FC2ブログ

2016-03

Latest Entries

小平は真冬に戻って寒かったが午後からギャザリング!リルコミだあ

きょうの小平は真冬に逆戻りとなり寒くてブルブル。こんばんは。
午後は小平市中央公民館視聴覚室でギャザリング。バンジョーを
背負ってやって来たバンジョーマン松田さんは「寒い!」を連発
しながらPAセッティングを手伝い、すぐに粋なスタジャンを脱
ぎ捨てた。体を動かすと暑いのだ。チャーリー&ナオミちゃんが
歌う「ギャザリングテーマ」(You All Comeの変形)でスタート。
ナオミちゃんのリードボーカルはkey of Cで統一されて連続シン
ギング。去年の大手術の後遺症はゼロで全快のリードボーカルだ
った。続いてピーターパン。最近の充実振りが感じられるまとま
り感のあるステージを見せてくれた。毎週の練習を決めて実行し
ているが練習場所が「カラオケ・ピーターパン」だって。年度末
か寒いせいか本日のギャザリング参加者は18名と少なめだった
が各自は元気いっぱい。マンドリン橋本さんはお得意のディラー
ズ・ナンバーを歌い、病気が少し癒えた青梅市の内田さんもご自
慢の喉を披露、調子に乗って私も二三曲歌わせてもらった。少し
前に1927年製ギブソンアーチトップバンジョーを手に入れた
松田さんはご自分で音に酔っているように弾くが実際、その音は
際立って良い。マンドリンの森本さんのチョップ音に勝てるのは
松田さんのバンジョーだけだと思った。来月9日&10日にライ
ブ予定の「阪神パークがないでしょ」は二曲をご披露。リクエス
トがあってアリソン・クラウス曲を登志子さんが歌ってくれた。
ギャザリング終了後、中央公民館との契約をやり直すというハプ
ニングが起きたが、よく話し合って円満に契約をやり直した。小
平市民として公的な施設を無料でお借りして活動をしているが、
契約の細部の点検と見直しは必要である。これでまた中央公民館
とのお付き合いが新しくスタートする。散会後ロビーで座談会。
話好きのピーターパンのリーダー内倉さんを囲むような形で60
分ほどダベリング。例によって楽器の話し&ブルーグラスの話し
などなどで盛り上がってこちらも散会。帰路につく。

饗宴 夢弦の風!リルコミだあ

きょうは一日うす曇のお天気でしたが私は午前中川崎市幸区の
児童公園にいました。昨晩、現場が終わって帰宅してそのまま
川崎の孫宅にお呼ばれしてそのまま孫とお風呂に入ったりして
楽しいお寝んね一泊。翌朝お母さんが幼稚園の入園説明会に出
かけたあと児童公園に来て自転車の練習をしながら小っちゃい
子たちと遊んでいたのでした。一人の女の子は何とかダンスを
踊って見せてくれて目の前でお尻ふりふり。しかし、その見せ
場を見逃して「ごめんなさい」と謝ると、「も一回みしぇるね」
と再びお尻ふりふり。パチパチパチと拍手すると「ワタチゆう
ちゃんなの」と名前の付いた保育園のピンクの帽子を指さすお
ませな女の子だったのでした。機嫌をよくしたのかゆうちゃん
はそれからなんと、20分以上も私のそばでお尻ふりふりを繰
り返したのでした。私の孫というと、団体でやって来た保育園
児たちと公園狭しと駆け回って私には寄り付かないのでした。
自転車はもちろん放り投げたままでした。

こんばんは。フェイスブックではすでに取り上げられて評判の
夢弦堂製の手作り楽器(ウクレレ)を中心に使用して録音したCDが
私のお仲間の中で大変評判になっている。

160323_0001.jpg

160323_0002.jpg

楽器製作者はもちろん夢弦堂の亭主:西貝清さん、
そして録音した演者は高田耕治さん、
CDデザインがご存知:アシュラ・ベニマルさん。
何よりも夢弦堂の楽器のオーナーが非常に優秀な演奏家だったというとこ
ろだろう。高田耕治さんはかつて若かりしころは「ケニー高田」
と呼ばれ、ブルーグラス45のメンバーとなりアメリカ遠征もしたという豪傑フィドラー。
風の便りで学校の先生になったらしいと聞いてはいたがその後の消息はさっぱり。
そして私とはこのCDで久しぶりのご対面と相成ったのである。
CDは全8曲で構成されていずれのアレンジも秀逸。トータル5本のウク
レレを有名ポピュラーソングを聞きやすく淡々とアレンジした
力量はまさにプロのアーティストである。
高田くんといえば確かに「ケニー高田」と名乗るほどのテクニックを誇示してはい
たが、実際の本人はかなりのひょうきん者で味わい深い男だった。
その人間的な特徴はこのアレンジに出ているのかなと思っ
て聞いてみると確かに出ているように聞こえる部分はあった。
しかしながら、愛知県の半田市という場所に住みながら夢弦堂
の楽器を購入して楽しむ。そして録音をするという喜びを見つ
けるなどという現実は痛快でホント、聴いて正直に驚きました。

最後に高田さんのお言葉をCDからコピーしました。
「西貝さんの製作する楽器は、実に美しい。そして、音程の正
確さは他の追随を許さない。さらに豊かな指すティーンの音色
は、「夢弦堂」の名のとおり、年を経るごとに夢見るような芳
醇な響きとなってくる。今回、身の回りから夢弦堂の楽器を集
め(友人のものもあり・・・笑)一人で饗宴してみました。
「夢弦の風」をぜひ感じていただきたいと思います」
さすがに先生いい文章を書きます。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ