FC2ブログ

2012-04

Latest Entries

5月はいよいよフェスシーズン突入だ!リルコミだあ

久しぶりに晴れて暖かい気持ちのいい一日だった。こんばんは。
ボチボチあったかくなるとブルーグラスの季節到来である。まずは
フェスシーズンが始まって、関東周辺でも毎週どこかでフェスが
開かれているが、私は連休中に開かれる「春千葉」5/4日(金)、
5日(土)の二日間に参加する。この他、春の「相模湖ピッキンパ
ーティ」が5/19(土)、20日(日)に開催されるが、こちらへも参加
する。5月はもう一つあって、恒例の「朝霧高原ブルーグラス・ピッ
キンパーティ」が、5/26(土)、27日(日)に開かれる。ここは晴れ
ると、目の前に富士山がドカンとそびえ立って唯一無比の風景と
なる。ここにもバンドで参加する。

120424春相模湖1014

カントリーの匂いがするロンドン出身の「ダイアー・ストレイツ」が
1979年に発表したアルバム「COMMUNIQUE」である。デビュー盤
「Dire Streits=悲しきサルタン」(1978年)が、オーストラリアから
火がつき始めて、結果世界で1500万枚以上のメガヒットを記録。
このセカンドは、デビュー盤の勢いの影に隠れた存在だが、バハマ
録音も抜群にクリアーでよく、実に淡々とした選曲がいい。実は彼ら
の激しいライブ映像が当時の11PMで放送された。いま話題のロン
ドンのロックバンドと紹介されていたが、私にはカントリーに聞こえた。
すぐにレコードを買いに走って、買ってきたのが「COMMUNIQUE」
だった。以来、ずっとファンを続けて出たアルバムはほぼ買っている。
一番のお気に入りはドブロが表紙の「Brothers in Arms」である。
1995年に活動をやめて、以後リーダーのマーク・ノップラーはソロ
活動。ギタープレイ&ボーカルも併せて才能の塊の音楽家である。

120424_2.jpg



«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ