AX

2014-04

Latest Entries

ハーリー・アレン「Across the Blueridge Mountains」!リルコミだあ

本日の現場は学園駅東側お茶店の3階。朝から降り続ける雨の中
およそ4時間の作業で終了する。内階段が極端に狭く途中で階段
の段差が変化するという慣れた人じゃないと怖くて登れない。「よろ
しくね」と不動産店の若旦那にいわれたがこんな階段だと歓迎は出
来ない。狭い路地で道具を仕舞っていると雨が強くなった。どうやら
きょうの夜になってからもっと強い雨になるらしい。こんばんは。

140430_0001.jpg
folkwaysのCD紹介ページ



このアルバムはハーリー・アレンーHarley Alenn のフォークウェイズ
から1983年に発売されて、2007年にCD化された彼の初ソロアル
バムで文字通り出世作となった。例によって近ごろのアメリカCD盤
は解説書など省かれて付いていないから、表紙に記入されたミュー
ジシャンたちのクレジットを虫メガネで探した。1960年代のフォーク
ウェイズ盤などはほとんどのアルバムに、例えばNew Lost City Ram
blersなどには分厚い解説書が付いていたものだったが、21世紀に
もなるとこうも不親切になるものなのだと感心している。ハーリー・ア
レンを初めて聞いたのもLP発売だったこのアルバムだった。特にそ
のボーカルに圧倒されたのが「Loving Another Man」で速いしキーは
高いしでびっくりしたことを覚えている。さすがに父親レッド・アレン譲
りだなあと納得したものだった。このときハーリー27才のデビューだ
った。相棒がリードボーカルもばりばりに出来るバンジョーマンのマイ
ク・リリー(Mike Lilly)で、1985年バークシャーマウンテンにバンドで
登場した動画が残っている。このあと2枚のソロアルバムを発表して、
また素晴らしいソングライターとして成功した矢先の2011年に肺ガン
で死亡した。ソングライターとしてはガース・ブルックス、ジョージ・ジョ
ーンズ、デル・マッカーリー・バンド、アリソン・クラウス、リンダ・ロンシ
ュタットなどなど30人以上に曲を提供した。中でもアラン・ジャクソンへ
の作曲提供がもっとも多かった。1980年代、ぼちぼち若手の実力者
がジェネレーションギャップを越えて私たちの前に登場したはしりのア
ルバムであろう。Carolina in the Pines / Across the Blue Ridge
Mountains / Loving Another Man / Things Have Changed 他全10
曲収容のアルバム。ミュージシャンはマイク・リリー、スコット・アダムス、
スティーブ・ブライアント他。尚、本CDはトシローくん所蔵品をお借りし
ました。スペシャルサンクスです。






小平ギャザリング「国立はっぽん発表会」は大成功だった!リルコミだあ

春爛漫快晴の一日だった小平からこんばんは。

プロミュージシャンでマンドリンプレイヤーの宮崎勝之さんが、
肝細胞癌による肝不全で本日(28日)逝去されました。今月
14日に検査結果を得て19日入院。駆け抜けるようにあっと
いう間の闘病だった。宮崎生前のご厚情に感謝しますと奥様
千秋ちゃんのきちんと整ったメッセージが痛々しかった。心か
らご冥福をお祈り申し上げます。

先週25日は国立はっぽんで「小平ギャザリング」だった。本
格的ライブハウスでは初めての「発表会」だったが、個人参加
が6名、バンドが4つという中身で満員の大盛況だった。トップ
の切り込み大将は清水さんでYou All Come とAre You Wash
ed In The Blood を披露して拍手喝采を浴びて大役を果たした。
二番目は内田茂博&桂子のご夫婦がOld Joe Clark と Red
Wing をバンジョー&フィドルで挑戦。Old Joe Clark では桂子さ
んが熱傷して開場を盛り上げた。このお二人、かつては「デイジ
ーヒル」の追っかけさんだった。三番目はフィドラー橋爪悦子さ
ん。いたって物静かな雰囲気なお方だったので「アピールでき
るかな」とフィドルリードのキックオフを心配したが、Liberty と
Faded Love を堂々と弾き切って大拍手をもらった。やっぱりオ
ンステージは度胸を決めてマイペースでやらないとダメという見
本だった。4番目はご存知!いろいろな中央線沿線ライブハウ
スの人気者「陶山直義」の登場。フィドルを弾きながらトレイン
ソング、Night Train To Memphis と Wabash Cannonball を熱唱、
拍手喝采を受けた。やっぱり彼はエンターテイメントだった。ネク
ストでも欠くことが出来ない中央線スーパースターである。五番
目の登場はやはりフィドラー&シンガーの吉田類氏。偶然にお
客さまの中に吉田氏の母校「成城大ОB」がチラホラ。Kentucky
Waltz と Your Love Is Like A Flower を貫禄の熱唱。声質がソ
フトな響きなのでKentucky Waltz の雰囲気にピッタリでバックを
務めていていい感じだった。六番目はバンジョーを抱えた主婦、
丸山加代子さん。Bluegrass Part 1 と Scruggs メドレーを華麗に
決めて実力の大受けだった。落ち着き払ってきっちり弾きこなす
女性は東京では彼女以外だとミナキちゃんしかいない。今後も
成長するだろう。休憩をはさんでバンドのトップはM.K.T.BANDに
ホストの入来ベースマンを加えたスペシャルで初登場。バンド名
のМはバンジョーの松田さん、Kがマンドリンの川添さん、Tがギ
ター&リードボーカルの武田さんの頭文字を取ったという急造だ
った。しかし、武田さんのまとめ方が意外とよく、急造だとは思え
ない出来だった。バンドの二番目はピーターパン。こちらは前出
のMKTよりは少し早いバンド結成でそのぶんだけまとまり感があ
って、どうなるのかという私の心配は杞憂に終わった。モリモト(
マンドリン)、ウチクラ(バンジョー)、カワモト(ギター&リードボー
カル)、バンジョーサブちゃん(エレキベース)、そしてドブロでメン
バー入りしたウチダの5人。ネクストはマイクロホンの立ち位置を
工夫してもっとバンドアピールをして欲しい。バンド最後はB.G.M。
小平ギャザリング中心メンバーのチャーリー&ナオミちゃんの登場
である。オリジナル曲で大人気の「健康診断」を混ぜて4曲をスピ
ード感たっぷりにご披露。納得の大拍手だった。彼らはこの日を
楽しんだ後、翌朝は一路軽井沢フェスへ走るという強行スケジュ
ールだったが、「月曜日はバックインタウンのブルーグラスナイト」
だよと妻に聞いて、「え、」と絶句。強烈スケジュールは6月の小平
オールドタイムコンサートまで続いているとのこと。体調を維持して
是非とも頑張って!と声援したい気分。発表会最後は私たちホス
トバンドの演奏だった。気軽にホストを引き受けたが体が持たず、
私などは普段の怠けが響いてしまってフラフラ。マンドリンとテナー
の中大ОB橋本さん、有名なスクラッグス弾きバンジョーマン広川
さん、そしてオージンバンドから入来ベースマンのがんばりに拍手
の気持ちだった。そしてはっぽんにも大感謝。皆さんありがとう!

明日は「はっぽんギャザリング」!リルコミだあ

連日の晴天で暖かく春を感じている小平からこんばんは。今日の
現場は小金井の関野町。五日市街道と小金井公園に挟まれたと
ころの新築2F建て。ごく普通の住宅だがやたらと窓が多いのはた
ぶん施主の希望だろうと想定する。ここで午前中まで作業して帰
宅。本日午後からは久しぶりのギャザリング。先月は仕事が忙しく
ギャザリングをパスしていたのだからまるまる一ヶ月ぶり。そして
明日は「はっぽんギャザリング」。ちょうど1日前だから本番前の絶
好の練習デーとなった。まずは一人で参加のメンバーには私たち
ホストバンドがサポートする。記念すべきはっぽんギャザリングの
トップバッターは清水フィドラーだった。You All Come とセイクレッド
ナンバーAre You Washed In The Blood の2曲をイントロを弾き、
上等なボーカルで歌った。「母が106歳でいま不安定」なので先に
失礼しますと少し早目に切り上げた。バンジョーマン内田はOld Joe
Clark と Red Wing をご披露した。明日は今日不在だった奥さんと
フィドル&バンジョーを聞かせてくれるのだ。フィドラー吉田 類はキ
ーオブCでkentucky Waltz と十八番のYou Love is Like A Flower
を弾いて歌った。バンジョーマン丸山加代子はインストをプレイした。
Bluegrass Part 1 と スクラッグスメドレーで♪アールズBD~フリン
トヒル~フォギマン~ビューグルコールラグ~リトルダーリンパルオ
ブマイン~フォギーマウンテンチャイムをつなげて見事に弾いた。
彼女は男顔負けの存在感たっぷりなトーンが持ち味でスクラッグス
メドレーだったから迫力十分だった。末恐ろしい!そしてチャーリー
&ナオミちゃんのBGM はお得意の替え歌(オリジナル)をきれいに
唄って拍手が起きた。バンドもあった。「ピーターパン」と名乗ったが
実はギャザリング常連たちでメンバー構成されていた。川本(V、G)、
内倉(Bj)、森本(M)、内田(Do)、尾島(Bs)の強力メンバーだが、
異色はベースの尾島サブちゃん。ウクレレベースというエレキベース
を購入して本日初披露。今回はバンジョーをウクレレエレキベースに
替えてバンドに加入。しかし、アイワンダーなど上々の仕上がりだっ
た。ピーターパンは「はっぽんギャザリング」のメインになるような予
感。もう一つM.K.T.BANDもギャザリング常連による急ごしらえのバン
ドだったが、こちらはKが不在だったにも関わらずタイトなレパートリ
ーをこなして拍手をもらっていた。明日はマンドリン&テナーボーカ
ルのKが加わるのできっとまとまったサウンドが楽しめるだろう。とい
うわけで明日はライブハウスで大変に自由な演奏&歌をやりますの
でおヒマなお方は身に来てください。

毎度Bccにて失礼致します。

いよいよ春本番、皆さん如何お過ごしでしょうか?

さて、久しぶりのレギュラー・メンバー5人によるThe Marmalade Sky
LIVE!!が近づいてまいりました。
結ちゃんファンの皆さん、大変長らくお待たせ致しました。
10月30日以来、なんと半年ぶりの高橋結子参加!
ということになります。
メンバーもこの日を心待ちにしていました。

皆さんお誘い合わせの上、是非ご来場下さい。

5月1日(木)
曙橋 Back In Town
http://homepage3.nifty.com/backintown/

18:00 / OPEN
19:30 / START
Charge / 3,240YEN + Order(Drink & Food)

奥沢明雄 / Vo & Gt

坂下秀実 / Key & Cho

武藤祐生 / Violin

渡辺茂 / Bs & Cho

高橋結子 / Dr & Cho

宜しくお願い致します。

奥沢明雄

The Marmalede Sky Office
Akio Okusawa

Tel & Fax * 042-403-1648
Mobile * 090-6040-4773
E-Mail * a-okusawa@jcom.home.ne.jp

Official Website * http://marmaladesky.s2.
weblife.me/akio_okusawa/index.html

Band Website * http://marmaladesky.s2.
bindsite.jp/index.html

韓国マスコミの勇気ある報道に感銘した!リルコミだあ

きょうは晴れて少し暖かい日中だったが夕方は寒くなって来たので
ファンヒーターは今晩も必要だろうね。こんばんは。韓国珍島沖の大
型フェリー沈没事故の新聞報道に注目している。中央日報は21日
の社説で「韓国は三流国家なのか」と書き、私も知っている東亜日
報は同日、「四月十六日は国辱の日だ」と大きく政府非難を報道した。
この鋭いマスコミ報道で朴大統領は苦境に陥ったという。韓国は6月
に統一地方選が控えているが、フェリー事故救出のドタバタ無策ぶり
が響いて朴大統領の与党セヌリ党が一気に大苦戦の様相だという。
韓国マスコミ報道がこの情勢に決定打となりそうな雰囲気だそうな。
返して日本のマスコミはどうか。読売、朝日、毎日など大手新聞社は
政府と行政の批判記事はほとんど見たことがない。日テレやテレ朝、
TBS、フジテレビなどは全部新聞社のヒモつきである。三年前の原
発事故が起きても原発の批判記事&報道などはほとんどして来なか
った。韓国はこのフェリー事故の報道で現政権が苦境に墜ちても勇
気をもって記事を書き報道した。このようなマスコミの態度は日本人
の私にも真のマスコミの姿勢だと感銘をもらった。二言目には「経済」
を連呼してわずか三年前の大惨事(原発事故)を忘れてしまう阿部
首相やマスコミの連中と同じ空気を吸っていることが恥ずかしい。

韓国フェリー事故中継を見て原発再稼動を考えた!リルコミだあ

今朝は雨。出足が止まってあちこちへ電話をして結局お休みになる。
先週末土曜日は近くの「地域センター」でホストバンドの練習をする。
私(G、Vo)、入来(B)、広川(Bj、Vo)、橋本(M、Vo)の4名は普段
のギャザリングの選抜だったが、バンドでは初練習だった。入来は「
オー!ジン・バンド」からの借り入れだったので橋本とは初顔合わせ。
私がお互いを紹介する一幕もあったが練習の滑り出し曲は「Thinking
About You」だったが順調に入れた。フラット&スクラッグスのレパート
リーからおよそ8曲ほどの練習だったが初練習にしては上々の出来だ
と休憩のときに感じた。スクラッグスチューンを色々試して結果、バンジ
ョーマン広川の一言で「カンバーランドギャップ」に決定。それにしても
久しぶりにバンジョーマン広川のスクラッグスナンバーを聞いたが、す
べて完璧。歌いながらバンジョーの美しい絡みを聞いてしまいタイミン
グが遅れたときもあったほど。あきれて思わず笑ってしまった。本番、
25日のトリに出て恥ずかしくないようにきちんと出来るかどうかは自
信はないが、一生懸命にやれる土台は作れたと思っている。

韓国・珍島沖のフェリー沈没事故から本日で六日目で死者64人、行
方不明者238人とテレビは伝えていた。島国日本で育った私には船
長以下乗組員19人だったか、は全員救助されているという。日本の
常識とは違って何とも不思議なところである。お客さんよりも「自分が
助かりたい」欲求を優先させたのだろうか。船長などは「お尻が痛いの
で助けてもらった」と事情聴取に答えているらしい。誰でも助かりたい
と思うことは否定は出来ないが、高校生の団体、お客さんの若い命を
犠牲にしてまで自分たちが生き延びるという考えは許されないだろう。
積荷の積載オーバーとか定員オーバー、そして操舵士の急転回など
海洋国日本からは信じられない運航がたくさん出てきた。果たしてこ
の事故を検証して今後の万一に備えられるのか。それにしても遅々と
して進まない救出を日本のテレビも中継して煽っていた。これが三年
前の日本にダブらせると福島第一原発事故を筆頭にした東関東大震
災はいまだに何も復興していない。少なくとも原発の再稼動は地球的
な違反だと考えている。

いま映画「チャイナ・シンドローム」を見て欲しい!リルコミだあ

せっかくの休日だったが朝から雨。そして気温も低くかなり寒い
ので外出はやめてたまっていたメールとハガキの返事を書く。
書いたハガキを団地の端っこにある郵便ポストに投函しながら
久米川駅周辺で昼食を食べようと思い自転車を出しに行くと、
細かいが強い雨だったので計画を中止。ハガキだけ出してポス
トの向かい側のダイエーでラーメンでも食おうかと考えたが不
味そうなのでやっぱりやめにした。というわけで本日妻は日本
橋のデパートへ出かけて留守。何でも浅田真央展があると言っ
ていたが詳細は不明である。老人ホームにいる弟のところにお
見舞いに行く約束が延び延びになっているので手紙好きの弟
にも「忙しくてお見舞いは先になる」といろいろな話をちりばめて
手紙を書いたがこれがいちばん時間がかかった。弟は飼い猫
60数匹となってエサ代捻出のため不健康となり結果、糖尿から
腎臓の悪化を招いてその上独身で一人住まい、ケースワーカー
氏が特別に老人ホームへ強制入居させた。お見舞いは一泊に
なるのでこれからヒマを見つけてゆっくり行きたいと考えている。
福島第一原発事故をなぞったような1979年の映画「チャイナ・
シンドローム」の動画がいま友人知人の間で評判を呼んでいる。
映画は1979年に公開されたアメリカ映画であるがアマゾンでは
1000円未満で購入できる。「もし、原子力発電所に事故が起り、
原子力の核が露出してしまったら、数分以内に、熱による核溶解
が始まる。そして溶解物はコンクリートを溶かし、地中へめり込ん
で行く。その力は理論的にいうならアメリカの反対側に位置する
チャイナ(中国)にまで達するといわれている。さらに地中で冷や
されたウランと死の灰は2万5千年もの間、四方に強い放射能を
まき散らし続ける。実際には、溶解物は地下の水脈に接触すると
地底で大爆発を起こす」この文章は公開に備えて試写会を見た
作家池波正太郎のエッセイ「日曜日の万年筆」の中の文章の一
部であるが、福島原発では事故が起きてしかも原発4発の事故
である。原子炉の核がいまどのような状態にあるのか企業は発
表せず、政治家は再稼動を準備している。この映画はこれらをす
べて表現しているから臨場感が甚だしい。おすすめの映画である。

140418.jpg





大ジョッキ生ビール7杯で無料に挑戦した青年時代!リルコミだあ

連日の暖かいポカポカ陽気の小平からこんばんは。今日の現場は
三鷹市深大寺。広大な土地にアパート&貸家などを持つオーナー
はまるでお百姓さんでとても大金持ちとは思えない雰囲気で私にあ
れこれ指示を出すが主役は奥さん。立て板に水のように次々に指
示を出して、「ハイ、これ10時と午後3時のお茶」といって私たちに
コーヒーやバナナ、みかんなどが入った袋を手渡してさっさとご自宅
に戻った。昼食休憩を飛ばして作業を進めて午後1時に現場が終了。
ここの現場でスケジュールは一段落。明日とホストバンド練習日の
土曜日はお休み。久しぶりの連休ではあるが急な用事が飛び込ん
で来ないことを祈って今宵はダルビッシュ録画を見て一杯飲んじゃお
う。私は昔からビール党で若いころは「ビアガーデン」とか「ビアホー
ル」が大好きだった。いまではないと思うが「生ビール7杯飲むとタダ」
といったレストランが東京にはかなりあった。5杯でもタダというので
夕方、友人と待ち合わせて大手町の地下レストランに行ったことがあ
ったが、5杯はうそで7杯だとここのレストランはいうのでそれならと
飲み始めて7杯に挑戦したことがあった。結果は5杯で白旗だった。
時間制限はなかったが大ジョッキで7杯は私には無理だった。しかし
ビール飲みにとってこういうイベントは大歓迎でその後も何回か挑戦
したことがあった。1970年代は浅草に住んでいた。ジューンアップル
というブルーグラス専門誌の編集部と共に同居をしていたが、浅草の
千足町に叔母が料理屋兼スチーム風呂というへんちくりんな施設を
経営していたので食べられなくなったときなどは叔母の家によく通っ
た。ただ、背中に模様の入った人種も多く来ていたので私はぎりぎり
まで我慢して、どうにもならなくなったときだけカツ丼や天ぷらを食い
に行った。「お前の叔母さんもやばいのか」などと中傷されるのが嫌
だったので、もちろん音楽の友には誰にも極秘にした。浅草には千
束通りという商店街がある。その中間に名前は忘れたがビアガーデ
ンがあった。ここのジャズ好きの娘と知り合いだったのである日、「
出演してよ」と言われて演奏した。休憩のときに飲んだサッポロ生が
最高に旨くて痺れたことを思い出した。もうすぐ生ビールの季節到来
である。浅草に行きたいなあ。

今週末はホストバンド練習だ!リルコミだあ

きょうは春真っ盛りのポカポカ陽気に立ち木の若葉もどんどん増えて
五日市街道の両サイドはまさにグリーンロード。ときどきピンクのつつ
じや木蓮が混じっていまがドライブ日和。今週末は奥多摩などへ如何。
こんばんは。今週末は「4/25はっぽん」のホストバンドの練習日。あ
らかじめエントリー曲を集めてあるのである程度は楽だが、どんな展
開になるのかはまだ分からない。私たちの手助けによって参加したメ
ンバーが思い出を作れたらベスト、ホストバンド冥利というわけだ。し
かし、ホストバンドのメンバーも体力無尽蔵の青年ではない。気持ち
だけは青年、実際は還暦過ぎのメンバーである。ブルーグラス経験は
誰にも負けてはいないが何しろ数十曲をホストする体力に不安が残る
ので、いちどシュミレーションしてみようと考えた。加えてホストバンド
だけの演奏もある。一応模範演奏ということになってしまうが果たして
模範になるような演奏が出来るのか。本番前の大事な練習なのだ。
4/25が終わるとすぐに春千葉フェスが5/4,5とあり、24,25は「相
模湖ピッキン・パーティ」が控え、月末31日は翌日の前乗りで長野県
茅野市のホープロッジに「オージンバンドの変形」で出演する。バンジ
ョーがギッチョからニシガイに変わって6/1日に出演する。戻ると6/5
日(木)は小平オールドタイムコンサートが待っている。今回は午後か
ら夜にかけての新しいパターンである。売れっ子アイドルのようなスケ
ジュールだから体調をがっちり維持しないと乗り切れんわですね。

プロ野球の飛ぶボールと飛びすぎるボールいずれも統一球!リルコミだあ

連日の現場仕事本日は近い学園東町のマンションの1室。2DKの
つくりだが実際は1LDKが精一杯という水増しつくりだったがトイレ、
お風呂、洗面所が狭い場所にまとめられているから使いにくいこと
おびただしい。万一、トイレ中に地震が来たらまずトイレのドアを開
けて次に洗面所のドアを開ける。まだ揺れていたら次に玄関ドアを
開けてようやく外に出る。東北大地震級の地震が来たらこの調子
だとまず逃げられない。ドアどうしがぶつかり合ってまともには出ら
れないだろう。雪隠詰めで第一巻の終わりになる可能性が大だろ
うね。マンションの外見や玄関に入って見渡す体裁は悪くないから、
よく見て入居を決めなくちゃいけない見本のようだった。こんばんは。
去年に引き続き日本プロ野球は「飛ぶボール」の統一球で大揺れ
である。今年は去年の飛ぶボールがベースになっているらしいから
「飛びすぎるボール」と呼ばれている。夕方のテレビでは製造元の
ミズノの社長以下が長テーブルに横に並び説明し頭を下げていた。
去年の場合を考えると確か、飛ぶボールを内緒にした(選手に伝え
ていなかった)プロ野球コミッショナーがコミッショナーの座を追われ
た。そんな実績があったのに今期は去年以上に「飛びすぎる」統一
球となって、外人の助っ人ホームラン打者はボカスカ打っていると
いう。ミズノ社長以下の記者会見では統一球の中身の水分が不足
して乾燥していたという。細かい0.以下の数字を出して説明するが
よく分からない。すぐに作り直せばいいのにまったく歯切れが悪くて、
熊崎プロ野球コミッショナーは「当面は飛びすぎるボール」を継続使
用することを決定し、12球団も了承したと発表。飛ぶボールで去年
のコミッショナーが「飛んだ」のに飛びすぎるボールはよいというこ
とか。それはないよね。私の場合は松坂がレッドソックスに移ってか
らはずっとMLB三昧である。メジャーの場合はコミッショナーの権限
は公平で強大だから飛ぶボールや飛びすぎるボールなど恥の上塗
りのようなバカバカしいことは一切無い。日本にだけこのような摩訶
不思議な事実がまかり通る。スポーツライターの小中翔太さんによ
ると今年の助っ人外人はペーニャ(オリックス)が72発ペースで、去
年王選手の記録を抜いたバレンティンも66発ペース。タイガースの
安打製造マシンのマートンでさえ57発のペースでいま打ちまくって
いる。しかし、2009年の長打率は今年を上回っていたというから何
だろうね、プロ野球はほとんど病気でしょう。

久しぶりに我が息子とブルーグラスを語り合った!リルコミだあ

なかなか朝夕の冷たさから抜けられないでいる小平地方だがこれに
よって灯油を購入するかどうか判断するのが難しい。寒いのは耐えら
れないからいまある灯油で乗り切れるのだろうかと。ちなみに今もフ
ァンヒーターはオン中。こんばんは。先週末は久しぶりにゆっくり休ま
せてもらったが今朝フェイスブックを見たらウエファがバックインタウン
に週末出演したとあったのを発見!冷や汗タラリ。行かなかったのだ。
こんなにゆっくりしていていいのかなあなんているままに時間が流れ
て夜はメジャーリーグのダルビッシュの録画を見てビールで晩酌。今
年のダルビッシュは凄みが増してまだ1点も取られていない。まだ2
試合すぎただけで何ともいえないが田中のマー君の存在が大きいの
だろうと勝手に考えている。ウエファのみなさんにはボケて応援に行
けなかったと言わなくては。日曜日は久しぶりに午前中ギターを弾い
てユーチューブで遊んでいるサッカー小僧とブルーグラス談議。といっ
てもリッキー・スキャッグス&ケンタッキー・サンダーのCDをかけてど
こが魅力的かなどと話し合った。するとサッカー小僧、「リッキーの存
在感は凄いしマンドリンプレイも神がかりだ」と。リッキー・スキャッグス
&ブルース・ホーンズビーのライブ盤をかけて話し合ったが、経験が
浅いわりにはリッキーの存在感を聞き取るとはなかなかのリスナーぶ
りである。しかし、息子のお目当てはギタープレイヤーの「CODY KIL
BY」である。「この人はブルーグラスからクラシックに行って、またブル
ーグラスに戻ってきた」ので弾き方はブライアン・サットンとは少し違う。
ブライアンを追いかけているとCODY は難しくて弾けない。それでも素
晴らしいギタリストだよと教えてもらった。そのあとユーチューブで若い
ブライアン・サットンを見ると曲は同じローハイドだったが、無茶苦茶に
速いのに軽々とついて行ってサラリと弾いてしまうところに年代の違い
を感じたサンデーだった。では息子はブライアンを弾けているのかとい
うことになるが親のひいき目でもまだまだ先が長いようではある。

★バンジョーひとり旅の北村謙ちゃんからライブ情報が届きました。
以下はメールの公開です。

お元気ですか?桜も盛りを過ぎたようです。
ちょっと寂しいような気もしますが、もうすぐ半袖の季節!
僕はこれからの季節が大好きです。(誰もがそうか?)
春のライブは、ソロありジョイントあり、ユニットありと大忙しです。
是非お近くのライブハウスへ足を運んでください。
元気になること請け合いです。
                     北村 謙

##################################################

2014年4月18日(金) string has come
 OLD TIME和歌山市北新5丁目70ひめビル1F
 北村 謙・つむぎ人HIDE・BOBBY
 open 19:00  start 20:00
 ¥2000
 問073-428-1950

#################################################

2014年4月19日(土)北村 謙 Banjo ひとり旅
 八尾 ナッシュビル八尾市山本町南1丁目6-4  
 開場20:00   開演 20:30  
 前売 / ¥2500(1drink付き) 当日 / ¥3000(1drink付き)
 定員20人お早めに!
 問072-924-1960ナッシュビル

##################################################

2014年4月22日(火)北村 謙 Happy Earthday Concert
 4月22日は「アースディ(地球の日)」この日に誕生日を迎える
 北村 謙が、
 うずらギャラリーで「ハッピーアースディ」のライブを行います。
 京都に生まれ1970年代からフォークソングを中心に活躍してきた
 軌跡をたどります。
 今年のゲストは70年代から続く、ブリーカーストリート
 クァルテットです。
 男性コーラスの魅力をたっぷりと聞いて頂きましょう。
  開演19:00
 前売 / ¥2500  当日 / ¥3000
 お申し込みはOFFICEKENまで

#################################################

2012年4月24日(木)「木曜夜会」北村 謙 Banjo ひとり旅
 珈琲ふう愛知県犬山市東古券558(魚屋町)
 開場19:00   開演20:00   
 2,000円
 0568-61-6515 ふう
 メール

##################################################

森 巧美 Bass 北村 謙 Banjo/Vocal 藤井茂樹 Drums
のユニット極楽 gokuraku 三昧が
京都で初めてのライブ!
ユニークでペーソスに溢れる激しいアレンジ
一度触れてみたい禁断の果実?

2014年5月2日(金)極楽 gokuraku 三昧
 都雅都雅 京都市下京区寺町通四条下ル 火除天満宮B1F
 OPEN 18:30 START 19:30
 前売 / ¥2500 当日 / ¥3000
 075-744-1497 都雅都雅

###################################################
このメールの返信でもご予約いただけます。 OFFICEKEN

原発ゼロを無視国民をも無視原発は重要だと閣議決定!リルコミだあ

連日の昼間ポカポカ陽気が続いている東京は小平地方だが本日五日
市街道から小金井街道を右折して小金井公園の横を通ったら突然「花
見がしたくなった」のだ。まだ桜も残り火のように少しだけ付いているか
ら、その下で酒宴とブルーグラスごっこで盛り上げればシアワセだなー
と考えた。しかし考えただけで次の現場に着くと現実に戻り監督の指示
の通り作業を進める。束の間の夢だったが小金井街道の右横の公園を
ながめると妙に花見夢を見てしまうのだった。小金井ゴルフ場でプレイ
している人々も見えたが気持ちよさそうだったなあ。こんばんは。

夕刊を見ると現自民公明党政権が「原発ゼロ」を放棄したとトップで報
道していた。せっかく民主党政権が国民的議論を経て「原発ゼロ」をま
とめたのにそこには触れず、原発は重要なエネルギーとして本日の閣
議で決めたという。安部首相以下政権側は国民無視をしてやりたい放
題、選挙で自民党と公明党に投票した結果の暴挙が始まったのである。
重要なエネルギーって何?だったら「国会議事堂の地下で作ればいい」
し政治家を操って国を悪くする霞ヶ関官僚村を福島飯館村に移転させ
るといい。今月から公務員の給料がまた上がったらしい。ちゃんと消費
税の手当てをしているじゃないか。これも国民無視だろう。今朝、沖縄
尖閣諸島に飛来した飛行物体を追跡発進した自衛隊機の回数が800
回を越えたとNHKがテレビニュースで報道していた。NHK会長は安部
首相の肝いり人事である。「中国の野郎!」という国民感情をあおって
いるのか、このクソったれと思った。そもそもこのつばぜり合いは日本
が国有化にしたことから点火された領地問題だろう。1000回になった
ら戦争でもするのかとテレビを見て思った。それよりも万一戦争になっ
たら、必ず国会議員が戦地に行き前線に立つという法律を作れば安部
のような戦争好きもいなくなることだろう。原発は重要なエネルギーだ
というなら国民の命はどうなんだ。バカは手がつけられないとはよくいっ
たもので今の国会議事堂にはウヨウヨいる。同じ日本人として恥かしい。

アール・スクラッグス・センター訪問中の村片氏!リルコミだあ

本日も昼間ポカポカ夜朝は冷えるというまさに春の陽気である。
しかし、朝と夜も冷えるが夕方6時ころが暖かくないのでファンヒ
ーターをつけている。春ならドカンとくればいいのにと思うのだが
そうは問屋が卸さないのが天気の不思議さなのだ。こんばんは。

140410_DSC00582.jpg

先日6日は「第2回小平アールの日」だったが、神アールが乗り
移って細かくアールの真髄フレーズの数々を弾いてくれた村片
氏がお客さん全員に配ってくれたのがこのステッカーである。
縦横10/15センチの何かに貼り付けるにはピッタリなサイズだ。
熟考して楽器か鞄に貼ろう。それにしても村片氏はこの日の後、
名古屋にとって帰って翌朝アメリカに旅立った。お仕事?ノーで
ある。フェイスブックを見ている方はご存知と思うが村片氏は今
イン・ノースキャロライナのシェルビー「アール・スクラッグス・セン
ター」を訪問中なのだ。同行したのはアール・スクラッグスの信
者、何はなくてもアール命のオールバンジョーマン5,6人。今日
は晴れてアール・スクラッグス・センターや生家を訪問したようだ。
ビル・モンローのお墓へ参る人然り、うらやましい限りである。小
平で演奏してくれた「レコキン」さんはアールのトレードマークの
赤ジャケを着ているではないか。と思ったら村片氏と久しぶり関
大ブルーグラスのドン小寺氏も同様に着用、目がへの字になっ
てまことにうれしそう。もちろん楽器持参だという。パーティなどで
弾くのだろうか。いずれにしても「おみやげ話」を聞かねばならな
いだろう。ということは「第3回小平アールの日」もあり得るのか
も知れない。ステッカーをありがとう!

小保方さんの記者会見を見たぞ!リルコミだあ

朝夕は冷えてファンヒーターを離せず日中はポカポカとまさに春
爛漫という変わり目を体感した本日の天気。こんばんは。私の好
きな市役所のケヤキがちっちゃな若い葉が満開の花のように枝
いっぱいに広がっていた。きょうの現場は世田谷。井の頭通りを
選択して環七へ出る計算が途中で不吉な看板に遭遇。「浜田山
でバイク事故」渋滞中とあったがすでに吉祥寺駅のガードをくぐっ
ていたので他の道路に変えることは面倒くさくて無理。そのまま
15分ほどで件の事故に遭遇するが交通整理がよくスイスイと通
過。「超ラッキー!」と大喜び。現場には午前9時前に着。そのま
ま昼食休憩なしで午後1時で作業終了。コンビニおにぎりをほお
ばりながら同じ道を通って帰宅。テレビをつけて小保方さんの「記
者会見」を見る。テレビマスコミにとってのどから手が出るくらいの
対象である。いろいろ専門用語が飛び交う不思議な記者会見だ
ったが、妻は「痩せている」と一言。大の大人が寄ってたかってス
タップ細胞は捏造であると決めつけた。ノーベル賞に輝いた何とか
というおじいちゃん科学者もその一員として目を光らせていた。理
化学研究所にいた小保方さんをその上司とお仲間が「捏造だ!」
と言及して攻撃したのである。小保方さんは「捏造はしていません
」と記者会見でも言ったが病気のためか声が震えて小さかった。
あらためて「このようにかわゆい女子だったのか」と画面を見て実
感。こんなかわいい娘をポイする利権、いや理化学研究所の実態
は何だ?ノーベル賞をもらっても人として生きるための支えあいを
忘れている。まずいことが起きたらトカゲの尻尾を切って気持ちい
いのかおめーらと思った。スタップ細胞が出来たら若返りが出来る
らしいがそんな楽しいことはもっと時間をかけてやればいいと考え
たのだった。

RICKY SKAGGS & BRUCE HORNSBY 「CLUCK OL' HEN」!リルコミだあ

花が散っている中を車で通り抜けるときはまさに快感なり。本日の
現場は都立田無高校のそばだったが入学式の真っ最中で礼服に
身をかためた母たちの多いこと。子どもたちよりも多いのかなと思
ったがさすがにそれは理屈に合わない。たまに生徒の父もいた。
こんばんは。6日の「小平アールの日」にサブさんがついでに持っ
て来てくれたCDの中から「RICKY SKAGGS & BRUCE HORNSBY」
のCLUCK OL'HENを買って、ようやく聞いた。まず、ライブ録音だと
いうことを初めて知って、そのクオリティの高さにびっくり仰天。お客
様の歓声や拍手がなかったらスタジオ録音と遜色のないサウンド
で、去年10月に目の前で聞いたサンフランシスコのハードリー・ス
トリクトリー・ブルーグラスに於ける音響技師たちのスゴ技を思い出
した。特にすごいのは一流ミュージシャン専属の音響技師である。
ボニー・レイトやボズ・スキャッグス、エミルー・ハリスなどは専属PA
マンを帯同していて、例えばボニーの出番前にオペレーション席に
座って静かにボリュームなどを確認してアーチストの登場を待つ。
ともかくリッキーも超一流ミュージシャンである。きっと素晴らしい音
響技師が雇われていてこのライブアルバムを録音したのだろうか、
リッキーのマンドリンの音がまるで生きて呼吸しているように生々
しく聞こえて身も心も圧倒された。ブルーグラスファンはボーカル&
コーラスの他に楽器のフレーズから音質まで細かく聞いて楽しむと
いう特色を持っている。このことについては東西関係なく、デビッド・
グリスマンもお仲間だった。いわゆる「この音はロイドロアー」で○
×△だと譲らずビル・モンローの曲を聞いて楽器を当てっこするの
だ。これぞブルーグラスファンなのだ。さて、アルバムはブルース・
ホーンズビーのピアノとリードボーカルもふんだんにフィーチュアさ
れて、しかもケンタッキーサンダーが全面バックアップしているから
1枚で二倍も楽しめるアルバムとなっている。

140408bm.jpg

HOW MOUNTAIN GIRLS CAN LOVE / TOY HEART / BLUEGR
ASS BREAKDOWN / DARLING COREY / THE WAI IT IS / THE
DREADED SPOON / GULF OF MEXICO FISHING BOAT BLUES
/ SALLY JO / LITTLE MAGGIE / WHITE WHEELED LIMOUSINE
/ CLUCK OL' HEN

RICKY SKAGGS - MANDOLIN / VOCALS
BLUCE HORNSBY - PIANO / VOCALS
MARK FAIN - BASS
CODY KILBY - GUITAR
JIM MILLS - BANJO
BEN HELSON - GUITAR / VOCALS
ANDY LEFTWICH - FIDDLE
PAUL BREWSTER - GUITAR / VOCALS
DARRIN VINCENT - GUITAR

第二回小平アールの日大盛況で終了!リルコミだあ

今朝は二日酔いが残った目覚めだったが渋茶を飲んで正気に戻し、
五日市街道~環七を通って羽根木の現場へ入った。所要時間は1.
5時間だった。天気は良好だったが風が強く春のポカポカ陽気には
ならなかった。午後2時30分作業完了。こんばんは。昨日は小平ア
ールの日2回目。主役を担っていただいたのは「アールの日」という
企画そのものを立ち上げて去年から大阪・名古屋・関東をツアーし
ている渡辺三郎氏と村片和彦氏の名コンビ。今回は去年の実績を
元に中身を磨きあげてさらに情熱を燃やしてアール・スクラッグスを
分析、非常に中身の濃いトーク&バンジョーのショーご披露してくれ
た。まずは去年同様お客様は60人を越えて恐るべしバンジョー否、
アール・スクラッグス人気!プラス渡辺三郎氏と村片和彦氏の高い
人気に驚く。スタートは急遽、私のトーク場面を三郎氏に譲って本場
アメリカブルーグラス最新事情をトークしていただいた。IBMA理事と
いう肩書きを持つブルーグラスの第一人者の主にパンチブラザース
やクラシックに超接近するクリス・シーリなどの解説を曲をかけて紹介。
難解な部分もあったが新鮮なトークにお客さんは大満足の様子。休
憩をはさんでバンジョージャム大会。リーダーはギターを持った三郎
氏。「ジャムなんて見せるものじゃないけど」と言いながら進行してジ
ャムの最後はご存知、扇輝幸氏考案の「バンジョー数珠つなぎ」を
去年同様チャーリー&ナオミちゃんリードでご披露。これは絵になって
素晴らしくまとまった。扇さんの発明に大感謝。そして「第2回小平ア
ールの日」の最終出し物は三郎氏と村片氏による神様アールの分析
コーナー。三郎氏がギターを弾き村片氏がアールのフレーズを再現、
これがまた絶妙だった。「ここの部分が何ともビューティフル」と三郎
氏がいえば間髪を入れず村片氏が弾く。現場にいなければ判らない
アール研究者両氏による素敵な空間を味わって感動。午後4時30分
終了。正味三時間の大ブルーグラスバンジョー大会だった。とても貴
重な春の午後を提供していただいたお二人には大感謝。私たちの大
先輩バンド「ウェイーフェアリング・ストレンジャース」から武田さんと萩
生田さんが駆けつけてくださり主催者冥利となったが、もちろん参加
者すべてに大感謝である。写真は林郁二。

140407_4644_R.jpg
スタートのご挨拶をする

140407_4701_R.jpg
急遽最新トークをお願いした

140407_2546_R.jpg
バンジョー数珠つなぎ

140407_2547_R.jpg
バンジョー数珠つなぎ(続)

140407_2551_R.jpg
バンジョー数珠つなぎ(終)

140407_2588_R.jpg
アールの分析始まり・・・

140407_2598_R.jpg
素晴らしい忘れられない表現力

140407_2477_R.jpg
村片氏着用のTシャツ 流石だ

140407_4842_R.jpg
終了して破顔のお二人「おつかれさま!」

140407_2439_R.jpg
オーディエンスの中ウエファの武田氏の顔も!

140407_4722_R.jpg
バンジョーマン萩生田氏

140407_4845_R.jpg
お客様!ありがとうございました



4月6日(日)午後1時から「小平アールの日」だ!リルコミだあ

今朝外に出るとまだ弱く雨が降っていた。昨日から夜中まで降り
朝まで残ったのだろうか。しかし、東久留米の現場に着いたころ
はすっかりやんで晴れ間も見えていた。きょうの現場は先月末に
追い込んだ「デザイナーハウス」と勝手に呼んでいる設計士が頭
と経験をフルに活用して出来た家である。もちろん、工務店があっ
て初めて完成をするのだが、これがやたらと細かくてやりにくいの
だ。先月末に一応終了したものの、「きっと再びやって」と注文が
来るだろうと予想していたらその通りになった。引き出しの取手か
ら水道の形状まであらゆるところにデザイナーの目があるって感
じで、ただ水拭きだけだがやりにくいことおびただしい。「顔が見た
いな」とは左官屋さんで、壁土に鉄と鉛が入った黒い土を仕上げ
ていた。壁面にペーパーが磁石で簡単に付く目的だそうだ。そう
か、冷蔵庫じゃなくて壁なのねと納得。「でも重いんだよ」左官屋
さんには不評のようである。午前11時に終了。急ぎ本日二つ目の
現場へ。ここが終わると明日と明後日は連休なのだ。4月6日(日)
は「小平アールの日」である。「前日は是非、休んで」と妻が切に
希望したのだった。午後3時終了。こちらも再クリーニングってやつ
でどうやらお客様が決定したらしい。遅い昼食をとって録ってあっ
たヤンキース対アストロズを見る。これまで二戦はヤンキースの連
敗で録画はパスしていた。理由は「イチローが先発から外れた」と
ニュースで聞いたので、「じゃいいか」と。しかし、二連敗してあとが
なくなったヤンキースはきっとメンバーチェンジをするだろうと読ん
だ。結果バッチリ!イチローは先発に名前を連ねていた。じっくり見
るのはこれからビール片手にである。さて、「アールの日」は明日か
ら関東本番です。

■神奈川・秦野
4月5日(土)午後3時半~(以下のプログラムは4時半から)
場所:渋野(しぶや)イタリアンカフェ&バー
  小田急線渋沢駅南口『スクエアビル2F』
  神奈川県秦野市曲松1-1-3、tel:0463-89-1070
>http://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140804/14051460/
会費:¥2,500- 食事付き 要予約
(問)三瓶(さんぺい):090-7632-5602
   mail: siroyagi-4682@nifty.com
■東京・小平
4月6日(日)午後1時~午後4時30分
場所:小平市中央公民館「視聴覚教室」
第一部 CDを活用した佐々木仁のブルーグラストーク
(午後1時20分~2時20分)。
第二部 「アールの日:サブ&ムラカタのバンジョージャム
&ワークショップ」(午後2時30分~4時30分)
入場料:カンパ1000円
(問)佐々木仁:090-3917-3672、
   mail: jin3@jcom.home.ne.jp

総合お問い合わせ: 渡辺三郎 0797-85-8384
    mail; fiddleandbanjo@nifty.com

フラット&スクラッグスを練習してみた!リルコミだあ

本日は朝から雨。そのため花はこれでおしまいだなはなかいことだ
感傷にひたっていると、犬が濡れながら来て樹にションベンひっかけ
て走り去った。これが現実なのだと再確認。こんばんは。午後帰宅
後に集金と打ち合わせを兼ねて近所の畳屋さんへ。畳屋さんの息子
がクロス貼り職人となったのを機会に「内装業」に業務を拡大したた
め、仕事仲間の私にも自動的に仕事が転がってくるのだ。集金は28
日が支払日だったが忙しくて来れず、仕事も「溜まっている」とのこと
でようやく伺った次第。打ち合わせの結果、来週と再来週で溜まった
現場をクリアすると約束。そのまま帰宅して今度は4/25日(金)の選
曲をする。これはハウスバンドのためのもので、可能なら本番まで練
習したいという希望があるためである。それでF&Sを聞き込んでいろ
いろ候補曲を選択。あらためてF&Sを聞いてみて特に、スクラッグス・
チューンに驚く。「FLINT HILL SPECIAL」、「EARL'S BREAKDOWN」の
違いは理解しているが、では「SHUCKIN' THE CORN」や「DEAR OLD
DIXIE」などが混じって来るとギター弾きでは勉強が必要になる。ハウ
スバンドだからどんな曲にも対応しないと赤っ恥となるではないか。「
きょう気がついてよかった!」とホッとしちゃった。練習しなくっちゃと反
省なのだ。というわけで本日はこれから「国立はっぽん」にアリちゃん
&坂本愛江ちゃんを見に行くのである。

本日は臨時の休日となる!リルコミだあ

きょうも晴れて満開の桜が見れて最高の気分になった小平から
こんばんは。4月になって初めての現場を迎えたが行ってみると
「16日にしてよ」とはアパートオーナー。大工さんに本日やってち
ょうだいと言われたのでといってもオーナーの気持ちは変わらず、
「お風呂取替えと壁塗りなどが終わってから」ともっともなことを言
うオーナー奥様に軍配があがり、私たちは16日に再び来ることを
約束して晴れて休日となった。大工さんには計算があって本日の
クリーニングを決めたのだろうがオーナーにはかなわない。「ごめ
ん」を連発して謝ったが私にとっては非常にうれしい休日。さっそく
妻を誘ってあきる野市(福生駅南側)にある「香(シャン)」へ名物
のタンメンを食べに行く。午前11時すぎに到着すると店主が「じゃ
あ、オープンしよう」とお店が開店してトップのお客さんになる。ここ
の店主はブルーグラスファンというよりも「ビル・モンロー」だけが
大好きで常にカセットからビル・モンローが流れているというお店。
先日、ここにやって来てフェイスブックに投稿した上野信一くんの
話をすると、「あー、来た来た」お嬢さんが近くに住んでいるらしい
よとのこと。いずれも「味を知っている人」しか来ないがこのタンメ
ン、いちど食べたらクセになるというもので毎日午後2時ころには
麺が無くなって閉店になる。そこから福生駅を越えて横田基地前
の16号を川越方向に走って入間のアウトレットに行く。いつもなら
お客さんでごったがえしているのに閑散、誰もいない。消費税ショ
ックなのだろう。シャツを一枚購入してジョイフルホンダに向かった。
ジョイフルもガソリンを入れる客はゼロ。ガラガラの給油スペースに
いきなり案内されると調子が狂っちゃうほどスーイスイの給油。し
かし、1ℓ153円である。いつもは146円だったので大分高い。安
部自民党に投票した国民が招いたこの超高いガソリン価は異常だ。
午後2時に帰宅。ごろ寝してトシローくんが貸してくれた「ハーリー・
アレン=Harley Allen」を聞く。彼は大好きで素晴らしいボーカリスト
だったが惜しくも早世している。ブルーグラス第一世代に大活躍した
レッド・アレンが父。いきなり「Carolina in the Pines」が流れて驚く
がいいCDアルバムである。

140402_0002.jpg



4月6日「小平アールの日」の打ち合わせをした!リルコミだあ

春寒でファンヒーターが必要な一日だったが一歩外に出ると桜が
どこも満開。思わず車を停めて花の下で一杯やりたくなるほど美
しい景色にうっとり。本日は今週6日の「小平アールの日」事前の
ファミレス打ち合わせをした。といってもチャーリー&ナオミちゃん
に私と妻の4人。食事&ドリンクと世間話で盛り上がり、デザート
のアイスを食べるころには話疲れを感じたほどだった。収穫は今
回に限って私のブルーグラストークをサブさんに交代してもらって
アメリカ最新ブルーグラス情報を語ってもらったらいいと意見が出
て「それがいい!」と全員一致を得られたことだった。ただ、その
交渉をまだしていないことがネックだが改めてサブさんに電話をか
けてお願いしてみよう。こんばんは。帰宅すると当のサブさんから
メールが届き、アールの日の「ツアー日程」と「進行の趣旨」など
を知らせてくれたのでいよいよ本番の匂いがしてきた。夕刊には
STAP細胞の論文不正が「小保方氏が捏造、改ざん」と大きくトッ
プ掲載されていたので、「エイプリルフール?」と一瞬感じたりもし
たが、この件は真実らしい。小保方女史のピンチはより強くなった
感じなので是非、本人の記者会見が見たくなってきた。さて、サブ
さんからのメールを公開しますので、4日名古屋、5日神奈川秦野
を含めて前代未聞のバンジョーイベントに是非参加してください。

仁さん、
日曜日はよろしくお願いします。
伊藤さんという方から参加の連絡ありました。
主催者には伝えておくと返信しています。
また、以下のようにツアー直前のお誘いを出すつもりです。
仁さんのブログでも、もしできますれば、名古屋、秦野を含めて
紹介よろしくお願いします。
sab

村片和彦さん(秋元慎バンド)とともに、アール・スクラッグス
という稀代のミュージシャンの奏法に特化した話題から
ブルーグラス、そしてあらゆる音楽を聴く/弾くツボを探しませんか...!? 
3月29日、アールの亡くなった日の翌日に開いた大阪には、
大学生からベテランまで、さまざまな方が集まり盛り上げてくれました。
今週金曜日から東に向かってツアーです。
今回のプログラム詳細や、アールの日リポートとして
ムーンシャイナーに書いた楽器の弾き方など、以下のブログにて。
http://fiddleandbanjo.way-nifty.com/bg/2014/03/post-a591.html
よろしくお願いします。
月刊ムーンシャイナー編集長:渡辺三郎
(参考プログラム)
●アールとブルーグラス創造
Will You Be Loving Another Man(1946)
Bluegrass Breakdown vs Foggy Mountain Breakdown(1947-1949)
●シラブルで弾くことの意味
Wreck of Old 97(1960s)
●アールの音楽性
We'll Meet Again Sweetheart(1948)
Why Don't You Tell Me So?(1949)
Roll in my Sweet baby's Arms(1950)
●アールのギター、グラディとクラレンスに
God Loves His Children(1948)
Jimmie Brown, the Newsboy(1951)
●アール美学と円熟
Polka On a Banjo(1960)
Ballad of Jed Clampett(1962)
Hey Jude(1970)

■名古屋
4月4日(金)午後5時半時~9時半(以下のプログラムは
7時~8時半)
名古屋、日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)
第2リハーサル室(金山駅隣接)
参加費用¥2,000-(学生¥500-高校生以下無料、
会費として事前/事後精算にて)
(問)栗田侑美090-4794-6153
   mail: ukiuki.y108@gmail.com
■神奈川・秦野
4月5日(土)午後3時半~(以下のプログラムは4時半から)
場所:渋野(しぶや)イタリアンカフェ&バー
  小田急線渋沢駅南口『スクエアビル2F』
  神奈川県秦野市曲松1-1-3、tel:0463-89-1070
http://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140804/14051460/
会費:¥2,500- 食事付き 要予約
(問)三瓶(さんぺい):090-7632-5602
   mail: siroyagi-4682@nifty.com
■東京・小平
4月6日(日)午後1時~午後4時30分
場所:小平市中央公民館「視聴覚教室」
第一部 CDを活用した佐々木仁のブルーグラストーク
(午後1時20分~2時20分)。
第二部 「アールの日:サブ&ムラカタの
バンジョージャム&ワークショップ」(午後2時30分~4時30分)
入場料:カンパ1000円
(問)佐々木仁:090-3917-3672、
   mail: jin3@jcom.home.ne.jp

総合お問い合わせ: 渡辺三郎 0797-85-8384
    mail; fiddleandbanjo@nifty.com

注:今回のスペシャルツアーは「銀座ロッキートップ」では
行われません。関東の場合は秦野と小平のみとなってい
ますのでご注意を。以上すべてのバンジョー&ブルーグラ
スファンに捧げます。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ