AX

2013-12

Latest Entries

2014年1月5日は小平ブルーグラスコンサートです!リルコミだあ

今年最後のリルコミとなりました。ホントは28日くらいに最後を
書くつもりが二日も遅れました。28日は最後のお仕事に行った
ところまではよかったが、ガラスを拭いている最中に腰を曲げた
とき、「コキッ」と腰から音がしてあとは古い付き合いの腰痛とな
ったのでした。28日の夜は親友が赤坂のカントリーハウスに出
るので何がなんでも行きたかったが自重をした。いわゆる激し
い痛みを恐れたのでした。これが二日間の遅延の基になりまし
た。トホホです。昨日は娘夫婦がやって来て涙が出るほどの感
動報告をしてくれた。来年の春中には「孫」が出来るらしい。もち
ろん初体験だが、こういうのって体にじんわりと効いてきてやが
てうれしさがこみ上げてくる。彼らが帰ったあとになってうれしさ
が絶頂になった。ありがたいことである。同じ昨日の午後、妙齢
の女性二人と「今月の音楽レッスン」をした。収穫はオールドブ
ルーグラスソングを抵抗なく挑戦したい気持ちがあることだった。
女性だから草創期の男性ばかりのブルーグラス世界に抵抗が
あるかも知れないと考えていたのは私の一人合点だった。それ
では一気にビル・モンロー・ソングを取り上げようと決心。ある曲
を宿題に出して覚えるようにお願いした。ブルーグラスの核心に
触れるような曲をコーチできるなんてコーチ冥利に尽きる。彼女
たちのデビューは初夏の頃か。まあ、のんびりと行こう。本日は
これから来年1月5日ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート
のファミレスミーティングがある。ジュース&コーヒーをたらふく
飲みながらの前向きミーティングなのだ。それでは今年一年ご
愛読ありがとうございました。来年の書きはじめは7日です。

131230_kodairabg.jpg
「ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート」

場所:小平市中央公民館ホール 電話042-341-0861
   東京都小平市小川町2-1325

日時:2014年1月5日(日)午後12時開場 12時30分開演
(昼間のコンサートです)

交通:西武多摩湖線「青梅街道」駅徒歩6分
   西武多摩湖線「一橋学園」駅徒歩10分
   JR武蔵野線「新小平」駅徒歩15分

料金:1000円

主催:ササキジン&ブルーグラスバンド
   お問い合わせ 090-3917-3672ササキジンまで
   (お正月三が日もオーケーです)

以上よろしくお願いします。




2013年の仕事も本日無事に終了!リルコミだあ

2013年のお仕事も本日、花小金井の元大学教授宅で終了。12
月はトータル21現場をこなしたことになるが正直仕事はもう飽きた。
腰もかなり痛くなったし表裏磨数百枚磨いたガラス切りで右手も酷
使。按摩を頼みたいな。無事これ名馬と例えられるが丈夫で長持ち、
私のような職人はこれしか生きる道がない。というわけで暮れのス
ーパー忙しさを乗り切ったぞ。さて明日の午後は「ギャザリング」で
そのまま忘年会。チャーリー&ナオミちゃんのご好意で「PA機材は
公民館のものを」使いましょうということになった。したがって愛用の
ギターのみを抱えて電車で行こう。その前に「1/5日(日)新春スペ
シャル/小平ブルーグラスコンサート」のプログラム原稿を書かない
といけない。印刷担当の妻が「明日で公民館は終了」と私を煽るの
だ。そうか、すべてが明日に集中しているのかと納得。公民館の印
刷局で印刷するとバカ安なのだ。コンサートでは出演バンドに少し
変化があった。これまでの「オールド・ヴォイス」に代わって東北大
OBの若者バンド「紅生姜」が出演決定。東北大に詳しい必殺リスナ
ー、「ダッド」さんに紹介していただいた。オールド・ヴォイスには別の
形でフォローを企画している。さて、先日ウエファの武田氏から電話
が掛かり、「何分やればいいの?」と質問を受けた。「いまから小平
用の練習なんだよ」と尊敬する御大も準備している。まことにうれし
い限りの声だった。ちなみに演奏時間は25分とすべてのバンドが
同じである。F/Bを見たら「麻田浩」のお誕生会があったらしく一杯
入った赤ら顔の写真を見た。そこには須貝重太もいて不良おじさん
っぽく写っていたがお二方ともに非常に元気な様子。須貝も麻田も
1/5日の小平ブルーグラスコンサートに出演する。他に本間正敏率
いるネッシー・エクスペディション、坂本愛江のブルーサイドオブロン
サム、山口さとしのデッドマン・ウォーキング、ザ・ブライアーズなどが
熱演予定。みなさん是非、お越し下さい。真剣にお願いします。

仕事も大詰めに差しかかり明日で終了か!リルコミだあ

今日も小平は無風で晴天だったから仕事が進みダブルの仕事をクリア。
一件は例によって大掃除のお手伝いだったが、工務店の先代が亡くな
った後を継いだ現社長は判で押したようなダメ人間。さんざん働かせて
おいて「終わりました」とご挨拶したのに「お疲れさま」のねぎらい言葉も
出せず、「全部終わったのか!」と逆に詰問調に聞き返すタコ社長。こい
つは先代が残した家賃収入で食い、自宅の周囲中が建築ラッシュだと
いうのに手も足も出ないで毎日パソコン三昧。オヤジの財産で食べて何
が悪いと開き直る。ちょっとは工務店の仕事をしろ!と怒鳴りたくなる。
ひきかえて奥さんの出来の良さったらない。常にやさしくてお姑ともうまく
やっている嫁の鏡のような女性である。とまあ、職人にえらく評判の悪い
社長宅(会社兼用)が終わって、いまいましい気持ちで次の約束の現場
へ。こちらは不動産店のおばちゃん社長が、引っ越されて荷物を置いて
行かれちゃったの、助けて頂戴と泣きつかれたのだ。もちろん私の仕事
ではなく便利屋さんの範疇である。不動産屋のくせに便利屋さんの知り
合いもないらしく、暮れの忙しいときに長い電話をかけてきたのだった。
そこで流しの軽トラでゴミ片付け屋さんに訳を話して一式すべてを持って
行ってもらうことに。その立会を済ませてついさっき帰宅した。今日は気
持ちの乗らない現場二連チャンだったが明日は花小金井の元大学教授
のお宅。老人ご夫婦だけだが私とは気が合うのか付き合いやすいのだ。
どうやら明日が今年最後のお仕事になりそうである。どこからかクレーム
が来たら別になるけど、まあきっと終われるだろう。

22日はバンド練習&忘年会をやっちゃったのだ!リルコミだあ

きょうの昼間は暖かかったが朝夜はさすがに冬至を思わせて寒い。
忙中閑有りで連休の真ん中の日曜日はバンド練習と忘年会があり
仕事を休んだ。しかし、ただいまお仕事は真っ盛りで競馬に例えれ
ば4コーナーを回って最後のムチを入れている感じとソックリ。一応
28日(土)までと決めているが終われるだろうか。こんばんは。

バンド練習を久しぶりにやった。新しい家に引越したので練習場所
も変わったが静かな場所でベリーグッド。私たちは以前から小平市
特有の「地域センター」の娯楽室で練習を重ねている。老人と子ど
ものための施設が地域センターで、例えばブリヂストンが市内にと
いうか近所に広大な工場があってその税収入が地域センターなど
の公共施設に変わったと推測出来る。そうブリヂストンさまさまなの
だ。その地域センターの利用料金はゼロ。市民なら「団体」申し込み
をすれば利用が可能というわけだ。練習はイイダコさんがサンフラン
シスコHSBへ行ったモトを取るぞという勢いで、ティム・オブライエン
の「コーリー・マローン」を歌いたい!と言ってイントロを弾き始めた。
オージン・バンドではティム・オブライエンものはトシローくんが一歩
リードしているが、構わずイイダコさんは自己練習して来てやる気満
々。HSBステージの目の前で見たティム・オブライエン&ブライアン・
サットンの迫力を忘れないで日本へ帰ってきたのか。ギッチョは古い
RB5というバンジョーを持ってきた。待望のネックが新しくなり「高音
がきれいに伸びて気持ちいい」とゴキゲンだった。トシローくんはカゼ
をひいたらしく声がガラガラ声に変化しちゃってかなり辛そうだった。
そんなトシローくんにビル・モンロー・ソングをリクエスト。いじめをして
いるようにも取れたがなに立派な修行である。午後3時40分で練習
を切り上げて、引越し祝いと忘年会がドッキングした宴会に突入した。

妻の手料理が並べられてまずは乾杯。参加者は写真が全てだろうか
らそちらを見ていただくとして、実は忘年会は初体験だった。これまで
限りなく我が家で宴会をやって来たのに忘年会は初めてだった。まあ、
中西陛下がやる年末のバニーマウンテン忘年会に出席して今年一年
無事に終わったと一杯飲む。これしか知らなかったが、引越しもあって
しばらくみんなとも会っていなかったので箱根フェス同様の顔ぶれが
集合した。お酒は鹿児島の芋焼酎数本。北九州からは柚子こしょう&
辛子めんたいこ、宮崎からは極太椎茸、真鶴からミカンとレモンなどな
ど食べきれないほど山盛りの料理。変わり種は有明海の珍味「真蟹
漬」だった。一口食ってすぐにお酒で流してもまだ塩気が残るというま
さに通好みの珍味だった。私的にはイマイチだったが、シバケンさんは
ひと舐めして「うん、いける」だって。日本酒はいつもの龍生と長野の
大吟醸。銘柄はよく分からないが、女性のフィットネスクラブを経営して
いる社長からギフトされたものだから素性は確かである。「濃いなあ、
大吟醸の味だ、もっと軽いのかと思った」などと言いながらペロッと一
本飲んじゃったのだった。鹿児島の芋焼酎はいりきベースマンの手土
産もあって種類だけは豪華絢爛だった。日置市在住の内田さんに感
謝しないとバチが当たる。とまあ、つかの間のサンデーを味わって翌日
も本日もお仕事。27日(金)は午後からギャザリングである。この日は
終わったあと楽しいギャザリング忘年会もある。願わくば明後日で仕事
を終わりたいものだ。

131224_jinsanbounen1.jpg

131224_jinsanbounen2.jpg




階段途中にあったお風呂の理由!リルコミだあ

今朝も東京は冷えた。天候も不順で雨が強く降ったりアラレが降ったり
雷も鳴っていたが夕方になったら落ち着いた。こんばんは。

取引先の建築会社からFAXで「餅つき大会」のお知らせが届いた。毎
年臼でつきたてのお持ちを食べて飲んで大賑わいとなる。この知らせが
届くと正月も近いなと感じる。しかし、我がカンパニーはまだ奮闘中であ
る。きょうの現場は練馬区南大泉の個人住宅。小平の社長夫人がお友
だちを紹介してくれたがきょうで2軒目。どちらも大きなお宅で振り返ると
社長宅がいちばん小さい。現場は中二階にお風呂があった。いまどきは
どこにお風呂があっても驚かないけど、階段の途中に踊り場があってそ
このドアを開けると脱衣場とお風呂があった。お風呂と洗面所を兼ねた
水回り部分だけが中二階で広い家なのに何となく変な感じ。数年前にリ
フォームが済んだらしく一見ピカピカだった。しかし、このような現場には
必ず目に見えない場所、たとえば排水口やサッシが超汚れている場合が
多い。ここもまさにそれで大当たり。奥様が登場して「ペンキを剥がさない
ように」とご指摘を受ける。「ハハーッ」と承知の挨拶を済ませたがなぜペ
ンキなんだろうかは不明だった。お風呂&洗面台(脱衣場)が終了してあ
らためて窓越しの景色を眺めると黄色い芝が整備された大変にいい景色
が広がっていた。ハハン、これを湯に入って眺めるのかと中二階という理
由を理解した。ペンキについては作業終了後、祖父が換気扇を根性入れ
すぎてゴシゴシやったらカバーのペンキが剥がれたという。「プロに向かっ
て大変失礼でした、オーッホッホ」と笑い飛ばしていた。午後3時に帰宅。
そのまま妻とガスコンロをコーナンに買いに行く。帰り道引っ越したばかり
のオックンの新居に行ってお祝いを渡す。「ギャザリング」に近くなったと
新居の感想を言った。明日は近所の現場。その次の日はバンド練習と忘
年会。明日は忘年会の準備をしなくっちゃ!

きょうの現場は西馬込午前5:30出発!リルコミだあ

きょうの現場は西馬込。六郷大橋の向こうで羽田空港に近いので
毎年早朝出発と決めている。今朝も5:30AMに家を出て目の前
の府中街道を真っしぐら。是政橋を渡るとすぐに左折して多摩川
土手通りに入るとあとはキャノンの工場があるガス橋までひたすら
進む。到着が7:00AMという驚異の早さにおにぎりを食う時間
さえなかったくらいで大成功。「早く来てください」と希望の電話
が来たのは昨日だった。そのため予定していた「デッドマン・ライ
ブ」観戦を半分だけ見て失礼した。デッドマン・ウォーキングは余
裕たっぷりのステージだった。いつ結成したのかは忘れたが、以後
毎月一回のライブをきちんとこなして10年近い。余裕しゃくしゃ
くも当然だった。対バンは千葉フェスの主催者小濱さんが率いる
「ロンサムグラス・ボーイズ」だった。「スタンrテー・ブラザー
ズしかやりません」といいながら「ブルーリッジキャビンホーム」
を歌った。こちらも余裕でお客さんをシカトしてくれたが残りは全
部スタンレーを歌って決めた。小濱さんの本業は旅行業で去年と今
年、二年連続でビーンブロッサムツアーを実行した。スタンレーと
ビル・モンロー王道を行くナイスガイである。さて、現場は毎年大
掃除をやらせてもらっているので、他人の家の感じがしない。どこ
に何があるかは泥棒で、どこにホコリが溜まるのかは熟知している。
ガラス&すす払い、水回りなどの作業をして午後3時に終了。結婚
した娘さんがお孫さんを連れて頻繁に来ているらしく、ガラスの下
の方がベタベタに汚れが目立った。「よいお年を!」とご挨拶して
帰路へ。朝も雨中帰りも雨の中、非常に見ずらかったが何とか耐え
て午後5時に帰宅。道中聞いたCDは「デイブ・メイソン」、「レ
ッド・スマイリー」、「ディラード・ハートフォード・ディラード」
「ザ・バンド」、「エミルー・ハリス」、「オールマン・ブラザー
ス・バンド」など。疲れちゃった。

きょうは現場小休止ジョイフル本田へ!リルコミだあ

きょうは忙中閑ありで現場は小休止。妻と養生など仕事用の材料が
不足となってジョイフル本田へ。到着してすぐに車に給油。1ℓが146
円だったが近ごろ珍しい長蛇の列。「寒いせいだわ」と訳の分からな
い言葉を聞きながら順番を待つ。待つあいだティム・オブライエンを聞
く。サンフランシスコのHSBでティム・オブライエンを見たのでまるで
車に乗ったらクセのように聞いている。CDはtim obrien/travelerだっ
た。昼食をJR拝島駅そばの「香」(シャン)でタンメンを食べる。半年
ぶりのタンメンだったがビル・モンロー好きの店主。「今年の夏肺炎で
三ヶ月も店を休んだ」と言った。病気の方で逃げて行きそうな体つき
なので余計に驚いたが、「今は治った、ホレこのとおり」と両手を上げ
て元気ポーズ。午後帰宅。帰宅して先日の千日前ブルーグラスアル
バムバンドの動画が届いたので拝見。プロの動画もよく見るがこのよ
うな自分たちで作ったイベントを見るとドキドキする。他では味わえな
い新鮮さやドラマチックさがあって素晴らしいドキュメントである。さて、
これから銀座ロッキートップへデッドマン・ウォーキングのライブを見に
出かけるのだ。その前に、昨日のブログで紹介した鈴木カツ氏必殺の
新刊「アクースティック・スウィング340」の写真掲載を忘れてしまいま
した。ここに謹んで掲載すると同時に、みなさんに購入をお勧めします。

131217.jpg




新刊アコースティック・スウィング340の紹介!リルコミだあ

昨日よりは少し寒波もゆるんだ小平からこんばんは。

131217.jpg

音楽評論家鈴木カツ氏の新著「アコースティック・スウィング340」
が届き拝読。トップに紹介されたのはカツ氏らしく「Jim Kweskin
Jug Band」の有名なGarden of Joy だった。ジム・クエスキン・ジャ
グ・バンドは今年夏に来日。日本橋の大きなホールが超満員の人
気に見に行った私が驚いた。久しぶりのリチャード・グリーンやビル
・キース、そしてマリア・マルダーというこのGarde of Joy のメンバ
ー構成に近い来日メンバーが受けたのだろうか。リチャード・グリー
ンはいつもの白いブラウスを着て演奏前のフィドルセッティングの
確認か二三度ステージに現れた。「リチャード!!」とステージ下か
ら大声をかけたが無視された。しかし、頭髪はすっかり白くなって年
齢を感じずにはいられなかったが、ときどき見せた鋭い目つきは全
盛期の1970年代のものだった。本番ではジム・クエスキンの歌と
フィンガーテクニックが素晴らしくて私的には一人だけ目立っている
と感じた。その大人気となった来日公演は往年の若いミュージック
ファンを大いに刺激、久しぶりに大阪でも満員の盛況だったと聞く。
往年のミュージックシーンを揺り動かしたのだった。本著「アコーステ
ィック・スィング」の著者もジム・クエスキン・ジャグ・バンドのリバイバ
ル人気に注目。想像だが「A・スィング340」を書くきっかけを掴んだ
のかなと思った。340という数字は紹介したアルバム数である。スィ
ングといえばブルーグラス界ではデビッド・グリスマンだ。そのデビッ
ド・グリスマンからはデビュー盤の「DAVID GRISMAN QUINTET」と
二枚目の「HOT DAWG」が取り上げられている。デビュー盤のD.G.Q.
は歴史的アルバムで、ブルーグラス界では日本やアメリカ本土がひ
っくり返るほど若者の間で大ヒット。ボーカル無しの8 ビートスィング
に触れて以後、ブルーグラスと兄弟のように愛された。二枚目のホッ
ト・ドーグでデビッド・グリスマンはチャートに出るヒットで大成功する。
デビュー盤にはなかったドーグミュージックの完成度が収録されてい
た。他にホーマー&ジェスロなど懐かしいアルバムがたくさん紹介さ
れている。全208ページ。2000円+税。あなたの思い出を助ける
一冊。

昨日は小平で「千日前ブルーグラスアルバムバンド」のライブがあった!リルコミだあ

寒波のせいか氷のように風が冷たくて気が引き締まった。こんばんは。

昨日は「千日前ブルーグラスアルバムバンド」を小平にゲストでお迎え
して前半「ブルーグラストーク」、後半「千日前BGAB」という中身で楽
しい「ブルーグラストーク」イベントを開いた。小平のブルーグラス活動
はギャザリング、お正月のコンサート、そして私のブルーグラストークの
三本立てで足かけ5年間、およそ60回くらいの回数をこなして尚も前
進している。昨日のトークのブルーグラス特集はケニー・ベイカー、カー
リー・セクラー、ラッセル・ムーア&Ⅲrd タイム・アウト、サットン/ホルト
/コールマン、ロンダ・ビンセント、ドク・ワトソンなどのCDをかけてトー
ク。感触はいつもの感じだったが、ゲストの人気のせいか、お客さんの
中にはやたらミュージシャンが混っていた。

千日前BGABは昨日の夜が銀座ロッキー、そして本日が小平だった。
東京駅から国分寺駅までJR中央線に乗ってもらって国分寺駅でメン
バーをピックアップした。みなさん元気な表情でまずは一安心。私の仕
事用の三菱ミニキャブに4人を乗せて近くの中央公民館まで走って12
時前に到着。彼ら4人は本番の午後2時30分までなにもない。かわり
に私は忙しい。まずはPAマンの小川さんのお手伝いに加わる。お弁当
お弁当を渡してしばしバイバイ。替わりに私が忙しくなった。まずはPA
一式を運んで参加してくれたマルチプレイヤー小川さんに感謝を込めて
握手。そのままセッティングを見つめる。整然としたコード類や部品が
見えたが、コンデンサーマイクは最高級のノイマンを持ってきていた。
いい音だろうなあと接眼して舌なめずり。小川さんはブルーグラス楽器
のマルチプレイヤーである。今年の相模湖フェスで久しぶりに再会。す
るとどうでしょう、マルチプレイヤーから一転、PAマンに豹変していたの
だった。音を出すプレイヤーから音を作るPAマンに鮮やかな変身。ビッ
クリ仰天だった。そこで小平のお話をして参加を快く引き受けてくれた。
ここにも「ブルーグラスの輪」があった。

午後3時ちょうど「千日前BGAB」が登場した。小平のイベントでは「火
の出るような拍手」は来ない。恥ずかしがり屋が多いせいかライブ経験
が少ないせいかいつもジッと演者を見つめて身じろぎもしない。声が出
たのは「コリーン・マローン!」とMCしたときに間髪を入れずに声を出し
たダッドさんだけだった。リスナーのプロを自任するダッドさんならでは
の見事なタイミングのひと声だった。谷ゴローを一回り小さくした感じの
ベースマンによるMCが独特の関西ムードを作る。見つめるおじさんた
ちがMCに引っ張られて笑っていた。ときどきドッと来た。さすがに関西
ブルーグラスMC、反応しないお客さんを乗せた!ベースマンは木村あ
つしといった。およそ14曲すべてを歌詞カードなしで歌いきったリード
ボーカルの西口きよしも素晴らしかった。歌い回しもとても丁寧で魅力
たっぷりだった。「Flint Hill Special」を誰よりもきれいに早く弾いてスク
ラッグスを感じさせた小野田こうじはあらゆる場面で最高のプレイを披
露した。千日前BGABの中心、キモはレコキンで間違いなし。そして
マンドリン&テナーシンギングの久永まさふみだ。小平にはデイジー・
ヒルで1年半前に来ているので今回で2回目。相変わらずの飄々とし
たとぼけた味がかわいくてお客さんに親しまれていた。千日前では普
段だとサイドギター&テナーボーカルだが、今回は急遽マンドリンを弾
いた。トータル的には歯切れがよくまとまっていてとても印象に残った。

131216_3614_R.jpg
小野田こうじ

131216_3634_R.jpg
西口きよし

131216_3637_R.jpg
久永まさふみ

131216_3654_R.jpg
木村あつし

131216_3667_R.jpg
ザ・千日前ブルーグラスアルバムバンド

131216_3698_R.jpg
演奏終了後質問コーナー

131216_1354_R.jpg
ササキジン



明日は早朝から15日小平にやって来る千日前ブルーグラスアルバムバンドの準備だ!リルコミだあ

きょうの現場は駒沢2丁目だった。早朝に環七に向かって走ったが
青梅は渋滞の連続で警察表示も荻窪あたりは真っ赤のライン。その
ようなときの裏道に進むやこっちは空っぽ状態。早稲田通り手前ま
でスイスイと通れたのであとの荻窪周辺はひたすら我慢。というわけ
で現場着は午前8:30分。新築木造3F建てを入念に仕上げて午後
12:30分終了。実はこの現場は9月頃いちど仕上げているが今回
は買い手がつき再クリーニングなのだった。想像だが2億円はすると
思うがそれ以上かも。洋風モダン造りで結構いい感じの住宅だった。
こんばんは。

さて明日はスケジュールがゼロ。もちろん明後日15日の準備で前日
を空けた格好だが実は何も準備をしていない。あちこち仕事で吹っ飛
んで帰ると一杯やってパタンキューが精一杯。ようやく明日が準備デ
ーだが、ハテ、何から手を付けようか。まずは妻から至急に原本を作
れと言われているブルーグラストークでやる「ブルーグラスCD原稿」
あたりからやろう。新しいCDを買う積もりがBOMの秋元くんに電話を
かけるのも忘れてた。しかたがない、古いものにもいいものはあるさと
開き直っている。ただ、先日購入した「ラッセル・ムーア&サードタイム
アウト」とサッカー小僧から借りた「SUTTON/HOLT & COLEMAN」が
ある。どうやるかは腕の見せどころというわけだが、新譜がたった2枚
じゃなあと心細い気持ちが出て来た。他の話題としてはやはりサンフ
ランシスコのHSBに行ったお話になるだろう。行き当たりばったりの
感はぬぐえないが心を込めてがんばるだけである。後半は真打ち登
場の原稿である。「千日前ブルーグラスアルバムバンド」のメンバー
紹介と予定曲などをまとめて少し記事を書こう。明日午後には印刷出
来るはずである。そうだった、明日のお昼前に青梅の内田さんがウッ
ドベースを届けに来てくれる。ありがたい。ブルーグラスの輪を感じる。
茅ヶ崎市在住の評論家鈴木カツ氏から新刊本「アクースティック・スウ
ィング340」が黒猫ヤマト便で届いた。カツ氏からプレゼントされたも
のである。来週詳しくご紹介をしたいと思います。

いよいよ15日「千日前ブルーグラスアルバムバンド」が小平に来る!リルコミだあ

本日も忙しかった。というよりもこの時期は26日までぎっしりと
仕事のスケジュールが入ってしまい身動きができない。その中
に「15日」と「22日」の両日曜日に遊びデーがあって、私的に
は両日とも光り輝いているのだ。15日はもちろん関西から千日
前ブルーグラスアルバムバンドが小平にやって来る。私のトー
クで前半お茶を濁すが、本命はその後に出て来てライブをする
のだ。すでに予定する曲目も届いているがそれについては当日
のお楽しみである。演奏終了後はそのまま打ち上げに流れて、
わいわいがやがやと騒いで一杯やるのが楽しみだったが、千日
前BGAGのみんなは新幹線に乗る時間が午後7時すぎと厳しく
打ち上げには参加できない。したがって通常の打ち上げはやら
ないと宣言した。ただ、飲んべえにはこの宣言など通用しないこ
とも知っている。まあ、現場のなりゆき次第だろうね。

131203.jpg

22日は「オー!ジン・バンド」の練習と忘年会。加えて個人的な
引っ越しがあったので少しバンド忘年会を拡大して友人たちを
含めてやるから妻は労務過多で「ワタミと同じだわ」などと不平
を言うかも知れない。ブラック企業ならぬブラック家庭か?なんち
ゃってね。それでも楽しいだろうなあ。中でもバンドのメンバーの
3人が10月頭にサンフランシスコのHSBに行ったので、それの
報告も兼ねることになるだろうが、同行したチャーリーさん撮影
の写真も届いているので盛り上がること必至。そのうえ本日鹿
児島県日置市という本場から「鹿児島のみ」販売している芋焼
酎が届いた。友人の私を思う心が通じたのだろうか偶然とは恐
ろしい。「届いたよ。時間がかかったのは引っ越したから」と友人
に電話すると、「またバンジョーを弾いてバンドをやっちょる」こな
いだ「福岡のフィドラーが里帰りしてちょこっと合わせた」ライブも
やっていてバンドが忙しくなったと忙しそうに言う。明日お返しに
お酒2本を送ることにした。お酒飲めな~いお友だちにはスペシ
ャルなカレーを考えている。スペシャルという意味は「辛い」けど
美味でトータルすると「しびれる」のだ。指折り数えて22日を待
とう。というわけで仕事三昧の日々に「砂漠のオアシス」なのだ。

多摩川土手通りを通って第二京浜まで驚異の時間短縮を果たした!リルコミだあ

今朝も6時すぎに大田区矢口を目ざしてゴー。現場が第二京浜の
そばなので環八を選択せず多摩川土手通りというのかな、府中街
道是政橋を越えてすぐに左折。少し走っていよいよ土手通りにイン。
あとは第二京浜国道まで真っ直ぐ。環八に比べると上下二車線な
ので多少の窮屈さを感じるが何しろ本日は空いていた。おかげで
現場まで1.5時間と近ごろ経験してない早さにビックリ。蒲田の手
前まで90分で着くとは驚きだったが、それも偶然の選択に大感謝
だった。夕方4時30分まで作業して終了。明日はとなりのそっくり
さんが現場。そうです、いま流行りの狭い土地に二軒の新築が建ち、
来年の販売となるのだ。こんばんは。

メジャーリーグベースボールがシーズンを終わってただ今ストーブリ
ーグ入りして、その注目の的はマーくんこと田中将大投手である。
上原と田沢両投手が在籍する今年のチャンピオンチーム、ボストン
レッドソックスを先頭にヤンキースなど引く手あまたの様子。ただ、
所属球団にとっておいしいポスティングシステムが揺れ動いてメジ
ャー側に有利なシステムに変更される可能性が高いとか。松坂や
ダルビッシュのように所属球団にごっそり契約マネーが入らないら
しいのである。ま、このような濡れ手で粟のようなシステムなど消え
てなくなればいいと考える一人だが、契約の世界だからそうはいか
ないだろうね。どっちにしてもマー君には是非メジャーへ行ってもら
い大活躍をしてほしいな。とにかくメジャーリーグが終わってからと
いうものテレビで見るものがなくなって手持ちぶさたで困っている。
あの上原の登板がやって来て、見ていて押しつぶされそうなような
緊張感を持って見ていた。あのような緊張感を味わってしまうと替
わるものがないのだ。だからしばらく録画を見て空虚な心を埋めて
いたが録画ではもうダメだ。F1も終わったし来年3月までなに見て
暮らしたらいいのか。15日(日)千日前BGABの予約が10人にな
った。すると後ろで妻が「レジメを早く」と原稿の催促である。もう書
ける材料はそろったのでいつでも書けるが時間がない。明後日だ。

ムーンシャイナー誌スペシャルイベントに行った!リルコミだあ

今朝は冷気が漂う張りつめた空気で真冬を感じた。こんばんは。
きのうは昼すぎの午後1時30分頃、銀座ロッキーへ「バンジョー
好きが集まる」に行った。行ったらすでにジャムが始まっていて賑
やかな店内。この企画、何でも「ムーンシャイナー誌」連載の「祝
バンジョー祭り」が100回となったのでその記念イベント。作者の
チチ松村さんも登場しておだやかに午後2時すぎにスタート。「女
性が多いなあ」と思ったらギターで参加のタローに、「乙女バンジョ
ー祭り」が同時開催だからと教えられた。マンドリンを持ったサトン
パスさんもいてたった一人でがんばっていた。私より少し遅れて話
題の本「AMERICAN ROOTS MUSIC」作者、奥和宏さんも到着。し
ばらくぶりの再開だったが昔のまんまなので一安心。有田純弘さん
も登場すると舞台から「アリター」などと声がかかった。掛け声の主
はチチ松村さんだった。他に原さとしさんもいてさすがに渡辺三郎、
バンジョー弾きの粒よりを集めてダテに年をとっていないなと感心し
た。
131209_2.jpg
石川修次さんが登場して、おなじみのバンジョートークとプレイ
を披露した。相変わらずのきちんとした演奏と歌に大きな拍手。乙
女バンジョー祭りが始まった。バンジョーの弾き方をただ今お勉強
中な女性から、高田渡の「生活の柄」をバンジョーで弾き語りをした
元気な若い女性も飛び出したりして乙女たちは芸達者だった。中
でも中村まりさんが「石川修次さんに無理を言って分けてもらった」
古いバンジョーで「シンディ」を弾き語った。非常にいい出来だった。
131209_1.jpg
チチ松村さんが「バンジョー場所当てクイズ」を始めた。「これはどこ
の国か」という問題が6,7問出て40人近い人数で国当てごっこを
やった。この企画には驚き、全員ほとんど外れた。たった1回だけ
「インドネシア!」とずばり回答した豪の者がいた。立川市在住の梶
野さんだった。ビール一杯の懸賞は・・・飲んじゃったにちがいない。
おそろしく世界中でバンジョーがフィーチュアされている事実が浮か
び上がって驚く。こういう観点はチチ松村さんの独壇場である。広い
視野と熱いバンジョー心があればこその企画だった。時間の関係で
男性陣による白熱のバンジョー競演は残念ながらお見送りとなった。
なに男などはいつでも見られる。きょうは乙女たちを見られて大ハッ
ピーだった。このイベント、前日は大阪で開催された。
131209_3.jpg


★バックインタウン来年1月のバンドスケジュールです。以下は
メールの公開です

日頃より大変お世話になっております。
本日は、曙橋 Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN" より
2014年1月のライブ・スケジュールをBCCでご案内させていただ
きます。
ご来店の際には事前にお電話かインターネットでご予約ください
ますようよろしくお願いいたします。

Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN"
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 
TEL03-3353-4655
http://homepage3.nifty.com/backintown/
backintown@nifty.com

--------------------------------------------------
6日(月) <18:30~ :会費\3,500> BIT新年会
(フリードリンク&フリーフード会費制です)
 ♪バックインタウン13年目の幕開けです。
 飲んで食べて歌って盛上がりましょう。
--------------------------------------------------
7日(火) <18:00~ :通常営業> ギターインスト・ナイト
  ♪マイギターでギターインストの夜です。ギタリスト大集合!!
-------------------------------------------------
8日(水) <19:00~ :MC\1,050> 歌の贈り物 Vol.4
"    ♪弾語りナイトでお馴染みのアマチュア・
      ミュージシャン数組による新年会ライブ。
-------------------------------------------------
9日(木) <19:30~ :MC\3,990> 松田幸一
     with 有田純弘(G, Bj) 西海 孝(G) 橋本歩(Cello)
    ♪日本を代表するブルースハープ
    (10ホールズハーモニカ)奏者。
     今回は新メンバーで…。
--------------------------------------------------
10日(金) <19:00~ :MC\3,500> 青木まり子 solo live
    ♪青木まり子の弾語りソロライブ 皆さま 
      のんびり 遊びに来てください。
-------------------------------------------------
11日(土) <18:30~ :MC\2,100> Random Four  
       ゲスト:Honey Winds    17:30オープン
"    ♪ジャンルにとらわれない選曲で
       なつかしのヒットソングをお届けします。
-------------------------------------------------
14日(火) <19:00~ :通常営業> カントリーミュージック・ナイト
"    ♪アコースティックでカントリーを歌う夜です。
      カントリーを歌いたい方はどなたでも参加できます。
-------------------------------------------------
15日(水) <12:00~ :会費\5,000> 稲葉和裕
      「講座合同新年会」        11:30オープン
"    ♪稲葉和裕が講師を務める「カントリーと友達になろう」
       と「ギター弾語り講座」の新年会
------------------------------------------------
16日(木) <19:30~ :MC\3,150> SHIME with Chihana
"    ♪ロック、カントリー、ブルーグラスなどをルーツに
       オリジナルも手がけています。
------------------------------------------------
17日(金) <19:30~ :MC\2,625> Blue Side of Lonesome
"    ♪坂本愛江のボーカルをフューチャーした
       カントリーナンバーをブルーグラススタイルで…。
-------------------------------------------------
18日(土) <18:30~ :MC\2,100> changsu with 平井宏(key)
      河野俊二(Perc) 土屋祐介(G) 渡辺彰人(Bj, Mdn)
"    ♪2000年「イムジン河」発売。きたやまおさむ作品
      などを歌います。四人編成の伴奏でBIT初登場。
-------------------------------------------------
20日(月) <19:00~ :通常営業> 弾語りナイト
"    ♪マイ・ギターでJ-Folk, American Folk
       をBITのステージで歌いまくって下さい。
-------------------------------------------------
21日(火) <19:30~ :MC\2,625> 永生元伸 「僕のラブソングズ」
"    ♪テナーバンジョーとギターでの弾語りソロライブです。
--------------------------------------------------
22日(水) <19:30~ :MC\2,100> バンジョーストンパーズ
"    ♪デキシーランドジャズスタイルを基本とする
       バンジョーバンドです。
--------------------------------------------------
23日(木) <19:00~ :MC\2,625> masato
"    ♪アコースティックギターで弾語りと
       インストルメンタルをお届けします。
--------------------------------------------------
24日(金) <19:30~ :MC\3,675> 吉川忠英
"    ♪シンガーソングライターであり日本を代表する
       アコースティックギタリスト。久々の登場です。
--------------------------------------------------
25日(土) <19:00~ :MC\2,100> TUT Excaliburs
"    ♪クランシーブラザーズとキングストントリオを
       敬愛する再結成フォーク・グループ。
-------------------------------------------------
27日(月) <19:30~ :MC\2,625> 青木研 with 吉原聡
"    ♪超絶テクのフラットピッキング奏法。世界を代表する
       4弦プレクトラムバンジョー奏者。
--------------------------------------------------
28日(火) <19:00~ :通常営業> ブルーグラス・ナイト
"    ♪ブルーグラス好きはMy ギター、バンジョー、
       マンドリン、フィドルで大集合!!
--------------------------------------------------
29日(水) <19:30~ :MC\3,150> Sunset Riders
       /サンセット・ライダーズ
"    ♪レパートリーは「イーグルス」100%!
       ウエストコースト・サウンドを堪能して下さい。
-------------------------------------------------
30日(木) <19:30~ :MC\2,625> 有田純弘(G, Bj)
       with 手塚洋輔(G) 手塚里美(B)  ほか
"    ♪今回は3人でブルーグラス・フラットピッキングを
       テーマにライブを行います。
-------------------------------------------------
31日(金) <19:00~ :MC\3,150> Haert to Heart
       (James & Philip)、Henry矢板、Dicky北濃、
        Porchi Rossi 他
"       ♪Country, Blurgrass, Folk をバラエティーに
        とんだメンバーでお送りいたします。





ムーンシャイナー12月号が届く!リルコミだあ

本日の現場は練馬区関町で顧客から紹介されて初めて行くお宅だったが、
玄関でお会いして初めてとは思えないほど紹介者に雰囲気が似ていたので
姉妹かと思った。しかし、聞いてみると大外れ。単にお友だちだといいながら
大笑いした奥様。再来週もう一件の紹介をいただいているがそのお方も友
人でよく知っている間柄だという。作業はお風呂を中心とした水回りクリーニ
ング。およそ正味3.5時間で終了。車庫にはベンツEタイプがあってガラスの
清掃にえらく邪魔になった。作業がすべて終わると奥から出て来たご主人、
悠然とベンツで外出。「もっと早く出かけてくれよ」。こんばんは。

131206ms.jpg

ムーンシャイナー12月号が届いた。お正月の「第5回ディスカバー小平/ブ
ルーグラスコンサート」の広告もバッチリ掲載されて気持ちも乗ってきた。と、
思ったら、妻が最後のページを見て、「大変!1月4日」になっているわ。これ
は間違いで1月5日が正解。1月4日だと会場の公民館も閉鎖している。5日
(日)が公民館の仕事始めとブルーグラスコンサートなのだ。というわけで、
よろしくお願いします。コンサートも大事なのだが、ただいまは12月15日の
「千日前ブルーグラスアルバムバンド」に身も心も集中している。お問い合せ
電話も5本も掛かってきた。少ないように思われるかも知れないが、新春コン
サート以外ではこれでも異例の多さなのだ。昨日も「もしもしジンさんですか」
山崎ですと言ったのですぐにホルモンだと分かった。「必ず行きますのでヨロ
ピコ」と元気に予約。その前日は専修大OBから。「ブルーグラストークは初心
者ですが千日前BGABには興味があって」と予約。それから一般客が3本。
一般のお客様は全部、「関西のどこから来るのですか」というご質問だ。関西
出身ですか?と聞き返すと「ええ、大阪です、姫路です」の答え。「えーと、メ
ンバーのうち一人だけ豊中と知っています」と乗らない返事をしてしまったが、
このように次第に盛り上がって来ているのだ。DADさんとか一番早い予約をし
た法政OB岡部君もやって来る。予約は090-3917-3672ササキジンまでよろ
しくね。ムーンシャイナー12月号では「タヒチクラブ」1/11日大阪遠征にちな
んで紹介文が掲載されていたが、何と執筆者はアシュラ・ベニマル。画伯とし
て八面六臂の大活躍だが今回は文章書きに変身していた。なかなかいい記
事で臨場感もたっぷり。アシュラの文章など見たこともないというお方には超
おすすめである。1月11日か、私も行きたいなあ。


秘密保護法成立濃厚!リルコミだあ

きょうも暖かい小平だったが午後上空に飛行機雲が二本も見えた。
こんばんは。

秘密保護法が夜にも参議院を可決通過して成立する模様。秘密保
護法案にはまったく触れなかったNHKテレビがこのように報道して
いたので真偽はともかく「通るんだ」と実感した。そもそも選挙で自民
党と公明党に投票した結果が「強行採決」も出来る結果になった。自
民公明の国会議員が他を圧倒しているからである。反対の余地があ
ってもすでに遅いのだ。もういちどそもそもである。そもそも現在の自
民党は「官僚のヒモ」といわれていることから、官僚にしか利益のない
と思われる秘密保護法が出されても反対などは出来ないのである。
いわゆる国家に官僚あり国民は存在せずなのだ。気持ち悪い状況だ
けど国家予算の分配を見ているとよく分かる。予算も官僚が作成して
いる。国会議員は何しているんだろと素朴な疑問を覚えるほど国民の
予算も官僚任せなのだ。とうの昔に官僚国家になっているから、その
うちに「国会議員法」などを出されて国会議員がポイされるかも知れ
ない。要は国会の先生は働いてないんだよね。先のアベノミクス経済
だって中身は日本銀行券を刷り続けて通過を高値誘導に繰り返して
いるだけだ。輸出大企業だけがうるおって平民には「高いガソリンか
い!」べらぼうだよ。安倍首相だって前回は日本国を放り出した張本
人である。数年でその性格が変わるわけがない。土壇場が迫って来た
らまたポイだよ。ともかく国政選挙がすべてを決するから棄権は絶対ダ
メよという話し。

★毎日仕事方面で頭がいっぱいになるとつい音楽のイベントなどを
忘れてしまいます。今回も渡辺三郎さんのバンジョー・イベントが迫っ
ているのに、そして私も参加するのに忘れてしまいました。年だね~。
以下はサブさんのメールの公開です。バンジョー好きのみなさん、
是非参加しましょう。

東京はおなじみ銀座ロッキートップで
●「チチ松村のバンジョー好きが集まる会」
●12月8日午後2時~午後5時まで
●銀座ロッキートップ Tel.(03)3571-1955

ブルーグラスな皆さん、
あれよあれよと、もう12月……、きっと、何かとお忙しいことと
思いますが、先々週末にもお知らせした「バンジョー好きが集まる会」、
最後のお知らせです。
これまでご縁のあった方にメールをお送りしています。地域と楽器など、
複数に登録している場合、メールが重複して届くこともありますが、
お許しください。また、今後このようなメールがご不要の方は、
お手数ですがお知らせください。

チチ松村さんのムーンシャイナー誌「祝・バンジョー祭り」連載100回を
記念しての「バンジョー好きが集まる会」です。原さとしさんの「バンジョ
ー祭り」をお祝いするというところから始まった連載、世界一のバンジョ
ーファンであるチチ松村さんと、ブルーグラスやオールドタイムはもちろん、
バンジョーのあたらしい魅力を探しませんか?

●チチ松村の「バンジョー好きが集まる会
       ~同時開催:乙女バンジョー祭り」
日時:12月7日(土)、大阪府立江之子島文化芸術創造センター
(enoco)。17時~20時
(15時からウォームアップジャム/ワークショップ)。
  :12月8日(日)、東京・銀座ロッキートップ。14時~17時
(13時からウォームアップジャム)

詳細↓
http://fiddleandbanjo.way-nifty.com/bg/2013/11/post-2979.html
総合問い合わせ、fiddleandbanjo@nifty.com sab-sanまで

以下、基本的なプログラムです。
【チチ松村の「バンジョー好きが集まる会~同時開催:
乙女バンジョー祭り」基本机上
プログラム】
-2:00-0:00 ●ウォームアップジャム
(プログラムがはじまる前、大阪では2時間、東京では1時間の
ジャムで体と会場を暖めます。大阪では高木バスコによるクロウ
ハンマーバンジョーのワークショップがあります)
0:00- 0:10 ●ウェルカムパフォーマンス
(ホストのチチ松村と渡辺三郎の紹介につづいて、
バンジョーの大まかな歴史と日本でのバンジョーの受容史と
現在を概観)。
0:10- 0:35 ●バンジョー演奏法の解説
(5弦と4弦の違いやチューニングとともに簡単な奏法の
歴史とその世界拡散など、参加者の協力で解説/実演)
0:35- 1:30 ●チチ松村のNHK-FM『世界の快適音楽セレクション』「
バンジョー祭り」特選版
(チチ松村厳選快適バンジョー曲集)
●疲れたら、この辺でテキトーに休憩
1:30- 2:00 ●乙女バンジョー祭り
(バンジョー女子へのインタビューと実演、
バンジョーはゼッタイに女性に似合う!)
2:00- 2:30 ●参加者全員によるミニバンジョー祭り
(きっと参加者らとの交流を通して、なぜわたしは「バンジョー好き」
なのかが明らかに……? そして予定通りの大団円となるか……!?)

p.s. ビル・モンローの魂を受け継ぐマイク・コンプトンが
今月来日します。熊本(8日)、徳島(10)、東京(11)、名古屋(12)、
大阪(13)、神戸(15)です。詳細はお問い合わせ下
さい。

31年目の月刊ブルーグラス専門誌「ムーンシャイナー」は
毎月1日発行です!!情報提供、寄稿、広告、そしてもちろん
定期購読など、このメールの返信でよろしくサポートをお願いします!!
●ムーンシャイナー、http://www.bomserv.com/MoonShiner
●サブさんのブログ、http://fiddleandbanjo.way-nifty.com
Saburo "Sab Watanabe" Inoue
5-15-31-203 Kawamo, Takarazuka, Hyogo 665-0842
Japan 0797-85-8384(phone & fax)
井上(渡辺)三郎
〒665-0842 宝塚市川面 5-15-31-203
fiddleandbanjo@nifty.com

私たちのオージンバンドのレパを整理した!リルコミだあ

連日暖かい昼間が続いている小平からこんばんは。
きょうは15日の「千日前ブルーグラスアルバムバンド」小平ライブ
の準備をしたが、ステージ飾りの製作だったので私は加われず。
そこで「オー!ジン・バンド」今年最後の練習&忘年会に合わせて
レパートリーの整理をする。バンドのギタリスト、トシローくんのレパ
が増加していることに改めて気が付いたが、彼は元々歌える人。
デッドマン・ウォーキングのメンバーが、「そのうちに乗っ取られる」
といつもの冗談で笑わせたが、冗談でなくなる勢いもあった。
昨日F/Bでゴローショーを見て谷が、「おれだけ目立てばいい」と
いう場面には笑ったが、おれだけはギャグである。何たってバンド
は共同作業のかたまりだから、知恵をしぼりあってこんにちまでや
って来たのだ。オレオレが通用するはずもないのだ。オレといえば
故ジミー時田が私たちのブルーグラスミーティングに遊びに来て、
「バンドは我慢と辛抱だ」と教えてもらったことがあったが、そのとき
の目つきが凄かった。目と目が合って「あ、この人真剣だ」と思った。
私たちの若さを見るのが好きでよく現れたジミーさんだったが、何か
を教えるときの目はオオカミだった。こないだ世田谷の等々力へオ
ールドタイムのミニフェスへ行ってきたが、小平のオールドタイムコ
ンサート同様ソロのパフォーマンスが二三見られた。ソロはそれな
りの存在感は示すことが出来るが、やはり複数のメンバーが織りな
すバンドミュージックが私は好きだと思った。話しが予期せぬ方向
に行きそうなのでこの辺でやめるが、オールドタイムミュージックは
是非バンドでパフォーマンスをして欲しい。

15日小平千日前BGAGに早くもリクエスト!リルコミだあ

先月より続いた現場も本日二度目の目黒桜ヶ丘で一旦小休止となって
明日は待望のお休みである。15日の準備もあるので朝から忙しくなりそ
うだ。来週日曜日に迫った「千日前ブルーグラスアルバムバンド」の上京、
そしてライブが待ち遠しくてなりませんが、彼らはついこの間の12月1日
大阪のオッピドムで谷五郎&フィドラー畠田をお迎えして、ご存知!ゴロ
ーショーをご披露したという。すでにF/Bにはアップされていて千日前B
GABをバックにした大迫力のゴローショーが見られて、私もゲラゲラと大声
で笑ってしまった。谷ゴローの芸はちっとも錆び付いていなかった。むしろ
中年を越えて還暦に迫っている今が磨くと光るように思った。是非、ネク
ストを期待したい。千日前BGABにとっては怪物のように大胆で繊細な谷
ゴローとの共演はきっと東京遠征にとってよい経験となったに違いない。
こんばんは。

131203.jpg

DAD荒川さんは千日前BGABに早くもリクエストをした模様。曲は私も大
好きなティム・オブライエンの「Colleen Malone」で、この曲もF/BでUp
されている。今年のサンフランシスコHSBでもブライアン・サットン(g)、
マイク・バブ(bass)、ティム・オブライエンのトリオでやった。非常にティム
らしいアイルランドを歌った曲でメロディの美しさは天下一品。元は1991
年のIBMAでSong of The Yearに輝いた曲でPete Goble とLeRoy Drum
の作品。これを「HOT RIZE」が取り上げて歌い親しまれた。よく似た曲の
「Nellie Kane」もいい。この曲、オージン・バンドのトシロー君も歌っている。
ついでにいうと、ティム・オブライエンは日本の注目度よりも本国アメリカの
受け方はちょっとビックリするほどでしかも若い女性ファンが多いと感じた。
アイルランド風味ソングが彼のレパートリーに多いがその個性ゆえなのか
も知れない。DAD荒川さん、千日前BGABは Colleen Malone はレパだと
いうことですのでご期待ください。


先週末は国立はっぽんミニフェスだった!リルコミだあ

あっという間に12月になっちゃった。11月30日の話しから
入ろう。この日は国立駅に近いライブハウス「はっぽん」で第
5回目を数えるミニフェスが開かれたので一人で参加。主催
者はJR中央線随一の人気を誇るウェイフェァリングストレン
ジャーズの近藤俊策さん。夕方5:30PM開場、6:30PM開
演というまさに絶好の飲んべえタイムだったからうれしかった。
トップバッターは「Nothing Beats」。古いイングランド方面のト
ラッドソングを若くてすらりと背が高い素敵な女性が歌うスタイ
ル。バックバンドが凝っていてフィドル、チェロ、ウッドベース、
ブルーグラスバンジョーという組合せという珍しいセットだった。
少しバンジョーの負担がきついように感じたがリードボーカル
のがんばりに引きつけられて焼酎がすすんでしまった。続いて
は東北大から「プレッツェル・プロッツェル」。若さ溢れたリズム
感とバンジョーマンのテクニックが光った。大学生でバンドを持
つかっこよさをもっとアピールしてもらいたいなあと感じた。最
後は「Honey Cookies」が華麗に締めた。特筆すべきは彼らの
コーラスの雰囲気がよいのだ。もちろんイントロからリードボー
カルそしてコーラスと流れるが、トリオバンドとしては一級だと
思った。個人的にはオリジナルにちょっと工夫がほしい。という
わけでミニフェスは楽しかった。オクラホマ帰りのタクミ君にテー
ブルに座ってもらっていろいろお話を聞いた。彼はただいま銀
座ロッキーでバイトを始めたという。将来の日本ブルーグラス界
を背負って行くバンジョーマンである。内外の先輩にかわいが
られて大きく成長してほしい。最後にテーブルに同席させてい
ただきミニフェスを楽しんだ萩生田さんと奥様、そして近藤奥様
に感謝を申し上げる。グレートな時間をありがとうございました。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ