FC2ブログ

2018-11

Latest Entries

ハズキルーペが1万円、ドンキで売ってるメガネルーペが500円!リルコミだあ

めっきり日が短くなっていま午後4時だというのに暗くなり始めて来た。このまま
冬至(12/22)まで日照が短くなりっぱなしだけど、今ごろの季節は何をしてもそ
ういえばあまり記憶に残っていることはないようである。私は1年を4分割してい
て、秋は9,10、11月と分けて11月も秋も明日で終了となって、明後日からは
12、1、2月と冬に入る。これからクリスマス、お正月と1年の区切りともいえる
行事があってか11月はすぐに過ぎ去る感じで印象が薄い月なのかも知れない。
寒い日々を迎えることになる冬もそういえば嫌いじゃない。こんばんは。きょう
は、チャーリー&ナオミちゃんと妻とでファミレスミーティングだった。ギャザリン
グとお正月コンサートの打ち合わせだったが、用意するものはほとんどが発注
済だったのでお食事とダベリで盛り上がっただけだったが楽しかった。帰宅して
石油ファンヒーターを点灯したりして自転車で戻った妻を待ったら、妻がドン・キ
ホーテに立ち寄って来たらしく、手には「ハズキルーペ」ならぬ「メガネ型ルーぺ
」を購入したと言ってテーブルの上に出した。「500円よ!」、ムムムと言葉も出
ないでいる私を見て、「私は1本だけ買ったが、他の人は5本もまとめて買って
いたわ」とドン・キホーテのメガネルーペの売れ行きぶりを話してくれた。しかし、
500円は安い!テレビのハズキルーペの宣伝を見て知っている者にとっては
500円とは予想外の安さである。テレビコマーシャルで見た同じような物の価
格は1万円だった。確か、他にもテレビコマーシャルをしている「同じような物」
はハズキルーペよりもかなり安価だったが、500円ではなかった。ドン・キホー
テは以前にも同じ価格でメガネ型ルーペを売り出したらしく、妻はそのとき一歩
及ばず、目の前で売り切れたという経験をしたらしく、今回はゲットして「どうだ」
と言わんばかりだった。ただ、私の場合は白内障が邪魔してよく見えなかった。
白内障手術を済ませてからじゃないと500円!の効用を実感できない。それ
にしても9,500円もの差額が何をもたらすのか。差額で訳の分からないテレ
ビコマーシャルを作っている一派は、どんな顔をしているのか見てみたい。

阿部首相が外遊(アルゼンチン)するため入管法改正案を昨日衆院を強行採決リルコミだぁ!

阿部首相が外遊(アルゼンチン)するため入管法改正案を昨日衆院を強行採決
させ、本日参議院に送付させた。外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民
法改正案が27日の衆院本会議で、自民、公明、日本維新の会などの賛成多数
で可決されて、本日参議院に送付された。経過を書くとこのような流れとなるが私
の印象は、国会を開けばいつもこのような強行採決となって話し合いはおろか、
自公のごり押しを繰り返し毎度、大騒ぎとなっている。この理由が、今回は阿部
首相の外遊だという。こんなバカバカしいことって何だ、日本国民を馬鹿にしてい
る行為ではないか。阿部が首相になって自公が国政選挙に勝ったからこのような
ことが繰り返されているが、前にも言ったが、自民や公明には人がいないのか。
国民を代表して先生と言われる人の中で、阿部独走を許さない!という人は誰も
いないのかと不思議である。今、日産の前会長ゴーンが逮捕されてテレビは放送
合戦というような形になって、安倍首相たちの政権がやろうとしていることが見え
にくくなっている。阿部のような悪がこのタイミングを見逃すわけがなく、やりたい
放題となって法案を次々に採決して行ったら、国民が苦しくなること必至である。
この入管法改正案は国会審議がわずか15時間。それで強行採決となった。
阿部がアルゼンチンで何するのか知らないが、いくら外遊好きの阿部だとはいえ
もはや滅茶苦茶の事態である。日産の前会長ゴーンも長くトップにいたために不
正に走ったと言われているが、阿部はゴーンなど足元にも及ばないくらいごまかし
を繰り返して、首相の周囲は腐りきっているんじゃないのかと考えている。国会で
答弁する姿をはじめ国連での演説などもう見たくもない。

お散歩で森の中を歩く!リルコミだあ

先週よりも今週の方が少しだけ気温が上がってあったかい感じ。きょうは火曜日
だから今週も始まったばかりだが寒いよりもあったかい方がずっと体は楽だ。お
天気に感謝しなくっちゃ。こんばんは。お散歩に出ると、遊歩道などは落ち葉が
積み重なっているところを歩くと足元がツルっと滑って、転びそうになることがあ
る。しかし、この大量の落ち葉も風が吹くとほとんどが風とともにどこかへ飛んで
行くのか、いっぺんに歩きやすくなる。でも私はこの季節が好きだ。春の木々が
一斉に芽吹いて青々と光合成が始まっていく緑一面の景色も好きだが、役目が
終わって紅葉~落ち葉となって山の土になって行く過程の今の景色も好きで、
昔だったら、落ち葉の中に飛び込んで飼い犬と遊んでいたに違いない。お散歩
は東村山中央公園の森の中を歩いて来たが、ケヤキの葉はボチボチ落ち始め
ていた。野桜の葉っぱはほとんどが落ちて枝がスカスカで小鳥の姿も見えるよう
だった。私は子どものころは近所の森が遊び場だった。したがって、森に生えて
いる樹木のさまざまな知識が自然と蓄えられる。赤樫は硬くて鍬や斧の柄に選
ばれることや、小鳥を捕まえる「とりもち」はイヌツゲかヤマグルマの樹皮で作る
ことや、ちょっと違反だけど川魚を獲るときはサンショウの樹皮やエゴノキの皮を
臼でつぶし袋に詰めて、魚のいそうな上流に行って浅い流れのところで袋を流れ
に浸けて足で踏んで、エキスを流してやる。すると、パクパクと口を動かして魚が
浮いてくる。それをすくい取るというう漁法である。こういうのって森で遊んでいる
と自然に情報が伝わってくる。ある日、友だちが蜂に刺されて顔を大きく膨らま
せて学校へ来たことがあった。お母さんが作った花畑で遊んでたら蜂に刺された
らしいが、「花は虫のものだから遊ぶ場所じゃないんだよ」と母に教えられたとい
う。ちょっと痛い教育だったが、友だちは二度と花の中で遊ばなくなったらしい。
後年、この話に興味があった私は、いろいろな花の色も虫に向けた花からの合
図なのだろうかと思って書物を調べたら、まさにそうだと書いてあった。人間の目
で見える花の色と虫の目では違うらしい。分かったような分からないような話だが、
これは虫に生まれて来ないと分かりませんね。

等々力の「オールドタイムミニフェス」に行った!リルコミだあ

朝、きょうは外も明るくなっていい天気だなあと布団をかぶっているとそのまま眠
ってしまい、起きたら私一人ぼっちで時間は8:40AMだった。三連休の疲労感が
出た?いえいえ違います。ここのところ頭の調子が悪く、右側にふらつく症状が出
ていて歩行が極めて不安定となったため、外歩きは控えていて三連休は25日だ
け、昨日等々力のオールドタイムミニフェスへ行っただけだったのに、なぜか疲労
感があったのか今朝は起きられなかったようだ。こんばんは。オールドタイムミニ
フェスは今回で7回目を数えた。会場は等々力駅からバスで二つ目園芸高校前に
あるカフェ&ライブハウスの「ウエスターン」。ここはオールドタイム界の貴公子「ニ
ューストップギャップストリングバンド」(NSSB)の活動拠点となっているが、BG系もた
くさんの出演者がいるらしいが、小平からは位置的にかなり離れた場所なので、
ミニフェスがなければ、存在を知らないままあの世に行ったのかもしれないなあ、
などと思いながらお店のドアを押して中へ入った。東急大井町線等々力駅の近く
にお蕎麦屋さんがあって、そこでお蕎麦を食べてウエスターンに向かうというのが
私のパターンで、きつね蕎麦を食べているとバンジョーを担いだ加瀬くんが「やあ!
」と、待ち合わせたように片手をあげて入ってきた。偶然に出会ったのだった。「こ
こでいつも食べてから上に行くんだ」と、私と似たようなことを言って鴨南蕎麦をす
すっていた。加瀬くんはオールドタイムスタイルバンジョーの名手として知られてい
るオールドタイム界の重鎮である。私とは彼が青山学院大学の「ブルーマウンテン
ボーイズ」ベースマンだったころよりの友人で、年齢は私の方が上である。彼のほ
のぼのとした性格は誰にでも好感を持たれるという特質が、人間通しの関係がす
べての音楽団体の中ではいつでも人が集まってくるのが、彼最大の魅力である。
ウエスターンには小平ギャザリングからBGMさんが先着していた。ご挨拶をしてい
ると、若い4人がやって来て私の隣の席についた。若い女性が私を見て言った。
「ヒゲオヤジの娘です」とご挨拶されたが、会った場所を思い出せず、「どこだっけ
」と小さな声でごまかしていると、「箱根フェスです」と明快に言った。「思い出した!
バンジョーお父さんだ」というと、「亡くなって8年になります」、「結局、バンジョーを
プレイしています」と笑顔で言った。「よかった」プレイを引き継いで本当によかった
と会話をして再会を楽しんでいた。「きょうはうしろから二番目に出ることになった
THE TIME IN MY HANDSというバンドです。三人組ですがバンジョー2名に、男子が
ダンスしながら歌います」というと金髪の男子が、「よろしくお願いしまーす」と元気
にご挨拶をされてしまった。新しいオールドタイム感覚のバンドの匂いがテーブル
の辺りに漂っていた。午後二時、トップバッターの石川修次さんからキックオフ。
静かに話しながらバンジョーを弾き歌うというスタイルは彼のオリジナルな特長で
思わず引き込まれてしまう。続いては古谷くんのオートハープ弾き語り。実に淡々
と歌って弾く。きれいな音だなあとオートハープの持つ独特なハーモニーサウンド
に酔いしれてしまった。一転、お次はケイジャンバンドの登場。私は去年も見てい
たので、大迫力のボタンネオン?という楽器の強烈サウンドに抗体はあったが、
それにしてもどえらい音だった。5番目に出たのが「けんぞうえもん」と名乗った親
しいベースマン。きょうはバンジョーを持ってソロで登場した。「いつもBGをやって
いてそのときはベースを弾いていますが、きょうはバンジョーを弾きに来ました」、
「ブルーグラスの陰に隠れてひっそり練習してました」とご挨拶すると早速弾き始
めた。驚くなかれ、隠れて練習したと言っていたが素晴らしい選曲と素敵な音色で
私のテーブルではみんなが「いいね!」と感じていた。BGベースもさることながら、
フレイリングバンジョーでも人気が出るようなそんな響きを彼、藤田あきらくんは
出してみんなの注目を集めていた。この次の加瀬くんのあとは休憩がったので私
と堀内は外へ出て練習することになった。そのため、加瀬くんのステージは見逃し
たのでレポート無し。休憩後のトップは去年同様、私と堀内だった。実はお互いに
闘病中の間柄だったが、私は去年暮れに入院という状態だが相棒は10年に近い
闘病歴を持つ。二人で今回に向けて合宿もしちゃったりして備えての出演だった。
結果は、私の歌と演奏はいいときの半分もいかなかったように振り返ったが、堀
内の素晴らしいサポート(ドブロ&ボーカル)と、集まったオールドタイム仲間の拍
手が気持ちよかった。一日経った今でも右腕の筋肉が痛く、同時に左手の先っち
ょが痛い。弾いてなかった証拠である。次は小平ギャザリングの人気者BGMの登
場。マンドリンバンジョーとギターという取り合わせをすっかりBGMのスタイルにし
てしまったBGMは、この日はいつにもましてバランスがとれてナオミちゃんの柔ら
かいボーカルも冴えてタイミングよく、決まっていた。9番目の出演バンドは、「オ
ールドタイムフレイバー」。栃木県からやって来たと去年もトークしていたが、フィド
ル、ギター、バンジョーのバンドだったが、もっぱらMCとリードボーカル&フィドル
を担当したオジさん(お名前を忘れてしまった)の軽快なMCが楽しかった。次に登
場したのがヒゲオヤジさんのお嬢様がリーダーの「THE TIME IN MY HANDS」であ
る。ヒゲオヤジの娘はとても上手なバンジョープレイを弾いて驚かせてくれたが、
二人の女性のバンジョーの真ん中で踊って歌う男子が新しかった。ダンスと聞い
ていたが、それは「クロッグダンス」というもので、ビル・モンローが陽気になると
靴をカチカチと鳴らして踊ったものと同じだった。金髪の男子は、「本物とは違っ
ているかも知れないけど、もっと勉強します」と語ったが、見ていたこっちはポカン
と驚きっぱなし。今後どのように変化していくかとても楽しみ。さて今回の最後は
STONE CREEKS。ギター&オートハープ、バンジョーという楽器に加えてゲストフィド
ラーが入ってトリオ編成と変わって7回目のミニフェスを閉めた。私はギターとオ
ートハープのバランスが好きだったが、ゲストフィドラーとのバランスも練習を重ね
ると輝くような感じが持てた。オートハープ&バンジョーと大活躍だった石浦さんは
小平ギャザリングに来ていたころに比べて数段、積極性が感じられてそれがスト
ーンクリークの音の核となっていた。オールドタイムミニフェスを企画制作をしたの
が、二番目に出演したニューストップギャップストリングバンド(NSSB)だったが、こ
のバンドは日本のニューロストシティランブラーズを目指して結成したと一見して
分かるユニフォームが特徴のバンドで、私にはこのスタイルがいつも格好よくて
迫力あるボーカルと演奏に併せてしびれて来た。今回もメンバー全員がそろって
元気なコーラスと演奏を聞かせて健在ぶりを示してくれた。リーダーの高作さんが
「ミニフェスが年2回あったらよいという話もある」とMCで言った。近いうちに年2回
のミニフェスが開かれるかもしれない。



府中駅前で「ボヘミアンラプソディー」を見た!リルコミだあ

パラパラと雨がふる午後、妻とともに府中駅へ行く。まず国分寺駅まで行き、
府中駅行のバスに乗って20分ほどで京王線府中駅着。きょうは駅前のTOH
Oシネマズで午後2:30分から映画「ボヘミアンラプソディー」を見るのだ。昨
日、お仲間の西貝さんより電話があって、「きょうは見て来たぞ。ボヘミアンラ
プソディー」と、少し興奮気味に話してくれたが、そうなるとクイーン好きには
我慢が出来なくなる。バイトがお休みの妻にエスコートをお願いして私もよう
やく見て来た。主役のフレディ役にはどこで見つけて来たのか不明だが、よく
見ると違うのに、パッと見だとフレディが現れたかのようによく似た俳優が熱
演する。フレディが「ゲイ」だったことは世界中に知れ渡っていることだが、男
どうしの絡みも見せてストーリーに深みを持たせながら、フレディを中心にスト
ーリーが展開して行き、最後のライブエイドで熱唱するフレディをとらえながら
エンディングとなって行く。ライブエイドが行われた場所はサッカーの聖地とし
てその名も高いロンドンの「ウエンブリースタジアム」だったが、ここに20万
人は集まった?と思えるミュージックファンを前に、クイーンは素晴らしいパ
フォーマンスを披露する。フレディのピアノが鳴ると、大観衆が「ウォー」っと
声が上がって「WE ARE THE CHAMPION」が始まる。この辺は絶妙のタイミン
グで涙もんの一場面である。このウエンブリー スタジアムへ通じる廊下を通
って控室へ進んでいるときに、廊下に一人美少年が座っていてフレディに声
をかけた男の子がいたが、この子がフレディの最後の恋人か?と思った。
フレディの晩年、私は六本木のコーヒーショップで語り合うフレディと美少年
を見つけて驚いたことがあった。そのときの美少年?だったかと思いながら
映画を見ていた。名曲♪ ボヘミアンラプソディ の録音状況をもう少し詳しく見
たかったな。

孫の写真が送られてきてつかの間のルーペ探しとなった!リルコミだあ

きょうは一段と寒くんなってお散歩しながら冬を感じた。11月も21日だもんね。
こんばんは。しかし、小平の紅葉はまだ始まったばかり。この寒さで一気に紅葉
が進むか。午後も歩いた。施設(老人ホーム)に入所中の弟に手紙を書いたの
でポストまで200メーター歩いたついでに帰りは膨らませようと思い、遠回りして
帰宅。午前中も結構な距離を歩いたので夕方は疲労気味となって横になるとす
ぐに睡魔に襲われて目が覚めたら6時だった。起きると、妻がお買い物から帰っ
ていて携帯をのぞいて笑いを連発していた。横浜の娘から孫の写真が送られて
来たので画像を見つめて声を出して画像に話しかけていたのだった。「俺にも見
せてよ」と言って妻の携帯を渡してもらうと、画像が見えない。そこで私専用のル
ーペをと探したがどこにも見えない。せっかくの孫の写真が見えないとは残念す
ぎて、このままじゃルーぺが夢に出てくると思って本格的にルーペを探し始める
と、平成10年版郵便番号簿という分厚い本の中に紛れているのが見つかった。
さきほど弟のいる老人ホームの郵便番号を調べたとき、ルーペを挟んだまま閉
じてしまいPCデスクの棚にしまったらしいのだ。孫は、二人で玄関の外で遊んで
いるところを「激写」されたらしく、ポーズを作ったりしているのも含めて4枚が楽
しかった。娘もお誕生日が近く(25日)、ようやく病気も癒えて来たらしく元気一
杯の様子。何よりも親子ともに元気一杯なのがよいのだ。孫の写真ほど私のよ
うな病人には励みになるものはない。今後もどんどん送ってほしいものである。

極東の日本で逮捕された世界の経営者カルロス・ゴーン!リルコミだあ

きょうもはっきりしないお天気だった。小平市に日産自動車の社員が住んで
いたら、「社長逮捕!」のニュースに接して、「ガ(ゴ)ーン!」とショックを受け
たんだろうと想像したが、あんまり上手な駄洒落じゃなかった(笑)。反省。
日産社員が小平に在住の可能性はあるのかと言われると、きっちり調べて
いないので分からないが、日産武蔵村山工場が無くなってしまったから、工
場へ通うのにはちょっと遠い小平市にわざわざ自宅を購入して住むような変
わり者はいないんじゃないかというのが偽らざる私の意見。その日産工場の
跡地には現在、イオンモールやジョイフルホンダが出来て連日、お買い物客
で賑わっているが、そのイオンモールやジョイフルホンダの広さを実感して
はじめて、日産工場の広大さが改めて分かったというのが小平市民である
私の実感である。その日産工場を不要だと判断して土地ごと売ったのが当
時(1999年)、仏ルノー副社長のまま日産の再建を担ってやって来たカル
ロス・ゴーンだった。当時、経営危機と財政危機に瀕していた日産は、ルノー
と資本提携を結び、1999年6月、ルノー上席副社長という立場を残したまま
日産の最高執行責任者(COO)に就任。「コストキラー」として知られるカルロ
ス・ゴーンは、日産再建に向けて社員とともに、「日産リバイバルプラン」を作
って短期間で経営を立て直した。このリバイバルプランで日産を去った従業
員は、2万1000人。おかげか効果か2001年には一転、3、311億円の
黒字となった。日産リバイバルプランとは、工場など生産拠点の閉鎖、資産
の売却、人員削減、子会社の統廃合、取引先や原材料仕入れの見直しなど
大リストラを強行するが、日産自動車はこれによって経営危機を乗り越え、、
見事に復活した。数年前、ジョイフルホンダに行くと、そのあまりの広大さに
圧倒されたとき、「日産の工場跡地」と聞いて、ここを売っぱらった男の強烈
な個性を想像したことがあった。世界を股にかけてやって来た再建屋とはど
んな男だろうと想像したことがあった。それほどに広い土地に日産工場があ
ったのだった。しかし、カルロス・ゴーンという経営再建者は、日本で落ちた。
日産・ルノー・三菱の連合を作ったのもゴーンである。逮捕されては彼の今
後も何もないと思うが、この3社連合がどうなるのか注目して行きたい。
再建後の日産自動車。
売上高:10兆4825億2000万円(2014年3月期)連結
営業利益:4983億6500万円
従業員数:14万2925人

「黄金のぺットボトル」とは!リルコミだあ

きょうのお天気は曇空で雨も落ちてきそうな怪しい感じがしたが午前10時すぎに
お散歩へ出る。杖をついたり杖を持たなかったりその日の気分で決めていたが、
きょうは杖を持って出た。杖をつくと歩行に安定感が出るのでここのところは杖を
ついて歩いているが、頭の調子がよくて歩いても途中でふらつきが出ない予感が
出来るときは杖を置いて普通のお散歩人となって出かける。ここのところ、およそ
2ヶ月ほどはずっと杖をついてお散歩に出ている。それだけ歩行に不安がある証
拠だが、これについては左目の白内障が進んだためだろうと想定している。私の
左目の視力は先月現在で0.1とかなり悪く、医者も診察しながら「左目が悪いわ
ねえ」と言う。そう、私の担当医は少し太めの女医さんなのだ。「内科医さんが手
術をOKしてくれないとね」と、内科医の返事を待望中であるが、しかし、内科医は
私の糖尿病数値を冷静に見て、白内障手術が可能かどうかを判断しているだけ
で内科医には責任はなく、すべては私の問題なのだった。「すんましぇん」と女医
さんに頭を下げて診察が終わるが、次の眼科の判定は12/5日である。この日、
白内障手術の予約する判定が可能な数字が内科医から示されるといいなあと思
って指折り数えている。こんばんは。東京新聞本日朝刊のトップ記事は「黄金ペッ
トボトル」というタイトルだった。これは何か?私はかつて板橋区高島平で「酒店」
の店長を務めたことがある。およそ20年近くも前のことだが、毎日お店の軽バン
で片道50分かけて通勤していた。家を出ると川越街道へ出るまでクニャクニャと
路地を抜けて行くが、川越街道に出る前に小川の淵を通る空いた道路を通って
時間を稼ぐがその小川の真横の道路から、コンビニの袋ごと食べ終わった食物
が捨てられていた。ドライバーが自分の食べかすゴミを捨てていて、見ると川の
水が流れないようなポイ捨てゴミが山盛りになっているのが見えていた。「黄金の
ペットボトル」とは、このポイ捨てゴミとは違ってドライバーのオシッコが詰まって
捨てられているというレポートが新聞の1面トップ記事となって報道されたのだ。
川越街道合流前の小川にポイ捨てされたコンビニ袋の量を見ると、それだけで
「オエッ」となるほどの光景だが、数十年たった現在はこのゴミ類に「黄金のペッ
トボトル」が混じって捨てられているという。500ミリペットから大きな2ℓペットなど
に詰まったオシッコがポイ捨てられているという。記事によれば、月1回の清掃
で60本が集められているそうな。この裏には過酷な運送業界などが考えられる
が、トイレに行く時間もないくらいの競争なのかというと、神奈川県トラック協会も
「黄金ペット」投棄に頭を痛めて、ゴミのポイ捨てを戒めるチラシを作って「ポイ捨
て」をしないようにドライバーに呼び掛けている。私も環七を通るたびに、立体交
差点の下にうず高く見えていたドライバーたちの「ポイ捨てゴミの山」を忘れられ
ない。トラックドライバーに焦点を絞って、このようなマナーの悪さを徹底して直
せば少しは世間もこの事態に気が付くだろうと思う。まあ、対処療法かもね。

左手指と右腕が痛くなったのはリハビリの成果!リルコミだあ

きょうも晴れておだやかだった。午前中、珍しくギターを取り出しておよそ60分間、
トレーニングに励む。入院後、家で構成を決めてギターを弾くのは初めてだったが、
リルコミを書くのもパスして熱海へ出かけたのは、親友と秘密練習をするためだっ
た。今年の5月に小平ギャザリングが那須のライブハウスに遠征したとき、バンド
仲間のイイダコさんとマンドリン&ギターで3曲ほど歌って演奏をしてみたが、体の
異常と入退院という長いブランクのせいで、ライブは歌も演奏もとてもつらかった。
体の異常とは、私が入院となった延髄打撃による神経異常のため、体全部が熱
くなるというものだった。特に、後頭部延髄部が熱を持ってしまい、「これは異常だ
」と自覚するほどだった。あれから半年が経って、少しづつギターを持って試して
はいたものの、人前で歌って弾くというライブを目前にして大決心をして熱海へ向
かったのだった。こんばんは。熱海では親友と二人で二泊三日を過ごした。少し
づつ合わせて、三日目には何とか手応えのようなものをつかめた。ただ、左指と
右腕が痛むという後遺症があったが、これは確かな満足による喜びに比べると、
何でもないことだった。感謝をするべきは親友である。長くお付き合いをさせてい
ただくが、ギターとボーカルのリハビリをお願いするとは思いもよらなかったことだ
った。しかし、親友は私の様子を見てすぐに理解をして、無理をしないで実に辛抱
強く少しづつリハビリをしていただいた。その三日間を振り返り家で、ギターを取り
出して本格的に歌って演奏してみたのだった。結果はオーライだった。来週24日
のギャザリングで歌えるかもしれないという気力も出て来た。やはり熱海の親友
に大感謝である。あとは子ども相手に合わせてみようと思っているが、これも初
体験だが思い切って頼むしかない。

来年初春(1/5)のBGコンサートのダイレクトメールを作った!リルコミだあ

朝になって私の寝ているベランダ側の窓に日が差し始めると明るくて目を開けざ
るを得ないという強烈な光が部屋中を照らした。午前6時半すぎのことであるが、
そのままテレビのスイッチを入れると、北方4島のうち2島を先行して返還という
「2島先行返還論」が浮上したと伝えていた。4島まとめて返還ではないのかと長
い間の日ソ議論を知っていた私には、「半分か…」の印象だったが、安倍首相と
ロシアのプーチンでは、「2島が先に帰ってくる」となっても不思議ではないと思っ
た。テレビは阿部首相とプーチンロシア大統領は、「20数回にも対談を積み上
げた」と言っていたが、むやみに対談を繰り返しても意味がないことはマスコミが
よく知っていることである。にも関わらず、テレビで安倍首相寄りに話をしてしまう
ことに、日本の不幸が見えてくる。20回以上の対談をしたと言及していたが、初
めに書いたように、これは日ソ議論に於いて4島まとめて返還は日本の悲願で
ある。たった20回程度で話がつく問題ではない。阿部首相も困った人だ。こんば
んは。きょうは来年お正月に開かれる「小平ブルーグラスコンサート」の顧客へ
「ハガキのダイレクトメール」を作ってポストに投函した。コンサートを主宰してい
る私の大きな仕事に入る作業が本日で一部終わりとなった。今回で10回目とな
って丸10年間続いたことになるが、今回で公表通り最終回となる。当初、コンサ
ートを企画し考えたときに、「10年間は続けよう」と思った。10年やってみて出演
者及びスタッに健康に問題がなかったら、そのときに先も考えようと思ったが、や
はり、10年間という数字は長くて最終回となってしまった。まだ、どのように最終
回を仕立てるかは現在、考えている最中だが、最終回コンサートを惜しくも本年
春に亡くなった「ウエイフェアリングストレンジャーズ」の武田温志さんに捧げるこ
とにしている。すでにムーンシャイナー誌には広告宣伝をお願いした。今後本番
まで45日余りとなるが、是非ともみなさんのお越しをお待ちしております。
181115a.jpg

熱海へ行って来ました。お休みして失礼いたしました!リルコミだあ

熱海の親友宅から本日午後戻りました。無断でお休みしてしまい失礼いたし
ました。出発は12日(月)午前だったのでブログ的には二日間のお休みとい
うことになりましたが、おかげさまで休日を余すところなく楽しむことが出来、
素晴らしい満足感を得ることが出来ました。細々とお世話をいただいた親友
には大感謝を申したい。こんばんは。道中印象に残ったことはJR小田原駅で
大量に乗車して来た60才台と思しき団体女性たちの迫力と、会話言葉の汚
さだった。関西弁を話す彼女たちの一部は熱海駅で下車していくらか社内の
空気は静寂を取り戻したが、二つ先で下車する私の前を5,6人が車両をま
たいで行ったり来たり、その人たちが私の前の集団に加わると、また元の騒
々しい集団となるのだった。彼女たちには決まって手に飴玉が握られていて
それを取り換えっこしているらしく、飴玉を舐めて頭も会話もエンジン全開と
なっていた。小平ギャザリングの常連メンバーに「阪神パークがないでしょ」と
いうご夫婦のデュエットバンドがあるが、彼らには「大阪のおばちゃん」という
人気曲があって、毎年お正月に開かれる「小平ブルーグラスコンサート」でも
最後に歌って大受けする曲として知られているが、まさに大阪のおばちゃん
という曲そのものだなあと思った。私が下りたあと伊東行の電車は大量のお
ばちゃんを乗せてガタゴトと走り去った。連れ合いを無くした団体のようだっ
た。平和な光景だった。

きょうはダブルの病院通い!リルコミだあ

きょうは雨が降ったりやんだりの不安定な小平だった。こんばんは。霧雨に変わ
った午前9時すぎに国分寺の耳鼻科へ薬をもらいに行く。黄田先生は私を見つけ
て、診察室から、「次は診察するよ」と声をかけて来た。待合室にいた患者さんは
ビックリした様子で私の顔を見ていた。いつだったか先生は、夏バテで苦しんでい
た私を自ら調合した薬で見事に治してくれた。このときも、閉店間際に飛び込んだ
私を見て、先生が「どうした、顔色が悪いじゃないか」と声をかけてきて、待ってい
た患者さんを驚かせたことがあった。少々行儀の悪いところのあるお医者さんで
ある。そして午後3時に今度は眼科へ行く。ここのところ、内科医に行くのも1ヶ月
に1回はあるので、きょうのようにダブルで受診という日もあるのだ。眼科医へは
白内障手術を予約するために行ったが、内科医が「もう少し様子を見る」というの
で、10/29日(左眼)、11月5日(右眼)の予約はお流れとなった。理由は白内障
の原因となった糖尿病からくるヘモグロビン値が高めだったため、内科医がダメ
と判定を下しただった。「自分の努力が足りなかった」現実を突きつけられたよう
で、医者を前にして落ち着かなかった。というわけできょうは眼底検査など一度や
った検査を繰り返し行ってから女医先生の診察を受ける。「順調に行くと、来月の
予約になりますが、たぶん手術は1月末になる」という。「眼底を診たいが白内障
の手術が終わらないとよく見えない」らしい。「とにかくがんばって」と言われて、「
糖尿の数値はしつこいから」とは私。気合を入れ直して食事と運動をがんばろう。

JR中央線特急{あずさ」「かいじ」から自由席が消える!リルコミだあ

きょうは立川駅までギター弦を買いに行ったが上空は雲に覆われてはっきりしない
お天気。普段だったら車で買いに走るが、車の場合は立川へは行かず武蔵村山の
イオンモールの3階の楽器店で購入する。現在は車は廃棄されているので、バスで
向かった。東京都では高齢者用の「東京都シルバーパス」という名のバスの、フリー
パスカードがあって、毎年手続きが済むと発行される。それを使って立川駅北口ま
で出かけた。バスは西武バスで途中、ポロポロと乗客を拾いながら田園が混じる田
舎道を進み、立川駅に着くころには高齢者で満員となっていた。このパスを使って
立川駅まで行ったのは三回目だったが、今回のように満員すし詰め状態になったの
は今回が初めてだった。きっと高齢者が私と同じパスカードを持って集中したのだろ
うと思った。立川駅北口は開発が終わって空中歩道が縦横に走り、各デパートやシ
ョップに行きやすくなっている。私はむかしお茶の水だけにお店があったイシバシ楽
器店を見つけて弦を購入。そのままお店を出ると各種お食事店を眺めたが、どれも
医者から「セーブ」するように言われている食品ばかり。後ろ髪を引かれる思いで帰
りのバスへ。帰りは出発して停留所に止まると大量に下車する人があって間もなく
バスの中はガラガラの乗客となった。乗り合いバスというのは不思議な乗り物だと
実感。ちなみに、購入したギター弦は「ダダリオアコースティック・ライトゲージ」という
もので長く愛用している。こんばんは。さて、私たちはJR中央線沿線住人と分けられ
るが、その中央線特急の「あずさ」と「かいじ」の自由席が廃止されるという。全席を
指定席とするため、現行の自由席と比べた特急料金は実質的な値上げとなるから
である。お得な料金で特急の自由席に乗れる回数券も同時に廃止される。自由席
が無くなるのはJR中央線が来春の見込みだそうな。すでに、JR常磐線特急はすべて
廃止されているので、JR東日本の特急から「自由席」が無くなる日が近いのかも。

今日は午後からギャザリング!リルコミだあ

昨日とは一転、小平は青空が上空を覆った秋晴れとなった。午後からはギャザ
リング。八坂駅まで歩き青梅街道駅からも中央公民館まで歩く。その前の午前
10時ころにはお散歩に出ていたのできょうは歩きづめといえる。中央公民館に
着くとロビーには喫茶店があって気安くよく利用しているが、昼食どきのせいか、
ジジババで超満員、あまりの多さに我が目を疑った。私は喫茶店の中にあるジ
ュースの自動販売機で「麦茶」を買うために喫茶店に入ろうとしたが、ジジババ
たちが椅子に斜め掛けしたりしているために通路が通れない。いちいち「すいま
せん」などと断りの言葉をかけながら10メーターくらい進んで販売機にたどり着
き、ようやく麦茶を購入。喫茶店のおばちゃんに小声で、「どうしたの?この人た
ち」と聞くと、「全然知らない人ばかりだけど、玄関から歩いて来たんだよね。き
っと誰かがこの場所を知ってて連れて来たんだよ」と、忙しそうだった。それにし
ても駅から歩くと結構な距離があるし、みれば後期高齢者ばかりの団体。喫茶
店を占領していたから20人は越えている。高齢者社会とはこのような景色か?
と思わせるほど白髪頭が揺れていた。こんばんは。午後1時からギャザリング
がスタート。春ごろに登場していた上野?に在住しているバンジョーマンが再び
登場していた。小森谷巨匠の姿も見えていた。フィドラーの菅沼、やはりフィドラ
ーのエッチャンとこの三人は「岸本フィドル教室」のメンバーである。内田さんの
姿が見えなかったが、彼女は「ニューヨークマラソン」に行ったという。岸本フィド
ル教室は一度も覗いたことがなかったが、彼は昔からの友人、彼の卓越したフ
ィドルの知識とテクニック、そして深い音楽への愛情など、願ってもないフィドル
教室である。ギャザリングでフィドラーたちがリードを弾いたり、間奏を弾いてく
れたが、何かが違って聞こえているのは私だけではないはずである。少しづつ、
進歩があればそれでいい。何しろ、「聞いて覚える」のが教室の鉄則だという。
私もこれには大賛成である。あと1年。来年の今ごろは教室で訓練されたフィド
ラーが弾くBGフィドルの調べにウットリしてみたいではないか。

京みやげの豆菓子のいぶし銀の美味しさ!リルコミだあ

きょうは朝から小雨と雨が交互に降っていたが午後、一瞬の晴れ間にお散歩に
飛び出した。こんばんは。FBを見ているうちに「自民党の政治は嘘まみれ」という
タイトルの書き込みを見つけた。言いえて妙のこの書き込みは自民党というより
も安倍総理の発言を集めたものだろう。新しいものというと、「沖縄県の民意を
尊重する」という言葉は嘘であると、新聞テレビニュースを見ている人には名護
市辺野古の埋め立て再開のことを指している。このように、自民党総裁で日本
国首相の任にある阿部首相はいかに言葉とは裏腹の実行と無視を繰り返して
きたかを端的にまとめた文字が実に分かりやすくタイムリーである。シェアして
くれた奥田氏に感謝。しかし、安倍首相が、「いぶし銀の実力者を選んだ」とい
う安倍第4次内閣のほころびが今、国会で出始めている。片山さつき氏がその
筆頭ですでに週刊誌によって書かれたが、この文書に対して片山は提訴してい
る。秘書じゃない人が100万円を授受しても私(片山)は関係ありませんと答え
てシラを切っているが、果たしてダーティなままで逃げ切れるのか。もう一人、
オリンピック&パラリンピック担当大臣の桜田義孝氏は野党の蓮舫議員の質問
に答えることが出来ず、官僚数人に助けてもらってやっと答えていた。この人も
片山さつき氏同様、来年の通常国会まで持つかどうか怪しくなっている。経験豊
かで「いぶし銀」のごとく鎮座している内閣のうち早々に二人の存在が怪しくなっ
てきた。安倍首相も今回で最後だとささやかれているが、いぶし銀内閣もかなり
危うくなっている。この文章は京都の豆菓子を食べながら書いたが、お土産に
いただいた黒白の豆の方がよほどいぶし銀の味だった。

二人の絶妙なデュエットで有名な「やぎたこ」さんからライブ情報が届いた。新譜
WE SHALL OVER COME(二枚組)も好調な様子。日本全国でオールドタイム風を
届けてこちらも絶好調!以下はメールの公開です。

こんにちは、唄うデュオやぎたこです。
関東もすっかり涼しくなって、銀杏の葉も色づき始めました。
北国は冬支度!風邪の流行る時季でもあります。
皆さん、どうか体調にはくれぐれもお気をつけて。

秋の深まる頃に関西ツアー、月末から12月には和歌山へもお邪魔します。
お時間合えばぜひお越し下さい。どこかでお会いできますように!

※やなぎ、たかこ各々のソロライブの予定も記載しています。
ソロもデュオも、それぞれ違う趣で活動しています。どちらもそれぞれ、
お楽しみ頂けたら幸いです。
なお、スペシャルゲストと共演した日本語の2枚組ニューアルバム
「We Shall Overcome」のお申込みは、恐れ入りますが別の
専用メールアドレス まで、送付先と枚数をお知らせ下さい。

ライブスケジュール
11月
10日(土)長野たかし 50周年記念・録音ライブ
 シアターセブン 大阪市淀川区十三本町1丁目7-27サンポードシティ5階
 13:00open 13:30start 予約¥2,500 当日¥3,000  ゲスト:やなぎ
 予約:090-3996-8791(長野 ショートメールOK) 
 定員80名のためご予約をお願いいたします
10日(土)~11日(日)上越市 WEST FLASH Bluegrass picking partey!!
 ゑしんの里記念館 多目的ホール 上越市板倉区米増27番地4 
 10日12:00~21:00 11日9:00~12:00予定
 辻井貴子 他 出演者多数
14日(水) 湘南台 中華三番 藤沢市湘南台1-21-20 0466-45-3777
 20:00~ 投げ銭  やぎたこ
15日(木)鶴間 菩南座 大和市鶴間1-2-13 090-7704-4871
 20:00~ ¥2,500(2dr)  やなぎ
16日(金)朝来市 Live Space Awaga 朝来市山東町栗鹿1008 
      080-6212-0984
 17:00~ ¥1,500 (要別途drオーダー 食べ物持込OK)  やぎたこ
17日(土)嵐山 音や 京都市峨柳田町33-1 075-862-1225
 12:00open 13:00start ¥2,000  やぎたこ/shino & Hangovers
17日(土)2018ボジョレー・ヌーヴォーを楽しむ会
 南丹市 レストラン いけじゅう 南丹市八木町八木東久保39-8 
      0771-42-2034
 やぎたこ 他 (要事前予約 お店にお問合せ下さい)
20日(火)京都 まほろば 京都市左京区高野西開町15ニシキマンション1F 
      075-712-4191
 19:30~ 投げ銭  やなぎ/オジョー
21日(水)新開地 一番星食堂 神戸市兵庫区新開地1丁目4-16-211ミナエンタウン 
      078-579-0380
 19:30open 20:00start ¥1,500  やなぎ/西脇庸介/kazun
22日(木)梅田 Record Bar JOKE 大阪市北区神山町8-14
     日宝東阪急レジャービル4F 090-4303-7262
 やなぎ/丸岡マルコ淳二
23日(金) 六甲道 フォロ・ロマーノさとる 神戸市灘区稗原町1-4-16
     グランディア六甲道2F 078-821-3106
 19:00open 19:30start 前売¥2,000 当日¥2,500  やぎたこ
24日(土)瑞光 パールヴァティ 大阪市東淀川区瑞光2-11-21 06-7501-9822
 19:00~ ¥2,000  やぎたこ/デイジーヒル
25日(日)奈良 VANDA MELILIE 奈良市大宮町2-5-27ジョイパレス1F 
     0742-35-2818
 19:00open 19:30start ¥2,000  やぎたこ/鴨川コンバース
30日(金)田辺市 フォークカフェ・Camp 田辺市上屋敷1丁目1-39 
     問合せ:080-5703-4178(西)
 19:00open 19:30start ¥2,000  やぎたこ

 12月
1日(土) 和歌山 OLD TIME 和歌山市北新5-70ひめビル1F 
       073-428-1950
 18:00open 19:00start ¥2,500  やぎたこ ゲスト:グラスホッパーズ
7日(金) 犬山 珈琲ふう 犬山市東古券558 0568-61-6515
 19:30~ ¥2,500(1dr)  やなぎ ゲスト:岡崎カコ
8日(土) 名鉄新鵜沼 6−21 各務原市鵜沼南町6-21 058-384-0129
 18:00open 19:00start ¥2,500(1dr)  やぎたこ ゲスト:岡崎カコ
18日(火) 鶴間 菩南座 大和市鶴間1-2-13 090-7704-4871
 20:00~ ¥2,500(2dr)  やぎたこ
20日(木)東中野 cafeじみへん 中野区東中野1-46-11HIKOTAビル1F 
       090-9242-6183
 19:00open 19:30start 投げ銭  やなぎ
22日(土)岐阜 おおきな木クリスマススペシャル
           <やぎたこ&さんしろう 絵本と音楽の旅>
 岐阜市伊奈波通3-11 絵本と童話の店 おおきな木2F 
       058-264-2393 14:00~16:00
 参加費:3歳以上大人まで ¥1,500(会員10%OFF) 定員:80名
 絵本ライブやクリスマスソング いろいろいろんな楽器に
 さわってみようコーナーなどなど
 クリスマス子供向け企画ですがおとなの方もぜひどうぞ!

なお、ライブの詳細は、専用メールアドレスへお問い合わせ頂くか、
やぎたこホームページでご確認ください。
(ホームページは「やぎたこ」で検索してみてください)



午前中のお散歩は途中でポツポツと雨が降って中断!リルコミだあ

きょうは午前中、雨のやむのを待って郵便をポストに放り込んでその後お散歩に
出た。すると15分ほど歩くとポツポツと雨が落ちてきて歩行を切り上げて帰宅。
こんばんは。夕方残りの分を歩こうと思っていたが外は晴れていたのに眠ってし
まいお流れとなった。反省している。午前中のお散歩中のことだったが、中型犬
を連れたおばちゃんは私とよくすれ違っている颯爽と格好よい女性だったが、犬
が活発な動きをするのを制御するため大声を出していたが、その声がガラガラ
声で、そのうえ口汚くののしり調だったので、「えー、?」と振り向くほどだった。
「クソッタレ、引っ張んじゃないよ」、「バッカヤロー!そっちへ行くんじゃねーよ」、
すれ違った犬のそばで匂いを嗅ぎあっているとき、「テメー、乗っかるんじゃない
よ」などなど。髪こそ白いものが多く年齢を感じさせるが、細身でしなやかな体形
はとてもチャーミングでかっこよくて、毎度行き会うのを楽しみにしていたもので
ある。きょうも見つけた。前方15メーター付近をゆっくり犬に引っ張られる格好
でゆっくり歩いていた。私がもう少しで並ぶところにさしかかると、急に犬が走り
出してガクンと前方に引っ張られると前述の言葉が女性の口から出たので、こ
っちはビックリ!犬は、前方から進んでくるもう一匹の犬を見つけて反応したの
だったが、犬に突然引っ張られて驚いた形の良い女性は驚くと同時に本性をあ
らわして、口汚く犬をののしったのだろう。しかし、やがて相手の犬といきあい、
クンクンとお互いのにおいを嗅ぎあっていたとき、「テメー、乗っかるんじゃない
よ」という言葉が出たとき、驚くと同時にがっかりした。きれいな女性というイメー
ジがいっぺんにどこかへ飛んじゃってしまった。恐る恐るそばを通り越して大急
ぎで帰って来たのだった。

ライブの殿堂「バックインタウン」の12月のライブスケジュールが到着しました。
もう1年の終わりかよと思ってしまったが、元気と知恵の結集のライブステージ
を楽しみましょう。以下はメールの公開です。

日頃より大変お世話になっております。
本日は曙橋 Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN" より
2018年12月のライブ・スケジュールをBCCでご案内させていただきます。
ご来店の際には事前にお電話かメールでご予約くださいますよう
よろしくお願いいたします。

Restaurant & Live Music "BACK IN TOWN"
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 TEL03-3353-4655
MAIL

--------------------------------------------------------
1日(土) <18:30~ :MC\2,700> バンダミストケンチ   17:00オープン
" ♪さらにパワーアップしたブラジル音楽とダンスをたっぷりお楽しみ下さい。
----------------------------------------------------------------"
3日(月) <19:00~ :通常営業> ハワイアン(ウクレレ)ナイト
" ♪ウクレレ・プレイヤーを中心としたオープンマイク形式です。スラッキーギター、フラも可。
----------------------------------------------------------------"
4日(火) <19:30~ :MC\4,000> 松田幸一 "Solo"  ゲスト:西海孝 
" ♪日本の10ホールズハーモニカ界のパイオニアであり日本を代表するプレイヤー。
----------------------------------------------------------------"
5日(水) <19:00~ :MC\2,160> バンジョーストンパーズ
" ♪デキシーランドジャズスタイルを基本とする大編成のバンジョーバンドです。
----------------------------------------------------------------"
6日(木) <19:30~ :MC\2,160> 「NEW FORTY-EIGHT」 Bluegrass/Country
" ♪新しいスタイルで久々の登場です。
----------------------------------------------------------------"
7日(金) <19:00~ :MC\2,160> こうもり夫婦 & Naked Twisters 10周年記念!
" ♪同じ2008年からライブ活動を始めた2バンドの合同10周年記念第2弾!!
----------------------------------------------------------------"
8日(土) <18:30~ :MC\3,000> ダニエル・コフリン          17:00オープン                
" ♪アコースティック・ギター・ソロ。
----------------------------------------------------------------"
9日(日) <12:00~ :> (貸切)ブルーグラス忘年会
" ♪
----------------------------------------------------------------"
11日(火) <18:30~ :通常営業> カントリーミュージック・ナイト   
" ♪アコースティックでカントリーを歌う夜です。カントリーを歌いたい方はどなたでも参加できます。
----------------------------------------------------------------"
12日(水) <19:30~ :MC\2,700> HOT SPICE(坂本愛江、八木橋慎治、服部将典、黄啓傑)
" ♪アメリカーナ、カントリー、ジャズ。私達なりの音作りを大切に皆さんと楽しみたいと思います。
----------------------------------------------------------------"
13日(木) <19:00~ :MC\3,500> 内山修バースデーライブ with 森一美(Key) 石山恵三(B)
" ♪今年で70歳、リガニーズのデビューから50年。でも、これからもズ~ッと歌い続けていきます。
----------------------------------------------------------------"
14日(金) <18:30~ :MC\2,160> アンディーズ                17:30オープン
" ♪カントリーミュージックから日本の歌、スタンダードジャズまで幅広い曲をレパートリーとしています。
----------------------------------------------------------------"
15日(土) <19:00~ :MC\5,400> 濱田金吾 with Paradigm Shift, Yoshinari Takegami
" ♪元クラフトのメンバーで作曲家&プロデューサー。多くのアーティストに作品を提供している。
----------------------------------------------------------------"
18日(火) <19:30~ :MC\3,240> 紫門(Vo) 関雅夫(B) 内田淳一(Vo,G) 丸山ももたろう(G)
       丹菊正和(Perc)
" ♪カーペンターズ、サイモン&ガーファンクルのカバーをはじめ、紫門のオリジナルもやります。
----------------------------------------------------------------"
19日(水) <19:30~ :MC\3,000> 伊藤賢一(ギターソロ)
" ♪スティール弦とナイロン弦を奏でます。透明感のある音色は各方面で賞賛されている。
----------------------------------------------------------------"
20日(木) <19:30~ :MC\3,240> STYLE BAND/SHIME、竹田元、六川正彦、土屋潔、濱田尚哉
" ♪ミュージシャン歴30年を超える彼らが一つになり「STYLE BAND」として2002年スタートしました。
----------------------------------------------------------------"
21日(金) <19:00~ :MC\3,240> ニューブルーストリングス
" ♪キングストントリオ、ニュークリスティーミンストレルズなどのモダンフォークをたっぷりお届けします。
----------------------------------------------------------------"
22日(土) <18:30~ :MC\2,160> VANQ 30周年記念ライブ               17:00オープン
" ♪MFQナンバーやジャズスタンダード、クリスマスソング、オリジナル曲までお届けします。
----------------------------------------------------------------"
23日(日) <18:00~ :MC\6,500> 鈴木康博 クリスマスライブ 第一夜   17:00オープン
" ♪恒例となりましたクリスマス・ライブ。懐かしい曲から最新作まで多彩なメニューでお届けします。
----------------------------------------------------------------"
24日(月) <18:00~ :MC\6,500> 鈴木康博 クリスマスライブ 第二夜   17:00オープン
" ♪恒例となりましたクリスマス・ライブ。懐かしい曲から最新作まで多彩なメニューでお届けします。
----------------------------------------------------------------"
25日(火) <19:00~ :通常営業> ブルーグラス・ナイト
" ♪ブルーグラス好きはMy ギター、バンジョー、マンドリン、フィドルで大集合!!
----------------------------------------------------------------"
27日(木) <19:30~ :MC\3,240> Dr.K/徳武弘文(G) 尾崎孝(PSG) 和田春彦(KEY) 六川正彦(B)
" ♪Dr.Kこと徳武弘文久々のBITソロライブ。今回はアコースティックサウンドを中心にお届けします。
----------------------------------------------------------------"
28日(金) <19:00~ :> (貸切)K-Writer's Club 様
" ♪
----------------------------------------------------------------"
29日(土) <14:00~ :> (貸切)早稲田大学アメリカ民謡研究会 様
" ♪
----------------------------------------------------------------"
2(日)、10(月)、16(日)、17(月)、26(水)、30(日)、31(月) はお休みさせていただきます

昨晩は銀座ロッキートップに旧友たちに会いに行った!リルコミだあ

昨日は銀座ロッキートップへ友人たちに会いに午後1時過ぎに出かけたが電車を
乗り継いでは休んだのでロッキーへ着いたのは午後5時を回っていた。4時間もか
かった。こんなことは今まで一度もなかったが、なんせ頭をぶつけるという事故を
起こした場所が去年12月のロッキーだったので、家を出る前からかなり慎重にな
ってたことは確かだったが、それよりも行きも帰りも中央線の混雑ぶりときたらもの
すごくて、下りては休むことを繰り返していたら4時間以上もかかったという超スロ
ーな銀座行きだった。こんばんは。昨日のロッキーの出演は「ザ・ジェントルメン」と
今年、ジョン・ダッフィ(元カントリー・ジェントルメン、元セルダム・シーン)のトリビュ
ートアルバム(CD)を制作した「大塚 章」とのジョイントライブとあって、予約は満席
となっていたが、私がロッキーにいたのは午後5時30分ごろから午後7時に近い
90分間だった。休み休み帰るとなると結論は「演奏は見られない」ことになって残
念ながら演奏前に失礼して帰ったのだった。90分もいなかったんじゃないかと思
ったが、ともかくもジェントルメンの須貝、本間、そして大塚にデッドマンの山口さと
しに私が、丸く輪になって久しぶりに話し合った。大塚 章さんは腰痛持ちでいかに
も腰痛を患っている人の歩き格好で、私などは立ち上がって歩行するたびに不格
好ぶりをつい見てしまった。ところが、ただいまBG関係の各方面から絶賛されてい
る「EPILOGUE / A Tributee to JOHN DUFFEY」のトークライブの話になると、表情が
一変し、顔が引き締まった。須貝と本間の説明に食い入るように聞き、順番等の
確認をしていた。大塚は1971年と1972年にブルーグラス45でアメリカへ演奏
ツアーに出たあと、単独でアメリカに残って、ときにブルーグラス活動、ときに会社
員となって48年間も生活をし、今もなおメリーランド州に住まいを置いている。今
回の帰省には親しいアメリカ人のご夫婦が同行して、「二日前に帰ってきて、その
日、山口さとしに会いたくてデッドマンを見にロッキーに来たよ。彼らは疲れて寝て
たけど」と笑った。今日は皇居の二重橋を見て来たというので、「これからは?」と
聞くと、「明日は栃木のお兄ちゃんに会いに行く」というので、「あの君とジョッシュ
にブルーグラスを教えた伝説のお兄さん?」と聞いたら「そうです」と答えて、運ん
で来た各種CDを販売するため、アメリカ人ご夫婦の端っこに並べていた。私がカ
リフォルニア州のヨセミテナショナルパークのマザースキャンプ場で開かれたフェス
でジョン・ダッフィと出会ったとき、ジョンが、「きみは、章を知っているか?素晴らし
いマンドリンプレイヤーだ。私とは親友の間柄だ」と、ウィスキーのオンザロックを
片手に話してくれたことを思い出すが、このときのフェスにはジョンのセルダム・シ
ーンの他、ニューグラスリバイバル、D.G.Q.、ホットライズなどが出演して、私とジョ
ンを出合わせたのがデビッド・グリスマンで、広いバックステージの大きな立ち木に
寄りかかってジョンはオンザロックを飲み、親友の大塚 章の話をしてくれた。ジョン
は1996年に亡くなって今年で22年目の命日が12月10日となる。ジョンの愛器
だったギブソンを抱いてやって来た大塚が、それだけでいかにジョンと親しかった
かを示しているが、今回はジョンのトリビュートアルバムを抱えて帰って来てくれた。

181102.jpg

ジョンと親友ながら、素晴らしい仕上がりとなっているこのCDアルバムをプロデュ
ースして一段と男をあげた大塚 章。ワシントンDC界隈を飛び越えて世界中にその
名を轟かせ、BG世界のレジェンドとなるだろう。腰をいたわり、お互いの長生きを
祈ろう。EPILOGUEは素晴らしい熱演がギッシリ詰まって録音も最高!私は中でも
He Was a Friend of Mine ともちろん Sunrise である。これだけのメンバーをスタジ
オに集め、采配をふるうなんて信じられないが、それをやって見事にアルバムを作
ったのだ。日本の宝である。是非、ご一聴をお願いする。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ