AX

2016-10

Latest Entries

きょうは早朝から現場だった。武蔵村山市内の戸建て貸家3DKだったが
住んでいたお婆ちゃんが94才で亡くなったということだった。
集合住宅でもたまにある死亡現場だが貸家では珍しいかな。
しかし、死亡したあとの処理が完璧だったせいか
普通の空き家だと言われればそのまま信じてしまうほどだった。
しかし、きょう一日では終わらず明日午前中まで作業が残った。
残った部分は近ごろよくあるガラスにフィルムを貼ったまま引っ越してしまうパターン。
今回は住人が亡くなったので仕方がないといえば仕方がないけど、
窓ガラスのほとんどにフィルムを貼ったまま剝がさずそのままにしたまま
知らん顔して引っ越してしまうとやむなく私たち業者が有料で剥がすのだ。
ガラスといえば直射日光にさらされる。
熱で焼かれてフィルムについている粘着もカチカチに固くなっている。
つまり、剝がれないのだ。
明日はこの剥がれないフィルムと格闘しないといけなくなった。トホホである。
中にはなぜ?と思うようなフィルム貼りもあって、
どんな効果を狙ったのだろうかとしばし考えてしまうパターンもある。
きょうの現場もお風呂のドアガラスにべったりとフィルムが貼ってあった。
ドアには上下二段に曇りガラスが入っていたが下段にフィルムが貼ってある。
しかも透明なフィルムだからなぜ?と頭の中に?が30個くらいになって
剥がし終わっても尚、なぜ貼ったのかと疑問が残った。
フィルムがお花マークなどであれば合点もするが
透明なフィルムだったので理解不能だったのだ。
まあ、住人にしか分からないことってあるのかも知れないが、
それにしても不思議なフィルム剥がしだった。
他人の都合や生活などは不明なところが少なくない。

こんばんは。きのうの日曜日、録画した世界選手権ゴルフ「HSBCチャンピオンズ」を
見て興奮した。
録画を見て興奮するなどはあまり経験がなかったが、
優勝した松山英樹が6バーディ、ノーボギーの最終日66で回り、
通算23アンダーという素晴らしい成績がスカッと溜飲が下がってビールも進んだ。
それにしても強かった。2位との差が7打もあるなんて信じられなかった。
追っかけるビッグネームもステンソンやマキロイといった強豪だったが、
逃げる松山が安定したプレイでバーディラッシュをかけて強豪たちの追撃を振
り切るという見事なゴルフで逃げ切った。
ゴルフなどこれまでほとんど触りも見もしなかったが
松山の勝利でこれからは見るだろうね。
二年くらい前にはテニスの錦織圭選手を知ってテニス中継を待ち望むようになって
今度はゴルフである。
松山はアメリカツアーを転戦中だという。楽しみが増えた。
*ゴルフ世界選手権シリーズとは、全英、全米オープンに次ぐ大会として
1999年に創設された。
米、欧ツアーを兼ね、世界ランキング上位に出場資格が与えられ、
年間4大会が開催されている。
今回勝利した松山英樹選手には三年のシード権も与えられた。



先日、清里清泉寮のポールラッシュ祭でお会いした
やぎたこのライブ情報が届きました。
相変わらずのハードスケジュールな様子が素晴らしい。
ハードスケジュールを乗り越えていく精神力が素晴らしい。メールを公開します。

こんにちは!唄うデュオ やぎたこです。
秋本番!そろそろ冬支度の季節がやってきました。
この秋も北から西へ、あちこちにお邪魔します。
お時間が合えばぜひお立ち寄りください。
なお、やなぎ、たかこ各々のソロライブの予定も記載しています。
何も書いていないライブはやぎたこです。
ソロもデュオも、それぞれ違う趣で活動しています。
どちらもそれぞれ、お楽しみ頂けたら幸いです。
よろしくお願いします!

11月
4日(金) 名古屋今池 りとるびれっじ 
名古屋市千種区内山3-6-14山八第二ビル1-D 052-732-7210
 18:00open 19:00start 予約¥3,000 当日¥3,500
 やぎたこ/吉村 瞳&小笠原友子
5日(土)~6日(日)上越市 WEST FLASH Bluegrass picking partey!! やぎたこ
8日(火) 鶴間 菩南座 大和市鶴間1-2-13 
     090-7704-4871 20:00~ ¥2,000(1dr) 辻井貴子
9日(水) 湘南台 中華三番 藤沢市湘南台1-21-20 
     0466-45-3777 20:00~ 投げ銭  やぎたこ
10日(木)松本 マイシャトー 松本市大字松原75-6 
     0263-86-0959 20:00~ 投げ銭  やなぎ
11日(金)町田 万象房 
     町田市森野1-34-18ユニオンビル5F 042-851-8875 やぎたこ
16日(水)御茶ノ水 Woodstock Cafe 
    千代田区神田小川町3-26-24新小川町ビルB1 03-3233-8015  やなぎ
17日(木)伊勢佐木町 John John 
    横浜市中区伊勢佐木町2丁目8-1 045-251-5382 19:30~投げ銭 やぎたこ
18日(金)京都予定  やぎたこ
19日(土)嵐山 ライブレストラン音や 
     京都市右京区嵯峨柳田町33-1 075-862-1225
     13:00~  \2,000 w/Shino&Beans  やぎたこ
20日(日)神崎川 アビリーン 大阪市淀川区新高2-16-12 06-6399-5335
     14:00~ ¥2,500(1dr)   やぎたこ
22日(火)京都 まほろば 
    京都市左京区高野西開町15ニシキマンション1F 075-712-4191
    19:30~ 投げ銭  やなぎ/オジョー
23日(水祝)瑞光 パールヴァティ 
    大阪市東淀川区瑞光2-11-21 06-7501-9822 
     やぎたこ/デイジーヒル
24日(木)神戸予定  やなぎ
25日(金)滋賀予定  やぎたこ
26日(土)和歌山 レモネードカフェ 
  和歌山市元寺町1-54 073-428-3210 17:30open 18:00start 
   前売¥2,500 当日¥3,000 やぎたこw/グラスホッパー
27日(日)姫路 魚橋呉服店 姫路市威徳寺町50 079-285-3573 やぎたこ

12月
2日(金) 鶴間 菩南座 
   大和市鶴間1-2-13 090-7704-4871 20:00~ ¥2,000(1dr)  やぎたこ
3日(土) 松本 マイシャトー 
    松本市大字松原75-6 0263-86-0959 20:00~ 投げ銭 やぎたこ
4日(日) 長野 ロズベリーカフェ 
   長野市大字鶴賀田町2194-12権堂秋葉ビル1F 026-266-0190 
     12:00open 14:00start ¥2,000  やぎたこ
10日(土)美濃加茂 ワンダーランド(丸圭書店) 
    美濃加茂市太田町2693-10 0574-25-2281  やぎたこ
13日(火)鶴間 菩南座 
    大和市鶴間1-2-13 090-7704-4871 20:00~ ¥2,000(1dr) やなぎ
17日(土)鴨宮 ジーズキャフェ 
    小田原市鴨宮342-7 0465-46-1808 18:30open 19:30start 
    ¥2,000  やぎたこ
21日(水)東中野 cafeじみへん 
    中野区東中野1-46-11HIKOTAビル1F 090-9242-6183 
     19:00open 19:30start ¥2,000  やなぎ

小池新都知事の改革に注目!リルコミだあ

きょうは黒雲に覆われて雨が降ったりやんだりを繰り返した日中だったが今夜は雨と予報
されている。そして寒くなった。こんばんは。きょう6チャンネルで小池新都知事の記者会見
を見た。TBSなどで中継すると日本中に小池人気が広がるだろう。東京都知事が全国区
の人気者になるという構図は都知事選挙のときは想像だにしなかったことである。ただ、選
挙演説で兆候はあった。曰く「築地市場の豊洲移転には都民が知らないことがある」、「20
20年の東京オリンピックの予算3兆円は高額だ」と透明性に欠けたこれまでの意識決定を
都民ファーストとして今後の流れを透明化するとぶちあげた。そして築地市場の豊洲移転
は延期され、東京都所有の土地に新設する三か所のオリンピック施設の見直しを都知事自
ら決めて現在、尚も検討中である。大まかにこんな途中経過だが、きょうの記者会見を見て
もこれらの問題の進展はなかった。ただ、小池さんの個人の勉強会「希望の塾」は30日に
立ち上がるという。塾生を募集したところ4,500人が応募。うち女性が30%を占めたとい
う。政治塾というものに4,500人も集まり、そのうち女性が30%以上もいるとなると一気に
新しい動きが見えて来そう。いわゆる小池新党である。この動きを察知出来ない政治家は
自らの議員生活をやめた方が賢明だろう。自民党の二階幹事長はこの事態に「すり寄り」
を見せたが振られて怒っているという。都知事小池百合子の躍進は留まるところを知らない。
民放各局といっても日テレ、TBS,テレ朝、フジテレビだが、これまでの放送を垣間見てい
ると、小池報道で番組の名前を上げたのはフジテレビの「バイキング」だろう。キャスター役
の坂上くんが不思議な緊張感を漂わせて小池都知事の取り組みを支持する。これに新聞
記者とゲストが絡み合って昼日中、迫力の議論が展開される。反対に最も分かりにくいのが
TBSで、大きな白板にベタベタと時系列の言葉が並ぶが、男性アナの歯切れの悪さとゲスト
の扱いが雑談風になってしまう進行の悪さに毎度見ても頭にくる。日テレはミヤネ屋で都政
を扱うがごく少々である。日テレらしく小池都政は「商売にならない」のだろうか。まあこの局
はしたたかであるから小池さんのお手並み拝見というところだろう。テレ朝はTBSの小池都
政問題を整理してすっきり分かりやすく放送してくれている。しかし、キャスターを含めてコメ
ンテイターが古い。もっと若い人を起用しないと番組が粕漬になってしまう。といろいろ言わ
せていただいたが、私的には3兆円は血税なので小池さんに賛同するものである。3兆円
で30兆円、あるいは60兆円もの経済効果が見込めるから安いもんだとテレビに出て来て
ぶち上げる輩がいるが、たとえ60兆円という経済効果が出たとしても都民全体に60兆円
が降ってくる訳じゃないから、やっぱりオリンピック開催費用3兆円は血税であって、吟味の
うえで使用してそれを都民に公開してほしい。まだまだ小池百合子に注目するのだ。


■エレキの帝王小松 久さんからライブ情報が届きました。以下はメールの公開です。

皆さん、お元気ですか。
ライブをお知らせします。小松 久
***************************************************
<小松 & トモン> Rock’n’Jazz night
小松 久 : E.Guitar & Vocal/ 高木知彦 : piano
PLACE : マルディグラ(自由ヶ丘)
世田谷区奥沢5-29-10 リブレB1/東横線自由ヶ丘駅南口下車徒歩3分
予約Tel : 03-3722-6892
http://www.jiyugaoka-mardigras.com/


DATE :11月21日(月)
TIME : 1st stage PM7:30~
2nd stage PM9:00~
Charge : 2400円(予約)/2700円 (当日)
トモンは中学高校の同期生で、僕にギターを教えてくれた先生でもあります。
今回初めての二人ライブですが、選曲は十代の頃から二人が関わってきた曲が中心です。

ロックンロール・ギターとジャズ・ピアノの組み合わせでどんな風になるか?お楽しみです。
小松 久
<予定曲目>
It’s A Sin To Tell A Lie/A Fool Such As I/Twilight Time
Route 66/Can’t help falling in love with you
Scotch and soda/Sweet Caroline/What a wonderful world
Smile/Georgia On My Mind and more . . .
***************************************************
(ライブの感想をBBSに書込んで頂けるとうれしいです
http://hisashikomatsu.web.fc2.com/
***************************************************



■月刊ムーンシャイナー誌編集長渡辺三郎氏からのメールが届きました。
以下はスチュワート・ダンカンに続くフィドルワークショップ第二弾です。

11月1日、Christian Sedelmyer Fiddle Workshopへ最後のお誘い!!
ジェリー・ダグラス・バンドで活躍中、現在10月は自身のフィドル&バンジョーユニッ
ト「10 ストリングシンフォニー」でオーストラリアをツアー中、ほかにもティム・オ
ブライエンやビル・フリーゼルらとのセッションを重ねる現在ナッシュビルの最高のフ
ィドラーのひとり、クリスチャン・セドルマイヤーが来日、一日だけのワークショップ
を開きます。もちろん、その妙技もたっぷり!と聴かせてくれるはずです。

オールドタイムからブルース、スウィング、そして最新のブルーグラスフィドルまで、
日本ではめったに聴くことのできないバーサタイルなアメリカン フィドルを観るチャ
ンスです。日本を代表するフィドラー、岸本一遥と若手凄腕フィドル&バンジョーユニ
ット「Tact & Takumi」も賛助出演します。ぜひ、お気軽にご参加ください。

クリスチャン・セドルマイヤー“フィドル ワークショップ”
●日時:2016年11月1日(火)午後6時:開場(Greetings and Beers...!?)、7時:ウ
ェルカム&ハウディパフォーマンス開演(Tact & Takumi, Ichiyo Kishimoto and Chri
stian Sedelmyer)
●場所:武蔵小山“Again”〒142-0062 品川区小山3-27-3 ペットサウンズ・ビル B1
F、武蔵小山駅から徒歩2分! 03(5879)2251
http://www.cafe-again.co.jp/
●参加料:大人\3,000-、学生\1,500-
●問い合わせ・予約:
山田拓斗 メール
または、サブさん メール

ネット記事から拾った気になるものは!リルコミだあ

きょうも小平は風のないとてもおだやかな一日だった。大好きなMLB(メジャーリーグベースボール)は
シカゴカブスが勝ち、これでワールドシリーズはクリーブランドインディアンスとの対戦成績は1-1のタ
イとなった。シカゴカブス対クリーブランドインディアンスは、両チームとも10月の寒さが厳しいところだか
ら戦う選手も寒くて大変だろうと思って見ていると、寒そうに首をすっぽり囲っている選手もいれば反対
に夏場のユニフォームそのままで試合に入っている選手もいる。暖かい場所でやりたくないのかと考え
るのはたぶん私だけだろうが打席に立つバッターの吐く息が白くなっているのを見ると、「大変だ」と思
わざるを得ないが、目を観客に移すとそこにはTシャツ姿が少なくない。やっぱりMLB!だと納得する。
こんばんは。そのMLBニュースをネットで拾い読みをしていると、何でもインディアンズのOB選手でケ
ニー・ロフトン氏が元ヤンキースのデレク・ジーター氏と現役メジャーリーガーのイチロー選手に対して、
際どい発言を繰り返しているとシカゴトリビューン紙が伝えている。
「今季史上30人目のメジャー通算安打3000本を達成したマーリンズのイチロー外野手は、将来的な
メジャー殿堂入りが確実視されている。そんな中、メジャー殿堂入の権利を喪失した往年の名選手が、
殿堂入り候補のイチローやジーターに八つ当たりをしている。恨み節を漏らしているのは、現在プレー
オフで熱戦を繰り広げているインディアンスOBケニー・ロフトン外野手。(現在はプレーオフを勝ち進ん
だインディアンスはワールドシリーズを戦っている)1993年アストロズでデビューして以来17年の現役
生活では通算打率299、出利率372、2428安打、622盗塁、945四球という輝く成績を残した。19
94年から6年連続オールスターに選ばれている。輝かしいキャリアを送ったロフトン氏だが、全米野球
記者の行う殿堂選手を決める投票では、有資格1年目だった2013年に、3.2パーセントしか得票が
出来ず、選考対象者から外されてしまった。翌年も対象者となるためには有資格者1年目の得票で5
パーセントの得票が必要だったからである。殿堂選手という栄誉を手に出来なかったロフトン氏は、そ
の原因が3000本安打を達成出来なかったことにあると見ているらしく、もしも殿堂入りに3000本安
打が必要だと知っていれば、四球で出塁する努力をしなかったと、自分のプレースタイルを後悔してい
るという。もしも、こうなることが分かっていれば、自分は試合で非常に自己中心的なプレーをするべき
だった。四球で出塁しようと悩む必要はなく、毎回スィングしにいっただろう。恨み節全開だったロフトン
氏は、ジーターは四球を選ばなかった。イチローは速いけど盗塁をしようとはしていない。3000安打を
達成した2人のレジェンドに恨みの矛先を向けている」とあった。
しかし、デレク・ジーターは20年間で3,465安打、ロフトンを上回る1082四球を記録。一方、イチロ
ーは16年間で3,030安打、626四球、508盗塁を記録しまだ現役のプレーヤーである。ロフトン氏
の恨み節の対象者にたまたまなっているが、この人、有名プレーヤーに自分の恨みをぶつけていると
ころがかわいいよね。現役引退をしたら殿堂入りを心配をする。何とも贅沢な悩みである。



高尾もみじまつりの思い出がたまらない!リルコミだあ

きょうは秋らしく晴れた一日だったが小平団地のイチョウの紅葉はまだまだの様子だった。
先日、大月ハーベストギャザリングで往復した国道20号線の山道も紅葉にはまだ時間が
かかりそうだったが、今回は高速の中央道ではなく何となく普通道、つまり20号線を往復
したのだった。20号線を下って山道にさしかかったところに今では大変な人気スポットと
化した「高尾山」の参道がある。ここでは毎年11月、「高尾紅葉まつり」が開かれている。
20号線からは右手の高尾商店街の奥、ロープウエー駅前の「特設ステージ」まで毎年出
かけることが体に刻まれていたが、その習慣が中断されてしまった。特設ステージの主役、
浪曲家でエンターテイナーとして人気絶頂の「国本武春」が突然、急死してしまったのだっ
た。11月の午後、夕日に照らされたステージに上がって芸を始める国本の姿形が目に焼
き付いている。毎年たゆまぬ努力を重ねて芸域を広げ、浪曲界では窮屈になるほど圧倒
的な存在感を示していた国本武春だったが、去年、「高尾紅葉まつり」に出演をした後の
12月に、舞台リハーサル中に倒れて帰らぬ人となった。突然のことだった。翌年2月に浅
草ビューホテルでお別れ会が行われて800人以上の人がお見送りした。あれから数か月
が経って私は国本が最も愛した場所、高尾紅葉まつり会場につながる参道を見ていた。

20号線を下って来て信号で止まっていた。早朝だった。参道を歩く人の影はなく全体にひ
っそりと沈んでいた。左手には国本を丸ごと愛して後援を惜しみなかった高尾商店街の小
坂氏の経営する「トリックアート」がそびえていた。国道20号線を走ろうと決めたことの中
には、やっぱり私たち仲間の思い出の場所に敬礼をしたかった。亡くなった友人がその持
てる芸で晩秋の一時を盛り上げた場所は忘れられない。11月の赤く染まった紅葉が風
に揺れて落ちるなんてと、何でもないことでも今年はつらいだろうなあと思った。

本日はファミレスミーティングをしたのだった!リルコミだあ

きょうは夕方から雨が降ると予報通り雨が降っている。明日は暖かいらしいのだが明日に
ならないと分からない。こんばんは。きょうはチャーリー&ナオミちゃんと私と妻でファミレス
ミーティングを行った。ミーティングといっても気が向いたときだけのダべリング(会話のこと)
だから、ミーティングになるかどうかあいまいだったが、とりあえず「大月ハーベストギャザリ
ング」の反省をしたのだった。「来年の開催があったら〇✖△は直しましょう」などと午前から
午後3時過ぎまで延々とやっちゃったのだった。長尻もこれ以上はないだろうと思ったが、
ここのファミレスは慣れたもの。去年などは平均5時間ぐらいは話していたからお店の方も
「あの人たちは長い」と踏んでいるようである。大月はギャザリングメンバー全員が「楽しか
った」と言ってた。それから受け入れていただいた小俣さんファミリーもとっても喜んでいた。
「ほら、これ黒ヤギ」、「これが鶏の写真」などと小俣さんが飼っている動物の写真を見せっ
こしてくれたチャーリーさん。「鹿の肉食べました?」とナオミちゃん。私は元々野性系の肉
はあまり食べたことがなかったのでハッピーランドにその鹿肉があったことも知らなかった。
「美味しかったわよ」とナオミちゃん。鹿肉といえば帰りのことだけど、JR中央線藤野駅か
ら乗ろうと電車を待っていたが時間通りに電車が来ない。尚も待っていると駅のアナウンス
が流れて「電車と鹿がぶつかり遅れましたが間もなく到着します」だって。鹿が線路に出て
来たのだろうかとビックリ。そういえば青梅市にクマが出たとテレビが取り上げて放送したか
ら、いよいよ東京もクマ被害があるかも知れない。などといろいろな会話が飛び出すいつも
のファミレスミーティングだったのだ。野性ついでに、、九州の福岡県北九州市在住のエル
ビス吉川もイノシシ、サル、シカなどと戦っているという。エルビスは畑も作る。春から秋まで
野菜がそれこそイヤというほど採れて、プラスご近所からも野菜が届く。食べるのに困るほ
ど野菜に囲まれているのが悩みといえば悩みだな。ところが数年前にサルの団体に、私の
畑の野菜から村中の畑すべてが襲われて野菜を食いちぎられてしまった。それからはサル
軍団との格闘が始まったが敵は夜中に団体でやって来る。朝になると野菜を食いちぎって
姿を消している。つまり戦いは人間の連戦連敗なのだ。保護指定動物でもあって手を出せ
ない。しかし、やがてサルが姿を見せなくなってホッとしていたら今度はイノシシが来て根菜
などは食い尽くしていく。この間なんか小っちゃいウリボウっていうの、あれが朝、家の前を
ちょろちょろと歩いていた。今年は落花生がいい具合に採れそうだからイノシシにやられる
のが恐い。「他にシカもおるし、最近は野生動物の中に人間が生活しちょる」と言っている。
日本全国北九州のようなことになっているのではないか。東京に住んでいると野性とは無
縁のように思ったが、東京も青梅など山や谷に近い地域もある。クマ、イノシシ、シカの他
野性化した動物もいて、いろいろこれらの野生動物被害を探っていくと東京も意外な事実
が展開されているのかも知れない。どうなっちゃっているんだろ!

先週末22日(土)は「大月ハーベストギャザリング」だったぞ!リルコミだあ

きょうの小平は晴れて風もないおだやかな秋となった。こんばんは。先週末は大月市まで
出かけてピクニックギャザリングと洒落て、「大月ハーベストギャザリング」とタイトルされて
晴天の下、楽しいバンド大会となった。バンドは小平ギャザリング出身が中心となって、「
HAPPY LAND」特設のステージにトータル11バンドの共演となった。この中には「Boy
Named Sue」(スー少年)のカントリーバンドと、HAPPY LANDオーナーの小俣さんによる
「アコースティックカントリー」が含まれている。トップバッターはフィドラー橋爪さん。いつも
トップをお願いしても快く受けてくれるナイスなレディだが、本番でもグッと成長したフィドリ
ングをプレイしてくれる。今回はここに、「Happy Sunny Side Of Life」をシンギング。
バックに女性コーラス隊が付くという豪華ステージをご披露。ステージアレンジ力まで発揮。
鳥沢駅で転倒てして膝を擦りむいたことを払拭したトップバッターとなった。二番目は所沢
の秋葉 勝&フレンズ。バンジョーの松田さん、マンドリンの橋本さん、ベースに鮫島さんな
どのバックメンバーを従えて堂々のステージを展開。今年8月にギャザリング入りしたとは
思えない安定感があった。欲を言えばブルーグラスバンドに慣れることというのが私の感
想だったが、まあこれは少しづつ慣れて行けばいいのだ。三番目は「THE BLUEGRA
SS RUNNERS+α」内田茂博・桂子さんご夫妻のデュエットにバックバンド「ピーターパ
ン」が付くという豪華版。ご夫妻で海外を含むマラソンを走る。つい先日はドイツのベルリ
ンマラソンを走ったたという。ブルーグラスもデイジーヒルを追っかけをするくらいに夢中
になってただ今は小平ギャザリングの常連として猛勉強中。その結果、ピーターパンの協
力を得てグッとバンドサウンドに一段上昇。旦那のブルーグラスバンジョーも効果的に指
がよく動き成長を見せてくれた。奥様の桂子さんはフィドラーを目指して猛勉強中。桂子さ
んは「唄うフィドラー」を目指している。レパートリーにWhere The Soul of Never Diesを入れ
るなど積極的だった。来年の大月が楽しみな内田ご夫妻である。四番目は前相模湖ピッ
キングパーティ(略して相模湖フェス)の主催者、Mr山田バンドの「The Grassbillies」。
いきなりバンジョーコレクターらしく、Erl’s Breakdownから入る。Mr山田さんは相模湖フェ
スの新しい開催場所を探している途中に大月ハーベストギャザリングの開催を耳にして
すぐにバンドとして参加を決め、練習を重ねたという。ギター&リードボーカルは法大OB
の子島さん。フィドルはかおりさん。メンバーとしてはこの三人であるが子島さんの甘いボ
ーカルが冴えわたって三人とは思えないほど充実していた。出番後、山田さんと話すと、
「バンジョー談義が出来てうれしい」と言ったので思い出すと、今回の1回目には私の親
友でバンジョーコレクターの篠宮さんと小森谷信治の両氏が来ていたのだ。山田さんは
彼らと交流したに違いなかった。五番目は「武田正和&ブルーグラスボーイズ」。バンド
名は私が付けた。武田くんは東京のブルーグラスが盛り上がりを見せた時代を象徴する
「Be Blossom」のころ日大農獣医「バージニアバーンズ」のメンバーだった。中学校からの
ギタープレイヤーで大学に入っても曲げずにギター&ボーカルとなった。学生現役のとき
私はどこかでバーンズのステージを見たことがあったので小平ギャザリングにギターを
背負ってやって来たときは数十年ぶりに出会ったのだった。現在は仕事が忙しくしかも
勤務体系も変化があってギャザリングにも常連とはなれないという現状。しかし、小平ギ
ャザリングにはハートウォーミングな助っ人がいるのだ。マンドリンの橋本さんとベースの
鮫島さんはここでもヘルプ。六番目は「エンジョイグラス」。今回の大月の小俣さんと私た
ち小平ギャザリングを結び付けた張本人「青梅の内田さん」率いる新しいバンド。元シャ
ギーマウンテンボーイズの森田さんもフィドル&バンジョーでメンバー入りしていた。私個
人的にはギター&リードボーカルの森田さんが好きという多彩な実力を誇っているミュー
ジシャン。今回新バンドでご披露した曲は7曲。その中で私がよかった曲はTennessee。
近ごろではほとんど聞けない一曲。出来るバンドは大事にしたい。七番目は「阪神パー
クがないでしょ」の鮫島敏明&登志子さんご夫妻のデュエットスタイルバンド。登志子さん
はエレキベースとほぼリードボーカルを担当。旦那の敏明さんはギターとボーカル。とき
どきブルーグラスリードボーカルを歌うが大概は登志子さんのボーカルにハーモニーを
付けている。今日のステージは二重丸によかった。普段のステージでも十分な満足を得
る出来だったが、私にはこれまで聞いた中のナンバーワンだと思った。よほど二人の気
分がこの環境に合っていたのかも知れない。中でもI Don’t Care Anymoreは好きだった。
八番目は小平ギャザリングの主催者といってもよいチャーリー&ナオミちゃんのBGM。
このお二人も抜群の出来栄えを示した。最初にオリジナルの「Mt. Fuji」を披露したのが
よく乗りに乗った。彼らは練習に次ぐ練習でデュエットスタイルという難しいコンビネーシ
ョンを確立。オリジナル曲を作るという作業からして大変なのだが、ブルーグラスレパー
トリーも彼らは独特の歌い回しというか節回しである。ナオミちゃんは今回、これまで見
たことがないほどパワフルな歌とギターだった。阪神パークさん同様、日ごろの練習の
たまものだと思った。何といっても二人しかいないのだから、ステージ空間を震わせてお
客さんの目を引き付ける動きと歌を追求するのはなかなかに大変だと思うこともある。
ここで45分の休憩が入る。私は会場となったハッピーランドで供された料理を食べて
感動した。豚汁&おにぎり他。周囲は小俣さんの田んぼ。おにぎりは収穫した新米で握
られたホッカホカのもの。豚汁も野菜がいっぱいの超ヘルシーで新鮮そのものだった。
小俣ファミリーのお子さんがコーヒーを100円でサービスしてくれる。ギャザリングメン
バーもこの歓迎に顔が緩みっぱなし。ドリンク片手に料理をぱくつく。これに田園風景が
素晴らしい。休憩後のトップはジョニーキャッシュの曲から取ったカントリーバンド、「Boy
Named Sue」。メンバー全員がカントリーになりきっている。バンドとして音楽を始める前
にまずはスタイルで自己をカントリーに統一する。小平ギャザリングではMrカントリーと
呼ばれる菅野さんがPeach Picking Time in Georgia歌い始めた。落ち着いた安定感が
心地いい。ここではエレキギターとフィドルを器用に弾きこなす橋本さんは常に元気であ
る。普段はマンドリンで大活躍を見せてくれているが、何ということかエレキギターでカン
トリーミュージックをまとめてくれたのだ。カントリーバンドは暖かい響きが心に染みた。
私個人的には稲葉光子さんが弾くエレクトーンの音が印象に残った。あったかい響きの
根っこがこれだと思った。10番目はハッピーランドの小俣さんと岡部さん、そしてマンド
リンの原 龍一さんのトリオで「アコースティックカントリー」である。小俣さんはウッドベー
スを抱えて素晴らしいプレイをする。安定感と多彩なフレーズが長年のキャリアを感じさ
せた。ボーカルとギターは小平ギャザリングにも顔を出した岡部 弘さん。病気を繰り返
したため岡部さんを見間違うほど細身になって登場した。しかし、Silver Wingsを歌う声
は長年の年輪を感じさせる魂のボーカルだった。聞くところによると、大月界隈で岡部さ
んを知らない人はいないだろうという。岡部さんの伝導によってカントリーに目覚めた人
は数知れないと聞いた。大月ハーベストギャザリングは岡部さんの掌に乗っていると言
えるのかも知れない。さて、第一回目の最後はやっぱりブルーグラスバンドの「ピーター
パン」である。このバンドも練習好きで知られているが、実は小平ギャザリングで最初に
結成されたバンドなのだ。「どうなるのか~」という心配をよそに練習を積み重ねて、揺
るぎない案定感を作りあげていった。ビル・モンローからフラット&スクラッグスなどトラ
ッドなブルーグラスのレパートリーを持つ。キックオフはKaty Dalleyとかなり渋い。しかし
これがバンドカラーとなるとかっこよいのだ。最後はブルーグラスの名曲、I’m on My
Way Back to The Old Homeで閉めた。グッドジョブであった。フィナーレはもちろん、
Blue Ridge Cabin Home。ほんとに楽しかった。HAPPY LANDは夕焼けに染まった。

161024_SCN_0002 (2)

明日22日のプログラムを制作したぞ!リルコミだあ

きょうはうす曇りというのか白い雲が太陽の下にたなびいて陽光が薄められてその分気温が
下がって22℃が最高だったとお天気キャスターが口をそろえた。
秋の1日はとても過ごしよく気持ちがよかった。
こんばんは。明日は「大月ハーベストギャザリング」。
私の役目は総合的プロデューサーなので朝6時に現地に向けて出発する。
大月市の現地までどのくらいの時間がかかるのか分からないがまあ、
午前9時までには到着するだろうと計算したが基本はどんぶりである。
そして明日のプログラムを作った。
昨日の午前9時から作り始めて夜中の12時に近い時間まで細かい部分を
いろいろ手直しをしていた。
没頭をするのはやめようと思うのだが、やっぱり結果的にそうなってしまった。
なぜ昨日制作しようと思ったのかというと本日は新宿の
友長クリニックに診察に行く日だった。
ほんとは先週15日の予約だったがこの日は清里の清泉寮に宿泊していたので
とても新宿までは行けない。そこで前日予約をキャンセルして本日に振り替えたのだった。
プログラムは私が原稿を書いてレイアウトをして印刷をする。
これで原稿が出来る。(版下ともいう)ここまでは私の役目で、これはお正月のブルーグラス
コンサートと同じ手法だった。
161021_0001.jpg
残るは本格的な印刷である。ここの段階になると妻の作業となる。
小平市中央公民館に設備されている印刷所に出向き表裏の印刷をする。
新聞社のような輪転機がかなり早く回って印刷をするのだ。
慣れないと失敗をすることになるが妻はすでに8回も輪転機を経験しているので
ベテランといえる。そう、お正月のBGコンサートは今回で8回目となるのだ。
さて、午前7:30に自宅を後にして新宿の友長クリニックへ向かった。
私は池袋で育ったために妙に「池袋行き」などという響きに反応してしまう癖がある。
友長クリニックは新宿高島屋に近いビルの9階にあるが、
私はJR中央線で荻窪駅で地下鉄丸ノ内線に乗り換える。
丸の内線は荻窪と池袋間を走っているので私的には「池袋」という響きがたまら
ないので荻窪で丸の内線に乗る。
池袋行きに乗るのだ。

新宿三丁目で下りてトボトボと地下道を歩いて5分、到着するのである。
ところが今日はヘモグロビンの数値が上昇していたの
で友長ドクターから体重をしっかりコントロールするように指導されてしまった。
振り替えればこの二か月間、糖尿の数値を意識はしていたが
美味しいものを食べすぎたようだった。
なるほど体重は2キロも増えていたのだ。
病人はつい普通の人と同じだと考えてしまう。大間違いなのである。
目の前でステーキを食べる普通の人がいたとすると、ドクターに褒められて
いた頃はとても強い気持ちで肉類は食べるのを我慢した。
動物性脂肪の少ないものといえばお魚を食べ、
お醤油大好き人間だった私は極力お醤油から離れようと努力をしていた。

糖尿病は美味しいものはすべてダメだと理解をしてないと絶対に数値は下がらないという
強力無比な病気である。
「少しはいいだろう」、「たまにはいい。俺だって人間だ」などと勝手
な理屈をこねて旭川や山梨の清泉寮などで病人だということを忘れていた。
「体重をコントロールしてね」という注意は、こんな勝手な私には相当に厳しい指摘である。
さすがに糖尿病治療のトップランナーのお言葉である。
ネクストマンスまでにがんばらなくっちゃ。

10月の秋の山は果実でいっぱい!リルコミだあ

きょうの小平はピーカンの晴れ。風もなくうららかな日和にご機嫌の現場入り。こんばんは。
10月は山に果実がなる季節で子供のころは毎日仲間と手に袋を持って栗や梨をもいで袋
に入れていた。たくさん獲れたときはそれこそ意気揚々と家に帰り最大の声を張り上げて「
ただいまー!」と一声。特にお袋が好きだった小ぶりの山の日当たりのよい場所になってい
る梨が袋一杯に獲れたときは兄弟にも自慢した。お袋はお酒が好きで飲める人だったので
この梨を瓶に焼酎で漬けて冬の夜にちびりちびりと美味しそうに飲んでいた。山の小さな梨
のお酒が「一番おいしい」といって喜んでいた。山には他にぶどうやサルナシ、またたび、あ
けびなどが場所によってそれぞれ確実に獲れた。学校から帰ると鞄を放り投げて山のぶど
う棚に寝そべってぶどうをつまむのが楽しかった。他にはキノコ採りもあった。私はあまり得
意ではなかったが山歩きが上手な弟などはさっさと藪に突き進んで10分もしない間に両手
に抱えた茸の株を持って藪から出てきた。舞茸という高価な茸を無造作に私の立っている
足元に転がして弟は再び藪の中に消えていく。私は何をしているのかというと茸の番をして
いるだけでただボーっと立っていたのだった。藪をかき分け入って中にいくのが恐かったの
だ。以前、茸を獲って集合場所に戻ると顔の横に青い色の大きな芋虫が止まっていた。そ
れを手で払い落したときの指の感触が残り長く忘れられなかった。そこへいくと弟は深い山
の申し子のように藪の中を自由自在に動いて舞茸などを独り占めしたようにどっさり獲って
出て来るのだった。春の筍も同様で私が1本獲る間に弟は袋に一杯獲って「兄きは見てい
てくれる?」と言い残して藪に消えていた。深い山は経験の足りないものが入ると絶対に元
の場所には戻れないと言われる。ほんの少し藪の中にいた積りでも「さあ戻ろう」と思って
もあれ?と不思議なほどに迷ってしまうと弟も言っていた。弟には必ず藪に入った場所を見
失わない秘訣があるのだろう。待っているとごそごそ藪が揺れて弟が出て来る。大量に獲
れたときはお隣におすそ分けする。舞茸を持って行くとたいがいはビックリ仰天となる。松
茸もさることながら北の国では舞茸が松茸同様の価値を有するのだ。そこでお袋が作る舞
茸鍋がほっぺた落ちるのだ。すき焼き風でもよい。私の大好物はきりたんぽ鍋に舞茸を入
れて食べる。きりたんぽよりも団子にしただまこ鍋の方が好みである。どっちにしても思い
出の味である。お袋もこの世の人ではないのでいまでは今日のように晴れた日は新米の
お米で作ったきりたんぽ鍋、お袋の味にあこがれるばかりである。

清里清泉寮のポールラッシュ祭に参加する!リルコミだあ

きょうは朝から雨の小平だった。
こんばんは。

先週は山梨県の清里高原の清泉寮ポール・ラッシ祭に参加した。
三日間、晴天となってたくさんの人で会場は満杯、大賑わいとなった。
私は14日(金曜日)午後2時にチェックイン。
今回は明日15日(土)と16日(日)に開催されるポール・ラッシュ・フェス
ティバルに妻と共にご招待され、清泉寮に二泊三日連泊という豪華版となったのだ。
私は今回、ハンターホールという場所で、「ブルーグラストーク」をさせていただいたが、
他にハーベスト・ステージでは東京の「ブルーサイドオブロンサム」、
神戸の「スライスチーズ」、全国区の「やぎたこ」が出演をして、
集った若いファミリーたちにアピール。

高原の素晴らしい晴天に恵まれ、やんやの歓声と拍手で盛り上がった。
ちょっと意外なほど受けていたのでブルーグラス&カントリーファンが、
「こんなにいるのか?」と思ったくらいだった。
周りを見渡しても若者と若いファミリー連れが圧倒的な感じで、
この人たちがミュージックファン?と思ったのだった。
私は去年から参加して、ブルーグラストークをさせていただいていたが、
去年よりも今年という具合に次第に音楽ファンが集まっているのかも知れない。
このイベントに関しては「八ヶ岳マウンテンボーイズ」というブルーグラスバンドの
リーダーが運営を手伝ったところから、去年は「ネッシーエクスペディション」、
「レッドブル」が登場し、今年は「ブルーサイドオブロンサム」という大物バンドの出演となった。
今年はフェスティバルのトリにブルーサイドの演奏と歌が充てられるという
場面が演出されて、愛江ちゃんがフィナーレとなる「アメイジンググレイス」を絶唱!
歌の最後には何発もの花火がボーカルと絡んで印象的なトリとなった。
花火が打ち上げられると見ているこっちもその場面に驚き、
そしてちょうど愛江ちゃんの真後ろから花火が上がったので、
本当に深い感動の嵐が込み上げてきた。
ブルーサイドはさすがの実力をすべてのステージで安定した素晴らしい演奏を展開してくれた。

11月4日はバックインタウンに出るからよろしくね、とは御大将ササベマスオさん。
お元気なのだ。
さて、14日(金)は地元のライブハウス「パームスプリング」で神戸からの
「スライスチーズ」と「八ヶ岳マウンテンボーイズ」の共演ライブが開かれるというので参加。
行くなり、スラチ(スライスチーズの略称)が目の前でウォーミングアップ中。
一際目立つミュージシャンがバンド一番の新入りだというジョッシュ大塚さんがいる。
音楽が止まるとお互いに気づいて長いハグとなった。
ずいぶん前に銀座ロッキートップにブルーグラス45で来たとき以来だから
10年近く会っていなかった。
そのブランクを埋めるようにいろいろと細かい話をする。

やがて「八ヶ岳マウンテンボーイズ」がキックオフ。
しかし、いつになく硬い。
国立はっぽんに来たときのように「やってやる!」的な気合も何だか滑っているようだ。
関西弁の独特な乗りと言葉でやられたのか?
しかし、次第にリラックスを取り戻してまとまって来たぞと思っていたら終了だった。
そしてスラチである。ジョッシュの加入でバンドがどう変わったのかと思ったが
私は初めてのスラチ体験である。
最初から楽器を繋げてごきげんようとご挨拶。
決まった!あとはリーダーの前田さんが曲によってギターからフィドルに持ち替えて、
そう、ジョッシュもマンドリン&フィドル、そしてバンジョーと持ち替えてアピールするが、
スラチの紅一点のエース、黒田まりよちゃんもバンジョーからギターに持ち替えて歌う。
唯一目立たないフーちゃんこと藤原明彦さんは仕事でカリフォルニアに行ったことをご披露。
「そのときに買ったのがこのTシャツ」とパームスプリングスTシャツを見せた。
「だけど大きすぎて太ももの下まで長い」と笑わせる。
さすがに関西人はベース弾きでもあなどれない。
役者が多いのだ。

スラチの勝負手はまりよさんのバンジョー&リードボーカルで
彼女が弾いても歌っても雰囲気はバッチリだった。
アカペラコーラスもよかった。
ハーベストステージでアカペラコーラスをやるとフェスにぴったりはまって、よかったなあ。
ブルーグラスアカペラが青空に溶けるように素晴らしかった。
よかったといえば翌日の夕方7時から始まった「歓迎パーティ」は楽しめて、
私は日本酒の「七賢」を飲みすぎて酔って沈没したくらい楽しめた。
そうそう、かつてジューンアップル誌のスタッフフォトグラファーだった満田健二氏が何と、
「バンドを作ったんです」とプロカメラマンの吉田恒星氏。
彼は「きょうのパーティで歌ってくれるかな?」と仲間の晴れ姿が
ここで見られるかと気を揉んでいた。
そこで酔った勢いで私がジャムに呼び出すと見事にバンド出演となった。
実に堂々と歌って演奏をしている満田さんとメンバーを見ると、
新しいブルーグラス人生が始まったのだと思った。

満田さんは千葉の本八幡出身だが、ある日突然長野県佐久市佐久穂町の
山のログハウスに移り住んだ。
清里との距離は車で80分ほどだという。
同じカメラマンどうしで吉田恒星氏と清里で合流を繰り返し、
ついにバンドを作ったというから大きな動きが起きたのだった。
小平のギャザリングも究極的には参加者全員がバンドを作ってもらうというのが願いである。
清里でも八ヶ岳マウンテンボーイズのバンジョーマン加藤さんが
小さな集まりを月1回の割合で開いている。
この貴重な集まりは大切に運営していただいて第二第三のバンド作りを目指している人に
ヘルプを差し伸べてとお願いしたい。

続いて私の「ブルーグラストーク」は清泉寮内のハンターホールという場所で行った。
今週末に「大月ハーベストギャザリング」でお世話になる小俣さんや新潟のヒゲこと藤
木さんも駆けつけて16日の午前11時にはほぼ満員となってスタート。
ところが昨晩のお酒飲みすぎが祟ってトークする中身が
すべて頭の中から飛んで行ってしまい、フニャフニャトークになってしまう。
私のトークをアレンジしていただいた吉田恒星氏は、
「ジョッシュ大塚が目の前だったからやりにくかったでしょ?」と心配をしていただくが、
「いや、まったく問題は私のせいです」と答えた。
というわけで60分間中身のない話となってしまってひたすら反省の日となってしまった。
今回のポールラッシュ祭の参加に多大な協力をいただいた
「八ヶ岳マウンテンボーイズ」のみなさん、
そしてプロカメラマンの吉田恒星さんに大感謝を申し上げる。
ありがとうございました。

また、朝食が終わって部屋まで歩いているときにブルーサイドの加藤さんが、
「吉岡 正が亡くなった」とポツリ。
しばらく言葉が出なくて歩くのももどかしく
立ち止まったみんなが「「しかたがないなあ」と言葉が合った。
合掌
*写真はすべて吉田恒星

161017_04985.jpg

161017_04972.jpg

161017_04914.jpg



昨日の東京電力新座施設の大火災を考えてみた!リルコミだあ

きょうも一日曇ってしまった小平。寒さも一段と深くなった感じで底冷えした。こんばんは。
さて小平ギャザリングのお仲間のナオミちゃんが昨日、実家の浦和へ訪問した帰りに遭
遇したのが、例の東京電力新座変電所というか地下施設の大火災。ビックリしただろう
なあナオミちゃん。テレビの中継を見ると、黙々と黒い煙が立ちのぼっていて関係者もや
じ馬もなす術などなくただ呆然と立ち尽くしていた。見ているしかないのだ。火元は地下
で全く見えない。黒い煙はやがて赤い火も含んでもくもくどんどん立ち上っている現場に
ナオミちゃんが出会ったのだった。ここは川越街道を挟んで埼玉県の志木側と新座側が
あるが、その新座側に設置された施設だと見当がついた。これは私だけの見当である。

かつて板橋区に通勤をしていた私は、よく通った道路がこのあたりの川越街道に接続し
ていた。だから景観なども見覚えがあった。かといって東電のここの施設を知っていたわ
けではない。いや目立たないように作られたのが地下施設だから、近所の住民でさえほ
とんどの人は知らなかったに違いないと思った。それにしても、ここの施設の大事故のお
かげで都心23区の内11区が停電したというから驚きである。東京新聞朝刊は「「首都
断線」と銘打ち、トップで大報道した。そもそもどうして都心が停電する原因を作ったのが
埼玉県新座市の施設なのか。福島原発も東京の電気需要のため福島に作った。万一、
事故が起きても一千万都市東京都は安全と考えたのだろうか。だとしたら、不慮の爆発
事故だってありえるから今回の火災事故が起きる前に何の施設かを住民には知らせる
義務があるのではないかと思った。まあ、福島原発も新座施設も東電である。原因説明
をした東洋電力パワーグリッドの社員は、「ケーブルの経年劣化」が出火の原因と発表。
電線の使用年数は50年で新座施設で使用された電線は35年経っている。したがって、
電線から出火しても不思議ではないと発表。悪びれることなく淡々と技術的なことを言っ
ていたが、この辺りは誰かに似てるなあと思った。停電となれば、あらゆる電気的な繋が
りが突然遮断されることなので、現代社会ではまず考えられないことであって、たとえ記
者会見といえど淡々と何のプレッシャーもなく記者の前で話せるなど考えられないことだ。
近ごろ注目の東京都庁の市場長が、都議会に登場してかなりのプレッシャーにも平然
と無表情な説明をしていた。完全に開き直って「何が悪いの?」と一切悪びれなかった
ように見えた。火災原因を説明した東電社員がこのときの市場長と似ていたのだ。長い
こと地域独占を続ける東京電力と、唯一無比行政官だらけの東京都庁。毎日の失敗な
どはあり得ず、給料の心配も不要。仕事も同じことの繰り返し。などは私の考えだが、
東京電力が福島原発事故その他で出費があった場合、出費をそのまま地域住民(東京
都民)へつけ回した。毎月の電力使用量として値上げをする。これを決定するのが原発
推進を進めてきた自民党である。この循環で東京電力は安定経営となって地域独占を
する。今回の火災事故も「経年劣化」とあたかも原因は電線メーカーのような発言をした。
こんなところにも福島原発同様の責任回避がちらついてみえた。都庁は小池百合子知
事に改革をお願いをするしかないが、東電の場合はこれで二回目の大事故となる。社
長を含む経営陣をそっくり入れ替えないと会社全体に緊張感が生まれないだろうと思う。
三度目の大事故が起きないために会社の中を支配する緩んだ空気、澱んで半ば腐った
組織を一新しないといけない。東京電力にも小池新都知事のような人物が待たれるが、
あるいは対抗する会社を望むことだが難しいだろうね。

清里清泉寮のポールラッシュ祭に参加してブルーグラス・トークをさせていただくことになったリルコミだ

きょうはお日様がピカッと照って風もなく小平は気持ちのよい秋の一日となった。こんばんは。
今週14,15、16日と去年に続いて清里清泉寮のポールラッシュ祭に参加してブルーグラス・
トークをさせていただくことになった。出演交渉に当たっていただいたプロカメラマンの吉田恒
星氏には細部にまでお世話になり大感謝をさせていただく。私のトークは16日午前11時スタ
ート。場所は「ハンターホール」という。去年と同じ場所ではないので去年も参加されたBGファ
ンのお方にはお間違いのないようにご注意いただきたい。トークの内容についてはほぼ私に
お任せの状態だが、今回はBG史に輝く「ニューグラス」と、動きの中心にいて先頭で牽引した
「ニューグラスリバイバル」に焦点を当ててトークの展開を図りたい。もちろん、かつて東京で
ニューグラスリバイバルに触発されて誕生したBG雑誌、「ジューンアップルにも触れたい。
ただし、時間が許す範囲となるのでご承知を願いたい。という訳で今週末は清泉寮ポールラ
ッシュ祭においでください。バックに八ヶ岳がそびえ目の前にはなだらかなガーデンが広がり
その向こう側には遠く南アルプスの山並みが見えるという絶好のロケーションに恵まれた「清
泉寮」が年に一度大賑わいを見せる日がポールラッシュ祭なのだ。ステージには15日(土)
12:30PMと14:30PMの二回、天下の「ブルーサイドオブロンサム」が出演する。素晴らし
いロケーションにはピッタリのブルーサイドが楽しめる。翌16日(日)10:15AMに関西から
「スライスチーズ」、そして11:00AMには私のBGトーク、12:30PMが「ブルーサイドオブロ
ンサム」、13:30PMに「スライスチーズ」、そして14:45PMには「やぎたこ」、そしてポール
ラッシュ祭のとりを務めるのがアメイジンググレイスコンサートとタイトルされて登場の「ブル
ーサイドオブロンサム」の予定。尚、「スライスチーズ」とはBG界のレジェンド「ジョッシュ大塚」
が参加するバンド。お祭りの広場がBGで一杯になるようだ。

ドクターKこと徳武弘文のライブ情報メールを公開します。

徳武です、今年もやります、宜しくお願いします。
http://amritaguitars.com/

161012_00.jpg

三連休10日に開催された孫の運動会へ行く!リルコミだあ

三連休明けのきょうも曇り空の小平だったがすっかり変わったのは気温が低くなったことだ。
こんばんは。8,9,10日の三日間すべて雨混じりだった。私は孫の初運動会に参加するた
めに8,9日の二日間を雨で流されてじりじりと待ちぼうけを食わされて、ようやく連休最後の
昨日10日に開催となった。場所は孫の遊園地そばの小学校で開催という。午前8時前に娘
宅に到着後、お昼ご飯のお弁当を持っていざ小学校へ。すると、ゾロゾロと人の流れが小学
校へと流れて入って行く。私たちもである。孫はすぐに所定の場所に行き運動会開催時間を
待つ。私たちと親一行は空いている場所にシートを敷きお弁当を置いて観戦場所に移動す
る。これで孫の奮闘ぶりが見える。ともかく園児たちが多いのに驚く。加えて両親など父兄た
ちがその三倍はいる。300人は超えているように見えた。ガードマンもいた。どうして幼稚園
の園庭で運動会をしないのかなと考えたが単純に園児も含めた人数が多いからなのだろう。
孫は今年4月に入園。ちょうど半年経ってからの運動会だった。私の気持ちに浮かぶのは
果たしてまともに真っすぐに走れるのかだった。年少のかけっこは5番目にまわって来た。
孫はピストルの音で真っ先に飛び出したが10歩ほど1番で走ると横を向き立ち止まったの
だった。しかし気がついたのか再び駆け出してゴール。3番手だった。昼食になった。孫はい
つものように海苔巻きをパクついてパワーを取り戻した。お父さんもお母さんも私も妻も娘手
作りのお弁当にパクつき大満足。午後まで年少の出番があって孫はふらふらとなって参加。
すべて終わって手作りの金メダルを先生に首にかけてもらった孫はそれまでのふらふらとは
違ってうれしさ百パーセント、大元気になったのだ。金メダルは開閉式になっていて開けると
先生と孫のツーショット写真が入っているというすぐれものだった。ご機嫌の孫のヒロトくんに
別れを告げて帰宅したのは午後5時をまわっていた。心地いいけど疲労感一杯の運動会だ
った。毎年恒例の運動会だったのだろう随所に盛り上がり長いこと地元との繋がりが強固
だということを知った。スピーカーの音量は低く抑えられて雰囲気的にはいまいちだったとい
えるかも知れないが、爺婆的には十分に楽しい運動会だった。サウンドPAの音量が周囲
に配慮して低く抑えているという現実が実に寂しい。子供なんて元気が一番なのにね。

フェイスブックを見て旭川フェスを思い出した!リルコミだあ

きょうは小平も晴れたからうれしくてお世話になっているお布団を干した。
しかし、現場で作業をしていると次第にうす曇りになって
布団を干したことを後悔したが中断は不可能。
その後、幸いなことにお天気が崩れずに持ってくれた。
おかげで帰宅してお布団を取り込めた。
取り込んだのは妻だったがどっちにしてもバンザーイ。

こんばんは。旭川フェスでお世話になった地元の亀ちゃんは、
「今宵フェスの反省会で飲むのだ」とお酒&ビールなどを
出発前に写真に撮りFBで公開した。
お酒の隣の缶ビールは、旭川で初めて飲んだサッポロクラシック。
リアルな写真に思わずゴクリ、喉が鳴った。
いいなあ!と白い缶のクラシックと共に旭川フェスの思い出が
頭に浮かんで夕方の一時を楽しんだ。
想像するに北海道で飲むからクラシックも格別なのだろうか。
楽しかった旭川フェスとサッポロクラシック。
思い出もダブルの味としてかけがえないものになった。
フェス主催者&関係者のみなさんありがとう!とお疲れさまでした。

                                         ↓つづく

全文を表示 »

きょうは午後からギャザリング!リルコミだあ

台風一過と言いたいところだが小平は午後10時すぎに風が少し吹いた程度だった。
だから、18号台風で大騒ぎしていたのはNHKテレビだけだったと失礼を承知でいい
たいが、実際に被害が出たところもあるので自粛したい。ただ、毎度同じパターンで
「来るぞ来るぞ!」と視聴者を煽り立てるのはもうやめてもらいた。今回は、日本海の
新潟沖で温帯低気圧に変わったらしいが予想では、山形県付近を横断して太平洋
に出ると放送していた。これを一日何十回予報を聞いた側としては「工夫は無いもの
か」と一言文句も言いたくなる。こんばんは。今回の台風は18号だが続く19号も同
様にお騒ぎするのかと思うとありがたみもなくなる。こんばんは。きょうは午後からギ
ャザリングだった。定刻の12:30分すれすれに到着するとPAセッティングのモッチ
ャンは待ちくたびれた様子。彼は常に誰よりも先に到着しているのだ。すぐにマイク
などおお急ぎでセッティング。きょうの参加者は20人ちょっとか。珍しくフィドルを抱え
て唄うフィドラーMr.陶山さんが来てくれた。バンジョーマン広川さん、熱心なバンジ
ョーマン丸山加代子さんも登場した。チャーリー&ナオミちゃんのBGMがテーマを明
るく唄ってスタート。バンドも華やかだった。BGM,ピーターパン、阪神パークがない
でしょ、所澤の秋葉さんは周りの常連をつかまえてリードボーカル&ギターで堂々と
まとめた。将来有望である。フィドラーの吉田類さんは珍しく「広川教室」に入って個
人指導を受けたり、ステージに戻って間奏を弾いたと思ったら甘いボーカルで「ケン
タッキーワルツ」を唄うなど大活躍。バンジョーマン松田もジャムの常連である。楽器
コレクターにきっぱり別れを告げてバンジョープレイヤーに徹した効果が少しづつ現
れていた。指のもつれは少しだけになって来た。スター街道は目の前だ。夜間の仕
事に従事している武田くんはきょうのステージジャムを取り仕切っていた。有り難い
ことである。比較すると私よりも大分若いからパワーたっぷりなリードギターを弾き、
近ごろは積極的に新曲を披露してくれる。残るはバンド結成が期待されるが、若い
分だけ会社の働き手なのである。様々なギャザリング参加者でもバンジョーマン小
杉晴海くんの参加は今後のお手本として大いに期待が持てる。「私たちも清泉寮の
お祭りに行くわ」と仰ったのは調布の内田さんの奥様。これまで20年近く清泉寮の
お祭りに行ったという。「ぼくはあそこでバンジョーを見て感激して、すぐにバンジョー
を買いました」とは旦那さん。「日曜日に駆けつけるわ」とお約束。実は私、16日の
日曜日午前に清泉寮で「ブルーグラストーク」をすることが決定。14日から宿泊して
いるのでご近所のブルーグラッサーは遊びに来てください。他にはかの売れっ子
バンド「ブルーサイドオブロンサム」と「ジョッシュ大塚」、「やぎたこ」がステージで共
演する。さて、ギャザリングである。午後4時30分終了。片付けのあと一階ロビー
でダべリング。20人に近い人数が団らんルームに揃うと豪華絢爛というか大きな
粗大ごみにも見える。私のとなりが「腰が痛い」を連発したサブちゃん。ピーターパ
ンのベースマンとなってすっかりおなじみだ。「「女房の実家で不幸があってこの週
末は大忙しだ」と腰を曲げて歩く。バンド家業と家族サービス、そして義理人情の
世界をまとめるのはサブちゃん。忙しさに耐えなければいけないね。




小池新都知事都議会に登場!リルコミだあ

きょうは台風18号の影響もなく近頃普通の少し晴れのちずっと曇り空の小平だった。

九州各地は風による被害が起きている様子がテレビで伝えられて、友人知人が多い
ので心配でならない。テレビによると、台風18号は今後日本列島を横断するとか。
予報マンは「山形付近に上陸するかも」というにとどまっている。これまで予報だとか
予知で当たったことは珍しいが、果たして今回は...。こんばんは。テレビというと民放
は、ただ今「都議会中継」で乗っている。小池新都知事による築地市場移転問題が、
移転先の豊洲新市場の土壌、建て方に、明らかな不安が出たため、新都知事は11
月7日の引っ越しデーを安心が出来るまで延期したのだ。これが契機となって、この
問題に日テレ、TBS、フジテレビの民放大手テレビ局が食らいつき、毎日のように「
特集番組」を組んで放送。人気タレントの意外ながんばりなどもあって各局が競うよ
うに注目を集めている。東京の問題の一つが都民を通り越していまや国民の大注目
問題となって、視聴率もうなぎ上りだろうか。反対にNHKテレビはというと国会中継を
していた。こちらも大事である。さて、昨日から都議会が始まったのでいまや日本一
の注目を集める人、小池新都知事が登場となるのでテレビ局各社は大中継!きょう
は都議会二日目。昨日の同じような映像で各局手替え品替えで番組を作るが、これ
が実におもしろいのだ。妻などは「こんな不正は許さないわ」と録画大攻勢中。時間
を見つけてはビデオを見て憤慨!私にも「見なさい!」と進めること甚だしく、どうやら
女の矜持に火が付いた様子。世の中の女性を怒らせたらこの勝負、都庁の役人だ
ろうが都議会議員だろうが関係なく、新都知事共々事態解明にまい進する覚悟であ
ると見た。私は新都知事の人間性をよく分からないので何とも言えないが、彼女たち
は何者かの税金不正使用に怒り狂っていて、すでにテレビを通して小池都知事と一
体となって不正に立ち向かっているのだ。小池さんはこのまま事態の追及を中途半
端に出来ない状況だということだ。歴代都知事のようにお金にまみれることのないよ
うにと願って小池さんに投票したら、私たち都民の救世主になりそうである。

ノーベル賞に輝いた大隅教授は酒好きだと!リルコミだあ

きょうは晴れて気持ちのいい一日となった。
やっぱり人間には晴れて陽光が輝いていた方がいい。
日曜日、頼まれていた個人宅の草取り&片付けをしたとき、
10センチ以上はあるヒルが外壁に貼りついて細い先っちょが
右左上下に動いて進む方向を探っていたが何しろこの日は陽光が燦々と
外壁に降りそそいでいたから行き場がないのだった。
私はふと「どこから来たのだろう」と思ったが、やがて外壁から地面に落ちて
体をよじっていたら動かなくなった。
しばらくしたら跡形も無くなっていたのできっと鳥が食べたのだろうと思った。
鳥はこの日晴れたことを知って近くの木々にたくさん止まっていたのだ。
そのせいかそれまでジメジメ天気を謳歌していたナメクジやミミズ、
そしてカタツムリなどは陽光を避けるから鳥にも食べられて災難だったに違いない。
のんびり構えて逃げ場のないナメクジが陽光を避けるようにぞろぞろとレンガ塀に
貼りついていたが哀れ、1時j間も経つとそのほとんどが地面に落ちて蒸発していた。
連中は太陽が照ると生きてはいられないのである。

こんばんは。ノーベル医学生理学賞が日本人の受賞が決まった。
栄冠に輝いたのは大隅良典(オオスミヨシノリ)東京工業大学栄誉教授。
栄冠に輝いた直接の研究は細胞リサイクルを解明したとある。
細胞リサイクル?私からはあまりにも遠くかけ離れた研究なので
まるで何なのか分からない。
新聞記事も丁寧に書いてくれたのだろうが読んでも分からない。
しかし、その大隅教授に目を付けたスウェーデンのノ
ーベル賞を決定する機関が目をつけ決めたのだそうだ。
目立たない細胞研究に没頭する教授がいる一方、
鷹や狼のように優れた五感を持つ「機関」があるのだ。
世界は広くて途方もなく細かい。
想像するに大隅教授を誰にも知られないように数年、否数十年くらい観測したのだろうか。
きょう奥様と記者会見を開い難しい質問の他にお酒好きだといった。
こればかりはものすごく新機関を感じた。
同時に、このような超優秀な教授がウィスキーじゃなくて
ブルーグラス好きだったらもっと楽しいだろうなあと空想した。

我が家のサッカー小僧退院する!リルコミだあ

きょうは曇りのち時々雨の小平だった。そうそう、我が家のサッカー小僧は先週末めで
たく一週間で退院しました。「早く出たい!」とお見舞いに行くとこのように繰り返して親を
苦しめましたが、退院後二日も経つと平穏が戻ったうれしさにそのことも忘れてしまいま
した。今日から会社に出勤したのですべてが元に戻りました。ご心配をいただきありがと
うございました。そうそう、病名は「すい炎」でした。左下腹と背骨が痛いというので早速、
腎臓結石を疑いましたが、これは大ミステークでした。素人の生兵法は危険を誘導する
ので皆さんご注意を。そのすい炎は、何かの拍子で膵臓から酵素が大量に出てその酵
素が膵臓を溶かすのだという。激しい痛みはそのときに生じると医者が説明してくれまし
た。何よりも早期発見が第一で遅れると命が危なくなるそうなので気をつけましょう。

さて、10月となりました。F/Bを見るとブルーサイドオブロンサムが毎年恒例のオクラホ
マブルーグラスフェスティバルに出演している姿が目に飛び込んで来た。その他、先にイ
ンアメリカしていたナオミちゃん(橋岡)と遭遇するなどの写真がうれしかった。世界が狭
くなったとはテレビでよく聞く言葉だがどっこい、ブルーグラス界はもっと近そうである。私
のスケジュールは10月14,15,16日は八ヶ岳清泉寮「ポールラッシュ祭」に参加する。
そして翌週の22日(土)は「大月ハーベストギャザリング」に参加します。詳細を希望の
方は090-3917-3672ササキジンまで。それからお正月恒例の小平ブルーグラス
コンサートは2017年1月7日(土)午後12時30分~と決まりました。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
ライブのお知らせ
NEW !
イッツア・クライングタイム
5月5日
170405kodairact.jpg
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ