FC2ブログ

2019-04

Latest Entries

Bluegrass Country Soul(1972)リニューアル版が出る予定!リルコミだあ

小平はここ三日ほど南からの強風が吹き続けているがおかげで桜の花も
飛び散って葉桜になった木々も少なくない。今週末は花見見物としゃれ
込む家族連れも多いだろうが「花より団子」精神でお楽しみください。

190405c.jpg

こんばんは。
月刊「ムーンシャイナー6月号」が届き、表紙が10枚近
い古い写真が飾られていたが、これは記録映画「Bluegrass & Country
Soul」(1972)からの私たち世代では忘れられない懐かしいもので、
デビューしたてのサム・ブッシュやアール・スクラッグスなど往年の大
スターたちが大挙して映像出演を果たした当時とにしてはもの凄い作品
だった。kのドキュメンタリーを撮った人物は「アアルバート・アイダ
」といい、現在、カリフォルニア州のサンタバーバラに在住している。
彼はニュージャージー出身の27歳。1972年7月、バージニア州の
ベリービルフェスで初めてブルーグラスを見て感動。それまではクラシ
ックを聞き、ビートルズやディランを聞いていたから、ブルーグラスの
現場に来てその素晴らしさにショックを受けて、あっという間に虜にな
ったという。現在、この記録映画「Bluegrass Country Soul」はリニュ
ーアルされることが決定。タイトルは「Golden Anniversary Legacy
Edition : Bluegrass Country Soul」
としてボックスセットになって生ま
れ変わるそうである。予定ではこのドキュメンタリーが満50才となる
2022年ころに発売される模様。さて、ブルーグラス界のスーパーリ
ードボーカリストの「ジョン・スターリング」がホスピスケアに入った
というショッキングなニュースもこの号では知らせている。1971年
秋、時のニューグラスムーブメントの決定打ともいう新しいバンドが誕
生した。その名も「セルダムシーン」。ジョン・スターリングはそれま
でほとんど無名なリードボーカリストだったが、黒いアルバムジャケッ
トに写ったメンバーは全員顔がなかったこのアルバムは「Act. 1」タイ
トルが付けられて発売。たちまちブルーグラス界を席巻する大ヒットと
なった。このセルダムシーンのオリジナルメンバーでリードボーカリス
トがジョン・スターリングである。相棒の故ジョン・ダッフィと共に最
高にいかしたブルーグラス曲を残している。私が最も好きな初期のアル
バムは「セラドアー」ライブで、エキサイティングな展開がたまらない。
スターリングがホスピスなんて信じられないが残りの人生を幸せにと願
うばかりである。
190405_51okgYUpTaL[1]

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ