AX

2016-09

Latest Entries

東京新聞夕刊に癌は国民病だと報道があった!リルコミだあ

きょうは薄日も指してホッとしたらすぐに曇天に早変わり。それでも今朝は寒かった。
ぼんやりと暑かった朝がきょうは冷えて寒いのでビックリ。風邪ひいてないだろうなあ
と体を震わしたり点検をしたが大丈夫だった。どうやったのかって?マル秘なのだ。
こんばんは。夕刊を見るとトップ面に「国民病」の文字が目に飛び込んだのでいまい
ちど確かめると、「がん検診」のことだった。読み進めると日本人の二人に一人が何
らかの癌にかかるという「国民病」だと書いてあった。国立癌研究センターの推計で
は2016年に新たに癌に診断される人は100万人を超えるという。どんな病気も早
期発見がベストはあるが、特に死亡率の高い「がん検診」を徹底して行い受診率の
向上が、がん対策の要だという。さて、30年前に気管支炎で7日間ほど入院したこ
とがあった。入院した部屋には私を含めて6人部屋で満室だった。中には20年も入
院していて病院の中で靴店を構えていた。病院の中で履くサンダルだとか急な外出
用の靴が揃えてあって彼はそこの店長だったのである。開店が朝食のあと、閉店も
夕食のあとだと本人がいった。私には奇異に映ったので何の病気で入院しているの
ですか?と問うと、「肺がん」だと言った。タバコの吸いすぎで自業自得さ、と言って
私の目を見ると、「君も気管支炎なんだろ?」と聞いて来た。ここの院長はね気管支
系の名医なんだよ。他の連中もすべて肺がんなんだよ。(同じ室の他の人)でも気管
支炎だとよく分からないなと靴を磨いた。そうか、私は偶然にここの病院に来たら入
院と宣言されて室に移っただけだった。あとにも先にも「がん」という病気に人生に於
いて最も近づいたときだった。幸いなことに気管支炎は5日間で治って一日早い6日
で退院した。そこで「がん国民病」である。先述した入院した室の中は5人すべてが
がん患者という厳しい表情の人だったが、意外と「タバコを吸いすぎたから」と自己責
任だと実にさっぱりしていた。しかし、タバコが原因のがん患者は現在のように国民
病だとまではいかなかった。がん患者トータルでも国民病とまでは決して新聞の紙面
に踊らなかった。ところがいまでは国民病とまで量的に成長している。原因はなんだ
ろうか。考えられることは日本各地に点在している原発で、国内56器すべてが稼働
していたとき、最も早く汚染が進んだのは海である。原発を稼働させて運転を始める
と汚染された排水が海に流されていた。数年間かそれ以上の年月間、汚染水を流し
続けた原発。そうか、そういえばすべての原発&原発施設も海の側に存在している。
聞いたところでは原発大国のフランスは、日本のように直接海に汚染水を廃棄は法
律でダメと決まっているらしい。間接的には海に捨てているという。海→魚→人→がん
という流れが私のような頭にもすぐに考えられた。国民病と書いた東京新聞に聞いて
みたくなった。

きょうは築地市場の豊洲移転について考えた!リルコミだあ

今月は明日で終わるが晴天の少ない月だった。きょうも曇り空だったがパーッと晴れた秋空
の下、都心に向かって大声で「バカヤロー!」と叫びたい。何に対してかというともちろん都政
全体に不満があるからである。とりわけ小池新都知事が取り組む豊洲跡地に築地市場が移
転する予定を中止した件と、オリンピック&パラリンピックの新施設などに絡む費用合計が
3兆円にも及ぶとなれば、誰でも大きな声が出ようというものである。まずは豊洲跡地へ築地
市場が移転する話である。移転話の発端はどうやら石原元都知事らしい。ともかくも東京ガス
跡地という極めて不衛生な場所に生鮮市場を作るなどは論外だと思っていたが、石原元知事
や東京都庁の行政官は別の価値観を持っていたらしい。ガス精製時に生じた化学物質は、
人間にとっては危険極まりない。その化学物質で全面汚染されている豊洲土壌の上に築地
市場を移転させるということが、およそ気違い沙汰であると私は考える。ともかく、お金の話に
移ろう。2011年に東京ガス跡地の豊洲に築地市場をお迎えするための「整備費」の合計は、
3,926億円。それが、今年2016年3月の時点では5,884億円!、実に約2,000億円も
上昇した。その間、どんどん土壌対策と建築工事が進められて豊洲市場の下地が出来たと
いわれ、築地市場関係者も信じて本年11月7日に「引っ越し」が決まっていた。きっと豊洲の
土壌もきれいさっぱり清められたものだろうと誰もが想定した。何たって調整費約6千億円も
使ったのだ。元をたどれば私たちと同じ人間であるから6,000億円も使ったらきっといい仕
事をしたのだろう。都庁のやったことだ間違いはないのだろう。そう思っていた。ところが先の
都知事選挙で見事に当選した小池新都知事になると状況が一変。築地市場の豊洲移転は中
止となってしまう。こうなるとお暇なテレビニュースに火が付き、芸能ニュースも真っ青な報道
ぶりが毎日進行中というのが現在である。気になる豊洲の土壌の問題はすっかり解決してい
たのか。豊洲の新しい建物の下に空間が発見されたり、その空間に水が溜まっているのが見
つかるなど新展開の様相はかなり東京都の行政官+都議会の旗色が悪い。なぜなの?と都
民のほとんどが考えていると思うが、新都知事によると「ゆるゆるの都庁」だといった。これま
での動きを総体的に見て思うことは、事業価値よりもお金になる都心の開発地にあらゆる人
が群がった。土壌の問題よりもお金の分捕り合戦をした、開発の順序をおろそかに欲が前面
に出て来るとこのような結果になりやすい。恥ずかしいことである。いつかテレビでゲストが言
っていた「この事業には船頭がいなかった」と言ったが、たぶんそうだろうなと思った。オリンピ
ック&パラリンピックについては日を改めたい。

八ヶ岳マウンテンボーイズの新作DVD「DEBUT !」の紹介!リルコミだあ

きょうも曇って蒸し暑いアフタヌーンの小平だが夕方にかけて雨が落ちてきそうな不穏な
動きもみえる。こんにちは。
これから私は、夜のロッキートップ出演があるのでいろいろと準備をしないといけない。
その内の一つがブログ書きで、こちらのテーマは決まっている。

ここでは「八ヶ岳マウンテンボーイズ」が10月1日に「DVDデビュー」するというニュース
を取り上げたい。
八ヶ岳マウンテンボーイズの活動本拠地はもちろん八ヶ岳に構えて、
そこを起点に各地を演奏旅行に歩く。
去年9月には小平ブルーグラスギャザリングの発表会にも
ゲストとしてご出演していただいた。
他にも中央道沿線には各地にブルーグラス愛好家が点在して、
お山の雰囲気たっぷりなライブハウスやパーティーなどに引っ張りだこの
人気バンドとして存在するのが、「八ヶ岳マウンテンボーイズ」というわけである。
その彼らがDVDデビューを果たしたというから、
日本ブルーグラス界にとって新しい夜明けを感じたほどのインパクトだった。
というわけで、私の手元に届いたほやほやのDVDをご紹介する。

さて、「八ヶ岳マウンテンボーイズ」のメンバーは、リーダーにプロのカメラマン:
吉田コーセイ(ギター&ハーモニーボーカル)、加藤達男(バンジョー&ハーモニーボーカ
ル)、成澤 康(ウッドベース&リードボーカル)、岩下ユタカ(マンドリン&リードボーカル)
の四人。
ブルーグラスの構成としては国内では多いタイプ(フィドル弾きを抜いている)である。
しかし、最低人員の構成ではあるが、本場アメリカにはカントリー・ジェントルメンや
グリーンブライアーボーイズなどが上げられる。いずれもシティ派といって都市に生まれて
都市で育った超有名バンドである。
カントリージェントルメンはワシントンDC、グリーンブライアーがボストンである。
この二つのバンドに共通しているのは、フィドル弾きを持たない
他に卓越した楽器のテクニックと聞き手を圧倒するボーカル&コーラス。
加えてバンド力とでも言いましょうかお客さんとのやりとりで
笑いを取ったり泣きを取るなどいわゆるパフォーマンス力にすぐれていた。
その親しみやすさが実力として超有名バンドに成長させたと思いたい。
さて我らが八ヶ岳マウンテンボーイズのDVDはタイトルは"DEBUT !?"で12曲
の動画+4曲の動画抜きのサウンドが収められている。定価:1,000円!

160928_IMG_20160923_0001.jpg

① DEAR OLD DIXIE (駒ヶ根カントリーカフェ)
② I’M BOUND TO RIDE (駒ヶ根カントリーカフェ)
③ PUNCH IN BREAKDOWN (甲府HARPER’S MILL)
④ OLD HOME PLACE (駒ヶ根カントリーカフェ)
⑤ DUELLING BANJO (駒ヶ根カントリーカフェ)
⑥ 涙の日曜日 (長野 Che’ lu)
⑦ LONSOME ROAD (長野 Che’ lu)
⑧ BANKS OB THE OHIO (甲府 HAPER’S MILL)
⑨ RAWHIDE (駒ヶ根カントリーカフェ)
⑩ カントリーガール (長坂聖マリヤ協会)
⑪ WAY DOWN DEEP (甲府 HARPER’S MILL)
⑫ DIXIE BREAKDOWN (韮崎 CORDON BLUE)
プラス(動画抜き)
① NIGHT WALK
② ARAB BOUNCE
③ CLINCH MT. BACK –STEP
④ FOGGY MT. BREAKDOWN

購入方法についてはBOMサービス。
他には吉田コーセイへメールでお問合せください。

見終わった印象では吉田コウセー氏の手腕が発揮された映像が抜群だった。
各所のライブハウスの撮り方があちこちぶれないでしっかりと固定されていたのが
とても印象がよかった。プロだもんね。
残念だったのは音の処理が画像に比べて劣り、もう少しだった。
しかし、これには予算の影響もあって多くは望めなかったと想像はつく。
どっちにしてもDVDデビューというものがこれほど私にインパクトを与えるものか、
と驚いたことを最後に書いておく。

連日の蒸し暑さに翻弄された現場だったが対策はバッチリ!リルコミだあ

連日の蒸し暑さに辟易。
小金井駅前の現場は木造二階建てのワンルームと小さかったが
暑さには芯から参った。
まあ熱中症には懲りているので二度とはかかるまいと気合はたっ
ぷりだが蒸し暑かったので普段の倍の手間がかかってしまった。
帰宅後、シャワーで気分転換するなど体を整えて午後4時すぎに
子どもの入院の状況を見に多摩北医療センターへ行く。
やはり大きな病院だなと思いつつ駐車場へ。
前夜とは打って変わって駐車場は満車状態。
昨日の夜中は俺の車が1台だけだったのにとブツブツ言ってると
1台が出て空車のランプがついてそそくさと停める。
大きな玄関を通過したが、中には外来患者がぎっしりだった。

サッカー小僧は絶食治療中にもかかわらず元気でこっちからの問い合わせにもは
きはきと応えてこれが病人?と思ったほどだった。
しかし、依然と背中は痛いという。
数値的には「よくなっているみたい」と明るく言った。
どうやら快方に向かっているようだ。
一安心である。およそ15分でお見舞い終了。「また明日!」というと軽く手を上げて応える。

こんばんは。
ライブ観戦など計画していたがすべてパス。
ついいま、友人から電話がかかり、「大丈夫か?」と聞かれたが
さっき行ってきたけど大分数値もよくなったと本人が言っていた。
「昨晩は高田馬場にジョン・ショール&有田純弘を見に行ったよという。
重太とか陛下などお友だちが大勢だったよ。
これには行きたかった。
もう一人の友人も子どもの入院を心配して電話がかかり、
ついでに私の熱中症にも心配をいただいた。
友だちは実に有り難い。
昨日の寝不足は承知できたが今日の眠気は何?友人は「年を取ると眠気もあとを引くよ」
だって。というわけできょうはこれまで。
これから旭川の男山(純米酒)を飲んで楽しかったフェスなどを思い出そうかな。

我が家のサッカー小僧倒れる!リルコミだあ

きょうのお天気は薄曇りなのに「暑いなあ」と流れる汗を拭き拭き作業をしていると妻が
「30℃だったんだって」と驚きの声を出していた。
こんばんは。昨晩は松山英樹が好成績で戦っているPGA最終戦
「ツアー選手権」の三日目の録画を見ながら眠った、と思ったら、
夜中の二時にけたたましく起こされた。
なにやら妻がごそごそ動き出して、「サッカー小僧がお腹が痛い」と
苦しんでいると私に言った。
「えっ?」と私。
寝ぼけていて何が起こっているのか確かめられないでいたが、
トイレから戻るとようやく目が覚めて下腹を押さえて必死に痛みをこらえている子どもに、
「我慢できない痛みか」と聞くと「我慢は出来るけど痛い。
眠れなかった」と応答してきた。
すぐに妻に病院を探すよう頼んで私は着替えを急いだ。
お腹の痛みで震えている子どもを然るべき病院に車で連れて行くためである。
しかしどこの病院へ行ったらいいのか皆目分からない。
妻が#7119を検索するわと言って検索を始めるとすぐに電話番号がゲットできた。
このシステムは消防署の担当者が、病人を抱えている人、
あるいは病人本人に対してピンポイントで病院情報を伝えてくれる。
病状を聞いてその症状に合った病院を数例紹介するとかいろいろ。
このシステムの背景には「119番通報の過熱」が考えられるから、
消防署は懇切丁寧で抜群の人気だという。

我が家の場合、病人が立って歩行が可能だから
マイカーで目的の病院に運ぶことが出来る。
ピッタシカンカンではないか。
しかし、まったく電話が繋がらない。
すぐ側の病院に電話をすると「内科医がいないので」と言われてバツ。
小平市内の救急病院は同じ理由で断られた。
そうか、断る手段には困らないだろうねチキショーめと思った。
このとき妻が、「多摩北医療センター」という東村山市内の病院を思い出した。
何でも仕事先へ往復しているうちに発見!したのだという。
まずはよかった!その病院に電話をすると先生が出てくれて
症状を子どもからあれこれと聞き始めると、「すぐに来なさい」という。
病人を車に乗せて親子三人で真夜中のドライブ。
10分で目的地に着くとそこは森の中に建っていた。
イメージよりも新しくて大きい。想像を超えた雰囲気に圧倒される。
こんな近くにこれほど立派な病院があったとはまるで知らなかった。
妻の記憶力に大感謝である。
すぐに救急入口の処置室前に親子が並んだ。
このとき午前3時40分ほどだった。
やがて先生が登場すると同時に子どもが処置室に吸い込まれた。

そして入院が決まったのはCTスキャン撮りをして映像が出来上がった直後だった。
すぐに看護師さんが処置室から現れて「こちらです」と先に立ち、
私たちは真っ暗な病室に到着。
廊下も必要最小限に照明が消されている。
もう朝の5時を回っていた。
四人部屋ののベッドに横になった息子に「じゃね」と挨拶して帰宅。
午前6時ちょい前だった。
病名は本人の意思を確認していないのでマル秘である。
とある臓器が炎症を起こした結果、猛烈に痛みが伴っていたと先生は仰った。
入院は検査と経過を診るためだと言った。
曰く、「3日は入院していただく」だって。
このことがあって本日の現場は猛烈な睡魔と共に作業をするハメとなった。
というわけで今でも眠くてしかたがないのだ。

19日はギャザリングで旭川フェスレポートをトークした!リルコミだあ

昨日はPCの扱いミスでせっかく書いたリルコミ本文を彼方へ飛ばしてしまい再びトライする
元気が無くなって、やむなくお休みとしました。すみません。
それにしても難しいですねえパソコンは。
新しいPCになってうれしいがなぜかフェイスブックを見るとすぐにフリーズしてしまう。
ジェイコムに相談すると「NECに見せるしかよくなる方法はないと思う」と
冷たく言われてしまった。

こんばんは。
19日の祝日は中央公民館音楽室で123回目のギャザリングだった。
冒頭、旭川フェスに参加した私のフェスレポートなど旭川旅行体験をトーク。
美味しくて印象に残ったものはお刺身の「ぼたんエビ」と
フェスでもどこでも飲み続けた「サッポロクラシック」が美味しくてベストだった。
キリンクラシックではなくて北海道はやっぱりサッポロクラシックであった。
フェスでは「オー!ジンバンド」と「マウンテン・ランブラーズ」と二つのバンドで出させて
いただいたが喉の不調でいずれもイマイチの出来だったことを報告。

160921_KIMG0646.jpg
島田音楽堂

会場は元牛舎だという。
牛舎を改造してとても立派な音楽堂に仕上げた人が島田さんで、
会場は生まれ変わって「島田音楽堂」になった。
ここでのフェス開催は今回で2回目。
たった一人で改造を成し遂げたことを話す。
実際に行ってみないと分からないがとても一人だけで作ったとは思えない大きさだった。
そしてブルーグラスのフェスが旭川に誕生したことにも少し触れたが、
思えば広がったものである。
これについては主催者の松本さんと彼に貸与してくれた島田さんに大感謝するのだ。
熱演のステージバンドレポートは私のレポート能力不足で残念ながらお見送りした。
いつかチャレンジさせていただくかも。
全体では非常に楽しく入場料1500円は安かったことなどをギャザリングメンバーにトークした。
特に重要な部分は「旭川フェスには若者が多くいた」と
トークすると「おお!」と驚きの声が溢れた。
小平ギャザリングに欠けるのは若者がいないことである。
もっともリタイア向けに始めたのがギャザリングなので若者が混じることはほぼ
期待は出来ないだろうが、たまには若者がフィドルかなんかを持ってやって来たらいいな。

160922_KIMG0659.jpg

160922_KIMG0660.jpg

Photo by OUMI

三連休最後の19日は小平ギャザリング納涼バンド大会!リルコミだあ

きょうも小平は曇り空でときどき雨がぱらつくお天気。
旭川から戻ってからスカッと晴れたことがないのでお日さまが恋しいこのごろ。
こんばんは。NHKの「とと姉ちゃん」という連ドラを見ているが、
主人公は三人姉妹の長女。
主婦に愛される雑誌の出版を夢見てこつこつと人を集めそして編集長を雇うことに成功。
身内だけのよちよち出版社から編集長による独創的アイデアを
特集するなどして注目を集め雑誌の基礎固めをする。
女性と主婦をターゲットに生活に密着した編集方針が功を奏して着々と雑誌は売れ続ける。
しかし、この雑誌を圧倒的な知名度と人気雑誌に押し上げた「商品テスト」が始まると、
出版社の中は緊張感に満ち、ドラマも一気に盛り上がった。
石鹸からトースターなど比較的軽い商品テストと結果を逐一雑誌に掲載。
ますます雑誌は注目を集め売れ続ける。
読者カードによる確たる反響と自信を得た雑誌出版社は
テストを家庭電気製品へとジャンプアップ。

順調に推移してきた雑誌も家電製品のテストとなると対象が大きく前途に風雲が漂い嵐
の毎日がやって来るのだろうかと予感をしてしまう。
ここで雑誌の正体は「暮らしの手帳」。
読者諸君にも名前は知られているかも知れない。
私は昭和30~40年代に行われた商品テストは知らないが、
かつて叔母などは発売日に書店に駆けつけて大切に抱えて帰って来たし
妻の母も大切に読んでいた。
言葉を変えると主婦の情報誌が暮らしの手帳だったのかも知れない。
後年、私もジューンアップルなる雑誌を編集することになったので、
その経験から見るとドラマの中では唯一原稿を書いている編集長が
とても親近感を覚える。
反対に見ていてつまらない画面は、とと姉ちゃんが子連れのお父さんと恋仲になるよ
うな展開が、「何だこれ」と感じるほどよそ行きの画面である。
この画面は緊迫感のある商品テストに反発したメーカーとの
やりとりをしている最中に時間を割いて見せられる。

このようなことは連ドラの常套手段かも知れないが、もしもそれだとしたらわざわざつまら
ないストーリーを挿入するなんてアホだなと思った。
明日から三連休となるが連休最後の19日は
小平ギャザリングのスペシャルイベント「納涼ブルーグラスバンド大会」が開催されます。
納涼という部分がちょいと違うように思いますが、
まあ思い切りエンジョイしてお天気をぶっ飛ばしましょう。


エレキギターの帝王!小松 久さんからライブ情報が届きました。
以下はメールの公開です。

皆さん、お元気ですか。
ライブをお知らせします。小松 久
*******************************************************
<小松 & たけちゃんのジュークボックス・ナイト>
小松 久 : E. Guitar & Vocal/ 竹野康之 : Keyboard & Chorus & flute
ゲストVocal:Miico
PLACE : マルディグラ(自由ヶ丘)
世田谷区奥沢5-29-10 リブレB1/東横線自由ヶ丘駅南口下車徒歩3分
予約Tel : 03-3722-6892
http://www.jiyugaoka-mardigras.com/
DATE :10月4日(火)
TIME : 1st stage PM7:30~
2nd stage PM9:00~
Charge : 2800円(予約)/3000円(当日)
今回はカントリー、オールディーズ、ラテン、スタンダード他ジャンルかまわずのジューク

ボックス的ライブです。ゲストにラテン・シンガーのMiico(ミーコ)を迎えて、ラテン曲他『テネシー
・ワルツ』も歌ってもらいます。
<予定曲目>
I Really Don’t Want To Know/ルート66/ハロー・メリー・ルー
キサス・ キサス・ キサス/Be My Baby/Stand By Me/ コーヒー・ルンバ /
テネシー・ワルツ/などなど . . .

********************************************************
岡村純孝&小松 久の <2 Guitars Happy Country Style #17>
PLACE : AGAIN(目黒線武蔵小山駅前)
     品川区小山3-27-3 ペットサウンズ・ビル B1F
     http://www.cafe-again.co.jp/
予約Tel : 03-5879-2251 またはMail
DATE :10月14日(金)
TIME : 1st stage PM7:30~
2nd stage PM9:00~
CHARGE : 2,300円(予約)、2,500円(当日)
成城学園の同期生デュオです。熟年もここまで熟すとボケもツッコミも渾然一体!
しかし古いカントリーだけは忘れません!!
<予定曲目>
A Fool Such As I/ Bouquet of Roses/ Green Green Grass Of Home/

Cold Cold Heart/ Help me make it through the night/ 他
*******************************************************
黒澤・マイク・小松 久 with 六川正彦
PLACE : 『Back In Town』都営新宿線 曙橋A2出口より徒歩2分
     新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1
     http://www.cafe-again.co.jp/
     予約Tel : 03-3353-4655
DATE :10月21日(金)
TIME : 7:00PM ~ (2 stages)
Music Charge: 3,600円
曲がライブ前のリハーサルまで決まりませんが、定番曲は必ずやります!
フォークやカントリーを中心に歌い、しゃべり、またしゃべりの気ままなライブです!

(すみません、既に残席少々です)
<予定曲目>
若者たち/バラが咲いた/星に祈りを/亜麻色の髪の乙女/他
*******************************************************
(ライブの感想をBBSに書込んで頂けるとうれしいです
BBS
********************************************************

スズメバチの巣を妻が発見!リルコミだあ

連日の曇天。
どうやら小平市内は雨が降らず気温も25,6度かな。
真夏に比べるとしのぎよさは格別で、お散歩途中の小川を泳ぐ小魚も
元気を増したように素早い動きに見えた。
夏の猛暑は東京地方は比較的少なかったように感じたが、
自然界は人間とは違った猛暑を感じとったと想像する。
こんばんは。
妻が生まれて初めてスズメバチの巣を発見!
昨夜は発見したときの瞬間などを興奮気味に話す妻の言葉に振り回されていた。
妻はここのところ毎年依頼される広い駐車場の草取りをしていた。
そこは駐車場をぐるりと取り巻く生け垣の剪定も仕事内容に含まれている。
どちらの作業も単純なのでときどき気分を変えるために生け垣剪定をしたり草取りをする。
妻はこれまで同様選定作業を進めて行くと、気づかないままスズメバチの巣にたどりつき、
「ブンブン音がするので振り向くと大きなハチが頭のまわりを飛んでいた」ので
すぐに逃げたという。
離れたところで冷静さを取り戻してそっと近づいて生け垣をよく見ると、
葉っぱに隠れている中に横にシマのあるテレビでよく見る丸い巣が見え隠れしていた。
そこにハチが飛んで入って行ったり飛び去ったりを繰り返している。
やっぱり!スズメバチと確認。
そこで作業を中断して帰ってきたといった。
問題は大きさである。妻は「大きくはないが中型ぽい」という。
しかし、明らかにスズメバチの巣だという。
おかげで仕事が先に進まないので市役所に電話をかけて
駆除してもらうわと言って話は終了。
スズメバチといえば真夏よりも秋になってから繁殖行動が盛んになると聞いている。
かつて少年時代にアシナガ蜂におでこを刺されてその痛さを思い出したように
感じた。もうひとつはジバチといって地中に巣を作ってそこにいるハチである。
このときは指の先を刺された。
いずれも巣を駆除しようとして見事にハチに反撃されて逃げ帰ったのだったが、
スズメバチとは戦った経験がなかった。
経験がないといっても大人の会話を聞いていたので戦うことなどは
考えもしなかったというのが本音である。
むかし、田舎へ帰省したとき廊下の奥にあった洋服箪笥の中に
スズメバチが巣を作っていて、周辺をスズメバチが飛んでいた。
それを見て驚いた私は「駆除しないと危険じゃないか」と親父に尋ねたが、
「ほっとけ」と親父が言った。
まあ、親父がいうならとこっちはそのまま東京に戻った。
巣は翌年には空っぽになってハチも1匹もいなくなったと親父から連絡があったが、
自然と同化して暮らすという親父じゃないと出来ないワザだと思った。
しかし、妻が見つけたスズメバチの巣はやっぱり駆除するという方向になるだろうと思った。
一夜明けて私はその巣を見に行こうと思ったが行けなかった。
妻にきょうの様子を聞くと、「遠く離れた場所で作業していたが
一匹だけ飛んで来たわ」と割と冷静に答えてくれた。
市役所に駆除をお願いしたときは私も立ち会わないといけない。
刺されたら痛いだろうな。
そういえばネッシーエクスペディションのリードボーカルのまっちゃんがハチに刺されたと聞
いた。
「痛かっただろう」とメールをすると「忘れていた自然の痛みだった」と返信が返ってきた。
やせ我慢とはこれだ、と大笑いしたのだった。

フィドラーの茂泉次郎くんからライブのお知らせが届きました。以下はメールの公開です。

9/21日の水曜・祝前日は、高円寺ムーンストンプで“グラッサイト”〈Grass
Sight〉のライブ、
20時スタートです。今回は私のフィドル(バイオリン)曲を中心に選曲した、フィドル特集です。
オリジナル曲を何曲か弾きます。歌も何曲か。
茂泉次郎「Fi・Ma」、山口さとし「G・Vo」、坂本健「Bj」、長坂勇一「Bs」、。2回ステージの後、
ご希望の方がいれば、フィドルのワークショップやジャムをしましょう。ブルーグラスフィドル
の弾き方や楽器のことで悩みがあれば楽器を持って遊びにきてください。。
場所:ムーンストンプ@高円寺。JR高円寺駅より徒歩数分。TEL:03-3310-6996。
杉並区高円寺北2-22-6 地下1階http://www.bighitcompany.com/moonstomp/
ご予約:MAIL
チャージ:予約¥1.500、当日¥1,800 予約のほうがいくらかお安いようで。
チャージ+オーダーお願いします。

旭川ブルーグラスフェス!リルコミだあ

連日の曇り空でいつでも雨が落ちてきそうなお天気だったが
一日降らずに持った小平だった。
こんばんは。
きょうのリルコミは先日筆者も参加した「旭川フェス」の写真を特集しました。
撮影者は渡辺輝次さんと中原ナオヒコさん他。


160914_IMG_7466.jpg
9日のライブハウスで見た「夢弦クラブ」

160914_NewEngland club
New England Club

160914_14224957_1177996322272149_7068171090582657527_n[1]
旭川キンペンズ。主催者とお仲間のバンド

160914_14316769_1177995978938850_269378603587402034_n[1]
旭川キンペンズのバックショット

160914_オージンバンド
オー!ジンバンド

160914_TODAY3.jpg
「TODAY」(神戸)

160914_おしるこロール
おしるこロール(北大)

160914_14333033_1178373355567779_5629343404537061064_n[1]
ストーブ

160914_14225593_1178374035567711_142513033122199306_n[2]
♪ イッツ ピッキン

160914_14330082_1177995628938885_7417925795361111766_n[1]
SAYONARA! 2016ASAHIKAWA BLUEGRASS FESTIVAL


以上。よい天気に恵まれた二日間でした。


第二回旭川フェスレポート!リルコミだあ


朝から雨の小平だったがお昼頃からは雨がやんで
どんよりと曇り空でときどき雨という不安定なお天気だった。
暑さもきょうはすっかり涼しくなってしまい、いよいよ秋に突入したのかと感じた。
こんばんは。

さて「旭川フェス」が大目的の今回の旅行も二日を消化してようやく当日となったが
二日も遊んで少々満腹気味だった。
その怠惰になりつつある気持ちを現実に引き戻したのが
バンジョーマン、ギッチョの旭川空港着のニュースだった。
ギッチョとは通称で本名は上野秀雄だが彼は社長業務が忙しく
二日遅れての旭川入りだった。
バンジョーを背負いバッグを持って駅前を歩く姿を発見したときは妙に感動を覚えた。
先に旭川入りをしてたっぷり味わい尽くしていたメンバーと合流を喜び、いざフェス会場へ。
会場までの足となったのは道北バスの終点「品川」行き。
東京の品川と同名のバス停とは?頭の中でいろいろイメージを作りながら
30分くらいで終点の品川に到着。
お山の中のバス停だったが、亀ちゃんがマイカーでお迎えに来てくれていた。
「徒歩でも5分くらいで会場に着くけど車だと楽でしょ」と有り難いお言葉。

すぐに会場着。赤い屋根の大きな建物が島田音楽堂といい、そこがフェス会場だった。
屋根だけを見ると丸いとんがり帽子のようなものが二つあって
他に農機具などが入る少し長めの小屋があった。
その手前には普通の住宅が1棟あった。
その側に老犬が一匹つながれていたので、ハハン、
この住宅が音楽堂の持ち主が居住しているお宅だろうと想像が出来た。
私はワンちゃんにご挨拶をと接近して頭をなでなでしてやると
気持ちよさそうにじっと静止していた。
口の中からのど飴を取り出して、「ほら」と手に乗せてやると、
私の予想は匂いを嗅いで掌に乗ったのど飴をぺろぺろとなめて
口の中に入れるだろうと思ったが、いきなりがぶりと私の手を噛んだのだった。
やさしく噛んだので怪我はなかったが驚いた。
よく見るとワンちゃんは目が見えないらしい。
私の手から地面にのど飴を移すとようやくペロリ。
改めてワンちゃんを見るとかなりの老犬だということが分かった。
大きなタープを持って来て設営してくれたのは
「亀ちゃんの用心棒」を自称したロックンローラー。
二言目には「ロケンロール!」と口ずさむ好青年だった。
体格もアウトドア向きの青年用心棒は設営が終わるとさっさとたき火担当になって
ゆうに二ヶぶんはあろうかという巨大なテントをすべて私たちに明け渡して
たき火マンに変身したのだった。

遅れたがお昼~夕方のお天気は晴れだった。
続々とマイカーが集まって会場はフェスムードになって行った。
テント側で同行の近江がフレイリングスタイルバンジョーのレッスンを始めた。
というわけで私も切符を購入しなくっちゃと
会場インドアへ行き1,500円を支払いパスのバッジをいただく。
そのままバンド練習をするためにタープへ。
お天気は夕焼けがきれいな夕方になった。
練習は「やっぱりギッチョがいるといい」などと思いながら終わる。
するとトシローくんはお隣に移って、「松本康男セッション」でテナーの練習を始めた。
関係者の出演順は17:00に近江、18:00にオージンバンド、
19:30ではマウンテン・ランブラーズ、20:00には松本康男セッション、
20:15分は亀野達夫というプログラムが組まれていた。

私が直接関係したバンドはオージンバンドとマウンテンランブラーズの二つだったが、
オー!ジンバンド&M.ランブラーズともに私の喉の不調が響き「いまいち」だったと反省
している。しかし、思い切りエンジョイしたのは言うまでもない。
ランブラーズのあとステージ前の席に居座ってトータル25バンドのうち9つほど鑑賞した。
お隣で情報を伝えていただいたのはテリーさん。
奥様の小平ブルーグラスコンサート出演の縁で3年間もお付き合いさせていただいて
いる関係だから遠慮が要らなかった。
「奥様の陽子さんは?」と私の問いにテリーさん、「ただ今リハビリ中」とだけ答えた。
私もこの夏、病を経験して苦しんだあともっと苦しいリハビリを体験している。
老人のリハビリは非常に苦しいが陽子さんにはどうか乗り切っていただきたい。
因みに旦那のテリーさんも立ち木から落下、骨を16本も折ったという。
そのテリーさんは傷もすっかり癒えて隣でいろいろ情報を私の耳に伝えてくれる。
「せきのやまざき」というデュエットバンドのときは余計に詳しく伝えてくれた。
片方のギターマン関野さんは札幌在住のカントリー&ブルーグラスのマニアだが、
私とは数十年ぶりの再会だった。
今回のステージではマンドリン&ギターのインストバンドだったが、
「関野さんは唄うことが無いの?」とテリーさんに聞くと「唄います」の返事。
「ここではインストみたい」というテリーさんに、私が「もったいない」と
言ったのは聞こえなかったようだった。
もう一人、数十年ぶりに再会した金一くんの「ストーブ」というバンドは
とてもソフィストケイトされて格好がよかった。
金一くんがリーダーなのかストーブについては不明だったが、
旭川から帰宅してから判明したことはこの素敵なバンドには駒澤大学OBの小松崎くんもメンバ
ーだとメールで教えてくれた。
その小松崎くんは不在だった。

神戸から「TODAY」がやって来て、ナオミちゃんが余裕で唄い
八ッシーも負けじとコーラスを唄いトップスピードで旭川フェスを駆け抜けたという印象だった。
リードボーカルのナオミちゃんは相変わらず素晴らかった。
お隣のテリーさんにもナオミちゃんのことを伝えたので私はスッキリ。
このあとがストーブだったので入口ドアの側で立ち尽くして彼らのステージを拝見。
お客さんにアピールする努力とバランスを常に考えているバンドだと思いつつ外へ。
実は帰りのジャンボタクシーが迎えに来る時間だった。
久しぶりに(といっても三時間!)タープ村にたどり着いてお仲間とスピーキング。
そこにテリーさんが来て、「タクシーが来ました」。
見ると白くてジャンボ風のバンが待っていた。
私たちオー!ジンバンドは会場に亀ちゃんを筆頭に
そのお仲間を残したままタクシーに乗ってオサラバしたのだった。
ごめんなさい。
ホテルに帰ったあと「旭川ラーメン」を食べに行く。
初めての旭川ラーメンは醤油を選択。
お味も量も私好みだった。美味しかったのだ。


旭川ファンタジーは美味しくもありグッド楽も最高の夜だった!リルコミだあ

先週8日に旭川入りしてフェスを挟んで3泊4日間の旭川旅行を満喫して
11日夜9時に帰宅。
羽田空港に到着すると夢弦堂さんが「お腹が空いた」と発言。
お仲間を引き連れて食事に行くが私は国分寺駅着の高速バスの時間があったので
お食事はパス。
こんばんは。
国分寺駅行きのバスは快調だったが甲州街道の
「味の素スタジオ=アジスタ」手前あたりから混みだして
国分寺に着いたのは夜の9時に近かった。
それでもほぼ予定通りだった!かな。

さて、先週8日午後に旭川空港に着。
同行者は「オージンバンド」+まっちゃん&夢弦堂さん。
空港からバスで旭川駅まで移動すると、あらまあ!真新しくてビューティな駅に驚く。
そして広いこと。
駅前はバスの発着とタクシー乗り場で敷地の半分を占め、
残りの半分はインターロッキングタイルが敷きつめた公園になっていた。
公園のお隣はイオンモールが建って中は新しく高級ムードたっぷり。
この日はお迎えに来てくれた友人の亀ちゃんを筆頭に
居酒屋天金にてお久しぶり会となった。
旭川市在住の亀ちゃんとは先月の箱根フェスで会ったばかりだった
が、間もなく四国松山からやってきた近江ちゃんも遅れて合流。
近江ちゃんはホントは羽田で同じ飛行機に乗るはずだったが
なぜか松山からの飛行機が遅れてしまい、
羽田で4時間も待たされて旭川着となった不運のお友だちなのだ。

カンパ~イ!を繰り返しお互いの再会を喜ぶ。
居酒屋天金はさすがに北海道、
いろいろな珍しい新鮮さが抜群のお肴がメニューにぎっしり。
「ぼたんエビはどうだい」という亀ちゃんにみんなが大きく「うんうん」。
ぼたんエビが届くとあっという間にお皿から消えてしまったが
8人のみなさん、「おいしい!」と合唱。
他に珍しいお魚なども共されて大満足の居酒屋パーチーだった。

翌9日はホテル組の3人は「旭山動物園」に行く。
残った私はホテルのまわりをゆっくりお散歩をする。
改めて駅の中へ入るとやっぱり広くて、
せせっこましい生活に慣れている私には広さにビックリ仰天する。
改札には稚内ー札幌間の特急が雨のため不通になりましたのお知らせが
BGMで繰り返し流れていた。
午後、旭山動物園組が戻ると、
「朝一番で行ったから並ばないで見られた」とはイイダコさん。
「歩いたよ。
園の中は山状になっていてそこを歩くから疲れたし腹が減った」とイリキ・ベースマン。
トシローくんは無言。
というわけで昼食へ。

10分ほど歩いて「ライオン旭川店」が予約されていて到着すると、
亀野邸組のまっちゃん、西貝、近江、亀ちゃんが待っていた。
あれ、先に生ビールを飲んでいるはずが全員静かにしていた。
何でも、「添乗員様が来てから」とくぎを刺されたのだといって大笑い。
ライオンの店員がイイダコさんを「添乗員」と発言したので
添乗員に慣れていないみんなはお笑いをしたのだろう。
以後、すべての場面で添乗員さんの出番が繰り返されることになった。
さて、昼食は北海道といえばジンギスカン。
私たち総勢でお肉とお野菜がてんこ盛りのジンギスカンに生ビールはサッポロクラシック。
食べて飲んでその絶品の美味しさにとろけてしまう。
それにしても生ビールの美味しさは格段だった。
ここでも大満足だった。

そして夜。亀ちゃんのホームグラウンドのライブハウス「グッド楽=グッドラック」に行く。
お店の中に入るとやっぱり広かった。
しかも機材もつぶよりだった。
店長の日下 功さんと面談をして亀ちゃんが私たちメンバーを紹介をする。
夜8時を回るとお客さんが集まって来てそれぞれが楽器を持っている。
まずは亀ちゃんが静かに歌い始めた。
唄ってよく練られた古いジャズがお店に流れる。いいムードだ。
やがて今夜のゲストが登場となった。

060912_IMG_7453.jpg
撮影 K.Nishigai

ポール・サイモン風の弾き語りをしてくれたのは浜田省吾に似た若者だった。
何と夢弦堂ギターを弾いている。
シングルカッタウェイのまろやかなシェープが美しい
夢弦堂製アコースティックギターを弾いて知り尽くした音が店内いっぱいに広がった。
続いて私たちバンジョーマン抜きのオージンバンドは3曲ほどで切り上げ、
今度は女性のシンガーソングライターの登場である。

060912_IMG_7463.jpg
撮影 K.Nishigai

060912_IMG_7459.jpg
撮影 K.Nishigai

ラグタイムとジャズスタイルのギターに乗せて
日本語の歌詞を唄っていくという彼女は千葉さんといった。
曲が変わって今度は私のお隣にいた女性とデュエットソングを唄うために
彼女はウクレレを持ち上げた。
おっと、ここも夢弦堂製である。
音も女性デュエットにピッタリで店内は盛り上がる。
私は思いがけない夢弦堂製の楽器が次々に登場したので興奮気味。
やがて今夜のスペシャルゲストの登場である。

060912_IMG_7466.jpg
「夢弦カルテット」 撮影 K.Nishigai

亀ちゃんがギター、さっきまで唄っていた千葉さんがウクレレ、
小平ギャザリングのサブちゃんも愛用しているウクレレベースマン(エレキ)と、
メインプレイヤーのウクレレマン吉田さんの「夢弦カルテット」が拍手に押されて登場する。
おー、ここにも夢弦堂製ウクレレではないか。
ハカランダ使用のコンサートモデルがリードパートをセンシティブに弾く。
やはりジャズだろうか、お洒落な響きがお店に漂った。
ウクレレリードを支える三人もピッタリ、静かな緊張というようなバランスが際立っていた。
ウクレレが主役というサウンドは録音ではあったが、
生で体験したのは生まれてはじめてだった。
帰りのタクシーは猛烈に飛ばした。
ホテルに着いてドライバーの顔を見ると、何とお爺ちゃんだった!ショック!


今週末は旭川フェスへ行ってくるのだ!リルコミだあ

連日の蒸し暑い残暑に二度目の夏バテになりそう。こんばんは。
明後日8日に旭川に飛行機で到着する予定である。
以前にも書いたが、「旭川ブルーグラスフェスティバル」にオージンバンド
で参加するためで、フェスは10日と11日なのに8日入りとはと不思議だと思われたかもしれな
いが、前乗りで旭川を楽しもうという魂胆なのだ。
有名な動物園に行きた~いとかいろいろだが、
これはバンドメンバー全員が旭川未体験というわけで、
「フェスに行くならせっかくの遠距離、楽しもうぜ」となった。
まあ、そんな他愛もない大人(この場合、爺が正解か?)どもに同行するの
は夢弦堂主人西貝氏とネッシーエクスペディションのリードボーカリスト松本氏の二人。
そして愛媛県の松山市から永遠のオールドタイマー近江がやってくる。
近江が来るということは待っている旭川住人の亀ちゃんと私で
「マウンテン・ランブラース」の再現が出来るぞ。
お互い遠距離に住んでいるため3人揃ってのライブは今回が最後になるだろう。
とはいってもどんなプランでどうライブに臨むのかノーアイデア。
何も考えていない。運を天にまかせてやるしかないのだがこれも楽しみである。
どうせ「上手にやろうぜ」とはいかない高齢者トリオ。
出たとこ勝負がお似合いである。
オージンバンドの方はフェスでやる曲を現地で決めるだけでいい。
何といったってバンドの要のギッチョ(バンジョー)が、社長業のため
私たちと同じ飛行機では来れないのだ。
彼は土曜日本番の朝着なのだ。
というわけで、「そうか、私は二回ステージに立つのだ」と改めて実感。
頑張っちゃお!そこで本ブログは書き手と管理人が共に旭川フェス入りするの
で明日からしばらくの間お休み。
日曜日には帰ってくる予定なので12日(月)にはリルコミ再開予定。
ではアデオス!

台風10号が残した岩手県岩泉町周辺の被害は今も目を覆いたくなる!リルコミだあ


きょうも熱かったぞ小平!朝夕は多少しのぎやすくなってチロチロ虫も鳴いていよいよ秋かと思い
ながら眠りにつく。こんばんは。台風12号は熱帯低気圧と名前を変えて日本海を北上している。
今後、各地への雨による被害予報が注目されるが夕方のテレビを見ると、先日大災害に襲われ
た岩手県の岩泉町と周辺の被災者はまだ孤立したままで電気水道などインフラが途絶えたまま
だという。川に沿って整備された道路。田舎では見慣れた光景である。その道路が大きく崩れて
車が通ることが不可能。きょう夕方のテレ朝を見ると、道路が崩れて通行不可になった場所で、
道路脇をとぼとぼ歩いてきたお爺ちゃんレポーターがに遭遇。「お爺ちゃん、インフラは通じてい
ますか?」問いかけると、「うんにゃ、何もない。こうやって下りてきたのはいろいろ用事をするた
めだ」、もう一人のお爺ちゃんは、「避難所に行けと言われたがダメだ。家には爺さんと婆さんが
いる。90と80だ」。この二人のお爺ちゃんは自宅は大丈夫だったが唯一の道路が崩れて、物
資が不足して、特に水が無いといった。何でも自衛隊より一回分の水はもらったが、その後が
無いと仰った。これから電話のあるところまで行って物資を請求するのだろうか。厳しい顔で歩
いて通過した。一週間前、テレビ各局は停滞していた台風10号が東北の太平洋岸を北上して
宮城県に「上陸する模様」と繰り返した。「岩手県」などとは一言も言わないで宮城県に上陸予定
などと一斉に繰り返した。私は予報が外れたらどうなるのかと考えたが、私も岩手県に上陸する
とは思いもよらなかった。まあ、どっちにしても太平洋岸を北上する台風などはこれまで皆無だ
った。東北各地の人々は台風というものに慣れていない。台風と共に大変な集中豪雨がやって
来てそれによって山が崩れ、木々が流れ、小川が恐ろしいまでの濁流に変わるのだ。やがて橋
が濁流を堰き止めて川から水が溢れだす。そして川沿いの家が流される。こうなることを台風に
慣れていない東北の人々は知らなかったのではと予想する。否、このような怖い目に遭ったこと
これまで一回もがなかった。今年の台風は東京に直接来たり、何回も繰り返したりして台風にも
個性があって、小笠原付近で台風が生まれたのも特徴だった。岩手県岩泉町を襲った台風10
号は甚大な被害と共に痛烈な教訓を残した。過酷な時代になって来たものである。

サッカーロシアw杯アジア最終予選「日本対UAE」は1-2で負けた!リルコミだあ


連日の晴れで暑かった。体調は箱根フェスにも行けたのでその自信からかとてもいい。
お散歩も初めのころのよちよち歩きから広い歩幅で歩けるようにまで回復、草刈りをし
ていた自治会の会長にも「お散歩か」と声をかけられた。よっぽど歩く姿がかっこよか
ったのかも。(笑)
こんばんは。昨日はサッカー日本代表が残念なことに1-2で負けた。
後半32分ごろの本田選手のパスに反応した浅野選手のゴールは明らかにゴ
ール同点!だと思ったのに主審は無反応。本田選手などの必死の抗議も認められず
結局は負けとなった。まずは勝利したUAEにおめでとうといいたい。最初の得点は右
クロスに反応した本田選手がヘッドで合わせた。蹴ったのは清武。黄金コンビである。
しかし、すぐに正面で相手にフリーキックを与えると難なく決められて同点。西川キーパ
ーの手に触れたが勢いでボールはネットに突き刺さった完全なゴールだった。日本は
GKの育成が必要だと思った。後半に入ると、相手の攻めに対抗した日本が三人で防
御、ゴール前左側相手がラインぎりぎりで右に回りながら倒れ込むと、そこはPKエリア。
主審はPKの判定。防御した三人のうちの誰かの足が引っ掛かったように見えた。こ
れも難なく決められて1-2と逆転、そのまま押し切られた。全体では相手UAEの動き
がよく常にボールの奪い合いを制していた。相手キーパーの反応も素晴らしく鉄壁だ
った。なぜ日本の選手が動けなかったかは謎だが、先日のオリンピック代表選手もド
イツやポルトガルなどに比べると半分も走れなかった。今後、オリンピック代表には「
走れ!」と監督が命令して結果を確認できるが、もっと年上の日本代表には動きの悪
さを反省してもらって奮起をしてもらう。昔の早い動きが戻るとは思わないが、海外組
も含めて日本代表選手が疲労状態では動きが悪くなるのも無理はなく、ホームで負け
たことの大きなつけは残り9戦のどこかで必ず出る。それから、日本人監督を本気で
選ぶことを進める。ハリルホッジでは不満足だ。

小池都知事と都政改革本部を支えるのは透明化と情報公開!リルコミだあ

きょうは午前中は風が吹いて涼しかったが夕方の今は蒸し暑くなってしまい少しでも
風を取り込もうと玄関ドアを開けたりしてみたが風は入らずがっかり。こんばんは。
小池東京都知事が昨日、築地市場の11月移転を来年の地質検査が出る1月に先
延ばしを決定してテレビ番組を賑わしていたが、きょうは一転、来たるべき2020年
の東京オリンピック費用の点検を含む改善策を検討する「都政改革本部」を立ち上
げて本日が初会合となった。今後、都政改革本部を支えるのは「透明化」と「情報公
開」である。早くもテレビによっては都議会議員や都職員に取材をして一連の小池
知事のこのような改革本部を早速批判をしていた。しかし、このような批判も透明化
がより浸透してきたら、「選挙が恐ろしくて口をつぐむ」に違いない。都職員に至って
は議員にくっついて幅を利かせていればいるほど毎日が恐ろしくなって逃げだすだ
ろう。私は小池さんのこのような都政運営は大賛成である。先日のリオ・オリンピッ
クの閉会式に登場した小池知事は雨をものともしないで実に颯爽としていた。反面、
ゲームのマリオに扮した安倍首相の登場は格好の悪さが目立ち、小池都知事の足
を引っ張っていたように感じた。閉会式にヘロヘロ出て行って小池さんよりも目立と
うなんて考えるところが心もちが小さいというんだよ。それよりも堂々と開会式に出
て大きな態度をしているのとどっちが首相らしいのか子どもでも解る。つくづく小っち
ゃい奴だと思った。小池都知事は透明化にしようとすればするほど邪魔や妨害が入
るのかも知れない。しかし、そのような行為には負けないで是非、都政改革本部共
々がんばってやりとげて都民に「やった!」と溜飲を下げさせてほしい。さて、これか
らサッカー日本代表の対UAE戦がある。たぶん勝つだろうと予測しているが先制点
を是非、日本に取ってほしい。引き分けという選択もあるけど勝ってほしいな。



唄うデュオやぎたこさんよりライブスケジュールが届きました。以下メールを公開し
ます。

こんにちは、唄うデュオやぎたこです。
関東もようやく、朝夕は秋の気配が感じられるようになってきました。
台風ごとに秋が近づく、というのは良いのですが、ちょっと威力が強すぎるようです。
どうか皆様、被害なくご無事でありますように!
さて、9月、10月もあちこちへお邪魔します。9月は九州!
やぎたこでは初めてお伺いする町もあります。
新しい出会いが楽しみです♪
どこかでお会いできますように!!

9月
3日(土) 大森 風に吹かれて 大田区大森北1丁目34-16第二みずほビル2F 
  03-3763-6555
  18:00open 19:00start 予約¥2,000 当日¥2,500  
 w/阪神パークがないでしょ/座・飛楽人
4日(日) 北村 謙 Banjo ひとり旅~短い短い関東ツアー 夏から秋~
 両国 両国フォークロアセンター 墨田区 墨田区千歳 1-5-15 03-3631-8273 
 12:00open 13:00start ¥2,500(1dr)  w/北村謙
10日(土)池袋 Polka-Dots 豊島区西池袋3-29-3梅本ビルB1 03-6666-2122 
   18:00open 19:30start 投げ銭 
16日(金) 板橋 Dream's Cafe 板橋区仲宿63-10浅川アビタシオン2F 03-5375-5502 
   18:00open 19:00start ¥2,000 
17日(土)~18日(日) 伊吹山音楽祭 2016 伊吹薬草の里文化センター 
   米原市春照37 出演者多数
19日(月祝)広島 Music Bar Jugemu 広島市中区銀山町11-10京ビル2F 
   082-243-6681 19:30open 20:00start 予約¥2,000 当日¥2,500
20日(火) 玉名 バッカス 玉名市高瀬479 0968-73-7434 19:30~ ¥2,500(1dr)
21日(水) 久留米予定
22日(木祝)伊万里 A-TRAIN 伊万里市新天町656高田ビル2F 090-4989-1808
23日(金) 福岡 チャックワゴン 福岡市中央区天神3-1-16橋口ビルB1 092-715-1455
24日(土)大分 Wam am cafe 大分市大手町3-6-3かえでビル1F 050-3642-7388 
   19:00~ ¥2,000(1dr)  w/夢来
30日(金) 鶴間 菩南座 大和市鶴間1-2-13 090-7704-4871 20:00~ ¥2,000(1dr)  

 10月
9日(日) 第10回小田原城ミュージックストリート 出演者多数
19日(水)東中野 cafeじみへん 中野区東中野1-46-11HIKOTAビル1F 090-9242-6183 
   19:00open 19:30start ¥2,000 

なお、ライブの詳細は、メールでお問い合わせ頂くか、
やぎたこホームページでご確認ください
(ホームページは「やぎたこ」で検索してみてください)。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
ライブのお知らせ
NEW !
イッツア・クライングタイム
5月5日
170405kodairact.jpg
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ