AX

2017-05

Latest Entries

糖尿病と高血圧の関連性は治療出来ない!リルコミだあ

晴れときどき曇りの小平だった。午前10時にお散歩に出て遊歩道を通って東村山中央公園を
1周したように帰宅。所要時間60分。歩いた距離も歩数も不明。歩こうと思ったのは糖尿病の
お薬を飲んでも数値(ヘモグロビン値)が一向に下がらないためで、残るはお散歩だろうと思っ
て歩こうと決めたのだった。これでも下がらなかったら数字(ただ今8)と仲良くするしかない。
お散歩は無料だし、いい汗もかけるし、新緑から吹いてくる風がオゾンいっぱいで最高の気分
に浸れるし、いいことずくめ。特にいまの季節とお天気は大好きで、ここで勢いをつけて毎日歩
こうと思って始めた。これでも前回は三年もお散歩歴あったのに仕事が忙しくなって中断してい
たらやがてやめてしまった。仕事が暇になったらまた歩こうと考えていたのにやめてしまった。
お散歩のおかげか体調もよかったし、小平市の健康診断でも体の数値は悪くなかった。これで
気持ちが緩んでしまったのだろうかお散歩をやめたのだった。それから5年ほどが経って、健
康診断に行くと、血圧が高く、血糖値も高い!と医師より指摘される。そこで、あれこれ迷った
末に小平市内の通院歴のあるH橋病院の内科へ行く。健康診断の結果票を出して診察を求め
て内科の先生の前に座ると、「あなたはずいぶん血圧が高いけど、どこか体に異常があるのか
?」と聞かれて、「異常があるとすれば現在は通院してはおりませんが、糖尿病歴があるだけで
す」と答えると、通院しないままで何年ですかと聞かれて、「たぶん三年くらいです」というと、医
者の顔色が変わって、下を向いてブツブツと低い聞き取れないような声で何かをつぶやいてい
た。やがて向き直って医者が、「糖尿病と高血圧の関係は分からないが私は君を治療する気は
ない」と言った。意外な言葉に私はショックで、「そんなに(私の体が)悪いんですか」と聞き直す
と、「いや、そんなことを言っているのではない。私はここの病院に一ヶ月3回の契約で来ている
医者だが、あなたのように糖尿病の治療を途中でやめるような人とお付き合いをしたくないと言
っている」と言って、プイと横を向いてPC画面に向き合ったまま動こうとしなかった。私は医者に
治療を断られたショックもあってすぐには立ち上がれなかったが、やがて受付に戻って医者から
聞いたことを受付嬢に告げて待っていると、しばらくして、「申し訳ありません。内科の〇〇先生
はいかがでしょうか。明後日なのですが」と違う内科医を勧めて来たが、その日はこっちの都合
が悪かった。わざわざ選んで来た病院にこんなことを言われてショックですと言うと女性の看護
師さんが近寄って来て、「あの先生ですね。何かが起きると思っていました」と会話していたが、
私は、「きょうはこの病院に治療を断られたので帰ります」と言い残して帰宅した。その後、この
病院からは連絡がない。医者が治療をボイコットするのかとしばらく考えたが、今では仲間の
入来ベースマンのご紹介で新宿の朝長クリックに通院している。

熊に追いかけられた夢を見た!リルコミだあ

きょうの外は30℃近い暑さだったとか。
5月の30日でこの暑さだと7月の真夏になったら
こんなもんじゃないだろう。

こんばんは。
今朝はネボケて6:30に起床するともう会社に出発直前のサッカー小僧と遭遇。
相手が熊や怪獣じゃないんだから遭遇じゃないでしょと言われそうだが、
私が熊に追っかけられている夢で目が覚めたのでついこのようになった。
その夢は「タケノコ取り」じゃなくて、広い野山をただひたすら熊に追いかけられている
悪夢だったが、熊の走りがやたらに速くて脅威のままこっちが山道を下って
転げ落ちるように速く走っても気が付くと真後ろにいる。
こりゃダメだ、食われちゃうーっと思ったら目が覚めた。
熊に追いかけられるなんてどうしてこんな夢を見たんだろうと、ぼんやりしている
とキッチンの方から物音がしたので引き戸を開けるとサッカー小僧がいたという
ストーリーである。
想像するに、タケノコ取りが熊に襲われたというテレビニュースのせいだと思う
がどこにも確信はない。
では私の深層心理に熊に追いかけられたことがあったかと言わ
れると、「一度もない」のである。
熊に最接近したのは秋田県阿仁町の「クマ牧場」を見に行ったときだけだが、
このときは熊が見物客に向かって(食い物を)頂戴頂戴する格好がかわいくて
思わずエサを放ってやったことはあったが、思い出しても決して追いかけられ
るような関係ではない。
ただ、吉村昭の「熊嵐」という小説を読んだあとは身震いをした。
北海道の開拓民の家を大きな熊が襲って、家の中にいた人を食べ尽くすというものだっ
たが、このときの恐怖が深層心理に残っていたのかとも思った。
それでも「追いかけられる夢」を見たのは久しぶりだった。
数十年も見ていなかったと思う。
夢の中の自分は意外と若くていろいろと現役なのかも知れない。
今朝も目が覚めるとすぐに「よく走ったなあ」と実感した。
熊に襲われる恐怖が走らせたとはいえ、あの走るスピードは若いときのものである。
その私のスピードに追い付く熊の速さは何だと思った。
万事休すのとき夢だったと気が付いてこの安堵感はなぜだと思った。

170603mr.jpg

さて、その後は6月24日に予定されている{マウンテン・ランブラーズ」の
ダイレクトハガキ作りに没頭、夕方になって刷り上がった。
ライブのとき、ほとんど毎回のようにハガキでダイレクトメールを作っているのに、
今回はプリンターの扱いがいまいち不明だったので、
イメージした写真の仕上がりに満足できなくて格闘したのだった。
ようやく満足のいく写真となったのが夕方近く。
安価なプリンターを購入した罰をもらったような格闘劇だった。
みなさん、プリンター購入にはご注意が注意が必要だと思った一日だった。
以下はそのハガキである。
170530mr03.jpg


5月25日(木)小平ギャザリング発表会インはっぽん!リルコミだあ

土曜日のきょうは晴れて気持ちのよい一日となった。
孫を連れた娘夫婦がやって来て自宅を下見に行くという。
すでにめぼしは付けていて現在新築中だというが場所は横浜市日吉だという。
「だったら慶応大じゃないか」と私が孫の将来を希望を込めていうと、「これから細かい詰の
打ち合わせが残っていて、それが合意出来たら買います」と旦那の聡さん。
さすがに冷静さを失っていないお父さん。
数十年間、毎月お金を支払い続けなければならないので、
納得のいく自宅を購入してほしい。

17052706187.jpg

17052706189.jpg

17052706209.jpg
南部 勉&フレンド

17052706241.jpg
BGランナーズ

17052706247.jpg
ビーターパン

<17052706261.jpg
陶山直義(フィドル)&橋本明善(ギター)

こんばんは。
さて、小平ギャザリング発表会・イン・はっぽんのレポートの続編。
5番目に登場したのは「女子コーラス隊」。
メンバーはナオミ、深雪、桂子、登志子、レンちゃんの5名。
小平ギャザリングでも出番の中にすき間が出来るが、そこを利用してナオミ
ちゃんか誰か積極的な女性が先に立ってまとめたのが「女子コーラス隊」。
今日のはっぽんでは、フィドラーのえっちゃんが不参加となったが勇気を出して
1. Sunny Side of Life 2. Bury Me Under The Weeping Willow Tree の2曲を歌った。
やがてパートを決めてきちんとボーカルをそろえると、
とても楽しい女性コーラス隊が完成するんじゃないかと思った。

17052706307.jpg
6番目は武田&橋本のデュエットバンドで
1. Sweetest Gift 2. Nobody’s Darling, But Mine の2曲を歌った。
武田さんのリードボーカル&ギターに橋本さんのマンドリンが絡む
シンプルなデユエットとなった。
武田さんはこの週末は沖縄へ釣行に行くという釣りマニアで、
私の想像ではブルーグラスを含め一番多趣味を生かして生活を
エンジョイしている人だと思っている。

17052706336_1.jpg
The Autumn Leaves

7番目は秋葉さんの新バンドでその名もThe Autumn Leaves。
はっぽんで聞いたときはAutumn leaves は秋葉さんの略ですよねと笑い合ったが、
どうも私の耳の奥にクラプトンの同名曲が鳴ってたが分からずに一晩眠り、
ブログを書くためにPCの前に座ったら思い出した。
秋葉さんが名付けたバンド名が、超有名なAutumn Leaves(英語名)、
日本語名「枯葉」なのだ。クラプトンはときどきこのような伝統名曲を
歌って弾くことがある。Moon River も歌っている。
ともかくも秋葉さんのバンド名はダブルミーニングと記憶して、
秋葉(ギター)、菅沼(フィドル)、橋本(マンドリン)、松田(バンジョー)、鮫島(ベ
ース)という凄いメンバーのバンドをまとめて
1. Little Cabin Home On The Hill 2. I’ll Stay Around
3. The Old Home Town 4. Have You Come To Say Goodbye
5. Cora is gone と5曲を歌い切った。
半年前の前回の発表会よりも少しだけ自信をつけたことが
リードボーカルの聞きやすさで分かったが、まだまだブルーグラスの道は遠い。
日々鍛錬を怠らずにがんばってくださることを期待している。

8番目は青梅市といえば内田さんの登場である。
僚友の森田さんから譲り受けたという日本最古のマンドリンを抱えて、
相棒のKAJI さんと登場。
「Mr内田&フレンド」がユニット名とした。
ここに鮫島さんのベースが加わり、
1. The Sunny Side of Life 2. Will There be Any Stars in My Crown
3. The Sweetest Gift 4. Gathering Flowers for The Master’s Bouquet
の4曲を淡々と歌った。
内田さんの弾いた日本最古というマンドリンは、KAJI さんとデュエットスタイルというの
がよくて、印象的に響きそしてシンプルに心に染みた。
内田さんはバンド活動をしばらくの間、中止しているが是非とも
活動再開を目ざしてほしいものだ。

17052706383.jpg
菅沼利夫&フレンズ

9番目は菅沼さんのエントリーを私がすっかり忘れてしまいご迷惑をかけてしまったが、
出番の流れからここが適当だろうと急遽お願いして出ていただいた。
ここでは鮫島ご夫妻と共にステージに登場して、「さっきカラオケショ
ップで練習して来ました」と出来上がったばかりのホヤホヤユニットをご披露。
菅沼さんがリードボーカルを取って曲をこなすとは珍しいとばかり
注目しすぎた私は、またしてもメモを書くのを忘れてしまった。
今となっては何を歌ったのかも分からなくなったので評価のしようがない。
ネクストチャンスにご期待ください。

17052706392_1.jpg
BGM

10番は我らがBGM。
チャーリー&ナオミちゃんのコンビネーションが最初からバッチリ決まった
1.「草競馬」からスタート。
「きょうはすべてオリジナルで行きます」とチャーリーさんがアナウンスした通り、
2.「シロとクロの物語」でちょっぴりしんみりしたあと3.「Mt.Fuji」で軽快に
4.「心にかわいい歌声が」、5.「ふるさとは」、6.「健康診断」と流れるよ
うに時間が過ぎたが、そういえば2.と4.は親しい私も初めて聞く曲だった。
いつの間に新曲を書いたのだろうかと不思議に思ったが、
日ごろから注意深いチャーリーさんなら書けると思った。
ナオミちゃんも歌う声に伸びが出て来て快調な音楽活動を物語っていた。
音楽は楽しいことは間違いがないが、お客さんに受けて
(自分も)満足を得るということになると、
反省や苦しみがどうどう巡りして訳が分からなくなる。
そこを乗り切るために毎日の個人練習で「鍛錬」する。
大学一年生がやるGラン100回という教えはあながちオーバーでも何でもないのである。
ちょっと横道にずれてしまったが、BGMのお二人は毎日の鍛錬を積み重ねて
デュエットスタイルという形を磨いている。

17052706410.jpg
阪神パークがないでしょ

17052706430.jpg
近所の上野さんを囲んで

さて、発表会のトリは11番目「阪神パークがないでしょ」のお二人。
鮫島敏明&登志子さんご夫妻によるこちらも「デュエットバンド」。
彼らは関西を皮切りにスタートして今では東京でも知られた存在にまで
少しづつ成長を果たしている。決して無理をしない活動ぶりだが、
ご主人の敏明さんの卓越したブルーグラスギターを身近に見たい、ジャムしたいというブルーグ
ラスファンがいかに多いことか。
きょうの発表会でもベースにギターにとお呼ばれして休む暇もなかったほど。
売れっ子はつらいのである。
1. When You Kneel at Mother’s Grave 2. The Storm On The Ocean
3. Talk About Suferin’ 4. Iron Cartain を取りやめて、京都のクリちゃんが歌って
いた「誰に書いたラブレター」をやった。
結果、やんやの大受けだった。5. You’ll Get No More of Me
で締めるとすぐにアンコールが来て、最後は「大阪のおばちゃん」をやってようやくお店
の中が静まった。阪神パークがないでしょという音楽のバンドとしては少し長い名前だが、
小平をはじめ中央線エリアではちょっとだけ有名になってきた。
今回の発表会では阪神パークさんの実力の一端を垣間見たような
迫力たっぷりな演奏とボーカルを楽しむことが出来たが、まだ
まだスタイルの完成の途中だろうと思うので、
今後ともお二人の活動には目が離せないのだ。


昨晩は「小平ギャザリング・イン・はっぽん」だった!リルコミだあ

きょうは朝から雨となった小平だったが夕方のいまも降り続いている。おかげで夏日も去って
しのぎやすくなって仕事もしやすい。こんばんは。昨晩は小平ギャザリングの発表会だった。
場所はいつもの国立駅南口から徒歩5分のライブハウス「はっぽん」(042-572-8888)
だった。冒頭、開会宣言をする前、ふと小平ギャザリング発表会の100回記念をこの場所で
行ったことを思い出して、ナオミちゃんに「ギャザリングっていま何回目?」と尋ねると、「13
8回目が今日だと思う」と聞き、さっそくご挨拶で「本日は138回目のギャザリングです」と集ま
りのギャザリングメンバーにお伝えすると、「おお!」と驚いた反応を示した。小平ギャザリン
グ発表会は、一度だけ銀座ロッキートップで開いたこともあったが、場所があまりにも遠方な
ところからメンバーからは不評で、再び国立はっぽんにお願いしたいきさつがあったが、ここ
で毎年2回ほどやらせていただいている。さて、昨日の発表会のトップバッターは、初登場の
小平市在住のカントリーシンガー南部さんで、普段は老人の施設にボランティアで歌いに行く
という立派な心がけの「ボランティア・シンガー」でもある。午後6時30分、小平ギャザリング
最強メンバーを従えてマイクの前に立ち、
1.A Fool Such As I 2. Tennesee Waltz 3. Colubus Stockade Blues
の3曲を堂々と歌い、無事にトップバッターという重責を果たした。南部さんは
ウエファの林さんと親交があるといって大きなPAを所有していたが、今月5日の「イッツア・ク
ライングタイム」のライブでお借りして以来、現在は私が所有している。やがて小平ギャザリン
グで正式に購入したいと考えている。次にステージに登場したのは総勢6名。実はBGランナ
ーズ+ピーターパンと二つのバンドが出たわけだが、BGランナーズをピーターパンがヘルプ
するという協力関係にあって共にステージに登場したという訳である。「最近のマラソンはどこ
へ行きましたか?」と私の問いに、「金沢です」とご主人が応えるとすかさず奥様が、「加賀温
泉郷マラソンです」と訂正して笑いをとっていたが、このようにお二人は内外を問わず、ブル
ーグラスの合間にマラソンに出場している走りの本格派なのである。
1. Red Wing 2. Faded Love 3. The Soul of Man Never Die の3曲を披露。
ちなみにお二人は旦那がバンジョー、奥様がフィドルとボーカルである。
ここにピーターパンが絡むが、読者の皆様は曲の担当が微妙に
違っていることに気が付きますか?当てられたらあなたも立派なBG狂だと認定しますが如何。
三番目の登場はピーターパン。小平ギャザリングで一番最初に出来たバンドで、今回はメン
バーの一人が座間市在住というわけで早めの登場となった。
1. Swing Low Sweet Chariot 2.Tennessee Waltz 3. I Saw The Light
4. Kentucky Waltz 5. Katy Daley 6. Some Old Day
のうち2曲目のテネシーワルツはやらず代わりの曲をやっていたが、
ビールを飲んでメモを忘れてしまい不明となった。ゴメン。
ピーターパンは週一回の練習を積み重ねて、結成時より格段のリ
ズムを持つようになった。土日あるいは祭日にギャザリングに登場するドクターT中さんも、リ
ズムのよさに目を丸くして驚いていた。それでもあんまりリズムを追及すると、逆にバンドの
乗りを失うという人もいる。この辺は人のやる音楽の難しさだと考えている。四番目は「歌うフ
ィドラー」とキャッチを付けて敬愛をしている立川在住のS山さん。相棒の橋本さんと共に
1.Uncle Pen 2. Maiden’s Prayer 3. Orange Blossome Special
の3曲をご披露いただいた。
2曲目のMaiden’s Prayer は日本では「乙女の祈り」として親しまれているが、
ブルーグラスではオリジナル・ブルーグラス・ボーイズとして超有名な
チャビー・ワイズの演奏が最も好きである。
S山さんは果敢にも挑戦したが、い味を出す前に曲が終わったという印象だった。実はS山
さん、去年はじめごろから腰痛に悩まされて職業までも変えてしまったということがあった。腰
痛が原因で好きなフィドルも弾けなかったという。その影響で曲の準備が不足だったのかも
知れないが、明るく楽しい歌うフィドラーの回復を願っているのだ。続きは明日ということで今
夜はこれで終了する。

きょうは国立はっぽんで発表会!リルコミだあ


きょうはこれから国立はっぽんへ移動して「小平ギャザリング発表会」に臨む。いつもと違い
ウィークデーなので参加バンド数は10ユニットと少なくなったが、いずれも熱演を期待してい
る。お天気が何となく湿っぽくなって雨の予報もある中、ブルーグラスで盛り上がろう。本日
はここまで。アデオス!

共謀罪衆議院通過する!リルコミだあ

きょうは晴れたり曇ったりとこれまでの真夏の暑さとは違った。こんばんは。共謀罪、
組織犯罪処罰法改正案が、衆議院を通過した。東京新聞朝刊は6ページを当て細か
く報道していた。安倍晋三が「この法律が通らない限り、2020年の東京オリンピック
も開催できません」と演説していたが、こんなことを言うならオリンピックなんて招致を
やめたらよかったのに、心からそう思う。きのう23日、衆院本会議で多数を占める自
民、公明、維新の会などの賛成多数で可決され衆議院を通過した。民新、共産は本
会議に出席して反対。自由、社民は欠席した。自民党は、あとは29日の参議院本会
議で審議入りをさせる方針だというが、法案の成立はもはや逃れられないところに来
ている。ともかくも、国政選挙(衆議院及び参議院)で野党が負け続けた結果が、この
ような安倍晋三のやりたい放題を招いているのである。安倍は学校教育にも口を出
す(森友学園)など、極端な戦前教育信奉者といえる。森友学園の「安倍晋三学園」
は国民の目に触れて頓挫したが、加えて安保法制改正、先日の憲法改正ビデオ発
表をみると、安倍の交戦好きはもはや本物だと思った。そのうえ共謀罪である。安倍
は日本国の将来をどのように考えているのか。振り込み詐欺も捕まえられない警察
に、憲兵のような化け物が生まれそうな恐さを秘めた法律を与えてしまう。調子に乗
っている安倍は、自民党も懐柔して首相任期の延長を企んでいると聞く。戦後70年
の自民党政治が続く中、たぶん歴代最悪の首相が安倍晋三だろう。本人は選挙に
勝ったから「何をやってもいい」と考えているに違いないが、安倍以前の首相だったら
もう少し謙虚な首相だった。またそんな首相を国民は愛した。長い間政治を担うと安
倍のような首相が生まれることもあるが、対抗馬もいなくなるようじゃ自民党も終わり
だろう。トランプ大統領がロシアとの関係が次第に暴露されてピンチに追い込まれて
いる。親友だという安倍もあちこち教育関係との癒着が取りざたされている。ピンチ
なのかは分からない。権力の座は自然にまかせることだ。

ハッチャリーズメンバーとの再会!リルコミだあ

きょうは小平市内の3DKという比較的広い現場だったが半分以上は仕上げてあったので
ササッと仕上げて終了。それにしても連日の真夏日である。九州旅行をして来たばかりの
者としては、東京の暑さは春なのに意外な真夏の暑さが続いている様子を連日書いている
が、鹿児島を含んでぐるりと九州を周遊するとどこでも暑いことは暑いのだが、暑さがとて
も柔らかく感じられたから不思議だった。気温の差に狂いはないのだから、それぞれの地
域性によって気温の感じ方があるのかも知れない。まあ東京の場合、テレビの影響が強い
こともあるので「真夏日」とテレビが騒げばそれが導火線となって住人に伝染する。これは
唐突な感じでまったく柔らかくはない。突き詰めると5月でも暑い九州は慌てず騒がず悠然
と構える。それが柔らかさに感じられたのだろうか。こんばんは。福岡県久留米市には未だ
行ったことがなかったが是非、行ってみたい場所の一つである。理由は簡単で友人が住む
町だからであるが、もっと詳しくいうとブルーグラスバンド「ハッチャリーズ=HATCHARY’S」が
いるからで、この気持ちは去年の「日大サンズオブホーボーズOB会」のとき、ハッチャリー
ズのファーストCDを購入して、中身をきいてからは久留米に行きたい気持ちがワンラック
アップしていたのだった。ところが、北九州市の昭和館で行われたエルビス吉川が映画初
出演となった「よろずや探偵談」上映会とコンサートがドッキングしたイベントに、ハッチャリ
ーズのメンバーから二人が駆けつけてくれたのだった。フィドラーの森光さんとバンジョーマ
ンの村田さんと再会を喜び、CDの録音状況を話したりして盛り上がり、今年のホーボーズ
OB会まで決めてしまった。このような私とハッチャリーズの偶然の出会いを作っていただい
たのはもちろん、本日の主役エルビス吉川さん以外存在しない。ご自分の出番もあるという
忙しさにも関わらず、このような粋な出会いをアレンジしてくれたエルビス吉川の包容力に
乾杯を捧げよう。

170523.jpg

ハッチャリーズCDは以下の通り。(1000枚製作1000枚完売)
BUDDY
HATCHERY’S
1. Ride me down easy
2. Don’t let your deal go down
3. Some old day
4. Tennessee
5. Kentucky waltz 6. I’ll beon that good road someday
7. Summertime is past and gone
8. My sweet blue eyed darling
9. Blue moon of Kentucky
10. I’m on my way buck the old home
11. Tennessee waltz
12. If you’re ever gonna love me
13. The lonesome River
14. Till the end of the world rolls alound

九州ゆっくりツアーに行って来ました!リルコミだあ

もはや真夏の暑さだった本日の小平地方だったが、ホントに7月半ばの真夏本番を想像すると
「恐い!」と妻が言った。こんばんは。15日(月)ロッキートップへ「井上ファミリーバンド」を見に
行ったあと、、そのまま成田空港へと向った。目的は16日夕、北九州市内の映画館「昭和館」
でエルビス吉川出演の「よろずや探偵談」の上映と、合わせてエルビス吉川ワンマンショーと博
多のブルーグラスバンド「ディキシー」の共演、そしてキーボードをバックに若さがはち切れた女
性ソロボーカル(モリクミ風)によるコンサートが行われ、エルビスの親友を自負する私、サトン
パス、そしてダン吉の三人が駆け付けたのだった。成田空港へ向かったのはジェットスターとい
うLCC会社(格安チケット)が運用する成田ー福岡間の午前7時20分発の飛行機に乗るため
だった。早朝出発便に間に合わせるため、私たちは空港の駐車場に一泊したあと、目覚めて
すぐに800メーター以上も歩き、ようやく搭乗口へ。あとは成田も福岡もほぼ同じずっと遠い飛
行機に乗るためバス移動。そうです、安価なチケットで目的地へ運んでくれるLCC航空機はこ
のようにひたすらいじめられて隅っこへ追いやられているようだった。そして座席が窮屈なこと
を除くとあとはJALやANNなどと同じで、飛行中は快適だった。場面は北九州の昭和館へ移り、
大盛況でごったがえす入り口とロビーに私は人に紛れていた。サトンパスとダン吉はチケットの
もぎりをやって会場側の人?と思わせる活躍ぶりだった。映画上映に関しては、翌日から始ま
った「九州ゆっくりツアー」の間中、エルビス吉川のセリフが話題となって盛り上がったが、実は
私、眠ってしまいほぼ全面的に見逃してしまった。そのため、ゆっくりツアーの間中セリフが飛
び交って盛り上がる中、一人乗り遅れるという何とも乗りの悪い事態となったのだった。目が覚
めて気が付いたら若くてすごい迫力の女性のソロボーカルのステージだった。キーボードも女
性という組み合わせだったが、お客さんをグイグイと引き込むパワーが魅力だった。博多から
のブルーグラスバンド「ディキシー」は、リードボーカル徳田くんの柔軟な歌いまわしが決定的に
素晴らかった。フィドル、マンドリン、バンジョー、ウッドベースも音がよく、タイミングも気持ちよ
かった。「Pathway of Teardrops」のコーラスも聞きごたえがバッチリ。博多には「ディキシー」が
あった。そして我らがエルビス吉川のワンマンショーである。カラオケをバックに歌う姿はまさに
エルビスが乗り移ったように、次々に得意ナンバーを歌って超満員に膨れ上がった会場を魅了
した。サウンドPAも非常によく、エルビス吉川の持つ微妙な歌いまわしにも見事に対応してい
た。東京では上野水上音楽堂のように客席が急勾配な場所でのPAセッティングは難しかった
でしょうと、終了後PAマンに訊ねると「ありがとうございました。どこでもがんばります」と応えて、
大汗を拭いていた。「九州ゆっくりツアー」は17日から始まって、19日福岡空港まで続いた。
このツアーに関しては明日から記憶の確かな部分を掲載しようと考えている。まずはスペシャ
ルサンクスとしてお名前を掲載させていただく。「メグちゃん」、「ユッコちゃん」、「山里さん」&
「ファミリー」、「内田ご夫妻」、「宇部木村さん」、そして久留米市の超人気ブルーグラスバンド「
ハッチャリーズ」の森光さん&村田さん。そしてすべてを取りまとめたエルビス吉川さん。では
また明日。

来週は北九州から熊本~鹿児島へ行って来るのだ!リルコミだあ

きょうも良い天気で夏のように暖かかった。タオルを首に巻いて車に道具を積んでいると
頭部だけの汗では収まらず体中から汗がふきだして、おかげでTシャツはぐっしょり。久し
ぶりに味わったTシャツ取り換え体験だった。こんばんは。来週は北九州を皮切りに熊本、
鹿児島まで九州の各地へ行って来る。16日に北九州市小倉昭和館で「よろずや探検隊」
(沢村東次)なる映画が上映されるが、実はこの映画に我らがエルビス吉川が出演!そし
てエルビスはこの機会を逃さないとばかり映画+ブルーグラスライブをくっつけて、イベント
を作っちゃおうと準備を進めていた。チケット2,500円もほぼ売り切れたとか。エルビス
吉川初出演となった映画上映会へ出席する目的で行って来るのだ。エルビスといえば秋
田大学時代は「リバーサイド・ランブラーズ」のリードボーカリストとしてジミー・マーティンの
「サニーサイドオブザマウンテン」などを堂々と歌いきっていたが、やがて就職をすると次
第にエルビスソングを歌うようになって、カラオケスナックなどで頭角を現す。やがてジャン
プスーツで身を包んで歌うとエルビスの魂が乗り移ったと自ら感じ、ついにプロの「エルビ
ス」となった。以来30年が経ち、去年監督の沢村氏が北九州までやって来て直接映画出
演を要請され、晴れて映画初出演となった。役どころは、「悠々自適の生活を送るプレス
リー好きの老人」ということらしい。映画もまだ見ていないし、加えてブルーグラスコンサー
トも見られると聞けば、親友の私にはこのイベントを断る術はないのだ。九州といえば友
人知人が多い。熊本&鹿児島へ行くのは友人を訪ね歩く旅となるが、ものすごく楽しみで
ある。というわけで、来週一週間はこのブログがお休みとなるのでご承知ください。

日本で働く外国人は何人いるの?!リルコミだあ

きょうの現場は武蔵小金井の6階建てマンション。
共用部分といって住人が使う場所を定期的にお掃除する仕事だが、
これを毎月2回だからおよそ半月に1回の割合でやっている。
こんばんは。
そのマンションが、建物の周りを足場とシートでぐるりと養生した格好で
私たちの前に現れたが、もちろん通知などはない。
突然メンテナンス工事が始まったのだ。
きょうは足場の上で水を使って作業をしているらしく、ザッザーという水音がして
シートの内側から水がしたたり落ちていた。
たぶん外壁の水洗い作業をしているのだろうと想像しつつ私も作業をしていると、
「がやがや」と5,6人の作業員たちが会話しながらエレベーターから降りて来て、
私のいた玄関ホールを通って外に出て行った。
私は玄関ホールのガラスをT字型の道具を使って作業中だったが
ボチボチ終わるところで、時計を見たら午前10時30分が過ぎたところだった。
彼らは10時の休憩で降りて来たのだったが、案の定、私が作業を終わって
駐車場に行くと地べたに彼らが丸く座っていて、景気よく話し合っていたが
日本語ではなかった。
肌の色は日本人よりも浅黒いがアジア人だろうと思っていると、
その中の一人がやって来て「車を移動させてくれませんか」と流暢な日本語でお願いした。
すぐに車どうしを入れ替える形で移動させたついでに出身地を聞くと、
「スリランカ」といった。
話相手は若く実にはきはきと日本語を話していたが、「彼らは僕の会社で働いています。
全員です」と言ったのでビックリしていると、
「他の現場にも派遣してます」というではないか。
まあ、大手の下請けなのだろうが、それにしてもこのような人夫の流れを
目の当たりにするとやっぱり驚いてしまう。
果たして今の日本に何名の外国人がいてどんな仕事をしているのだろうかと、
よく晴れた空を見て思った。

いつも元気はつらつなブルーグラスをして人気の「NEW EAST」から招待されましたが、
この日は私九州に行っているので参加は無理なのだ。
18日もがんばってください。
https://www.facebook.com/events/2040328166210583
170511.jpg

きょうはユーチューバーになっちゃった!リルコミだあ

きょうは朝から雨だった。
6:30AM→7:30AMと勤務が普通に戻ったサッカー小僧を見送ってから
納豆で朝食と思って冷蔵庫でネギを探したが見つからず、
ならば別のメニューをと食パン(葡萄入り)を探すと冷凍棚で見つかった。
そのとき、「君は朝飯にパンを食いたいのか?」と自分の気持ちから
無言で声がささやいて来て改めて考えて、「納豆飯だ!」と思って
久しぶりにネギのない納豆で朝飯を食べた。実に美味しかった。

こんばんは。夕方、安倍首相の実にインチキな政治手法に意見がいいたくて
ネットで検索をしているうちに、つい貯めていたユーチューブのマヘリア・ジャクソン&ルイ・
アームストロングのライブをポチッとやってしまい、見入って時間を忘れてしまった。
ダイアナ・ロスのアメージンググレイスも見て、
最後はビヨンセのアメリカ国歌を見てようやく熱中から目が覚めた。
というわけで、ただ今は午後8時。
どうしようかなと考え中だが、こんなに時間が早く経つとは意外だった。
それにしてもマヘリアのボーカルは恐い。
はじめはブログの書く時間を考えて、クラプトン&ジェフ・ベックの「Moon River」を見て
それでやめる予定だったが、エルトン・ジョンがパリで
コンサートしたときMoon Riverを歌っていることが分かって、
ついでにポチすると今度はシナトラのMoon Riverを聞きたくなった。
それを追いかけたら、もう行き着く場所、マヘリア・ジャクソンのこれぞソウルという
ボーカルが聞きたくなって貯めていたユーチューブを開くと、
あとは夢中になって時間が飛んでしまった。
私とジャズはボーカルものが全てで、
ゴージャスなボーカルが聞きたくなったらシナトラを聞く。
シナトラで満足しないときはマヘリア&ルイ・アームストロングへジャンプすることが多い。
コーヒー色のソウルボーカルにかつて馴染んだことがあったせいか、
なぜか黒人たちのボーカルを聞いてようやく満足する。
専門がブルーグラスでもこんな一面もあるのである。な~んちゃってね。

エレキの帝王小松久さんよりライブ情報が届きました。以下メールの公開です。

みなさん、お元気ですか?!ライブをお知らせします。
*****************************************
岡村純孝&小松 久の <2 Guitars Happy Country Style>
PLACE : AGAIN(目黒線武蔵小山駅前)
     品川区小山3-27-3 ペットサウンズ・ビル B1F
    http://www.cafe-again.co.jp/
予約Tel : 03-5879-2251 MAIL
DATE :5月26日(金)
TIME : 1st stage PM7:30~
2nd stage PM9:00~
CHARGE : 2,300円(予約)、2,500円(当日)
成城学園高校時代にやっとウクレレを独学で覚えた頃、
同期生のウェスタン・バンドに誘われてから早や55年経過!!
岡村純孝も僕と同じで中学から成城ですが、
成城大学で一緒にブルーグラスを少しだけやったあと、
岡村はプロのウェスタン歌手で僕はフォークとベンチャーズと道は別れました。
社会人になっても会うことなく、しかも彼は死んだらしいとの噂です。
そしたら何十年か経ったある日の同期会にひょっこり岡村が現れてびっくり!!
17年もベネズエラで暮らしてスペイン語がペラペラになったとのこと。
そして二人でライブをやろうということになり、スペイン語曲もやるようになりました。
二人で懐かしいウェスタン・ソングを歌いまくり、しゃべりまくります!!
<予定曲目>

Blue Eyes Crying In The Rain/Born To Loose/Candy Kisses/Crying Time
Folsom Prison Blues/For The Good Times/He'll Have To Go/I Can't Stop Loving You/
Let it be me Molly Darling/Save The Last Dance For me/Wedding Bells/
Wonderful Tonight/You Are My Sunshine

And more . . . .
*********************************************
<SOS的ライブのお知らせ!!>
年に2〜3回やっている小松 久 & His Farmersのクロコダイル・ライブ、
次回はなんと8月15日(火)です!
僕以外売れっ子でスケジュールを合わせて行ったらこの日になってしまいました。
大変人の来なさそうな日程なので、今からSOSを発信しておきます。
7:30演奏開始です。ぜひ今からスケジュールに入れてください!!
*********************************************
<小松 久ソロ·アルバム、 ネット配信開始のお知らせ!!>
やっと初のソロアルバムを完成、5月から配信を開始しました。
http://mora.jp/package/43000011/4538182688373/
http://mysound.jp/song/3249969/
http://mysound.jp/album/158723/
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06Y5GR3BW/ref=dm_ws_sp_ps_dp

今回は私の大好きな曲を、すべての楽器及びボーカルからエンジニアリングまで
自分自身で行ってレコーディングしました。
これは私の、72歳のソロ·アーティストとしての再デビュー·アルバムです。
歌とインスト10曲、さらにそれぞれのカラオケ(Inst)をつけた全20曲となっており、
上記のサイトで試聴もできます。
皆さんに私のアルバムを楽しんでいただけたら幸いです。
(もちろん好きな曲だけのバラ買いもOK!!)


Jacket design by ebico(小松絵美子)/
Guitar photo by courtesy of Studio ONGAKUKAN(スタジオ音楽館)
(ライブ及びアルバムの感想をBBSに書込んで頂けるとうれしいですBBS
*********************************************


クライングタイム生禄CDが届いた!リルコミだあ

昨日に比べてお天気が雲りとなって
気温も少し下がったかなと感じた小平からこんばんは。

先週のクライングタイム東京ツアーのマネージャーとしていろいろ働かせてもらったが、
どうやらオーバーワークだったらしく、頭も体も疲労感が溜まって
、8日と連休してしまった。
まあ、古希となってはしかたがないか。
でもって、本日からお仕事が再開したが、連休明けのお仕事は「やり直し」だった。
やり直しといっても全部ではなくて一部のフローリングワックスをやり変えたのだった。
これも連休の最中4日に施工したもので、翌日、
小平にクライングタイムがやって来ることがプレッシャーになって、
手元が狂ったに違いない。
大きなミスでなくてよかったのだ。
直しは簡単に終わって、請負先の不動産店に「直し終了」を告げると
きょうの予定は全部終わる。
ヒマしていると、夕方サトンパスさんからCDが送られてきた。
おっと思ったら、やっぱり5日6日のクライングタイムの生録音だった。
さっそく聞いてみる。
5日の小平は事前の予想では硬くなるだろうだったが、意外にもリラックスムードだった。
CDを聞くと、改めて清水、山口、大西のコーラスがよく、やはり伝説の技なのだと理解する。
6日のCDの白眉は愛江ちゃんが「Blue Kentucky Girl」の歌詞が頭から出て来ず、
ほとんどを無言で終始したことだった。
彼女にもこのようなことが起きるのだと思って、慌てている彼女を見て
こっちは腹を抱えて笑ったのだった。
ザッツハプニングだった。
かわりにもう1曲追加された「Kentucky Waltz」は猛烈によかった。
彼女が本気になると迫力、深さ、上手さなどが段違いとなる。
kentucky Waltzは前に歌って失敗したことへの倍返しのように凄いボーカルだった。
このときクライングタイムはバッキングに徹していたが、
笑える場面では全員、大笑いをしていた。
ロッキートップには東京のブルーグラスバンドリーダーたちがそろって大賑わいだった。
神戸のレジェンドたちをお迎えをする雰囲気が充満した最高の3ステージだった。

幻の「イッツア・クライングタイム」が東京ツアーで大復活!リルコミだあ

ここのところのお天気は概ね晴れてきょうも暖かくてとてもいい天気だった。
こんばんは。
先週末の5日(金)と6日(土)は神戸からの「イッツア・クライングタイム」という幻のブル
ーグラスバンドの初ライブが行われた。
幻が現実に戻れたのは、東京在住のサトンパスさんの復元力によるもので、
放っておくと幻のまま消えてなくなりそうなかつての
アメリカツアーバンドが大復活の原動力となってくれた。
しかも「東京ツアー」というお土産までつけてのカムバックだった。
そして最も感謝したいのは、、各人の健康があったからである。

さて5日は、小平市中央公民館の視聴覚室で行われた「小平ライブ」だった。
東京ツアーには、月間ブルーグラス専門誌「ムーンシャイナー」誌
編集長渡辺三郎&由利子ご夫妻がツインフィドルで特別ゲストとして登場した。
クライングタイムは、かつて黄金のブルーグラスそのままの
モンローやチャーリー・モンローなどの草創期のレパートリーを核に
50年代から60年代に広がりを見せていた「ブルーグラス」を散りばめて
ご披露していただいた。
私的に感想を言わせていただくと、ご披露いただいた彼らのレパートリーは全て
が貴重なもので、その曲を味わい深く再現していただいたことに大感謝を申し上げたい。
この日私の予想を越えて集まった80人近いお客さんも全員、私同様の気持ちだったと
想像する。
一方の演奏者は、幻から現実に戻ったらいきなり東京公演だったという
ハンデから来る疲労感は相当のものだっただろうと思った。
小平のお客さまとクライングタイムのがんばりに心から感謝を申し上げる。
また、本番が終わったあとの余った時間に、サブ氏と、
今回突然お客さんとして現れた元ナターシャセブンの「城田純二」を加えて、
三者会談がこれもハプニングで行われて、ブルーグラス、アイリッシュなどの
トークをさせていただいた。
よろず音楽談義を三人三様で語ったが、余分な時間があったので
ハプニング的三者会談だった。

170508001.jpg

170508002.jpg

170508006.jpg

翌日も晴天となって私は午後1時少し前にロッキーに着く。
店内へ入ろうと模索するが鍵が見つからず結局、
午後1時過ぎに来たバイトくんによって開けられたお店に、
藤井ベースマンと同時に入店した。
藤井ベースマンは国立の娘さん宅に一泊して銀座にやって来たので、
浅草見物としゃれこんだ残りのご一行様たちとは別行動だったのである。
浅草見物のご一行様は40分並んでウワサの洋食屋さんで美味しい
食事をされたという。
お話を聞くと、どうやら思い出の浅草体験となったらしい。
さて、この日はロッキートップとしてはかなり早い開店午後2時30分だったが、
演奏タイムは午後3時からスタートした。
お客様は濃いブルーグラッサーで統一されて、中でもネッシーエクスペディションと
ブルーサイドオブロンサムはバンドメンバー全員で参加という素晴らしい行動だった。
この日集まってくれたみなさんと共に感謝したい。
この日は50人ほどの入場だったが、ほぼお互いに顔が割れたどうしで、
熱気を含めて店内はまさにブルーグラス天国のような場となっていた。
だから、クライングタイムの「本格ブルーグラス」を待ってやって来てくれた
「ブルーグラッサー」だといえる。
ここでもサブ&由利子のツインフィドルをフィーチュアして盛り上がったが、
ベストに盛り上がったのはやはり愛江ちゃんのベストなリードボーカルだった。
あの素晴らしい力強いボーカルを聞かされると、いつもハートが熱くなって動けなくなる。

クライングタイム、ここでは3ステージをこなした。
バンジョーマン清水さんは全部終わったあと、
お店の外に出て来ると体から湯気が立ち昇っていた。
そんな疲労感を物ともしないで清水さんは、「お客さんは楽しんでくれたやろか」と聞
いてきた。
「十分楽しみました」とみなさんを代表して私が答える。
私は久しぶりの「ブルーグラス体験」が出来て心から満足したが、
改めて山口、清水、大西のトリオコーラスに聞き惚れたのだった。
伝説の所以だろうと思った。
そして、「イッツア・クライングタイム」のがんばりに大感謝を申し上げる。

170508005.jpg

170508004.jpg

170508003.jpg

17050911.jpg

17050912.jpg


尚、今回のゲストで大人気を実証したサブ氏は、東京に残り、
5/15日(月)ロッキートップファミリーライブに備えるのだという。
予約は03-3571-1955ロッキートップまで。
是非、行きましょう。

写真撮影:荻原直美

明日はギャザリング。遊びに来てください!リルコミだあ

きょうも晴れていいお天気の小平だった。こんばんは。世の中は連休が始まっていて車の量が
ガクンと減って、我が家の前の府中街道も大幅に車が減って見違えてしまった。明日は通常の
ギャザリングである。祝日だと普段のウィークデーのギャザリングよりも若干、参加者が増えて
その分楽しみも大きくなる。そして明日は新しいPAを試してみる日でもある。市内小川町在住
のN部さん所有のPAセットをお借りして、明後日5日の「クライングタイム」小平ライブに使用し
ましょうというアイデアが出て、私がセットをお預かりしていたものをギャザリングPA担当のモッ
チャンがチェックしたいと張り切っている。N部さんのPAセットをいつか購入出来るまで私が預
かるという方向だが、いつか仮に「ギャザリング大会」のようなものを考えて参加費用1名千円
を集めてトータル金をN部さんに渡せられたらハッピーだと考えている。しかし、お金のことであ
る。慎重に考えないといけませんね。さて、今年のゴールデンウィークは明日がギャザリング、
翌4日はお仕事で現場に入り、5日が待望の「クライングタイム」小平ライブ、6日がクライング
タイムの銀座ロッキートップライブと非常に緊張感が伴う忙しい毎日となったが、きょうの朝、
妻に電話がかかり川崎に住む畠山家がやって来るという。孫のヒロトくんが4日にやって来る
のが決まったわという。何も問題はない。しかし、私は忙しく孫とは遊べないことになるがそれ
も仕方がない。孫たちは我が家を基点として郊外のショップへ行くらしい。だから、お父さんは
忙しくしてていいのよってことかな。まあ、こんなこともあって人生が楽しくなる。こっちだって神
戸組と目一杯楽しませてもらうから。では明日ギャザリングで。

いよいよクライングタイムが5日小平そして6日銀座ロッキー!リルコミだあ

きょうから5月に入りました。新聞テレビ的には北朝鮮の危機を煽っている状況と言えるが
今日夕刊の見出しは「初の米艦防護へ出発」とあった。海上自衛艦いずもが米国補給艦と
合流するという。憲法違反じゃないのか。きちがいのトランプと安倍じゃ行くところまで行か
ないと止まらないかも。恐いね。安倍はとにかく戦争したがり屋でどうしようもないね。安倍
のお母さんとかいないのか。不用意のまま戦争になったら安倍の親戚一同は、一億国民を
相手にどんな説明をしようっていうのか。まあ腹が立つ。こんなことは忘れて、5月はそうな
のだ5日(子どもの日)は待望の「イッツア・クライングタイム」の小平ライブの日だ。ブルー
グラスファンでJR中央線沿線のお方は是非、お越しください。今回はカンパ1名2000円と
いつもより高いですが、大人数が神戸から新幹線に乗ってやって来ますのでその費用とし
て徴収いたします。本番の第一部(午後1時20分から)が私のブルーグラストークです。
そして午後二時ころからクライングタイムの本番です。およそ50分通しでやります。そして
残りはムーンシャイナー編集長を囲んでブルーグラスディスカッションでもやりましょうかな。

170405kodairact.jpg

🔴2017年5月5日(祝・金) 小平中央公民館視聴覚室 午後1時~午後4時30分
バンド名:イッツア・クライングタイム(フロム神戸)
メンバー:清水英一(バンジョー、ボーカル)
      山口さとし(ギター、ボーカル)
      大西一由(マンドリン、ボーカル)
      藤井孝三(ウッドベース)
スペシャルゲスト
      渡辺三郎&井上由利子(ツイン・フィドル)

以上よろしくお願いします。

尚、翌6日は銀座ロッキートップでやります。
銀座ロッキートップ 午後2時30分開場 午後3時スタート~
(30分3ステージ)
電話03-3572-1955(予約も)
ミュージックチャージ:1名3000円
満員になることが予想されますので予約をしっかりと。


«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ