AX

2013-01

Latest Entries

EMMYROU HARRIS/ROSES IN THE SNOW ! リルコミだあ

本日午後、すぐ近くの萩山駅前でお巡りにつかまり交通違反で切符を
切られて7,000円の損害となった。まあ、ともかくも萩山駅前は双方
向通行で目一杯の道路だが、本日はここに道路工事中で100メーター
の片側通行だった。問題の違反箇所は、片側通行の先の踏切の三叉
路にある一時停止標識。何でも近ごろ頭上に設置したのだという。しか
し、見ないでトロトロと左に曲がったら、生垣に隠れたお巡りに遭遇。
「一時停止だ」と親切に説明して、「これからは注意して」とパスしてくれ
るかなと期待したけど、お巡りにしてみれば、「寒い分見逃すか!」とば
かり切符を切ったのだった。最後に「安全運転してくださいね」とイタチ
の最後っ屁みたいに言うので、「隠れてつかまえるなよ」といってやった
が、しばらく腹の虫がおさまらなかった。夕方、近くの郵便局で反則金を
払いに行った妻が、やはり同じ場所で切符を切られた奥様と会ったとい
う。東村山警察署の「臨時収入」になるのか、やたらと捕まえているみた
いである。胸くそ悪い。

さてエミルー・ハリスである。数ある彼女のゴールドディスク・アルバムの
中で、私が選んだのはこれ!「EMMYLOU HARRIS / ROSES IN THE
SNOW」(1980年発売)
である。1977年に発表した「Luxury Liner」に
アルバム録音に新加入したリッキー・スキャッグスのその存在が、徐々
に少しづつ慎重にアルバム参加させて、貴重なリッキーの才能を見極め
ていたエミルーが、ドッカンとここではルーツ!に徹して、アコースティック
サウンドをこれでもか!とやっている。ブルーグラスファンだったら痛快
この上ないものとなっている。参加メンバーにはトニー・ライスのギター、
ジェリー・ダグラスのドブロ、そのうえザ・ホワイツである。何というか、エミ
ルーをここまでブルーグラス系のルーツミュージックに引き込んだリッキ
ー・スキャッグスの存在は凄い。PIECES OF THE SKYやElite Hotel他など
で確立した非常に透明感のあるエレキサウンドを差し置いて挑戦したの
である。それだけリッキーが道先案内人となったルーツ系ミュージックが
エミルーを虜にした。その証がこのアルバム「ROSES IN THE SNOW」だ。
しかし、このアルバムも発売またたく間にゴールドディスクに輝いた。異色
な曲が1曲。「THE BOXER」であるが、いわずと知れたサイモン&ガーフ
ァンクルの作品で歴史的名曲である。私はこの曲を改めて聞いて、オール
ドタイム・テイストで料理したプロデューサーの腕力に感動した。リッキーは
ここで敬愛するラルフ・スタンレーを思わせるフレイリングバンジョーを弾い
ている。しかし、「THE BOXER」をブルーグラススタイルで表現したミュージ
シャンはずっと前に存在する。誰あろう親友の山口さとしで、場所は日比谷
公園小ステージ、彼の凱旋出演となった「日比谷ブルーグラスコンベンショ
ン」(1972年秋)のステージだった。バンドは「ニューサウスリバイバル」だ
った。このときも夕日に照らされてたくさんのお客さんがうっとり聞いていた
光景を、エミールーのこのアルバムを聞いて再び思い出した。人生っていろ
いろなめぐり合わせがある。というわけで以下に曲目を書きます。とにかく
素晴らしいアルバムだという一言。

130131eharris.jpg
EMMYLOU HARRIS / ROSES IN THE SNOW
1.ROSES IN THE SNOW
2.WAYFARING STRAGERS
3.GREEN PASTURES
4.THE BOXER
5.DARKEST HOUR IS JUST BEFORE DAWN
6.I'LL GO STEPPING TOO
7.YOU'RE LEARNING
8.JORDAN
9.MISS THE MISSISSIPPI AND YOU
10.GOLD WATCH AND CHAIN


アレックス・ロドリゲスまたもや禁止薬物使用疑惑浮上!リルコミだあ

少しづつ日照が延びているのが分かるこの頃だが庭に出ると水仙の
芽がだいぶ大きくなっていたのには驚いた。株も増えて花を付けたら
きれいだろうなと思わず見とれてしまった。こんばんは。ニューヨーク
ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが薬物疑惑でまたもピンチに陥っ
ているらしい。Aロッドといえば2001年~2003年の薬物疑惑を認
めた超大物野手(内野手)だが、今回はマイアミニュータイムズが29
日、同マイアミのクリニックからヒト成長ホルモン(HGH)やステロイド
の禁止薬物を、2009年以降入手していたと報道。メジャーでは、A
ロッドの他にレンジャースのネルソン・クルーズの名前もあるという。
去年、禁止薬物疑惑を疑われているサミー・ソーサやボンズたちが名
誉の殿堂入りかと騒がれたが、メジャーリーグ機構はあっさりと見送
った。薬物にまみれて記録を残した大選手が、名誉の殿堂入りを拒否
されたのである。ヤンキースのAロッドは、去年の後半はまるで働か
なかったとしてファンから大ブーイングを浴びていた。2009年以降の
使用疑惑が浮上して否定に躍起となったAロッド。最年少でボンズの
ホームラン記録を更新する勢いは、禁止薬物を摂取したからだと疑わ
れてもしょうがないと思った。まあ、いちど手を出したらやめることは不
可能だとまでいわれる魔法の禁止薬物。動向の注目をせざるを得ない。
明日はブルーグラスともかなり近い距離にいるエミルー・ハリスのこと
を書こうと考えております。

昨晩はカントリーシンガーS野さんと軽飲みに行く!リルコミだあ

今日はいくらか暖かい一日だった小平からこんばんは。昨晩はギャザリング
仲間のカントリーシンガーS野さんと学園駅で待ち合わせて、近所で一杯や
りに行った。S野さんとはかれこれ三年くらいギャザリング仲間としてお付き
合いさせていただいているが、軽飲みに出かけるのは初めて。きっかけは、
昨年末、カントリーライブをするためにお仲間と集まる場所を、小平から国分
寺駅近くに変更したため、きっとお疲れではないかと考えてお誘いをしたの
だった。また先日、所沢カントリーミーティングで会えないまま私が途中で帰
宅したこともあって、久しぶりにカントリーの話で盛り上がりたかったこともあ
った。冷え冷えと北風が吹く中、S野さんは駅の噴水脇にすくっと、大変姿勢
よく立って待っていてくれた。大きくてド派手なパチンコ屋の前、そして2階に
上がったところにS野さん行きつけのお店があった。小ぶりで如才なく非常
に笑顔の素敵なママが、丁寧にご挨拶された。「ここは食べて飲んでも安い」
から、使ってやってくださいというS野さんとビールで乾杯。あとは午後11時
まで焼酎のお湯割りと音楽談義が続き、たっぷりと楽しむことが出来て超満
足。帰り道、自転車に乗って真っすぐ走れない自分と格闘したが、本当に自
転車の酔っ払い運転は難しい。もう二度と乗らないと言ったら、後ろで「それ
がいいわ」と妻の声。いけねえ、言っちゃったよ!


★ストリングバンドミュージックライブの殿堂「バックインタウン」から2月のスケ
ジュールが届きました。以下はメールの公開です。

日頃より大変お世話になっております。
本日は、曙橋 Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN" より
2013年2月のライブ・スケジュールをBCCでご案内させていただきます。

ご来店の際には事前にお電話かインターネットでご予約くださいますよう
よろしくお願いいたします。

Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN"
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 
TEL03-3353-4655
http://homepage3.nifty.com/backintown/
backintown@nifty.com


------------------------------------------------
1日(金) <19:30~ :MC\3,150> LauLa(ラウラ)
"    ♪湘南出身。松井貴志、来海大(ライカイヒロシ)の
       二人によるハワイアン・デュオ。
------------------------------------------------
2日(土) <18:00~ :MC\1,050> PP&M大会Vol.14 17:00オープン      
"    ♪お父さんお母さんたちの絶妙なハーモニーとギター・
       アンサンブルをお楽しみ下さい。
------------------------------------------------
4日(月) <18:00~ :通常営業> ギターインスト・ナイト
"    ♪マイギターでギターインストの夜です。
       
ギタリスト大集合!!
-------------------------------------------------
5日(火) <19:00~ :通常営業> カントリーミュージック・ナイト
"    ♪アコースティックでカントリーを歌う夜です。
       カントリーを歌いたい方はどなたでも参加できます。
------------------------------------------------
6日(水) <19:30~ :MC\3,150> 西海 孝 with ?
"    ♪ギター、バンジョー、マンドリン、スティールギターを
       こよなく愛すマルチストリングスプレイヤー。
-----------------------------------------------
7日(木) <19:30~ :MC\2,625> パナシェ/江森孝之(G)
       平賀康子(Aco) 岩見和彦(G)佐藤哲也(B) 渡辺修身(Perc)
"    ♪誰もが親しめるアコースティックでポップな
       インストルメンタル・サウンドをお届けします。
------------------------------------------------
8日(金) <18:30~ :MC\4,200> SLOW DOWN(浜田良美&笛吹利明)
       with 中西康晴(Key)
"    ♪はがねのボーカル浜田良美とアコースティックギター
       笛吹利明のユニットです。
-----------------------------------------------
9日(土) <18:00~ :MC\1,050> ブラフォー大会Vol.8 17:00オープン
"    ♪お父さんたちがブラフォーになったつもりで熱唱します。
-------------------------------------------------
12日(火) <19:00~ :MC\3,675> 冷泉公裕 with 丸尾めぐみ(Key)
       河合徹三(B,Mdn) 古橋一晃(G)
"    ♪俳優・声優・歌手・演出家としてテレビや映画などで
       幅広く活動中。今夜は歌手で登場。
------------------------------------------------
13日(水) <19:30~ :MC\2,100> 小柳永子&シンバルズ
"    ♪
------------------------------------------------
14日(木) <19:00~ :MC\3,000> Heart to Heart ほか
"    ♪
-------------------------------------------------
15日(金) <19:30~ :MC\3,675> 中川イサト  小松原 俊
"    ♪日本を代表するフィンガーピッカーの共演ライブ。
       ギターインストファンはお見逃し無く!
------------------------------------------------
16日(土) <17:00~ :MC\1,050> キングストン大会Vol.23 16:00オープン
"    ♪キングストントリオに魅せられたお父さんたちが
       学生時代に戻った気持ちで熱演します。
------------------------------------------------
18日(月) <19:00~ :通常営業> 弾語りナイト
"    ♪マイ・ギターでJ-Folk, American Folk を
       BITのステージで歌いまくって下さい。
------------------------------------------------
19日(火) <19:30~ :MC\2,625> 関口祐二  田口秀一
"    ♪共にナイロン弦ギターを使用。バップスタイルジャズギターと
       正統派クラシックギターの共演です。
------------------------------------------------
20日(水) <19:00~ :MC\2,625> Violin Duo/永井憲子、
       永井くるみ with 杉原和江(Pf)
"    ♪クラシックにとらわれないヴァイオリン。
       楽しいひと時をお過ごし下さい。
------------------------------------------------
21日(木) <19:30~ :MC\3,150> THE ONIONS
       (SHIME, Sachiko, CHiKA,HAYASHI)
    ♪コーラス・アンサンブルがとても素敵なアコースティック
       ・ユニット。

------------------------------------------------
22日(金) <19:30~ :MC\2,625> 「3H」 CHIZUKO (Vo & Pf),
       Masaharu (B), Hiroshi (Dr)
     ♪懐かしいアメリカンポップスを中心に
       J-Pops を織り交ぜながら歌います。
-----------------------------------------------
23日(土) <18:30~ :MC\2,100> ざ・のんちゃ~ず  
       特別出演:宮澤 謙(Key)  17:00オープン
    ♪私たち(女子だけで)ザ・ベンチャーズの
       コピーバンドをやっています。

------------------------------------------------
25日(月) <19:00~ :通常営業> ブルーグラス・ナイト
      ♪ブルーグラス好きはMy ギター、バンジョー、マンドリン、
       フィドルで大集合!!
------------------------------------------------
26日(火) <19:30~ :MC\3,150> 奥沢明雄 & 坂下秀実(Key)、
       武藤祐生(Vln)、渡辺茂(B)、高橋結子(Dr)
"    ♪オリジナルも徐々に増え、サウンドも随分バンドらしく
       なってきました。

-----------------------------------------------
27日(水) <19:00~ :MC\3,500> 黒澤久雄、マイク眞木、
       小松 久 with 六川正彦(B)
"    ♪「死ぬ前に一度!一緒にライブをやろう」と
       電話で話したのがきっかけだそうです。3度目の登場!
-----------------------------------------------
28日(木) <19:30~ :MC\3,150> 石内幹子 with 河野文彦(G)、
       渡辺聖士(G)、小美濃悠太(B)
"    ♪ジャズヴァイオリニスト石内幹子がお届けする
       本格ジプシージャズの夜。BIT初登場。
------------------------------------------------

第6回所沢カントリーミーティング!リルコミだあ

今朝起きると庭が真っ白だったからビックリ!でも、よく見るとうっすらと
芝生の表面にだけ雪が乗っている状態だったから慌てずに車を出せた。
今日は午前中で仕事が終了、次の現場が一週間延びたので午後はお
休みとなった。今はちょうどお昼になったところ。西武新宿線の久米川駅
そばのパン店に寄って、大好きなアンドーナツとコロッケパン、ハムカツ
パンを買ってきて、さっき食べ終わったばかり。こんにちは。

先週末の26日、仕事先の大井から大急ぎで帰って「所沢カントリーミー
ティング」に行った。最寄駅が所沢駅だとばかり思っていたら「航空公園」
駅が近いと駅員が教えてくれたので次の駅、航空公園駅へ。並木団地行
きのバスに乗って最終で下りても並木公民館は影も形も見えない。やむ
なくデイサービスのフロントにいたお姉ちゃんに聞くと、「15分も歩くよ」と
威勢よく教えてくれたが、外にまで出てきて、「あっちの方向」だといいな
がら、北風ピューピュー吹く中を黄色いTシャツのみで私を途中まで案内
してくれた。「風なんか寒くない」平気だよとお姉ちゃんは元気一杯だった。
やはり15分近く歩いて公民館到着。受付を済ませていると早速、主催者
のロイ田沢氏が私の肩を叩きながらご挨拶。500円のチャリティ入場料を
支払い場内へ。ハットをかぶり、カントリーファッションに身を包んだ人々
が圧倒的に多い中、コンサート会場へ。ウッディーな舞台はがっちりして
広い。ステージフロントには、横に一段低い広いステージが設けられ、そ
こでカントリーダンスが繰り広げられていた。会場に入った途端に「When
You Kneel at Mother's Grave」が流れたので見ると、小平市の「オレンジ・
ブロッサム」が演奏中だった。ようやく間に合ったが、プログラムを見ると
すでに半分は終わっていた。ドブロのコタニさんの軽妙なMCぶりが目立
っていたが、最後の曲は「Foggy Mountain Breakdown」だった。次に登場
したのは、カントリーのエディ稲田さんが率いるストーム・ライダーズだった。
私は聞くのも見るのも初めてだったが、リーダーのエディさんもバックの若
いストーム・ライダーズもベリー・グッド!!中でも「City Of New Orleans」
はテンポも乗りも最高だった。「国立のはっぽん」に隔月で出演していると
いう。ここで私の携帯が鳴り、急遽、小平にリターンしなければならなくなり、
残念ながら並木公民館を後にした。所沢カントリーミーティングは今年で
6回目だった。カントリー色に統一された印象だったがブルーグラスバンド
も出演ができるなど、実際は自由な雰囲気に見て取れた。来年も1月中に
開催予定らしく、「またウエファに出てもらおうかな」とはロイ田沢氏。

明日は所沢カントリー・チャリティ音楽祭に駆けつけるぞ!リルコミだあ

今日はお休みにして溜まった事務作業をどっさりやって、午後ジョイフル
ホンダへ灯油とガソリン補給に行く。ところが新青梅街道が大渋滞でピク
リとも動かない。しからば裏道をと知らない畑道へハンドルを切ると、あら
まあ、本当に農家に突き当たってしまい、Uターンして出たが、出た道が
またもや農家の敷地。ジ・エンドである。Uターンを繰り返して何とか旧青
梅街道に出られて、超ラッキー。新青梅街道はいまだに大渋滞だったが
そこは通らずに、今度こそは知っている裏道へ。ようやくジョイフルホンダ
着。渋滞のせいか、ガソリン給油待ちは3列のみ。スカスカだったから、
ここでも超ラッキーだった。いったい何の渋滞だったのか知りたかったが、
ラーメンを食べて満腹となったら知りたい欲求は現金にもゼロになった。
こんばんは。明日は、「新春所沢カントリー・チャリティ音楽祭2013」で
ある。主催者のロイ田沢氏が、ディスカバー小平ブルーグラスコンサート
にも来ていただいたので私も駆けつけようと考えていたが、明日は品川
区大井の現場に行って監督と打ち合わせが入った。どれだけ急いでも
午後2時過ぎになるだろうと思うが、小平のブルーグラスバンド「オレンジ
ブロッサム」に間に合えばラッキーである。

本日は午後からギャザリング・デーだった!リルコミだあ

連日の過ごしやすい晴れ。本日は午後から小平中央公民館でギャザリング。
真っ昼間にいいオヤジが楽器弾いて大声で歌を唄っている構図も珍しいだろ
うなという気持ちもあるにはあるけど、20人超が集まってしまうとそんなことは
すべて忘れてブルーグラスに没頭してしまう。こんばんは。私もこの日のため
に仕事のスケジュールを組んでいて、この頃はギャザリング皆勤賞である。し
かし、今日は私の喉が調子が悪く、肝心なところで声が詰まったり咳をしてしま
ったり、散々。こういう日は歌わないに限ると思ったら、どんどん歌い手がいて
私などは霞んでしまった。ギャザリング中盤、♪Happy Birthdayが流れた。思
ってもみなかった私のお誕生会に。そうすると、今月31日がお誕生日の妻の
お誕生会に変わって、お集まりのみなさんから夫婦ならんで「おめでとう」のお
祝いをいただき、意外な展開にあわてふためいたギャザリングだった。心から
ありがとうと申し上げる。今回の主役は渋さ万点、いぶし銀のサウンドを出して
いた、ステリング・サンフラワーのソニー・オズボーン・モデルだった。購入者は
多摩センター方面のM田さん。ご当人はこのステリングでバンジョーのコレクシ
ョンはン本目になったのだろうか。財布よりも、「買おう」と決めた気力をほめて
あげたい。気持ちが若いのだとばかり、本日は目立っていた。私の親友もギブ
ソン・グラナダを買ったよ、とメールが来た。やはり還暦を過ぎたバンジョーマン
だが、非常に若くて元気。これが最後だということも忘れなかったが、夢中にな
れる物があるだけ幸福である。ギャザリング終了間際、やはりバンジョーマン
早川流吉さんが登場して賑わった。バンジョーマン、ウチクラさんのやはりステ
リングを修理するために預かりに来たのだった。せっかく来たのにご自慢のプ
レイが聞けなかったので、「ネクストはもっと早く来て」とあちこちから声が出てい
た。やはり、現役のバンドで大活躍中のミュージシャンは注目度が高い。

★バンジョーひとり旅の北村謙ちゃんのライブ情報。メールの公開です。

一月は行ってしまうと言いますが、もう後半。ほんまに早いです。
自分のオリジナル曲のイメージを拡げるために、
昨年秋から「Electric Banjo」を導入しました。
DEERINGが20年ほど前に創ったBanjoですが、
これほど僕のイメージに合うとモノとは、夢にも思っていませんでした。
是非、新しい北村 謙の世界を聞きに来てください。
もちろん、ACOUSTIC Banjoをやめた訳ではありません。ご安心のほど。 
北村 謙

########################################################

2013年1月25日(金)北村 謙 Banjo ひとり旅   Electric SOLO
 八尾 ナッシュビル八尾市山本町南1丁目6-4  
 開場20:00   開演20:30  
 前売 / ¥2500  当日 / ¥3000(1drink付き)
 定員20人お早めに!
 問072-924-1960ナッシュビル

########################################################

2013年1月26日(土)北村 謙 Banjo ひとり旅 Electric UNIT.
 5th street吹田市泉町5丁目1番39号

森巧美(BASS)藤井茂樹(DRUMS)

 開場 18:00  開演 19:00
 前/¥2500  当/¥3000
 問TEL 06-6386-9114 5th street
 HPからのご予約は 5th street

#########################################################

2013年2月3日(日)おやじたちのコンサート パート2 Electric UNIT.
 八幡市文化センター大ホール 八幡市八幡高籏5-3

  北村 謙 WITH 中村正公・多恵子(民舞)  
     森巧美(BASS)藤井茂樹(DRUMS)

 開演 13:00
 入場無料
 問TEL 075-971-2111
 おやじたちのコンサート実行委員会 

##########################################################
この3回のライブはお聞き逃しの無いように!!
このメールの返信でもご予約いただけます。       OFFICEKEN

今日の東京新聞は茅ヶ崎ぼっちーぼっちーに集うシニアを紹介!リルコミだあ

今日も晴れていくらか寒さもぬるんで仕事日和だった。現場は川崎駅前の
マンションの9F。独身女性一人住まいの1LDK。每年末、クリーニングに
行く南馬込のお客さんからの紹介なので初めてのご対面。キャリアらしくテ
キパキと指示を出して、「終わったら携帯して」と友人と待ち合わせ場所へ
さっさと行っちゃった。居住して10年、今年ここを売って渋谷に引っ越すの
とおっしゃったが、ホント、渋谷が似合っていると思った。実力女性いるとこ
にはいるのだ。こんばんは。

先日、東京新聞に麻田浩さんが紹介されて驚いたばかりだったが、今度は
同じ東京新聞「セカンドらいふ/文化系編」に、茅ヶ崎のライブハウス「ぼっ
ちーぼっちー」に集う「シニア・ブルーグラッサー」たちにレッスンする我らが
笹部益生さんが紹介されていた。今回は集合写真だったが、となりに山本
南希ちゃんも写っていた。何でも、不動産会社、大手コンピュータ会社の元
社員、近所のラーメン店の主人など65才から70才まで、若い頃にギター
を少しかじっていたが、仕事から退いたのを機に、何十年かぶりで習ってい
る面々だという。みなさんがブルーグラスギターを弾く。中にはマーティンD
28を買った人も。「あこがれのマーティンです。若い頃は絶対に買えなかっ
たから、思い切りました」と楽しそう。教えている笹部さんは、「リズム感は若
い人にかなわないが、楽しむということではシニアの方が味わい深い」と、
さすがは教授である。小平ギャザリングにもさまよえる中年ピッカーが登場
している。こちらはブルーグラスにまずは慣れることから始めているが、こ
れがなかなか大変な壁となっている。しかし、ギターを持っているだけでは
何も起きないので、ここは是非、ぼっちーぼっちーなどへ集まることが必要
だろう。それにしても東京新聞、ここのところ連発ではないか。ネクストが
楽しみである。
130123.jpg


ジム・クエスキン・ジャグ・バンド来日!リルコミだあ

朝、外へ出ると「寒くなーい」と感じたら行き会ったおばちゃんも
「きょうはぬるいですね」と来た。このぬるさ、寒中のひと息だっ
たか。しかし、現場に着くと風が吹きはじめて、ここは昔の鉄筋
コンクリート造り4階建ての3階。ぬるいという感じはまったくな
くて、手も足も凍りそうに冷たかった。冷風が頬を吹き抜けて行
った。こんばんは。

ジム・クエスキン・ジャグ・バンドのリユニオン・ツアーが決定し
て、ただいまチケットが大人気で売れているという。妻の調査
では、東京の「日本橋三井ホール」の座席はすべて売れてい
るらしい。あとは立ち見席に頼る以外にないが、大阪はという
と、現状を把握できなくて解らないといった。私は、前回来日
したときに見逃しているから、今回は早々と注文した。つまり、
セーフである。今回の人気ぶりの一因は、何といってもブルー
グラスのスーパー・スターの一人として有名な「リチャード・グ
リーン」と、「ビル・キース」の二人が、来日メンバーに参加して
いることが大きい。フィドラーとしてのリチャード・グリーンは、
ブルーグラスフィドルの中でケニー・ベイカーという大きな壁が
そびえ立つが、それでもケニーと並び称されるスーパー・スター
に違いない。ビル・キースもブルーグラスバンジョーに、新しい
魅力と可能性をもたらした天才プレイヤーで、やはりスーパー
スターである。リチャード・グリーンの代表曲は、オレンジ・ブロ
ッサム・スペシャルで、一方のビル・キースは「デヴィルス・ドゥ
リーム」など。今回二人の参加は、文字通りの奇跡的なもの
で、日本で見られるのも最後だと思う。歴史的なプレイヤーを
たとえジャグバンドの中だったとしても、見逃せないだろう。

130122_jkIMG.jpg
4/10(水)大阪 bigcat 06-6258-5008
    開場 18:30  開演 19:30
料金 ¥8000 学割¥4000

4/12(金)東京 日本橋三井ホール 03-5200-3210
開場 18:00 開演 19:00
料金 ¥8000 学割¥4000

リチャードとビル・キースが抜けたツアーもご期待!
130122_jk_0001.jpg

4/14(日)金沢もっきりや 076-231-0096
開場 18:00 開演 19:00

4/16(火)京都磔磔 075-351-1321
    開場 18:00 開演 19:00

4/18(木)名古屋TOKUZO 052-733-3709
    開場 18:00 開演 19:00

4/19(金)横浜サムズアップ 045-314-8705
    開場 18:00 開演 19:00

4/21(日)札幌ペニーレイン 011-644-1911
    開場 16:00 開演 17:00

私66回目のお誕生日を迎えてしまった!リルコミだあ

寒い日が続いていてその上インフルエンザも流行していると行きつけの
耳鼻科の看護師さんが言っていた。その庭に早咲きのコブシがスッとき
れいに立っていたが、よく見ると、枝先に白い蕾がきちんとついていた。
春が近いと思った。こんばんは。本日は私の66回目のお誕生日だった。
まったく考えもしないまま帰宅してネットを見ると、何とみなさまからのお
祝いが山のように届いていた。フェイスブック&ミクシのおかげでしたが、
私も心から喜びがこみ上げてきて、いっとき寒さを忘れていた。ありがと
うございました。66才のいまは元気でいられるだけで感謝の毎日だ。知
り合いの左官屋などは、「朝、目が覚めないまま死んでいた」のパターン
が理想的だとうそぶいているが、人間そんなに欲を言うもんじゃないとた
しなめている。しかし、この年になると死に方も気になってしまう。両親や
兄などの死に直面したときの気持ちなどを思い返して、「出来ればスイッ
チをパチンと切るように」死んでみたい。やっぱり欲が出る。

130121_RandyWood2pointFF.jpg
ローランド・ホワイトが、弟クラレンス・ホワイトの「ランディウッド・マンドリ
ン」を売りに出した、誰か日本人プレイヤーに買ってもらったら触れるチャ
ンスもある。誰か買いませんかー、というメールをいただいた。写真と販
売元のアドレスは以下の通り。それにしてもローランド君はお金に困って
手放すのだろうか。逆に言えば死んでも財産を残した弟は偉い!どなた
か「エイ!」と購入して、実物を見せて欲しいと願うのは日本人ばかりで
はないだろう。

http://www.cottenmusic.com/


明日、西麻布/新世界が初日の「TARO&JORDAN JAPAN TOUR」!リルコミだあ

本日の現場は東村山市。小平のお隣の街だから車で片道15分で到着する。
新築アパートの中が二階建てになっている造りは若者向き、新婚夫婦もオー
ケー。「室内を見学させるため1室だけ早めに」という指示だったが、午後2時
に終了。残りは今月末まで6室を完了させなければならない。「再来週空けと
いて」の指示に、「ハハーッ」と返事をしつつ早上がりする。明日は品川区大井
7丁目のやはり新築。こちらは戸建。道中が長いからCDは必携。何を選ぶか、
クラレンス・ホワイトの「White Bros」ライブを持って行こう。ダイアー・ストレイツ
も何枚か選んでみよう。ストーンズもいいな。こんばんは。

明日が初日の「TARO & JORDAN / JAPAN TOUR 2013」は、全国12ヶ所を
ツアーするが、私は仕事が入りたぶん行けない。今日、「行かない?」と夢弦
堂店主よりお誘いの電話も入ったが、楽しそうなのが手に取るように解るので
残念でならない。初日は東京西麻布の新世界。Tel.03-5772-6767 Openが午
後7時、Startが午後8時である。お時間の余裕がある方は是非とも新世界へ
タローの勇姿を見に行って声をかけてください。企画&制作したannのゆいこ
ちゃんは、明後日の「横浜サムズアップ Tel.045-314-8705」が厳しいと言って
いたが、こちらは神奈川県内のブルーグラス&マンドリン・ファンにがんばって
観戦に行ってくださ~いと、大きな声でお願いします。先ごろの小平コンサート
では、タローくんはジミー・ロジャースをソロで唄った。クリス・シーリとか若いア
ーチストのレパではなく、ジミー・ロジャース・ソングを取り上げて堂々と唄って
いたから、私はソデにいて思わず拍手をした。日々成長をして、まぎれもない
有望なミュージシャンとなったタローを実感したのだった。仙台、盛岡、鎌倉、
名古屋、金沢、広島、岡山、大阪、京都、沖縄のみなさん、見てちょうだい!ネ。

130117.jpg



13日東京新聞SUNDAY版に麻田浩が堂々登場!リルコミだあ

連日の冷えた朝を迎えて本日は休養日。いつものゴロ寝稼業だったが、
「これじゃいかん」と立ち上がり、イザ床屋へ。去年暮れに買ったばかり
の自転車に飛び乗って一橋学園駅裏へと向かう。しかし、小平の雪は
消えてくれたのは南側の日当たり場所だけ。北側の路地へ一歩入ると
そこは銀世界。しかもアイスバーンとなって自転車などは寄せ付けない。
しかし、押したり乗ったり自転車と格闘しながら、商店街を抜けて駅裏
到着。「ハアハア」いって床屋の前に立つと何やら貼り紙が。「研修のた
め臨時休業」だという。そうか、床屋にも研修があるよなと理解してUタ
ーン。薄い冬日に照らされて学園商店街をトボトボと坂を下りて自宅へ。
さすがに今日は転倒した自転車は見られなかったが、やたらと車道を
歩く歩行者の多かったこと、びっくらこいた。こんばんは。

13日の東京新聞SUNDAY版/昭和その人その時のページに、敬愛す
る音楽プロデューサー、「麻田浩」さんが大々的に紹介されていたから
ビックリ。先に発見した妻は大声で写真を指差していた。新聞は狭山市
を通る西武線稲荷山公園駅を写真で紹介して、ここはかつて「進駐軍」
(ジョンソン基地)の上級士官が住んでいた高級住宅があった。駅も含
めた稲荷山公園は「ハイドパーク」と呼ばれ、1973年に基地返還後に
米兵住居は「ハウス」という名前で賃貸に出された。そこに移り住んだの
がミュージシャンだった麻田浩で、今もなお住み続けていると大きくカラ
ー写真で紹介している。このブログではコピー機の不調でモノクロにな
っちゃいましたが、ハイドパークといえば2005年、2006年の「ハイド
パーク・ミュージック・フェスティバル」が思い出になっている。かつてハ
ウスに住んだミュージシャンが集結、細野晴臣、小坂忠、佐野元春など
が素晴らしいステージを展開してくれたことは今も生々しくよみがえる。
資金難などでハイドパークフェスは途絶えたままになっているが、「是
非再開したい」と麻田浩の強い気持ちを記事は伝えていた。それにして
も東京新聞は、ジャニーズ系を飛び越してここのところ良い記事が目に
つく。

130117IMG.jpg


香川真司マンユーで孤立!リルコミだあ

昨日の大雪がそのまま残って迎えた今日の朝、現場にたどり着けるのか
と考えながら萩山の11階建てマンション下に着く。しかし、裏の路地は雪
が満載状態。道具他を搬入するエレベーターまで直線にしておよそ100
m。とてもじゃないが走行は無理と判断。ここの北側に溜まった15センチ
の雪が消えるのはいつだろうかと考える。二三日は待たないとダメだろう
なと結論を出してツルツルの路上でUターン。他の現場へ向かった。4輪
駆動車だとスイスイ雪の中へ入って行く。あいつら気持ちいいだろうなあと
思ったが、この気持ち、1年ぶりだったかな。こんばんは。13日夜はマンチ
ェスターユナイテッド対リバプールのテレビ中継を見た。NHKBS放送はプ
レミアリーグの好ゲームを放送してくれるからファンは大いに助かる。その
うえ香川真司選手が左トップ下の位置で出場。ケガから復帰後、4戦目で
強豪相手だから見逃す手はない。まず、結果は2-1マンユーの勝利。そ
こで香川は活躍したのかということだが、残念ながら香川本来の輝きを出
せないまま後半32分で退いた。ケガの状態は完治したのだろうが、ケガを
して休んでいた間で、どういうわけか香川にボールが来なくなってしまった。
香川はドリブルで相手センターに切れ込んで行くスタイルだ。ドルトムント
では大成功をしたが、マンユーは世界でも1、2を争う最強のチームである。
優秀な選手を世界中から集めて確立したサイド攻撃は、たぶん世界一の
切れ味を見せる。そのマンユーの攻撃陣にファーガソン監督はドルトムント
から香川を抜擢した。プレミアリーグ常勝チームになるためにはサイド攻撃
だけでは先行き勝てなくなる。センターからの厚い攻撃が欲しいから香川を
取ったと我が家のサッカー小僧は想像した。しかし、リバプール戦では香川
の足元にも頭にもボールは来ない。両手を広げて、こことアピールしても無
視されていた。長く休んだツケなのか。連系はチームの命、香川が大活躍
してこそマンユーが最強になると思うのだが、難しいなあ。

★北村謙ちゃんのバンジョーひとり旅情報が届いておりました。
以下はメールの公開です。

新しい年が始まりました。いかがお過ごしですか?
年始から、またまたBanjoを弾きまくっております。
今年は、新しいサウンドを追求し、更にパワーアップした
「北村 謙 Banjo ひとり旅」を創っていきます。
今年もよろしくお願いします。   
            Clawhammer Banjo 北村 謙

###########################################################

2013年1月18日(金)北村 謙 Banjo ひとり旅
OLD TIME和歌山市北新5丁目70ひめビル1F
 with MOMO・寺町ストリートバンド
 OPEN19:00  START20:00
 ¥2000
 お問い合わせは073-428-1950

###########################################################

2013年1月19日(土) 『童謡 DO YOU - REMEMBER』
 うずらギャラリー(京都 三条通寺町西入南側の町家。
 京阪三条駅から西へ600m)
 開場 18:40 開演 19:00   
 ¥2000(30人限定お早めにご予約下さい。)
 お問い合わせは 070-5500-1011 うずらギャラリー  

###########################################################

2013年1月25日(金)北村 謙 Banjo ひとり旅
 八尾 ナッシュビル八尾市山本町南1丁目6-4
 開場20:00 開演20:30
 前売 / ¥2500 当日 / ¥3000(1drink付き)
 定員20人お早めに!
 問072-924-1960ナッシュビル

###########################################################

2013年1月26日(土)北村 謙 Banjo ひとり旅
 5th street 吹田市泉町5丁目1番39号
WITH 森巧美(BASS) 藤井茂樹(PER.)
 開場 18:00 開演 19:00
 前/¥2500 当/¥3000
 問TEL 06-6386-9114 5th street

###########################################################

2013年2月3日(日)おやじたちのコンサート パート2
八幡市文化センター大ホール 八幡市八幡高籏5-3
ゲスト 北村 謙? (踊り 中村正公・中村多恵子)
開演 13:00
入場無料
問TEL 075-971-2111
おやじたちのコンサート実行委員会
  

###########################################################

このメールの返信でもご予約いただけます。  OFFICEKEN

ムーンシャイナー1月号!リルコミだあ

本日はお休みにしていろいろな片付けもの作業をして一日を過ごした。
それにしても家の中、温かいファンヒータが効いている部屋にいて最高!
久しぶりに楽しい気分だったので友人たちにメールを出したり、youtube
を見たりして余裕の一日だった。お正月の5日にコンサートを開催したの
で、正直お正月気分ではなかった。さて、明日は妻と浅草寺にお参りして、
家族や仕事&プライベートのことなどを勝手にお願いして来るのだ。あと
は浅草寺界隈の昼食を楽しみにしている。私が住んでいた浅草寺そば
の入谷に行ってもいい。こんばんは。さて、ブルーグラス雑誌の「ムーン
シャイナー」の1月号では表紙が、「アールの指」、中身では秋元慎バンド
のバンジョーマンの村方和彦氏が、アール・スクラッグス奏法の分析に
トライした記事を掲載している。表紙の方は、専門誌ならではの大胆さで
ピックをはめてまさにプレイ状態の、スクラッグスの「黄金の指」の激写を
使っている。写真はダン・ロフティン。ダンという写真家が何者なのかファ
ンの多くは知らないが、よもや偽物の写真は載せないだろうと想像を掻き
立てる。よく見ると、被写体(スクラッグス)の若いときの接写ではなく、老
齢期の頃のようではある。一方、村方和彦氏が担当したスクラッグス奏
法の分析はおもしろかった。特に、「右手指(弾く指)は強い」という部分
には門外漢である私にも納得が出来た。村方氏は、スクラッグス奏法の
追求者らしく、あらゆる音源や映像を通してその中からスクラッグスの右
手がいかに強かったかを記述している。これには脱帽で凄い説得力だっ
た。分析「メロディの感じ方」の中で、♪アールが幼い頃Foggy Mountain
Specialの元になるような曲を部屋で弾いていると、お母さんがやって来
て、「アール、バンジョーを弾くなら何の曲かわかるように弾きなさい♪と
いう言葉があったが、私にはこの母の一言が天下のアール・スクラッグ
スの心を作ったのだろうと思えた。このように村方分析は随所に読み応
えがぎっしりと詰まった、非常に高い見識に基づくプレイヤーに限らず、
広くブルーグラスファン必見の文章となっている。また、ムーンシャイナ
ー誌による「アール・スクラッグス追悼ワークショップ」を東京と大阪で渡
辺三郎氏と村方和彦氏で行うとの記述もあった。ちなみに小平では、
すでに準備に入っている。

★今日もライブ情報をお届します。まずは先日の小平コンサートに出演し
た「ザ・ワカテ」のリーダー、タローが相棒のジョーダン・マコンネルと共に
CD発売記念全国ツアーに出発する。スケジュールや詳細は以下。

130111.jpg
スケジュール&詳細

タローを応援している「チチ松村」は、「マンドリンとギターだけで、この
グルーブと高揚感を醸し出すとは恐れ入った。アクースティックミュージ
ックの究極の形に、身も心もスカッとする。二人の若きツボ師に乾杯!」
18日の西麻布/新世界(東京はこれだけ)を皮切りに2/10沖縄/桜坂
セントラルまで全国12ヶ所。ご近所のファンは是非お運びください。

★こちらはお馴染みエレキの帝王小松 久さんのライブ情報。

皆さん、今年もよろしくお願いします!!
初ライブのお知らせです。
******************************************
岡村純孝 & 小松 久 LIVE
2 Guitars Happy Country Style


Performers;岡村純孝(Vocal & A.Guitar)
;小松 久 (Vocal & E.Guitar)
Date;1 月25日 (金)
Place;F.gohan(Cafe & Petit Bar & Bistro & Live) 

世田谷区成城2-12-11(成城学園前南口、バス通りを消防署方面へ、
徒歩5分)

Open;6:30 PM
1st stage;7:00~8:00
2nd stage;9:00~10:00
Music Charge;2300円
予約 Tel.;03-6411-8638
今回の場所は懐かしい母校の町成城にある、お洒落なレストランに
なりました。レパートリーはハンンク・ウィリアムス/ハンク・スノウ/
ジョニー・キャッシュ/マール・ハガード/ジョージ・ストレート等の
カントリー・ソング。楽しいおしゃべりと共に、二人のデュオ・ボーカルや、
スペイン語がペラペラの岡村がフレディー・フェンダーのスペイン語カン
トリーを歌ったり、小松のエレキでカントリー・インストを弾いたり、
というアット・ホームなライブをお楽しみください。
<予定曲目>
アクト・ナチュラリー/Before The Next teardrops/恋はフェニックス
/コットン・フィールズ/Have I told you lately that I love you/
ホンキートンク・マン/テネシー・ワルツ などなど . . .
*******************************************

ヴィレッジ・シンガーズ のライブ情報はこちらをご覧下さい。
http://www.becgroup.co.jp/artistsfiles/village/sitemap/index.html
*******************************************
<小松 久HP>
http://hisashikomatsu.web.fc2.com/
*******************************************
(お詫び:申し訳ありませんが、原因不明でお知らせが重なって行く
場合があります。)




ライブ&コンサートのご紹介!リルコミだあ

今日は北風吹いてかなり寒いと予報だったがそれほど寒いとは感じ
なかった。昼食が遅れて午後二時頃、ラーメン290円で有名な幸楽
苑で辛いネギラーメン490円を食べたら、体がポカポカと暖かく汗が
出たので、車の暖房をオフにした。北風は吹いていたが強風ではなく、
真冬の小平だったら、「普通」の風だった。こんばんは。昨日、五日市
街道沿いにスーパー「ヤオコー」が新規開店した。新小金井街道と五
日市街道の交差点そばといえば小平市民だったら、「ハハン」と合点
が行くだろう。本日は入間市から戻ったのが午後3時前、妻はパンを
求めて自転車こいで新規のスーパーへ行って帰ってきた。「あそこだ
ったら、スーパーいなげやの売上に影響が出ると思う」と、感想を言っ
た。開店セールで全部の商品が安価らしい。

ディスカバー小平/ブルーグラスコンサートで座席に配布されたチラシ
を再度、ここで掲載して若干の解説をします。お近くのお方はもちろん、
仕事帰りなど気楽にライブに行ってください。

1.The Up Hill String Band
130110_01_uhsb.jpg
  こちらは先日、小平にも出演して受けた「ザ・ブライアーズ」の
  山本南希ちゃんのリーダーバンド。何とフラット&スクラッグス
  のすべてを表現するという意気込み。脇を固めるおじさんたち
  は南希ちゃんの迫力に早くも尻込みしているとか。

2.Honey Cookies
130110_02honey_0001.jpg
手塚洋輔(ギター&ボーカル)に手塚里美(ベース&ボーカル)、
  そして小平コンサートではハウスフィドラーのような大活躍を
  見せた手島宏夢(フィドル&ボーカル)のユニット。2/22日
  国立はっぽんにも登場する。

3.♪小平ブルーグラスギャザリング
130110_03_kodaira_0002.jpg
  こちらは小平市中央公民館で行われるギャザリング(ジャム)。
  歌ったり弾いたりと初心者大歓迎のフリーなジャム会。コーヒー
  などドリンク付き。無料。お問:090-3917-3672ササキジン

4.Big Western
130110_04big_0003.jpg
  カントリーのプロと新進気鋭の「ブルーグラスポリス」と「坂本
  愛江」が出演するコンサート。他に片山公一、SHIME、などが
  出演。場所:渋谷マウントレーニアホール OPEN:18:00
  料金:S=前売り4500円 A:前売り4000円 

5.新春所沢カントリー・チャリティ音楽祭2013
/第6回所沢カントリーミーティング

130110_05_tokorozawa_0004.jpg
    カントリーもブルーグラスも地域のバンドが出演する今年で
  6回目のコンサート。カントリーバンドが6つ、ブルーグラスが
  3つ。カントリーダンスも出る。日時:1/26(土)午前11:30
  ~17:00まで。入場料¥500 会場:所沢市並木公民館
  ホールtel.電話04-2998-5911


庭の万両を撮影した!リルコミだあ

1301099.jpg

真冬の寒さが続いている。本日午後、仕事が早く終わったので年賀の返事
用の写真を撮ろうと庭に出てシャッターチャンスを探していると、何やら土が
盛り上がった場所があった。そこは見るからに冷えた寒々しい場所だったが、
そこのところに万両が赤い実を付けていたから接写を試みた。すると盛り上
がった土を踏まないといいポジションを構えられなかったので、こわごわ踏
むと、「サクーッ」と崩れてしまった。長い霜柱だったのだ。何かのひょうしで
長い足の霜が出来て、そこにうまい具合に葉っぱがかぶさったので霜が溶
けないまま残っていたのだろう。冬季、小平なんぞは都心よりも4~5度は気
温が低い。その変わり夏場は涼しいからいいじゃないか、ということになるが、
真冬の最中に夏は想像しにくい。とにかく、万両の撮影は終わり、パソコン
で構図を直して年賀状の返事が完成して、めでたくも投函した。本来は我が
家、昨年5月に同居の義母が亡くなり、お年始などのご挨拶を控えさせても
らっていたが、それでも年賀は20枚ほどが届いた。届くとこれがまたうれし
いもので、すっかり喪中の立場を忘れて、熱心に見ている自分がいるのであ
った。コンサートがあってやっと本日、返事を書いたという始末。それにしても
春はまだ遠そうだな。


ジョン・ヘラルドが夢に出てきたぞ!リルコミだあ

昨日夜、寝ようとして目をつぶっても頭の中に小平コンサートの音が
残っていて寝つけなかった。たぶん、ブログに載せる写真を選択した
せいもあって、各バンドの具体的な音が響いてしばらく眠れなかった。
しかし、やがて眠りに落ちていったが、朝になって起きるときに夢を見
たことがわかった。夢は直接会ったさまざまなアーチストや友人の夢
を見たけど、今朝見たものはジョン・ヘラルドを囲んでご飯を食べてい
る光景だった。こんばんは。

130109.jpg
すでに故人となったジョンは、かつてはザ・グリーン・ブライアー・ボー
イズのリードボーカリストで、数々の名曲を残している素晴らしいアー
チストである。しかし、夢に出てきたときのジョンは「マッドエイカーズ」
(写真)のボーカリストで来日したときのジョンだった。なぜ食事中の
ジョンが夢に登場したのかといえば、5日のコンサートで「ザ・ブライ
アーズ」を見たことが最も大きな原因だろうと思った。特に、ブライア
ーズの若きバンジョーマン、山本南希(みなき)ちゃんが唄った♪Up
To My Neck In High Muddy Waterを聞いたとき、ゾクゾクっときた。
むかしのバンドといえば私の場合「ディラーズ」一本槍だったが、まる
で忘れていた記憶が突然、ひらめいて思い出したときのように、彼女
のリードボーカルに素晴らしいジョン・ヘラルドがダブった。唄い方も
オリジナルのままだったから、今朝の夢にジョンが出てきたのだろう
と想像した。ブライアーズはグリーン・ブライアー・ボーイズを再現す
る目的で作られたバンドだが、デビューは去年の箱根フェス。小平コ
ンサートでは初めての出演である。私も初体験だった。コンサート終
了後、一人の男性が楽屋を訪ねてきて、「ブライアーズをもう一度見
るときはどこのライブハウスへ行けばいいんですか」と質問を受けた。
私同様のお客さんがいたのだったが、残念ながらネクストの出演場
所を知らないのですと答えると、いかにも残念そうに帰っていった。
というわけで、古い記憶をよみがえらせてくれたブライアーズにご注
目を。夢の中の食事風景は、西麻布のタイムトンネルの前にあった
中華料理店で、お金の持ち合わせがなくてマッドエイカーズたちと共
に食事に行けなかったジョンに、たまたま私がそばにいたので「おご
るから」と連れて行ったら、回るテーブルも珍しかったらしく、いろいろ
なお皿を手元に回して大喜びで食べていた。

★マーマレードスカイの奥沢明雄さんからのライブ情報が届きました。
今回はソロ。ソロ空間もなかなかいいと想定出来ます。

毎度Bccにて失礼致します。
奥沢明雄ソロ・ライブのお知らせです。

「ザ・新年会」@下北沢Lown

http://lown.jp/
世田谷区北沢2-34-8北沢KMビル3階
03-6407-1919

2013年1月10日

18:00/OPEN
19:30/START
Charge/1,500YEN+1Drink500YEN

「ザ・新年会!」と題してたった1人、久しぶりの弾き語りをします。

「The Marmalade Sky」や「奥沢明雄ユニット」でお馴染みの曲たち
に加えて、あんな曲やらこんな曲・・・

お時間のある方は是非お越し下さいね。

お待ちしています!

奥沢

5日はディスカバー小平/ブルーグラスコンサートだった!リルコミだあ

2013年初めてのリルコミです。我が家は昨年5月に義母が亡くなり
喪中ですが決まりがつきませんので、明けましておめでとうございます。
明けて本日で7日が経ちましたが、毎日が大寒で特に朝が寒い。毎日
小平は零下である。震える声でこんばんは。今年もよろしくお願いします。

一昨日、5日には恒例の「ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート」を
やりました。会場は小平中央公民館ホールで、今回は4回目となった。
お正月中だったのでお客さんの入りを心配したが、トータル111名もの
入場者を記録。読売新聞立川支局の協力をいただいた去年の160名
とは比べられなかったが、主催者としては非常に満足と安心感を得るこ
とが出来た。しかし、今年は出演者たちの白熱の競演が素晴らしかった。
その相乗効果となったのが、初出演となった東京で一番の伝統と実力を
誇るWAY-FARING STRANGERS、通称「ウエファ」の存在だった。私たち
と多少の年齢差はあるものの、ブルーグラスへの情熱は凄まじく、人生
の自由のエネルギーをすべて注ぎ込んでいるのではと心配に見えるほ
ど毎週練習に打ち込んでいるのだ。そんなウエファが去年、お客さんと
して登場するや、いきなり今年の出演予約をして帰った。それが今回の
出演の決め手となったのである。いつも有名芸能人のコンサートで見て
いたウエファが、予約して出演してくれると内心小躍りして当日を待って
いたのだった。さて、前日も大寒で寒かったが、奇跡的に風はやみ、少し
日も差してくるというラッキーな午前中だったが、コンサートはリハーサル
や舞台装置など準備を終えて、関係者はお弁当タイム中に「開始ベル」
が鳴って、ゴー!スタート。きょうはここまで。友人の林郁二(ザ・モドキ)
が撮った写真をお楽しみください。


130108_01_354.jpg
1.MC担当のHANAEさん

130108_02_066.jpg
2.新登場のザ・ブライアーズ

130108_03_089.jpg
3.ヒロム君側からのショット

130108_04_230.jpg
4.根強い人気のオールドヴォイス

130108_05_222.jpg
5.角度を変えて。照明がきれいに決まった

130108_06_483.jpg
6.廊下でピンナップ!麻田浩&ザ・ワカテ

130108_07_300.jpg
7.マール・ハガード特集を歌った麻田浩

130108_08_246.jpg
8.ワカテのリードギター&リードボーカルの手塚洋輔

130108_09_261.jpg
9.ジミー・ロジャースを歌って受けたワカテのタロー

130108_10_250.jpg
10.ワカテの桑原達也

130108_11_274.jpg
11.ワカテのベースは手塚里美ちゃん

130108_12_310.jpg
12.舞台からお礼に立った私とMC花枝

130108_13_316.jpg
13.アメリカ武者修行帰りの「ネッシー・エクスペディション」

130108_14_351.jpg
14.1976年の魅惑のコーラスが戻った

130108_15_378.jpg
15.際立つお洒落なサウンド!タヒチクラブのメインボーカル

130108_16_375.jpg
16.その裏側ショット。やはりライトが決まると写真もビューティフル!

130108_17_384.jpg
17.タヒチクラブの人気スティーラー早川流吉

130108_18_386.jpg
18.タヒチクラブを支えるパーカッショニスト越野慶司

130108_19_385.jpg
19.タヒチのベースマン手島昭英

130108_20_131.jpg
20.タヒチのフィドラー手島宏夢練習ショット

130108_21_406.jpg
21.バンジョーマンの欠席でガラリと音楽表現を変えたデッドマン・ウォーキング!
素晴らしかった

130108_22_418.jpg
22.丁寧にやさしいサウンドが受けたデッドマン

130108_23_461.jpg
23.初登場ウエイ-フェアリング・ストレンジャーズ

130108_24_497.jpg
24.迫力のコーラスはこの日いちばんの盛り上がりを見せた

130108_25_455.jpg
25.ウエファのバックからのショット

130108_26_478.jpg
26.東京ブルーグラスシーンの重鎮! 武田温志

130108_27_503.jpg
27.今年のトリを務めたブルーサイドオブロンサム+坂本愛江

130108_28_511.jpg
28.デュエットする笹部益生&坂本愛江

130108_29_535.jpg
29.宏夢くんの感想に満足の笑顔

130108_30_556.jpg
30.熱唱!愛江ちゃんが最後を飾った
3月18日、19日バックインタウンでアルバム発売ライブがある



«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ