AX

2013-06

Latest Entries

これからバックインタウン!坂本愛江とブルーサイドロンサム出演!リルコミだあ

本日は午後からギャザリングでした。昨日までの連日の雨天がウソのように
ピーカンの晴れとなって気温も高く暑くて楽しかった!こんばんは。ケントの
石上さんは、「ブルーグラスのときはドブロです」とドブロで参加。曲ごとに間
奏を振られても動じず、しっかりブルーグラスに付き合っていた。「最初はおと
なしくしていないと」と控えめだったが、次は歌を覚えてくると言って帰った。
さて、これから私と妻はバックインタウンへ行くため時間が少ないのだ。本日
のライブは必殺「坂本愛江とブルーサイドロンサム」である。先日の小平ライ
ブに続いて本日もバッチリ!愛江ちゃんのかぶりつきである。ホントは明日も
徳武ファミリーのレオナをかぶりつく予定だったが、仕事で軽井沢遠征となっ
たのでパスとなった。アメリカ生活のレオナをパスするとあといつ見られるか
分からない。とはいえ、フェイスブックを見ると全国的に受けている様子。次も
来てくれるだろうと勝手に想定している。では本日はこれまで。アデオス!セ
ニョリータ!尚、明日のブログはお休みさせていただきます。サンキュー!

明日は小平市中央公民館でギャザリング!リルコミだあ

昨日の夜から降りつづいている雨だったが夕方6時近くなってようやく
小降りに変化を見せてきた。本日の現場は昔の田無南町だがいまは
西東京市南町に変わっている。ところが住所表記だけ変わって街はま
ったく変化無し。相変わらず横にも縦にも走れず行き止まり。やむなく
踏切越えを決断して開くまで待つこと7分、ようやく目ざす病院を見つけ
て右折。そのまま走って現場着。気分的には「この辺りには来たくない」
と思った。田んぼにどんどん家を建てて道路は後回し。気が付くと消防
車も通れない道路があちこちに。西東京市南町ってそんな土地である。
こんばんは。午後、明後日軽井沢まで走るのでジョイフルホンダまで給
油に行く。139円と安くないためか列はなくてガラガラ。すぐに給油出来
たのでついでに中を見物。アウトドア製品コーナーを見ても買うもの無し。
丸くて小ぶりなグリルも買っちゃったし、残るはタープを買い替えるぐらい
しかないのだ。仕事用のスプレーニスを見たいと思ってコーナーに行くと、
どこかのお父さんとお母さんと思われる二人がドッカと前に立ってニスの
選択していて「見えな~い」。そう、アメリカ人のように巨大なお尻が並ん
でいて手も出せないのだった。「ま、いいか。自宅の倉庫で探そう」気持
ちを変えてデカ尻をあとにした。ジョイフルホンダに来ると私の場合、何
故かフードコートでラーメンだ。コーラ付き醤油ラーメン500円也が定番。
「よし、今日は違うオーダーをしよう」と決めてレジに行くと、醤油ラーメン
と中のコーラを付けてください!というと、レジにいた若い女性「ミデアム
サイズのコーラは受け付けていません。小のみです」アレ、こないだ外人
がラージを注文したら出してたよと食い下がった。この日は雨のせいか
フードコート内は極めて混雑状態。私の後ろにも列が出来ていた。「す
みません。わたし今日が初めてなんです」とおねえちゃん。「そうか!だ
ったら小でいいよ」で決着。おかげでいつものラーメンというスタイル。妻
が「変わってないね」とビビンバを食べながら言うのだった。さて、明日ま
で雨天が続くのか分からないが、明日は小平中央公民館で「ギャザリン
グ」である。リタイア組が半数以上を占めるが、明日はケントのバンジョ
ーマン、石上さんが「行く」と言っていた。彼とは昔のカワセ楽器で出会っ
てン十年である。会社をリタイアしたのかいいタイミングだから、もしも来
たら聞いてみよう。ギャザリングと言ってもそこの場へ来ないとバンジョ
ーもマンドリンも、ブルーグラスもちょいカントリーも通じ合わない。いつの
間にか老人クラブのようになっていくのだろうと想像できるが、ただの老
人クラブじゃないってことを言いたいな。

1976年12月初来日NGRとの記念写真!リルコミだあ

お昼にザーッと強い雨がきたから駐車場の草取りに向かったばかりの
妻を心配したが間もなくずぶ濡れで帰宅。途中でUターンしたらしいが、
間もなくテレビに「東京の多摩地区に大雨注意報」と出た。もう少し早け
れば妻も濡れなくて済んだものをと思った。こんばんは。きのうの夕方、
長男がひょっこり帰ってきた。小金井市内で独立してJR大久保駅に勤
務している。「ネズミはその後どうなった?」と聞くと、「大家のお婆ちゃ
んが、庭中に薬をまいてしまい臭いがきつくて」といった。「友人がわざ
わざ届けてくれた薬があるけど」と私がいうと、薬は十分ですという。あ
れから駆除会社が来てあちこち検査してくれたのでネズミも逃げ出した
と思うと答えた長男。そういえばネズミ騒動のときよりも晴れやかな顔を
していた。友人からいただいた強い臭いの薬は我が家のベランダ前に、
帯状に粉をまいてみよう。臭いをかぐとゴキブリやヘビなどに効果あるよ
うに思う。現場の庭のブロック塀の下にある紫陽花の枯れ木で、カマキ
リの羽化に出くわした。はじめにちびっちゃいカマキリを違う枝に発見し
て、「わあ、かわいい」と感激していると、となりの枯れ木にはちっちゃい
ありんこくらいの生まれたばかりの緑色したカマキリがどっさり動いてい
た。「生まれたばかりっていうのはこれか!」と古い記憶を思い出した。
1973年頃だったが、私たちは軽井沢ブルーグラスフェスを主催するた
めに、交渉して借りた山の林の草を下刈りした。もちろん季節は秋であ
る。その草刈りのとき、いまネッシー・エクスペディションのリーダー、本
間さんのマンドリンのFホールにカマキリの卵を押し込んだ犯人がいた。
犯人は翌年、卵から子どもが生まれることを知っていたのかはいまだに
不明だが、本間さんは翌年6月頃、マンドリンケースを開けてマンドリン
を取り出そうとしたら、無数のちびっちゃいカマキリの子どもが行列して
現れたそうだ。カマキリの祟りではないが、自然界は時期になると必ず
花は咲きカマキリが羽化するのである。しかし、犯人はいまだに不明で
ある。このウソのような真実を思い出しながら、生まれたばかりのカマ
キリを見つめていた。さて、ここに写っている本間さんはえらく紳士のよ
うではあるが、1976年12月、初来日したNGR(コートニー・ジョンソンを
除く)がエニーオールドタイムにやって来てお仲間たちと楽器を弾きっこ
したあと、寒い外に出てパチリと激写した一枚である。撮影者の小森谷
巨匠の談では、少し前、同じメンバーが中でジャムしていた写真をここ
で掲載した。ところが、ギター弾きを私が「アシュラだ」と間違えてキャプ
ションを付けたところ、これが仲間の中で話題となってしまい、「あれは
笹部で間違いない」、「いやアシュラだ」とメールが飛び交ったそうだ。
そこで「あれは私、笹部でした」と記憶が戻って一件落着。ところがこの
騒ぎが巨匠の心に火を付けて、久しぶりにカメラマン根性を発揮して埋
もれ写真の掘り起こしをしてみると、ナント、笹部益生君がすくっと真ん
中に立って写っているではないか。私の間違いが発端だ!とお叱りを
受けてしまったが、この写真をここに公開するのでご勘弁を。しかし、当
時は皆、細かった。私などはボブ・マーリに似ているし、笹部さんは若く
細くいまの手島宏夢くんそのままであった。小森谷巨匠に大感謝である。
130625_aot01.jpg

★奥沢明雄さんのライブ情報です。以下はメールの公開です。

毎度Bccにての送信で失礼致します。

「坂下秀実・還暦バースデイ・ライブ #2」と題した
The Marmalade Sky のライブが近づいてまいりました。
皆さんお誘い合わせの上、是非盛り上げにいらして下さい。

20130625_Flyer.jpeg

6月27日(木)
@西荻窪 Terra
03-3395-7611

19:00 / OPEN
20:00 / START
Charge 2,500YEN(+Order)

奥沢明雄 / Vo & Gt
坂下秀実 / Key & Cho
渡辺茂 / Bs & Cho
高橋結子 / Dr & Cho

*出来るだけご予約を。
*バンドのWebsite(info)からもご予約いただけます。

Terra's Website
http://www.wood-corp.com/terra/
03-3395-7611

The Marmalade Sky's Website
http://marmaladesky.s2.bindsite.jp/index.html

以上、宜しくお願い致します。

The Marmalede Sky Office
Akio Okusawa

Tel & Fax * 042-322-6604
Mobile * 090-6040-4773
E-Mail * a-okusawa@jcom.home.ne.jp

Official Website * http://marmaladesky.s2.weblife.me
/akio_okusawa/index.html
Band Website * http://marmaladesky.s2.bindsite.jp/index.html

相模湖ピッキンパーティレポート!リルコミだあ

先週は毎日天候不順の中にいた感じだったが今日は天気も夏って感じでちと
暑いけど晴れて気分は上々。こんばんは。

先週末は「相模湖ピッキンパーティ」だった。大方は雨の予報だったが曇りのち
晴れの中、電車でフェス会場に近い中央本線「藤野駅」へ。途中、電車が停止、
「前の特急電車に異常音が発生点検しているため」と電車内にアナウンスあり。
15分ほどの遅れで西八王子駅手前を出発。改めて車掌が遅れのアナウンス
の中、「小動物と衝突」したという説明があった。「ヒグマか?」そんなハズはな
い、「せいぜい鹿じゃないか」と会話しているうちに藤野駅着。タクシー待ちをす
る積もりが黒いプリウスタクシーが来て「どうぞ!」と運転手が下りてドアに誘う。
こういうのってあまり経験がなく「気持ちいいなあ」と大きな声を一発!会場は
「反田ボート乗り場」という釣り客のボート港である。到着した時間は午前10時
過ぎ。まだ会場作りの真っ最中。特にサウンドPAマンは超忙しそうだったが、
よく見るとオガワ・バンジョーマンではないかと確認。「ヤーヤー」とご挨拶。この
ような本格的PAを持っているとは、と絶句。セットアップ終了、主催者ご挨拶。

トップは「野川バンド」。国分寺を源泉にした野川をバンド名にしているフォーク
色の強いスタイルのバンドだが、東関東震災後ずっと福島の港まで励ましの歌
を届けている希少な存在である。お次はご存知BGM。中央線沿線ブルーグラ
スマンにはすっかりお馴染みのチャーリー&ナオミちゃんが引っぱり、大川ベー
スマンががっちり支えるというスタイルはおなじみである。会場に目を移すと、
アメリカ・ビーンブロッサム・ツアーから帰ってきたばかりのマツダさんがいた。
「楽しくってまだケンタッキーにいるみたいだ」ビーンブロッサムの他、ケンタッ
キーの「レンフロヴァリー」のフェスにもちょろっと顔を出したという。かなりの強
行スケジュールだったけど、食事もブルーグラスも感動したという。ティム・オブ
ライエン(ホットライズ)とジャムしたことが最高の喜びとまくしたてていた。

去年はメンバー全員がそろった「ウェイフェアリング・ストレンジャース」からは
フェスではおなじみの近藤さんが奥様と参加。雨中でゲストハウスに場所を変
えたステージではただ今、ブルーグラスとマンドリンを教えている妙齢な女性と
デュエット。これがまた鮮やかな出来でとても印象に残った。近藤さんは長い
間、このようにブルーグラス初心者にコーチしているが、やはり教え上手だと
思った。ウエファのバンジョーマン、萩生田さんも顔を見せていた。ノンアルコ
ールビールを片手に、じっくりバンドを鑑賞していつものように会場で一番楽し
んでいた。お気に入りは「ローヴィングカウボーイズ」で、「このボーカルは本物
だ」と私のとなりに来てささやいた。お昼頃に「ザーッ」と豪雨がやって来て、
ちょうど「高円寺ジャムバンド」が演奏中だった。強い雨だったのでゲストハウ
スに移って雨がやむまでの臨時ステージとした。前述の近藤さんと教え子の
ステージは外は大雨の中で行われたのだった。

小平コンサートのPAをお願いしたこともある私のお仲間の木内さんが、今回は
「Roof Top Singersを学生時代の相棒とやります」と教えてくれた。女性がいな
いようだがと水を向けると、「逃げられた」らしい。懐かしい「ボルチモアファイア」
をやってくれた。突然空が明るくなって雨がやんだ。高円寺ジャムバンドの再開
だった。リードボーカルの森田さん(元シャギーマウンテンボーイズ)が、張りが
あってプロのような歌で会場をうっとりさせていた。というわけで、今回はいつも
より参加者が多く、途中雨が降らなかったら相当にいい場面もあった、惜しい、
という評価のピッキンパーティだった。私は一泊して翌8時前に相模湖を後にし
た。リードボーカル&ギターの川本さんカーで送ってもらって帰宅すると、我が
家のサッカー小僧がYouTube相手にギター練習をしていた。同乗していた近所
のタケダさんがそれを見て、「一緒にやってあげたことはあるんですか」と私に
質問した。「残念ながらまだないんだ」と答えると、となりの川本さんが「もったい
ないよ」俺だったらうれしくてすぐやっちゃうけどと言うとコーヒーをすすった。すぐ
あと、着替えてサッカーに出かけていく子どもを見送った。


130624_012.jpg
開会のご挨拶をする山田さん(左)と山本さん

130624_005.jpg
100%ハイな状態の松田バンジョーマン

130624_007.jpg
オザークマウンテニアーズ元ドブロマン久井さん
    胸の零戦バッジがかわいかった!

130624_013.jpg
野川バンドは毎年の新年会ホストバンドでお世話になっています

130624_015.jpg
BGM。本来はバンジョーマンもいるが今回は不参加だった

130624_048.jpg
いつも渋いボーカルが人気のザ・ローヴィングカウボーイズ

130624_050.jpg
フィドルの練習中の森田さん

130624_035.jpg
ルーフトップシンガーズをコピーした木内さん

130624_051.jpg
川本(g)&タケダ(g)+トニーさん(d)、ツボイ(b)、
    のジャムバンド


奥和宏著「アメリカンルーツミュージック続編」がいよいよ来週発売!リルコミだあ

いま金曜夕方の5時をまわったところだが外は雨が間断なく降っているが
明日の土曜日はどうなるのか。小降りだと相模湖ピッキンパーティはゴー
だと聞いている。今晩で雨はどこかへ飛んでいってほしい。こんばんは。

130621arm.jpg

奥和宏氏による"アメリカンルーツミュージック"がいよいよ来週に発
売、店頭は6/25日に並ぶらしい。前刊は楽器で探るアメリカンミュージ
ックだったが、今回はディスクでたどるアメリカ音楽史となって200枚以上
を紹介しているらしい。表紙を書いた人はアシュラ伊藤画伯。定価1,785
円。来週本屋に走ろう!出版元はアルテス・パブリシング。

9月15日(日)去年に引き続き「小平オールドタイムミュージックコンサート」
を開催します。ほぼ去年同様の出演とゲストですが「モンロー・ブラザース」
に近いバンドに出演交渉中などバラエティさは増えそうだ。去年は愛媛県
や静岡県からお客様が来てくれるなど熱く盛り上がったコンサートだったが、
今年もやります。お問い合せ090-3917-3672ササキジンまで。

ちょうど1週間前、西武新宿線「久米川」駅前商店街の中にある中華料理
店彩雅(サイガ)に出演した「The KENT」の写真を掲載します。何しろ我が
家からはチャリで10分くらいで行けるとあって、行かなければ男がすたる。
アメリカのMFQの超難しいコーラス曲にチャレンジするKENTの勇姿という
形が物の見事に決まって、たくさんのお客さんから拍手喝采を浴びたので
した。モダンフォークと私は、何せ洋楽に目覚めたころにキングストントリオ
の「花はどこへ行った」がラジオのベスト1ヒットに輝いていたから、来日コ
ンサートも見たし花は~のシングル盤も買った。でもKENTはキントリじゃな
くてMFQコピーとお笑い方面の優秀バンドである。

130621_011.jpg

雨の中に咲く桔梗を写した。この桔梗はおよそ20年近くも咲き続けている
が、苗というか小さな鉢植えを持ってきてくれたのはイラストレーターの伊
藤正章くんである。大切に扱っていたとは思えないが毎年、可憐に咲いて
くれる。自ずと強い花なのだろう。今年はジョイフルホンダで買ったグミも花
を付けてくれなかった。となりに図体だけでかい佐藤錦サクランボの木にも
花は付かなかった。考えると昨年12月頃に剪定したことに二本の木が怒っ
て咲きごろにそっぽを向いてしまったのかと反省した。桔梗とは違ってかわ
いがりすぎたら反感を買われてしまったということだと思う。

さて、明日は相模湖ピッキンパーティに参加する。晴れだといいがちょっと
くらいの雨でもがんばって開催するに違いない。バンドでは行けないがギャ
ザリング仲間がいる。楽しんできます。また、運動不足を補うためにお散歩
を再開する予定。カメラを持って歩く積もりだが、うまく撮れるのだろうか。


コンフェデレーションカップ日本対イタリア戦!リルコミだあ

朝はやんでいた雨もお昼頃からポツポツと降りはじめてあとは夕方
まで間断なく雨が降った。今朝はサッカーコンフェデ杯の日本対イタ
リア戦をリアルタイムで見ようと眠ったまではよかったが、午前3時
30分に目覚めてしまう。ブラジル対メキシコがやってる時間だなとB
S1にチャンネルを回したら、ネイマールが前半9分にゴールを決め
て、それを見たら一発で目が冴えて眠れなくなってしまった。結局ブ
ラジルが2-0で勝利。毎日、午前6時に起床する妻とともに起きた
が眠くなってバタンキュー。目覚めたときは日本対イタリア戦は始ま
っていて前半30分過ぎで1-0で勝っていた!するとゴール前の
混戦から香川、振り向きながらのボレーが右隅にズドン。名手ブホ
ンもぼう然と見送るのみだった。久しぶりの感動!大声でカガワ!
と叫ぶ。しかし、前半終了間際イタリアに1点返される。日本の守備
が弱いと思っていた矢先のコーナーからヘッドで強烈に決められた。
点を取られてイヤな予感がしたけど先制点は日本だったので「今日
は違うぞ」と気合いを入れ直して後半開始。大体プレー開始後10分
は恐い時間である。前半も後半もなしに開始後10分は点が入るの
だ。後半5分、ディフェンダー吉田の相手に対する詰めが甘いところ
をくぐり抜けた相手が、短い早くて絶妙のクロスをゴール前に出すと、
内田の足に当たってOG。不運といえないこともないが吉田がボー
ルを蹴り出すとか相手を止めないといけなかった。死にものぐるいで
相手がディフェンスをかいくぐって貴重なオウンゴールを獲得。これ
で同点。同点で浮き足立った長谷部がPKを与えた。フォワードのエ
ース、バロッテッリが難なく決めて2-3とイタリアが逆転。これが後
半7分である。あっという間に2点取られてしまった。沈着冷静に反
撃したイタリアはさすがにサッカー強国である。身長体力に劣る日本
のディフェンスに弱点ありと読んだ相手が一枚上だった。ところが後
半24分、岡崎が遠藤のフリーキックにドンピシャにヘッドで合わせ
て日本3点目。これで3-3のドローかと思ったが、そこはイタリアだ。
後半41分、あっさりくずされて決勝点を献上。3-4で惜しくも日本
代表は競り負けた。こうなると対メキシコ戦は是非、勝ちたいよねえ。

台風4号が北上中だというが困るのよ!リルコミだあ

台風4号が北上すると関東は土日がやばそうだから非常に困る。今週末は
相模湖ピッキンパーティが開催予定で私も心待ちにしているからである。主
催者をヘルプしつつ無事開催にこぎつけるように進めているのはチャーリー
&ナオミちゃん。「土日は大丈夫でしょうか」と私晴れ男にメールをしてきた。
相模湖ピッキンパーティはJR中央本線「藤野」駅下車で、そのまま坂を下り
て左折20分歩くと相模湖をまたいでいる白い吊り橋に着く。会場は吊り橋を
渡る手前の下の湖畔で行われる。ボートやクルーザーが係留されている場
所である。こぢんまりとした言わば地元プレイヤー向きのピッキンパーティー
と言えなくもないが、去年はナント、ウェイフェアリングストレンジャース通称
「ウエファ」がやって来てバッチリやってくれたので大騒ぎだった。私も感激し
て山梨ワインをプレゼントした。だから、雨風は困るのよねー。こんばんは。

明日朝7時(日本時間)にキックオフするサッカーコンフィデ杯日本対イタリア
が楽しみだが、イタリアは第一戦で手も足も出ないまま完敗したブラジル同
様世界では最強国の一つ。私は仕事で対ブラジル戦はライブで見られなか
ったが、ダイジェストを見たら日本チームの動きを予測したブラジルの連携が
素晴らしすぎて、大好きな本田でさえもなすすべがないようだった。強いチ
ームが日本のワールドカップ予選のビデオを見て分析して丸裸にしたらちょ
っと勝つというところまでは行けないのではないか。NHKのアナは「結構や
れてましたよね」と日本チームを誉めていたが、事実は0-3である。私はこ
の0が問題なのであって、サッカーでは野球の0よりも数倍のショックが選手
にのしかかるのだ。1点でも取れていれば明日のイタリア戦に大きな期待が
持てたと思うけど0だった。長友はイタリアのセリエAで活躍をしているから
イタリア選手の個々の情報を集めてザッケ監督とミーティング済みだと思うが、
イタリアの第1戦はロンドン五輪で金メダルを獲得した若いメキシコが相手だ
った。しかし、イタリアはフジカルで個人対個人を圧倒的に勝ち、連携でもメ
キシコを子ども扱いにしていた。そんな強豪国が相手なのだ。対イタリアで相
手に一泡ふかせられるか。イタリア出身監督ザッケの手腕の見せ所だろうが
果たして。明日は仕事を午後にしたから見られるもんね。ウッシッシ・・・。

原発事故による死者はでていない!リルコミだあ

昨日よりも今日はかなり蒸し暑くなってきた小平だが夕方、突然に
風が強く吹きはじめたら、「ザーッ」と一雨来ちゃった。すぐにやんだ
けど今晩の予報みたいな感じだった。ただ今、上空は真っ黒の雲。
こんばんは。相棒が終わってテレ朝ニュースを見ていると、自民党
の政調会長という重職にある高市早苗衆議院議員が、「原発事故
による死者は出ていない」と発言。被災者を逆なでするようなひどい
考えを言葉にして出した。問題になると、「趣旨がちがう」と言い直し
てはいるけど覆水盆に返らずである。言い直したりして、この人も
汚い政治家だったね。安部政権は外国に原発セールスを繰り返し
ている。福島事故の後始末も出来てないくせに、頼みもしない原発
セールスだ。高市早苗は安倍晋三首相のブレーンだっていうが、
死者発言はまさに政治家失格だよね。奈良県出身で衆議院を6期
務めているそうだ。この人には是非、福島第一原発の近所で生活
してもらい、「だから死者はいない」を実証してもらいたい気持ちで
ある。さて、この高市早苗政調会長も経歴を見ると松下政経塾だと
いう。私は就職したのが日立製作所ですぐに日立家電に移って主
にサービス関係の閑職にいた。もっとあとには特約店まわりの営業
マンとなったが、その頃、商売敵の松下電器の松下幸之助は現人
神に例えられるほどウルトラ人気を誇っていた。家電販売の者にと
っては幸之助を筆頭に素晴らしい連携を見せて商品を売る松下電
器は敵として見ると非常に恐い存在だった。反面、そのようなトップ
ダウンを見せられて「うらやましい」と思ったり、「スゲー」と尊敬した
りした。松下幸之助をである。しかし、彼が設立したという松下政経
塾の卒業生の中に原発死者発言の高市がいる。もっと書くと前首
相の野田も松下政経塾卒である。一言でいえばろくなヤツがいな
い。幸之助にどんな考えがあってどんな未来を想定してこのような
政経塾を開設したのか。安部や野田、そして原発再稼働を希望する
多くの政治家たちと、同じ空気は吸いたくない。

★奥沢明雄&ザ・マーマレードスカイの西荻ライブのお知らせが
届きました。今回はキーボードの坂下さんのバースデーで大盛り
上がり大会になりそう!以下はメールの公開です。

〜坂下秀実・還暦バースデイ・ライブ #2〜

6月27日(木)
@西荻窪 Terra

19:00 / OPEN
20:00 / START
Charge 2,500YEN(+Order)

奥沢明雄 / Vo & Gt
坂下秀実 / Key & Cho
渡辺茂 / Bs & Cho
高橋結子 / Dr & Cho

*武藤祐生 / Violin は諸事情により急遽欠席となりました。

*久しぶりの4ピースでお楽しみ下さい。

*バンドのWebsite(info)からもご予約いただけます。

Terra's Website
http://www.wood-corp.com/terra/

The Marmalade Sky's Website
http://marmaladesky.s2.bindsite.jp/index.html

先週末15日は小平で坂本愛江とブルーサイドロンサムのライブがあった!リルコミだあ

金土日と雨が降ったが、奇跡的に15日土曜の昼は晴れて絶好の
ライブ日和となった。この日は小平に、いま東京中のカントリーファ
ンの注目を集めている坂本愛江(Yoshie Sakamoto)がやって来る
日である。雨など降ってもらっては困るのだよと台風予報を見守っ
ていたのだった。しかし、晴れた。午後12:45分のドアオープンよ
りも30分も早く裏の駐車場に行くと、予想通りPA屋がスタンバっ
ていた。春千葉フェスに行ったときに、「来てくれますか」と頼むと二
つ返事でオーケーをもらっていた。再会の握手をしていると仲間が
次第に増えていく。午後1:00PMにテーブルなどの準備をしてい
たら、早くもYoshieちゃんが到着。慌ただしくバンドメンバーごと外
に移動、ウォーミングアップに入った。1:20PM、私のブルーグラ
ストークがスタート。

はじめは本日の目的、坂本愛江ちゃんのファースト「SOMEDAY」
からタイトルの「SOMEDAY」と「My Shoes Keep Walking Back To
You」をかけて勢いをつける。土曜の昼下がりは少し暑い感じだっ
た。ナッシュビル録音は低音のビートが強く、公民館のカラオケの
アンプ&スピーカーは悲鳴を出して音がブンというたびに割れた。
しかし、坂本愛江SOMEDAY は選曲も妙に新しがらずにカントリー
のよく知られた曲が収められている。愛江ちゃんに選曲は?と聞く
と、「私です」と明快なお返事。このまま全曲かけちゃおうかなとい
う衝動にかられたが、ドリー・パートンに移る。曲は彼女の代表曲
「COAT OF MANY COLORS」を選択。自分の家の庭で行われた
コンサートを収録したCDだと解説。このようにカントリーシンガーを
ブルーグラストークで紹介するのは珍しかったが、これも愛江ちゃ
ん効果なのだろうか。次はグラム・パーソンズ・トリビュート盤から
ギリアン・ウェルチが歌う「Hickory Wind」を紹介した。カントリーが
大好きだったロック・ミュージシャンのグラム・パーソンズは、エミル
ー・ハリスを育てたと紹介したが、そのことについては自信がなか
った。それにしてもギリアンのボーカルはきれいだった。

130617__2906.jpg
ブルーグラストークでドリー・パートンのライブCD
     を掲げて解説する私

1966年の有楽町ビデオホールでの「東京グランドオルオープリ」
の熱演が収まったCDからロバート対中の「Are You From Dixie」
をかける。この時代の彼は最高潮の歌と乗りを聞かせていた。次
が深野英明の「Columbus Stockade Blues」を紹介。ボーカルの
甘くて素晴らしい歌い回しはまるで「エディ村田」のようだと紹介す
ると、「エディ村田は深野さんの弟子だ」と会場から声が出た。お、
きょうはカントリーファンが来ていると実感。これも愛江ちゃん効果
だろうか。次は自分たちで制作した1972BLUEGRASS CONVEN
TION から、LEXINGTON の「You Can Have Her」とLOUISVILLE
RAMBLERS の「He Will Set Your Fields On Fire」をかける。197
2年といえば今から41前のことだったが、記憶は鮮明なのである。
最後にトミ藤山さんの「Home On The Range」をかけて終了。の
予定だったが、本日は親友だった故「デイブ久保井」のバックを務
めたペダルスティールミュージシャンが来られということだったので
最後に、彼の「HEARTACHES BY THE NUMBER」を紹介。むかし
の青い草時代を思い出して胸がつかえてしまった。ここまで音源
の供給をいただいた「MUSIC ROW」の鈴木経二さんに感謝を申し
上げます。サンキュー!

いよいよ坂本愛江とブルーサイドロンサムの登場!3月18、19日
のCD発売記念ライブから今日まで三ヶ月が過ぎたが、愛江ちゃん
の人気は素晴らしくて、いまや東京のカントリーミュージックは彼女
を中心に回っていると思えるくらいにどんどん注目されている。今
回は坂本愛江&ブルーサイドロンサムのライブだったが、これも素
晴らしかった。とにかく、彼女のボーカルを聞くと気持ちがすっきり
となるから不思議である。コーラスでも笹部益生とのデュエットでも
彼女無しでは考えられないブルーサイドである。「いまや彼女愛江
ちゃんがリーダーなんです」とメンバーが会場に集まったファンに
紹介。益生さんも「そうだそうだ」と屈託がない。私の気持ちは「果
たして愛江ちゃんは来てくれるのだろうか」と心の隅で一抹の不安
を抱えていたくらいだった。何でも、今秋はアメリカデビューするらし
い。万一アメリカで愛江ちゃんが売れたらもう小平には来ない、なん
ちゃってライブで彼女の横顔を眺めていたのだった。写真は林郁二
氏。お楽しみに。


130617__2969.jpg
主役!坂本愛江ちゃん

130617__2981.jpg
トリオコーラス中のYoshie Sakamoto & Her Blue Side of Lonesome

130617__3016.jpg
宏夢くんが入ったトリオコーラス

130617__3048.jpg
オーディエンス・・・

130617__3084.jpg
演奏中の早川流吉。今年秋のアメリカ遠征を
     「奥様にいつ言うか、それが問題」だと笑わないで言った






本日小平で坂本愛江+ブルーサイドロンサム午後1:00より!リルコミだあ

本日は一転晴れとなった小平です。うれしー!
昨晩は本日の準備と仕事の電話でてんやわんやの中、
西武新宿線久米川駅近くの中華やさんにやって来た
東京モダンフォークバンドの雄「KENT」ライブに誘われ、
準備を中途にしたまま久米川商店街にチャリで急いだ。
PM7:00KENTのステージがキックオフ。
冒頭からケント流のチューニングに絡むギャグで
お客さん(70%くらい)を笑わせて、どうやら快調だ。
前半後半と休憩をはさんでメリケンMFQばりの
複雑なコーラス主体のステージだったが、久米川の
お客さんは歌と演奏よりもMCのやりとりに拍手喝采し、
お笑いのスターとともにいるような感覚だった。
私たちのテーブルには、はるばる松戸から来た
クジラさんがいた。「川瀬に命令されて・・・」らしい。
もう一人、小平住民の有名なフォーキー、Sさんがいた。
「きょうはバッキンタウンに行かなかったの?」
と聞けば、「家から歩いて10分のここにケントが来た」
こりゃあ新宿には足が向かないよと小っちゃな声で。
「内緒のときもあるさ」と片目をつぶった。
ご本人はPAオペレーターに「もっとサービスしてよ」
と音量の小さいことに不満を口にした。
午後9時30分過ぎには帰宅。
中途の準備をやり直していると
我が家のサッカー小僧がフットサルから帰宅。
超ハードな1日も終了!午後11時夢の中へ。

さて、本日午後1:00より
「ササキジンのブルーグラストーク」
が小平市中央公民館視聴覚室にて開催。
生演奏のスペシャルゲストには
「坂本愛江」+「ブルーサイドロンサム」
が登場しますのでみなさん、お見逃し無く。
尚、カンパ1000円程度が必要。
お問い合せは090-3917-3672
ササキジンまで。

★バンジョーひとり旅の北村謙ちゃんから
ライブのお知らせ。以下はメールの公開です。

いよいよ梅雨に入ろうというのですが、
その前に夏が終わったような気分です。
お元気ですか?エレクトリックバンジョーに
持ち替えて半年「なかなか良い!」や
「生が良い!」と、評は様々でありますが、
本人は結構楽しくやっております。
ただ、家に帰ると生ですが・・・。
今年の夏も関東ツアーに出掛けます。 北村 謙


#### 関東ツアー 2013 summer #############

2013年6月29日(土)
おーるどタイム 埼玉県越谷市大沢4-3-14?
 
with ほそい ひろもと

 開場18:30 
開演19:30   

 前/¥2000
当/¥2500 
 
0489-71-1812おーるどタイム



##########################################

2013年6月30日(日)
正木家音楽室 東京都台東区上野桜木1-5-12 

 with 須貝 重太

 15:00開場
  チャージ¥2000

 19:00~打上げ
参加費¥1000(食事付き)
 
焼酎、ソフトドリンク、おつまみなど=無料

 ビール代¥200
 
予約/問合せ 070-6571-7130(マサキ)




##########################################

2013年7月1日(月)
cafe SCORE 群馬県太田市内ヶ島町1046-5

 with サトチエ、おと、金井純一
 
開演19:00
チャージ¥1000+オーダー 

 TEL : 0276-48-5070 カフェスコア




##########################################

2013年7月2日(火)
ポルトウ 東日暮里5-40-8  
 
with 綴琴往来 

 開場19:00
開演19:30 

 ¥2500  

 03-3891-6444 PORTO




###########################################

2013年7月3日(水)
サニースポット  豊島区西池袋3-29-3梅本ビルB1
 
with マイサウンズ・おと・はれ  

 お店のOPEN 18:00 ?
開演20:00   
 
T.チャージ¥1500
M.チャージ¥1000 

 03-3987-7332 SUNNY SPOT




##########################################

2013年7月4日(木)
藤原洪太 / 北村 謙 カジュアルライブ 
「京都フォークの夕べ」

 タコス屋 メヒカーナ
千代田区大手町1-6-1大手町ビルB2
(地下鉄丸の内線、大手町駅)   
 
19:00 20:30 2ステージ 

 投げ銭方式 
 
03-3212-5411 タコス屋 メヒカーナ




##########################################

2013年7月5日(金)
風に吹かれて 大田区大森北1丁目34-16 
第二みずほビル2F
 
with Rehabili hill billies

 開場18:00
開演19:30 

 前/¥2500
当/¥3000 

 03-3763-6555 風に吹かれて

#### 滋賀・大阪 ############################



2013年7月10日(水)
ライブラリー フォーク コンサート

『ようこそ!午後の音楽室へ』の第21回 

 大津市立和邇図書館 会議室
JR 湖西線和邇駅下車 徒歩3分
 
開場14:30
開演15:00  

 入場無料 限定50人です。
 
前もって図書館で電話予約ができます。
(受付開始日時2013年6月4日)

 問・077-594-2050 主催 大津市立和邇図書館

##########################################



2013年7月13日(土)
北村 謙 ・ 吉崎ひろし Banjo ふたり旅

 アビリーン 大阪府池田市石橋1-12-12 
 
開場17:00
 開演18:00
¥3000(W/ 1DRINK)
 
45分2ステージ
 
TEL072-762-5353 アビリーン


###########################################

梅雨の晴れ間のようなライブばかりです。
ぜひお越し下さい。
このメールの返信でもご予約いただけます。OFFICEKEN


これからモダンフォークバンドを見て中華料理だ!リルコミだあ

午前中までは雨天だったが午後からは雨はやんで日ざしも出てついでに
気温も高くなった。湿度たくさんだから蒸し暑い夕方となった。こんばんは。
仕事を午前中で切り上げて午後からは明日、ブルーグラストークの準備
をした。ゲストの坂本愛江ちゃんとブルーサイドロンサムプログラムの原稿
を書いてすぐに印刷を妻に頼んで仕上がったと思ってパソコンを見ると
「今日、久米川の中華料理やさんでライブをやるけど」ジンさんの名前が
無いよとコメントが入る。「え、」と絶句。忙しすぎたのであらかじめ中華料
理やさんにキャンセルしてあったのだ。「私はキャンセル」が親しいバンド
リーダーに伝わっていなかったらしい。しかし、今度は電話が来た。「いま
久米川そばの府中街道を歩いてる」店には何時に来るんだと、これまた
親友から。何時たって、えー?君まで来たの?と聞くと、「だって、ギターワ
ークのターちゃんが行け」というからさだって。幸いなことに、こちらの忙し
さが終わって、「フーッ」と一息ついていたところだった。いちど記憶から消
した「KENT久米川ライブ」を思い出して、「行けるのか」自問したら、妻が
「行こう行こう」とハッパをかけて、ヨシッと気持ちが決まった。というわけで
これからモダンフォークを見に行く。チャリで走れる。では来週。

コミッショナーは官僚だったを証明した大ウソ!リルコミだあ

きょうも雨で蒸し暑かった。品川区西小山の現場から帰る途中青梅街道から
五日市街道に入ると道路脇左側にずっと紫陽花が咲いていた。武蔵境付近
から喜平橋手前まで4キロくらい等間隔で植えられて、いま雨の中に輝きを放
って咲いていたのだ。ザッツ、ビューティフル!こんばんは。ハードな現場まわ
りも今日でだいたい完了。明日、東大泉の仕上げが終わると万事終了となる。
西小山のリフォーム現場で監督たちの統括官、社長に出会った。「いろいろ
がんばってもらってありがとう」と言われると日ごろの疲れが飛んでいってしま
った。二年前3代目の社長に就任してからは順調に業績を伸ばしているから、
この不景気の中を考えるとかなりのやり手である。というわけで帰宅後、二三
日先の天気予報を見ると、15日土曜日は曇りでときどき雨らしい。イベントに
は天気とお弁当は大きく関わるけど、当日は是非とも晴れてもらいたい。お弁
当も旨いし音楽も最高だし言うことないよね。ところでプロ野球の今年の使用
球が去年のものから勝手に変えられて、「今年は去年のに比べて飛ぶのだ」
という。しかし、このことをプロ野球を統括するコミッショナーが「知らなかった」
と平気でウソを言っているところがテレビに映し出されて大笑いしちゃった。
大笑いの元はウソと隠蔽に慣れている元官僚がプロ野球にしゃしゃり出て、
ここでも「知らなかった」を連発、ウソという文字が顔中に出ているのに空意
地張っちゃって、「知っていたら公表する」と言う。こういう責任感の無い人物
=官僚が墓穴を掘った感じだが、私の記憶が正確ならこの加藤コミッショナー
という男は読売新聞社がプロ野球機構に招いたのだ。あの、ナベツネが仕掛
けてコミッショナーが決定するのだ。スポーツの世界に官僚は要らないよね。

今日も15日ブルーサイド&坂本愛江の準備をした!リルコミだあ

関東地域に台風が接近しているらしい。雨が降りつづいた本日は
その影響らしいが、人にも植物にも恵みの雨となった。ありがたい。
現場が早く終わったので午後、15日ブルーグラストークの準備を
した。私はCDと曲の選択、そして原稿書きである。小平でのイベ
ントで集まってくださる参加者の多くはブルーグラスやカントリーに
精通した方は少ない。「昔、少しだけ聞いた」、「何となく好きだ」と
いう人が多数なので、イベントのたびにパンフレットのようなもの
を準備して当日配っている。今回はCD写真入りにしてかなりデラ
ックスにした。前回はジミー時田のブルーグラスソングをかけたが、
今回もミュージック・ロウの鈴木経二さんがまとめてくれた1966年
の「東京グランドオープリ」で熱唱したロバート対中と深野英明を選
択。果たして、と反応が気になる。売りは「トミ藤山」さんのホーム・
オン・ザ・レンジ」を選んだ。この記録もミュージック・ロウの鈴木さん
がまとめたCDに入っていたものだが、素晴らしい歌い手だというこ
とを証明したような歌いっぷりだった。このようなCD曲をかけるきっ
かけとなったのは、当日ブルーサイドロンサムをバックに歌いに来
てくれる坂本愛江ちゃんのパワーによる。なんてったってただ今の
日本カントリー界の超人気アーティストが小平に登場だから私も気
合いが入る。もうあと三日後に迫ったが、是非楽しみたい。

KENTUCKY COLONELS / Live in Holland (1973年)発売!リルコミだあ

雨模様ということで出かけたが現場所在地の国分寺は午後1時までは
降らずにもった。梅雨入り後雨がさっぱり降らないので梅雨入り宣言が
早すぎたことは明らか。こんばんは。今日は自前のお客さんのお仕事。
脳梗塞となったお婆ちゃんが何かとお掃除がいき届かなくなったので私
たちの出番となった。ところが行ってみるとプロのお掃除など必要ない
くらい床もガラスもピッカピカ。「何も出来ないのです」とお婆ちゃんは言
ったがお風呂とキッチン、換気扇などをやって終了。「わあ、きれいだ」
とほめていただきありがたかった。感謝を述べて退出。そのまま昨日の
集金日に行けなかったお客さんの集金に行く。忙しすぎると集金日も守
れないという恥ずべき態度は猛省が必要である。「肉そば命」というキ
ャッチで特に高校生から若い世代に人気のある丸源ラーメンで昼食。私
醤油ラーメン、妻炒飯、二人合計で880円という安さ。ついでに餃子と
いきたかったが減量を感じて我慢。こういうときって必ず隣のテーブルは
餃子を食べているから、くやしい!午後2時前に帰宅。さっそく今週土曜
日(15日)、ササキジンのブルーグラストークで曲紹介するCD選びにか
かった。久しぶりの選曲なのでるんるん気分になっていたら、昨日の現
場の監督からダメ出しの電話が来た。数いる監督のうちねっちりと変な
理由をこね回して攻めてくる最も苦手なタイプだが、ダメなら直さなけれ
ばこちらもお金がいただけない。玄関とその外にタイル屋さんが土間コン
クリートを打っている中、極端にやりにくい環境をまったく認めない監督
には「もう従えないぞ」と腹の中で決意して来週直しに行くことが決定。
BOMのメールを見たら、故クラレンス・ホワイトがザ・バーズを退団して、
兄ローランドと共にブルーグラスをやることを決意。友人のミュージシャン、
ハーブ・ペダーソン(bj)を誘ってまずはオランダツアーに臨んだ。そのと
きの録音「NEW KENTUCKY COLONELS/Live in Holland」(1973年5
月)が発売されたとあった。伝説のギタリスト、クラレンス・ホワイトがザ・
バーズからブルーグラスに転じた最初のギグがオランダライブで貴重な
ものである。ちなみに鬼クラレンスファンはすでにこの音源を所有してい
たといわれている。また、有名なホワイト・ブラザースの「スエーデン・ラ
イブ」はこのあとのことである。お値段は2,573円(税込みBOM)。

まったくもってクソ忙しいとはこのこと!リルコミだあ

まったくもってクソ忙しいとはこのことで先週から今秋まで連続に
現場が続いて、昨日などは品川区西小山という建坪60坪という
リフォーム現場に入って日曜出勤分の仕事をしていた。なぜ日曜
日に仕事をしなければいけないのかといえば、現場監督が施主
との約束、完了引き渡し期日が迫っていたからであった。従って
私たちが中でしみじみと部材をきれいにしているのに外ではタイ
ル屋さんがセメントをこねている、このような状況は苦肉の策であ
って普通ではやらない手配である。というわけで連続4日間の期
日が迫った現場も本日でめでたく終了、たったいま戻ってお風呂
も入らないうちにキーボードをたたいているという私だった。よっぽ
ど仕事嫌いじゃなかろうかと自分でもあきれている次第。といって
も今月はお義理のあるお方からもお仕事を依頼されるなど、受注
過多で月末には軽井沢にまで現場が出来たから死にそうである。
さて、今週末は「ブルーサイドロンサム+坂本愛江」のライブがあ
りますので、みなさん奮って小平に足をお運びください。いつもの
場所といっても分からない人が多いと思うので以下に書きます。

タイトル:★ササキジンのブルーグラストーク

日時:6月15日(土)13:00PM ~ 16:30PM

13:20 ブルーグラストークをしながらCDをかけます。
      特集はもちろん坂本愛江ちゃんの「SOMDAY」だよ
14:30 終了

14:45 ライブ「ブルーサイドロンサム+坂本愛」

15:45 終了

16:00 ギャザリング

16:30 全部終了

以上よろしくお願いします。

仕事全開本日より日曜日も無しの6日間連続現場!リルコミだあ

雨予報が大外れとなって午後は薄曇りのいい天気になった小平からこんばんは。
きょうの現場は小平市花小金井駅に近い戸建てリフォーム現場だった。リフォーム
ではあるがすべてが新品でどこかの柱か土台が旧材を使用していると99%新品
だけどリフォームになるのだ。こういう制度を何ていうのか知らないが、うれしい補
助金が出るらしい。きょうから新築現場が4棟続く。本日1棟終了したから残るは
3棟だが東大泉、品川、品川と明日からは走り回らなければならない。現場に親し
い畳屋さんが畳を運んできて、「ここの会社は現場が切れることがないね」と感心
しきりだった。何でも「他は消費税効果もまだ出てない」のに、ここは注文&リフォ
ーム、建て売りと不景気なんて関係ないから不思議だよね。私も還暦になるから
これからも全部発注をこなしていくと体が参っちゃうね。「君たちはよくやってるよ」
と誉めてもらったから気持ちよくなって午後もパワー全開、張り切っちゃった。さて、
先月の軽井沢リフォーム現場が今月28日と決定したので、楽しみにしていた「徳
武ファミリー」のライブが見られなくなった。今回は私たちを含む「内装チーム」で
動くので親方に従うしかないのだ。翌日は佐久の山中で暮らすミツタカメラマンに
久しぶりに会いに行くのでお楽しみもあるけど、やはり徳武ファミリーのライブを見
られないことはトホホなのだ。というわけで今秋も忙しかったぞ。

マンションのゴミ捨て問題を直視した!リルコミだあ

朝から曇りだったが雨は降らないで持ちこたえた小平からこんばんは。

小金井市内のマンション共用部分清掃を月2回の契約でオーナーから
直接依頼されて丸1年が経った。住民を駐車場に駐車した車のナンバ
ーで推察すると岡山や三重、愛知など20台くらいのうち15台は地方ナ
ンバーである。4月に入れ替わった部屋にも山口ナンバーの車を所有
する家族が入居した。オーナーに「なぜですか?」と問い合わせたが、
「不動産屋にまかせっきりで分からない」と言った。「そういえばゴミの
トラブルが多い」とオーナー。小金井市はこの辺では有名なゴミ焼却場
を持っていない市である。というわけでもないだろうが、ゴミは、燃える
ゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミ、資源ゴミ他などほぼ「有料」になっている
のが小金井市である。燃えるゴミは「オレンジの袋」に入れて、燃えな
いゴミは「ブルーの袋」に入れて指定日に出す。指定のゴミ袋は、各ス
ーパーで販売していて誰でも購入できる。オーナーがゴミのトラブルが
多いと言った原因は、恐らくは地方から転居したとき不動産屋から徹底
されているはずのゴミ捨て心得が、実行される段階でつい元住んでいた
場所のゴミ捨てクセが出てしまうからだろうと思ったが、それだと有料ゴ
ミを遵守している注意深い居住者との間に明らかな差が出てしまう。こ
のマンションではゴミ集積場所が外に独立して建っているが、今日も居
住者どうしの対立を目撃。「あなた、おむつを普通の袋に入れていつも
捨てているわね」、おばちゃんが若い主婦に文句を言っている構図であ
る。「すいません、知りませんでした」と低姿勢の若い主婦。普通の袋に
入ったゴミを持っていた。「あなた赤ちゃんがいて毎日のことでしょ、おむ
つは」、「すぐに袋を買ってきますくらい言えないの?」とダメを押すおば
ちゃんだったが、若い主婦、切れたのか、持ってた普通の袋のおむつを
「ポイ」と放り投げて、そのままおばちゃんをにらみ付けて無言でさっさと
農工大の方角に去った。私はその一部始終を車から目撃。新たなトラブ
ル発生の瞬間だった。なにごとも切れちゃいかん。

ムーンシャイナー6月号が届いた!リルコミだあ

130605ms.jpg

今日も梅雨なのに晴れた。梅雨入りしてからほんの少し降っただけ
だから、「梅雨入り宣言」は早すぎたんじゃないのかと声を出す人も
多い。まあ、外れたって官僚は責任取らないからおもしろくも何とも
ない。こんばんは。ムーンシャイナー6月号が届いた。5月号の表紙
もフェスタッチだったが、今号はアシュラ画伯の力作イラストに目が
すい寄せられた。表紙を見た妻などは「左隅のピッカーは○×さん」
だわとイラストの人当てっこを始めていた。私が注目したのは津田
敏之さんの超大作「日本ブルーグラス年表」#64だった。1976年
12月に待望の初来日を果たしたNew Grass Revival を取り上げて
一枚の写真が掲載されていた。場所はいまはない築地のエニーオ
ールドタイムにご一行が訪ねたワンショットだったが、カウンターの
丸椅子に腰掛けたサム・ブッシュが大きく写って、これは当然だが、
カーティス・バーチがバンジョーを弾き、借りてきた猫のように緊張し
た本間さんがマンドリンを持っている。他に下村哲、斉藤保、そして
笹部益生とクレジットされていたギター弾きは間違いで若きアシュラ
だろうと判断。あんまり自信はないけど。紅一点がサムの前妻キャ
シーだった。この写真を見るまで長いこと私の記憶から消えていた
女性だったが、30数年ぶりに突然記憶が戻った。とっても控えめで
落ち着いた女性だった。なるほど新しい音楽を創造する若者にはこ
のような女性が付いているんだなと感心して、彼女の行動を注目し
ていた自分を思い出した。懐かしい!しかし、残念ながら離婚した。
1976年か、いい時代だったな。サムはロスで購入したイーグルス
の「ホテルカリフォルニア」を大切そうに持っていた。

★エレキギターの帝王小松 久さんからライブ情報が届きました。先
月、軽井沢へ仕事で行くことが決まりかけていて、ちょうど小松さん
が「軽井沢ライブ」を発表していたところから、仕事がそこに合えば
最高によかったがあいにく仕事は6月になってしまい、残念至極。
以下はメールの公開です。

みなさんお元気ですか?
6月22日(土)にひとりライブをやるのですが、その場所がギター・
ファンにとっては素晴らしい環境なのです。
ギターメーカーの米国フェンダー社と、日本の総代理店である山野
楽器がフェンダー・プロモーション・ジャパンという会社を創っています。
会社は青山のキラー通りなのですが、そこには日本で発売されて
いる全てのフェンダー・ギターとアンプが展示されている部屋があり
ます。

FENDER SHOWCASE TOKYOという名のその部屋は、通常業界
関係者以外は入れない、フェンダー・ファンが涎を(失礼!)たらし
そうな空間で、僕はお願いしてそこで『Telecasting Saturday』という
ライブをやらせてもらうことになりました。

楽器というのは見ているだけで楽しく、音が聞こえてくるような気に
なるものです。ですからもちろんギター・ファンだけではなく、音楽
ファンなら誰でも楽しくなる場所だと思いますので、
ぜひ遊びに来てください。

詳細及び参加申し込みはこちらのHPをご覧ください。
http://www.fender.jp/topics/event/001504.php


小さいライブハウスくらいの大きさなので、35名限定とさせて
頂いています。
小松 久
************************************************
ヴィレッジ・シンガーズ のライブ情報はこちらをご覧下さい。
http://www.becgroup.co.jp/artistsfiles/village/sitemap/index.html
************************************************
<小松 久HP>
http://hisashikomatsu.web.fc2.com/
************************************************
(お詫び:申し訳ありませんが、
原因不明でお知らせが重なって行く場合があります。)

我が家の庭には青大将が住みついた?リルコミだあ

連日の晴れでまさに春爛漫である。こんばんは。今日の現場は東小金井
の古いアパートだった。小金井市で一番の納税者とお褒めいただいたお兄
さんの弟が所有するアパートだったが、裏が広い畑なのでそのまわりには
草がのび放題。ところが草には大量のヤブ蚊が生まれて、こいつが無防備
の職人の手足に食らいついてチクチク刺すからたまらない。お仕事そっちの
けでキンチョールをふりまいて対策した。間もなく携帯の金鳥が必携となる
が、まだそこまでは準備してなかった。車の中にも忍び込んだヤブ蚊がいて
その姿形をじっくり見させてもらったが、生気に溢れて刺されたらいかにも
痒そうなヤツめと判断。「プシューッ」とひと吹きキンチョールで安心!コマー
シャルみたいだが、東京はこれからがヤブ蚊の本番である。我が家の庭に
も大量の蚊が発生する。去年はこの蚊を食いに珍しくトンボが飛んでいた。
そういえばまだ庭の主、ヒキガエルに出会ってない。ひょっとして去年の秋、
ベランダで青大将(ヘビ)がのろのろと通過して行ったが、ヘビに睨まれた
カエルのことわざ通り、食べられちゃったのかも知れない。我が庭に青大将
が住みついていたことは、庭の手入れが大好きな隣のお婆ちゃんも見て確
認したと妻に教えたという。しかし、庭のどの辺に居住しているのかは不明
である。不明のままでいいのだ。突然、ヒキガエルと出会っても、「何だおま
えか」で済むけど、青大将となればちょいと違う。きっと腰を抜かしてしまう
だろう。さて、夜はサッカーW杯予選「オーストラリア対日本」がある。先日の
対ブルガリア戦は非常にイージーに負けてしまったが、今日は軸となる本田
選手もいるので間違いなく勝ってくれるだろう。インテルの長友も有言実行
で走り回るに違いない。

2013年朝霧フェスレポート!リルコミだあ

先週末の土日は「朝霧フェス」でした。土曜日朝9時30分に私と妻は
集合する若者、じゃなかった中年+たち用の食料を積んで出発。箱根
と違って土日分だから軽い感じ。中央道を河口湖インターで出てすぐ
のスーパーに寄って焼き肉用の牛肉をゲットする。新しいグリルの試し
焼きなので豪華な方がいいと判断。しかし、北九州のエルビスによる
「食の暴力」にはまったくかなわない。それにしても運がよかった。目の
前には神の山富士山がバッチリと見えてまことに神妙になって気分が
最高潮だった。やがて「YWCAではないかな」と目をキョロキョロしたら
通り過ぎちゃってUターン。それでもバンガローには一番!と思ったら
手島パパがすでにお部屋の前でお食事中だった。「やあ!やあ!」と
明るくご挨拶。やがてお仲間くんたちが続々と到着。高原にしては気温
が高く、売れないと思ったビールが快調に飲まれていた。シバケンさん
と共にハワイから参加のハヤカワさんがやって来て、久しぶりのご対面。
彼は私たちがやった日比谷ブルーグラスコンベンション1971年に慶応
高校の「ザ・ブルーグラス・ジェッツ」で参加してマンドリンを弾いたその
人である。現在はハワイ在住で、「今年ブルーグラスフェスを開催した」
とハワイでも大活躍をしている古き良きブルーグラッサーである。夕暮れ
の中、雄音くんがお父さんのオックンに連れられてたこ揚げに行く。私も
誘われてお側で見ていたが、珍しく風が弱くなかなか思い通りに揚がら
ない。そのままバンガローに戻り焼き肉となる。賑わっている会場をカメ
ラ片手にあちこち散策する。写真を見てください。土曜日の夜はジャム
セッションが華やかとなったが早々に夢の中へ。明日は雨だろう・・・・・
と目が覚めたら、何とピーカンのド晴れ。そして午前8時で暑くなったか
らサイコー。2013年の朝霧フェスいちばんに受けたタローのソロと関西
から来てくれた「デイジーヒル&デイジーヒルブルーグラスバンド」を見て
フェス会場を後にした。朝霧高原は晴天になるとこの上なく素晴らしい
場所となる。今年はそれを体験して、私たちはハッピーであった。


130603_008.jpg
 後ろに富士山(は見えない)スケールの大きいジャム
    マンドリンはハワイから参加のミスターハヤカワさん

130603_012.jpg
 グッと大きく成長した雄音くん。ダッドさんに聞かれ
    て返事を迷っている風景

130603_013.jpg
 西貝&入来のスマートフォン談義!フムフム・・・


130603_020.jpg
 私たちバンガローの遠景。雄音くんに焼肉を焼いて見せている


130603_022.jpg
 ネッシーエクスペディションの練習風景だったがネッシーは
    ホンマ(マンドリン)、マツモト(ギター)の二人のみだった。
    ちなみにサトウ(ベース)、ジロー(フィドル)、ウダ(ドブロ)
    の実力者揃い

130603_034.jpg
 リリーレンレン&ボーイフレンド


130603_036.jpg
 ジロー&コスギお二人共に酒豪で知られるが
このときはシラフ


130603_037.jpg
 主催者受付のお二人はユカリちゃんとヨコカワさん


130603_050.jpg
 冷えた夜だったが愛器を抱えてゴキゲンのシバケンさん





«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ