FC2ブログ

2011-03

Latest Entries

きょうから3月、固雪の思い出!リルコミだあ

重い雲が垂れ込めいまにも一雨来そうな小平だったが夕方になってようやく
雨が降って来た。きょうも真冬で寒かった。こんばんは。

きょうから3月に入った。子どもの頃、溶けはじめた雪が夜に冷えてカンカンに
固く締まるときがある。その固雪の上を走り回るのが大好きだった。雪といえば
腰まで抜かるのが当たり前なのだが固雪になると雪の上で飛んでも跳ねても
午前中ならビクともしないのだ。小学校6年生ぐらいになると春休みは固雪を利
用して近くの山にウサギや山鳥を狩りに行く楽しみがあった。朝、固雪を確かめ
ると三年生以上の手下を10人くらい集めて山に向かって行進するのだ。手には
大きな音が出る金物と叩く棒きれを持っている。腰には竹スキーがぶら下がっ
ている。山にはいると静かに沢を進み、一番奥から今度は「ワー、カンカン、
ギャー、ガンガン」と大騒ぎしながら逆に下ってくるのだ。

しかし、何も武器を持たない狩りは非常に効率が悪かったが、たまたまに私たち
のがむしゃらに叩く音に腰を抜かした慌て者の山鳥が、頭から穴に突っ込んで
お尻丸出しってことが起こる。こんなときは山鳥めざしてダイビング、両手で押さ
え込んで獲物をわしづかみにするのだ。そのとき私の顔は硬い雪に激突、目から
火花が散ったが獲物に興奮して痛かった記憶がまるで無い。生きている山鳥を
逆さにして荒縄で両足を縛って逃げられないようにする。しかし、羽がバタバタと
抵抗を繰り返したが、興奮と格闘の末に作法通りに私が首をひねって殺した。
獲った獲物は絶対に逃がさない。

まるで漁師のように書いているがとんでもない。山鳥は大人でもひと抱えもあって
絞め殺すまでは大変な仕事なのだ。手も腕も山鳥のクチバシに突っつかれてボロ
ボロになったが必死の相手は私の目を攻撃するのは発見だった。ともかく超ラッキ
ーな体験だったので鮮やかな記憶として蘇る。このときは竹スキー遊びもやめて
猫がネズミを捕ったときのように行き交う人に山鳥を見せつけて意気揚々と帰った。
3月の固雪の記憶は竹スキーとこの山鳥ゲットに尽きる。山鳥は鉄砲撃ちのおじさ
んが毛を取ってきれいに解体してカレーライスとなってみんなの胃袋に消えた。
還暦が過ぎたいまでも目の裏に鮮やかに焼き付いているなんて何じゃろね。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ