FC2ブログ

2011-02

Latest Entries

エルビス・プレスリー、グレイトカントリーソングス!リルコミだあ

朝夕の寒さは厳しいが日中は少し暖かくなってきた小平からこんばんは。

ロックンロールの帝王エルビス・プレスリーの「ルーツ」的アルバム「ELVIS
GREAT COUNTRY SONGS」である。エルビスは1954年10月、生涯に一回
のグランドオルオープリ出演を果たした夜、オープリーの楽屋であこがれの
ビル・モンローと会った。いわゆる伝説の「ブルームーンオブケンタッキー」を
変えてレコーディングしたことをモンローにお詫びしたことだが、「何も問題は
ない」とモンロー自身の口から快諾されて大喜びしたという話である。もちろん
その夜のステージでも「ブルームーンオブケンタッキー」は歌われたが、エル
ビスがこうもビル・モンロー・ソングに夢中になったのは母親がモンローの
大ファンだったことの影響らしい。
110216_1elvis.jpg
さて、私の友人にエルビス吉川なるエルビス・プレスリーお宅がいる。ジャンプ
スーツにギターを抱え、10年くらい前勤務先を退社、ついにプロフェッショナル
になって毎日地元北九州を中心に活動を続けている。おらが街の「エルビス誕
生!」のスペシャル版であった。ついでにいえばエルビス吉川も長いブルーグ
ラスバンド時代があった。秋田、東京、名古屋、北九州まで住んだ土地は変わ
っても「心にブルーグラス」を信じて歌い続けある日突然、「エルビス神」が降り
てエルビスに生まれ変わった。すぐに「エルビスグラス」を結成する。本物のエ
ルビスもカントリー&ブルーグラスならエルビス吉川も同じである。おもしろい!

ここに収められた24曲のカントリーソングはすべてエルビスによってエルビス
ソングに生まれ変わっている。まあ当然ですが。当然がもう一つ。カントリーや
ブルーグラスでは欠くことのない楽器、フィドルがここではエルビスらしくまった
くフィーチュアされていない。例えばペダルスティールでさえも「JUST CALL
ME LONESOME」のみにフィーチュアされているだけである。しかし、圧倒的な歌
の上手さがあってそのうえロックの王者である。細かいものは必要ないのだろう。
ふと思い浮かんだが、そういえばエルビス吉川はエルビスのカントリーナンバー
を歌っていないようだけど...私の勘違いかな。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ