FC2ブログ

2012-05

Latest Entries

渡辺ご夫妻のパフォーマンスに酔いしれた!リルコミだあ

今日は5月1日。曇り時々雨だった。今朝は仕事のサッカー小僧を
見送ってすぐに布団へ逆戻り。連休の谷間もお休み。先週末でほぼ
仕事は完済。めでたく6日まで真のゴールデンウィークとなった。

そこでライブへ。29日(日)は「ルート8464」という無国籍なジャズ
バンドのライブへ。メンバーは4人。ブルーグラスキャリアも長いマン
ドリン弾きとコントラバス弾きに加えて、アメリカ居住10年というギタ
ープレイヤーに、ウクレレを抱えたリードボーカルという構成である。
故ジェリー・ガルシアも歌った「THE THRILL IS GONE」でキックオフ。
アレサ・フランクリンも歌っている有名曲なので、このバンドの性格
が知れよう。トータル3ステージを、ボーカル入りが60%、他インスト
曲で静かに、しかしきっちりとストリングバンドらしく表現して、集まっ
た30人弱の熱心なお客さんを盛り上げていた。私と同席だった男
性ファンは、「ぼくは彼らが好きでしてねえ、追っかけみたいです」と
実にうれしそうに語りかけていた。「春千葉へは行く?」と問いかけ
ると、「同じ日に高槻ジャズフェスがあって、今回はそちらへ」さすが
に忙しそうだった。
120501_P1000983.jpg
ルート8464/ Photo by T.Suganuma

翌日は妻と北越谷へ。以前、西新井大師に近いところに住んだとき、
近所づきあいをしていた北海道酪農大OBの椋野君が、「おーるど
タイム」というライブハウスを開いていると、教えてくれた友人がいた。
いまの世の中は便利で、すぐに検索すると一発で解り、30日祝日は
4グループによってライブが行われることを知った。午後3時スタート
も気に入って、妻の後押しもあって決断。武蔵野線新小平から一路
南越谷駅へ。元は貨物専用線だったので、ひと駅間が長いこと。
しかも「ガッタン、ゴットン」と乗り鉄にはたまらないサウンドがする電
車だが、これがまた揺れるのだ。南越谷駅で東部線に乗り換えて
二つ目で、北越谷駅着。「ホホー、ひなびているわい」と独り言を言
いながら10分近く歩いて「おーるどタイム」着。

予想外に店内は広い。アップライトのピアノも鎮座している。まずは
久しぶりの椋野ご夫妻と握手。旦那は、黒のエモンカケが似合う喫茶
店主という感じ。老けてはいなかった。店内には本日、「ハーツ&フラ
ワー」のリードボーカルとして出演する国学院大OBの「じゅん」ちゃん
が笑顔で迎えてくれた。後ろには旦那(渡辺さん)が、マンドリンを
コロコロと鳴らしていた手を休めて握手をしてくれた。彼は、昨年まで
高橋義郎と共にバンドをやっていたが、義郎の死亡によってプレイの
場を失っていたので、バンドが終わったあといろいろ語り合った。
この日のライブには北海道江別市から、渡辺ご夫妻が出演!とあった。
オートハープの弾き語りをするのは奥様のヨーコさん。ご主人のテリー
さんがナレーションを担当し、ヨーコさんが歌う曲の説明などをしている。
お隣の席に座らせていただいて、話し込んでいたら、思いがけず昔の
仲間、亀ちゃんの噂も出てビックリ。さすがに日本は狭い?

120501_007.jpg
ハーツ&フラワー

午後3時。開演のキックオフは、透明なケースに入ったオートハープを
常に見せながら電車に乗っているという、さすらいのオートハーパー、
小坂さんが登場。曲名を恥ずかしくて言えないと言いながら、どんどん
曲を披露していく。時々言う言葉が的が外れて笑いを取っていた。
お次は「ハーツ&フラワー」。オーソドックスなブルーグラスナンバーに
ヘイゼル・ディッケンズ、カーター・ファミリーの曲を披露してくれた。
「バンジョー弾きもいる」が、今日はお休みでスミマセンとベースマンの
藤田君が説明していたが、この藤田君も、私の西新井時代のお仲間
で、今回も熱心に誘ってくれたから大感謝である。さて、お次が渡辺
ご夫妻だった。「彼女は子どものときからのカントリーミュージックファン」
です、と紹介すると、とてもきれいなオートハープを弾きながら、静かに
唄い始めた。「私、70になったのよ」と出番前に言ったが、とんでもない、
よく鍛えられた若い声だった。
120501_013.jpg
渡辺ヨーコ

およそ30分近く、オートハープがこんなに力強く表現出来るのかという
新鮮な驚きに、店内の人々は引き込まれていた。私もその一人で、
静かな唄い回しとは別に、大胆で激しい表現もあって、このパフォーマ
ンスに酔いしれた。ご主人の朴訥とした飾らないナレーションも良くて、
カーター・ファミリー・ナンバーを唄ったときなどは、ほのぼのとしたアメリ
カ南部の1920年代頃の景色が見えて来るようだった。特に渡辺ヨーコ
さん、お体を大事にしてますますのご活躍を期待しております。最後を
飾ったのはお店の名前を付けた「おーるどタイム」だった。酪農大現役
当時から、天才的にポール・ウォレンが上手かった椋野君のウデは落
ちていなかった。最後を飾るに相応しいキレのあるブルーグラスを見せ
てくれた。そういえば、ここの大学OBにはバンジョーの松本君がいた。
再度訪問したときに、この手のお話をしよう。楽しかった。サンキュー!




«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ