FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

「宝塚の母偲ぶ会」レポート!リルコミだあ

連休後半から雨になったがきょうもそれを引きずって小平は朝から小雨模様。
少し梅雨っぽい感じでこんばんは。

私の連休は2日から始まり、きのうで終わった。5連休だった。ゴールデン・
ウイークの間はどこへも行かない主義なので、ずっと東京にいてひたすら休養
につとめた。ところが2日に忌野清志郎さんが急死するというショッキングなこと
が起きた。喉頭癌で入院のニュースはとっくに知っていたが、去年武道館で復
活コンサートをRCサクセションをバックに開催、大成功をおさめて完全に復帰し
たものだと考えていた。ただ、去年夏に新潟十日町の藤木さん宅へ立ち寄った
ときに、ご親戚でもある藤木さんが「癌の転移が認められた」と話してくれたが、
少しだけ不吉な予感を感じたこともあった。しかし、現実は亡くなってしまった。
享年58才はあまりにも若いし、かつて「TIMERS」で見せたロック野郎の神髄、
胸のうっぷんをはらす体勢批判と、ゆるいおぼっちゃま君バンドに贈る強烈な風
刺などは日本のポップミュージック史上、忌野清志郎だけのパワーだったのに。

YouTubeでもTIMERSの勇姿はすべてではないが見られるので検索してください。
忌野清志郎はブルースを心から愛していた。いつだったかメンフィスのギタリスト、
スティーブ・クロッパーを訪ねて自分の曲を共に録音している場面がテレビから
流れたことがあった。私はスティーブも大好きだったので食い入るように画面を
見つめたが、特に清志郎さんは終始ニコニコで、ついにメンフィスまで来ちゃった
という満足感がいっぱいの顔だった。RCサクセションはメジャーバンドでTIMERS
のように無茶は出来ないが、そのミュージックの芯には常にブルースがあって、
庶民というか働く人、額に汗する民衆に向けて音楽を作っていた。端的にはそこ
が日本の同業他バンドとは一味も二味も違っていた。その昔、ジューンアップル
誌の編集長だったH谷川氏は「ローリング・ストーンズとRCサクセションズは兄弟
だ」と興奮して言ったことがあった。共通の響きの中にはブルースがあったのだ。

忌野清志郎さんの早世によって、「日本の真のロック」は終わるのかなと思った。
連休の4日(月)は銀座ロッキートップで「宝塚の母を偲ぶ会」が開かれて参加し
た。先ごろ93才の天寿をまっとうした渡辺澤子さんを偲んで、特にB.O.Mサー
ビスに行って故人とお会いしたことがあった人々が中心に集まり、例によってジャ
ム大会となった。渡辺敏雄さんとサブさんはいまや日本ブルーグラス界のビッグ
ネームである。彼ら兄弟の飽くなきブルーグラス活動を支えたのは母澤子さんに
他ならない。日本中から集まるブルーグラスファンすべてに差別なくほほえんだ。
かく言う私も70年代を通してお世話になった。お地蔵さんを訪ね歩くのが趣味で
早朝に出発する姿を見送ったこともあった。さて、偲ぶ会のジャム大会は故人の
ご家族も参加して、夕方から夜まで熱気むんむんで開かれた。以下の写真は全
体の僅かな部分である。


トシロー君「Ginseng Sullivan」を唄う

トシロー君「Ginseng Sullivan」を唄う


Samejima & Yamaguchi 両関西出身!

Samejima & Yamaguchi 両関西出身!


忙しい中駆けつけた有田さん

忙しい中駆けつけた有田さん


J・プロジェクト!

J・プロジェクト!


珍しくジミー・マーティンをうなったアシュラ!

珍しくジミー・マーティンをうなったアシュラ!


母親っ子だったサブさん だけどこんなに元気!

母親っ子だったサブさん だけどこんなに元気!


オールドタイムソングを歌ったユイちゃん

オールドタイムソングを歌ったユイちゃん


駆けつけた麻田氏、「City of New Orleans」を熱唱!

駆けつけた麻田氏、「City of New Orleans」を熱唱!


東京の仲間だけの通称、「宝塚ファミリー」そろった!

東京の仲間だけの通称、「宝塚ファミリー」そろった!


終了寸前に駆けつけたシバケンさん

終了寸前に駆けつけたシバケンさん


たくさんの来場者に感謝するサブさん、「ありがとう!」

たくさんの来場者に感謝するサブさん、「ありがとう!」













コメント

仁さん本当に悲しいです、清志郎は本当にブルースが好きでメンフェスでのレコーディングの時にはグルーンギターでGIBSONのSUPER400ー1949年のオールドを買ったので「自慢だよ」と葉書をくれたのを思い出します、密葬に行ってきましたが無宗教だと献花と彼の歌が流れるだけの音楽葬でした。竹中直人さんなどは見るのも可哀相なほど涙に暮れて本当に悲しんでいる様子でした。残念です。

ロッキーがすごい事になっていたのですねぇ!
うらやましい限りです!
ELVIS

新潟のひげさん
お通夜に行かれたそうですね。
私は明日午後青山葬儀場へ行ってきます。
麻田さんも「行く」と言っておりました。

エルビスどの
そうなんですよ、宝塚の母偲ぶ会はsatompusさんが
企画しました。幹事なんですよ。ベース、マンドリン、
バンジョー?バンジョーは弾かなかった。
八面六臂の活躍だったんです。
私も有田バンジョーをバックに唄いました。
あまりにも気持ちいいリズムにいきそうでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ