FC2ブログ

2011-03

Latest Entries

ソフトエネルギーパス!リルコミだあ

ようやく春らしい陽気となったきょうの小平だったが朝夕はまだ冬だとの予報。
こんばんは。

ラジオの文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ」で、危険は防ぐことが出
来るが「不安」は防ぎようがないと福島第一原発事故の人災を皮肉っていた。
危険といえば2号機タービン建屋床の溜まり水の放射線値1000ミリシーベ
ルトが話題になっているが、本当に危ないのは3号機の原子炉である。一説
によれば爆発のとき原子炉一切が吹き飛んでしまったとささやかれているが、
3号機はプルトニウムでプルサーマル発電をしていたとネットで知った。プル
トニウムは小さじ一杯分で全人類を殺せるほどの猛毒らしい。そんな危険が
ごく身近に存在しているのに、「安全だ、大丈夫だ」を枝野官房長官は繰り返
している現実はいったい何?しかも、きょうの東電は「プルトニウム計測器は
持ってない」と記者の質問に答えていた。これでは「世界中」が恐れおののく?

アメリカ国防省で働いていたエイモリー・ロビンス博士が1977年に発表した
「ソフトエネルギーパス」という本がある。化石燃料や原子力を使って発電して
遠方まで送電することをハードエネルギーシステムというと、正反対の考え方
である。たとえば風力や太陽光というなるべく化石燃料に頼らないで発電して
小規模に電気を利用する考え方で、これを分散して展開していけば中央集権
的電力会社無競争一極支配を避けられる有難い考え方なのだ。彼の考え方
と実践はこちら
放射線数値が基準値を超えても「ただちに(体に)影響はない」と原子力学者は
いうが、この「ただちに」という言葉は繰り返し聞いていると「バカヤロー」とテレ
ビに向かってどなりたくなる。本来は「すぐに」とか「即刻」と言うべきである。
日本語まで操って国民に解りにくく説明しようとする原子力学者と官僚は猛反
省するべきだ。


«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ