AX

2017-11

Latest Entries

西日に向かって武蔵村山のイオンモールへ行った!リルコミだあ

夕方のテレビを見てたら「明日は雨」だっていう。明日は遠方へ出かけるので傘など
持ちたくはなかったのに持って行かざるをえないとはアンラッキーだ。こんばんは。
きょうは妻と共に南北東と車を走らせた。お買い物である。南北東と書いたが北より
も西の方が正確だった。西日に向かってギター弦を買いにイオンモールへ行ったの
だった。イオンモールよりも立川に行った方が弦や他の物だっていろいろあるだろう
と言われそうだが、我が家からだと立川へ行くのとイオンモールのある武蔵村山は
等距離に近いと思う。それに、他の買い物をするのがメインとあらばやはりイオンモ
ールの方が買いやすいだろうと思った。数年前、何の目的もなくイオンモールをショ
ップサーフィンしていると、3Fに楽器店を見つけた。そこでお店の中に入るとマーテ
ィンギターやバンジョーも置いてあった。管楽器も見事に並べられていて、「このお店
だったら弦やピックなど小物も充実しているに違いないとお店の中を探すと、コーナ
ーがあったのだった。お店は7th Codeというが、英語のコード表現はChord である
から、何語だろうと思った。そのうちその興味も忘れてしまったが、きょうも弦を二種
類買って外へ出て見上げると大きな文字で7th Cord と書いてあったとは妻。本日
の私の印象は、「録音機材が多かった」と思った。パソコンでマイレコーディングして
いるユーザーが多いのかも知れないなあ、とうらやましかった。イオンモールを後に
して、向かうは角上魚類へ行ってお刺身を買うのだ。ここの500円以下のヒラメ刺
身につられてもう何度来たか分からないくらい通っている。妻は酒の肴など買う訳が
ないので会計したときに見ていたら、卵焼を買っていた。ここは我が家から近く、魚
も新鮮で豊富で安価というのが人気で、近ごろは魚ファンが集まって相当な混雑ぶ
りである。これが暮れに近いころになると、「朝5時から営業するの」と妻が教えてく
れた。超人気も店長以下、社員にとっては猛烈である。どんな勤務管理だろうか、と
興味が沸いたが、うまくやっているのだろうと思ったがすぐに忘れた。南の方は国分
寺駅へ用事があって出かけた。しばらく買い物をしてないと落ち着きがなくなるらし
いが、そうかも知れないと妻を見てると思った。


レオナルドダビンチ昨「救世主」が508億円で落札される!リルコミだあ

きょうは秋晴れだったが意外に暖かく動くと汗が出たが、しかしこれは自分だけの状態で
一般的ではない。こんばんは。サッカー小僧が午後2時過ぎに帰って来た。いつもなら午
後10時近い帰宅なのに早すぎて心配になって聞くと、「明後日、結婚式があるので散髪
とかいろいろ準備がある」ので会社を早退したと言った。普段のウィークデーは帰宅が遅
く、土日祝はサッカーのコーチ&レフェリーで子どもたちを教えている。だから、散髪も出
来ないのだろうと思った。かといって顔中髭だらけで着ている服もボロボロ?ではないが、
身だしなみの問題なのだろう。自分で納得して祝福の席に座ったらいいと思うが、親的に
はそろそろ自分の結婚式をやってくれないだろう。上二人の兄姉は意外と早くに結婚独
立したが、三番目のサッカー小僧が自分の結婚式に意外と手こずっているようではある。
私の結婚は満で33才の時だったので比較すると、サッカー小僧は私の年までに4年ほ
どあるので急ぐ必要はないが、近ごろは相手の有無やデートに出かける様子はないのか
など、注意をしているがハテ?親失格のように映るがまるで掴めていないのである。ハイ。
さて、モナリザを描いたとして知られるルネッサンス期の巨匠、「レオナルド・ダビンチ」が
描いた「救世主」というタイトルの絵が、508億円で落札され、美術品としてはこれまでの
最高額だという(競売大手クリスティーズ)。縦約65センチ、横約45センチは15世紀頃
に描かれた作品だという。油絵。青い服をまとって右手をあげ、左手に水晶玉を持ったキ
リストの上半身を描いている。17世紀には英国チャールズ一世が所有していたが、その
後の行方が掴めなかったが個人の所有ということが分かっていたという。ダビンチの絵は
他にモナリザ、最後の晩餐他などがあるが、この絵以外はすべて各地の美術館が所有
されている。イタリア人画家としてのダビンチ、500億円超はさすがでした。

きょうは午後からギャザリング!リルコミだあ

きょうは午後からギャザリング。半分以上は雲っていたお天気だったが何とか
雨は降らずに夕方5時過ぎまで持った。こんばんは。ギャザリングはいつもより
参加者が多いように感じたが数えなかったので不明。チャーリー&ナオミちゃん
のギャザリングテーマでスタート。続けてBGM(チャーリー&ナオミ)がレパを歌
い始めた。きょうはバンジョーマン広川さんもオープニングから大人数のジャム
に加わって、軽快に弾いていた。夏場に腰痛で苦しみ続けた当時からは想像が
出来ないくらいの立ち姿である。代わりに私がここのところの病院疲れで小休止
気味。鮫島さんの「阪神パークがないでしょ」も元気一杯に参加。エッチャンズの
悦ちゃんもフィドルを抱えて参加。相棒の武田くんは仕事?で不参加だが、鮫島
さんやフィドラー菅沼さんたちに囲まれて、ちゃっかり24日はっぽん発表会に向
けてレパを練習していた。津島さんはよく似合っていた勝負服の赤色を目立た
せながら、相棒のマンドリン橋本さんと待機中。きょうは待望のバンジョーマン小
杉さんも参加したので、緊張の初ステージとなるのか。ここにはベースマン進藤
さんが加わってバンドが出来上がるが、仕事でパス。彼は土日祝しか休めない
ので、完全なスタンレートラディションバンドが見られるのはもう少し先になる。
秋葉さんの「オータムリーブス」も来週金曜日に迫った発表会の練習に徹してい
た。10月の雨の大月ハーベストギャザリングの上手にまとまったステージを思
い出したが、はっぽんでも上手に決まるのか。ピーターパンはよくまとまっている
バンドだったが、きょうはそこに迫力も加わっていた。毎週のバンド練習が効い
ているのだ。バンジョーウーマンの加代ちゃんがここのピーターパンに加わった
りして、所属しているビーンブロッサムが揃わず、一人だけの参加だったので
混ぜてくれるバンドに入って感覚を磨いている。大セッションにも加わり、今日
一番忙しかったプレイヤーだったかも。「45の大阪コンサートへ行きました」と
は鮫島登志子さん。12日(日)に大阪にいたのに15日の今日には東京の小平
にいるとは凄い!と思ったが、口には出さなかった。「12月7日はこっちですか
」と私が聞くと、「7日はこちらです。8日に神戸に向かって出発します」。「へー」
と驚いていると、「9日は一服庵でライブがあります」としっかり答えてくれた。
12月7日は普段とは違って、この日のギャザリングは小川第二地域センター
で行うことが決定。時節柄、忘年会のようなものが着々と準備中だという。今年
も落ち着かない暮れになるのか。ぼちぼち大掃除の仕事が入り始めている。

ライブの殿堂バックインタウンの12月スケジュールが送られてきましたので
公開します。

日頃より大変お世話になっております。
本日は、曙橋 Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN" より
2017年12月のライブ・スケジュールをBCCでご案内させていただきます。
ご来店の際には事前にお電話かメールでご予約くださいますよう
よろしくお願いいたします。

Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN"
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 TEL03-3353-4655
メール
----------------------------------------------------------------
1日(金) <19:30~ :MC\3,780> 岡崎倫典 アコースティックギター・ソロ
" ♪暖かく幻想的な音楽の世界と華麗なギターテクニックが人気を呼んでいる。
----------------------------------------------------------------"
2日(土) <18:30~ :MC\3,000> ダニエル・コフリン             17:00オープン
" ♪アコースティックソロギター 独自の世界をお届けします。
----------------------------------------------------------------"
3日(日) <17:00~ :MC\4,500> 中川イサト 及川恒平 四角佳子 青木まり子  16:00オープン
" ♪ソロ、デュオ、トリオ、カルテット 様々なスタイルでやります。お楽しみに!
----------------------------------------------------------------"
5日(火) <19:00~ :通常営業> ハワイアン(ウクレレ)ナイト
" ♪ウクレレ・プレイヤーを中心としたオープンマイク形式です。スラッキーギター、フラも可。
----------------------------------------------------------------"
6日(水) <19:00~ :MC\2,700> KENT
" ♪MFQのレパートリーと定評のあるオリジナルアレンジによる4パートハーモニーが魅力です。
----------------------------------------------------------------"
7日(木) <19:30~ :MC\2,160> こうもり夫婦 with 高城香那(Pf)
" ♪こうもり夫婦、今回はキャロル・キングとサイモン&ガーファンクル増量。
----------------------------------------------------------------"
8日(金) <19:00~ :MC\3,500> 内山修バースデーライブ ~69?まだまだ~
" ♪60台最後のバースデーライブ。まだまだ体の動く限り、声の出る限り、元気に続けますよ。
----------------------------------------------------------------"
9日(土) <18:30~ :MC\2,160> VANQ                        17:00オープン     
" ♪MFQサウンドをベースに最近は Four Freshmen サウンドも数曲手がけます。
----------------------------------------------------------------"
10日(日) <12:00~ :> (貸切)ブルーグラス忘年会
" ♪
----------------------------------------------------------------"
12日(火) <18:30~ :通常営業> カントリーミュージック・ナイト   
" ♪アコースティックでカントリーを歌う夜です。カントリーを歌いたい方はどなたでも参加できます。
----------------------------------------------------------------"
13日(水) <19:30~ :MC\3,780> 稲葉和裕「クリスマス・ライブ」
" ♪ゆっくり、じっくり稲葉和裕のトラッド・ブルーグラス&カントリー・ミュージックをお楽しみ下さい。
----------------------------------------------------------------"
14日(木) <19:30~ :MC\3,000> プラネタリウム/佐藤史朗、榎本高、田中徹、円山天使、岸倫仔
" ♪舞台音楽などを手掛ける佐藤史朗を中心としたアコーディオン・インストルメンタル・ユニット。
----------------------------------------------------------------"
15日(金) <19:30~ :MC\3,240> 岸部眞明
" ♪アコースティックギター・ソロ 現在までに8枚のアルバムをリリースし精力的に活動中!
----------------------------------------------------------------"
16日(土) <19:00~ :MC\4,860> 濱田金吾 with 片桐幸男、松田真人、富倉安生、宮崎まさひろ、和気淳
" ♪元クラフトのメンバーで作曲家&プロデューサー。多くのアーティストに作品を提供している。
----------------------------------------------------------------"
17日(日) <18:00~ :MC\4,800> 赤ちゃんバンド 2017 LAST LIVE   17:00オープン
" ♪赤ちゃんバンド、今年最後のラストライブです。今年も1年お世話になりました。
----------------------------------------------------------------"
19日(火) <19:00~ :MC\2,700> The Blueside of Lonesome  The Way-faring Strangers
" ♪ブルーグラスバンドの共演です。これぞブルーグラスバンド!
----------------------------------------------------------------"
20日(水) <19:30~ :MC\4,000> 松田幸一 ハーモニカ あらっモード!?
" ♪若い感覚のサウンドと木村美保のボーカル、大塚雄一のアコーディオンが加わる贅沢な一夜です。
----------------------------------------------------------------"
21日(木) <19:30~ :MC\3,240> STYLE BAND/SHIME、竹田元、六川正彦、土屋潔、濱田尚哉
" ♪ロック、カントリー、ブルーグラスをルーツにオリジナルもお届けします。
----------------------------------------------------------------"
22日(金) <19:00~ :MC\3,240> ニューブルーストリングス
" ♪キングストントリオ、ニュークリスティーミンストレルズなどのモダンフォークをたっぷりお届けします。
----------------------------------------------------------------"
23日(土) <18:00~ :MC\6,500> 鈴木康博 クリスマスライブ 第一夜   17:00オープン
" ♪恒例となりましたクリスマス・ライブ。懐かしい曲から最新作まで多彩なメニューでお届けします。
----------------------------------------------------------------"
24日(日) <18:00~ :MC\6,500> 鈴木康博 クリスマスライブ 第二夜   17:00オープン
" ♪恒例となりましたクリスマス・ライブ。懐かしい曲から最新作まで多彩なメニューでお届けします。
----------------------------------------------------------------"
26日(火) <19:30~ :MC\3,240> Sunset Riders/サンセット・ライダーズ
" ♪レパートリーは「イーグルス」100%!ウエストコースト・サウンドを堪能して下さい。
----------------------------------------------------------------"
27日(水) <19:00~ :通常営業> ブルーグラス・ナイト
" ♪ブルーグラス好きはMy ギター、バンジョー、マンドリン、フィドルで大集合!!
----------------------------------------------------------------"
28日(木) <19:00~ :> (貸切)K-Writer's Club 様
" ♪
----------------------------------------------------------------"
29日(金) <14:00~ :> (貸切)早稲田大学アメリカ民謡研究会 様
" ♪
----------------------------------------------------------------"
4(月)、11(月)、18(月)、25(月)、30(土)、31(日)お休みさせていただきます

ブルーグラス45、50周年記念ツアー12日大阪で無事終了!リルコミだあ

きょうは朝から小雨。今年のお天気は晴れが長く続かないなあと思った。お昼に
電車を乗り継いで新宿の朝長クリニックへ行く。今月は新宿の榊原記念クリニッ
クと府中の榊原記念病院へと行って心臓の検査等を済ませているので、きょうい
つもの朝長クリニックへ行くとこれで3回目の病院通いとなる。しかし、今月はあ
と一回、榊原記念クリニックへ行って先生に検査の結果を聞いて来なくっちゃい
けないから、トータル4回の病院通いとなる。喜んでばかりはいられなく、かかる
病院の費用が二割負担の私でもトータルで2万円を超えているので、今月はあと
1回通院が残っているのでその費用を例えば3千円として、これに交通費等を合
計すると3万円くらいだろうか。ま、仕方ないっていえば仕方がないけど、だんだ
ん働けなくなっている者には1ヶ月3万円の出費は痛い。好きなスキ焼肉だった
らたんまり買えるのに、真に食えない出費は自分の体のためとはいえ痛いので
ある。こんばんは。さて、バンド結成50周年記念ツアーとして日本ツアーを駆け
抜け、先週の日曜日12日を最後に、日本ツアーを無事踏破した「ブルーグラス
45」。東京の小平という埼玉との境目に位置する場所で、日本一のブルーグラ
スバンドのコンサートが出来たとは未だに信じられず、夢といえば夢のような一
時だった。一塵の風が通り抜けて行ったという表現がピッタリだと思った。私たち
小平ギャザリングは、音楽(ブルーグラス)を楽しむことをモットーにした民間の団
体だが、会費はなく、必要なときだけ必用なお金だけ集めるというスタイルで、こ
れも公民館利用ということで成り立っている。私が小平市住人なので、市内の公
的施設を無料で使用できるので、ほぼタダでギャザリングを運営が出来るという
訳である。ではどこの公民館でも無料か?というと、これは違うだろうと申し上げ
る。各市町村それぞれの財政が違うので、税収があって財政に余裕のある市町
村だったら施設などは無料にしているところもあるだろう。小平市はブリジストン
という大会社からの税収入が非常に大きく安定していて、私のようなブルーグラ
スしか能のないいわば音楽バカでも住人ということで恩恵を受けられているとい
うことである。したがって、ブルーグラス45のコンサート運営もスタッフによる「手
弁当」が基本で、ただ今準備中のお正月のコンサートも含めてボランティアの運
営である。この辺が強みであり、逆に弱みになることもある。このような人たちで
11月3日(祝・金)のブルーグラス45、50周年記念ツアーを開催し、大成功を
おさめた。忙しい中、集まっていただいたお客さん=ブルーグラスファンに感謝を
申し上げる。すぐにまたお正月のコンサートが待っているので喜んでばかりはい
られないが、同じ世代として45は私にとって特別な存在だった。サンキュー。

エレキの帝王小松 久さんからライブのお知らせが届きました。以下はメールの
公開です。今回は二回のライブですが、11/17日(金)のバックインタイムライブ
はチケット入手が困難だろうと思いますが、おすすめです。

ライブをお知らせします。小松 久 
*******************************************

黒澤久雄/マイク真木/小松 久 with 六川正彦 & 竹野康之
PLACE : 『Back In Town』都営新宿線 曙橋A2出口より徒歩2分
     新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1
     http://homepage3.nifty.com/backintown/
     予約Tel : 03-3353-4655
DATE :11月17日(金)
TIME : 7:00PM ~ (2 stages)
Music Charge: 3,600円
お知らせが遅くなってしまって申し訳ありませんが残席僅少です!
****************************************
小松 久<大好きロックンロール・ギター#17 >
PLACE : AGAIN(目黒線武蔵小山駅前)
     品川区小山3-27-3 ペットサウンズ・ビル B1F
http://www.cafe-again.co.jp/
予約Tel : 03-5879-2251
DATE :12月11日(月)
TIME : 1st stage PM7:30~
2nd stage PM9:00~
CHARGE : 2,300円(予約)、2,500円(当日)
Againで一人ライブを始めて今年で9年経ちました。一人でやることの難しさ、楽しさ、
色々あって大変良い経験になっています。 更に気を入れて 来年の10周年に向かいたいと思います!!
今回は僕の原点の一つであるフォークロックも何曲か12弦ギターで弾きます。
<予定曲目>
愛なき世界/夢のカリフォルニア/Mr.タンブリンマン/お前とナッシュビル
オール・オブ・ミー/ウィチタ・ラインマン/ヤング・ワン/雨のジョージア/プラウド・メアリー
青い影/ロックンロール・ララバイ/スマイル
ウォーク・ドント・ラン14/オー・プリティー・ウーマン and more . . .
****************************************
(ライブの感想をBBSに書込んで頂けるとうれしいです
http://hisashikomatsu.web.fc2.com
***************************************
(申し訳ありませんが、原因不明でお知らせが重なって行く場合があります
またメールを差し止めたい方は、お知らせください。次回から送信をいたしません)

徳武弘文さんからライブのお知らせのリルコミだぁ!

徳武弘文さんのライブのお知らせです。

御無沙汰しています、徳武です。今年ももう気が付いたら年末です。ギタークリニックは相変わらず中野のギターエクスポです、今月は24日(金)です。お店の方でギター貸し出しもあります。仕事帰りにそのまま行けます。限定予約なのでお店にお電話を。それとバッキングの御仕事ですが村上さゆりを宜しくお願いします。

171113.jpg
年収めワンマンLIVEは、初のフルバンドでお届け!!
2017年11月22日(水) 村上紗由里 ワンマンライブ「体験 第3章 ~ 睦月の夕べにラヂヲの音色 ~」
会場:恵比寿天窓.switch
開場/開演:18:30/19:00
料金:前売 3500円、当日3900円
with BAND from 鉱石ラヂヲ=徳武弘文(G)、 尾崎孝(Stg) 、六川正彦(B)、高杉登(D)

【ライブ会場電話予約】

恵比寿天窓.switch 03-5795-1887 (14:30~22:30 店休日を除く)徳武 弘文
MAIL

宜しくお願いします。

45コンサートのお知らせ&ギャザリングのお知らせ!リルコミだあ

きょうは晴れのいいお天気だった。小平も大分木々の葉っぱが色づいているが
主として緑から黄色に変わっているようだ。赤いモミジやナナカマドのような派手
な赤色が欲しいと思ったが、それは遠出しないと見えないだろうね。こんばんは。
「明日、45のコンサートが神戸であるわ」というのでチラシを見ると、本当だった。
3日に小平でコンサートをして以来、もう一週間という日にちが経って、日本ツア
ーも4コーナーを回ってゴール前の最後の締めに向かうところだった。正確に書
こう。ブルーグラス45神戸元町コンサートは、11/10日(金) 場所:神戸生田
文化会館 シルクロード予約電話078-371-6747 前売り2,500円 当日
3,000円。 6:30PM開場 7:00PM開演。 11月12日(日) 場所:大阪・
中崎町ホール。BOMサービス予約電話0797-87-0561前売り2,500円 
当日3,000円。2:00PM開場 2:30PM開演。残り2回となった今回のバンド
結成50周年記念日本ツアー。是非とも見に行くことをお勧めする。ギャザリング
も11月24日がはっぽん発表会が6:30PMから11バンドが競演する。その後
のギャザリングは12月7日(木)。この日は、公民館ではなく地域センターという
場所の娯楽室で行う。この娯楽室には和風の民謡の舞台のようなものがあって
普段とは違う新鮮な舞台が見られるだろう。その後は12月27日(水)。今年最
後のギャザリングは公民館の2Fホールで。ギャザリングは毎回午後1時から。
個人的には12/7日の地域センター二階の娯楽室がおもしろそうだ。一般客は
ここで忘年会を行っているという。じゃあギャザリングも・・・と調子にのってはい
けません。でも、盛り上がるだろうね。

東証日経平均株価22,937円のバブル後最高値を記録!リルコミだあ

きょうは朝から雨。しかも寒い。もう70年も生きているのにこんな11月の雨の日の
過ごし方を思い出せない。たぶん、70才になったら覚えることよりも忘れることの方
が多いせいで、うっかりするとつい一時間前のことすら忘れていることもたまにある。
こんばんは。東証の日経平均株価が昨日7日の終値22,937円となり、25年ぶり
の高さだという。安倍首相の経財政策の目玉が東証株価の高さなので、株を購入し
ている人にとっては25年ぶりの高さを実感して大いに喜んでいることだろう。アベノ
ミクス様々であろう。しかし、上昇しているものは下降する。いまはアメリカNYや、中
国、東京、ロンドンなど世界が連携されているようだが、このどこかの株価に異変が
生じると、途端に世界中下降に転じてしまう。いまはそれだけ世界中の複雑な要因
を抱えて高値上昇をしているのだろうと想像するが、かといって日経平均株価が5万
円を超えるような高値まで上昇するとは思えない。株価の上昇を見極める、などと証
券人はいうが、ではバブル?と判断できるかどうかとなると業界人ほど口をつぐむ傾
向である。永遠に株価が高値安定するわけには行かないだろうから、東京のバブル
が弾けたときのように、いつかは必ず下降するときがやって来るだろう。また、下降
に転じた株を売りに決断するタイミングほど難しいものはない。いったん下がり始め
た株を売りたいときはなかなか売れなくなる。売れなくなった株を持ちながら、どんど
ん株価が下がって行く。このようなときは毎日お金が増えて行ったときの充実感とは
真反対で、冷静ではいられなくなる。あきらめがつけられる金額だったらよしと思うが、
のめり込みすぎているとゲームオーバーとなる。株価最高値という新聞記事を見て
書いたが、個人はほどほどがベターで、ほどほどの高値で売り抜けことが勇気ある
決断といえる。私は仕事(金融機関として)バブル崩壊を新宿で体験、紙くずとなった
株券の山を見ていたことを思い出した。相場はいつの世も欲が絡んで難しいのだ。

11/3日「ブルーグラス45小平コンサート」レポート②!リルコミだあ

きょうも小平は秋晴れのいお天気だった。ただ今は夕方の午後4時30分だが
もう薄暗くなっている。日照が寒さと共に短くなってこのまま冬至まで短くなり続
ける。ちなみに今年の冬至は12月22日である。

171107_DSCF3465_R.jpg

こんばんは。
マイクテスト(リハーサル)が終わって小休止と行きたかったが、「もう2:25分だ。出てくれ」と
鯨さんが言いに来たので、「そうか、きょうは俺がMC役だった」と、思い出して
お客さんの前に出た。
拍手が起きた。何だか照れくさい。
見ると、お客さんの中にはドクターKさんとそのファミリーの顔が見えた。
DADさんの白い頭もいた。
かつて私がジューンアップルを出版していた仲間のイラストレーターも、一番前に見えた。
満席か?少し息をついて気持ちを鎮めてから、45の今回の「日本ツアー」のことを話した。
別に考えていたわけではないが、自然と口から言葉が出て来たのだった。
始まりは米国でのコンサート出演が決定してから、ブルーグラス45は、
「結成50周年」という言葉が独り歩きしていた。
50周年だったら、「日本でも大きくやろう」と言い始めたのが私だった。
まずは米国で、次に日本中でやれたらハッピーだと言ったのだった。
しかし、ツアー日程はアメリカのスケジュールのみが決定していて、
日本のツアーは依然として未決定だった。
まあ、コンサートやライブが複雑に絡むとなかなかに前に進まないものである。

私たち「マウンテン・ランブラーズ」も今年50周年!を迎えて、小平の中央公
民館の視聴覚室でリサイタルライブを行ったが、このときは3人という軽さが
スケジュール組みを助けていた。
私たちは3人のオールドタイムバンドなので、メンバー6人というブルーグラス45とは
宿泊ひとつをとっても実に軽い。
確かに紆余曲折があったが、東京の外れとでも言える場所の小平で45のコンサ
ートを計画して実行するとは難しいことが多すぎて、午前中の11時すぎに国
分寺駅にお迎えに行ったときもアメリカケンタッキーからのカメラがずっと回っていたのだった。
多少はこのテレビクルーのことは、事前に告知されて知っていたが、
突然目の前でとなると少々驚いてしまう。
逆に、45が偉大すぎるのだ。
そのままコンサート控室までもずっとカメラを回していた。

171107_DSCF3478_R.jpg

さて、MCであった。
初めてスポットライトを浴びたときに後悔したが、だからといって途中で投げ出す訳にもいかない。
「途中で休憩が入ります」と言ってから、大きな声で
「ブルーグラス45!」を呼び出した。
2:30PMだったと思ったが、いよいよ天下の{ブルーグラス45」が
小平のステージに登場したのだった。
もう私の出る幕などはない。
お客さまの情熱と45のオールドパワーとのぶつかり合いである。
思い出が造られてその後、語られる。
10月に出演を果たしたアメリカのステージではどんな曲目だったのだろうか?と思いながら、
ステージの袖でしばらく眺めていたが、控室に戻る。
控室には、本日も、そしてお正月のコンサートも兼ねて、
鳥羽さんにコーヒー番とセキュリティをお願いしていた。
鳥羽さんはモダンフォークバンドの現役メンバーである。
フロントへ行くと、イイダコさんと西貝さんを筆頭に、Tシャツ販売の
内田ご夫妻+リリーレンレンが商売人のごとく気合が前に出ていた。
ありがたいことだ。

171107_DSCF3431_R.jpg

ステージは熱演に次ぐ熱演だった。
ジョッシュの、サービス精神の鬼に引きずられて他のメンバーも乗っていた。
李さんの「ローレンジャー」のムチ打ちはこっちもビックリするほどだった。
休憩中、控室では終演時間の打ち合わせを行い、終演4:30PMを厳守でお話がついた。
後半、元気パワーが炸裂!疲れを知らない45のメンバーたちが
終わってドドッと控室に帰って来た。
電光石火!フロントまで走ってお客さんにご挨拶をしたのだった。
根性に沁み込んだサービス精神!である。

11/3日ブルーグラス45小平コンサートレポート①!リルコミだあ

雲は多かったが秋晴れのおだやかなよいお天気だったこんばんは。トランプアメリカ大統領
が5日に来日した。大統領専用機が小平からすぐ近くの横田基地に降りたと後からテレビで
見てビックリ!こんな近くにトランプが来たのかと思ったが、その後トランプ大統領はゴルフ
に行ったらしいのでハハン、ときた。オリンピックのゴルフ大会が開かれる場所(埼玉県川越
市)に移動するために横田基地が選ばれたのだと納得。なんせ近いからね。ゴルフ場の名
前が「霞が関カンツリークラブ」という。妻がカンツリという言葉に反応して、「いまどき、カンツ
リークラブなんて変だわ」とゴルフ場の認識の古さに驚いたらしい。松山選手が映っていたの
で「なんで?」と思ったが、あるテレビ局はトランプ氏が松山のファンらしいということにしてい
たので、あ、そういう言い方もあるのねとこちらも納得した。まあ、トランプ旋風はまだ東京に
残っているが、これが連休の初日、3日じゃなくてホントによかったと思った。そう、3日はよい20
お天気の下、ブルーグラス45の小平コンサートだったのだ。午前11時30分にJR国分寺駅
へメンバーを迎えに行ったが40分、ベースの敏雄さんに続いてフィドラーの寥ちゃんが出て
来たが、ジョッシュが見当たらなかった。しばらくすると、失くした切符が見つかったのか笑顔
で出て来て、「お世話になりまーす」と握手。そして外人が二人とニコニコ笑顔でゆい子ちゃん
がいるではないか。するとすぐに握手して、二人の外人カメラマンを紹介してくれた。「マットで
す」、「・・・です」、そう、ドジで聞き逃してしまった。この二人が、45の取材にアメリカから来た
2人だったのか、若いな、と本格的に撮影活動を駅中の混雑をものともしないで続ける二人
は、私、ジョッシュ、敏雄さん、寥ちゃんを追いかけて駐車場まで追いかけて撮影していた。
駅にはマンドリンケースを抱えてタローくんもいた。ゆい子ちゃんとタローくんは兄妹で、父は
別の車で会場まですっ飛ばして来ることになっている45オリジナルバンジョーマン、サブさん
である。12時ちょうどに会場着。ロビーの一角に座っていただき、私は二階のホール入り口
へ行ってPA機材の搬入を手伝う。準備は超忙しいとはいえ、まだ会場のホールは開いてい
ない。開く時間はあと30分待って12:30分が規定のドアオープンの時間である。それまでの
時間を有効に使おうとしてPA機材をドアの前にまで運んでおこうという親方日暮さんのアイデ
アだった。チャーリーさんがドアキーを受け取って私に渡す。私がドアを開けるとスタッフがドド
っと入場、それぞれの持ち場に消えて行った。あとは私の役目はメンバーが揃っているか、
何か不足はないか、などをチェックするが、いけねえ、まだウッドベースを自宅から運んでなか
った。しかし、予定通りである。自宅に戻ってウッドベースを積んで再び控室へ行くと、メンバ
ーと歓談するためにお客さんが規定て賑やかな楽屋に変わっていた。外人のテレビクルーは
慌てている顔を見せず、静かに撮影を続けている。これには秘密があって、私が彼らのため
トランスレイターの菅沼さんを用意していた。きっと意志の疎通がうまくいって余裕の安心なの
だろうと思った。菅沼氏は長いこと外国に楽器を買いに行ったり、調査に行ったりと外国の場
数経験があって、普段は頼めない間柄だが彼がギャザリングメンバーなので今回は特別に
通訳を依頼したのだった。ホールへ行くと、PAの準備が大車輪で進み、照明もきれいに当て
られていた。その照明に浮かび上がって輝きを見せていたのは、ナオミちゃんの制作した白
い生地に書かれた赤い白抜き文字の「Bluegrass 45 happy 50th! 1967-2017」が素晴らしくて見
事だった。赤白のバランスが浮かび上がって強烈に見る人を虜にするデザイン。すでに、「サ
ブさんが全国の会場へ持って行く」といってたとチャーリーさん。もう明日のライブ地へ物事が
動いているのかと感心する。リハーサルが始まって、1曲と少しで終了。どうやらメンバーはP
Aを気に入ったらしい。控室に戻ったサブさんが、いいよ、と一言。メンバーの誰にも緊張した
ところは見えない。リラックスしていた。いいコンサートになるかも・・・と思いながらフロントへ。
明日は続編をレポートするね。
171106_DSCF3407_R.jpg
写真は林侑二。
楽屋にて岸本一遙さんが弾いている最中。

ブルーグラス45の大塚章は諸事情で日本ツアーすべてを欠席!リルコミだあ

きょうの小平は晴れてポカポカと暖かい秋って感じでこんばんは。いよいよ明日に迫った
ブルーグラス45の結成50周年記念コンサートもどうやら晴れた秋空の下で開催出来そ
うだ。日ごろの行いのよさをお天気の神様がお認めになった、のだろうか。予約だけで、
76枚と強烈な人気ぶりのブルーグラス45であるが、ここでお詫びを申し上げなければ
ならないことになった。長くアメリカに住んで音楽活動を続けている「大塚 章」(オオツカ
アキラ)が諸事情で、来日が困難となってしまい、今回のブルーグラス45結成50周年記
念日本ツアーをすべて欠席することになりました。長い間腰痛に苦しみ、その苦しみゆえ
に不機嫌となっていたがおそらくはその腰痛が一段進んだのかも知れない。腰痛を持つ
身で日本とアメリカを往復する飛行機に乗ることは非常につらいのだろうと想像する。
また一方、現在ジョン・ダッフィのトリビュートアルバムを制作中!で、こちらは大物ミュ
ージシャンが多数参加しているらしく、慣れないプロデュース作業を楽しんでいるらしい。
何よりも日本ツアーを欠席することが残念でならないと言いながら、ピンチヒッターに選ば
れたタローくんにたくさん弾いてもらってくださいと励ます。諸事情とはこのようなことをい
う。というわけで、小平コンサートを主催する私からも彼の代わりとしてお詫びを申し上げ
る。「ごめんなさい。それでも若いタローの入った45を精一杯、楽しみましょう」 ここのと
ころ現場が続いたりして忙しかったが、そのせいではないだろうが私も糖尿病の他に、
血尿が出たり、不整脈も見つかったりして病院通いが急に忙しくなった。そのため計画し
ていたブルーグラス45のコンサートプログラムを作れなくなったのは悔しいし残念でなら
ない。計画したものを作れなくなるという事態は初体験だが、これも自分の体に別の不
整脈が見つかったとなれば仕方がないことだと思ったが、それだけ老人の体になったと
いうことで納得することにした。もう一つの血尿は、近所のドクターの診断は「糖尿の薬が、
腎臓にいたずらをして腎臓の毛細血管が切れた」と言った。不整脈と血尿、そして糖尿
病は、おそらくは関連があっての結果なのだろうと理解はしているが、初体験者としては
忙しくなってヒマを作れなくなってしまう。これが実は一番嫌なことで、ヒマな自由時間こそ
大好物な自分としては今の毎日が嫌でたまらない。それでは明日、小平中央公民館ホー
ルで会いましょう。

大月ハーベストギャザリングのレポート!リルコミだあ

10月21日。この日は2回目の大月ハーベストギャザリングだったが、朝起きて外を見ると
雨だった。しかし。先発隊でPA一式を積んだ車を大月の小俣邸まで運ばねばならない。
午前7時に出発。
府中街道から中央道に入り、わずか2時間で到着。やまない雨を見ながら
小俣さんは仁王立ちして、「きょうは何人来るのかな」と不安そうな顔で聞くので、「たぶん、
30人は来ます」と答えた私。
そして後ろを見るとお庭に濡れてさみしく立っていた新築のステージ。
きょうはここを残念ながら使わなくて、去年同様の屋根付き舞台をあっという間に
整えて臨時のステージが完成。さっそくPAをセットし終わると、すでに10時半を回っていた。

171101_DSC09288.jpg

トップバッターの「エッチャンズ」の出番となってMC役の私はおしゃべりのためマイクの前に
立った。①エッチャンズは橋爪悦子と武田正和とのデュエットとして本日デビューとなった。
武田くんは実にのんびり構えて悠然と立っていたが、主役の悦ちゃんは少し緊張気味。
1.Flop-Eared Mule 2.Liberty 3.Westphalia Waltz 4.He Took Your Place 5.Nobody’s Darling
But Mine の5曲を取り上げて演奏、そして歌った。悦ちゃんは成長著しくもはや初心者の
域ではなかった。経験豊富な武田君がリードをして練習を積めば女ぷりも上がるだろう。

②は梶バンド。近ごろはギャザリングの常連となった梶さんが主役のバンドが初登場とな
った。本日デビューとなったステージには奥様がきれいな形で寄り添って立った。奥様も
本日デビューである。他に興梠(ベース)、田中(ドブロ)、内田(マンドリン)とメンバーに恵
まれた。
1. The Sunny Side of Life 2.Everybody’s Reaching Out For Someone 3.RememberMe
4.I’d Rather Have Jesus 5.Long Time Gone
梶さんはいたって地味にじっくり歌うタイプでライブに慣れてもう少し自分を前に出して歌うと
一皮剥けて相当に期待できるシンガーとなるだろう。
ところが奥様は度胸がよく、キーを間違わないと素晴らしい歌い手になりそうである。
来年のハーベストが楽しみなバンドだ。

③BGランナーズ。マラソンを愛するブルーグラス人二人(ご夫婦)のバンド。
ここに常にピーターパンがバックを務める。
1.Red Wing2.The Soul of Man Never Die 3.Faded Love 4.Before I Met You
ボーカルを引き受ける内田桂子さんはすっかり度胸も決まって声の出がとてもよくなった。
一方の旦那はバンジョー弾く手指が震えてしっくり行かなかったが、
やり始めのころとは段違いの成長ぶり。
奥様の度胸を分けてもらってネクストはバッチリ。

④ザ・グラスビリーズ。元相模湖ピッキンパーティの主催者の山田さんが
バンジョーをステージで弾くために作ったバンド。
ギターとリードボーカルは法大OBの子島さん。女性フィドラーは安斎さん。
1.Can’t You Hear me Calling 2.Bluebirds are Singing for Me
3.Think of What You’ve Done 4.Sitting on Top of The World
5.Home Sweet Home 「よく鳴るように調整してきた」と山田さんはさすがにビッグサウンドだった。
去年より格段に進歩したプレイを披露して悦に入っていた。子島さんは、バンドがバン
ジョーのための特別なものになっていたことに少々不満気味だったが、来年の雪辱を果た
すと言い残した。

171101_DSC09996.jpg

⑤女子コーラス隊。加代ちゃん、深雪ちゃん、リリーちゃん、レンちゃん、
トシコちゃん、桂子ちゃん、悦ちゃん、直美ちゃん、梶奥様の合計9人の女子コーラス隊は
今回がハーベストデビューである。ギターは私でドブロが田中先生だった。
1.Little Annie2.Bury Me Under The Weeping Wilow 3.Happy Sunny Side of Life
女子コーラス隊は小平ギャザリングだけの特別編成の集まり。
ギャザリング時に女子がいれば自然に引き込まれて強制的に歌わされて
出来上がったコーラス隊だが、ここでは参加メンバーが多く歌に迫力が出ていた。
来年は名前通りコーラスに力を入れて登場してもらいたいなと思った。

⑥スタンレートラディションバンド。外国経歴が多かったという津島さんが生涯の理想と考え
るスタンレーサウンドだけを歌えるバンドとして特別編成した。今回が初登場である。津島
(ギター、リードボーカル)、橋本(マンドリン、ボーカル)、進藤(ベース)の3人。ここに小杉
くんのバンジョーが入るが今回は欠席。
1.Say Won’t You Be Mine 2.All I Ever Love was you 3.Little Mountain Church House
4.He Took Your Place もっと歌ったかも知れなかったがうっかりして記憶になく
失礼なことをしてしまった。バンドはやはり小杉くんのバンジョーが入っ
てからとなるのだろうと想像する。来年がお楽しみである。

⑦ザ・メドウグリーン。千葉から特別参加してくれた玄人好みのバンド。
中野(バンジョー、ボーカル)、吉崎(マンドリン、ボーカル)、藤田(ギター、ボーカル)、
大川(ベース)。
1.When You Go Walking of The Midnight 2.Big Country 3.Bartender’s Blues 4.Sin City
5.Don’t Let Nobody Tie You Down 6.HomeRun Man
このバンドは初めて聞いた。千葉に拠点を置いている実に渋くてコーラスがカッコ
よいスタイルのバンドがハーベストに登場してくれたのは印象深い。
選曲も素晴らしく、ブルーグラスバンドとしての練習&本番などきっちりしていて表現力もあった。
「どこかのフェスに出ることもない」とは中野さん。
そうだとしたら隠れた名バンドかも知れないと思った。

⑧オータム・リーブス。このバンドは小平ギャザリングから生まれた。
バンド名が秋らしくていいね、と誰かが言うと、「私が秋葉だからですよ」と
ギターを抱えて笑いながらリーダーが言った。
1.Little Cabin Home on The Hill 2.The Old Home Town 3.I’ll Stay Around 4.Please
Search Your Heart 5.If I Should Wander Back Tonight
去年、飄然とギャザリングに登場した秋葉さんが集めたメンバーは、
菅沼(フィドル)、松田(バリトンボーカル、バンジョー)、鮫島(テナーボーカル、ベース)、
そして自分のギター、リードボーカルという構成。去年のはっぽんの発表会のときとは別物?
と思わせたほどまとまって聞こえた。リードボーカルの秋葉さ
んの腰の据わったボーカルが聞きものだった。
成長著しいバンドで選曲もよかった。

⑨ビーンブロッサム。魅力たっぷりな女性三人が中心のバンド。
1.Over in The Glory Land 2.Teach Your Children 3.Little Darlin’ Pal of Mine
4.Angel Band 5.Pathway of Teardrops
女性のトリオコーラスが聞きものとしてデビュー。
小平ギャザリングのマドンナ的存在。リリー(ギター、ボーカル)、
レンレン(マンドリン、ボーカル)、カヨちゃん(バンジョー、ボーカル)、広川(ベース)
の4名がメンバー。ただし、広川はバンドのすべてを教える立場である。
小平ギャザリングでも常に教わりに来る仲間にバンジョーを筆頭に他の楽器を教えている。
コーラスのまとまりはとてもよく、品性を感じた。
もう一歩足りない部分は思い切りのいいパンチ力だろう。
あんまり変わっても何だけど、鋭く決まるパンチ力はブルーグラスには必要なのだ。

171101_DSC09625.jpg


⑩シニアグラス。青梅市在住の内田さんがハーベスト用にと結成したバンド。
1.What aFriend we Have in Jesus 2.Even Now 3.Rawhide 4.Kentucky
5.Send Me Your Address from Heaven 6.Tennessee
内田(ギター、ボーカル)、森田(フィドル、ボーカル)、河添(マンドリン、ボーカル)、
小谷(ベース) とチュー年働きすぎのメンバーがそろったこちらは芸達者がそろった。
リーダーの内田さんの人力が成せたワザだろうか。
ブルーグラスのツボを心得た選曲とバラエティさはさすがである。
森田さんのボーカルは見事で年齢を感じさせなかった。

⑪阪神パークがないでしょ。鮫島ご夫妻による素敵なボーカルが楽しみなデュエットバンド。
1.Your Long Journey 2.It’s The Natural Things to Do 3.All I Ever Loved was You 4.I Know Who
Holds Tomorrow 5.甘えてるの バカね 
いつもお二人で作り上げた珠玉のサウンドを今回はリラックスした中に
一段と磨きがかかったデュエットバンドスタイルを堪能した。
ブルーグラスだったりオリジナルだったりと変化を見せながら幅広く、
揺るぎのない貫禄を見せていた。

⑫BGM+大川。ここはいつものお二人に今日はベースの大川さんが参加。実は実質の
ベースマン。いつもはBGMといえばチャーリー&ナオミだけだと思ったが、実は4人編成で
他にバンジョーマンがいるという。つまり4人編成がブルーグラススタイルのBGMだった。
1.All The Goodtime Have Past and Gone 2.There is a Time 3.Hard Time 4.I had Good Time
and Goodbye Booze 5.ワラワラワルツ いつも元気よくパンチの効いたオリジナルを聞かせ
ているチャーリー&ナオミちゃんが今回はブルーグラスなど古典を披露。最後にオリジナル
を出して閉めるとはなかなか粋で決まってた。小平ギャザリングの中心メンバーとして大活
躍中。いや、新宿バックインタウンでもダイオ活躍だと聞いている。

⑬ピーターパン。小平ギャザリングの最初に出来たバンドとして
中央線沿線立川以降では知られている非常に基本に忠実な取り組みが知られている。
1.Swing Low, Sweet Chariot 2.Tennessee 1949 3.Tennessee Waltz 4.Nobody’s Darling But Mine
5.I’m on my way Back to the Old Home
いつも最後に出ていただく個人的に好きなバンドだが、
きちっとしたリズム感に支えられて歌われる
ボーカルがしっかりとしているのがうれしい。
リードボーカルの川本くんはこれから伸びて来ると思うので
尚一層の聞き込みと個人練習をお願いしたい。

171101_DSC00013_2.jpg

これが大月ハーベストギャザリングに出演したすべてのバンドであった。
レポートが長くなることは知っていたので仕事をして帰った後では書く気にはなれなかった。
そのせいで長いこと待たせてしまった。メンゴ。
音楽はすべて忍耐と度胸が要る。
初めからうまく出来るなんてあり得ないことだが、奇跡はどこかで起こっているのかも知れないが
間違いなく小平ではなかった。
しかし、少しづつ楽しみながら前進しているのが小平ギャザリングでもある。
始まりは小さいけど8年くらいずっと続けていると、バンドが出来上がって楽しくなる。
ブルーグラスって素晴らしいね。

PS.明後日3日はブルーグラス45の小平コンサートです。
中央線付近の方は是非ともこの機会を逃すことのないように。
場所&時間:小平市中央公民館ホール。
午後二時~午後4時30分まで。2000円。よろしく。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ