AX

2015-11

Latest Entries

きょうで11月も終わり!リルコミだあ

きょうは11月30日の月曜日だった。しかし、私の感覚はきょうから
12月だとばっかり考えていたせいで2日はお休みだから糖尿の病
院に行こうと決意していた。ところが妻が「明日は板橋の現場でしょ
」いうのでしばらくぼんやり。ようやく明日が板橋の現場で真実は明
日からから12月が始まるんだということが分かると何だか1日損を
した気分に陥る。つまり、すべては私の早合点だったのだが糖尿病
を治そうという気持ちは久しぶりに強くなっている。これは先日健康
診断を受けた病院で紹介されて行った先の別の病院で診察を受け
たら、その医者の態度が最低で健康診断で行った病院からこちらを
紹介されましたというや、「糖尿病ですか」と言ったきり医者は私の
存在を無視したように横を向いたまま調べものを始めて5分も横を
向いていた。しかたなく帰ろうとすると、急にこっちを向いて「この血
液検査データを見ると血圧が高いので血圧の薬を出しておきます」
というので今度はこっちがにらんで眼を飛ばしてやり、「私は糖尿病
の専門医に診てもらいたくて来ました。これ言うの2回目ですよ」と
いうとまたしても横を向いた医者。「なんだこいつは」と思いつつしば
らく待ったのである。私はその医者の知り合いでも看護師の知り合
いでも何でもない、ただの外来患者なのだったがなぜかこのような
いわれのない冷遇の結果となった。しかしこうなると私生来の天邪
鬼根性がむっくりと起きあがり「ナニクソ」となったのだ。あの医者あ
の看護士に無視されたことが半面バネになって糖尿病という難敵に
立ち向かう気持ちが強くなったのだ。というわけで12月2日は一応
休日となっているので情報を集めて専門医を探すことにしよう。

きょうの小平は快晴だったが寒かった!リルコミだあ

きょうは快晴の小平だったが連荘で寒い。こんばんは。本日の
現場は小金井市内のマンション。ただ今噂の三井不動産が建
て自ら借り上げて系列の社員を住まわせている社宅のような
マンションだが、オーナー氏に聞くと他の三井不動産と関係な
い住人も半分ほどいるという地上6階建て。これ以上はいろい
ろ差し障りがあるので書くのはやめましょう。インターネットとい
うのは誰が見ているのか分からないので例の杭打ちミス傾き
事件がホットな段階の今は書かない方がベターなのだ。ただ、
親しいオーナー氏に会ってこの噂をすると「ありえないことなん
だから・・・」といって口をつぐんだ。問題が起きていないし今後
も起きないでほしいというのは本音だろうね。さて、きょうは書く
ことがあんまりないので、ムムムと考えている途中にフェイスブ
ックを見ると有田純弘さんがジャズのアーティストを紹介してい
た。有田さんはもちろんバンジョープレイヤーとして世界に知ら
れるビッグな存在だが、一方のジャズプレイヤーとしても有名
な存在。ボストンのバークレージャズスクールで学び、日本で
はスタジオセッションをこなすミュージシャンの傍ら某音楽大学
講師となってジャズを教えている人でもある。その有田さんが
フェイスブックにアップしたアーティストをうっかり名前を覚えな
いままに時間が経ったらフェイスブックのかなたに消えてしまっ
た。そうなると私のようなロートルでは探しようがない。気が短
くなったせいかいらいらしてつい探すのを中止してしまう。その
アーティストがデビッド・グリスマン宅のレコードコレクションで
見たような気がしたのでアレレと目が留まったのだった。グリス
マンはお父さんがニューヨークで活躍したジャズバンド(カルテ
ット)のトロンボーンプレイヤーだったのでブルーグラスとは別
に生まれたときにはジャズが生活の中にあったという人。ご自
分の部屋というのが数部屋あって、その中のレコードが壁の天
井までぐるりと4面全部の部屋の中に半々でジャズとブルーグ
ラスが共存していた。その中で有田さんが推薦したアーティスト
を「見たような気がした」のだった。ちなみにグリスマンは「アル
バート・アイラーはいい」とはっきり言っていたが、反対にブルー
グラスはもちろんモンローマニアである。モンローマニアという
のは、彼曰く、「モンローの全曲をパーソネルを含めてすべて
を記憶していること」が最低条件だという。後年、グリスマンは
「ドーグ」なるオリジナルミュージックを作るが、多くの協力ミュ
ージシャンの手助けの他に、生来のジャズとブルーグラスを混
ぜて作ったのだった。という妙なストーリーだった。因みに楽器
の部屋と録音室が他にあって、録音質にはしょっちゅうガルシ
アがやって来てセッションをするんだと言っていた。ここに、トニ
ー・ライスが加わったCD「ピザテープ」が知られている。

東京新聞夕刊は女優「原節子」の大特集!リルコミだあ

本日も雨。その中大田区久が原の現場へ急ぐが普段よりも
車が多く、環八に合流するまでどこもかしこも渋滞の連続に
辟易する。環八の千歳船橋から大田区久が原の現場へ電
話して遅れることを伝える。こんばんは。例年の大掃除のお
手伝いが始まって二世帯住宅(小型版)のお風呂、ガラス、
キッチンなどなど全てをクリーニング。午後4時終了。帰宅
途中、狭い道路に入り込んだ大きなトラックに行くてを阻まれ
て大迷惑をこうむる。このような場合は悲しいかな耐えるし
かないのがくやしい。結局30分以上も普段より遅れる。帰
宅して夕刊を見ると東京新聞は9月に亡くなったという映画
女優「原節子」(本名:会田昌江アイダマサエ)の大特集。こ
こまでやらなくてもいいんじゃないの?というくらいの1面トッ
プと社会面を使って大サービス。往年の大女優も亡くなった
ときは95才だったそうな。私はテレビで「東京物語」を見た
だけなので大女優といわれても何だか大げさに聞こえてしま
う。つまり馴染みが薄いのである。まあ、たまにはこのように
思い切った大特集もいいとは思うが・・・。本日のBGMはボ
ニー・レイット、マーク・ノップラー、ジョン・ハイアットなど。

晩秋から冬となる瞬間を銀杏の並木が教えてくれた!リルコミだあ

きょうは雨がふって寒い一日だった。寒いのが効いて小平団地の
銀杏が真っ黄色に紅葉と落葉が始まり、ついでに秋の終わりも感
じてもの凄く複雑な気分となった。雨よりも銀杏の葉が落ちる量が
多く圧倒されながらも「1年も終ったなあ」なんちゃって。北海道の
札幌のテレビ中継を見たらドカ雪に見舞われているのが映ってい
た。おっと凄いなと。何とも東京はようやく冬がやって来たと感じる
程度の寒さなのに札幌は大雪。日本列島は長い。こんばんは。
サッカーのワールドカップを主催するFIFAはいま、役員による不
祥事が表面化して会長も副会長も不祥事が発覚。FIFA全体が泥
沼に入り込んで解決が出来るのかさえ不透明である。しかし、新
聞によると、ただ今ブラッター会長とプラティニ副会長の不法所得
を調査中とのことで調査が進行中であることが私たち一般人にも
前代未聞の組織的不祥事の様子が分かるようになって来た。分
かりにくいのは副会長のプラティニが来年実施される「FIFA会長」
に立候補を表明していることである。しかし、きょうの東京新聞夕
刊は、追放されると言われているブラッター会長から2011年、プ
ラティニ副会長へ200万スイスフラン(2億4000万円)が支払
われているという。これでフランスサッカー界の神とまであがめら
れた皇帝プラティニは永久追放が囁かれている。会長&副会長
がこのように不法なお金にまみれていたらその下の役員たちに波
及するのは当然の流れだと思った。日本のサッカーもそのうちに
スポンサーマネーが絡んで組織が腐るだろうことは覚悟をしてい
るが、是非FIFAの不祥事を参考にしていただいて黒いお金に手
を染めないでほしい。

一昨日22日は小平市中央公民館で「秋元慎バンド」のライブ!リルコミだあ

連休明けの火曜日は予報と変わって非常にいい天気となった小平。
雪が降った札幌と違って東京は気温が高くなってポカポカのインデ
ィアンサマーだった。こんばんは。先週はリルコミを続けて書く事が
出来ず大変失礼いたしました。仕事も連日続いていたのだがいつも
より疲労感が強く、毎日仕事に行くことがつらいというあんまり経験
したことがない事態となってとりあえずリルコミを中断したのだった。
先週17日のロッキートップ出演のときの石川県出身の松本君との
セッションの模様は書くと予告したにも関わらずお休みを余儀なくな
った。なぜ疲労感が溜まったのかというと医者の診断によれば血圧
が高いというものだった。このときの私の血圧は185/101というも
ので診察をした医師は血圧が下がる薬を処方した。あれから一週
間。毎日朝に血圧の薬を飲み続けると165/75まで下がっている。
しかし、医師は「140以上は高い。140を目標にするように」と言わ
れているのでそこの数値まで落ちてくれることを祈っているが、しか
し165以下には落ちてくれない。

そんな中、三連休の真ん中の一昨日の22日、
小平市中央公民館の音楽室に「秋元慎バンド」をお迎
えして小さなライブコンサートを行った。リーダーでマンドリン弾きの
秋元慎、リードボーカルとギターの広田みのり、バンジョーの村片和
彦、ベースの塚本整のバンドは午後12:40分に中央公民館に勢
ぞろい。プログラムは1.吉田類さんのビーンブロッサムツアー・ト
ーク。2.秋元慎バンドライブ。3.秋元慎バンドによるバンドワーク
ショップ。そして有志による打ち上げというものだった。キックオフと
なった吉田類さんのトークは私との掛け合い形式だったが吉田さん
のビーンブロッサムの知識が豊富で非常に助けられたまま終了し
た。吉田さんは本場アメリカのブルーグラスファンの友人が多く、交
流も活発なところからの生情報をもとにしてのトークが素晴らしかっ
た。秋元慎バンドはさすがに均整のとれた実力バンドという印象が
強く私の中に残っていたが、およそ三年前に小平に初登場したとき
は秋元慎自身が家のご不幸で急遽、ライブに参加できなかったと
いうこともあったが、そのときを忘れるような別物のように深くてまと
まりのある素晴らしいバランスのブルーグラスを披露していただい
た。紅一点のみのりちゃんをおよそ三年ぶりに見たが、相変わらず
のやさしさと柔らかさのあるボーカルが最高だった。自ら「アール・
スクラッグスになりたい」という村片さんは各所アールよりも柔らか
くリードボーカルを支えていた。秋元慎のマンドリンプレイはあくまで
も無理せずタイミングを重視したが、ベースの塚本整のタイトなリズ
ムに乗って軽やかなプレイだった。ヘンダーソン製のマンドリンもよ
く鳴っていた。女性のリードボーカルを立てたバンドにも独自の工夫
がありオリジナリティたっぷりで安定していた。前日のロッキートップ
では岸本一遥のフィドルをゲストにお迎えしたらしい。ネクストチャン
スがあれば小平に於いても岸本さんをゲストにお迎えしたい。という
訳で三連休を過ごしたが、一昨日の冒頭に高血圧であるとご挨拶
をすると、「運動すると血圧は下がる」と応援していただいているお
客さんに有り難いお言葉をいただく。早速実践しよう。


151124_1.jpg


151124_2.jpg
PHOTO BY NAOMI

きょうのリルコミは昨日の続きを書けず明日になった!リルコミだあ

本日は晴れて気温も上昇して暖かかった。このようなお天気だと
大歓迎だけどね。さて、きょうの現場は杉並区のとあるマンション。
朝7時30分すぎに出発すると新青梅街道は大渋滞中で、「こい
つはマズイぞ」と現場到着が遅れることを覚悟。ところが、小金井
街道を越えるとスイスイ。あららと流れて予定時間の8:45分に着。
そのまま黙々と作業をこなして二件の現場が5時に終了。そのまま
朝来た道を通って帰宅。明日の体力が残っているのかとういうくら
い疲れた。明日は昨日半分残した現場なので絶対に逃げられない。
というわけでリルコミは昨日の続きをやりたいんだけど、体を休める
のが明日のためと勝手に判断。松本くんと40年ぶりに近いセッショ
ンのレポートは明日のココロ。よろしくね。アデオス。

秋元慎バンドは今度の日曜日だよ!リルコミだあ

夕方から雨が降ってきた。本日は午後7時まで残業だった。先週から
仕事が続いて疲労気味だけど現場は休ませてくれない。こんばんは。
昨日はこのような中、ロッキートップにオージンバンドで出演があった。
声が仕事の声だなあと自分で感じながらロッキートップへ。つまり歌を
唄う美声ではないのだ。ハハハ。午後5時30分にドアを押すといつも
の感じのいいアルバイトくんがもう出勤していた。「早いね」と、声をか
けると、「・・・」そうだった、この子はあんまり話さないのだった。曲順を
並べて愛器マーティン00018をチューニングして準備完了したところ
にイイダコさんが登場。念願のマンドリンを購入してさぞ気分最高では
ないだろうかとチューニング中の顔を見ると、やっぱり目尻が下がって
いる。しばらくすると「やあ!」と片手を上げて一人お客さんがやって来
た。見覚えのある顔と声が懐かしい。しかし、思い出せない。老人だな
あと不甲斐ない自分の記憶にガックリ。だれだっけ?と白旗を揚げて降
参となった。すると「松本です」というではないか!そうだった、ともかく
も長い人生だったがこの人物を忘れてはいけない。北大卒のバンジョ
ーマン松本くんなのだった。北大生のころ平塚研太郎と我が家にやっ
て来てからの縁で、それからは暮れになると北海道から石川県の実家
へ帰省する途中、私の家に寄って溜まっている洗濯物をせっせとやっ
てくれたのである。したがって、私にとっては独身時代の恩人という訳
である。石川県で農業をやっているというが、農業については私はほと
んど知らない。で、バンド方面に話を曲げると、「女性2人をスカウトし
てカントリーバンドをやっている」と言った。なんにもしないよりも楽しめ
るんだったら何でもいいじゃん!と話を合わせていると、親友たちがぞ
ろぞろっとやって来てくれた。携帯が鳴ってまたしても仕事の話。気分
が乗らなくなったのでまた明日に続けてしまうよ。アデオス。PS。秋元
慎バンドはこんどの22日(日曜日)小平市中央公民館地下音楽室で
午後1:00~4:30の間で行われます。

13日夜フランスパリ同時テロに遭遇!リルコミだあ

きょうは秋晴れだったが二三日前からググッと寒さが増したが
11月も半ばだからしかたがないかな。こんばんは。先週末、
先日の小平市健康診断の回答を聞きに近所の緑成会病院へ。
別の病院へ行ったわけではなくてこの病院で検査を受けてい
たので同病院へ回答を聞きに行ったのだった。さて、予想通り、
「糖尿病」の判定。過去いろいろな病院を紹介されて行ったが、
ことごとく外れてしまったことを医師に説明をすると、「この年に
治しておかないと老後が苦しい」と言われて「この病院は如何」
と自宅から少し離れた病院を紹介してもらった。その病院へ本
日行って来たが、結果、血圧の薬のみをいただき帰宅。何でも
糖尿病の専門医は毎週木曜日しか来ないので木曜日に来て
くださいとのこと。受診した医者曰く、「現在は専門別になってい
るので悪しからず」と言った。そうか、先の緑成会病院でも同じ
ことを言われていたが、両方から言われてみて初めて納得し
たような・・・。というわけで、糖尿病治療は来月からになりそう
だ。というのも今月の木曜日は仕事で塞がっているのだった。
さて、フランスのパリで13日夜、郊外のスタジアムやレストラ
ン、劇場など8ヶ所に及ぶ同時多発テロ事件が起きて129人
の死亡者が出た。まだ100人に近い重体患者がいるという。
15日付け東京新聞の朝刊を見ると、「イスラム国IS」の犯行」
とフランス大統領が断定したとトップで報道した。また、報道で
は犯人は7人で分担して犯行に及んだとしている。原因は、中
東シリアで対IS空爆に参加したフランスへの報復テロの可能
性が高いとの見方が強まっている。一般人を標的にするテロ。
先進国の都市パリが危ないとなればあらゆる物の流れが停滞
するだろう。この停滞が一時的なものとして終ることを祈りたい。
合掌。それにしてもIS国という連中はどこからお金をもらってい
るのか。1ヶ月前だったか、IS国の車が真新しいトヨタ製のピッ
クアップだということが世界のニュースで話題に上った。白い車
が数十台もつらなっている映像がテレビに映っていた。それで
もすぐに立ち消えていまは何も話題になっていない。彼らだっ
て普通に生活をしているだろうから、兵糧攻めだってありえるだ
ろう。報復をし合うととんでもないところにまたテロが起きる。IS
国がどこの国のどんな組織が援助をしているのかを知りたい。

東京にも本格的な寒さがやって来た!リルコミだあ

きょうも晴れだったが寒かった。本格的寒さがやって来たよう
で朝は寒くて目が覚めた。こんばんは。妻が立川市に出来る
352戸の大規模マンションのチラシを見せてくれたら、うわさ
の「三井不動産」の物件だった。販売は三井不動産レジデン
シャルで、例の横浜の杭打ち傾き事件と表面的に同じ体制な
ので一瞬「売れるのか」なと思った。売りは250店舗が集う「
ららぽーと立川立飛」(2015年12月10日に誕生)まで徒歩
10分!が魅力だという。場所は立川市泉町で昭和公園から
見るとモノレールの向こう側である。ここの杭打ち工事も旭化
成建材かなとも思ったが果たして。この杭打ちミスによって傾
いた三井不動産のマンション物件についてはとりあえず、直接
杭打ちをした旭化成建材が表面に出て記者会見などで繰り返
し必死の謝罪を国民に申し上げている。当然だと思う。一方の
建て主である三井不動産側はどうかというと、「すべて建て替
えます」に加えて、あらゆるクレームに対処いたしますという見
解を出してマンションの販売に不利な噂の連鎖を打ち消しては
いる。しかし、傾き事故がすべて杭の問題なのかという原因追
及はまだなされていない。日本に於いて旭化成建材のみが杭
打ち業者だったら旭化成だけを追及したら、ある程度の評価が
得られるだろうが、きっと旭化成建材以外にも日本には杭打ち
業者が存在するだろう。こうなるとマンション事業は闇となる。
三井不動産がマンション販売するうえで価格や設備、そして環
境bよりももっと土台や躯体などの安全を示す時期が来ている
のではないか。表現方法については熟考以外にないだろう。
なんちゃって。

山や森の保水力を考えてみた!リルコミだあ

きょうも秋晴れだったが11月らしく寒い日でつい暖かいストーブを
思い出した。こんばんは。田舎の家は薪ストーブで10月の初旬ご
ろ据え付けが終って、冬中の燃料となる薪も家の横にきれいに積ま
れてあった。しかし、この薪を割ったり積んだりする仕事は当時中学
生だった私が任せられた。まずは父が山から切っておろしておいた
木をリヤカーに積んで弟に後ろを押してもらって家まで運ばないとい
けなかった。10月に入ったころの日曜日に早く起きてリヤカーで木
を運んでストーブに入るように切り割って薪を作る。これが途方もな
い仕事量で、太い木を割る頃になると足や腰がふらついて斧を振り
上げて割ることが不安定でうまく行かないことがあって、予想よりも
時間がかかった。薪にする木は自分の山に雑生している広葉樹の
雑木である。コナラ、山桜など燃やすと熱量のある硬い薪は珍重さ
れるが、反対に栗や霧、ほうの木などの柔らかい木は燃料用の薪
に向かない。柔らかいからすぐに燃えてしまい繰り返しが多くなる。
これが面倒なのだ。あと杉や松など針葉常緑樹は燃料用に切られ
ることはまずなかった。その理由は成長が遅いからで、広葉樹に比
べると針葉樹の成長はかなり遅い。両方が混ざっている森が仮に
あったとすると数十年後には杉やヒノキ、松などの針葉樹は広葉樹
に駆逐されて姿を消すと父が教えてくれた。だから父は杉は杉林だ
けにして他の木は植えなかった。つまり、燃料となる雑木山は自ら
手をかけることはなく、もっぱら杉やヒノキそして松の枝払いと下草
刈りをするなど手間をかけていた。あと、常緑の針葉樹は大量の水
が要るとも言っていた。当時は何を言っているのかまるで分からな
かったが、大人になって屋久島の樹齢4000年の杉が発見されて
ニュースになると、「屋久島の降雨量を聞いて」あ、そうか、雨の多
い屋久島ならではの杉だと、父の言葉を思い出したのだった。山の
「保水力」という言葉をよく耳にするがこれは広葉樹が秋に落ちて、
それが年々積み重なって土になっていく。雨水をこの過程で貯水す
ることを指すのが森の(山の)保水力という。平地のブナの森に入
ると地面が分厚い絨毯のようなフワフワ感があったことを思い出す。
反対に針葉樹には保水力はない。

今日は午後からギャザリング!リルコミだあ

昨日まで連日のぐずついたお天気が今日は秋晴れの快晴だった。
午前中はマンションのクリーニングで午後は楽しいギャザリング。
水曜日開催だったので木曜日には来られないH爪さんが愛器フィド
ルを抱えて登場。珍しくフィドルを持って登場したマンドリンマンの
橋本さんやチャーリーさん、そして歌うフィドラーの吉田類と今日は
フィドラーが充実していたギャザリングだった。バンドはすっかりお
なじみとなった「ピーターパン」はお休みのサブちゃんの替わりに
鮫島さんがベースで加入してバンド演奏と歌を披露。安定感のある
バンドに大きな拍手で受けていた。女性バンドのビーンブロッサム
も広川さんと川添さんのヘルプがあってMy little darling Pal ob mine
とEast Virginia Bluesを披露。コーラス部分がリリーさんとカヨちゃん
のデュエットだったが二人の美声がマイクに乗ってとってもきれいだ
った。「阪神パークがないでしょ」は鮫島さんご夫婦のデュエットバ
ンド。I'm thinking tonight ob my blue eyes他を巧みにそしてやさしく
ご披露。いつ聞いても落ち着いたデュエットがギャザリングでかけが
えのない存在になっている。カントリーの菅野さんも病気が癒えて
元気が復活。来年のはっぽんの発表会ではバンドで出演をして素
晴らしい喉を期待したい。そしてすっかり元気を取り戻したチャーリー
&ナオミちゃんのデュエットも快調だった。オープニングはキーを「
C」で統一してグイグイとみんなを引っ張っている姿は日増しに音楽
を楽しんでいる証拠。病気を寄せ付けない健康を目ざして是非、私
たちの模範にもなってほしいのだ。ネクストはいよいよ関西からの大
物バンド、「秋元慎バンド」のライブである。中央公民館の「音楽室」
が会場になるが、たくさんの人でお迎えしよう。リードボーカルのミノ
リちゃん、そしてミスタースクラッグスと異名を誇る村片のバンジョー、
そして小平へは初登場となるリーダーのマンドリンなどそれぞれの
テクを楽しみながらバンドのやり方動き方も参考になる実力バンド
をじっくり楽しみましょう。今月22日(日)午後1時~午後4時30分
となっている。さて、昨日はこのブログでリッキーのマンドリン写真
の掲載を書きましたが私のミスで掲載がかないませんでした。本日
再度チャレンジしましたのでご覧ください。

JDクロウ&ザ・ニューサウスのことを思い出した!リルコミだあ

きょうも雨の小平だった。
ときどき雨がやんだり一日中不安定だったお天気だったので
仕事の予定をキャンセルしたり、結構雨の影響があったのだった。

こんばんは。
1975,6年頃だったか、JDクロウ&ザ・ニューサウスが颯爽と日本の土を踏んだが、
そのとき、幸運にもメンバーのすぐそばにいられた私の思い出は、
トニー・ライスが履いてきたカリフォルニアブルー(懐かしい)色のスニーカーが
ジーンズやプリントシャツにベストマッチしていたことだ。
そしてニューサウスはJDクロウとボビー・スローン(ベース)と
トニー、リッキー・スキャッグス、ジェリー・ダグラスの3人と分かれていて、
いつも私たちと会うときはJDとは別行動だった。
トニーを兄貴分として3人は常に一緒だったことを思い出す。
まあ、年齢で分かれていたんだと彼らが帰国してから分かったけど、
とにかくリッキーは常にキャッキャとはしゃいでいた。

ある日、「ぼくのギターが見つからない」と青い顔したトニーが頭を抱えて沈んでいると、
「ジェリーの部屋にあったよ」と声色を使ってリッキーが言うと、
トニー、脱兎のごとく走ってジェリーの部屋に行き、愛器を発見。
ようやく安堵したトニー。
あとからリッキーに聞くと、「自分でジェリーに預けた」らしい。
あの神経質なトニーが物忘れなんて・・・と思ったが、
リッキーは耳の上を指差して「こんなものさ」と大笑い。

日本ツアー中のジェリーはまだ17か18才と若くて
しかも初の海外ツアー体験中とあって緊張気味だった。
毎夜、トニーのギター演奏を生で聞きながら眠っていた。
ファンからすればジェリー、大変な果報者である。
このときリッキーはといえば自分の所有するF5マンドリンも
決定的なロイドロアーモデル(ギブソン社)を所有はしていなかった。
しかし、その後エミルー・ハリスの引きでバンドメンバーに抜擢されるや
トントン拍子でカントリーミュージックで大ヒットを連発してスターの地位を獲得。
現在ではケンタッキー・サンダーを率いてブルーグラスのツアーをす
る傍ら、今年にはルーツミュージックの表現者として括弧たる地位を
持つ「ライ・クーダー&リッキー・スキャッグス+ホワイツ」としてもツアーを行った。
新しいドキドキする活動である。
というわけでロイドロアーマンドリンを購入した
リッキーがにんまり笑顔のマンドリンのヘッド部分を公開する。
151111rsmandlin.jpg
photo by David Harvay

この写真は二三日前、フェイスブックで公開されてい
た一部分の写真である。
以前の所有者はカーリー・ランバートだという。
カーリーはスタンレーズの初期メンバーでマンドリンの他リードギターも弾いている
私もあこがれのミュージシャンである。
ファーンの模様がビューティフル。
むかしの職人は素晴らしい仕事をしますね。


昨日はオー!ジンバンドの練習だった!リルコミだあ

きょうは11月も第二週に突入の月曜日だったがあいにくの雨。
気温も下がってまさに晩秋のどんよりした雰囲気。こんばんは。
土曜日我が家にも「マイナンバー」が届いた。受け取った妻の
話では配達人がギクシャクと緊張しきっていたとか。確かに届
けることの難しさが緊張感を生んでいるのだろうが、行政もえら
いものを始めたものだ。川崎にいる孫が来春の幼稚園に合格
したと娘から妻に連絡が入ったという。まだ3才未満ではあるが
もう幼稚園児になるなんて実感がないのだ。早速おめでとうを
言いに行かなくっちゃ。さて、昨日はオージンバンドの練習日だ
った。イイダコさんが新規にマンドリンを購入したので近ごろお
仲間の間ではピーチクパーチクとうるさかったが、練習を始め
てみると確かに個性のあるきれいな音がしてバンドにこれまで
にはなかった新鮮な風味を出していた。毎日愛器にお触りして
いるせいか指も動き、練習も好結果となった。愛器を取り替える
という行為はメンバー個人の問題だろうとばかり思ってきたが、
イイダコさんのリフレッシュしたやる気が硬直化したオージンバ
ンドにいい刺激を与えてくれた。おかげで私も久しぶりの新曲を
歌うことになった。しかし、その新曲は練習だけでは自分の中に
入らず、特に歌詞が大問題で個人練習をしてからということにな
った。トホホ。本番は11/17(火)日ロッキートップと近いので
新曲もきっとパス。お時間と銀座まで往復できる体力があるお
方は是非、お越しください

沖縄県辺野古では安倍政権の無法がまかり通っている!リルコミだあ

きょうも秋晴れだった小平からこんばんは。午後帰宅して事務を
少しやってテレビを付けたら刑事もののドラマをやっていて何とな
く見ていたら見入っちゃって離れられず、6時半すぎになってしま
った。だから、本日は長くは書けないが、これだけは書こうと考え
ていたことをお触り程度に書く。とにかく腹が立つのは沖縄県を不
良の日本国がいじめている構図である。不良の日本国というの
は安倍政権である。歴代の自民党政権も危機を覚える沖縄県い
じめを平然とやっている。ブラック日本国!といっても言い切れな
いくらいの暴挙を辺野古でやっている。相変わらずテレビや新聞
は報道していない。こんな国である。どうしてこのような無法がま
かり通るのか。また来週なのだ。

迷惑PCメール1日250通の異常!リルコミだあ

連日の秋晴れの小平はまだ紅葉には至っていないがもう少し
寒い日が二三日続くとたちどころに紅葉になるだろうね。中でも
毎年大迫力の銀杏の木があって、場所は小平団地という40年
は経っている団地の中にうっそうと茂る10本くらいの並木がそ
れで、盛りとなれば並木の中に入って行くと道路も上の空も真黄
色のファンタジーでそれはそれは圧巻。今年もそのタイミングを
逃さないようにしなくっちゃ。こんばんは。きょうの現場は西武新
宿線小平駅前のマンションの1室。ここはとある建築会社が管
理運営するマンションでホワイトづくしというか、全体が白に統一
された人気のマンション。もちろん部屋の中もフローリング以外
は窓枠もホワイト。フローリングも素材は不明だが白っぽい板が
貼られている。私たちは職人の最後の作業マンだから壁紙も設
備も全部取り替えられていて一見、完了?と見まちがうほどき
れいだが実はここからが私たちの作業が始まりおよそ5時間に
渡って「仕上げクリーニング」が終る。というわけで、本日の作業
終了は午後1:30分すぎ。運営会社から点検を要求されていた
が、明日にまわしてまずは昼食である。オリジンでデミグラスハ
ンバーグ弁当を購入して帰宅。熱いお茶を入れて遅い昼食を食
べる。昼食後PCメールを見る。近ごろ、年3回くらいの割合で迷
惑メールを洪水のように送る業者がいる。すべて「お金貸します
」や「審査不用即300万円」などなどいいかげんなメールが、一
日250通も来る。それをよく見て、大事なメールを避けながら消
していく。骨が折れるが、いまはもう慣れっこになったので気持ち
も落ち着いて消している。以前、江戸川区の方で「振り込め詐欺
」の集団が検挙されたとき、グロなメールからお金貸すメールま
で一斉に消えたことがあった。つまり、ウソのように大量メールが
消えたのだったが、そのときばかりは常に無力な警察に感謝をし
たものだったが、およそ3ヶ月も経ったらまたもや同じような迷惑
メールがどっさり来るようになった。他の詐欺グループが真似を
したのだろうか。どっちにしてもお金貸しますメールがいろいろと
1日250通も来る。ご苦労なことだがエッチ系のメールはいまの
ところなしだが、このブログを見た詐欺グループの誰かが「もっと
メールを送ってやれ」と調子に乗ったとしてもこっちは耐えて消去
するしかない。そのうちに調子に乗った送り手がミスを犯して根こ
そぎ検挙されるだろうから。

昨日3日は秋晴れの「高尾もみじ祭り」だった!リルコミだあ

きょうは秋晴れの小平だったが私は昨日から「高尾もみじ祭り」
に行き、そのまま「やまなみ温泉」で温泉につかって夜はお仲間
たちとJR藤の駅に近い山の中の居酒屋で宴会に突入。宿泊所
はやはり藤野駅の向かい側、相模湖をまたぐ端を渡ってすぐの
湖畔のコテージ。ツーバイフォー造りのコテージがまさに水際に
数棟建てられてあり、そこの1棟に合計9人がなだれ込んでワイ
ワイガヤガヤと二次会をやりそのまま就寝。翌朝6時、ノロノロと
誰かが起きるとほぼ全員が目覚めるという近ごろのパターンの
中、イイダコさんがせっせと朝食作りを始める。ここはあくまでも
貸しコテージで旅館ホテルと違って食事のサービスはなし。すぐ
目の前のスーパーで食材を購入して作るというのがここのパタ
ーンであるから、ガスや電子レンジなど他調理に必要なエネル
ギーはすべて備わっている。というわけでイイダコさんの心づく
しによる手料理で朝食が超ウマで終了。外へ出ると湖面を渡っ
て流れてくる空気が冷たくきりっと爽やかで素晴らしい朝を満喫。
前日のステージで正味1時間もの凄い芸を披露して最高に盛り
上がった「国本ワールド」のご当人「国本武春」さんの愛車黄色
のスズキスイフトに送られて藤野駅に着。ここで国本さんとバイ
バイして午前9時半すぎの中央線で帰宅。猛烈な睡魔に襲われ
てパタンキュー。目覚めると午後3時すぎという時間に頭の中は
??。ようやく、「あ、そうだった」と五感が動きはじめる。午後5
時30分、エルビス吉川から電話がかかり、「いま家に着いた」あ
りがとうと北九州小倉北区のご自宅から報告を受ける。羽田空
港にはサトンパス号に送られて美味しいお食事を楽しんだという。
終りよければ全て良し。「おつかれさまー」と大きな声で電話を切
る。我が家はこれから晩飯である。

明日は「高尾もみじ祭り」国本武春ご出演!リルコミだあ

本日は朝から強い雨と風が吹く久しぶりの荒れた天気に緊張
しながら小平の現場へ。お婆ちゃんが経営するアパートの1室
だったが、お婆ちゃんは入口ドアの鍵を「開けておく」という約
束が鍵がかかったまま。どうしたんだと管理する会社に電話を
入れてみるが「30分待って」だって。しかたなく大雨の中お婆
ちゃん宅まで歩いてドアフォンを数回押す。しかし、応答がない。
しばらくすると管理会社の担当から電話がかかり、「電話も通
じない」という。これではバンザイするしかない。このお婆ちゃん、
先月も住人の引っ越す日を間違えている。連絡をいただいた部
屋に行くとまだ住人がいるではないか。在宅のところに空家クリ
ーニングに行ってしまったのだった。この間違えた張本人もお婆
ちゃん。管理をする担当者がお客さんにご迷惑があったと強く
勧告したと言っていたが、今日も間違えた。お婆ちゃん、ご商売
はボチボチ限界かも。結局、管理会社の担当自らがお部屋の
鍵を開けに来てくれてイザ、作業開始。そして午後4時すぎ作業
終了。こんばんは。明日は「高尾もみじ祭り」。友人で浪曲師の
国本武春がロープウエー駅前特設ステージに出演する。毎年、
午後12時すぎに登場しておよそ1時間、たっぷりと国本ワール
ドを熱演。通りすがりの大勢の観光客が振り返る。明日はちょう
ど文化の日。祝日である。お近くの人、高尾山に登る人などなど
タイミングのいいお方には是非お勧め。私もカメラ片手にステー
ジまわりでウロウロしている。ところで、高尾のもみじは色づいた
か?

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170603mr.jpg
--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ