FC2ブログ

2018-07

Latest Entries

歴史的な大雨に見舞われた西日本!リルコミだあ

台風一過というよりも、9日の小平は猛烈に暑い日となっていていつものお散歩などは
とんでもなく、お昼すぎに歩き始めると20分が限界だった。こんばんは。それよりも西日
本を襲った集中豪雨による被災は、現時点で死亡者100人を越す大災害となった。前
線が西日本に土日と停滞し、広島、愛媛、高知、岡山などに特に大きな被を受け、地元
自治体を中心に自衛隊、警察、消防が、被災者の救出や行方不明者の探索に汗を流し
ている。停滞した前線に、太平洋側から湿気を大量に含んだ風が吹き込み歴史的な大
雨が二三日降り続け、土砂災害と川の氾濫が家屋を飲み込むなどして災害が広がった。
前線は梅雨前線か不明だが、台風7号が日本海を通り抜けてからの前線の停滞だった。
なぜ前線の停滞が起きたのかは気象庁の説明を待つばかりだが、ここに台風が微妙に
絡むとこのように歴史的な大災害が引き起こされてしまうと強く思った。前線は日本中、
どこにでも停滞する可能性があるが、今後台風と相まって日本のどこかに大雨が連日
降り続けて、西日本と同様の大災害が起きないとも限らない。外国への援助はやめてい
ただき、広島の土砂崩れに見られるように日本の国土を改善する方向に国は注意を向
けてもらいたいものだ。さて、先週末の7日(土)は横浜の日吉へ行った。孫の幼園稚で
両親参加のバザーがあって、両親ともに役割で忙しく、9ヶ月になった二人目の孫(男子)
の面倒を見てほしいと依頼があって、ジジババは朝5時に起きて飛んで行ったのだった。
9ヶ月の孫はつかまり立ちをするなど立ち上がろうとする意欲が凄くて、うっかりすると転
んで頭ごっつんこをするからねと母親から注意を受けていたが、実際はトータル3回ほど
倒れてごっつんこをやらかしてしまった。この前に孫と会ったのが3月はじめだったので、
今回はおよそ4ヶ月ぶりとなったがすべてに成長してたのには驚きだった。そのうえ健康
体らしく二重に喜んだ。腫れ物に触るような8時間だったが、二人の孫の成長に目を細
めて東急電車の「所沢」行きに乗って帰宅した。何でも東急線は所沢から横浜中華街ま
で直で行けるらしい。日吉はその途中にあった。小平のような田舎にいると世の中のス
ピードに付いていけない?

ムーンシャイナー誌編集長のメールが届きました。ちょっと気持ちがホットになってしまう
来日演奏会のお知らせです。以下はメールの大公開です。

ブルーグラスな皆さま、
 一昨日来の大雨で被害を受けられている方、お見舞い申し上げます。
 さて、昨日お送りしたお願い/情報メール、「フラット&スクラッグス来日50年、NH
K-FM、S&N来日!」の中、ステュアート&ノームの来日情報日程(19月22日)が間違って
いましたので訂正してお知らせします。
 現在決まっている出演、正しくは以下のピーター・バラカン「ライブマジック」の10
月21日(日)出演のみです。以下サイトにて前売り、早割り受付中のようです。
https://www.livemagic.jp/
●Peter Barakan's LIVE MAGIC! 2018
【開催日】
2018年 10月20日(土)/ 10月21日(日)
【開場/ 終演予定】
10月20日(土)開場 12:00 / 21:30 終演予定
10月21日(日)開場 12:00 / 20:00 終演予定
【会場】
?恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール / ザ・ガーデンルーム
https://www.livemagic.jp/

●Stuart Duncan & Noam Pikelny 来日決定!
 現在、まぎれなく世界最高のフィドルとバンジョー奏者であるステュアート・ダンカ
ン&ノーム・ピケルニーが来日します。
 2014年以来、正式にフィドル&バンジョー ユニットとしてツアーを組むふたり、ス
テュアートは「ジャズボーカルの女王」と呼ばれるダイアナ・クラール(エルビス・コ
ステロの妻)と、またノームは「世界最高のストリングバンド」パンチブラザーズと、
ふたりともに2016年の2月と7月に来日、今回2度目の来日となります。
 ブルーグラス70年+の歴史が生み出した最高の楽器奏者であるばかりではなく、
ジャズやクラシック(ステュアートはヨーヨー・マとの共演でグラミー受賞)の世界でも
高い評価を受けながらも心底ブルーグラス奏者であることの軸足を動かさない姿勢は、
20世紀後半にマーク・オコナーやベラ・フレックらが挑戦してきた壁を超えたところに
ある、まったくあたらしいブルーグラス世代といえるでしょう。2016年の来日時にステュ
アートは池袋でワークショップ、ノームは単独で第45回記念 宝塚ブルーグラスフェス
に参加してくれました。そのときに接した多くの人は、ふたりの深いブルーグラス愛を
感じられたことと思います。

 19世紀はじめに南部アパラチア山間部で、スコットランドやイギリスなどヨーロッパ
からもたらされた「フィドル」(バイオリン)によるダンス音楽とバラッド(物語り歌
)の旋律が、西アフリカからの奴隷貿易でもたらされた「バンジョー」というコードと
リズムを生み出す楽器と出会いました。バンジョーという楽器の特殊性――ネックの途
中から最上部に高音弦がある――からシンコペートする「ブーンチック(Boom Chicka
)」リズムを生み出し、それがアメリカンポップの源流となって行く……と、わたしは
考えています。すなわち、フィドルとバンジョーの出会いがアメリカンポップの源流で
あると……。
 そんなふたつの楽器が信じられないテクニックでウキウキ/ワクワク、じっとしてら
れないアンサンブルを聴かせてくれます。……関東地方の方、お見逃しなく!!

Stuart Duncan & Noam Pikelny Videos:
“Wheel Hoss”
https://www.youtube.com/watch?v=zydvVUiqIHM
“Tallahass”
https://www.youtube.com/watch?v=mlcWyr1T8S0
“Sad and Lonesome Day”
https://www.youtube.com/watch?v=J-nmrpdrr40

Happy Tanabata!!
sab

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ