FC2ブログ

2019-10

Latest Entries

先週6日は小平ギャザリングの「はっぽん発表会」だった!リルコミだあ

きょうは午後から国分寺の耳鼻科へ薬をもらいに行くと受付の
おばちゃんから若いはきはきと答える女子に変わっていた。私
の台帳も奥まったところから前に移動していたので、この娘が
そうしたのかなと思っていたら、台帳棚の奥からもう一人の若
娘が出てきた。たぶん、その娘がやったのだろうと思ったが聞
いて確かめることはやめた。二人とも若い娘に変わっていたの
は先生が意図してやったに違いないが、今日は薬だけもらいに
来たので、先生に「どういう心境か」と聞くのをやめた。その
せいか、待合室は明るく元気な健康的な雰囲気になった。フレ
ッシュなムードの中、処方箋をいただき階下の薬やで薬もらっ
て帰途につく。こんばんは。先週6日の日曜日は、国立の「は
っぽん」で小平ギャザリングの発表会が行われた。出演バンド
(ソロ含む)は10バンドに及び、いつもながらの盛況だった。
ただ、いつもと違って練習をして発表会に臨んだのかすべての
バンドが私の予想を裏切る出来の良さだったのには驚いた。し
かし、個別の評価はここではやらないが、将来楽しみな二人の
ボーカリストが着実に成長しているのには見ていて楽しかった。
ピーターパンの川本くんとオータム・リーブスの秋葉くんの二
人だが、全5曲の選曲もよく、ステージでも一番目立っていた。
自分で選んでやった曲だからステージでだって一番目立つのは
当たり前だと思う方もいるだろうと思うが、しかしなかなかそ
うはいかないのがブルーグラスバンドの所以である。バンドが
成長するまではじっと待ち、それまではあらゆる曲を試して自
分も成長する。リードボーカルさえバンドの柱になればそれで
いと思っているので、この二人には注意をして見つめていたが、
どうやら二人のバンドは少しづつ安定感を示し、本人たちはま
ったく意識はしていなかっただろうと思うが、この日は将来性
を感じさせる二人の出来だった。小平BGギャザリングも常連
メンバーが増えていると同時に、こうした努力マンがようやく
芽を出し始めてきた。うれしい発表会だった。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ