AX

2013-03

Latest Entries

ブルーグラストークでジミー時田が歌ったブルーグラスを選択!リルコミだあ

夕方になったら花冷え?少し寒くなってきた小平だがこの週末は
まだ桜見になるでしょう。私は中央公民館の桜で満喫したいと考
えています。こんばんは。

明日の「サブ&ムラカタのバンジョーワークショップ」の前座、ブル
ーグラストークに備えてあれこれ考えたが、CDをかけながらトー
クすることにして、今日は午前中から選曲。いろいろな曲などが
耳と頭を通過して行ったが、バンジョーにとらわれずに行こうと決
めたら意外とスムーズに選べた。異色はジミー時田さんの歌った
ブルーグラスソング、「Darling Alalee」ならぬ「Sweet Alalee」。ダ
ーリングをもじってスイートにしたのだろうが、なかなかの熱演。
ジミーさんはハンク・ウィリアムス・ソングを歌ったら右に出る者無
しの日本一のシンガーでした。しかし、ご当人は素朴なブルーグラ
スに並々ならぬ情熱を持っていて、私たちが企画するブルーグラ
スの集まりにもたびたび顔を出していた。もちろん、箱根フェスに
も乱入して拍手喝采を受けた。このSweet Alaleeを収めたレコード
は「ジミー時田/All About Folk Ballads」であるが、これを私は所
有していない。友人が特別にCDに直したものをプレゼントしてもら
った。アルバムには他に「Jessee James」などのブルーグラスソン
グを収録している。コレクションをしていた友人に感謝である。ジミ
ー時田さんといえば新宿ウィッシュボンがあった頃、大晦日に音頭
を取って「happy New Year!!」と合唱、そのまま明治神宮まで歩いて
参拝するという慶事を毎年やっていた。私も呼びつけられて付いて
行ったことが何度もあった。いい時代だった。それでは明日小平で。

★去年の「小平オールドタイムコンサート」で笑撃的なMCメンを
持つニュー・ストップ・ギャップ・ストリング・バンドが主催するミニ
コンサートの情報が届きました。オールドタイム好きのファンは是
非ご参加を。

new lost city ramblers ファンの皆様

我がnew stopgap string band(NSSB)がまたまた懲りずに
ミニコンサートを開催いたします。
音楽を楽しんで戴くのはもちろん、会場の皆さんが飲んだり
食ったりしながらワイワイ交流できるような場を考えてます。
初夏の日曜日午後、音楽好き、酒好き、暇ありの皆さん、
ご来場をお待ちしています。

ゲスト:加瀬さん ,OLD TIME PARTNERS

日時: 5月26日(日) 15:00-18:00 (14:30開場)
場所: ライブ・スポット 「Saloon Western Club」
住所:世田谷区等々力8-24-11
TEL :03-3701-5453
アクセス:東急大井町線等々力駅北徒歩12分、
       等々力駅又は渋谷駅から東急バス利用可。
飲食: 軽食と各種飲み物を用意します
会費: 2,500円
連絡・問合わせメール:佐藤(憲)又は 丹羽


いよいよ明後日に迫ったBjワークショップ!リルコミだあ

本日は春の陽気が戻って晴れて暖かい快適な小平だった。こんばんは。
現場は自宅から近距離の青梅街道を挟んで向かい側のアパートの一室。
「ひどいことになっていて、私、部屋の中を見てショックで泣いた」とオーナ
ーの奥様。近所の大学生が彼女をはじめ友だちなどを引き連れてパーティ
三昧の末、何も片付けられずゴミも捨てられず引っ越したというのだった。
「学校の先生を目ざしている」とは冗談でしょうよと、切り替えた奥様が中を
いろいろと説明してくれた。襖も壁クロスも破れている。フローリングにも妖
しいロウの塊があちこち点在していた。どうみても夕方までかかると奥様に
伝える。本日終了しなければ色々な不都合が生じるのだ。土曜日30日の
バンジョーワークショップにはもろ影響する。というわけで、お尻に火が付い
てひっちゃきにがんばったら夕方4時、見事終了となった。「ありがとう」を
連発する奥様の声を背中に聞いて夕日に向かって進む・・・なんてかっこ
よくはないよ。昼食も採れずトホホデーだったのだ。明日は印刷物他の準
備もあって仕事は休業と決めた。何があっても仕事はストップである。する
と先ほどサブさんとアール?から緊急メールが届いた。「30日は名古屋」か
ら新幹線で東京入りするという。では、名古屋駅を午前9時発に乗ってくれ
ると、いろいろ時間的にうまく運ぶのでとお願いメールを打った。サブ&
アールは東京駅で中央線に乗り換えて国分寺駅まで来ていただく。国分
寺駅改札に私が立っているという計算である。そのままピックアップすれば
午後1時のスタート時間にちょうど間に合うという寸法である。それにしても
いよいよ迫った。友人の本間さんも駆け付けてくれるという。ムードが高ま
って来た。バンジョー持参したら楽しみが増えます。

久しぶりの臨時休業!リルコミだあ

今朝は冷たかった。本格的な冬に戻って尚氷雨が降るという春の
椿事といえる思いがけない天候になった。こんばんは。

ずっと忙しく続いた仕事が本日、ぽっかり空いて臨時休業になった。
となれば溜まっている私事をするチャンス!とばかり耳鼻科と床屋
に行った。両方とも通い慣れた古巣のような関係だから、旧友に会
いに行ったような感じで会話が楽しかった。耳鼻科は国分寺で開
業している中国系(台湾人)医者だがこの人がとぼけた味で非常に
おもしろい。「わたし大損したね。目医者になればよかった」などと
冗談をいうのだが、こんなことも続けた。「糖尿になってからわかっ
た。徳島のすだちが血糖値に効くんだって。昔は収穫したすだちを
捨てていた」今はどうなってんのと聞くと、「ジュースや健康食品に
なって商品化されているから、ここでも大損した。大損ばかりだ」と
いかにも残念にいうのがかわいいと思った。その足で学園駅裏の
床屋へ。「寒すぎてお客さんが来なかった」と、私の来店を喜んだ。
「きょうも白髪ぼかしで仕上げますか」とお隣にスタンばったタイ出
身のお婿さんが確かめてきた。お願いしますというと、「ハイ!」と応
えて奥へ退いた。ご主人は近ごろゴルフに凝って、「タイでもやった」
と自慢した。「タイに支店を出してみようか」と秘密に考えている。仏
教国だから、中国や韓国とちがって生活がおだやかだからいいんじ
ゃないかと考えた。「チェンマイの娘目当てじゃないの?」それも悪く
ないけど、今回は真面目だよ。チョキチョキ・・・「きのうの夜、サッカ
ー見たか」いつの間にかタイ婿がそばに来た。「俺は寝ちゃってパス
した」というと、「WBCは見たか」と話しを180度変えてきた。「残念
だったけど、台湾戦は素晴らしかった」というと、「ウチのお客さんで
立川市の人だけど長島さんのファンがいる」、珍しくはないでしょうと
応えると、「長島さんは自宅で倒れなかった。立川の彼女の家で倒
れたらしいよ」と会話してきた。するとご主人、「還暦過ぎたら彼女」
だね。それが流行りよと訳の解らないことをいって煙に巻いた。タイ
支点が出来たら是非行きます、マッサージ店を教えてねと約束。何
のこっちゃ。夕方、今週土曜日に迫ったブルーグラストーク&バンジ
ョーワークショップの流れを考えているうちにまた眠ってしまう。春眠
夕方も寝ちゃった。

本日も秋田の風景!リルコミだあ

130326_01.jpg

今朝はグッと冷えて忘れかけた真冬の寒さをちょびっとだけ思い出した。
こんばんは。北国秋田に入ると遥かむかし子どもの頃を思い出してしまう。
道路に積もった雪をかき分けるように中学生たちが先頭に立ち、小学生
などの下級生や女子がしっかり着いて来ることを確認しながら、小学校や
自分の中学校に通ったことなどを思い出した。丘の上に今でも建つ母校
の和田中学校を電車の中から見ると、不思議と雪の中を通学したことが
真っ先によみがえる。右見ても左を見ても吹雪で2メートル先は何も見え
ないなんてこともあった。帰り道、「シャンシャン」と首の回りにたくさん鈴を
付けて主に材木を運ぶ「馬そり」の溜まり場があって、数頭の馬が繋がれ
て休んでいた。馬が巨大に見えて前を通るときはいつも走って逃げるよう
に通っていた場所である。強く印象に残っているのは、その側で馬方(う
まかた)というのか馬そりを操っている特別な人であるが、コンコンと降る
雪の中、大きなお弁当を食べているところに遭遇したことがある。馬方さ
んはきっと昼食を採れないまま仕事をして、ようやく中学生が帰る時間の
午後3時くらいに遅い昼食を食べたのだろうが、驚いたのは馬方さんの髪
の毛からモウモウと湯気が立ち上っていたことだった。よく見ると近所に住
む「またぎ」さんのように、動物の毛皮の服と暖かそうな動物の毛皮の靴を
履いていた。またぎさんと違うところは体格がデカくがっしりしていた。「おじ
さん汗かいてるの?」と聞くと、「ご飯を食べるといつも汗が出るんだよ」と
いうと、側のごとくの上のやかんを持ちあげてお湯をごぼごぼっと空になっ
たお弁当箱に入れた。「坊やたち、おじさんはね、山の中に一人で住んで
いるんだ。クマも捕まえて食うから寒くないんだよ」というと立ち上がったら、
「ワー!」と大きな声を出した。私と友だちは殺されると思って跳ねるように
その場から逃げた。その日から道路ですれ違う馬そりが恐くなった。遠くの
方で、馬が首を振って鳴る「シャンシャン」という音を聞くと、物陰に隠れて
やり過ごした。馬そりなんて今ではほとんどの人が知らない幻の道具だが、
私の子どもの頃には現実に動いていた。奥羽本線和田駅が実家の最寄り
駅で汽車が走っていた。その裏の田んぼには白鳥が下りて食事をしてい
た。のんびりと季節は移り変わり、白鳥たちはやがてシベリアへ去っていく。

オックンからマーマレードスカイのライブ情報が届いておりました。いつもの
西荻テラでのゴキゲンなライブ!近所には美味しい焼き鳥やもあってグー!
ですよ。以下はメールの公開です。

毎度Bccにてのお知らせで失礼致します。

The Marmalade Sky "春風駘蕩" Live 最終ラウンドが近づいてまいりました。
折しも桜が満開、皆さんお誘い合わせの上是非ご来場下さい。

20130326_02.jpg
3月27日(水)
@西荻窪 Terra

19:00 / OPEN
20:00 / START
Charge / 2,500YEN

奥沢明雄/Vocal & Guitar
坂下秀実/Keyboard & Chorus
武藤祐生/Violin
渡辺茂/Bass & Chorus
高橋結子/Drums & Chorus

東京都杉並区西荻北3-22-20 坂巻ビル1F
03-3395-7611
http://www.wood-corp.com/terra/

以上、宜しくお願い致します。

The Marmalede Sky Office
Akio Okusawa

Tel & Fax * 042-322-6604
Mobile * 090-6040-4773
E-Mail *

Official Website *
http://marmaladesky.s2.weblife.me/akio_okusawa/index.html
Band Website *
http://marmaladesky.s2.bindsite.jp/index.html



先週は半分秋田市内で奮闘した!リルコミだあ

先週の半分は新幹線移動とタクシー&ローカル電車を乗り継いで
めまぐるしく動いて人に会い、そして弟の施設に行き身元引き受け
を含む居住介護の契約を済ませた。秋田新幹線がリニューアルす
ることは知っていたが、その新しい車両に当たればいいなとウキウ
キして大宮駅で待っていると、何といちばん古い車両が入って来て
しまった。妻に「大外れ!」と声をかけつつ乗車するが、久しぶりの
新幹線はゆったりして非常に気持ちがいい。お弁当とお茶で朝食
を済ませる。車内を見渡すとあいかわらずサラリーマン姿の乗客が
多かった。大震災の復興という事業の中にいる会社人間達である。
盛岡で青森行きを切り離してイザ、秋田駅へと左へ回るように雫石
~田沢湖~角館方向へ。下に川が見える渓谷をのろのろと進んで
田沢湖駅に着くと、そこはあたり一面の銀世界。3メートルはあろう
かという積雪の迫力にビックリ。観光地として特に知られる角館駅
も同様に雪の山。「これは大変」と目的地の秋田駅の雪を心配する
妻。報道では21日は爆弾低気圧のような低気圧が北国を襲うだ
ろうと予報をしていた。しかし、山間の豪雪地域を抜けると雪はウソ
のように消えて積雪はなかった。秋田新幹線こまち号は終着秋田
駅に着いた。所要時間4.5時間。ドアが開いてホームに下りたら
空気が冷凍庫って感じで、呼吸するだけで体が冷え切った。霰が
横なぐりに降ってきた。北国は甘くないのだ。早速、兄嫁が待つ和
田駅(奥羽本線)そばの和風料理屋「せせらぎ」に向かう。兄嫁は
この料理屋を経営しながら弟の面倒を見ていてくれる唯一の存在
だが、今回ばかりは弟の行動に対して責任を持てなくなった、是非
とも実家の状態を見て欲しいと先月電話をかけてきたのだ。弟は
糖尿病を悪化させて1月末に緊急入院していたが、先週退院。退
院と同時に介護施設に入所、契約手続きをしなければならいが、
その前に猫60匹以上と暮らした弟さんの実態を見に来て欲しいと
切に訴えて来たのであった。兄嫁と合流してすぐに我が実家へ。

130325.jpg

雪は消えているようだったが田んぼには10センチ程度が残ってい
る。親父が92才で亡くなってから三年が経ち、その間弟が実家に
住んでいた。やがて実家の玄関に車が着くと、何と猫が30匹ほど
か、家の横から飛び出てきて兄嫁にすり寄って離れない。「中にも
20匹はいる」といいながら、玄関を開けて中へ。ツーンと猫の異臭
が漂っている。去年11月、兄嫁の一報で地域包括センター(行政)
のケアマネージャーと民生委員が二人で弟が暮らす我が実家に訪
問したが、最初はこの悪臭によって後退を余儀なくされて外へ出た
という。それほどの悪臭である。私も妻も中へ入った途端ウッと後
退しかけたが、兄嫁がどんどん中へ進むのにくっついて行き、弟が
常駐した部屋をのぞいた。私の記憶ではそこは居間だったが、中は
惨憺たる状態で言葉も出なかった。部屋の中に大きな薄型テレビ
があった。そこの上にも猫がとまっている。どうやら、あらゆるところ
に猫がいるらしい。「親分猫だわ」と兄嫁が言った一際大型の猫が
テーブルの上にデンと座ってこちらを見ているのだった。三年間で
この有様の元凶に猫60匹がいた。なぜこのような数にと聞いたら、
メス猫は一年で3回子供を産むとの説明に心から納得。つまりは弟
の問題だった。私は当初、この話しを聞いたとき弟の脳みそが狂っ
たのではないかと考えた。しかし、ケアマネージャーに直接聞くと、
「まったく正常です」との答えだった。しからばある日、運命の一匹
の猫に身も心も支配されてしまい、あとはずるずると性格が崩れて
行ったのだと解ったような解らない結論で、実家を後にした。私たち
一行が車に乗るとやはり兄嫁の側に一匹の猫が寄っていき、「ニャ
ーニャー」とお見送りをしたと妻が言った。兄嫁は弟が入院して以来
エサをやっている人なので猫にとってはただ今、救いの神同然の
存在なのだろうか。そして介護施設にいる弟に会い、「いま君の契
約を済ませた」ことを伝えたが、システムについてはまだ理解をして
いない様子だった。アパートに住むことも兄嫁やケアマネージャー
たちは考えてみたが、そこから病院での透析他に自ら通うことは
無理との結論を下し、真新しい「小規模多機能型居宅介護施設」と
いう病院も送り迎えしてくれて三食付きの施設に入所が決定したと
いう次第。

使用料は弟の生活保護の全額が充てられて運営しますとのこと。
つまり、私用になるお金は一銭もない。このようなシステムを弟が
理解していないということであるが、あの実家での生活破綻ぶりの
現状を見てしまっては、たとえ自分のお金が全くない生活であって
も、真新しいベッドに清潔なお布団、新しくてきれいな施設環境は
私には夢のような場所に見えた。およそ30分間話し合って施設を
あとにして市内のホテルへ。まずは生ビールが欲しかったので適
当な居酒屋に行き、妻はきりたんぽ鍋などを食べた。ようやくホッ
とした瞬間であったが、熱燗の高清水辛口が予想通り超旨かった。
明日(22日)はお世話になったケアマネージャーとの面談がある。
しかし、病人がワラをもつかむ思いで頼ったケアマネージャーは大
変にビューティフルな素敵な女性だった。


坂本愛江SOMEDAY発売記念ライブに行った!リルコミだあ

130320IMG.jpg
SOMEDAY/Yoshie Sakamoto

本日もあったかい日となった小平からこんばんは。祭日なのにリルコミ
とはまた珍しいと思われた読者もいたことだろうが、昨晩、既報通りバッ
クインタウンへ「坂本愛江」ちゃんのCDアルバム発売記念ライブに行っ
て来たのでそのスペシャルレポートと、小生、明日早朝に妻と共に新幹
線で北帰行してしまい、今週いっぱいはリルコミが書けないという理由
からキーボードをたたいた次第。まずは愛江ちゃんのゴキゲンなライブ
から。昨年の秋頃から噂が流れていた坂本愛江ちゃんのファーストアル
バムがいよいよ発売となって、18日(月)と19日(火)の両日にバックイ
ンタウンで記念ライブとなった。私と妻、そして夢弦堂ご主人西貝さんは
昨晩を予約。午後7時前に会場に着くと入口には即席のCD販売コーナ
ーがあって、あららマンドリンの加藤さんが湯気が立ちのぼっているよう
な愛江ちゃんのニューCD「SOMEDAY」を笹部さんと共に並べて売っ
ていた。早速2,500円で1枚ゲット。見渡すとすでにたくさんのお客さん
で満員状態。思い思いに購入したCDを見つめて輪になっていた。売れ
行き好調の様子。やがてミュージシャンがちらほらと顔を見せ始めたの
で、しからばとデジカメ片手にお仲間やミュージシャンにご挨拶に行く。

午後7時30分開演。リラックスした中に気さくにいつものように登場した
愛江ちゃんは、CDに収めた曲をストレートに次々に歌っていく。柔らかく
て伸びのあるボーカルが思い切りよく歌い込まれて、私たちの気持ちの
中にどんどん入ってくる。素晴らしいステージになっている。ときどきカン
トリーのスタンダードナンバーを混ぜて余裕も見せて、私などは「In The
Garden」という大好きな曲が始まるまえにすっかり愛江ちゃんのボーカル
に気持ちが洗い流されていた。そして「In The Garden」である。いきなり
始まったのでまごついてしまったが、やがて落ち着いて聴けた。アラン・
ジャクソン、エルビス・プレスリーなどの愛唱した有名曲だ、と西貝さんに
教えてもらった。最後は「We'll Meet Again」ジャズ風のお洒落な曲でエン
ディング。「また逢う日まで」というブルーグラスソングではない。そして
アンコールが2曲!最高の夜となって私たち夫婦は大満足。バックイン
タウン主人の言によれば、「両日共にキャンセル待ちのお客さんが並ん
だということは初めてだった」と愛江ちゃん人気の一端をあかしたが、CD
が発売になった今後はますます人気に火がつくと想定できるから楽しみ。

SOMEDAY/Yoshie Sakamoto のニューCDは今のところ以下まで申し込
んでください。
MAIL 1枚2,500円+送料となります。


130320_004.jpg
 大江戸多摩バンドのギター&ボーカルのウエチューさん

130320_005.jpg
 フィドラー宏夢くんの弟マンドリンも弾くタクトくん

130320_020.jpg
 今回はプロデューサー役の笹部益生さん 販売中!

130320_022.jpg
 アルバムデザインをしたカトちゃんも必死のライブ宣伝中

130320_024.jpg
 ライブ鑑賞有名人の入来さんは昨日と2連チャンの登場!

130320_019.jpg
 かつてジューンアップルの編集をしたトシオさんも来た

130320_045.jpg
 ラガーマンでギター&リードボーカルの長井さんは私の隣だった

130320_044.jpg
 病気が癒えた坂本孝昭さんと夢弦堂亭主西貝清さんの2ショット

130320_017.jpg
 バックインタウン主人山田さんと愛江ちゃん

130320_026.jpg
 ペダルスティールのヒロシくん お父さんのタカシさんと
    親子二代のペダルマン

130320_034.jpg
 いわずと知れたドクターK「6月にレオナがここに出るからね」

130320_002.jpg
 本日のフィドラー宏武くん 帽子が似合ってきた! 

130320_036.jpg
 マーマレードスカイからご機嫌なキーボードをプレイした坂下さん

130320_042.jpg
 本日の主人公坂本愛江ちゃんとアレンジなどを担当したオックン

130320_011.jpg
 何と言ってもお父さん孝昭さんとの親子デュエットは圧巻だった




本日は坂本愛江ちゃんのアルバム発売記念ライブ!リルコミだあ

4月下旬の暖かさだというが本当に急に暖かくなってむかしのように
季節の変わり目のあいまいさがなくなってしまったようだ。しかし、ドイ
ツは雪が降りつづいて厳冬期からいまだ抜けていないと映像があっ
たから世界はさまざまである。こんばんは。とはいえ、暖かいことは実
に気持ちいい。市内のあちこちに真っ白いコブシが満開で、仰ぎ見て
いるだけで花の香りもして幸福になった。まさに春なのである。本日の
現場は学園東の公団住宅。昨日から入ってようやく午前中いっぱい
かかって終了。ほぼ予定通りであったが、北側部分の壁にはクロスの
下にカビがあり、クロスを取り替えてカビ処理などの工程が残った。予
定外のことだったので不動産屋に報告して撤収。そしてこれからバック
インタウンへ坂本愛江ちゃんのCDアルバム発売記念ライブに出発す
る。CDも楽しみだが、オックンが愛江ちゃんのために集めたというバッ
クミュージシャンも楽しみである。若い宏夢くんも選ばれているそうだか
らグッとお楽しみが増えた感じ。愛江ちゃんは2年続けてお正月の小平
ブルーグラスコンサートに登場して、笹部さんの「ブルーサイドオブロン
サム」で熱唱していただいてお馴染みだが、今回はご自身のアルバム
発売記念という重要なライブ。昨日と今日の二夜連続ライブだが、すで
にチケットは売り切れて超満員だという。すべてナッシュビルのスター
ミュージシャンをバックに録音したというから、まさに「やったね」と拍手
もんなのだ。同行の妻もいまから楽しみだと目を輝かしている。

★フィドラーのジローさんからのライブ情報です。以下はメールの公開
です。

少し前にお知らせしましたが、明日20日がライブです。一斉送信で
恐縮ですが、是非遊びに来てください。返事いただいた方はやり過
ごしてください。去年6月にユル~クはじめたトリオ「らっくろ」の
ライブ案内です。3/20(水)春分の日・スタート19:00。場所:
ラウン(下北沢駅北口 から徒歩数分)世田谷区北沢2-34-8 
北沢KMビル3F TEL:03-6407-1919 ミュージックチャージは
1ドリンク付¥2300。 店のHP-http://lown.jp/ 「らっくろ」は、
坂本健:ギター・バンジョー・歌、河合徹三:ベース・マンドリン・歌、
茂泉次郎:フィドル・マンドリン・歌。オリジナル曲や、フォーク、アイリ
ッシュ、ブルーグラス等々、いろいろな風味の感じられるライブになる
と思います。飲みながらノンビリ聞くライブにぜひ遊びに来てください。
「らっくろ」の、ちょいとゆるんだゼンマイを巻きに来てください。
お待ちしています。-- JIRO

先週末16日土曜日は地元でライブ鑑賞ダブルヘッダー!リルコミだあ

午後から雨は大はずれだったが台風並みの強風が荒れ狂って道路に
ペットボトルやゴミの蓋が飛んできて車が立ち往生する始末。今年の春
は何やら不安定である。こんばんは。

先週末、小金井の現場から戻って午後は近所の小学校の廃校へ、チャ
ーリー&ナオミちゃんのライブがあったので妻と共に見に行く。廃校にな
った小学校は現在、シルバー人材センターや身障者センターなどの施設
が1階にあって、人数が多い割にはとても静か。体育館でイベントがあっ
たせいか車が集まりすぎだったので、私はシルバー人材センター側に駐
車。すると関係者と思われる男性が私を見つめながら寄ってきた。「駐車
出来ませんか?」と聞くと、「お腹がすいて昨日は大変だった」と言うので、
ビックリ。少し戸惑ったが、駐車場所を奥のグラウンドに移動して子供サ
ッカーの親気取りでセーフ。2階の喫茶ルームに行くといたいた。チャー
リーさんとナオミちゃんが日本語のオリジナル曲を混ぜてブルーグラスら
しい速いテンポの曲中心にご披露。初めてのボランティア演奏は受けて
大きな拍手をもらっていた。お客さんは身障者本人と親たち、そして支え
る女性ボランティアたちがトータルで40人ほど。専属の女性シンガーもい
て、入れ替わりながらかなり賑やかだった。午後3時頃に終了。そのまま
流れて我が家でコーヒータイム&反省会。夜、西武拝島線「東大和駅」で
カントリーの菅野さんと待ち合わせて、近くのライブハウス「COO」クーへ行
く。エディ稲田さんも合流して徒歩5分で着く。今日は小平のブルーグラス
バンド「オレンジ・ブロッサム」と小金井市の「オールド・メン」とのジョイント
ライブという豪華版。早速「オレンジ・ブロッサム」が登場してやんやの歓声。
ドブロの古谷くんが軽妙なMCでレパートリーが進んでいく。マンドリンは中
大OBの小林さん。バンジョーは日大サンズオブホーボーズOBの斉藤くん
という昔懐かしい顔ぶれ。ライブが久しぶりなのかメンバーは少し緊張気味。
どんどんレパートリーを進めていくが、オレンジ・ブロッサムはここ「COO」が
拠点なのでしっかりお客さんが付いていた。ステージは小金井の「オールド
・メン」が登場。私はこのバンドが初めてだった。マンドリンのリーダー山田さ
んは、細かいフレーズが決まらず笑顔で悔しがっていたが、そのポーズが
お客さんを引きつけていた。きちんとまとまっていて、そのうえでやる気にあ
ふれてとてもよかった。同行していただいた菅野さんによれば、「私と同世代
です」とリーダー山田さんのお年を教えてくれたが、とても70才には見えな
い若々しさに見えた。このバンドは同じ会社の社員が集まって結成、いまも
同じメンバーだというから驚く。快挙だろう。少しずつ交流を深めて行きたい。
東大和駅は私の最寄り駅「萩山駅」から3つ目。あっという間に自宅に帰り
着いたので、いつもの銀座、赤坂とはちがう速さに自分の中でここでも戸惑
った。

Songs of the famous carter familyを聞いた!リルコミだあ

寒かった天気もようやく春が間近にいる感じになって梅が競うように
あちらこちらで満開になっている小平からこんばんは。

130315_fs.jpg

フラット&スクラッグスの名作「Songs of the famous carter family」
(1961年発売)がある。オリジナル・カーター・ファミリーの名声と曲
に敬意を示して、ゲストにメイベル・カーターを迎えて制作した意欲
作である。ここのところの自分の中でのオリジナル・カーター・ブーム
に反応した当然の選択である。このアルバムを初めて聞いたのは、
たしか1972年頃、ブルーグラス雑誌ジューンアップルを準備してい
た頃、友人から「こういうのもあるよ」と聞かされた。まあ、私の出発
点が「ニュー・ロスト・シティ・ランブラーズ」というオールドタイムだった
ことを知っていた友人だったから、「このぐらいは聞いて知っていろ」
とすすめてくれたのだろう。大切そうにレコードの埃を拭いてターンテ
ーブルに乗っけられたアルバムは、アールのリードギターでスタート
した「Keep On the Sunnyside」だった。はじめからその見事なプレイに
圧倒されて、次の「Foggy Mountain Top」もアールのギタープレイのき
れいさにうっとりするばかり。スタンダードとなった「Jimmy Brown The
Newsboy」もイントロが素晴らしいと思ったが、私には次の「You Are
My Flower」が何とも言葉に出来ないくらい感動した。あとになってこの
曲をアール・スクラッグスそっくりにコピーしたカール・ジャクソンにも感
激したが、やはり天下人は天下人。オリジナルにはかなわない。天下
といえばアールはこのアルバムではバンジョーを2,3曲しかプレイし
ていない。それだけギターに集中していたが、これほどありがたいこと
って歴史的にないことである。言い換えればアールのギターアルバム
と言ってもよいこのアルバムこそは、ブルーグラスのお宝に違いない。


スタンレー・ブラザース1958-1961全集を紹介!リルコミだあ

今朝は雨。「結構寒いなあ」などと会話しつつ青梅街道~環七に乗って
小田急線梅ヶ丘駅そばのマンション現場へ着。所要時間2時間とかかり
過ぎだったが、本日は車が多く渋滞もあちこちであってはしかたがない。
部屋の中はほぼ全面リフォームされて、ガラスサッシ以外はフローリング
までピッカピカの新品。前の住人が暴れまくったらしく大工事になったと
聞いた。おかげで次に入る住民は超ラッキーである。午後3時に作業が
終了。明日は世田谷区弦巻の新築戸建てクリーニングの仕上げ。午前
10時までに仕上げてお昼までにリターンしたいのだ。果たしてうまく行く
かな。こんばんは。

130314_stanlybros.jpg

先日、全集物は購入した満足感が妙に強く、あまり聞かないと書いたが、
その具体例の「The Stanlei Brothers/The Early Starday King Years 1958
- 1961」
CD4枚組トータル109曲!である。スタンレー・ブラザースといえ
ばマーキュリー録音で決まりという定説があって、まずはその録音を聞い
てファンになっていただき、その後スタンレー気違いになるための第二段
階がこのスターディキング1958-1961時代をまとめた全集という位置
づけである。まずは兄カーター・スタンレーの若々しいボーカルが特によく、
ビル・モンロー、レスター・フラットと並ぶブルーグラス界の三大ボーカリス
トに数えられる所以が明快に理解できる。弟のラルフのテナーもとにかく
張りがあって高く素晴らしくて、兄とのコーラスを聴くと得も言われないゾ
クゾク感におそわれる。この全集を買っていちばん得した気持ちになった
ことは、バンドのカーリー・ランバートがマンドリンだけじゃなくてリードギタ
ーも凄くて驚いた。他にビル・ネイピア、ラルフ・メイヨーがリードギターを
バリバリ弾いて、後のラルフ・スタンレー・サウンドのリードギターをフィー
チュアする基礎を築いたのはこの時代だったんだと知ったことだった。全
集らしく録音データはバッチリで、私のようなパーソネルを誰かなと解説
を見直しながら聞くファンにとってはうれしいが、それでもすぐに飽きてし
まい聞かなくなった。今日もこれに触ったのは5年ぶりくらいだった。ちな
みにこの全集は1993年発売された。まあ、スタンレーといえば東京の
太田雄二くんに勝るコレクターはいないだろう。ただいまもフェイスブック
でコレクションを紹介しているが、それはもう圧巻の一言。多くのスタンレ
ーファンにとって真に感動出来る紹介ページとなっている。




ムーンシャイナー誌3月号はビル・キース大特集!リルコミだあ

いやーすごい風だった。現場でドアを開けて外へ出ようとしたら、
ビューッと来てドアごと引っ張られて転んでしまった。きょうは三つ
の現場をかけずり回ったが、ビル風がビルのすき間から吹きつけ
るときのパワーはすごかった。思わずしゃがんでカニ状態になっ
てしまった。やっと仕事が終わって帰宅した夕方もまだ強風は吹き
続けている。予報では雨に変わるとしか聞いてなかったから、もう
少しまともに予報してほしい。こんばんは。

130313ms.jpg

ゴキゲンな表紙のムーンシャイナー3月号が届いておりました。表
紙の主は来月、 ジム・クエスキン・ジャグ・バンドのメンバーとして
来日する「ビル・キース」。ブルーグラスファンの間では、忘れること
の出来ないブルーグラスバンジョーのイノベーターであり、バンジョ
ー界のスーパースターである。このビル・キースの大特集していて
今号はその前編、来月号が後編と言うことになるが非常に読み応
えがあって、知らなかった事実が次々に現れて来てビックリ。中でも
5弦バンジョーのバイブルとして今もロングセラーとなっている「Earl
Scruggs and the 5string Banjo」(1968年発売)のタブ譜作りも、ビ
ル・キースがアール・スクラッグスのナッシュビルの自宅に滞在して、
アールの前でキースがいちいち確認を求めながら作り上げたのだと
いう。そんなことは知らなかった!私とビル・キースは、1976年だっ
たか、麻田さんがトムスキャビンを立ち上げて最初の招聘バンドに、
デビッド・グリスマン・クインテット+リチャード・グリーン&ビル・キー
スを東京でコンサートをしたときに初めて出会った。その後も数回出
会っているが、やはり一番最初の出会いが印象的である。しかし、
何といってもアルバム「ミュールスキナー」である。あのアルバムに
参加したことが、私にとっては他のメンバーと共にアイドルなのだ。

★おなじみのバックインタウンからライブ情報が届きました。
以下はメールの公開です。

日頃より大変お世話になっております。
本日は、曙橋 Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN" より
2013年4月のライブ・スケジュールをBCCでご案内させていただきます。

ご来店の際には事前にお電話かインターネットでご予約ください
ますようよろしくお願いいたします。

Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN"
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2
第2山田ビルB1 TEL03-3353-4655
http://homepage3.nifty.com/backintown/
backintown@nifty.com


----------------------------------------------------------------
1日(月) <18:00~ :通常営業> ギターインスト・ナイト
"    ♪マイギターでギターインストの夜です。ギタリスト大集合!!
----------------------------------------------------------------"
2日(火) <19:30~ :MC\2,625> 永生元伸 「僕のラブソングズ」
"    ♪テナーバンジョーとギターでの弾語りソロライブです。
---------------------------------------------------------
3日(水) <19:30~ :MC\2,625> フラリーパッド/前田大輔(Uk)
      清水英之(G)♪京都発! ウクレレ&アコースティックギターの
      インスト・デュオ。
-----------------------------------------------------
4日(木) <19:00~ :MC\1,050> 谷口哲司、ジョニー中川、
      Lue & Kuripon 、HILL TOP SINGERS
"    ♪弾語りナイトでお馴染みのアマチュア・
      ミュージシャン4組による合同ライブ。
---------------------------------------------------------
5日(金) <19:00~ :MC\2,100> Heart Stream
"    ♪再結成から11年。44年間の絆を維持する
      PP&Mカバーバンドの4人組です。
--------------------------------------------------------
6日(土) <18:30~ :MC\2,100> THE WAY-FARING STRANGERS、
      ポチフカバンド 17:00オープン
"    ♪ブルーグラスが生き甲斐のウェイファーと
      アメリカ民謡系のポチフカバンドが共演。
--------------------------------------------------------
8日(月) <19:00~ :通常営業> カントリーミュージック・ナイト
"    ♪アコースティックでカントリーを歌う夜です。
      カントリーを歌いたい方はどなたでも参加できます。
--------------------------------------------------------
9日(火) <19:30~ :MC\6,300> ローレンス・ジュバー、
      住出勝則 TOUR 2013 第一夜
"    ♪A SOLO GUITAR TRIBUTE TO THE BEATLES
--------------------------------------------------------
10日(水) <19:30~ :MC\6,300> ローレンス・ジュバー、
      住出勝則 TOUR 2013 第二夜
"    ♪A SOLO GUITAR TRIBUTE TO THE BEATLES
--------------------------------------------------------
11日(木) <19:30~ :MC\3,990> 松田幸一 with 古橋一晃(G)、
      尾﨑博志(PSG)、丹菊正和(Dr)、瀬川信二(B)
"    ♪日本を代表するハーモニカ(ブルースハープ)プレイヤー。
--------------------------------------------------------
12日(金) <19:30~ :MC\4,200> 中川イサト、青木まり子、
      竹田裕美子、谷 源昌
"    ♪中川イサト&青木まり子は2度目の登場。
      今回は豪華に4人編成の登場です。
-------------------------------------------------------
13日(土) <18:30~ :MC\3,675> 多田周子 with
      崎久保よしひろ(Key)
"    ♪「飲んで食べて昭和の歌」 
      皆様のご来場をお待ちしています。
--------------------------------------------------------
15日(月) <19:00~ :MC\3,990> ハンク佐々木、
      赤井長久 ジョイントライブ with 尾崎孝&赤ちゃんバンド
"    ♪今回のシリーズはナッシュビルよりハンク佐々木を迎え
      ジョイントライブをお届けします。
--------------------------------------------------------
16日(火) <19:00~ :通常営業> 弾語りナイト
"    ♪マイ・ギターでJ-Folk, American Folk を
      BITのステージで歌いまくって下さい。
--------------------------------------------------------
17日(水) <19:30~ :MC\2,625> 伊藤賢一 ソロギター
"    ♪スティール弦とナイロン弦を使用。
      オリジナル曲と透明感のある音色は各方面で賞賛されている。
--------------------------------------------------------
18日(木) <19:30~ :MC\3,150> Style Band/SHIME、
      土屋潔、六川正彦、竹田元、濱田尚哉
"    ♪ロック、カントリー、ブルーグラスなどをルーツに
      オリジナルも手がけています。
--------------------------------------------------------
19日(金) <19:00~ :MC\2,100> フォーク・ドリーマーズ
"    ♪70年代日本のフォークを中心に名曲の数々を
      お届けします。
--------------------------------------------------------
20日(土) <18:30~ :MC\5,250> ボブ・ブロズマン(from U.S.A.)
       with 打田十紀夫   17:00オープン
"    ♪変幻自在のプレイを展開するボブ・ブロズマン。
      フィンガースタイル打田十紀夫共演ライブです。
--------------------------------------------------------
22日(月) <19:15~ :MC\3,675> 島 英二 & MIXY(浅尾俊明、
      千葉浩、MIKI、椎名恵、船本英雄)
"    ♪アコースティックサウンドのコーラスユニット。
      心地良いハーモニーが魅力です。
-------------------------------------------------------
23日(火) <19:30~ :MC\3,150> LauLa(ラウラ)
"    ♪湘南出身。松井貴志、来海大(ライカイヒロシ)
      の二人によるハワイアン・デュオ。
--------------------------------------------------------
24日(水) <19:30~ :MC\2,625> 青木研 with 吉原聡
"    ♪超絶テクのフラットピッキング奏法。
      世界を代表する4弦プレクトラムバンジョー奏者。
-------------------------------------------------------
25日(木) <19:30~ :MC\2,100> 耳 夢   ゲスト?
"    ♪ブルーグラス、ウェストコースト、
      フォークをヤング・ジェネレーションでお届けします。
-------------------------------------------------------
26日(金) <19:30~ :MC\2,100> The Hillside Travelers
"    ♪数年前30余年振りに再結成したブルーグラスバンド。
      トラッドグラスをたっぷりお届けします。
-------------------------------------------------------
27日(土) <19:00~ :MC\4,750> 濱田金吾 with ?
"    ♪元クラフトのメンバーで作曲家・
      プロデューサーの「濱田金吾」。 
      今回はバンドでやります。
-------------------------------------------------------
28日(日) <18:30~ :MC\2,625> 東京ボブ・ディラン
       with Jokermen     17:00オープン
"    ♪今回も仮想体験を超えるであろう東ボブの
      ステージやいかに?!
-------------------------------------------------------
30日(火) <19:00~ :通常営業> ブルーグラス・ナイト
"    ♪ブルーグラス好きはMy ギター、バンジョー、
      マンドリン、フィドルで大集合!!
-------------------------------------------------------



オリジナル・カーター・ファミリーを聴いている!リルコミだあ

本日は快晴の冷たい朝を迎えたが次第に気温が上昇しているのか暑くて
上着を脱いで作業をした。午後3時すぎに外に出るとやはり気温は高くぽか
ぽかだった。こんばんは。ここのところ久しぶりにカーター・ファミリーのオリ
ジナル集を聞いている。いまは便利な世の中で、YouTubeでほぼ全曲に近
い懐かしいオリジナル・カーター・ファミリーを楽しむことが出来るので、いち
いち全集レコードなどを引っ張り出す必要はない。全集といえば、モンロー・
ブラザースやハンク・ウィリアムズ全集など一昔前は大いに流行った。全部
の曲を手許に置いて、手当たり次第に聴く。有名ソング以外の傑作を自分
の耳で確認するというような醍醐味が○×全集にはあった。しかし、自分を
顧みて各種の全集をじっくり聴いたことがあったかといえば、答えはノーであ
る。やっと買ったぞ!という心の安らぎと、マニアの仲間入りを果たした満足
感はあったが、それがイコール膨大な曲を聞いて楽しむことにはついになら
なかった。それで何故いま、オリジナル・カーター・ファミリーかというと、ギャ
ザリングに参加している妙齢の女性にカーター・ファミリー・ソングを通して、
正しい音楽を身につけていただこうと勝手に考えてあれこれ模索中なのであ
る。それにしてもサラのリードボーカルとメイベルのテナー、そしてこの二人
のボーカルに縫うように微妙なコーラスを付けるAPカーター。昨日はYou
Tubeで100曲をまとめているサイトがあるのでそれを見ながら、いろいろな
候補曲を探した。15曲を選んでこれから絞り込むが、次のギャザリングまで
には2曲を選択したい。トラッドな世界もアイデア次第では面白いかな。

フィドラージローさんからライブ情報が届きました。以下はメールの公開です。

おひさしぶり、ジローです。お元気でしょうか。去年6月にユル~クはじめたト
リオ「らっくろ」のライブ案内です。2月は京都・大阪・名古屋とツアーをして
きてユル~クまとまってきた感じです。3/20(水)春分の日・スタート19:00。
場所:ラウン(下北沢駅北口 から徒歩数分)世田谷区北沢2-34-8北沢KM
ビル3F TEL:03-6407-1919 ミュージックチャージは1ドリンク付¥2300。 
店のHP-http://lown.jp/ 「らっくろ」は、坂本健:ギター・バンジョー・歌、
河合徹三:ベース・マンドリン・歌、茂泉次郎:フィドル・マンドリン・歌。オリジナ
ル曲や、フォーク、アイリッシュ、ブルーグラス等々、いろいろな風味の感じら
れるライブになると思います。飲みながらノンビリ聞くライブにぜひ遊びに来て
ください。「らっくろ」の、ちょいとゆるんだゼンマイを巻きに来てください。
お待ちしています。-- JIRO

小平で活動を続けている「オレンジブロッサム」からライブ情報が届きました。
以下はメールの公開です。リーダーの古谷さんは小平在住でときどきギャザ
リングに登場するナイスガイです。

ブルーグラスバンド「Orange Blossom」の古谷です。
BCCで失礼致します。

武蔵小金井の老舗ブルーグラスバンド「Old Men」と
「Orange Blossom」のジョイントライブを開催致します。
お時間の御都合がつけば、是非お運び下さい。

日時:2013年3月16日(土)19:30~
場所:東大和「Cafe Bar COO~空」
(西武拝島線「東大和市」駅 徒歩5分)
お店URL:http://www.cafebar-coo.com/
バンドURL:
http://orange.zero.jp/kota_izu.lion/ob/ob_top.html

★バンジョーひとり旅の北村謙ちゃんのライブ情報。ネットに繋がらない間に
届いていたので少しまぬけな紹介になってしまったが、以下はメールの公開
です。謙ちゃんごめんね。

お元気ですか?梅の蕾が膨らんで、ところどころ咲き始めました。
時々風花が舞っています。まだ後何度か寒い日があるのでしょうね。
さぁ、春の芽吹きのように、活動が始まります。
新しいサウンドのエレクトリックバンジョーで唄いまくります。
北村 謙の新しい世界を是非お聴きください。
いけないときは叱ってください。       北村 謙

################################################################

2013年3月7日(木)北村 謙 Banjo ひとり旅
OLD TIME和歌山市北新5丁目70ひめビル1F
OPEN19:00  START20:00 ¥2000
お問い合わせは073-428-1950

################################################################

北村 謙 Banjo ひとり旅 春の関東ツアー 

################################################################

2013年3月16日(土)
音蔵 埼玉県東松山市上野本575-1
with おと・独酔舎・モスリン
開場 18:00 開演19:00 ¥2000(持ち込み可)
問い合わせは、おとさんのHPから
http://www2.odn.ne.jp/~cbu69490/index.html

################################################################

2013年3月18日(月)
サニースポット  豊島区西池袋3-29-3梅本ビルB1?
with 須貝重太・和田あゆみ・おと  
お店のOPEN 18:00 ?開演20:00   
T.チャージ¥1500  M.チャージ¥1000
03-3987-7332 SUNNY SPOT

################################################################

2013年3月19日(火)
両国フォークロアセンター墨田区千歳1-5-15
with ほそい ひろもと
開場18:30 開演19:30
¥2500 (1ドリンク付き)  ?
03-3631-8273 両国フォークロアセンター

################################################################

2013年3月20日(祝)
虫の音 群馬県富士見町赤城山1140-37
with 金井純・おと
開場15:00
開演15:30
¥2000(オーダー別)
027-288-6934 虫の音

################################################################

2013年3月21日(木)
風に吹かれて大田区大森北1丁目34-16 第二みずほビル2F
with Rehabili hill billies
開場18:00 開演19:30
前/¥2500  当/¥3000
03-3763-6555 風に吹かれて

################################################################

2013年3月22日(金)
ガッタイオーラドルチ豊島区目白5-15-12
開場16:30  開演17:00
¥2500(1ドリンク付き)
03-6915-3271 ガッタイオーラドルチ

################################################################

2013年3月23日(土)
おーるどタイム 埼玉県越谷市大沢4-3-14?
with 浦安東西米国民謡研究会
開場18:30 開演19:30   
前/¥2000 当/¥2500
0489-71-1812おーるどタイム

################################################################

2013年3月25日 (月)
ポルトウ 東日暮里5-40-8
with 綴琴往来?
開場19:00 開演19:30
¥2500
03-3891-6444 PORTO

################################################################

2013年3月26日(火)
藤原洪太 / 北村 謙 カジュアルライブ
タコス屋 メヒカーナ  
千代田区大手町1-6-1大手町ビルB2(地下鉄丸の内線、大手町駅)    
19:00 20:30 2ステージ
投げ銭方式
03-3212-5411 タコス屋 メヒカーナ

################################################################
################################################################

2013年4月1日(月)
新・少年倶楽部 + BOSSin都雅都雅
『April Fool's Day 』
都雅都雅 京都・四条寺町下がる
北村 謙(Banjo・Voval)福井秀彦(Per・Voval)三好寛昭(Guitar・Voval)
森 巧美(Bass・Voval)藤井茂樹(Drums・Voval)河内雅士(Saxophone)
19:00 OPEN 19:30 START
前売 / ¥2500  当日 / ¥3000
お問い合わせは075-360-6900都雅都雅

################################################################
このメールの返信でも後予約いただけます。
是非お近くの会場にお出掛けください。  OFFICEKEN

今年初のバンド練習をやった!リルコミだあ

昨日の温風台風のような天気とは一変、今日は真冬に逆戻りの気温
に北風が吹き寒くてぶるぶる震えた小平からこんばんは。昨日は午後
からバンド練習。練習場所は団地内の娯楽室で午後1時ー5時の時
間帯を借りてやっているが、もう十数年も続けている。近ごろは娯楽室
備え付けの小さな畳用の椅子に座っているが、これがなかなかのすぐ
れもので腰痛持ちに限らず座り心地がよくて放せなくなっている。普段
はマンドリン&テナーのイイダコさんの新曲、「Crazy Blues」をやった。
選曲したのはリードギター&ボーカルのトシローくんだったが、彼らしく
スペクトラムのレパートリーからだった。加えてトシローくんの新曲はホ
ット・ライズのレパから「Nellie Kane」。スペクトラムとかホット・ライズと
なると私とはさすがに年代差が感じられるが、オー!ジン・バンドもこう
やって少しずつ変化していった方が何倍か楽しい。他に4曲ほどやって
午後4時30分すぎに終了。あれほど吹いていた強風も去って寒気が
しのび寄っていた。そして宴会。宴会というハデなものではないが毎回
のお楽しみが練習後の飲み会というパターンは、おそらくは全国的なも
のだろう。しかし今回はトシローくんが、「昨日、抜歯したため自重する」
といって大好きな芋焼酎のお湯割りを遠ざけて、ノンアルコールビール
で乾杯。妻の手料理とビール&お酒、そして焼酎プラス、トークで今年
初めての練習&打ち上げは盛り上がった。で本日は二日酔いの朝とな
った。目玉焼きご飯&味噌汁が特別にうまい朝は、大体が二日酔いで
ある。新聞を見ると本日が東日本大震災の日だと知る。合掌。まる2年
が経ったわけだが、なかなかに復興が進んでいないと新聞テレビが報
道を繰り返していた。被災者と再会を喜ぶアナウンサーのテレビ画面が
見られたが、何か白々しかった。午後、川崎から娘の花枝がやって来た。
伊豆の河津桜を見に行って名物の金目鯛の開きをおみやげに買ったと
言って届けに来てくれたのだった。ありがたい。今夜も飲めるぞーである。

パソコンついに全面回復なる!リルコミだあ

今日はかなり暖かかった。4月も半ばの気温だったそうだから気持ちよく
仕事ができた。こんばんは。デルパソコン、ウィンドウズビスタの中でウィ
ルス対策ソフトどうしでやりあって、片方がインターネットを遮断するとい
う事態となって、専門家に修理を依頼した。専門家は「パソコンレスキュ
ーサービス」という。昔の職場(損保会社)の契約係社員にクリソツな人
物が我が家の玄関に立ったのでビックリ。まあ、よく見るとやはり他人の
そら似だったレスキュー氏は年格好が45くらいか、もの静かで丁寧なご
挨拶をされると、「どうぞどうぞ」とお客さんが来たようなお出迎え調にな
ってしまった。故障と思われる内容を説明してあとはお任せ。奥の自室
でテレビを見ながらごろごろしていると、「いろいろおたずねしますので」
とレスキュー氏に呼ばれてそばに行くと、「不必要なソフトを削除します」
これは、あれは、おっとこれも使用頻度がゼロに近いからボツ、などとブ
ツブツと言いながら、私の許可を取り付けながら削除を繰り返した。イン
ターネットの得体の知れないソフトも全部ぽいした。何でもかんでも無料
とかいわれるとビビッと反応してしまう貧乏人根性がわざわいして、使い
も出来ないものが溜まっていた。それらをぽいしたら、「軽くなりました」と
レスキュー氏。「あと、ウィルス対策ソフトなんですが、購入されたものを」
インストールしますか?と問いに、「もっといいやつがあったらそっちに」
しますと返事をした。そこでレスキュー氏お手持ちのソフトが登場。「いま
からインストールして終了です」と正味時間60分。パソコンの中をすっか
り掃除してもらって、「1年間はほぼ大丈夫」というウィルス対策ソフトを
入れてもらい、〆て¥7,350。インターネット不可が一週間以上続いて
いたのがウソのようにバチバチつながる。「ウィルス対策ソフト」そのもの
がウィルスの働きをすることもあるとレスキュー氏に指摘されて驚く。とは
いえ、私にはまことに有難いレスキュー氏だった。主治医ならぬ主治ポン
と命名して末永くお付き合いが続きそうである。

マロ川端氏急死する!リルコミだあ

今日はかなり気温も高くなって春を実感した小平からこんばんは。
ブルーグラッサーでギタリスト&ボーカリストのマロ川端が急死し
たという。近ごろは日本とアメリカを行き来して太平洋を跨いでの
大活躍だったらしいが、私は残念ながら会わずじまいだった。彼の
生活がどんな状況だったのか不明なので急死としか表現が出来
ないが非常に残念である。合掌。
130307.jpg

午後からギャザリング。暖かいので上着を脱ぎ到着すると、またし
ても忘れ物。今日は先日購入した小さなスピーカーを試すことに
なっているのに、電源コードを家に忘れてしまった。すぐに取って
返し間に合わせたが、近ごろの自分は忘れ物が目立っている。ひ
ょっとしなくても老化の途中なのだろう。ローランド製の小さなスピ
ーカーを推薦したモッチャンの狙いはズバリ命中、素晴らしいパフ
ォーマンスというか働きを見せてくれたので、モッチャンも私も大
満足。コンデンサーマイクとのマッチングも非常にグッド。これで
30日(土)のバンジョーワークショップは完璧な準備となる。小ち
ゃくても力持ちという形容がピッタリの優れものだった。本ちゃんの
ギャザリングも暖かかったせいか参加者が25人くらいと多かった。
ホールの舞台が楽器を弾く人で満杯になるなんてあまりないこと
だったから、壮観だった。午後3時少し前に初めて休憩を取ったが、
理由は新スピーカーの連続運転を心配したのと、本当に疲れてし
まったの両方だった。マンドリンマンの橋本さんが、ベテランらしく
とてもきちんとプレイをしていたのに感激。ご本人はともかく、私が
大好きなディラーズのディーン・ウェッブを彷彿とさせるのである。
細かいニュアンスも含んで丁寧なプレイが光っていた。バンジョー
マンのウチクラ氏は、先日、早川流吉工房で調整した愛用のステ
リングがえらく調子がいい様子で、プレイが積極的になっていた。
その工房のご主人、超人気者の早川流吉くんもバンジョー担いで
後半に登場。タイトで一段高いバンジョープレイをご披露しつつ、
「これからロッキーに出演する」と言い残して愛車で向かった。私
はこれから用事が出来て出かけるのだ。工務店主に呼びつけら
れてしまい商売の厳しさを改めて…といってもお酒のお付き合い
である。今日はゆっくりしようと思ったのにトホホである。

パソコンレスキュー会社に出張を依頼する!リルコミだあ

春がやってきたような予報が続くがまだ日陰はかなり寒い小平から
こんばんは。パソコンが不調である。はじめにGoogle Chromeがイン
ターネットへの接続を止めたため、ミクシやフェイスブックなどを見る
ことが出来なくなった。Google Chromeがなぜネットへの接続を止め
たのかというと、ウィルス対策ソフトウェアがお尻を撫でた(笑)ことに
腹を立てたことに原因があるらしい。お尻を撫でたというのは冗談。
ただ、ウィルス対策ソフトが何らかの原因でGoogle Chromeを侵害し
たのだろうか。ただ、困っちゃったのは私、ユーザーである。ウィルス
対策ソフトに困ったアクセスをしようと試みるが繋がらず。こちらも毎
日仕事に出ているのでかかりきりになれない。そんなこんなで5日間
ほど悩んだが、近所に「出張パソコンレスキュー」なるサービス会社
を発見、すぐに出張の依頼を注文した。近所というのは車で10分く
らいの小平市上水新町である。注文を受けた若そうな男性も、こちら
の住所を聞いて、「あ、近いですね」と親しみを込めた返事を言った。
ここ2年ほどはサッカー小僧もギターを抱えてyoutubeとにらめっこを
しているので、パソコン使用量も格段に増えている事情もある。この
辺で新品と買い換える必要もありかなとも考えたが、買うまでは修理
体験も1回くらいはありでもいいだろうと考えた。ポンコツにする前の
診断を受けるのである。それにしても今月も仕事が次々に入ってスケ
ジュールが詰まってきた。まあ、年度末は大体がこんな調子だが、問
題はここに来て、実家に住む64才の弟が腎臓他の治療で入院とな
ったので、お見舞いに行く必要が出てきたので困った。20日過ぎくら
いに隙間を見つけてひとっ走り、北国へということだが、今回は生活
保護の手続きも進めて来ないと近い将来に影響が出てしまう。男や
もめにウジがわくと昔から言われているが、手間も心配もかかること
だが弟のためには仕方がないのだ。妻も同行してくれるというから心
強い。道中、何か美味しい食べ物をご馳走しようか。30日(土)のバ
ンジョー・ワークショップには影響が出ないようにしないと。

先週末の土曜日は高円寺ムーンストンプへ「タロー・ライブ」に行く!リルコミだあ

今日はまた寒波の中に戻ったみたいな冷たい日となった小平から
こんばんは。先週、確定申告書類を東村山税務署に持参してチェ
ックしてもらい税金を支払って終了、若い税吏員の「ありがとうござ
いました」と大きな声を後ろに聞いて心地いい満足感に浸った。で、
翌日の夜はつい先ごろ日本ツアーを終えたばかりのタローのライ
ブを、高円寺ムーンストンプで見た。見たといってもスタート時間ギ
リギリまで、手前の地鶏やでタローとサトンパスさんと一杯やってい
たので、私個人はムーンストンプへ流れたといった方がいいのだ。
それでも久しぶりのタローライブは、とてもリラックスした中でサトン
パスさんのギター&ボーカルのヘルプでスタート。やがてステージ
はタローのトークとなって、お客さまとトーク合戦。曲はかなり少な
くなったが、私もトークに参加したせいで非常に満足して中央線に
飛び乗った。私の家のそばを走る西武多摩湖線は土日、終電が
繰り上がっているため、「間に合うのか」とヒヤヒヤもんだったがセ
ーフ。高いタクシーに乗らないで済んだのでホッとして席に座った。
しかし、この日も寒かった。強風が吹き荒れている中、チャリで帰宅。
すっかり酔いはさめてしまったが、タローが言った「ジョーダンくんは
日本中のラーメンを食べた。大好きなんです」と相棒のギタリストを
語ってくれたことを思い出して、私も影響されて即席ラーメンを作って
食べたけど美味しくなかった。お腹の足しになったけど、インスタント
じゃダメだった。翌日午後、我が家のサッカー小僧が練習から戻って
来ると、「香川がハットだってさ」「えーっ、マジで」イングランドプレミア
リーグ、マンチェステーユナイテッド所属の香川選手が2日、対ノリッ
ジ戦でハットトリックを達成したのだ。3点のうち、一番香川らしい得
点は3点目で、攻め上がりのスタートを先陣の味方よりも15メーター
くらい離れて出て、パスを受けるゴール前で加速、キーパーの直前
で右足を振り切り、ゴールを決めた。去年までのドルトムント時代を
彷彿とさせる見事なゴールゲットだった。まだまだ活躍するに違いな
いので、ますます注目である。

古いアパートの空き部屋の風景!リルコミだあ

強風があちこちで吹き荒れた一日だった小平からこんばんは。この
あいだから古いアパート群の空き部屋を1件づつクリーニングして
いるが、5件目の本日は「夜逃げ」をしたあとの部屋だった。といって
も特別な何かが残っているとかではない。ただ、空き部屋となって相
当な時間が経っていて、例えば雨戸の戸袋の中に鳥の巣があって
きちんと閉まらなかったり、床の汚れが乾ききっているなどまことに
やりにくいことおびただしかった。明日ペンキ塗りに入るというペンキ
屋さんが突然現場に登場して、「俺は夜逃げした野郎を知っていた」
と大きな声で言った。「そいつを言ったらいろいろまずくないか」と私
が言うと、「知っていたといってもまる3年も前のこと」逃げられた大家
さんは、家賃と駐車場代金なども引っかかってショックだったと聞い
てから3年だもんね、時間が経ちすぎているよ。早く部屋の手入れを
して新しい住人を迎えるのが大家の責任だけど、やる気がないんだ
よね。しかし、ここは同じような作りの、名前だけ違う古いアパートが
10棟も並んでいて、経営者としては完全なプロだと思えるから、こう
やって後手後手に回ってしまう大家って分からないよねと私が小さ
な声で応酬すると、「今の代は3代目だってよ」だって。初老のペンキ
屋さんはメモを取りながらおよそ20分で帰った。帰る少し前に「あな
たの前のペンキ屋さんはどうしたの?」と聞くと、「死んだよ」と一言。
小金井の桜町病院玄関前の戸建リフォーム現場でそのペンキ屋さ
んと出会ったが、恐ろしく仕事が下手で、養生もろくに出来ていなか
ったから、印象が強くて私の記憶から離れないのだった。しかし、10
時と午後3時のお茶のときは俄然、会話を取り仕切り小一時間もお
茶するので有名だった。死んだと聞いて、あまり出会っていないのに
ふとどういうわけだか、「残念だ」と新しいペンキ屋さんに言ってしま
った。ペンキ屋に限らず、水道屋、電気屋、左官屋など見回すと老人
ばかりである。「後期高齢者だよ、俺」とは畳屋である。あと何年現場
で談笑出来るのか。厳しいものがあるなあ。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
ライブのお知らせ
NEW !
イッツア・クライングタイム
5月5日
170405kodairact.jpg
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ