユーコ
控え室で音を合わせるタツヤ&ユーコ

出番が終わってザッツ食事タイム
出番が終わってザッツ食事タイム

前回高速リズムで人気を集めたザ・ダッキーズ
前回高速リズムで人気を集めたザ・ダッキーズ

珍しくリードボーカルを取ったベースのショー
珍しくリードボーカルを取ったベースのショー

青いユニフォームは米国ラングラー製 
青いユニフォームは米国ラングラー製 
うしろの還暦飾りの赤幕によく映えてきれいだった

今回初登場の「麻田浩&ザ・ワカテ」
今回初登場の「麻田浩&ザ・ワカテ」

後方からのショット
後方からのショット

ザ・ワカテだけのステージもあった
ザ・ワカテだけのステージもあった

出番が終わったドブロマンとカメラ小僧のクジラさん
出番が終わったドブロマンとカメラ小僧のクジラさん

暖かい日射しの廊下を転げる幼児
暖かい日射しの廊下を転げる幼児

今回は二人の活発幼児を確認
今回は二人の活発幼児を確認

再び麻田さんが戻って若手と
再び麻田さんが戻って若手と

「THE BLUESIDE OF LONESOME」登場!!
「THE BLUESIDE OF LONESOME」登場!!

横一列
横一列

今回のブルーサイド・ロンサムはヒロム&ユーコのツインフィドル
今回のブルーサイド・ロンサムはヒロム&ユーコのツインフィドル

最後を飾った「デッドマン・ウォーキング」
最後を飾った「デッドマン・ウォーキング」
フィドラーは小平デビューの舞子ちゃん

間奏をプレイ中のギッチョ!
間奏をプレイ中のギッチョ!

吠えろ!サトンパス!!
吠えろ!サトンパス!!

フィナーレ!
フィナーレ!

前回に続き今回もMC役を務めたササキハナエ
前回に続き今回もMC役を務めたササキハナエ


明日は「ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート」!リルコミだあ

羽田空港近くの現場から6時すぎに戻った。こんばんは。

朝は6時30分に出発して午後4時に終わって「さあ帰ろう」と多摩川の土手通りを
通って、ガス橋で左折して今度は神奈川県側の土手通りを府中に向かって快調
に走ってもたっぷり二時間かかった。しかし、これが環八とか府中街道になると正
味3時間はかかるのだ。東京の道路は難しいゾ。さて、きょうもコンサートの問い
合わせで携帯が何本か鳴った。いずれもお年寄りと思える相手だったが全部男
性だったのは残念!ただ、ご近所の音楽好きだそうだからうれしい。小平市に
ブルーグラスが定着するまでやるつもりだが、出演者は中にはお若い人も混じっ
てはいるが、中心はあくまでも還暦パワーで押し通す積もりでいる。やがて老人達
の大祭典などと騒がれることを狙っている。ともかくディスカバー小平/ブルーグ
ラスコンサートはいよいよ明日に迫った。公民館などで色々な制約があってなか
なか慣れないが、しかしその分ホール代金は格安である。贅沢を言えばきりがな
いのだ。来週連休明けにはレポート出来る。ご期待下さい。

本年もよろしくお願いします!リルコミだあ

からりと晴れた新年6日の小平の空です。本年も相変わらずよろしくお願いします。

本日から仕事始め。近間の取引先などへ妻と共にご挨拶に行くが、仕事をしてい
たのは不動産店のみだった。建築関係が本格的に動き始めるのは連休明けの11
日からに違いない。きのうは明後日8日のコンサートの準備に追われて必死こいて
プログラムなどの原稿を書いていた。お尻に火がつかないと動けない性格がこんな
年になっても変われないでいる。何しろ明日は仕事があり、しかも現場が大田区西
六郷と遠く、まるまる一日がつぶれてしまう。まあ、11月のカゼで寝たためスケジュ
ールが微妙に狂ったせいだから仕方ない。それにしても「ディスカバー小平/ブル
ーグラスコンサート」もいよいよ迫りました。三日連休の初日なので小平に足を向け
ていただけるか、些かお客さんの入りを心配しています。お正月の締めを是非小平
コンサートで楽しく過ごしては如何でしょうか。お待ちしております。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
ライブのお知らせ
NEW !
イッツア・クライングタイム
5月5日
170405kodairact.jpg
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ