FC2ブログ

2019-06

Latest Entries

教育入院をした!リルコミだあ

先週土曜日午後、昭和病院から退院。そとは大雨だったのでタクシーに
乗って帰宅。糖尿病の食前食後の血糖値と24時間尿を貯めるという検
査の他は「カンファレンスルーム」という場所でいろいろな講義を受け
ていたという二泊三日だった。この講義に関しては病院でする講義なの
でどれもこれも分かりにくくて、いきおい眠気を我慢するのに大変な努
力が必要だった。ただ、どんな薬よりも糖尿病の場合は「食事療法」が
一番だということを初めて知った。食事に勝る治療法はないとの栄養学
の先生は説得力があった。薬や運動などは食事の下になるんですという
言葉にはずいぶん驚いた。食前と食後の血糖値は私の指先に器具でチク
ッと刺して流れ出た血液をやはり器具で測り、女性の看護師が「125
!」と言うのを私が専用の紙に記入するとやり方だった。これが12回
もあった。看護師は3回で交代というパターンで、4人もの看護師が私
の指先にチクリと器具で刺したのだった。尿を「24時間貯める」とい
うのは入院した日の午後1時から始まって翌午後1時まできっかり24
時間の尿が必要とのことで、生まれて初めてやった。方法は私専用の透
明なかめに少し大きめのコップで採ったオシッコをそのつど貯めていく
もので、回を重ねるほどに慣れて24時間は短かったという印象だった。
ただ、二泊三日という入院期間がとても長く感じて糖尿病食も「もう結
構」というほど最後には飽きて食べるのが嫌になっていた。病院は私た
ちの入院を「教育入院」と呼んでいたが私は「なるほど」と思った。糖
尿病というものを確実にしっかり認識させようとするメニューだらけだ
った。おかげで帰宅後の我が家の食事は塩辛いと感じられた。成長?

明日は糖尿病教育入院!リルコミだあ

今日はおよそ1ヶ月ぶりのギャザリングだった。私は12時前に家を出て
中央公民館までお散歩を兼ねて歩く。これまで一回しか歩いて公民館まで
行ったことはなく、もちろん歩数計で測ったこともなかったが到着して測
ると4,988歩だった。リハビリの先生との約束は「一日4,000歩
」だから、少しオーバー目だがちょうどいい感じ。帰りはナオミちゃんカ
ーで送ってもらうのでちょうどいい感じのままである。こんばんは。明日
はいよいよ昭和病院に検査入院である。午前9時30分に入院のカウンタ
ーに行くので二泊三日、私の体は病院の担当ドクターに委ねられるが、「
糖尿病教育入院される方へ」というペーパーを見ると、二泊三日で血糖値
測定は12回もあることを知った。入院中は糖尿病食とあって果たしてど
のような食事が出されるのか興味少々である。明後日14日は妻にもお呼
び出しがかかって、私のためにわざわざ看護師による講義を聞きに来るら
しい。まあ、今回は怖い糖尿病を知るための教育入院だからすべてに従う
という精神で臨まないといけない。「このままだと遠からず透析をしない
といけません」らしいが、それを含めてこの二泊三日で私をしっかり糖尿
病教育をするのが狙いだろう。がんばろう。さて、女子ワールドカップが
始まって日本代表の第一戦、対アルゼンチンを見たが0-0でドローに終
わり、目標の勝ち点3には届かなかった。試合を見て感じたのは体力差に
負けている日本が攻めても守っても局面でアルゼンチン選手のタックルに
コロコロと転がされていたことが目立った。これに気をよくした相手アル
ゼンチン選手はのびのびと日本選手に当たり続け、強豪日本と引き分けに
持ち込むことに成功した。「大きな大会の初戦は難しい」とはよく言われ
るが、私などは「負けなくてよかった」とホッと胸をなでおろした。この
先、強豪チームが立ちはだかることは対戦日程を見れば分かることだが、
中でも日本と同じD組のイングランドは相当手ごわい。しかし、日本の
次の相手はスコットランド。体力勝負のサッカーで来るのでアルゼンチン
戦の教訓を生かして戦える分だけ日本が有利と見る。スコットランド戦で
勝ち点3をゲット出来たら決勝ラウンドへ進める大きな足掛かりとなるの
で、日本女子イレブンには是非とも実力発揮してもらいたい。

連日の雨だった小平!リルコミだあ

きょうの小平は昨日からの雨が二日がかりで降り続いたって感じでジト
ジトとまさに梅雨そのもの。こんばんは。外は雨なのでお散歩は中止に
してもっぱらお片付けをして過ごす。午後3時。介護ベッドの返却時間
となってピッタリ、業者がやって来てさっさと解体して玄関に出して運
んで行った。この間10分。1ヶ月前、ドサクサと運んで来たときは1
時間はかかったと思ったが、きょう持ち帰るときの早さときたらアッと
いう間の出来事だった。「またお願いします」とお互いに言い合って、
布団から立ち上がることも出来なかった私を介護ベッドがやって来て僅
か1ヶ月で普通人のように歩けるようになったのは介護ベッドのおかげ
である。部品状態にバラして運ぶのを目の前にして何だか感無量になっ
た。しばらく経ったあと布団の上にごろ寝してみると何と気持ちいいこ
とか。畳に布団の生活が長いせいもあっておよそ1ヶ月ぶりの敷布団は
最高!だった。これからは可能な限りこの状態を維持して介護ベッドの
お世話にはならないようにしなくっちゃ。話は変わって80代ドライバ
ーの事故が止まらないようである。「アクセルとブレーキを踏み間違え
た」というのがまるで打ち合わせたように事故のあと言う。私からして
みると、サラリーマンが定年になって車(プリウス)を購入して運転す
るのはやめてほしいと思っている。ロクに運転などしていなかったサン
デードライバーが東京の街中を運転出来るものか。まして老人になって
ますます反射神経が乏しくなってもはや危険極まりないドライバーとな
っているのに運転する。車庫に車があるから運転するんだろうから、事
故を起こして社会に迷惑をかけるんだったら車を放棄して運転しないこ
と。運転免許証の切り替え時、自動車学校でのテストをもっと厳しくや
ってほしいという気持ちもある。

介護ベッドと暮らしたこのひと月!リルコミだあ

きょうの小平は雨。いつやむだろうかと待っていたが夕方の今も降り続い
ている。したがって今日のお散歩はなし。こんばんは。朝から「介護ベッ
ド」でゴロゴロしてたら左肩と左首付近が凝ったようでなんだか落ち着か
ない。私、自慢じゃないがベッドというものに慣れていない。もっぱら畳
に布団を敷いて寝る派に属していてベッドの持つ畳の上の布団とは違う妙
にフカフカする感触に慣れないのだ。まあ、左肩と左首の違和感はベッド
のせいではないだろうが、リクライニング付き介護ベッドのリクライニン
グをオンして少し起き上がったように曲げたまま寝てしまったのが左肩な
どの違和感につながったのかな。こんばんは。介護ベッドが突然、我が家
に登場したのは私が10連休の間、病気で立ち上がれなくなったので妻が
デイサービスなどを運営する地域包括支援センター(行政機関)に出向き、
歩けない私のために車椅子の相談に行ったらそこの職員が、「車椅子も分
かりますが、布団だと立ち上がるのに大変じゃありませんか」と尋ねられ
て、まずは介護ベッドをすすめられたという。それから1ヶ月、介護ベッ
ドのおかげか食事のおかげか今は元気な体を取り戻して、腹の底から大笑
いも出来ている。妻は「介護ベッドのおかげ」と自分のお手柄だと言って
いるが、車椅子と介護ベッドが突然、同時にやって来た日の私の驚きは「
来るものが来た」と腹を決めて見つめていたことを思い出す。腰を抜かし
たのだった。その介護ベッドと車椅子は共に来週、返却すると妻が言った。
十分に用が足りたからと言ったが、私は「返却が出来るのか?」と思った
ので妻に確かめると、「予定通りです」と平気な顔である。与えられるま
まに何も考えずに使用していた病人、ササキジンの完敗だった。

二中ぐるりコースを歩行!リルコミだあ

きょうはお昼過ぎにお散歩に出て小平第二中学校ぐるりコースを回って帰宅。
自宅から南へ出て府中街道を600メーターくらい歩き西武国分寺線小川駅
方向へ右折、すぐに左折すると右手は「二中」と呼ばれる小平市立第二中学
校が大きく広がる。西武国分寺線小川駅はブリジストン小平工場の社員通勤
のために急遽作られたらしく、ブリジストン側の東口は駅前にきれいなロー
タリーを作るなど大企業招致が出来た喜びが小平市&西武鉄道にも現れてい
る。ちなみに西口になると怪しげな飲食店っが並ぶ商店街らしきものがある
が実態は小さな古びた駅入り口(改札)が、駐輪場の陰に隠れるようにあっ
てブリジストン側に比べると驚くばかりの景観の差が印象に残る。私は杖を
突きトボトボと二中を回って小川駅西口前を通って尚も北方向に歩いて野火
止用水路に突き当たる。ここまでで歩行数は3000歩を超えているのを携
帯で確認。首に巻いたタオルで汗を拭いていると、「ガーガー」と用水路を
二羽のアヒルが下って来た。この二羽はよく見るおなじみさんで、小さな橋
の上にはお母さんと子どもがアヒルをお迎えするように「キャッキャッ」と
声を出していた。私も立ち休みしながらぼんやりとアヒルを眺めて呼吸を整
えて梅雨入り前の初夏を味わった。こんばんは。ここまで来ると我が家は目
の前で、ハテ、3000歩じゃ足りないだろうとリハビリの先生の顔を思い
出して自宅がある団地をぐるりと一回りして帰宅。4600歩くらいの表示
だったので一安心。それぞれ子犬を引っ張っていたおばちゃん二人と本日、
二回目の出会いをした。おばちゃんたちとは二中のグラウンドの角ですれ違
ったが、再び会うとは思ってもみなかった。「あら、」と再び出会った団地の
中で巡り合ったが、ただ会釈しただけでお別れした。知らないおばちゃんに
会釈以外、どんなご挨拶があるのだろうかと考えていたら玄関にたどりつい
ていた。両目の白内障手術の後、バランスが悪くて苦しんで来たが、少しづ
つ脳みそが働いたせいかバランスが良くなってきている。まだ不十分だが仕
方がない。元のように両目バランスが見えてくれるまで待つしかない。


//////////////////////////////////////////////////

無料ライブのお知らせ 小松 久


自由が丘の北口(ロータリー側)に名物の蜂の屋というお菓子屋さんがあります。
そこを右に見て、駅を背にしてまっすぐ進み、
信号を一つ渡ってさらにちょっと進んだ左側に、
DenimCellarというジーンズ・ファッションのお店があります。
https://denimcellar.jp
その付近のお店が集まってを奥自由が丘と名乗り、
地域起こしキャンペーンをやることになりました。
僕はDenimCellarを応援していて、そういうことなら無料ライブをやらせてよ、
と申し出てOKとなりました。

今度の日曜日という緊急ライブです!!

僕の大好きな音楽、カントリー、ロックンロール、60年代ポップスは
ジーンズと切っても切れない縁があります。
カウボーイ、ロックンロラー、ジョン・ウエイン、ジェームス・ディーン、
みんなジーンズをカッコよく着こなし
ていましたよね!

そんなジーンズに似合う曲を集めて、好きなファッションに囲まれて、
楽しい時間を作りたいと思います!!
演奏はアコースティック・ギターの生歌弾き語りと、エレキ with カラオケの
2バージョンを考えています。
因みに店内ですから席はなくて立ち見です、多分20人も入れば超満杯でしょう。

2019年6月9日(日)Denim Cellar Live
1st 2:00~
2nd 3:00~
3rd 4:00~  

(1 stage 25分)

もちろんジーンズを無理に買う必要はありません、
こんなお店があるんだと知ってくれるだけで良いんです。
因みに僕はあまり気前の良いお客とは言えませんが、
時々のぞいてはオーナーの栗原さんと
ジーンズ話に花を咲かせています。彼のジーンズ知識は半端なものではありません、
すごく楽しい勉強時間です。
気がつけばブルー・ジーンズと付き合い出してもう60余年、
今だに全然飽きない魅力を感じています。
みなさんもぜひこの空間を楽しみに来てください!!
自由が丘の散歩も楽しいですよ(^O^)

<予定曲目>雨に濡れても/コットンフィールズ/テキーラ・サンライズ
/ルート66/さらばジャマイカ
亜麻色の髪の乙女/いつまでもいつまでも/ハロー・メリー・ルー
/テイク・イット・イージー などなど



ジョン・グリック帰国後も続く我が家のジョン狂い!リルコミだあ



もう6月3日になった。外歩きをしていると草木の花が足元から立ち木まで

実に多彩にいまを盛りに咲いている。春のエネルギーが草や木に及び日光の

届く場所だったら我先に咲き乱れているのだ。小平の木として知られるケヤ

キも若芽だった葉があっという間に光合成を繰り返して十分に緑色の葉っぱ

に覆われて木も一段と活気づいたようである。こんばんは。ここのところの

妻は先日、5月15日(水)に小平ギャザリングにやって来てその日、我が

家に宿泊したアメリカ人フィドラー、「ジョン・グリック」のユーチューブ

を見たり、彼が演奏したと思われるデル・マッカーリーのアルバムや、ジョ

ンと同じボルチモアを中心に活躍したボス的存在の「ボブ・ペイズリー」の

ユーチューブやアルバムを探して聴き漁っている。それだけジョンに親しみ

を感じたのはやはり宿泊したことが大きいのかなと私は見ている。ジョンが

我が家でトシロー君が購入して来た九州の芋焼酎をトシロー相手にじっくり

と味わうように飲みつつ、自分の生い立ちやフィドル歴を話してくれたがい

かんせん、私は英語から離れておよそ30年近く経っているから英語が言葉

としてなかなか出て来ないのである。代わりにサブとトシロー君が通訳して

くれて助かったが、このとき病気中だった私が言語障害にも落ちたように思

った。妻はそのとき私のそばにいてジッと様子を見ていたと思ったが、日本

人はともかくもアメリカ人のジョンを注目して彼の一挙手一同を見ていたの

だろうか。明けて翌朝、一宿一飯のお礼だと言ってジョンが参加している「

ボブ・ペイズリー&ザ・サザーン・グラス」のFOTY YEARS OF TROUBLE」

を置いてってくれたそのCDアルバムをすでにジョンが帰国したいまでも聞

いている。私は5月15日、ジョン&サブのツアーの初日だったので考えた

筋道通りに無事、小平ギャザリングが終了しないかと心の中で祈ってばかり

だった。BGMさんが軽妙にテーマで締めくくっていただきホッと一安心で

終了できた。私が病気で倒れてしまい、お客様の集まりに心配が残ったが、

ちょうどいい塩梅に満席となってホッと安心したのだった。松ちゃん、手島

さん、トシロー君にはスペシャルサンクスを贈りたい。ナッチャン、受付あ

りがとうございました。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ