AX

2011-12

Latest Entries

読売新聞朝刊多摩版に小平コンサートが掲載された!リルコミだあ

年末も詰まってきてきょうは各企業の御用納め。しかしながら
私の零細企業はいまだに仕事継続中で明日が御用納めでき
ればラッキーというところ。おだやかな年末の小平からこんば
んは。さて、来年1月8日「ディスカバー小平/ブルーグラスコン
サート」が読売新聞朝刊の多摩版に大きく写真入りで取り上げ
られました。

111228_kodaira.jpg

この反響が凄まじかった。紙面に私の商売用の携
帯番号が問い合わせという形で掲載されたから、特に午前9時
すぎから電話が掛かり始めて鳴りっぱなし。ちょうどこのとき、
私は高層団地に住むお客さんのガラス清掃中だったため、ガラ
スにへばりつくような状態じゃなくなって仕事中断となったが、
それでも次々と携帯電話が止むことはなく、何と午前中だけで
30本近くも掛かってきた。曰く、「学生時代にブルーグラスを知
った」「大学生になったときにバンジョーを買った」「夫がキーコ
キーコ、バイオリンを弾いてそれで知った」などと様々な問い合
わせだったが、携帯を掛けてきた人々はジューンアップルも
ムーンシャイナーも知らなかった。夕方までに40本以上の問い
合わせ電話のうち90%はブルーグラスをご存知で、ビル・
モンローやスタンレーを知っているのだった。そのようなかつて
のブルーグラスファンを読売新聞は掘り起こしたのである。さす
がの威力で電話を受けながらまじまじと実感した。いつだったか、
あれだけたくさんの学生プレイヤーたちはどこへ行ったのか、と
いうような会話をしたことがあったが、その片鱗ともいえる人々
が昔を振り返りながら興奮して電話を掛けてきたのだった。
これが全国版だったと仮定するともっと凄いことになる、怖るべ
き「ヨミウリパワー」である。他にも記事に影響されたのか仲間
からも「行くよ」メールが届いた。本日は私にとって「大吉」の
御札をもらったような気分だった。

本年のブログはきょうで最後です。
再開は来年1月6日(金)とさせていただきます。
本年も一年間ご愛読をいただき心から感謝を申し上げます。
ありがとうございました。
このブログ「リルコミ」を書くにあたって私の意欲を
後ろから押してくれている方々、オージンバンドのみんな、サト
ンパス、近江謙二、島田耕&啓子、藤木和夫、西貝 清、鈴木
カツ、シバケン、本間正敏、チャーリー&ナオミ、エルビス吉川、
海宝弘之、須貝重太、望月照正、国本武春、佐藤 渉、オックン、
古屋克己、小森谷信治、読売新聞立川支局、手島家、そして
我が家の家族一同などたくさんの皆様に「ありがとう」です。来
年こそ災害の少ない年を迎えたいものです。
ハッピーニューイヤー!

HAPPY BIRTHDAY BILL MONROE ! リルコミだあ

今朝も両手が凍った。親友のカメラマンM田は「東京の空っ風が嫌い」
だといって信州の山の中に暮らして10年がすぎたが、今朝の冷たさは
その北風のせいだった。こんばんは。年の瀬も押し迫っている中、デビ
ッド・グリスマンによる「ビル・モンロー生誕100年」に向けた記念アルバ
ム「HAPPY BIRTHDAY BILL MONROE/Dawg Plays Big Mon」を入手。

111228bm.jpg

ただし、新しい録音ではないが全21曲、モンローソングに挑むデビッド・
グリスマンのまさに「かっこいい」プレイがてんこ盛りで楽しめる素晴らし
い内容である。デビッド・グリスマンは当然のことだがビル・モンローの
超マニアである。来日ツアーに同行したとき、私がタバコをやめたことを
知ったグリスマンが、タバコ「ハイライト」を1カートン買ってきて、「勝負
しよう。負けた方が以後5年間吸い続ける」といって勝負した。何で?
と聞くと、ビル・モンローのブルーグラスボーイズのパーソネルを当てっこ
しよう!と言うのだった。他に楽しいこともなかった夜のホテルルームだ
ったので「オーケー!」やってやろうじゃないか、と勝負に入った。このと
きグリスマンはウォークマンに外部スピーカーをくっつけた「オーディオ」
を携帯していて、旅行カバンをゴソゴソ探すと古いビル・モンローが録音
されたカセットが出てきた。「これでやろう、如何?」とグリスマンが聞くの
で、ビルモンの古い録音だったら任せてよ!と乗っかった。そばには
マイク・マーシャルがニヤニヤしながらチロチロ、マンドリンに触りながら
様子を見ていた。「コロンビア1945年セッションのフィドラーは?」…考え
るフリをして私「ケニー、ノー、チャビー・ワイズだ」と簡単な質問がグリス
マンから届いて「楽勝」だろうと構えていると、何問目かに「同じコロンビア
セッションの最後、1949年の録音パーソネルのバンジョーは?」ときた。
このときはフラット&スクラッグスの二人はまだいたんだけ…?とグリスマ
ンの目を下から見上げるように見ると「さあ」と両手を広げている。そうか、
敵は1949年としたところが微妙なんだ、フラット&スクラッグスがいなか
ったらリードボーカルはマック・ワイズマンでバンジョーは「???」、相手
を見るともうすでに大きな笑いをこらえていた。「ギブアップ!」と答えるしか
なくて、悔しいが「誰?」と聞くと、「ルディ・ライルさ」だって。1949年が壁
になっているから、誰でも引っかかるんだ。「落ち込むな」と大笑いされて
挙句の果てにハイライトをツアー中吸わされてしまった。そんな思い出の
デビッド・グリスマン作ビル・モンローソング集でした。最高です。

南六郷まで走る!リルコミだあ

寒いというよりも今朝は冷たくてしばれるという表現が当たってる中、
きょうも仕事に精を出している。こんばんは。きのうは吉祥寺、きょう
は南六郷と遠方な現場だった。残るは近間小平市内の細かい仕事
のみだから、一挙に体が楽になった。南六郷の現場は犬のお散歩
繋がりだが、紹介の連鎖によって顧客となったご夫婦だけのお宅。
したがって作業的にはそれほどのヘビーさはないけど、問題は道中
で、常に渋滞がひどく本日は年末もどん詰りのせいか、どこへ行って
も車の洪水だった。私の選択した道路は多摩川沿いの細い道路をガ
ス橋までひたすら一直線に行って、ガス橋を渡って今度は反対側の
多摩川沿いを川下へ。すると道路は南六郷へと突き進む形に進む。
家から到着までたっぷり二時間。早朝6時半に出発してこれである。
というわけで本日車中CDは「ザ・ホワイツ/A Lifetime in the Making」
「レボン・ヘルム/ERECTRIC DIRT」「ヴァン・モリソン/MOONDANCE」
「ハンク・ウィリアムス/The Best of Volume 2」で二時間を乗り切った。

★プロデューサー浦上宗治さんからゴキゲンなライブ情報が届きました。

★1/2・南青山マンダラ・ホット倶楽部イクスプレス・
ニューイヤーズパーティライブ 

日時 2012年1月2日(月) OPEN18:30 LIVE19:30~
南青山 マンダラ 港区南青山3-2-2 
Tel: 03-5474-0411(御予約可)
出演 ★ホット倶楽部イクスプレス 浦上宗治(Uk) 繭本珠妃(Vo)
大塚雄一(Acd) 太田弘行(Vln) 三輪崇雅、山本大輝(G)
ゲストアーティスト・ひびき みか(ダンス・身体表現)
高田和貴(Uk,Vo) その他のゲスト!
当日3000円
インフォ・御予約 ・
Mail
Tel 090-9830-9690 浦上

★1/9・渋谷クロコダイル・ホット倶楽部イクスプレス
/D day パリでのレコーディングを終えて帰国した水口昌昭、
大阪からマンドリンとのニューアルバムをリリースした川瀬眞司の
両マイティーギタリストを迎えた最高の夜へいらっしゃい!

日時2012年1月9日(月) OPEN 18:00 LIVE 19:00
CROCODILE・クロコダイル 渋谷区神宮前6-18-8 ニュー関口ビルB1
Tel: 03-3499-5205
http://www.crocodile-live.jp (御予約可)

出演 Hot Club Express 浦上宗治(U) 繭本珠妃(Vo) 川瀬眞司、
水口昌昭、三輪崇雅、長谷川光、山本大暉(G) 大塚雄一(Acc)
北床宗太郎(Vln) 大角一飛(B) ★ゲスト 太田弘行(Vln)
クレージーマッシュルーム・牟田祀也、半杭聡(ギター)他

御予約・お問い合わせ ホットクラブパシフィック・
Eメール
浦上携帯 090-9830-9690
Hp http://hotclub-express.com/


それにしても民主党のダメさかげんよ!リルコミだあ

本日も静かな晴天となった小平からこんばんは。いまだに仕事中
である。明日もリフォーム現場、翌26日(月)は羽田空港近い個人
宅の大掃除お手伝い。29日までこのパターンが続く。問題は箱根
フェス主催者「バニーマウンテンクラフトサービス」の忘年会に出席
出来るのかだが、どうやら30日まで仕事が続きそうな感じなので、
やむなく欠席になる可能性が高い。さて、今年も色々あったが、心
底から残念無念だったのは民主党である。ドジョウだか何だか知ら
ないけど野田首相である。国民との約束よりも霞ヶ関官僚の意の
ままではあまりにも情けない。金玉ついてんのか!とどなりたくなる。
消費税増税を国民が支持するのか、東京新聞によれば、野田内閣
が閣議決定した2012年度予算で注目の原発予算は横ばいで、関
連トータル4188億円も拠出し、その上「脱原発」意志を示していな
いからあきれるのだ。しかも八ッ場ダムの公約違反である。これらは
先の政権交代で民主党を支持した国民を完全にバカにしている。
あと総選挙まで二年か、私は民主党諸悪の根源は鳩山元アホ首相
だと思っているが、その後継もダメ菅にドジョウだもんね、こいつら全
部絶対に落選して欲しい。


★茅ヶ崎ボチボチのスケジュールが届きました。以下はメールの
公開です。

□■唄える!弾ける!聴ける!■□
□■ BOTCHY BOTCHY MAIL MAG ■□
□■ 2011年12月21日増刊号 ■□

あっという間に歳末になってしまいました。
BOTCHY BOTCHYのshunです。
いつもBOTCHY BOTCHYをご利用いただき、ありがとうございます。
今回のメールマガジンは増刊号として、年末年始のご案内です。

※もし、このような案内がご不快だったり、不要な方がおられ
ましたら、返信でその旨をご連絡ください。
リストより削除させていただきます。m(_ _)m

●12月30日の午後4時からは「ボサノバ ワークショップ」
★そして12月30日の夜はそのままBOSSA NOVAナイト!?
●受講料:1500円+参加費:1500円(ドリンク付き)
┌─┬───────────────────────────
|4|【12月31日(大晦日)はBOTCHY BOTCHYカウントダウンパーティ】
└─┴───────────────────────────
今年もやります、恒例BOTCHY BOTCHYカウントダウン・パーティ!! 
みんなで弾いて唄って、楽しく新年を迎えよう!! 年越しソバ付き!
★今年は19時~26時頃まで
●12月31日(大晦日) ★詳細検討中
┌─┬───────────────────────────
|5|【1月4日(水曜日)より通常営業!】
└─┴───────────────────────────
3日が第1火曜なので、カレンダー通り4日より通常営業です。
┌─┬───────────────────────────
|6|【1月21日(土)は、やるぞ!!「新春 拓郎ナイト!」】
└─┴───────────────────────────
2011年もやります!「やるぞ!拓郎ナイト」! 
みんなで拓郎を唄って聴いて、一晩盛り上がろう!!
いつものように自称「日本で二番目に拓郎がウマい男」
井上ともやす投げ銭ライブもあるよ!!
●2011年1月15日(土曜日) 18時30分開場
●イベント料金2000円(1ドリンク付き)
※井上ともやすライブは投げ銭
┌─┬───────────────────────────
|7|【2月11~12日は、欲張りぼちぼちスキーツアー!!】
└─┴───────────────────────────
今年もやります、BOTCHY BOTCHYスキーツアー。
もちろん行き先は去年と同じくエコーバレースキー場近くの
音楽ペンションです。楽器の数々やコンサートホール、
音楽スタジオまで完備のペンションなので、
スキーができない人も音楽ができない人も同時に楽しめちゃう。
さらにそんな晴天率の場所なので、スキー場のナイター照明が
消えたあとは、素晴らしい星空も楽しめるかも。
現在、詳細企画中です。参加希望の方は、早めにお問い合わせください。
●昨年は交通費が茅ヶ崎発、八王子から特急あずさで往復約1万円、
ペンションが一泊二食で1万円弱でした。
────────────────
☆その他、定期イベントのスケジュールなどもあわせて、
店頭のBOTCHY BOTCHY新聞やWEBサイトのスケジュールページを
ご覧ください。
http://www.botchy-botchy.com/blog/
────────────────
BOTCHY BOTCHY 電話:0467-83-6535
〒253-0044 神奈川県茅ヶ崎市新栄町13-7
http://www.botchy-botchy.com/
p03-04

本日は今年最後の「ギャザリング」!リルコミだあ

本日も天気晴朗なれど大忙しだった小平からこんばんは。午前中は
西武国分寺線高野台駅そばの三階建てリフォーム現場で足場に乗
ったガラス切り。ガラス清掃のことをなぜかガラスを切るという。三階
の足場で作業中、「グラグラ」と揺れはじめたのでドッキリ。思わず手
許のパイプを掴んでしゃがみこんでしまった。やがて若い声がして、
走るようなスピードで近づくと、「ちわっす!」と言うなり私をよけて隣
をすり抜けて行った。「足場を撤去する前に防御ネットを外します」と
後ろ向きに答えてリスのように角を曲がって視界から消えた。年齢は
二十歳前後か。しかしながら大揺れである。こんな状況でも作業を中
止するわけにはいかないから悲しい。午前10時で終了。それにしても
指先が冷たかった。きょうの寒気の中では二時間が限界だった。親し
い左官屋に「帰る」と声をかけて引き上げる。午後、本年最後の「ギャ
ザリング」に参加する。チャーリー&ナオミさん、バンジョーさぶちゃん、
イナさん、ヨーカムフィドラーさん、バンジョーマンIIDAさん、リリーさん、
S野さんなど常連が集合、およそ15人ほどのギャザリング。午後1時
にスタートして、途中、テニス帰りのお客さんもやって来て、リリーさん
お得意のカントリーダンスも飛び出して大いに盛り上がる。今年は東
関東&東北を襲った大震災と原発事故という未曾有の災害があった
年だったから、「ここに場所が変わってからまだ一年も経っていないよ」
という声が出ていた。ギャザリングは喫茶ローリングビーンズから公民
館視聴覚教室に移転してまだ一年未満なのに、数年も経っているよう
な不思議な時間の感覚はやはり大震災の強烈なインパクトによるも
のだろう。とりあえず2011年最後のギャザリングも終了した。来年は
1月8日(日)が小平市中央公民館ホールでの「ディスカバー小平ブル
ーグラスコンサート」からスタート、1月のギャザリングは26日(木)午
後1時に始まる。さて、私は29日までノンストップで仕事である。

東京電力の電気料金の中身にあきれた!リルコミだあ

連日の晴天だった小平からこんばんは。ここのところ迷惑メールが
来るような内容のものはずっと書いていなかったが、それでも以前
に書いたものにチャチ入れてくる少数のしつこい迷惑メール屋はい
る。二三日前にもそれらしきメールが届いたが、無視しているとその
無視している私の態度が気に入らないと書いてきた。しかし、無視
である。この忙しい時期に無駄な労力ほど疲れるものはない。という
わけで、しれっと東京電力の電気料金の話を書いてみよう。鋭く食い
込む原発取材記事で独走中の東京新聞によれば、これまでの電気
料金の中に「豪華な保養施設の維持管理費」や「高い利子の財形
貯蓄」まで入っていたそうだ。豪華な保養施設は熱海なら「東友 
熱海荘」となり、東京の八王子なら「多摩東友クラブ」となる。東友が
付くのがミソだが、いずれも安価な宿泊料や安い食事代金などが受
けて、どこも予約が困難だという。しかし、これは東電社員だけの特
権で、ワシラには知らされていない。驚くべきことは東電社員の財形
貯蓄では、不況下でほとんど利子が付かない企業が多い中で3.5%
もの利子を確保しているという。他に8.5%の利子が付く「リフレッ
シュ財形貯蓄」もあるのだという。これらの原資も電気料金の原価に
導入されていたというから、驚くべき無神経さである。東京電力だけ
がこのような利用者を裏切る行為をしていたわけじゃない。九州も東
北も北海道もどこの電力会社でもやっていることだろう。利用者に
知らさなければ「どおってことないよ」この態度、怒ろうぜ。

今週末は日曜日も仕事が決定トホホなのだ!リルコミだあ

新潟に象徴される日本海側が雪のときは関東は大概が晴れとなる。
きょうも冬晴れのおだやかな小平だった。こんばんは。友だちと貴重な
CDを聴きながら「忘年会でもやろうか」と計画したところまではよかっ
たが、予定した25日(日)にリフォーム現場が入ってパーになった。貴
重なCDをエッサホイサと運んでくれる筈の友人に「申し訳ない」と断り
メールを入れて、あえなくこの企画がダメになった。しからば新年会が
と考えがちだが、もちろんそうする予定だが、その気になった今年中に
是非やりたかった。大震災があった2011年に。ここのところの仕事の
追い込みが天気もよいので快調だが、リフォーム現場を日曜日に突っ
込んできた現場監督から本日、「すみませんね」と確認電話をもらった
けど、彼も年末までの現場の収め方に苦慮しているらしい。受持ちが
あちこちに4ヶ所の現場があって、そのうちの2ヶ所を年末29日までに
お客さんに引渡すということらしい。この2ヶ所ともに私がやらなければ
いけないようなのだ。詰まってくると何やら忙しそうだ。

トヨタカップの途中寝てしまった!リルコミだあ

いい天気が続いている小平だがさすがに朝夕は冷えるこの頃。
こんばんは。きのうはトヨタカップを見ていたらコロっと寝てしまっ
ていた。覚醒したのは後半も30分過ぎでボーッと見てたらメッシ
の二点目が入っていた。開始17分のメッシのループシュートが
決まったところで「ワーイ」と手を叩いたのは知っていながら眠っ
たから、きのうはメッシしか見ていないという結果だった。試合は
ダイジェストで見て「予想通り」と思った。近ごろのブラジルサッカ
ーは全体に小粒で元気がなく、かつてのジーコとかソクラテスな
どといった猛者は消えて久しい。サントスも小粒ばかりで、噂の
ネイマールだって当たりの強いプレミアリーグに行ったら、果たし
て通用するのかなと線の細さに驚いた。しかし、バルサは強い。
ただいまのところ敵無しの状態だろう。じっと、戦況を見つめ続け
た我が家のサッカー小僧もバルサを「強すぎる」と言った。当人は
昼間、かつて自分もそこでプレーした小学生クラブ「FCジュベニー
ル」が連戦連勝を続けて、どの大会か解らないがただ今、ベスト
8にまで来ているとか。いまはコーチとしての喜びを覚えつつある
ようだ。土曜日はサッカーの「天皇杯」もあって、ブログ管理人が
応援する「FC愛媛」がベスト8を賭けて「浦和」と対戦、結果0-
3で敗れた。この試合は録画して晩酌しながらの観戦だったが、
勝った浦和もバランスが悪かったが個人プレーが勝って勝ちにつ
ながった。一方の愛媛FCは中盤のせめぎあいは互角以上に戦っ
ていたが、なんせ責め上がりの人数が足りてない。いいパスを出
してもゴール前に詰めているフォワード以下の選手がいない。
とまあ、言ってしまいましたが、あの試合見てた管理人さんの歯
軋りの音が聞こえて来そうだった。

★ここのところ迷惑メールがバカ多くてバカヤロウの気分だが、
そのため、せっかくの情報をメールで送ってくださった皆さまの熱い
ライブ情報が迷惑メールに紛れ込んでしまうケースも少なくないの
です。十分に注意しているつもりですが、何しろ一人でやっている
ことなので「見落とし」や「漏れ」が生じます。どうかめげないでどん
どんライブ情報その他送信してください。よろしくお願いします。

真打「バルセロナ」登場!リルコミだあ

きのうよりも暖かい日中だった小平からこんばんは。世界一のサッカー
クラブ「バルセロナ」(スペイン)が、トヨタ・クラブカップ戦(横浜日産スタ
ジアム)に颯爽と登場した。結果、バルサVSアルサド(カタール)は4-
0の大差でバルサの一方的な勝利だった。前日夜、ブラジルの「サント
ス」を見て華麗な個人技に酔ったけど、昨夜のバルサはその華麗さの次
元が違って見えた。両者は18日日曜日に対戦するが、バルサの有利は
動かないと思った。何しろ、アジアチャンピオンのアルサド陣内に責め入
り、あとはほとんどの時間をアルサド陣内でボールを回しゲームを支配
した。実に冷静そのもので、攻め込むときのメッシの動き&パスは針の穴
でも見ているような正確さで通して加点した。ものが違うのだった。バルサ
のメンバーは見ている自分の錯覚なのか、いずれもスラリとスマートに見
える。このスレンダーな体がしなやかに動くと、これまで見たこともないよう
な速くてビューティフルな展開をしてくれるのだった。日曜日が楽しみだ。

★小平のブルーグラスバンド「オレンジブロッサム」も出演する「新春所沢
カントリー・チャリティ音楽祭2012」のチラシが届きました。以下はチラシの
文面と出演者を紹介します。(サンクスフォー、コタニさん)

「今回は東日本大震災復興支援のためのチャリティーコンサートです。カン
トリー、ブルーグラス、モダンフォーク、ハワイアン、カントリーダンス、フラ
ダンスと多彩な出演陣が、元気なニッポンを合い言葉に盛り上げてまいりま
す。軽快で明るい歌と演奏と踊り、お笑いバンドも初参加。アメリカン・ルーツ
音楽の数々をどうぞお気軽にお楽しみください。♪ご入場時にチャリティとし
て一口500円を募ります。みなさまからの寄付金は全額3.11被災遺児の
ためのあしなが基金に送金されます」

日時:2012年1月28日(土)開場11:30 開演12:00 終演17時
会場:所沢市並木公民館ホール(所沢市並木8-3 
                       電話04-2998-5911)
司会:ジョージ桑名、野矢まゆ
出演:(ブルーグラス)
   J Project Band(藤沢)、Blue Sky Boys(所沢)、
   Orange Blossom(小平)、Bluegrass Tuesday(所沢)
   (モダンフォーク)
   The Froggies(東京)
   (ハワイアン)
   Nui Los(富士見)
   (フラダンス)
   Hula Le h us(新座)
   (カントリー)
   藤井三雄&Three Sounds+ゲストエディ稲田(東京)
   Ikin' Back(所沢)
   Grass Country Boys(大月)
   Nagasaka Mountain Playboys(所沢)
   New Great Valley Country Boys(所沢)
   (カントリーダンス)
   Tokorozawa Country Dance Club(所沢)

主催:所沢カントリーミーティング(TCM)
共催:所沢市並木まちづくりセンター、所沢カントリーダンスクラブ
連絡先:TCM代表(ロイ田沢)TEL04-2942-0552
HP:「所沢カントリーミーティング」検索

マッド・エイカーズ・ベスト!リルコミだあ

年末にきて寒さはともかく天気が晴れてよくもってくれているのがいい。
特に外に出てガラス拭きが多いこっちは大助かりである。こんばんは。

ニューヨークのグリニッチビレッジを中心に活動していたフォークミュー
ジシャンたちが60年代後半からウッドストックへと移り住み、そこを拠
点にして活動をはじめた。ウッドストックはマンハッタンからハドソン川
を100km近く北上する。そこで「ハッピー&アーティ」のトラウム兄弟
を中心に「マッド・エイカーズ」のセッションが始まった。ジャケ写の集合
写真を見るとおり、およそ20人のミュージシャンがいる。このすべてが
ハッピー&アーティの友人知人としてそれぞれの音楽性を持ち寄って
スタジオに入った。こうして第一作「ミュージック・アマング・フレンズ」
が1972年にリリース。好評を得て、第二作「ウッドストックマウンテン」
が1977年に出ているが、ベアズビルスタジオをバックにしたこのジャケ
写はそのときのもののようだ。第三作目の「プリティ・ラッキー」もベアズ
ビルスタジオ録音。バーニー・リードンなどゲスト多数。第四作「バック
トゥマッド・エイカーズ」は1981年にリリース。一&二作目で大活躍した
ビル・キースやジョン・ヘラルド、パット・アルジャー、ロリー・サリーなど
が戻っている。ウッドストックといえばザ・バンドが思い浮かび、中でも
現在も居住している「レボン・ヘルム」がいる。そのレボンの病気復活後
の第一作「ダートファーマー」は紹介済みだが、そのアルバムをプロデュ
ースしたラリー・キャンベルがこのマッド・エイカーズの四作目に参加し
ている。マッド・エイカーズの一枚目は日本でもトリオレコードから出て
評判を呼びセールスもかなりよかったと聞いてる。

111215_ma.jpg

01.MUD ACRES
02.PRETY BOY FLOYD (WOODY GUTHRIE)
03.BLUEGRASS BOY (JOHN HERALD)
04.OLD TIME MUSIC (PAT ALGER & PETE KAMINSKY)
05.DARLING COREY'S GONE
06.BARBED WIRE (ARTY TRAUM)
07.KILLING THE BLUES (ROLY SALLY)
08.GONE GIRL (JACK CLEMENT)
09.COLD FRONT (ARTY TRAUM)
10.TITANIC (JOHN HERALD)
11.PRISON WALL BLUES (GAS CANNON)
12.MORNING BLUES (MISSISSIPPI JOHN HART)
13.PANHANDLE RAG (LEON McAULIFF)
14.MESA ARIZONA (JERRY LAWRENCE)
15.CAROLINA IN MY MIND (JAMES TAYLOR)
16.OCRACKE TIME (BILL DALE & PAT ALGER)
17.COWPOKE
18.PRETY LUCKY (ROLY SALLY)
19.SALLY ANN (Trad.arr.HAPPY TRAUM)
20.WOODSTOCK MOUNTAIN (JOHN HERALD
21.AMAZING GRACE (Trad.arr.PAUL BUTTERFIELD & JOHN SEBASTIAN )

本文を書くにあたり徳武弘文さんのライナーノートを参考にしました。




糖尿病改善薬「ベイスン」を飲むとオナラが止まらない!リルコミだあ

厳しい寒さも一休みしたのかきょうの小平は暖かい一日だった。
こんばんは。先日、市役所の健康診断を医院で受けたら糖尿値
が「少し高い」と結果を聞きに行ったときにドクターから言われた。
ヘモグロビン数値が5.7だと言って薬治療しましょうという。糖尿
病治療の薬というと苦い経験が頭をよぎって、「先生、アマリール
を飲むんですか」と質問をしたら、とイケメンドクターが向き直って
「アマリールで何かありましたか」と逆に聞いてきた。「低血糖に
なって意識をなくしました」と答えると、「そうでしたか」それは大変
でした。「ではベイスンという食前に飲む薬にしましょう」といって
薬局でベイスンをもらっていまも飲み続けている。しかし、この薬、
めったやたらとオナラが出て止まらないのだ。薬局員(若い女性)
からもオナラが出ますなんてかわいらしく注意されてはいたが、
出ますなんてもんじゃない。仕事に差し支えるほどだった。医者が
電話の向こうで「最初だけでやがて止まります」と言われて我慢
したが、恥ずかしかった。この薬、ちっとも効かない薬だったら、恥
ずかしかった分損した気分になってしまうなあ。26日が受診日だ
から、ヘモグロビン値が下がっているかその日が楽しみだ。

師走の仕事スケジュールは満杯!リルコミだあ

朝方はかなり冷えて寒いがいったん日が出るとポッカポカになる2011年の
師走も半ばにさしかかった小平からこんばんは。今月は12月、といえば大掃
除となるのが平均的日本人家庭の師走の風景といえるが、私たちはこの大
掃除のヘルプまで受注しているから、普段にも増して忙しくなっている。あらか
じめ毎年の常得意様をカウントしてスケジュールを組んでいるが、飛び込み
的お断り不可な仕事関連先がらみが無理やり入り込むと、もう日曜日などは
休めなくなってしまう。「今年は予定通りで快調だ」と予定が書き込まれたカレ
ンダーを現場が終わってホッと一息ついていると携帯が鳴って、「○×だが、
あれ、何を言おうとしたんだっけ、とにかく家の母ちゃんに電話してやってくれ」
ちんぷんかんぷんな工務店の高齢者社長からの電話だったが、家の母ちゃん
というフレーズで「こりゃ仕事だ」と分かった。ウワサでは工務店社長宅は去年
丸ごとリフォーム、ほぼ新築の大改造をやったらしいので、家のお母ちゃんは
プロのお掃除を頼む気持ちになったのだと予想できる。これで私たちのスケジ
ュールも満杯になるだろう。ありがたい限りだが、体調を維持してしっかりスケ
ジュールを消化していくしかない。よし、きょうは鮪のお刺身で栄養つけようか。
もちろん、ヌル燗熱燗、気付けの一杯は欠かせない。

LEVON HELM 「DIRT FARMER」!リルコミだあ

今朝は滅茶苦茶に寒かったが昼間はポカポカ陽気に変わってガラス洗いをしているこっちにはかなりの追い風だった。こんばんは。1940年、アーカンソー州出身のレボン・ヘルムが、病気回復して復帰後2007年に発表したソロアルバム「DIRT FARMER」である。レボンはロック史に燦然と輝く名ボーカリストだが、1996年、喉頭癌にかかる。声帯周辺にできる癌で、多くの場合、喫煙が原因だといわれている。肺癌と比べても喉頭癌の方が喫煙の影響が出やすいといわれる癌である。しかし、喉頭癌と戦う間でもミュージック活動はやめないで、歌は唄えないがドラムス、マンドリンをプレイし続けた。ところがある日、奇跡は起きた。リードボーカルが出来るまで回復。2007年、スタジオ録音アルバム制作に成功。世界中のレボンファンに暖かく迎えられたアルバムがこの「ダートファーマー」だ。翌年、第50回グラミー賞で「ベストトラディショナルフォークアルバム」を受賞する。「すごい!」と思ったが、このアルバムの続編ともいえる2009年発売の「ELECTRIC DIRT」もグラミーのベストアメリカーナを受賞した。実は私の友人も喉頭癌を患い、長く戦っているが彼もまたミュージック活動中である。病気と向き合い、節制の限りを尽くしていまはバンド活動に何の不足もないそうだ。レボンと友人のチャレンジを祝福したい。

1112112_lh.jpg
LEVON HELM / DIRT FARMER (Produced by Larry Campbell & Amy Helm)1.False Hearted Lover Blues 2.Poor Old Dirt Farmer 3.The Mountain 4.Little Birds 5.The Girl I Left Behind 6.Calvary 7.Anna Lee 8.Got Me A Woman 8.A Train Robbery 9.Single Girl, Married Girl 10.The Blind Child 11.Feelin' Good 12.Wide River To Cross





ムーンシャイナー誌12月号が届きました!リルコミだあ

今朝、出かけようと準備をしてたら雨から雪に一気に変わって
「アレレ」と空を見上げると灰色の雪が無数に空いっぱいに広が
っていた。ゆきぐに育ちだから何だかうれしくなって、ルンルン
気分で出かけた。こんばんは。

ムーンシャイナー誌12月号が届きました。表紙は天才フラットピ
ッカーの「グラント・ゴーディ」という青年だが、新人に弱い私には
一回も聞いたことがない人だった。先日も、相模湖から佐倉の先
までサトンパス号でドライブしたとき、コーディ・キルビーとかいう
やはりギタリストのアルバムを車中で聞いたが、こちらも私の新人
に弱い部分が出てしまい、どうしても夢中になれなかった。

さて、今月号には「ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート」の
記事と広告を掲載していただいた。何しろ1月8日(日)開催なので
ちょうどピッタリのタイミングになったので、主催者としては非常に
うれしい。しかし、自分のやるコンサートが雑誌に掲載されると少し
照れくさい。となりにはアリソン・ブラウンの顔が写ってるし、なか
なか口では表現できないが年甲斐もなく興奮してしまった。皆さん、
ブルーグラスコンサートを企画して広告を出してみよう!!

故ジョン・レノンのスーパーライブがきのう武道館であった。民法テ
レビはジョン・レノンよりも、桑田佳祐が初めて出演したってところが
ニュースになっていたが、私にいわせると、こんな単細胞なロックコ
ンサートもないといつも思う。マイミク友「酩酊”GoGo”爺」さんも
「サム・クック、オーテス・レディングも忘れないでね~」と書いていた
が、本当に「そうだ」と思った。インターネットが広がると桑田佳祐や
ジョン・レノンよりも自分にピッタリのアーチストを発見できるゾ。

福生の楽器店「キャットロック」!リルコミだあ

寒い日だと思ったら、午後から雨に変わった小平からこんばんは。

きのうの夜は銀座ロッキーで「デッドマン・ウォーキング」のライブ
観戦。「11月は売上が出なかった」と肩に力の入らないTマスター
と、「ボーナスが出ると状況も変わるよ」などと時候の会話をしな
がら、生ビールを飲んでデッドマン白熱ライブを見る。お客さんは
少なく、超お仲間の「オー!ジンバンド+夢弦堂主人」を中心に、
およそ10人ほどだった。Tマスターではないが、12月でこの人数
だとかなり厳しい。懐の暖かい酔客が押し寄せる15日すぎが待
たれる。アンコール「Happy I'llBe」でライブが終了。いつもだったら、
ここからお向いの台湾料理店に立ち寄るコースなのに明日は
早朝の仕事があり、そそくさと帰途へ。おかげで今朝はすっきり
おメザ。小さなリフォーム現場は何時に入ってもいい許可をもらっ
ていたので遠慮なく午前7時30分に作業開始。午前11すぎには
終了。きょうはここからが本番である。まずは武蔵村山のジョイフル
本田で車にℓ131円のガソリン給油と灯油36ℓを仕入れる。

そのまま国道16号を南下。福生市の米軍横田基地正面入口を
右折。JR福生駅を通過して多摩川にかかった永田橋を渡ると
「あきる野市」。橋から車で1分の右側に「香」(シャン)という中華
屋があって、ここの「タンメン」が絶妙に美味。しかも店長はウィミン
という名の元中国人だが、強力なビル・モンロー・フリーク。私が
持っていたビルモンのステージライブDVDをお土産に持参すると、
顔をクシャクシャに喜んだ。お礼に超辛の「ラー油」をどっさりいた
だく。妻とタンメンを注文して、フーフー、熱さをこらえながら食す。
このタンメン食べたさにお店はいつも満員。麺が売り切れると
(平均午後二時)閉店。あとはギターでビルモンをうなるという豪
快な麺&歌人生だ。帰り道、福生駅を越えて単線の踏切の手前に
「キャットロック」(Tel&Fax042-551-0052)という楽器店があるから、
そこにジンさんが顔を出すと店主はきっと驚く、とタンメン店長
ウィミンが是非にと言ったので立ち寄ると、何と懐かしや元御茶
ノ水石橋楽器店アコースティックショップ担当だったO崎さんが
いるではないか。

「退社して独立したのは10数年前だったが、福生に楽器店を開
いたのが6年前」がんばってます、というわけだった。ジューンアッ
プル誌をかついで御茶ノ水界隈を走り回った70年代を思い出す。
石橋楽器店を卒業した元社員はO崎さんをはじめ、私とはごく親
しい北農さんは「オンザボーダー」、S尻さんは「ウッドマン」とみな
さんが大活躍である。O崎さんが語るには他日にゆずるが、彼が
語るにはいま、マンドリンやバンジョーを弾きたい若者が、実は多
いのだという。これは日本よりもアメリカに顕著で、韓国や中国メ
ードのマンドリン&バンジョーが大量にアメリカに入っているらしく、
ちょっと驚いていると言った。たぶんアイリッシュの影響が大きい
と背景がきちんとしていることも語った。

O崎さんは石橋楽器店にいた後半は、世界中を回って楽器を購入
したと言っていたが、そのツテから情報が集まり、楽器の流れを
分析できるのだろうか、妙に説得力があった。ここのお店でもフラット
マンドリンを購入する若者が増えている。彼らはしかし、弾き方を
知らないから、あるいはブルーグラスの中に入っているマンドリンを
見たことがないので自己流にとどまっている。マンドリンがいちばん
合っている音楽、つまりブルーグラスをまた広めてくれたら、ものす
ごくうれしいんだけど。最後は夢よもう一度じゃないけど、何だか
お願いされちゃった。帰宅すると、弘前からりんごと長芋6本が届く。

Cat Rock 東京都福生市福生867-14-101
電話&FAX042-551-0052
MAILは ここへ
HP : http://cat-rock.com

半分ぼけたクロス屋さんのお父さん!リルコミだあ

きょうは朝方だけ寒かったが昼間は直射もあって暖かく感じられた。
こんばんは。

仕事仲間のクロス屋さんのお父さんの手配で現場に行くと、電話で
聞いていた現場の大きさがまるで違っていた。2DKのアパート1室
といえばフローリング×2室+ダイニングキッチン、風呂トイレが通り
相場であるが、本日の現場は畳室×2室+ロフト、そして広いリビン
グのキッチンに広い風呂トイレという常識を超えた2DKだった。
すぐに「話が違う」から電話で言った見積り金額ではとても出来ない
というと「親父はなんせアバウトで困る」とそっくりな声で跡取りの長
男が、値段は後回しにして進めてくださいとオーケーの返事。以前
もお父さんのアバウトな地図に振り回されたことがあったことを思い
出した。そこに、当のお父さんがやって来て、「ロフトがあったとは
知らなかった」といくらかパワーダウンしている様子で、「まあ、これ
で期限直してよ」と缶コーヒーを差し出した。ここまではごく普通だっ
たお父さん、「君はどこへ駐車した?」と聞くので「コイン駐車場だよ」
と答えると、しばらく考えたお父さん、「オレ、どこへ駐車したっけ?」
忘れたという。いちど外へ出て行ったらすぐに戻り、やっぱり車が無い
と言った。「おいおい、こっちは仕事にならないけど」しかたがない、
一緒に探そうと道路に出た。アパートの目の前に真新しいステーション
ワゴンが駐車してあった。「この車はちがうの?」と聞くと、「うーん。
さっきからオレも誰のかなあ」って考えていたんだという。すぐに会社に
Telすると「親父は新車に乗って行ってる」というではないか。「お父さん、
この車だってよ」と私がいうと、やおらキーの束を出してチャラチャラ
させて、「これでいいのかなあ」と私を振り回したことなどすっかり忘れ
て、エンジンを始動させると破顔一笑して、喜々と車に乗り込んで
「ハイ!」と片手をあげて出発したのだった。
見送るこっちは超複雑な気分。
おかげで現場は夕方までかかる始末。もうお父さんとは関わりたくない。

The Lost Notebooks of Hank Williams!リルコミだあ

冬の寒い朝を迎えて「寒い」が仕事場の挨拶になっていると午後には
雨が落ちてきた。夜、雪に変わることがないよう祈るばかり。
こんばんは。

先日、NHKFMラジオ朝の番組、「ウィークエンドサンシャイン」でやった
「ハンク・ウィリアムズ特集」は非常に楽しかったが、それ以前の「ビル・
モンロー特集」も含めて、今年はカントリーとブルーグラスにとっては
電波に取り上げられた分だけ当たり年だと思った。すると、何と今度は
坂本龍一先生が毎週土曜日にやっている音楽番組「スコラ」でも「ビル・
モンロー&ヒズ・ブルーグラス・ボーイズ」を取り上げたのだから、ブルー
グラスファンの一人としてNHKのある渋谷区方向に足を向けて寝られ
ない心境である。スコラの方は先週、エルビス・プレスリーが登場したば
かり。ロックへの道は始まったばかりだから、必見ですね。

ハンク・ウィリアムス特集のときのゲスト解説者は評論家「鈴木カツ」氏。
ハンクにまつわる貴重な話題を話していただいたが、中でも1953年に
亡くなった遺品の中から皮のブリーフケースに残された歌詞やメモ、未
完成の作品などが発見されて、その歌詞に曲をつけてアルバムに仕上
げるプロジェクトがボブ・ディランを中心に続けられて、今年発売となった
云々を聞いたときは驚き、トキめいたのだった。タイトルは以下の通り。

111206_hw.jpg

★The Lost Notebooks of Hank Williams (2011)

01 Alan Jackson - You've Been Lonesome, To
02 Bob Dylan - The Love That Faded
03 Nora Jones - How Many Times Have You Broken My Heart?
04 Jack White - You Know That I Know
05 Lucinda Williams - I'm So Happy I Found You
06 Vince Gill/Rodney Crowell - Hope You Shed a Million Tears
07 Patty Loveless - You're Through Fooling Me
08 Levon Helm - You'll Never Again Be Mine
09 Holly Williams - Blue Is My Heart
10 Jacob Dylan - Oh, Mama, Come Home
11 Sheryl Crow - Angel Mine
12 Merle Haggard - The Sermon on the Mount

1953年、ハンクは29才の若さで亡くなったが作品は残っておよそ58年
経って彼の意思がよみがえったということだろうか。全体の印象は派手さ
は皆無で、素朴で淡々とそれぞれのアーチストが歌い上げている。中でも
ヴィンス・ギルとロドニー・クローウェルが歌った「Hope You Broken my
Heart」にスティールギターで参加したドン・ヘルムズは、ハンクのスティー
ルギタリストだったその人である。このセッション後の8月、心臓と糖尿病
の合併症で亡くなった。最後のセッションとなった。享年66才。私的には
アルバム最後に登場するマール・ハガードがよかった。

新宿曙町のバッキンタウンから来年1月のライブスケジュールが届きまし
たので公開いたします。早いものであと一ヶ月で新年を迎えるんですね。

日頃より大変お世話になっております。
本日は、曙橋 Restaurant & Live Music 「BACK IN TOWN」より
2012年1月のライブ・スケジュールをBCCでご案内させていただきます。

ご来店の際には事前にお電話かインターネットでご予約くださいますよう
よろしくお願いいたします。

Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN"
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 
TEL03-3353-4655
http://homepage3.nifty.com/backintown/
Mail

12月30日(金)~1月4日(水)はお休みさせていただきます。


1月
----------------------------------------------------
5日(木) <18:30~ :会費\3,500> BIT新年会(フリードリンク&
     フリーフード会費制です) 18:00オープン
"    ♪バックインタウン11年目の幕開けです。
      飲んで食べて歌って盛上がりましょう。
----------------------------------------------------"
6日(金) <19:30~ :MC\5,250> 佐々木幸男
"    ♪1976年デビューのシンガーソングライター。
      現在、札幌を拠点に活動中。久々の登場です。
----------------------------------------------------"
7日(土) <19:30~ :MC\2,100> Honey Cookies,
      NEW Petty Booka, OッK Brothers
"    ♪新生ペティー・ブーカ登場。新春初のサタデーナイト 
      ひとつ陽気にいきやしょう。
-----------------------------------------------------"
10日(火) <19:00~ :通常営業> カントリーミュージック・ナイト
"    ♪アコースティックでカントリーを歌う夜です。
      カントリーを歌いたい方はどなたでも参加できます。
-----------------------------------------------------"
11日(水) <12:00~ :会費\5,000> 稲葉和裕「講座合同新年会」11:45オープン
"    ♪稲葉和裕が講師を務める「カントリーと友達になろう」と
      「ギター弾語り講座」の新年会
---------------------------------------------------"
12日(木) <19:30~ :MC\2,625> 青木 研 with 吉原 聡
"    ♪超絶テクのフラットピッキング奏法。世界を代表する
      4弦プレクトラムバンジョー奏者。
-----------------------------------------------------"
13日(金) <19:30~ :MC\3,990> 松田ari幸一 with 宇戸俊秀、
      古橋一晃 ゲスト:朝崎郁恵、城田純二、天野SHO
"    ♪日本を代表するハーモニカ(ブルースハープ)プレイヤー。
---------------------------------------------------
14日(土) <18:30~ :MC\2,100> EKO/エコ   17:00オープン
"    ♪C.S.N.Yをメインにイーグルス、
      アメリカなどのウエストコーストサウンドを追及しています。
-------------------------------------------------"
16日(月) <18:00~ :通常営業> ギターインスト・ナイト
"    ♪マイギターでギターインストの夜です。
      ギタリスト大集合!!
-----------------------------------------------------"
17日(火) <19:30~ :MC\2,100> 「飯塚(Pf) & 小山(Vo)」
      「Tommy(Vo) & Jin(G), まーくん(G)」
"    ♪個性豊かな「ピアノ & ボーカル」 
      「ボーカル & 2ギター 」 の競演ライブです。
--------------------------------------------------
18日(水) <19:30~ :MC\2,625> 伊藤賢一
"    ♪アコースティックギターソロ。
      スティール弦とナイロン弦を奏でます。
---------------------------------------------------"
19日(木) <19:30~ :MC\3,150> SHIME with ?
"    ♪ロック、カントリー、ブルーグラスなどを
      ルーツにオリジナルも手がけています。
---------------------------------------------------"
20日(金) <19:30~ :MC\3,675> 吉川忠英
"    ♪シンガーソングライターであり日本を代表する
      アコースティックギタリスト。久々の登場です。
----------------------------------------------------------------"
21日(土) <18:30~ :MC\4,200> SLOW DOWN(浜田良美&笛吹利明)
       with 中西康晴(Key) 17:00オープン
"    ♪はがねのボーカル浜田良美とアコースティックギター
       笛吹利明のユニットです。
---------------------------------------------------"
23日(月) <19:00~ :通常営業> 弾語りナイト
"    ♪マイ・ギターでJ-Folk, American Folk をBITの
       ステージで歌いまくって下さい。
--------------------------------------------------"
24日(火) <19:30~ :MC\3,150> PIG-INN
      (河合徹三、夏目一朗、金武 功)
"    ♪個性豊かな三人のミュージシャンによる
       スペシャル・ユニットです。
---------------------------------------------------"
25日(水) <19:30~ :MC\2,625> Cecil Windy Jam
"    ♪うい(Vo&作詞)と宇戸俊秀(Pf&作曲)の
      オリジナル曲中心の新ユニット。
---------------------------------------------------"
26日(木) <19:30~ :MC\2,100> 耳夢 & ハニークッキーズ
"    ♪ブルーグラス、ウェストコースト、
      フォークをヤング・ジェネレーションでお届けします。
--------------------------------------------------"
27日(金) <19:30~ :MC\2,625> LauLa(ラウラ)
"    ♪湘南出身。松井貴志、来海大(ライカイヒロシ)の
      二人によるハワイアン・デュオ。
----------------------------------------------------"
28日(土) <18:30~ :MC\1,050> Navels 沼東バンド 17:00オープン
"    ♪PP&MカバーバンドNavels の年1回のBITライブ。
      今回は後輩バンドを迎えて楽しいステージを。
---------------------------------------------------"
30日(月) <19:30~ :MC\2,500> 井上ともやす with 川又トオル、
      中内計、西川透、曽禰荒助
"    ♪吉田拓郎の次に吉田拓郎がうまい「井上ともやす」の
      拓郎ソング&オリジナルをお届けします。
----------------------------------------------------"
31日(火) <19:00~ :通常営業> ブルーグラス・ナイト
"    ♪ブルーグラス好きはMy ギター、バンジョー、
      マンドリン、フィドルで大集合!!

NHKEテレ「原発事故に立ち向かうコメ農家」!リルコミだあ

夕方から北風が吹き始めた小平だったが明日の寒さが予感できそうだ。
こんばんは。

昨日の日曜日も仕事をした。今月のスケジュールを見て、どうやら日曜
出勤をした方が流れがいいと判断したのだった。夜、NHKスペシャルを
見る。真珠湾から70年のタイトルで、戦争の生き残りの高齢者にインタ
ビューするNHKのこれまでのやり方だが、今回はゴールデンタイムの
放映だったから、視聴率はこれまでよりも大幅に上昇したに違いない。し
かし、いま見たいものといったらまず原発事故のその後だろう。戦争を
伝える報道も必要だとは思うが、70年も過ぎているではないか。いま何
を置いても福島原発事故の現在をきちんと報道しないNHKは如何な
ものか、とこれは実感である。たとえ、小さな訴えでもNHKらしく取り上げ
て報道したらいいのにと、新聞のテレビ欄を見ながら、ため息をつく毎日
だった。一方の民放各テレビ局については「経済生産」が第一なのだろう
から、原発マネーという超美味しい存在が消えない限り、あからさまな原
発事故報道を取り上げるわけがない。まあ、民放はマスコミの本分を忘
れているようだから、期待するだけ損な気がする。

とまあ、午後10時。こちらはNHKEテレ。妻の助言でETV特集「原発事
故に立ち向かうコメ農家」を見てしまった。はじめは眠くてぼんやりとした
頭で見ていたが、農業生産法人社長の鈴木博之さんの場面に切り替わ
ったら、眠けが吹っ飛んでコメ農家と原発事故との生々しい現実に夢中に
なって時間を忘れた。鈴木社長はコメ一筋。除草剤など農薬は使わない
コメ作りで、直売店販売のほか全国200人のお客さんに直接販売をして
いる社長さんだ。「3.11原発事故のあと、60kmも離れたこの大玉村に
まで放射能が降ってきたと知らされて、頭の中が真っ白になって、ウソーッ
と思った」という。しかし、さすがに社長、ここからが一般的なコメ農家とは
一味ちがう行動を見せ始める。まず、6月、風評被害によって直接販売店
の売上が80%もダウン。一気に会社の資金繰りが苦しくなる。そこで銀行
融資を申し込むが、「罹災証明書がないとダメ」と融資を断られる。すぐに
大玉村役場に風評に対しての罹災証明書を申請するが「前例がない」と却
下される。

ここから鈴木社長は風評被害による売上ダウンと放射能による土壌汚染
という非常に困難な問題にたった一人で立ち向かう。まず、罹災証明を求
めて県に行き、県もダメでやがて国へ。内閣府→経産相→原子力保安院
と渡り歩くが、いずれも罹災証明書は発行されなかった。ここで鈴木社長は
「福島原発事故は事故なのか」という素朴な疑問に気がつく。「事故だった
ら警察が動いて事故証明が出るはず」だが、警察が動いたという事実はな
かった。「事象」と事故は違うのか、と。しかし、土壌汚染対策法では、放射
性物質は除外されているとアナウンスが流れる。環境基本法13条、原子
力基本法などの法律が存在するが、放射能による土壌汚染に対してどうす
るかと定めた法律はいまのところ存在してないとアナウンスが流れて、鈴木
社長の無力感をクローズアップさせた。原発を推進したのは官僚である。

官僚が原発の法律を作って政府自民党が賛成、この国のあらゆる過疎の
村にこれでもかと原発村が出来ていった。法律を作る官僚が「万一の事故」
に対してぬかりはあるはずも無く、鈴木社長の素朴な要求さえも「事故」では
ないところから罹災証明が出る訳がないという流れである。ここまで見てしま
うと鈴木社長を応援する気持ちで一杯になっていた。「負けるな」と。「先祖
代々の土地を汚したのは福島の原発事故だ」「先祖のお墓もある土地から
は動けない」「東京電力によって人生も土地も滅茶苦茶にさせられた」社長
はただいま、東京電力を相手取って訴えを起こそうと準備している。NHK
もなかなかやるねー。

ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート!リルコミだあ

お知らせ臨時号です。

来年1月8日(日)新春恒例となった
「ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート」
が開催されます。東京の実力バンドが競演する
コンサートは必見の価値ありです。

111203_001.jpg
出演バンド

★ザ・ダッキーズ

 本間正敏:マンドリン&ボーカル
 星  勉:ギター&リードボーカル
 酒井潤一:バンジョー&ボーカル
  宇田 仁:ドブロ
 佐藤 渉:ウッドベース

★ザ・デッドマン・ウォーキング

 山口さとし:ギター&リードボーカル
 柴木健一 :マンドリン&ボーカル
 上野秀雄 :バンジョー&ボーカル
 奥沢明雄 :エレキベース&ボーカル

★ザ・タヒチクラブ

 須貝重太 :ギター&ボーカル
 乙女三枝子:ウクレレ&ボーカル
 手島夏江 :マンドリン&ボーカル
 早川流吉 :スティールギター
 手島昭英 :ウッドベース
 小篠慶司 :カホン&ボーカル
 手島宏夢 :フィドル

★ジ・オールド・ヴォイス
 
 篠原啓三 :ギター
 菅野茂樹 :ベース
 木内孝子 :オートハープ&ボーカル
 西本重良 :マンドリン&ボーカル
 稲井田豊 :バンジョー

★麻田 浩&ザ・ワカテ

 麻田 浩:ギター&リードボーカル
 タロー :マンドリン&ボーカル
 手塚洋輔:ギター&ボーカル
 ヒロム :フィドル&ボーカル
 小寺拓実:バンジョー
 手塚里美:ウッドベース

★ザ・ブルーサイド・オブ・ロンサム

 笹部益生:ギター&リードボーカル
 加藤保久:マンドリン&ボーカル
 早川流吉:バンジョー
 ヒロム :フィドル
 手島昭英:ウッドベース

★坂本愛江(カントリー)

★ぺティブーカ

 SACHIKO
&
 CHIKA

★OッKブラザース

 須貝重太  :ギター&ボーカル
 アシュラ紅丸:エレキベース&ボーカル
 マッキー  :マンドリン&ボーカル
 早川流吉  :バンジョー

以上。

場所:小平市中央公民館ホール

日時:2012年1月8日(日) 
   午後12時半スタート~

料金:1000円

交通:西武多摩湖線「一橋学園駅」徒歩5分
   ー同ー   「青梅海道駅」徒歩5分
   JR武蔵野線「新小平駅」徒歩15分

お問い合わせ 090-3917-3672ササキジン







Masuo Sasabe 「Yokohama Pickin' Party」!リルコミだあ

真冬の寒さに震えながら仕事をした本日でしたが、予報では明日午後からは
また気温が上昇するらしい。しかしいきなり真冬とはびっくりこいたニャー。
こんばんは。

111202_s.jpg

まぎれもなく日本ブルーグラス界を代表するリードボーカリスト、「笹部益生」
さんの1998年頃に出たCDアルバム。タイトルは「Yokohama Pickin' Party」
プロデュースはサンディ・ロスマン氏。サンディさんはブルーグラスボーイズや
ジェリー・ガルシア・アコースティックバンドを経たファインプレイヤーとして知ら
れるが、ここではボーカル、ギター、バンジョー、マンドリンで笹部を好サポート。
録音は19991年から1997年に渡って横浜市内の笹部建築事務所でホーム
レコーディングされたものだが、中身は笹部の最も得意とするオールドタイム
・カントリーソングを主役にして、ブルーグラスナンバーはスパイス的な味付け
にして、かなりマニアックな仕上げになっているが、非常に聴きやすく親しみ
やすいのは笹部&サンディの卓越した表現力によるところである。現在、ブル
ーグラスバンド「ブルーサイド・オブ・ロンサム」を率いてブルーグラスを表現
して人気だが、ここに収めたオールドタイム・カントリーソングを歌う笹部益生
さんも格別である。

★Masuo Sasabe 「Yokohama Pickin' Party」

1.Happy on the Mississippi Shore (Delmore Bros.)
Masuo Sasabe - all vocals and instruments

2.Hobo Bill's Last Ride (Waldo O'Neal)
Masuo Sasabe - vocals,guitars,bass
Sandy Rothman - mandolin

3.Helen (Rebe Gosden)
Masuo Sasabe - Lead,tenor,baritone vocals,guitars,bass
Sandy Rothman - lead vocals,banjo,mandolin

4.Put Me on the Trail to Carolina (Alton Delmore)
Masuo Sasabe - all vocals and instruments

5.Blow Yo' Whistle, Freight Train (Delmore Bros.)
Masuo Sasabe - all vocals and instruments

6.I'm Coming Back But I Don't Know When (C.Monroe)
Masuo Sasabe - lead,tenorvocals,guitars,bass
Sandy Rothman - lead,baritone vocals,banjo, mandolin

7.When We Held Our Hymn Books Together (Delmore Bros.)
Toshi Takada - lead vocals
Masuo Sasabe - tenor vocals,guitar,bass
Yuko Suzuki - violin

8.Don't Let Your Sweet Love Die (Van Ness-Manners)
Masuo Sasabe - lead,tenor vocals,guitar,bass
Sandy Rothman - lead vocals,mandolin,lead guitar

9.Don't You Call My Name (Herbert Campbell)
Masuo Sasabe - lead,tenor vocals,guitar,bass
Sandy Rothman - lead vocals,banjo,mandolin

10.The Trail of Time (Alton Delmore)
Masuo Sasabe - all vocals and instuments

11.Summertime is Past and Gone (Bill Monroe)
Masuo Sasabe - lead,tenor vocals,guitar,bass
Sandy Rothman - lead vocals,banjo,mandolin

12.Blues Stay Away From Me (Delmore Bros-Glosson-Raney)
Masuo Sasabe - all vocals and instruments

13.Weary Day (N.King-T.Neely)
Masuo Sasabe - all vocals and instruments

14.Rank Stranger (Albert E. Brumley)
Masuo Sasabe - all vocals and instruments

ギャザリングに読売新聞記者がやって来た!リルコミだあ

一気に真冬の寒さとなったきょうの小平だったが雪にはなっていない。
こんばんは。

きのうは大田区久が原が現場だったため、帰りが遅くそのうえ疲労で
ブログを書く気持ちになれなかった。月末のせいか環八通りの渋滞も
ひどくて余計に疲れたようだった。明けてきょうは12月1日。師走に突
入である。震災の年も残り一ヶ月だ。午後、中央公民館でギャザリング。
ブルブルの外気のため、集まりはいつもよりも少なく10人ほどだった。
その分、たっぷりと弾けて歌えたから、満足感と心地よい疲労感で晩飯
が旨そうだ。ギャザリングに読売新聞記者が取材に来てくれた。

ちょうど中だるみの午後4時近くにやってきたが、バチバチとフラッシュ
を光らせて沢山の写真を撮って帰った。「Well meet again sweatheart」
を聞いた記者は目を丸くして、「いいですね」を連発していた。これは
来年1月8日(日)に開催する「第3回ディスカバー小平/ブルーグラス
コンサート」の取材の一環で来られた訳だが、こちらは取材慣れしてなく
写真を撮られている間中ドキドキもんだった。コンサートの詳細は明後日
ここで紹介しますが、なぜ天下の読売新聞がブルーグラスコンサートを
取り上げるのか不思議に思われる読者も少なくないだろう。

実は、毎回のレギュラー出演者「ザ・ダッキーズ」のベースプレイヤー、
S籐さんが読売新聞東京本社に勤務していたツテを頼り、ある日メール
で協力をお願いすると、二つ返事で「お客さんが沢山いると燃えるよね」
と快く協力を引き受けていただき、先日、お話し合いがあって本日のギャ
ザリングに記者どのが登場したのだった。したがって、年内のいずれの
日にか読売新聞「多摩版」にブルーグラス記事が掲載される可能性が大
となった。ニュースだが、読売新聞東京本社立川支局長どのは何と、
ブルーグラスをご存知だった!!「小平市をブルーグラスシティ」にする
野望を持っているといった私を、慈愛に満ちた目で「出来るよ」と励まして
くれるのだった。

★エレキの帝王、小松 久さんからライブ情報が届きました。我が家の
妻と長女は「黒沢久雄」さんのボーカルの大ファンで、「いつか目の前で
思いきり聞きたいわ」などといった会話をしています。以下はメールの公
開です。

みなさん、お元気ですか。『黒澤久雄&ローガンズ』ライブの
お知らせですが、今回はちょっと年末パーティー気分の集まりです。

曲目はオールディーズを中心に選曲する予定です。
<予定曲目>
星に祈りを/亜麻色の髪の乙女/I want you I need you, I love you
/One night with you/Blue Christmas/Georgia on my mind
/Something/Hello Mary Lou、などなど
*********************************************
PLACE:バードランド
   港区赤坂3-16-7赤坂KTビル5F ( Tel: 03-3583-3456)
DATE:12月20日(火) OPEN: 18:00

SHOW TIME:19:00~2Stage
Charge:\10,000
2ドリンク&ブッフェ
予約・問い合わせ:インターナショナルプロデュース
   Tel:03-3703-2559(10:00~18: 00)
********************************************
<黒澤久雄&ローガンズ>
黒澤 久雄(Guitar&Vocal) 
細川 常俊(Bass&Vocal)
小松 久(Guitar&Vocal) 
高木 知彦(Keybard)
清水 薫(Drums)

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170603mr.jpg
--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ