FC2ブログ

2012-05

Latest Entries

強烈だったアルバム「Doc Watson」!リルコミだあ

薄曇りの早朝、青梅街道から環七に入り南下して世田谷代田の
リフォーム現場へ。青梅街道田無付近で、おにぎりを食べてお茶
で流すという誠に大胆な運転だったが、意外に旨かった。こんば
んは。昨日ドック・ワトソンの死亡を伝えると、コメントとメールを
どっさりいただいた。さすがにドックの影響は広く深いことを実感。
そこで私なりの「ドック・ワトソン」を書いてみようと思う。今だった
ら、探偵シャーロック・ホームズを助けるドクター・ワトソンをイメー
ジする人も少なくないだろうが、アメリカンミュージックファンなら
一発で、アコースティックギタリスト&シンガーだと解る。1964年、
私たちブルーグラス&オールドタイムファンは、驚異のアルバム
を手にした。ヴァンガードから出た「Doc Watson」デビューアルバ
ムである。

120531DocWatsonVanguardDebut.jpg

ここに収められた珠玉のトラディショナルソングによって
どれだけの若者がギターを抱えて人生を迷ったことか。私はここに
入っていた「Doc's Guitar」をドックと遜色なく弾く友だちと出会って
から、1968年頃アルバムを購入した。僅か、1分ちょっとのスリ
ーフィンガーピッキングのバカ速の曲が、壮大な宇宙から聞こえ
て来たように感じた。後に、私たちはThe Mountain Ramblersとい
うニューロストシティランブラーズをやるバンドを作って活動したが、
このDoc's Guitarも必殺レパートリーとなっていた。他に、「Black
Mountain Rag」、「Deep River Blues」、「Country Blues」、「Tom
Dooley」など、スタンダードのオンパレード。歴史的名盤とは、この
ようなものをいうのだ。ここではギター、フォークスタイルバンジョー、
ハーモニカ、そしてリードボーカルと、盲目ながらこのマルチぶりに
1960年代後半当時心底驚いた。この後、30枚に近いアルバム
を発表するが、私的には「Doc Watson in Nashville」(1968年)
が大好きだ。バディ・スパイカー、グラディ・マーティン、フロイド・ク
レイマー他に囲まれて、一流のミュージシャンに成長したドック・ワ
トソンが楽しめる。1923年3月3日、ノースキャロライナ州ディープ
ギャップに生まれる。享年は89才。合掌



«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ